心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
台風直撃
上映スタートから雨にたたられているヤマト2202第三章・・今年は、梅雨のころから、その季節ごとの趣を味わうことができぬほど、おかしな天気が続いていますね。でも、他作品も同じ条件下ですから、熱心なヤマトファンによって、動員数をキープできそうかしら^^

私は、家族の世話もあるので、気楽に劇場に行けず、もやもや感あり・・そのうえ、ここ数日は台風までも。
子供の学校は臨時休校になり、2週目早々に行けず。
はたして、2週目入場者プレゼントを入手できるのかしら。

ネットでいろいろこの間にチェック。
上映スタート前のネット記事、愛の宣伝会議、上映後に入手したパンフ、ヤマト新聞、劇場限定版BDも未見なので、ながめてきもちをおちつけることにしようかしら。
kodai19
別窓 | 映像作品(ヤマト2202) | コメント:0 |
「月の鏡」感想
フルバージョンを聴くのは久しぶりなので、2202第二章上映のころを懐かしくおもいました^^
のびやかな透明感ある歌声と奥行きのあるサウンドを聴いていますと、壮大な宇宙空間を漂っているような気分になれ、こころがいやされました^^
ただ、まだ本編ではテレサがどのような存在なのか明らかになっていませんので、CDのイメージがどの程度作品とかかわっているのか、よくわかりませんね・・すべて見終わってから聴くと、また、今とは違う感覚を味わえるのかしら。

車で聴いて帰宅してから、今日放送されましたTBS「王様のブランチ」映画ランキングを確認しましたら、第8位「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第三章」紹介にて、第三章PV(予告?)映像とともに、この「月の鏡」が流れていました(^^;)・・知らない方は、第三章神田沙也加さんの歌声が聴けると勘違いされるかもしれません(笑)。
それにしましても、第二章に続き、今回も、大作の中で、第8位は健闘されましたね^^
今後もこの勢いに乗っていかれることを願っております・・少々の気がかりはあるのですが(^^;私の感想はかなり具体的な内容になるので、UPはもう少し先にしようかしら・・あるいは、まだ見ていませんが『愛の宣伝会議』ネタバレ回UPされましたから、そろそろいいかしら・・と迷い中)。
yuki10
別窓 | 映像作品(ヤマト2202) | コメント:0 |
2202第三章グッズ
本日お昼過ぎに、2202第三章グッズが到着しました^^
買えずにいたヤマト新聞もあり、わくわく。
また、すでに新宿ピカデリーで商品の実物は見ていましたが、古代やユキのラバーコースター、ストラップは、ほとんどなかったので、思っていたよりも良い感じで、とてもうれしいです^^(たまたま在宅中の娘が見て、『かわいい^^』と話しておりました・・本編は見ていないのですけれどね)
クリアファイルもすてきですし・・(裏の線画も魅力的^^)。

なかなかグッズ整理、目通しが進みませんが、楽しみがある^^と思えることが、日々の生活のはげみになります。
あせらず、マイペースで楽しみたいと思います^^
kodai18
別窓 | 映像作品(ヤマト2202) | コメント:0 |
「2202第三章愛の宣伝会議」感想
すでに3回目鑑賞を終えてしまいましたが、そこまでの感想メモを下書きしたところで、事前に見ることができなかった「愛の宣伝会議」をいっき見することとしました。もしかすると、こちらを見てからのぞんだ方が、余計な戸惑いを感じずにすんだのかどうか、もあわせて考えてみたいと思いまして。

①②2202第二章復習
第二章の魅力的なシーンを振り返ることができた。皆さんの楽しいトークとともに^^
とくに、福井さんのお話は、本当におかしくてつい笑ってしまいます・・中村繪里子さんは、ヤマト愛に満ちあふれている印象を与えてくれて、うれしいですし、お話もお上手で、楽しいです^^
まが第二章を見直したくなりました。

③2202第三章予告編解説
小林さんの視点からPVの疑問注目点などあげていただき、語り合う、というスタイルでしたが、裏話やこめられた想いなどを知ることができて、とても楽しかったです^^ 最速上映会で見ていたので、PVに対しては新鮮な想いで見ることができませんでしたので、初見の方がどのように感じられうるか、という視点でも、楽しめました^^

④2202第三章冒頭10分解説
最速オーディオコメンタリーということで、いろいろなお話が聞けて、自分のとらえ方はどうだったのか、を確認できてよかったです^^ 設定のねらいもうかがえたりして。

----

やはり、2回目鑑賞の前に「愛の宣伝会議」を見ておいた方が、少しはとまどいも少なかったかもしれませんが、やはり全体を通しての内容ではありませんから、先に見なくても大きな影響はなかったようですね・・あとは、本日UP予定のネタバレ回を楽しみにしています^^
パンフレット劇場限定版BDは、これからじっくり見たいと思います。

週明けに2週目入場者プレゼントの目的もあり、見に行きたいと思っていましたが、台風直撃のようで、難しいかも。雨がひどいと家族の車送りもあるので、早朝は無理・・台風のゆくえを見守りつつ、できるだけ早く行きたいとは思いますが、果たして入場者プレゼントは残っているかしら。
yuki10
別窓 | 映像作品(ヤマト2202) | コメント:0 |
今日の映画館(ネタバレなし)
家事都合や電車の遅れ等々により、朝いちの回に間に合わない場合も想定し、2回分チケット予約しておきました^^
さいわい大したこともなく、少し早めに到着でき、オープンと同時に入ることができました。
チケット発券後、売店に直行しましたが、ヤマトグッズはほとんど棚になく・・ヤマト新聞、ストラップのユキや島など、タンブラーメモ、携帯置き、トレカ少々、ポロシャツなどくらい(2回目終了の午後には、クリアファイルラバーコースターなど入荷されていました^^)。
通販でほしいものは手配済みでしたが、パンフレット劇場限定版BD、もうひとつあっても、とメモを買いました^^
やはり、ここで買うということ自体も楽しみのひとつなので、余裕をもってBDを用意してくださったことに感謝します。
また、入場者プレゼントも2回分いただけまして、本当にうれしいです^^
とてもすてきな複製原画、大切にしたいと思います。

さて、今日の新宿ピカデリーの様子は、ロビーには展示物はまったくありませんでしたが、外にサイン入りポスターが掲示され、売店には、ユキのフィギュアや小さなメカプラモデルなどが展示されていました。
また、入場後にスクリーン1に行く途中の壁面に巨大広告(古代ユキヤマト)が掲げられ、スクリーン1入口手前に、第四章ポスターがありました。
このところ、巨大な展示物は、他の劇場におかれることが多いので、新宿ピカデリーは、やや寂しい、と感じていましたが、やはり、ここにくると、2199イベント上映からの想いがよみがえってくることもあり、ほっとするのですよね。
最近体力落ちたわ・・と感じていたのですが、今朝は早くから目覚めてしまうし(笑)、久しぶりの通勤電車を経て、2回連続鑑賞しても、今、疲れを感じてはいるものの、心がとても軽いのですよね・・心地よい疲れ。
やはり、ヤマトは、いつまでも私の心のよりどころなのですね。

さて、ネタバレになるので、内容の感想は、もう少し後日にUPを、と考えていますが、今日は、次回予告編を初めて見ましたので、完全に最初から最後まで通してじっくりと見た、という点では、初見に近いといってもよいかと思いましたね(そのくらい、予告編のインパクトもあるので^^)。
まずは、最速上映会のときには、内容の密度が高く、スピードもあったためか、また、謎にひっぱられたか、理解しがたい点があるとそれをひきずってしまい、次のシーンを見逃したり、入り込めなかったり、ということも多々ありましたので、映像の迫力や美しさ、キャラの魅力、音楽世界等々、個別にはとてもうれしく魅力的なシーン満載でよかったのですが、作品全体を受けとめきれていなかった、というのが実際のところでしたから、2回目鑑賞にして、ようやく、作品構成や流れを把握できてきた、と感じましたね。
初見ではもやもやがかなりあったものが、少し解消されました^^・・が、やはり、気になるところはあり、さらなる謎を妄想してみたりしながら、2回目を楽しみました^^
3回目鑑賞こそ、もう、ただ身を任せて、映像の美しさやキャラの魅力、セリフ、音楽をじっくりとひたりつつ楽しみたい、と思って見はじめたのですが、やはりやがて、少しずつ、謎の部分が気になりだして、さらなる謎解きのヒントをあちこちに求めつつ(確認しつつ)、見ることとなり、自分なりの想像(妄想)世界に入り込んでしまったり(^^;)。
また、初見からずっと、とあるシーンで、「登場人物の気持ちの変化を読みとれない」と感じるところがあり、したがって、その後のシーンで、「なぜそうなってそういう展開に?」と感じしまうところがあり、したがって、その後のすてきなシーンを浸りきって見ることができないのが、私自身悲しくて、どうしたら答えが見えるのかしら、と思うのですね(初見では、まわりの空間の状況がすぐに把握できなかったから、すぐに人物の心情を追いかけられなかったのかも、と思っていたのですが、それも少しあるかもしれませんが、それだけではなかったようです)。

今日だけでも新たな発見、疑問、謎解きの自分なりの想像等、楽しめることが多々ありましたので、これからまた何度も見直してみたいと思います^^
第四章は今のところ、ほとんど見に行けないかもしれず、きもち↓ですが、よい状況になるとよいな、と今から心の底では念じております(笑)。
2202ci301
今朝、東京メトロ新宿三丁目駅付近の地下通路にて、
このキービジュアル入りのポスター二つ並びを
2か所で掲示されているのをみかけまして、うれしく、
写真に収めたかったですが、人通りも多く難しく、
恥ずかしさもあったので、横目でチラ見しか
できませんでした(^^;)。帰りの午後に見ましたら、
もうすでにあとかたもなく・・ぎりぎり見ることだけでも
できてよかったです^^(もう少し長く掲示してくれると
よいのに)
別窓 | 映像作品(ヤマト2202) | コメント:2 |
「宇宙戦艦ヤマト」音楽番組
最近、TVの音楽番組にて「宇宙戦艦ヤマト」がとりあげられ、2202第三章イベント上映初日の今日、もやもや気分の中、見ましたら、きもちもおちついてきました^^ やはり、ヤマト音楽は、心のよりどころです^^

「エンター・ザ・ミュージック」(10/9:BSジャパン)
以前に放送されたオーケストラ演奏と同じ映像かもしれませんが、今回は「映画音楽 第12弾」と題され、ヤマトは、漫画の実写化映画、という位置づけの中で紹介されていました^^ ですので、進行の方も、ハリウッド版制作進行中、というお話までされていました。 
久しぶりにオーケストラ演奏で聴きますと、身が引き締まると同時に、原点に立ち返ったような気分になります・・ああ、私には、この世界がまだある、と思えてくるようで、きもちがおちつき、力をもらえるようなきもちがします。

「由紀さおりのすてきな音楽館」(10/13:BS-TBS)
番組内の「レジェンド音楽館」というコーナーで、ささきいさおさん登場、「宇宙戦艦ヤマト」「銀河鉄道999」をそれぞれ2番まで歌われました^^ よくBS-TBSで流れる映像とは異なり、紺色に近い青のきらめくジャケットを着ていらっしゃって、とてもすてきな雰囲気でした、お似合いで^^ これまでヤマト関連のお話をされる際のいつもの内容に加え、今回新たなお話も^^「長くヤマトの作品が愛されて、最近もいろいろ作られているが、やはり主題歌は、この曲・・形を変えても(?表現が異なるかもしれませんが、歌詞なしありも含めて、の意味かと)この曲が使われて、これしかないんですよね!」・・といったお話をされていたのが、とても印象的でした^^
新作についてお話しされたことあまりなかったかと思いますが、こういうお話が気軽にできるくらいに、21992202の認知度も高まってきた、ということなのかしら。なにより、ささきいさおさんの言葉で表現されていたことがうれしかったです^^ 2202では今のところささきいさおさんのお声は聴けませんが、この先、何らかの形で聴けることを願っております^^(しつこいですが『好敵手』は歌われないのかしら??『さらば』本編でも使われませんでしたが)
sta025
別窓 | ヤマト音楽 | コメント:0 |
2202第三章グッズ
ネット通販頼みでしたので、早朝からチェックしていたのですが、なかなかスタートにならず(ヤマトクルーさまのスタート時間わからず)、今か今かとやきもきしながら、待ち望んでおりました^^
ツィッターチェックしながら待機していましたが、さらにおいうちをかけるように、第四章上映スタートが1/27と判明・・受験期真っただ中。いっきにきもちが消沈してしまいました・・ああ、ついに見放された感(^^;)。
おそらく第四章も、通販頼みとなるでしょう・・せめて希望の品物だけは入手したい・・さまざまな想いが交錯。

10時にヤマトクルーさま、フルービーさまともに、販売スタートとなりました。
すでに決めていましたので、10分ほどで、手配完了^^ ほっとしました。
初日に行けませんから、せめてグッズでいやされたい気持ちが強くありましたから^^

予定していたグッズのほかに、今朝急にUPされた商品もありまして・・ユキのクッションカバー&クッション(森雪プライベート)です^^
クッションカバーのみは、以前から情報公開されていましたが、中のクッション入り商品。
少々迷いましたが、おそらく第四章はそんなに劇場には見に行けないですから、せめて・・という想いで、追加購入^^(11月下旬に届く予定ですので、他のグッズ類とは分けて手配^^・・ついでに、セール中のスリッパも一緒に購入^^すてきなクリスマスシーズンを過ごせるかも?^^)
yuki9
別窓 | 映像作品(ヤマト2202) | コメント:0 |
「月の鏡」CD、「2202愛の戦士たち I≪地球復興≫」
本日、午後に届きました^^
小説本は、昨夜書店を見ていましたら、店頭にありましたので、届く前に手にとることができ、分厚くボリューム感あるので、読み応えありそうで、楽しみになりました^^表紙のイラストも、本当にすてきですね。
「月の鏡」CDのジャケットは、初めて手にとって見ましたが、かつての作品ではテレザート星というと、緑の色調の印象が強かったのですが、今回は、青が強く出て、またこれまでと少し異なる印象がミステリアスな雰囲気をさらに高めてくれて(実際、2202ではまだよくその実態がつかめていませんから^^;)、テレサにも透明感を感じ、すてきですね。

さて、ヤマトクルーさまより、トレカも同梱されていましたので見ましたら、私の記憶があいまいなためにまちがっているかもしれませんが、2202第三章の絵も入っているような?・・・私は、すでに見たので問題ないのですが、見ていない方でしたら、なんだろう、と思われるかも(笑)。
2199のころはトレカの内容を知ったうえで購入することができたのですが、最近はランダム封入の機会が多いため、楽しみはありますが、買うとなると、二の足踏んでしまっています(^^;いろいろ集められたらうれしいので、ほしいのですが、無駄には買いたくなく・・)。
ですから、こうした購入特典の位置づけで、ちょっとした楽しみが味わえるのは、けっこう私には合っているようで、うれしいです^^
yuki10
先ほど、週明けのチケット手配、無事完了。
改めて、2202第三章をじっくりと味わえる
のを楽しみにしています^^
別窓 | 映像作品(ヤマト2202) | コメント:0 |
いよいよ明日から~ヤマト新聞を求めて
今朝、家族を送り出してから、近くのコンビニに行きましたが、ありませんでした・・・前回もなかったので、期待はしていなかったのですが。少し離れた駅構内のコンビニに前回はありましたが、今はそこまであちこち回ってみるゆとりがないのでやむを得ません(^^;)。

明日のヤマト関連グッズの通販に、期待しています^^
ぜひとも充分に整えておいていただきたく思います。

予定より早く、CD小説本が届きそうなので、楽しみです^^
それでも、明日からはネットなどでいろいろな声がわきおこってきそうなので、今日のうちに、他作品鑑賞なども、いろいろ終えて、ひとくぎりさせ、明日以降はヤマトの世界に没入できるようにしたいと思っています。
kodai18
(追記2017/10/13/21:20)
先ほど書き忘れましたが、帰宅直後に
ツィッターチェックしていましたら、
日経新聞朝刊2202第三章広告
掲載されていたようですね・・・
もっと早くわかっていたら、コンビニで
買えたのに、と、かなりショック(涙)。
メディア情報は事前に流してほしい・・。
別窓 | 映像作品(ヤマト2202) | コメント:0 |
「サンデー毎日 10月22日号」印象
書店やコンビニで見かけましたら、とても目立ちました^^
古代とユキのインパクト、カラーの華やかさで。
確実に入手したくて通販手配しましたが、配送事情で手元に届くのは来月・・それでは今の勢いに乗り遅れてしまいますので(^^;)、保管用と閲覧用に、と、昨日とり急ぎ1冊購入^^

表紙をめくりましてカラーページが続きます。「さらば宇宙戦艦ヤマト」の映像画像がいくつか、その後に「2202第三章」の映像画像あり、それぞれ見開きで紹介されています^^
それだけでなく、中の誌面では、宮川彬良さんインタビュー、宇宙戦艦ヤマトの世界の情報がそれぞれ見開き、最後に神田沙也加さんインタビューが少し掲載されている1ページあり。
まだ読んでいませんが、楽しみです^^
2202ci301
昨夜、別の書店に行きまして、「サンデー毎日」
確認しましたら、残り一冊になっていました^^
そして、今日も買い物ついでにさらに別の書店、
そこには1冊もなく・・売れ行きよいのかしら^^
「月の鏡」CD小説本も手配済みですが、
まとめて配送してもらうことにしましたので、
10月下旬到着予定(^^;)、待ち遠しい。
「愛の宣伝会議」は、できれば今のうちに見て、
イベント上映前の盛り上がりを少しでも
味わいたいものです。
別窓 | 映像作品(ヤマト2202) | コメント:0 |
「サンデー毎日 10月22日号」
今朝の毎日新聞、ざっと目通ししていましたら、見たことのあるカラー配色画像が掲載??と、チラリ目に飛び込んできましたので、よくよく見ますと(小さい画像なので^^;)、なんと2202第三章キービジュアル
「サンデー毎日 10月22日号」の宣伝広告でした^^(いつもは白黒の画像広告だったような記憶があるのですが・・) すでに手配済みでしたが、表紙ビジュアルは未定状態でしたので、新聞にて確認でき、うれしくなりました^^(毎日新聞には、ヤマト関連記事はこれまでもあまり掲載されていませんでしたこともあり^^;)

結局、東京メトロでは遭遇できませんでしたが、その他メディアで、いろいろとヤマトが目につくようになり、いよいよ、の実感がわきますね。
2202ci301
(追記2017/10/08/16:15)
「モノクロ誌面に、見たことのあるカラー配色画像が掲載??」と、UP時に書きましたが、再確認しましたら、カラー誌面でしたので、あやまった情報を書いてしまいまして、申し訳ありませんでした。
ひごろ、そのページはモノクロのことが多かったと記憶しておりましたもので・・失礼いたしました。
別窓 | 映像作品(ヤマト2202) | コメント:0 |
| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | NEXT