心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
ヤマトノート更新を終えて・・
本日、サイト「古代進 case study」のコンテンツのひとつである「ヤマトノート」の最後の更新を終えました。

思えば、子供の夏休みに時間が少々あったので、片づけをしていたところで、再び目に触れて開いてみたノートを、このようにしてみなさまにご覧いただくことになるとは、予想していませんでした。

サイトのメッセージにも書きましたが、ずっと封印しておこうと思っていたきもちにもまして、このノートを通して見た過去の私の情熱や力強さに、我ながら驚きを感じたのでした。
もはや私自身という枠を超えて、「ひとつのヤマトノートという作品」に対する、今のいちヤマトファンである私の感想コメントを残したい、というきもちにかられたから、すぐにこのコーナーを新設したのでありましょう。

すべてをお見せするには、お見苦しいページもありますので、難しいことをご理解いただきたいと思います。それでも、過去の私のヤマトへの思いの一端を、ご覧いただけたのではないかと思います。

このノートに勇気づけられる・・ふしぎな感動を得ています。
大切にしたいものですね^^
yuki6.jpg

別窓 | 「古代進」サイトについて |
サイトへのアクセス状況・・ここにも!?
このブログは、サイト「古代進case study」のコンテンツの一部に位置づけられているものですが、サイトへのアクセス状況を見ますと、いつもながら連日多くの方々においでいただきまして、本当にうれしく思います。
詳しく調べてみますと、サイト内の目立った動きとしては、「交響組曲宇宙戦艦ヤマト」のページが9/23(土)から、急激に増加しており、ここにも電車男で使用されたことによる影響が表れているようです。

こうしたアクセスデータは、まずは諸々のトラブル対応のために把握しておりますが、このように、みなさまの関心のあるページを知ることによって、今後のサイト運営の参考とさせていただくこともでき、はげみになっているのです^^
yamatoG

別窓 | 「古代進」サイトについて |
電車男とヤマトとCMの微妙な関係
ヤマトCMが流れ始めてから、当ブログの1日あたりのアクセス数が、今までの倍のペースになり、みなさまには御礼申し上げていましたところが、思いもよらぬ「電車男」の登場で、25日以降の1日あたりのアクセスが、当初の4倍くらいに増えています。
たくさんの方においでいただきまして、どうもありがとうございました^^
それにしても、地上波のCM・番組の効果って、ものすごいのですね。
それらとともに、ヤマトの音楽が、より多くの方の心の中によみがえりますように^^
oki2.jpg

別窓 | このヤマトブログについて |
旅行博
昨日、東京ビッグサイトにて開かれていた「旅行博」に主人が趣味で行ってきたのですが、帰ってきてから「『旅割』のパンフレットあった?」と、及び腰に聞いてみたら、なんとANAブースにわざわざ寄ってきてくれて、「妻がヤマトのものすごいファンなんで、何かパンフレットあったらほしいのですが・・」と聞いてくれたそうです(爆)。
「でも担当の人もCMのこと知らないみたいだったよ、何もないんだって」・・とのこと(涙)。
アルバイトの人かしら・・少々残念。
ひたすらTVで楽しむしかないのかしらね^^
yuki5.jpg

別窓 | ヤマト関連グッズ |
在庫切れのCD群
この1週間で、にわかに活気づいてきたような気がしてなりません。
何が・・?と申しますと、ヤマトブーム再燃の兆しがそこここに見え隠れしているような・・。
今朝も、何かのバラエティ番組のBGMに、ヤマトの音楽が流れていました。私は慌しく家事をしていましたら、子供が教えてくれました。我が家の子供たち、私の影響で、けっこうヤマトのマニアな音楽にも反応してくれてしまいます(^^;)。

この兆しが大きく広がって、再び皆の呼び声が高まり、ヤマトのCDのなかにも、今や在庫切れで手に入りにくいものもたくさんありますから、再び買えるような状況になってくれるとよいのですが。ぜひとも、かつてレコードで聴いていた音楽を再びクリアなCDサウンドで、聴いてみたいものですね^^

ついでに、すでに絶版になっている書籍群もしかり。
でも、例えばアニメージュの創刊号(たしか表紙がヤマト)などの雑誌類は、とても入手困難なのでしょうね。ああ、何度も書いていますが、捨てなければよかった・・。
yamatoG

別窓 | ヤマト音楽 |
電車男で使われたヤマトBGM
今、HDDに録画しておいたものをチェックしました。
驚きましたね・・最初の方だけのお遊びなのかと思いましたが、その後もことあるごとにヤマトのBGMが流れました^^

どれも「交響組曲 宇宙戦艦ヤマト」からの音楽で、心にしみるシーンでは川島和子さんのスキャットが何度か、悪役登場シーンでは白色彗星のテーマが何度も、また、イスカンダル、回想が、一度ずつ、冒頭で誕生が一度流れました。
画面を見ていないと、いつものCDを聞いているような気分で、ふしぎな感じがしましたね。

他に、映画のスターウォーズインディジョーンズ、パイレーツ・オブ・カリビアンの音楽も流れていましたが、それらに比べて、ヤマトの音楽はかなりたくさん、全編にわたって使われていました。
本当にうれしいですね^^
どういういきさつで、こんなにヤマトの音楽が使われたのか知りたいです。
yamatoB

別窓 | ヤマト関連TV番組 |
キタキタキター!
ちょっとおたくっぽい書き方になってしまいました(^^;)。

実は、いま、たまたまフジTVで放送中の「電車男」のドラマを見ていたら、いきなりドラマのスタートとともに、ヤマトのBGMが・・!
これはたぶん「交響組曲 宇宙戦艦ヤマト」誕生でありました^^
そのあとには「さらば宇宙戦艦ヤマト」白色彗星のテーマが・・!
驚きましたね^^
めったにこんなふうに使われることはないので、うれしくなってしまいました。たまたまHDD録画中でしたので、主人に何と言われてもこれはもう保存するしかないです(笑)。

最近のヤマトCMの放送といい、これはヤマトブーム再燃!?の兆しでしょうか^^
sta025

別窓 | ヤマト関連TV番組 |
4000御礼^^
このヤマトブログのカウンタが4000を超えまして、おいでいただいているみなさまには深く御礼申し上げます^^

ここ数日書いています<ヤマトのCM(正確にはANAのCMですね^^;)が流れ始めてから、この連休明けのアクセス数がこれまでの倍となり、はじめておいでいただいている方もたくさんいらっしゃるようです。

このCMに関する検索をされてこられた方も大勢いらして、あのCMには、ヤマトを思い起こさせる非常に大きな力があるようですね。
全国版でしかもかなり頻繁に流れていますものね・・効果絶大です。
これを機に、なつかしの作品として、皆さんの頭の中にとどまっていくといいですね。
「なつかしの・・」といったモノコトの中に、今まで以上にヤマトが登場してくれるとうれしいですから^^
ヤマト

別窓 | このヤマトブログについて |
CM
もうみなさん、すでにご存知のこととは思いますが、CMがようやくANAサイトに紹介されました(土曜日にはまだいくら探しても見つからなかったのですが)。
こうしたメジャーなサイトにヤマトが紹介されるのは、本当にうれしいですよね^^

そういえば、先日、行きつけのCD&DVDショップに行って見ましたら、アニメのDVDコーナーにヤマトの映画が目立つところにおいてありました!
「永遠に」は在庫切れ状態・・何だかうれしくなってしまいました^^
sasha

別窓 | ヤマト関連TV番組 |
交響組曲 宇宙戦艦ヤマト
ここ数日、少しへこんでいました(^^;)。
こういうときにやはり大活躍なのは、わがヤマトですね^^
「交響組曲 宇宙戦艦ヤマト」は、心をニュートラルにさせてくれます。
次への力がもらえます。
誰しもきっと、そんなよりどころのものがあるはず。それを大切にしましょうね^^
いつまでも・・

さて、先日追っかけていたヤマトCMは、今週になって、やたらに目に入り、あれほど必死になって追っかけしなくてもよかったかしら・・などと、思いましたが、よくよく見ますと、私が偶然保存できたものは30秒バージョンなので、2種類のヤマトクルーの旅行シーンが楽しめるものでしたね。
朝よく日本TVでみかけるのは、15秒バージョンなので、ひとつの旅行シーンしかうつりませんけれど、30秒バージョンでは、二つの旅行バージョンの間に「数日後・・」のテロップが入りますし、おもしろみも増しているような気がします^^

いずれにしても、しばらく放送されるとヤマトファンとしてはうれしいですね!
sta025

別窓 | ヤマト音楽 |
CM追っかけ成功!?
今、ヤマトファンの中で話題のCMが、昨日から放送されているようですね。
今たまたま放送中の「ANAオープンゴルフ」(日本TV)のCMで、流れて、ようやく見ることができました^^
今朝からサイトのメインBBSにお寄せいただいた情報に、すっかり舞い上がっておりましたが、その後、TVをつけると、偶然上記の番組が放送されていたので、チャンスと思い、番組録画していたところ、見ることができました。
16:25まで放送されるので、まだ流れるかもしれませんね。

いきなりデスラー総統の登場(ヤマト2のお顔?)で、ヤマトの第一艦橋には誰もいません。みんな旅行中で、古代とユキは仲良く、他のクルーも楽しそうに写真やビデオをとっていたり・・。再び数日後にデスラーがヤマトに呼びかけるが、まだ不在、という展開。ヤマトクルーたちが完全にパロディー化されているので、好き好きあるかも。

でもとにかく、ヤマトがCMで全国的に流されるのはうれしい限りです^^kodai8

別窓 | ヤマト関連TV番組 |
ヤマトノート次なるステージ?
現在「古代進 case study」で随時更新中のコンテンツ「ヤマトノート」は、これまでの「パート1」のページから、「さらば」のページへと移ってまいりました。

「さらば」が劇場公開されて、そのときのインパクトがあまりに大きかったのでしょうね。このヤマトノートの中の後半のイラストは「さらば」のものです。まだまだ当時つたない絵なので、お恥かしい限りですが、根気よく描いている様子がうかがい知れて、当時の私の中に、確固たるヤマトへの愛情がこめられていたようにも思われます。
とくに、現在TOP絵にUPしてあります土方さんの絵は、メインBBSにも書きましたが、今の私には思いも及ばなかった「発掘」でありまして、現在の私のイラストのタッチとは全く異なる力強さを感じるのです。

過去の私の中に新たな発見をした驚きを、みなさまにもご紹介したくて、今回、サイトに公開しました。
今の私が過去の私にはげまされているような気分ですね。
土方さんの鋭い目が私の心の中をしっかりと見つめてくれているような、ふしぎな安心感を感じます。
hiji1.jpg

別窓 | 「古代進」サイトについて |
2006ヤマトカレンダー
2ヶ月ごとに、絵が変わる仕様になっていまして、7-8月の「ヤマトよ永遠に」のサーシャとヤマトのページを、今日になって、ようやく切りとりました(^^;)。
今夏の3周年企画にあった「永遠に」よさらば!・・と思いながらめくると、次の絵が目に飛び込んできました。
そう・・それは、燃え盛る太陽を背にしたヤマトでした。その右下には古代の横顔。

カレンダー・・暦・・太陽(・・太陽運行による二十四節気の暦)・・私の描いたヤマトとほぼ同じアングルのヤマト。そして、当サイトの主役の古代。絵を見て、正直、ゾクゾクとした感覚を覚えましたね。
何か因縁めいたものを感じたような(笑:考えすぎ?)。
ちょうどこの9月から、別の新ブログ「私流趣味暦」をスタートさせたばかりですし、折りしも当サイトのセリフ集「永遠に」を終えて、次なる「ヤマトIII」へ旅立つところであります(いつUPになるかは未定^^;)。

思い起こせば、「ヤマトパート1」の「人類滅亡まであと*日」というメッセージが、知らぬうちに私の中に刷り込まれて、暦に対する親和感を抱くのかもしれません。それが今、具現化してきたのかしら?
赤い地球に存在しない、雪や熱帯林、氷を他の天体(順に、火星、木星浮遊大陸、タイタン)に見出しては、それらの自然に潤いを感じていた・・そうした自然との共存を知らぬうちに求めていたのかも?
私の知らなかった私の中の何かが、このサイトを導いてくれているかのような気分。
・・いや、単なる思いすごしですね(笑)。
ヤマト

別窓 | ヤマト関連グッズ |
ヤマトノート
現在、サイト「古代進case study」にて、公開スタートとなりました(大げさですね^^;)新コンテンツ「ヤマトノート」は、サイトのメッセージにも書きましたが、はじめて「宇宙戦艦ヤマト パート1」と出会ったころから、「さらば宇宙戦艦ヤマト」の劇場公開、「宇宙戦艦ヤマト2」の放送開始に至るまでの、私とヤマトの関わりが、とてもよくわかるものだと思われます。

ノートのページをご覧いただきますとよくわかりますが、「パート1」は言うまでもなく大好きな作品でありまして、「さらば」に非常な衝撃を受けまして、ノート後半のイラストはすべて「さらば」からのもので枚数も多いですね。
しかし、「ヤマト2」にいたっては、放映リストのみで、そこから先は白紙でした。
すなわち、当時中学生の私は、その時点で、創作意欲を失ってしまっていたのでしょうね・・お勉強の方が忙しくなってきたせいもあるかもしれません。・・いや、それは否?・・サイトのイラストコーナーにUPしてある絵の具で描いたヤマトは、高校生の時でしたから(なぜか全然関係のない学校の文化祭のポスターとして描いてしまったものです;化学クラブに所属していたので関連性をこじつけていたのかも^^;)

「さらば」のころには、もうヤマトは終わってしまった・・というきもちがありつつも、いつまでも別れたくない思いからか、いろいろパロディーも考えていたのを思い出しました。それはもうどこかに紛失しているかもしれません(記憶が定かでないので)。
つくづく、ヤマト関連の書物、創作物をすべて保存しておくべきだった・・と今になって思いますね。あの時描いたものは、もう、どんなことをしても、私のてもとには戻ってこないのですから。

だから、今、そのときの思いを具現化しているのかもしれません。
あの時描けなかったもの、あの時失ってしまったもの・・それを取り戻したくて、サイト運営をしているのかもしれません。
求めてもかなわぬことはわかっていますが、それが、サイト運営の原動力になっているのかもしれません。
 oki2.jpg

別窓 | 「古代進」サイトについて |
そろそろ更新
今日は、子供たちの始業式。
幼稚園は、すでに週の半ばからはじまっていて、私は歌のサークルに入っており、いきなり3日連続通い歌い続け、今日は今日で、早速小学校の役員業務の打ち合わせ・・子供たちとともに、また慌しい日々の幕開けです(^^;)。
それでも、ほっとなれるひとりのひとときが、夏休みに比べれば、作り出せるので、上手に息抜きしていきたいものです。

さて、先日ブログに書きました新コーナーの企画、明日くらいに、本サイト「古代進 case study」にて、UPできそうです。
あまり期待しないでくださいね・・なにしろ、大昔の作品ですので(笑)。
sta025

別窓 | 「古代進」サイトについて |
| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |