心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
アンケート御礼その他HP作業あれこれ
最近、アンケート(投票)にご協力いただきました方、どうもありがとうございました^^
みなさまそれぞれの思い入れが伝わってきますので、うれしいですね。

サイトのコンテンツの構成を最近すこし変えましたが、引き続きおいでいただいているようで、みなさまには、どうもありがとうございます^^
細かいところで、いろいろ改良したいところはまだ多々あるのですが、不完全だからこその「手を入れていくことの楽しさ」も味わえると思って、マイペースであれこれ考えています。

今は、まずは、最近気になりだした「動きのあるビジュアル的要素」を何とかサイトに反映させたいですね。

それから、これはスタート当初から模索しているのですが「宇宙戦艦ヤマトに恋した日々」ブログで、過去の日記は「記事」としてすぐ読める状態ですが、突っ込みを入れている(^^;)今の私の「コメント」は読みにくいですね。
「コメント」を一覧できたり、タイトル表示できるようにすると、もっと読みやすくなるのですが、なかなかよいブログパーツが見つからない状況で、みなさまには読みにくさを感じさせているのでは・・と思っています。私自身が読みにくいので(^^;)。

あとは、ホームページ作成ソフトを新しく導入していますが、まだ使いこなす段階に至っていないので(といいますか、今までのソフトに慣れているので、まだ前のを引きずっている状態^^;)、いまいち、作業がはかどりませんね・・。互換性のない機能もありますから、その差を探っている状況でして、今までのソフトで簡単にできていた作成操作を新ソフトでどのように処理すべきかをまだ模索中です。新しい機能がたくさんあり可能性が開けたのですが、まだ慣れるまで時間かかりそう。
yuki5.jpg
別窓 | 「古代進」サイトについて |
ヤマトを動かしたい^^
私はPCの専門家でもありませんし、デザイン・イラスト・CGなどの技術の基礎や心得もないので、特別に高価な、また高度のテクニックを使えそうなソフトを使いこなすのは難しいですから、とりあえず、今ある手ごろな道具を使って、サイトで私なりの表現をしたいな・・と思っています^^
今は、趣味が高じて、「ヤマトを動かしてみたい!」という思いにとりつかれはじめまして(^^;)、ときどき画像処理ソフトをいじっています^^
今あるソフトでどこまでできるのか、試してみたくて。
ネット上の数あるヤマトファンサイトさまの中には、超美麗なイラストやCGや動画を公開されていらっしゃるところがたくさんありますから、とてもとても私は及びませんが、私の中では、できる範囲の中でヤマトを動かしてみたい思いを少しでも表現できたら、それでもう、満足なのですね・・きっと^^
yamatoG
別窓 | 「古代進」サイトについて |
銀河鉄道物語 永遠への分岐点 DVDBOX第3集
最近、サイトの更新作業に頭と時間をさいていましたので、こちらに書いていませんでしたが、10/24に「銀河鉄道物語 永遠への分岐点 DVDBOX第3集」が発売となり、早々に手もとに到着していました^^
TV放送されたときに全部見ているのでお話はわかっているのですが、再び美麗な映像を目にすると、改めて、この作品のよさをいっそう感じることができます。奥行きあるストーリーと個性あるキャラクターの描写が、見ていて安心感を与えてくれるようですね。特典映像の声優さんのお話も楽しめました^^
「銀河鉄道物語」を見て、いつも思うことは、「ヤマトも最新技術の映像や音で楽しんでみたい」・・とうことですね。
earth

別窓 | 銀河鉄道物語 |
ヤマトの何が好きなの?
最近、6歳の息子から、「ママはヤマトのどこが好きなの?戦いが好きなの?僕は、ヤマトが動いたり、戦ってるところ」と聞かれました。
子供たちがもう少し小さくてまだあまりお話などわからない頃に、それもごく数回だけ、子供に「パート1」「劇場版」の一部を見せたことがありましたね。いずれも、私の原点にあたる、ヤマトの初期の作品なので、昔こうした作品があったと見せてみたかったからでした。

でも、今では、少しずついろいろとわかる年になってきたので、中途半端に内容を吸収されるのもよくないので、もう少し大きくなるまで見せるのはひかえています。いろいろと、ある程度話ができるようになってから、見せたいと思っています。

小さい頃の記憶で息子は私に聞いてきたと思うのですが、やはり、男の子は、ヤマトそのものや乗り物、戦闘シーンに目がいくのですね。
今、「仮面ライダー電王」「ゲキレンジャー」が好きですし(ちなみに『恐竜キング』『ポケモン』にも熱中していますが^^;)。
私もヤマトそのものやメカ、戦闘シーンのかっこよさに惹かれる部分はあるのですが、サイトにも反映されているように、お話(SF的ストーリー展開や人対人の言葉のやりとり、キャラの魅力も含めて、など)に興味があるのですね。
息子には「戦いは好きじゃなくて、お話や、出てくる人の話すことを楽しめるから。ヤマトはかっこいいよね」と答えました。

最近ガンダム好きのお友達の影響で、息子はガンダムを見たがるのですが、私はガンダムの世界にはあまり詳しくないので、見せても、うまく解説できる自信がありません。
その点、ヤマトなら(とくにパート1)、私にはいろいろと語れそうです。いつか、もう少し大きくなったら、一緒に見ながら、ヤマトに織り込まれているテーマについて、語りあいたいと思います。
・・・でも、子供って正直だから、けっこう矛盾点を突っ込まれたりして(^^;)。
kodai5
別窓 | 映像作品(旧TV,劇場版) |
心地よい浮遊感^^
やはり、自分のサイトを公開していますと、仕上がりのよしあしとは別に(^^;)、妙な心地よさを感じています。ほっとしたような・・。
今日は、子供たちの世話で慌しい一日だったので、自分のサイトの中のヤマトのセリフや画像の中を漂いながら、心地よい浮遊感に浸ったりもしています^^
私にとっての心の落ち着き場所・・といいましょうか。

「ここにくれば、いつも、いつまでも変わらぬヤマトがある」・・そんなサイトを目指したいですね。
yuki4
別窓 | 「古代進」サイトについて |
サイト再開しました^^
みなさまには、突然の一時閲覧・更新休止のお知らせをいたしまして、ご迷惑等をおかけしましたが、本日ようやくサイト「古代進case study」を再開することとしました。
内容についての詳細は、サイトにてご覧下さい。
これからもどうぞよろしくお願いします^^
yamatoB

なお、ファイル数が膨大のためリンク切れ等生じていることがあるかもしれません。万一そのようなことがありましたら、ご連絡いただけますと幸いです^^
別窓 | 「古代進」サイトについて |
明日、浮上か
順調に行けば、明日、サイト「古代進case study」の閲覧・更新を再開しようと思っています。
やっぱり、ヤマトが好きなのですね^^

あまりかわりばえのしない超個人的なわたくし的ヤマトの世界ですが・・波長が合うと思われる方は、どうぞいらしてください^^
kodai8
別窓 | 「古代進」サイトについて |
微速前進
ただいまサイト「古代進case study」を一時更新・閲覧休止させていただいておりますが、これは、最近いろいろと私事とサイト関連でできごとがありましたので、いまいちど、「私にとってのヤマトとは・・サイトとは?」を冷静に考えてみたいと思ったからです。
時々こうして、わが身を振り返りますと、本当に大切なもの、が見えてくるようです。
そうして、また若干の軌道修正をしながら、人生も、またヤマトとの旅であるサイトも、再び歩み始めることができるのですね^^
「立ち止まってみる」・・大切なことですよね。

現在のサイトのTOP絵のヤマトには、今の私にとって、海中を微速前進するかのようなイメージが感じられます(その時々によって感じ方が変わるのですよね^^・・異空間であったり、海中であったり、宇宙空間であったり)。
サイト方針はおおよそ固まってきたのですが、ビジュアル面でのリニューアルは、なかなか時間がとれずに難しい状況ですので、たぶん、ビジュアル的にはたいして変化ないかもしれません(^^;)。

私にとってのヤマトの世界への大切な思いを、少しずつ、より具体的に、またより的確に表現し続けていけたら・・というのが、サイト運営にこめる願いであり、それが多少なりとも形になる楽しみこそ、運営の醍醐味なのでしょうね。
スローペースの変化ですが、みなさまにとってもなんらかの刺激や楽しみにつながれば幸いです^^
koyuki3
別窓 | 「古代進」サイトについて |
補助カウンタの1週間データ
このヤマトブログにおいでいただいているみなさまのアクセス数を、参考までに補助カウンタを利用して日々把握しています。
このカウンタは、24時間経過しないと同じ方のカウントをしないので、1日においでいただいている方をより正確にとらえられますね(端末が変われば、カウントされる仕組みなのかしら・・そこまでは不明ですが)。
今日は、その1日ごとのアクセス数を過去1週間分表示できるようにしてみました。
補助カウンタの数字のところにカーソルを置くと、右下(下)に表示されますので、お試しください^^

今のところ、サイト「古代進case study」の一時休止の前後で、とくにアクセス数に変化はなく、みなさまにはおいでいただきまして、うれしく思います。
このカウンタ、励みにもなりますね^^
sta2
別窓 | このヤマトブログについて |
ロマンアルバム「さらば」を読んで
昨日の今日で、きもちも新たにしたいと思い、ひさしぶりにばっさりと髪を切りました。
これまでユキのようなセミロングだったのですが、15~20センチは切ったでしょうか・・乾燥してきたせいか髪もかなり傷み、年相応に若干白髪も混じってまいりましたので、ヘアマニキュアなどもしてリフレッシュ^^ ちょうど、ヤマ恋ブログの中学時代にしていた時のような、さっぱりとしたショートカットにしました^^ きもちまでかるくなります。ついでに、ちょっと若い気分にも(笑)。女性にとっては、よい気分転換の手段になりますね。

さて、昨日手にした「ロマンアルバム さらば宇宙戦艦ヤマト」を、その後ざっと見ましたら、豪華本にも書いてあったかもしれませんが、映画「さらば」のことをヤマトパート2と読んでいた時期がやはりあったのですね。ヤマ恋ブログで、やたらに「パートII」という表記をしていたので、気になっていました。
その他、声優さんたちのご自分の演じられているキャラクターへの思いのメッセージがあり、とても興味深かったですね。そういえば、そうでした・・富山敬さんの「古代は死にますが、僕は前からそれが自然だと思っていたので(以下略)」というお言葉をなんとも切ない思いで読んでいましたね・・そのときの思いがよみがえってきて、また胸が苦しくなりました。
「ユキの青春」という見開きのページもまた、切ない。
この本は、古代とユキが死に、ヤマトも消える・・そこで完結する本です。だから、とても切ない。
その後の続編が作られたことを知っている私だからこそ、今はどこか救われたきもちで眺めることができますが、当時はもう、しがみつくような気持ちだったのではないかしら。古代君、ユキ、ヤマトよ、遠くへ行かないで・・と思いつつ。

それでも、今、この本を手にした喜びは、言葉に表現しきれない。
かつて手にして、そして手放してしまった私の後悔の念は、めぐりめぐって舞い戻ってきてくれたこの本のおかげで、ようやく救われました。
ありがとう・・もう、絶対に手放しません^^
koyuki1.jpg
別窓 | ヤマト関連グッズ |
ロマンアルバム「さらば」再会の予感
わが身をとりまく状況に変化があるときや、壁に突き当たっていると感じている時は、あとで振り返れば、それは次へのステップへの足がかりとなっていた・・と気づくことがあります。
その時は無我夢中なのですけれど・・ね。

今日はそんな思いのする中、そろそろ私自身のこれからの身の振り方について、心を決めなければ、と思った日でした。あてにならないですけれど、毎朝見ている占いに「大きな決断を下すには最適な1日です。思い切って挑戦することで、思い通りの結果を得られるでしょう。」とあり、気持ちを引き締めなければ・・と思った次第。

もやもやとした思いをとりはらい過ぎ行くかのような気分に至ったそのとき・・・私は出会ったのです。いや、「再会」という言葉が正しいですね。

最近、妙に、古本市(ビデオ・漫画・雑誌類も含めたようなもの)を見つけると足が向かうことが多くて、今日はお買物をする予定がなかったのですが、たまたまたちよったショッピングセンターで古本市が今日から始まっていたので、また足が向かいました。
今日は、心改めの特異日のような気がして、どこか確信めいた「予感」がありました。

一瞬にして、かつての記憶がよみがえる銀色の表紙。
ロマンアルバム⑪DELUXE 「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」(徳間書店)
アニメージュ増刊680yen・・という文字さえ、なつかしい。
値段の確認もせず、迷わず手にとりました(笑)。

ついでに近くにあった「松本零士の世界」(テレビランド増刊:徳間書店)も買いました^^
それぞれ2~3倍くらいのお値段でしたけれど、それにまさるものがあります。

ロマンアルバム「さらば宇宙戦艦ヤマト」を開くと、ブロマイドとステッカーもきちんと残っていました^^ そして、かつて何度も何度も目にしたページを再びこの目で見ることができて、感動さえします。
ちょうど今、ヤマ恋ブログで、「さらば宇宙戦艦ヤマト」の映画の指定席がとれたところまでUPしていますが、それから約30年後の今、こうして、ロマンアルバムを見ている自分が不思議でなりません。
これも運命でしょうか・・ヤマトとの深い縁を勝手に感じてしまいます^^

このところのもやもやしたきもちを振り払えそうな今、再びめぐりあったヤマト・・私に、人生の正念場を乗り越える勇気とエネルギーを与えてくれるかのようです。
ヤマト・・永遠に私のそばにいて。
いえ、私は、決して、ヤマトから離れない。


もうひとつ、私が初めてヤマトと出会ったころ手にした、あのロマンアルバム「宇宙戦艦ヤマト」と再会したら、そのときは、更なる感動に打ち震えることでしょう。人生の不思議なめぐり合わせも感じるでしょうね。そうなってみたいです。
kodai9
別窓 | ヤマト関連グッズ |
「宇宙戦艦ヤマトに恋した日々」ブログ
もともと、サイトのコンテンツのひとつとして公開していた中学時代に制作した「ヤマトノート」の続編ともいうべき「続ヤマトノート」として、最近、スタートしたものです。
TV版パート1の後のヤマトと私の関わりを記録していた中高時代の日記をもとに、とりまとめつつ、私も過去を旅しております^^

まだ記事数は少ないのですが、感じたことをいくつか。
とにかく稚拙な文章なのでお恥ずかしいのですが、きもちは熱い!・・です^^
そして、意外なことに、古代君よりも富山敬さんを追っかけているような・・?(^^;)
さらに、意外にも、ひっそりとひとりヤマトを楽しんでいたと思っていたら、けっこうたくさんのヤマトファン仲間と盛り上がっていたのでした^^・・情報交換にはじまって、テープの貸し借り、イラストの競い合い・・等々。

そして、意外な発見が、「ラジオに関するメモが多いこと」でした。
今ではほとんどラジオを聞く機会がないので、こんなにも、ラジオをよく聞いていたとはすっかり忘れていました。当時はビデオがなかったので、TVからカセットテープに録音して何回も聞いて楽しんだり、ラジオで音楽やドラマに触れ、またラジオが貴重な情報源にもなっていたのですね。
雑誌を買うにはお金もかかりますが、ラジオならただですものね^^ 学生にとっては気軽に触れられるメディアでした。

今は、ビデオやDVDで作品を楽しむことが中心になっていますが、当時、リアルタイムにヤマトに触れていた頃は、意外にも「耳から楽しむ」ことが中心だったようです。まだヤマ恋ブログには登場していませんが、たくさんの音楽やドラマのレコードも、貴重な楽しみの道具だったのですよね。
だからこそ、ヤマトの音楽のすばらしさ・・というのも、非常に注目されたのかもしれません。
音楽を聴いただけで感じられるヤマトのイメージの広がりや奥行きは、かつての「耳から楽しむ」を積み重ねてきたからこそ、私たちの記憶の中にたしかに刷り込まれたのかもしれませんね^^
だから、ヤマトの音楽・・いえ、川島和子さんのスキャットのひとこえを耳にしただけでも、いともかんたんに、ヤマトの世界へ私たちはいざなわれる・・そんな気がしました。

過去への私の旅は、はじまったばかり・・まだまだ続きます^^
sta025
別窓 | 「古代進」サイトについて |
リニューアル構想?
ただいまサイト「古代進case study」のお休みいただきながら、これまでを振り返りつつ、今後のあり方を模索中ですが、これまでと違うHP作成ソフトを導入してみようか、またその他新しいソフトによる表現方法が可能かを模索勉強中です^^
本当に、やってみたいこと(企画)は数限りなくあるのですが、一朝一夕でできるわけではないので、どんなツールを使えば自分の世界が表現できるか、を地道に積み重ね検討してまいりたいと思います・・でも、これからまたいつなんどき、人生の荒波が押し寄せてくるとも限りませんから、時間は無限にある、と思わずに心してかからなくては。そういうときのためのサイト運営の乗り切り方も考えておかなくてはいけませんね(^^;)。

できる限り、ヤマトへの思いを断ち切りたくないので^^

・・遅くとも、来年1月からの日本TVでのヤマト再放送までには、何とか形にしたいですね(現在全国各地の深夜枠で『宇宙戦艦ヤマト』が再放送中のようで、関東在住の私はその波に乗れず寂しい限りです・・今こそサイト公開していたほうがよいのですけれど・・ね。せっかくおいでいただいた方がいらしたら、すみません)。

とはいえ、あまりリニューアルされていなかったりして(なにしろ、セリフ集ユキのカウンセリングノートのファイル数たるやあまりに膨大で^^;)。
さて、どうなることやら・・。
koyuki4
別窓 | 「古代進」サイトについて |
アクセス御礼^^とサイト方針
サイト「古代進case study」は、ただいま一部お休みをいただいておりますが、アクセスしていただいている方々には、御礼申し上げます^^
このヤマトブログヤマ恋ブログにも、おいでいただきまして、うれしくまた励みになりますね。できるだけ早く、考えをまとめて、私なりの「古代進case study」の世界をまた復活させられたら、と思います^^

ただいまは、ヤマ恋ブログにて過去への旅に出ておりますが、現実の世界では、これまでのサイトの出力資料を整理しています。紙にしますとけっこう膨大な枚数になりますが、一度に全体を見渡せますので、結局こうした記録物に頼ることとなり、その保管には場所をとってしまうたちなのです(^^;)。電子手帳とか、苦手なのですよね・・文明の利器より、手書きの手帳が一番見やすくてなじんでいます(^^;)。文章の構想を練ったり下書きするのも、まずはノートに手書きすることから始まりますし^^
そんな私がPCを使ってサイト運営しているのは頼りない気もしますが(幸い入力は、学生時代にタイプクラブにいましたのでけっこうサクサクと^^)、何より、拙文拙画ながらネット上に公開することによって、より多くのヤマトファンの方と接することができる・・その楽しみと幸せを感じられるから、なのでしょうね。

しばらくお休みしてみますと(と言っても、まだ数日しかたっていませんが^^;)、そうした私の根本的な部分が見えてくるので、それも次へのなんらかの糧としていけるといいですね^^

なお、WEBサーバー上にはファイルを残してありますので、何かの検索の際には、TOP以外のページがヒットするかもしれません(たぶん^^;)。
それでも、「ただいまの私のサイトの姿勢方針はTOPに表現されているもの」と、ご理解いただきたく、またご了承いただきたく思います^^

kodai3
別窓 | 「古代進」サイトについて |
ヤマト再放送への期待 第2弾^^
来年1月に再放送されるという「宇宙戦艦ヤマト」の番組は、今からわくわくドキドキしています^^
いったいどのように放送されるのかしら?
昔からのファンにとっては、当時をしのばせる演出を期待したいですよね。
先日書きましたが、ヤマト関連のデータやスタッフインタビュー、ヤマト関連グッズの紹介や当時のCM紹介などなど・・。世代を超えてみんなが楽しめそうな企画をぜひ^^

そういえば、話変わりますが、つい最近まで知らなかったのですが、ガンダムはまた新シリーズがこの土曜からはじまったのですね。生粋のヤマトファンですが、けっこう「ガンダムSEED」シリーズにははまってしまいました(すみません^^;)。今回も一応録画しているので、まだ見てないのですが、どんなものか気になります・・。

ヤマト再放送も頑張ってほしいわ^^
yuki4
別窓 | 映像作品(旧TV,劇場版) |
サイト一部休止のお知らせ
やっとブログを書くことができて、ほっとしています^^
先週、サイト「古代進 case study」メッセージにて、今後の方針を書かせていただきましたが、その考えがなかなかまとまらなかったことと、この3連休は子供の運動会にはじまって、家族間トラブルがあちこちで勃発し(自宅内の件と二世帯住宅における宿命的意思疎通難^^;)、とてもPCどころの状態でなく・・。今なお、現在進行形の課題を抱えておりますが、こうして息抜きしませんとやってられません、まったく(^^;)。

さて、サイトのお話に戻りますが、10/5のメッセージをここにコピーしておきます。

以前から、当サイトのあり方について考えてまいりましたが、リニューアルも含めて、しばらく冷静に検討してみたいと思いまして、連休明けから(10/9(火)~)しばらく更新閲覧を休止させていただきます。
私事ではありますが、これまでも、いろいろと、家族からの妨害(?と言ってよいものかどうか・・私の家事等々のやりくりの拙さからくるところも大きいとは思いますが)がありましたが、何とか乗り越えてまいりました。
ヤマトの世界やこのサイト運営は、私の唯一自由な自己表現の場でありましたから、失いたくない思いがありまして、今日まで続けてきた次第です。
みなさまには、おいでいただきまして、日ごろから大変うれしく思っています。
このサイトは、みなさまにも楽しんでいただけているとすれば、とてもありがたいものですが、運営そのものは「私自身のため、わが身を振り返りつつ私もヤマトとともに旅する」という思いが強くあったため、続けることができました。
そうしたさまざまな思いにも、いまいちど立ち返り、慎重に考えてみたいと思います。
いつも突然のお知らせとなり恐れ入りますが、更新閲覧休止期間中も、「BBS」、「ブログ」(2種類)、「アンケート」、「メール」への入口は、TOPに開けておきますので、よろしくお願いします。


というわけで、じっくり、私とヤマト、そしてサイトについて考えたいと思います。
急な展開となり、みなさまにはご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
・・と言いつつ、自分のサイトをふらふらとただよい未練がましく浸っているのは、私自身だったりするわけです(^^;)。
yuki5.jpg
別窓 | 「古代進」サイトについて |
秋の夜長にヤマト^^
このところ風邪を引いてしまったのと、夏休みから続いていた子供の病気に関わることがひと区切りついて、ほっとしたのもありまして、体調急速下降気味(^^;)。残暑疲れもあるのでしょうか。みなさまもお大事に^^

さてヤマトネタはないものか・・と思いますに、過去の旅を「ヤマト恋ブログ」でしているせいか、頭はすっかり過去に埋没しておりまして(^^;)、最新情報が見当たらず。

この時期話題となるのは、1974年10月6日からTV版パート1が初放送されたことでしょうか。私は、この本放送時にヤマトを見ておらず、その後の夕方の再放送時に出会ったのでした。ちなみに、記憶が定かでありませんが、本放送時は裏番組にあった「ハイジ」でなく「猿の軍団」を見ていたと思います(^^;)。弟と一緒にTVを見ていたので、つい、こういう傾向のTV番組に向かっていたようです。女の子向けというよりは、男の向け特撮やアニメ・・だから「ヤマト」も自然の流れといいましょうか・・。その後、弟は「ガンダム」に流れましたが、私は「ヤマト」を死守(笑)。

話がそれましたが、ヤマトファンにとって、節目の時期ですね。
これまですみずみまでじっくり読んでいなかった、豪華本や設定資料集、データ類など、久しぶりにひも解いてみて、しみじみ、秋の夜長にヤマトの世界に浸ってみるのも、またよいかもしれませんね^^
ヤマト
別窓 | 映像作品(旧TV,劇場版) |
過去への旅
もうひとつのブログ「ヤマトに恋した日々」(ヤマ恋ブログ・・とでも呼びましょうか^^)にて、少しずつ日記を公開していますが、あまりの稚拙な表現に、更新の際には、どこまで当時の表現に任せ、どこまで読みやすく手を入れるか・・の自分との戦いの連続であります(^^;)。
まるで今の私と別の人格であるかのようで、正直、この先の展開が恐ろしいのですが。
そのせいもありまして、過去の自分の日記に対して、現在の私が突っ込みを入れる・・というコメントを入れるスタイルをとりました(笑:要は、自分へのフォローということですね^^)

過去の日記に日々接していますと、これまで忘れていた当時のいろいろなことも思い出されて、当時への思いも高まっています。

昨日は、私の通っていた中高の文化祭があり、以前から連れて行ってあげたいと思っていたので、娘も連れて、なつかしく楽しいひとときを過ごしましたが、なにより感激したのは、入学直後の中学1年の時の担任の先生に全く偶然にお会いできたことでした。
今、私がブログを通して過去への思いが高まっている・・そもそものきっかけである日記の習慣は、小6の担任の先生のおかげでできたものでありますが、中1の先生とも日記のやりとりをしていたので、その先生のコメントにもこのところ触れていましたから、できればお会いしたいと思っていました。
大勢の人の行き交う中での遭遇は、本当に偶然でしたので、これもご縁と思い、またいつお会いできるかわかりませんから、お声かけご挨拶させていただきました。ちょうど30年前の担任ですから、先生は、私のことを思い出せたかわかりませんが(私の自己満足で終わってしまったかも^^;)、当時お世話になったお礼のきもちを改めて伝えることができて、うれしかったです^^

過去への旅は、私を見つめ、新しい旅への序章となる・・と信じて、しばらくめぐっていきたいですね。
oki2.jpg
別窓 | 「古代進」サイトについて |
| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |