心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
劇場版 銀河鉄道999
ここ数日、石ノ森作品にどっぷりと浸っていたせいか、なつかしのアニメ作品を見たくなり、劇場公開時はもちろん、その後TVで何度も見ていた「劇場版 銀河鉄道999」のDVDをかなり以前に購入したもののまだ封も切らずにいたので(^^;)、今日、久しぶりに見ました^^ 
春休みで子供たちもいるので、こんな作品もあった、と教えてあげたいきもちもあったのですが・・幼い子供たちには、劇場版の機械人VS人間の独特な世界がとても不気味で怖かったようで、もう少し大きくならないと見られないみたいですね。・・これは、裏を返せば、つまり、とても大人向けの作品なのだ、ということなのでしょうね。

実は、劇場公開時にヤマトにすっかり入り込んでいた私は、999の世界は、素敵でありながらも、どこかなじめない印象もありました。主人公の鉄郎という少年の心を充分つかみとれなかったこともあるでしょう。今でも、男の子のきもちのすべてを推し量るのは難しいですが、でも、今回見て、非常に感動しました^^ 
全編にあふれるノスタルジックな雰囲気、音楽と映像の一体化した叙情的な描写、ワンカットも見逃せないテンポよいアクションや演出シーンの数々に、30年ほど前の作品とは思えないほど、実に素晴らしい作品、と思えました。確かに、最新技術を施したらもっと鮮明リアルな映像を再現できるかもしれませんが、このままでも、心に訴えかけてくる「思い」が、強く表現されていて、親と子や友情、生と死、生きざま(どう生きるか)、少年から大人への青春期の心の微妙な揺れ・・などなどのさまざまな奥深いテーマが盛り込まれていますね。ラストシーンなどは、子供時代に見たときより大人になった今のほうが、はるかにじ~んときました。完璧な仕上がり、と感じました^^

それから、スタッフの方にも今まで気づかなかった新たな感動が・・。アルカディア号は、デザイン、スタジオぬえさんだったのですね。また、板橋克巳さんのお名前や金田伊功さんも発見。
私世代の方は皆さん同じかもしれませんが、ハーロックといえば井上真樹夫さん、エメラルダスの田島令子さん、トチローの富山敬さん(^^)のお声にしびれます^^ クレアの麻上洋子さんもなつかしいですね・・とてもかわいらしかった。ヤマトつながりでいえば、ドクターバンのお声は、納谷悟朗さん。メーテルの池田昌子さん、鉄郎の野沢雅子さんは、もう「この人以外に考えられない」ほどに、私にとっての青春の幻影のようですね。

とにかく、年月を感じさせないこの作品と再びめぐりあえて、ここに書かずにいられませんでした。
また、その他のなつかしのアニメ作品ももっと見てみたくなりましたね。再発見が楽しそうです。
そうしてまた改めてヤマトを見直すと、さらに楽しめるかも^^
earth
別窓 | なつかし作品 |
旅していました^^
あまりの慌しさに、書く余裕なくて、事後報告となりましたが、この3日間、家族でスキーに行ってきました^^ 
関東では、もう桜が開花しているので、雪があるのは信じられませんでしたが、長野の山の上はまだ「冬」でした。ホテル周辺の銀世界にしばしトリップしてきました^^・・でも肝心のスキーは私ひとり体調崩してしまったので、じっとお休みしていたのですけれど(^^;)。おかげで、今は心身ともすっきりできたかしら。ぼーっとしすぎて社会復帰できるか不安(笑)。

さて、旅行中も、くつろぎタイムのさしさわりない範囲で、「とことん!石ノ森章太郎」の番組は見ていました^^  次々にいろいろな作品が登場して、さまざまなお話が展開されるので、とても興味深いですね。少し書きたいことも出てきましたが、今日はあまりに眠いので、また次の機会にします。
yuki4

(追加補足)
ヤマト情報でないのですが、上の記事で触れた「とことん!石ノ森章太郎」番組は、本日私の好きでした「サイボーグ009」の特集なので、さきほど録画少しチェックしてみたところ、放送時間が変更になっていましたので、もし009ファンの方がいらしたら、ご参考になさってください^^
本日3/28(金)は翌3:00までの放送予定でしたが、本日23:40までに短縮されました。
また、本日予定されていた第2シリーズ第16話、第3シリーズ第1話、第3シリーズ第45~48話は、明日3/29(土)の昼0:15~2:39(NHKBS2)に放送されることなりました。

いくつかのお話を丸ごと放送のたびに、出演者の方のお話も展開されていくというスタイルをとられていたので、009デーを楽しみにしていた私には、この変更はとても悲しいですね・・。それに、変更が急すぎますね。明日は一日外出予定で、今たまたまチェックしなかったら、変更に気づかなかったところでした(^^;)。
明日の新聞のTV欄を念のために再チェックしておいた方がよいと思います。また変更になっていたら、録画できませんものね。

別窓 | なつかし作品 |
とことん!石ノ森章太郎
おとといからはじまったNHKBS2「とことん!石ノ森章太郎」の番組を、夜、子供が寝てから見るのが楽しみ^^
1日目は「仮面ライダー」、2日目の昨日は「キカイダー」「ロボット刑事」「イナズマン」などのなつかしの番組が目白押しで、とてもうれしい^^ 弟がいたので、子供時代は、女の子向けよりもこうした男の子向けの特撮番組をよく見ていましたね。ヤマト本放送時は、たしかヤマトでなく、ちょっとマイナー(?)マニア向け(?)の「猿の軍団」を見ていたような気がします。

「仮面ライダー」といえば本郷猛が大好きでしたし、昨日の「キカイダー」もとても好きでした^^
両方ともアクションシーンがたくさんありますが、「キカイダー」の方の、全編に漂う、どこか切なく繊細な不安定さ(あやうさ)にひかれていた記憶があります。少年の成長過程の葛藤や不安定さ(精神的な)とそれを乗り越えていくさまに心引かれる性分なのかも知れず、それは、今の私の「古代進case study」セリフ集における古代にも通じるところがあるのかも^^
「サイボーグ009」のジョーの大ファンでもありましたが(ちなみに古代君ほどではありません^^;古代君は別格:笑)、石ノ森章太郎さんの世界では、主人公の心の内面の葛藤が色濃く表現されていて、単なる完全無欠のヒーローでない人物像が描かれていますね(彼らは人間でなくロボットであったり、いわゆる『人間』でないところが、ミソ)。

今回の一連の番組を見ていましたら、私が子供時代からひかれていた、思い描いていた理想のヒーロー像の「原点」を発見したような気分になりました。実は、石ノ森章太郎さんのヒーロー像が私の心に潜在的に刷り込まれていたのかも・・と。だから、今改めて彼の作品を見直すと、私の心にものすごくフィットする感覚を覚えたのですね。驚き。
当サイトの「セリフ集」の古代は、こうした私のヒーロー像をミックスした存在なのかもしれません・・。
ふと、そんな気がしました。
最後に、余談ですが、「ロボット刑事」の声、仲村秀生さんだったのですね^^ 落ち着いた紳士的な礼儀正しい雰囲気が、島くんを思い起こさせてくれて、ぴったりですね。
kodai12.jpg
別窓 | 「古代進」サイトについて |
コメントについて
今年に入ってからでしょうか・・ヤマトに全く関係ない宣伝等無用な書き込みが増えてきましたので(当ブログではコメント入力していただくと管理人の承認後、皆さまに閲覧していただけますので、無用な書き込みを目にすることはありませんのでご安心ください^^・・ですが、最近、削除等のメンテナンスが煩雑なため)、当面、コメントを受け付けない設定に変えました。
なお、トラックバックは以前同様受け付けておりません。
突然のことですが、どうぞご了承くださいませ^^

さて、ヤマトと直接関わりないのですが、さきほどNHKBS2で「とことん石ノ森章太郎」の番組の第1日目がはじまりましたが、初代仮面ライダーの第1話が放送され、初めて知ったのですが(すでにご存知の方も多いのでしょうね^^;)、ショッカーの首領のお声を納谷悟朗さんがされていたのですね。この数年後にヤマトの沖田艦長のお声をされたようですから、パート1の沖田さん同様の力強いお声に耳を傾け、楽しませていただきました^^(もちろん私にとっての仮面ライダーといえば、本郷猛のライダーですから、なつかしさとともにライダーのお話も楽しみましたが)
ヤマトブログで恐縮ですが、28日の「サイボーグ009」特集の日は、実はものすごく楽しみ♪
oki2.jpg
別窓 | このヤマトブログについて |
イラスト
ひさしぶりに自分のサイト「古代進 case study」をめぐっていましたら、「歴代TOP26,28」の画像がリンク切れになっているのに気づきました。ご不便をおかけしまして、失礼しました。
直しましたので、おそらくご覧になれると思います。
自分のイラストを見ては、もっと器用に、手早く自由に描けたら・・と思うことしきり。
今年はもっと技術を磨きたいものです。
kodai8
別窓 | 「古代進」サイトについて |
完結編が紹介されました^^
家族が、日本TVで19時から放送されていた「日本人のギモン よくある質問」という番組を見ていまして、たまたま夕食の片づけを終えて画面を見ると、アニメ制作者へのよくある疑問・・というテーマがはじまって、ドラえもんなどの映像のあと、なぜかヤマトと地球の画像が現れたので、とても珍しいことなので、「もしや」と思い、しばらく見ました。

最近のアニメ制作のようすが流れ、昔とはずいぶん変わったのね・・と思いつつ、なかなかヤマトは再び現れませんでしたが、ようやく、そのテーマの最後の方で、何人かのアニメ監督のお気に入りアニメとお気に入りシーンの紹介コーナーで、「宇宙戦艦ヤマト 完結編」をあげてくださった監督さんがいらして、お気に入りシーンとして、ヤマトが沈むシーンが流れました。沖田艦長が波動砲を発射し、ヤマトが二つに裂け、艦首を上にして沈みゆくシーンでした。
私が見ている最近のTVでは、アニソンがらみのものが多い印象で、映像もパート1に関するものが多かったように思うので、このたびの完結編の最期のヤマトの姿を紹介したのはとても珍しいと思いました。ヤマトといえば希望をのせて勇気をもたらせてくれる存在で、そうしたイメージが常にあるのに、この最期のシーンはとても胸に迫るもので、知らない人にはショッキングですよね。よく放送してくれました、というきもちです。「えーっ?」という声がTVから聞こえてきたので、完結編までご覧になっていない方も多いかもしれませんね。

お決まりのワンパタンでなく、こうしてとりあげられたのが、むしろうれしかったです^^
ヤマトという作品があったこと、あのような最期を迎えたけれど、ファンの心の中にはいつまでもヤマトは生き続けている、ということを、多くの人に、忘れないでいてほしいですね。
TV番組との偶然の遭遇に、感謝^^
yamatoB
別窓 | ヤマト関連TV番組 |
麻上洋子さん
数日前にNHKBS2にて放送された「BSアニメ夜話」は、「イデオン」特集だったのですが、麻上洋子さんがご出演になると知り、しっかり録画し、昨日見ました^^
なんと申しましょうか・・ヤマトブームの頃から30年ほども経っているのに、それを全く感じさせないくらいに、お美しくてご活躍されている様子がうかがえて(内面からにじみ出てくる力を感じました^^)、でも一方で、森雪の声をそのままに、つややかなお声を保たれているので、とても驚きました^^
「ヤマトはきっと帰るわ・・古代君が死んじゃう!」というようなセリフを、登場してすぐに声に出してくれて、ファンの気持ちにこたえてくれていました^^「イデオン」特集でご登場なのに、「ヤマト」がいかに多くの人の心をつかんでいるか・・を象徴しているような気がしました。

ところで、私の記憶の範囲では、このBS2では、これまでまだ「宇宙戦艦ヤマト」がとりあげられたことは一度もなかったように思います。今月下旬には、石ノ森章太郎さんの一連の作品が1週間ほどかけて放送される予定ですが(個人的には興味ありサイボーグ009は大好きだったので^^全部予約録画する予定♪)、我がヤマトもいつか、大々的に特集してほしいと思います。何しろ、ヤマトなくしてアニメの歴史は語れないでしょうから。
yuki4
別窓 | なつかし作品 |
燃えつき症候群?(疑)
下の子が卒園したら、気が抜けたのか・・少し風邪気味です。このところあたたかかったのに、昨日今日真冬並みの寒さとなり、体がついていきません(^^;)。
春休みとなり子供がいるので、日ごろの生活ペースもすっかり乱れて、子供に振り回され(^^;)、PCに向かうことが難しいですね。夜眠くなりつつ、とりだめしてあるドラマや映画を見たり、「タイピング波動砲」「タイピング拡散波動砲」で、気分転換するのが、今のささやかな楽しみです^^
家族たちの4月からの新しい生活に、私自身もどのように過ごしていこうかしら・・と模索中。
今年度(3月まで)は私自身以外のことで、いろいろあった年だったので、4月からは少し私自身を向上させるような充実した日々を過ごしたいものだわ・・と思っています。でもなんとなくボーっとしてしまうこともあり、これは一種の燃えつき症候群かしら。まだまだ子どもたち小学生になっても手がかかるから、それには早すぎますけれどね(^^;)。

さて、「タイピング波動砲」は、いまだ都市帝国をクリアできず(大型爆弾が飛んでくると緊張して打てません^^;)。
「タイピング拡散波動砲」は、「ヤマト2」のあとの「新たなる旅立ち」や「永遠に」なども楽しめるので、気分転換にもってこいです^^今のところ順調にクリアでき(地球防衛艦隊は保留中^^;)、「III」のガルマンウルフまでクリアしました。
PS2ゲームでは、「永遠に」までの新しいヤマトのCGを楽しめていたので、このタイピングで「III」や「完結編」のシーンをCGで見られるのは、ちょっと刺激的ですね。このあたりの作品がゲーム化されることはあるのかしら。
無性にヤマトのゲームをしてみたい今日この頃です。ストレスたまってるのかしら(笑)。
koyuki3

別窓 | ヤマト関連グッズ |
タイピングその後
「タイピング波動砲」の最後のステージ「都市帝国」はなかなかクリアできませんね。一応ここまで「並」レベルで来ているので、ここでレベル下げたくないので、何とか頑張ります(^^;)。

「タイピングワープ」は、昨夜クリアしました^^
・・とにかく、入力中にもCGやアニメなどお話が流れていくシーン(人工太陽に向けての波動砲発射の準備シーンとか^^;)があり、見たいのにじっくり見れないもどかしさを感じつつ、ひたすら入力(^^;)。たとえ入力という形でも、自分の力で道を切り開き、ガミラスとの死闘をくぐりぬけ、イスカンダルが目の前に現れた時には、ヤマトの乗組員の一員であるかのような達成感となんともいえない感慨深いものを感じました^^(なぜか、赤い地球が青くなった最後よりも、このイスカンダルへの旅の達成の方が感動)

さて、目下、「タイピング拡散波動砲」にとりかかっていますが、「地球防衛艦隊」でヤマトが出ないので、少々士気低下気味(土方さんごめんなさい^^;)。やはり私はヤマトのファンなのだわ、と実感(^^;)。「タイピングワープ」の「七色星団決戦」等々のヤマトが、とてもかっこよかったもので・・。
まだ先のステージを見てませんが、このステージはゲーム色が強いですね。

全体を見通しますと、このタイピングシリーズも回を重ねるごとに、いろいろ工夫されているのがわかります。
あとの2作品は、オープニングがあり、主題歌とともに映像が流れますが、それを見ているだけでも充分気分転換できるので、よいですね・・。
hiji1.jpg
別窓 | ヤマト関連グッズ |
また少しずつ
数ヶ月前には、なかなか創作をしてみようと思えなかったけれど、いつでも心の中にヤマトがありました。2月発売予定のDVD-BOXに子供みたいにひそかにわくわくしてみたり。でもまだそれは、私の心の奥底の方でのささやかな楽しみでした^^

そのうちに、徐々にヤマトの私のイラストやイメージを加工処理してみたり、やっと他のドラマや映画をじっくり見る気になったり、この週末は、この半年から1年くらい間から買っておきながら積読状態にあった雑誌や書籍に目を通す余裕が出てきました。活字中毒のようで、今は新聞でも雑誌でも何でも読んでみたい気分ですね。

そして、もうひとつの大きな変化として、ピアノを無性に弾きたくなってきたこと。
ピアノを日ごろ弾いていないと、指がすっかりかたくなってしまって、しばらくは指の運動から。
でも、弾きたいと思って買ってあるたくさんの楽譜を目の前にすると、意欲も増します。
自分で練習するだけでなく、また専門の先生について習いたくなってきた今日この頃です。
この「ヤマトを弾こう!」のコーナーもまた少しずつ再開していきたいですね^^
だって、いつだってヤマトの音楽は心の中にあったのですから。
sta2
別窓 | ヤマトを弾こう! |
タイピング猛特訓中^^;
このところ「タイピング波動砲」、「タイピングワープ」、「タイピング拡散波動砲」にて、猛特訓中です^^
やりはじめると、凝り性なところがありますので、ついつい、夢中になって、クリアを目指してPCに向かっています。

「タイピング波動砲」は、さらば宇宙戦艦ヤマトの世界を楽しめまして、あと最後のフィールドのみ。
「タイピングワープ」は、TV版パート1の世界・・今、見ている「宇宙戦艦ヤマトTV DVD-BOX」の世界なので、その作品の中に自分も参加しているような気分で、意気込みも違ってきますね。でもまだ反射衛星砲のフィールドまでで、実はワープをクリアしていません(^^;)。
「タイピング拡散波動砲」はヤマト2以降の世界が開けていますが、まだ最初の二つくらいしかクリアしてません。
いずれも、CGやアニメシーンに見とれて、ついタイピングするのが遅くなってしまうのが難ですね(^^;)。
でも・・やはりタイピングの練習効果はあるようで、かなり必死になって打ちますから(笑)、少し早く打っているようです^^

「タイピング波動砲」を最初にし始めたころ、ヤマト以外の一般的な言葉の入力ではイメージがくずれる(笑ってしまったり^^;)からヤマトの世界の言葉を入力できるとよいのに、と書きましたけれど、その後の「タイピングワープ」「タイピング拡散波動砲」は、ちゃんとヤマトの世界の言葉で楽しめるように設定条件が設けられていて、うれしかったです^^
でも、意外と、ヤマトの世界の言葉だけにすると、日ごろ入力しないような言葉なので、妙に打ちにくく、結局、普通の言葉で練習しています。またヤマトの世界の言葉にすると、ますますヤマトのお話が頭に浮かんでしまって、集中力が落ちるようです(笑^^;)。

ゲーム感覚で、PC作業の合間に楽しめるので、とても楽しく、よい刺激になりますね^^
PS2のゲームは、我が家では、いちいちTVと接続しないとできないので、ちょっとやってみよう・・と気軽にできないのですが、タイピングが刺激になって、また少しゲームの世界をのぞいてみたくなった今日この頃です。
kodai8
別窓 | ヤマト関連グッズ |
卒園式
昨日、卒園式だったので、ここ数日は慌しかったです。
ようやく終わり、ほっとしています。
上の子の時から5年にわたってお世話になった園生活ともお別れ。
お世話になった先生やお友達に挨拶をしたり、記念写真を撮ったり・・最後のひとときを楽しみました。
あっというまに時間は過ぎて、名残惜しいですが、こうした切なさを知って、子供たちも大きくなっていくのでしょうね。
ひとつ意外だったのは、我が息子に男女問わずお友だちがたくさんいるのは知っていたのですが、けっこう女の子達から「一緒に記念に写真を撮って^^」と言われまして、中には「初恋の人なので♪」と。まだ幼い子供たちのそんな初々しいやさしいきもちにふれられて、うれしかったです。息子は妙に照れていましたけれど^^
すべての子供たちに、よい思い出とともに、これからの新しい生活に巣立っていってほしいと思いました。
tere1
別窓 | 未分類 |
広川太一郎さん
昨日、訃報を知りました。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。

たまたま昨日は、「宇宙戦艦ヤマトTV DVD-BOX」第13話「急げヤマト!!地球は病んでいる!!」を見たところでした。中学生の進と、兄守との会話・・色あせてさびしげだった過去の映像が、思いのほか鮮やかな色調で再現されていて、古代の家族たちの生き生きとした、それぞれの思いが心にしみてきました。頼もしいお兄さんだった・・その守の声を担当されていた広川太一郎さんでした。

少し前にやっとインストールした「宇宙戦艦ヤマト タイピング・ワープ」も、昨日、少しし始めてみたところだったのですよね。
ちょうど、冥王星会戦の沖田さんと守との対話のシーンを見たところだったのですが、DVDとはまた違った味わいで、迫力あり胸に迫りました。
その後さまざまな声を担当されていて、私たちを楽しませてくれましたね。

昨夜は、その他、久しぶりにいろいろなサイトをめぐり・・よく通わせていただいたヤマトサイトさまが閉鎖されることを知ったり・・と、時の流れを感じました。
ファンをはじめ、ヤマトに関わられた全ての人びとが確かに存在していたこと・・そして、ヤマトの作品、ヤマトの音楽、ヤマトの世界をこれからも次へ伝え残していきたいですね。
kodai5

別窓 | 映像作品(旧TV,劇場版) |
少し更新^^
まだ空気は冷たいですが、春の日差しに誘われて、今日はひさしぶりにサイト「古代進case study」を更新しました^^TOP絵ご案内のコメントとヤマトグッズのコーナーです。
その他、めずらしく「書庫」TOP絵韓国ドラマのリスト修正も(韓ドラは約1年半ぶりの更新^^)。

ブログにも書いていましたが、今年に入って、少しドラマを見るきもちになって、「星の金貨」にはじまり、「太王四神記」、そして、最近はやりの「HEROES」も録画ためていたので、ようやく消化しつつあります。サイトのプロフィールにも書いていますが海外ドラマ好きで、「ER」シリーズは欠かさず見ていましたが、昨年のシーズンはどうしても見る気になれずにいました(いろいろ思い出してしまうので^^;)。でも、ようやくこのところ見始めることができるようになりました。以前よりも感じ方が変わっています。
映画もまた、少しずつ、見ていきたいな。

ヤマトもそうですが、そのときの自分によって、作品への感じ方も変わります。
その変化を見つめると、その時々の私を知る手がかりにもなりますね。
そうして、自分を見つめ、心にとどまった作品は、いつまでも大切にしたいものですね^^
kodai5
別窓 | 「古代進」サイトについて |
キュージョン 古代くん♪
以前から発売されているのは知っていたローズオニールキューピーの「ハッピーコラボレーション キュージョン」シリーズにある、沖田艦長古代進の根付。
時々、子供のおもちゃを見るついでにチェックしていたのですが、ようやく今日、やっと店頭においているのを発見!
かわいいし、包装してあるビニール袋の中にそれぞれヤマトと地球と沖田さん、ヤマトと地球と古代君が描かれている台紙が入っているので、記念に二つずつ買おうと思いましたが、顔と体型がキューピーちゃんなので、やはりひとつずつにしておきました(^^;)。そのままの沖田さんや古代くんなら、多めに買っておいたかも(笑)。(ここに写真をUPしたいですが、鮮明な商品画像は著作権上あまり好ましくないことや、ここは商品の宣伝目的のブログでないと思いましたので、やめておきます)
できれば、他の乗組員たちのバージョンも期待したいのですが、ユキの場合は、クレーム出るかもね(笑:だって、体型が体型ですもの・・ね)。
kodai11.jpg
別窓 | ヤマト関連グッズ |
アクセス御礼^^とDVD
ここ数日は家族の世話などでPCにあまり向かう時間がありませんでしたが、今日このヤマトブログを見たら、カウンタがもう20003となり、おいでいただいている皆さまには感謝しています^^
ブログ記事は各種検索サイトにHITしやすいので、おいでいただける機会も多いようです。
これからもお立ち寄りいただけたら幸いです^^

さて、「宇宙戦艦ヤマトTV DVD-BOX」もその後少しずつじっくり見ていまして、おとといには私の好きな第10話「さらば太陽圏!!銀河より愛をこめて!!」を見ました♪
戦いのシーンは全くないエピソードですが、孤独な古代や沖田艦長、見守るユキ、涙の島や徳川機関長の・・それぞれの思いは、今見てもなお、胸に迫りますね。ヤマト乗組員たちの地球、太陽系への思いが、「真赤なスカーフ」の音楽とともに、いっそう心にしみてきます。

ここ数話は、以前のDVDも、デッキ2台を使い、並行再生して、時々画面を比較してみることをトライしています。生活が落ち着いて余裕が出てきたら、もう少しきめ細かくチェックしてみたいですね。ずいぶん、画質が違いますよ^^
今はまだ、画質をチェックしてみよう・・と思いつつ、カラフル鮮明なDVDのヤマトのお話の世界に、つい引き込まれてしまって、純粋にこのDVDを楽しんでしまっている状況(^^;)。
素のままのぞみたい、という心境です。
aya1red31
別窓 | ヤマト関連グッズ |
| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |