心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
ささやかなお楽しみ^^
ようやくマイPCが私のもとにやってきました^^
うれしくて、わくわくどきどきしますね・・順調にセットアップ、ネット接続できるとよいのですが。
ちなみにこの書き込みは従来のPCからです。
一日も早く、マイPCからサイトの更新などもできるようにがんばります^^
yuki5.jpg
別窓 | 未分類 |
めぐりあい
今日の関東は、雨。
昨日はPCの下見に始まって、遠方から父のお墓参りに来てくれた従妹と30年ぶりに再会し、会食し、お話しもそこそこに切り上げねばならずに子供のお迎え、サッカー・・と慌しかった。
それで、今日は一日家にいよう・・と心に決めて、雨音に心を静めて、ひさしぶりにPC作業もはかどった。
もうすぐ梅雨に入るので、たまにはこうして落ち着いて過ごしたいものですね。

きのうはなにかと不思議なめぐりあわせを感じました。

PCの下見に行き、「こんなソフトを入れて、こんなことをしたいんです」と、恥をしのんでお聞きしたら、相談にのってくれた人が、PC環境の知識についてはまだまだ未熟な私に親切に教えてくれました。私がおおよそマイPCの購入のめやすをつけたところで、近日中におうかがいするつもりでいたら、名刺を差し出してくれました。・・なんと、私の好きな古代くんと同じお名前ではありませんか(苗字は違うけれど^^;)。えっ・・?と、内心ドキドキしてしまいました(関係ないのに^^;)。これは、買うしかない!(笑)

その後、約30年ぶりに従姉と再会して、最近は子供の縁で若いお母さんたちとばかり子どもの話をしているので、実に厳しい経験をしてこられた従姉の話す言葉に、わが身を振り返らねばという思いがしました。
父の闘病、母の介護生活に涙してくれたやさしい心をもち、ご自分もそれを上回るほど大変な介護をされていたというのに人には話さず全て一人で背負っていたという現実とはかけ離れた、彼女のとても謙虚でおだやかなふるまい、口調・・それでいてひとつひとつのことばに、とても奥深い思いを感じさせてくれた・・私の周りにはまずこれまでいなかったタイプの人でした。
あの、内面からにじみ出てくるしずかな奥深さや強さはいったいなんなのだろう・・と、毎日目先のことに振り回され、子供の世話に四苦八苦している自分が恥ずかしくなりました。
3歳上の彼女とは、私が中学時代に会ったのが最後でした。ちょうどヤマトに熱中していた頃だったのですよね。「こんな素敵な彼女のことを、私は、当時も今も、なにも知らなかったのだ・・」と、そのくらいに衝撃をうけてしまいました。
そして、私もわが身を振り返りつつ、その静かな奥深い強さを少しでもいただきながら、前に進んでいかなくては、感じました。

人生の縁とは不思議なものですね。
いろいろなことがめぐりめぐって、また私の中に戻ってくるような・・出会いや別れや再会や・・それらは全くの偶然かもしれません。そこに運命的なものや縁を感じていたいのは、ただのロマンチストなのかもしれません。でも、そんな思いがあればまたそれが次への一歩につながる・・その力になるのなら、夢見ていてもいいのではないかしら・・ね。
だから、ひとは時に、昔の時代や、自身の足跡をかえりみて、思いをはせるのでしょうね・・。
earth

別窓 | 未分類 |
微速前進
サイト「古代進case study」については、いろいろと構想を練っているところです。
現在企画中の新旧DVDの比較や感想は、たいしたことはかけないのですが、少しずつUPしていけたらと思います^^
全体の構成については、これまでのコンテンツをなるべく維持しながらも、新しいことやこれまでうまくいかなかったことに再挑戦することもでてきそうです。

予告的に申し上げれば、これまでアンケートを実施してまいりまして、とてもたくさんの方にご協力いただき、素敵なコメントもいただきまして、感謝のきもちでいっぱいですが、そろそろ投票開始から1年が経ち、年齢のデータの正確性も薄れてきますので、来月締め切ることにしています。次のサイト更新でお知らせするつもりです。

こうして、アンケートを締め切り、ヤマトブログも一方的な私の日記の状態になってきますと、そしてまた、一昨年から父のこともありきもちのゆとりがなくなっていた頃を過ぎ、のり越えてきますと、またヤマトファンの皆さんとの交流の場もほしいかな・・というきもちになってきまして、以前のシステムと異なり書き込み制限機能など充実しているものが見つかれば、またBBSを再開したいと思えてきました^^

さらに、今「ただ構想を練っているだけ」の挑戦とは・・これはまだ本当にうまくいくかわからないのでお知らせできませんが、新しいソフトを導入する予定で、そうなりますと今のPCでは物理的(メモリやCPU)また時間的(家族とのやりくり^^;)に難しいので、マイPC購入も検討中です^^
こんなことできたらいいな・・そういう単純な思いから、環境と知識・技術を整えている最中でありますので、こちらはUPまでには今しばらく時間かかりそうです(^^;)。
5周年までに何かしらの形にしたいと思っているのですが^^
こうして、ブログに書くことによっても、新たな決意表明のきもちで、気を引きしめている次第です。
kodai8
別窓 | 「古代進」サイトについて |
サイト更新
この週末はあいにくのお天気でしたが、母と二人で1泊旅行しました。超近場でしたが、父亡き後、ゆっくりと過ごし、いろいろ話ができてよかったです^^ 父の好きだった海の見えるところで、お天気は悪かったですが、静かに遠くをゆきかう船を眺めつつ・・。雨なので外で過ごしにくく、たまたま知った船のミュージアムに入ってみると、思いの他、知らないことにめぐり合えておもしろく、「そういえばヤマトも船だった」と、急にヤマトのことが思い出されて、今日少しサイトを更新した次第です^^

ミュージアムでは、昔の船内の訓練生の船室や食堂、医務室、船長室・・などなども見ることができて、実に・・ヤマトを思い起こしました。特にパート1を^^ ヤマトの中で乗組員たちがどのように生活していたのかしら、ということも、かつて子供心にとても興味があったので、実際に船内見学をしながら、いろいろ想像をめぐらせておりました(笑)。
yamato01

別窓 | 「古代進」サイトについて |
5周年に向けて
いろいろなことが頭を駆けめぐっています。
サイト「古代進case study」を開設して今夏で5周年を迎えます。
ここまで続けてこれましたのも、おいでいただいている皆さまの励ましのおかげです。
改めて御礼申し上げます^^

さて、この間にサイト上でも現実の私事においても、実にいろいろなことがあり、私をとりまく状況もずいぶんと変わってきました。いろいろな人と出会い、別れ、また別の人びとと出会い、別れ・・いつも、その先に何があるのか見えないけれど、そのとき、それなりに、私は生きてきた。
こうして振り返ると、状況や環境が変わっても、常に自分の心の奥底で、大切にしたいもの、目指したいものは、誰にも束縛されることなく、静かにその火をたやさずにとどめておく方がよい、と感じる。
ひとやまふたやまこえたとき・・その静かな火が再びささやかながら燃え上がれば、また、私自身を見失わずに、私自身を保てる・・そうしてまた、次へ歩みだせる。

このヤマトブログも、はじめてから今秋で3年経つかしら。最近は似たような話題ばかりになって、私のひとりごとのようになっています(コメント受け付けない設定にしたのでなおさら、ただの日記のようになっていますね^^;)。

サイトの全体構成を少し見直そうかしら・・と少し検討中です。
私は何を大切にして、何を表現したいのか、を見直して、また静かな火を少しずつ燃え上がらせていけたら・・と思います^^
kodai8
別窓 | 「古代進」サイトについて |
おかしな夢を見た。
中学時代同じクラスだった**さんは、ヤマトをはじめいろいなアニメのファンで、
イラストもとても上手、富山敬さんの熱狂的ファンだった。
彼女と20年ぶりくらいで再会。
なつかしい思い出話に盛り上がる中、私はいよいよ核心へ!
「ヤマトの本、もう捨てちゃった?」
にっこり彼女はほほえんでささやいた。
「まだ(捨てられずに)、たくさんあるのよ~」と。
私の胸はいよいよ高まった。

------そこで、けたたたましい音に夢は薄らいだ--------

残念!目覚まし時計でした。
あとひといきで、彼女のヤマトグッズとめぐり合えたかもしれないのに(笑)。
「宇宙戦艦ヤマトに恋した日々」ブログで、時々登場していた彼女。
過去の旅をしながら、私の心の奥底にあるヤマトグッズへの渇望の思いが、いよいよ高まっている、ということかしら。
でも、ヤマトの時代から、もう何十年も経ってしまっているので、この先もヤマト本とめぐり合うのはかなり難しいですね。会えたらラッキーというくらいの気持ちでいましょう^^
kodai9
別窓 | ヤマト関連書籍・雑誌 |
「不安を克服し明日を信ずる」
この3日間は、私自身との戦いの連続でした。
前回の書きこみ記事で、息子がダウンしたと書きましたが、単なる疲れからの発熱ではなく、その後吐き続け食べられず、今日の運動会に参加できないのでは・・?と、これまで毎日暑い日寒い日の中、一生懸命練習してきたというのに、胸が締めつけられる思いと戦いながら、過ごしました。
たった3日間だったけれど、実に1週間くらいに感じられましたね。
入学して初めての運動会で幸いにもリレーに選ばれ、このチャンスを何が何でも完結させてあげたい、というきもちで世話をして、ようやく、今日は「ふつうに」運動会に参加できました^^
元気な時なら何も気にしないですが、この「ふつう」ということが、どんなにありがたいことなのか、身にしみますね^^ 息子もよくがんばったと思います・・かけっこ、ダンス、リレー等・・親子競技では走りよる息子の手を引き、ともに走れるきもちをひとつにして、いっきにゴール!
こんなにうれしいことはありませんでした^^
息子の白組は負けて、くやしくて帰り道に泣き出しましたが、「勝ち負けは関係ない。1日がんばって、やりとげられたことが、えらい、すごいのよ」と励ましました。私も涙が出そうになってしまいました。

そうして、この3日間のささやかな目標である「息子の体調を復活させ、リレーで走らせてあげること」を、達成することができて、今の私は、その私の役目をやりとげられたことに、幸せを感じています。

数日前に「宇宙戦艦ヤマトTV DVD-BOX」を見ていて、第19話(相原君のエピソード)にて沖田艦長がいった言葉を思い出しました。
「不安を克服し、明日を信ずる」
息子に食べさせてもまたすぐ吐くのでは、運動会までには体力復活はかなわないのでは・・という不安が、何度も心の中によぎりましたが、とにかくできる限りの対処はして、なんとしても・・ときもちを固くもって、息子を信じて、力を注ぎました。

誰にも先のことはわからない・・でも、だからこそ、希望をもって、信じて前に進むことができる。
ちょっと苦しかったですけれど、その不安との心の戦いの先には、結果はどうあれ、達成感と安らぎという手ごたえを感じました^^
あきらめない不屈の精神と、自身のすべてを総動員して前進する・・そんな奥深いテーマもあることを、この第19話のエピソードに感じます。
本当に、ヤマトパート1は、奥の深い作品です。
まだまだもっといろいろな人生経験を積んでいくと、また違った発見(『実感』というべきか)も見出すことができそうで、大切にしていきたい作品ですね。
oki2.jpg
別窓 | ヤマト関連グッズ |
少し更新
「宇宙戦艦ヤマトに恋した日々」ブログを、最近少しずつ更新しています。
今日も、昨日まで元気にサッカーをしていた息子がダウンし学校お休みで寝ているので、家に缶詰状態・・その間に少し更新しました。
ヤマトに関して新しい話題が少ないこのごろ、こうしてたまには過去を発掘してみると、また新しい発見と広がりがありそうで、今日は、とてもおだやかなきもちになれました^^(今日は関東やっとお天気になり気持ちも明るくなります^^)
koyuki3
別窓 | このヤマトブログについて |
充電
異常気象でしょうか・・あまりの寒さに、震えております。
また、先日関東でも比較的大きな地震があり、関東大震災が起きたら怖いな、と感じていたところに、中国は大変な災害に見舞われております。胸が痛んでおります。
地球は大丈夫なのでしょうか。

さて、このところ慌しかったのも、ようやく先が見えてきた・・といいますか、あまりに脱力感も激しく、燃えつき状態にありまして、これから先、私のあるべき生活スタイルを模索中です。
心のおもむくまま・・ある意味、貪欲に、いろいろ吸収しながら、次への糧にしたいとも思っています。

最近は、もうすぐ開催終了してしまう情報を得て、東京近代美術館にて開催中の「東山魁夷展」に、急遽思い立ち、見に行きました^^ 
若い頃から好きな画家でしたので、素晴らしい数々の作品に圧倒されつつ、よい刺激も受けました。・・あの、静寂の中に表現される孤独感や希望、やさしさ・・のような、穏やかな色調の中にはりつめる緊張感がとても好きなのですよね。

一昨日には、封切り間もない「隠し砦の三悪人」を早速鑑賞。
作品として、よくまとまり、迫力もあり、見ごたえありましたね^^ CGに頼り切っていない映像・・つまり役者がしっかりとエネルギッシュに動き回るパワーを感じるという意味で、よかったです^^
スターウォーズのモチーフにもなった黒澤監督の作品のリメイク・・否、リボーン、と予告でうたわれていましたね。スターウォーズについては私はヤマトほど詳細にとらえていないので、どこまでリンクしているかわかりませんが、かなりスターウォーズファンを意識したつくりになっているのでは? 現代風にアレンジし再生(リボーン)した、という前宣伝には、そのような意味を感じていました。 公開直後なのであまり詳細書けませんが。
ちなみに、ヤマトファン的には、ゆきひめに呼びかけるたけぞうの「ゆき!」に、ヤマトの古代とユキを重ねて勝手に妄想にふけっておりました(笑)。

さて、PCについては・・新しいソフトを導入したいきもちにかられているのですが、検討中です。果たしてそれが私に使いこなせるか・・どうか。もちろん、目的は、「ヤマトへの私の思いの具現化」にあるので、結局、一度しかない人生、試してみたいな・・というところに落ち着く気配があります(抽象的表現ですみません^^;うまくいくかわからないので)。
earth
別窓 | 未分類 |
アンケートコメントについて
サイト「古代進case study」のコンテンツのひとつの「アンケート(投票)」には、日ごろ、ご協力いただきましてどうもありがとうございます^^ 時々見ては、投票数が増えていると、うれしく思います^^ 皆さんのそれぞれの思いが、伝わってきますね。

さて、昨日久しぶりに見ましたら、コメントにヤマトとは全く関係ない内容がありましたので、全て削除しました。歌の質問の2票、キャラの質問の2票の、計4票におけるコメント4つで、全て同一の文章でありました。とても不快なので、投票数も削除修正したいところでしたが、システム上、コメントの削除しかできませんので、すでに投票された票数は残ってしまっておりますが、どうぞご了承ください。

今後もこのような無用な書き込みに対しては、警告せず即時削除いたしますので、よろしくお願いいたします。
hiji1.jpg
別窓 | 「古代進」サイトについて |
久しぶりに更新^^
サイト「古代進case study」を久しぶりに更新しました^^
メッセージにも書きましたが、昨日、古書に遭遇。
忘れていた集英社の「モンキー文庫」(『ヤマトよ永遠に』)・・目にして初めて思い出すことができて、感涙。
もっていたのです・・これ。帯まできれいに残っているので、とてもなつかしく、大切に保管していただいていたその方に、感謝のきもちでいっぱいです^^
内容は、平易な学生向けの文章です・・でも、改めてしみじみと、当時の私になった気分で(子供心で)読めて、とてもうれしい^^

もうひとつの古書は、秋田書店の「ANIMEコミック」(『ヤマトよ永遠に』)で、この、映画の映像を漫画風にコマ割し、文字入れ編集しているのには、当時ビデオがなく、作品をビジュアルに思い返したいファンにとってうれしいものでしたよね。発売当時私はおそらくこの本に遭遇していませんでしたが、後年、他のアニメ作品のコミック本を購入していたので、なつかしいきもちになりました^^
この種の本は高価だったので、仮に遭遇していたとしても、購入は豪華本ひとつに絞り、買わなかったのかも。
内容は、映画の映像をそのまま思い出せるような効果的なコマ割をしてありまして、私としては満足のいく本でした^^

そして、今回更新し忘れましたが、なんと、以前から欲しいと思っていたCD「宇宙戦艦ヤマト完結編  音楽集」(3枚組)にも遭遇!
完結編音楽集は、すでにCD-BOXでCDとしてはもっていますが、1995年発売のバラ売りでレコード発売当時のパンフレット縮小版つきのこのCDも欲しいと思っていました。なぜなら、レコードとしてすでにもっている「交響組曲宇宙戦艦ヤマト」「さらば宇宙戦艦ヤマト」「ヤマトよ永遠に 音楽集1・2」は、幸いにCDとして手に入っていたので、ぜひこれも・・と完全にコレクションを目的としていたものだったからです。
これで、私の目標はある程度達成されましたが、欲をいえばあとは、ピアノやバイオリンによるヤマトCDやドラマ版CDが欲しいですね^^ 

またいつか、古書街をめぐってみましょう。
yamato01


別窓 | 「古代進」サイトについて |
アニメ主題歌大全集
4/23(だったと思いますが)にNHKホールで開催された「アニメ主題歌大全集」のイベントに行ってみたいと思いながら、やはり小さい子がいる平日に行くのはまったくもって無理!
涙をのんで断念し(おおげさですね:笑)、TV放送録画に意欲を燃やしていたのですが、このGW前の慌しさに、TVガイドチェックも甘かった!
5/4(日)にBS2にて放送終了・・と昨夜遅くに知りました(^^;)。

確かこの恒例の番組は、たいてい再放送もされていたと思いますので、今度は絶対録画しなくては。
ちまたのうわさによると、ヤマトが最初に歌われたとか・・旧来のファンには少し抵抗あるかもしれませんよね。ヤマトには、やはり盛り上がった最後のフィナーレを飾って欲しい・・と思うのは私だけ?
でも、ささきさんのお姿を見られるだけでも、幸せと思わなければ、ね。
いつまでもお元気で頑張ってほしいです^^
yamatoB

別窓 | ヤマト関連TV番組 |
無事、GW終了^^;
無事、義父母との家族旅行が終了し、ほっとしています(^^;)。
旅行・・というよりは、代々の故郷めぐり・・というようなものでありましたが、全般的にはお天気に恵まれ、まずまず、私ものんびり過ごせたので、気分転換にはなりました^^
炊事洗濯から解放され(日ごろは充分に子供と接することができませんが)、久しぶりに一緒に遊ぶことができたのが、けっこうよいストレス発散になったようです。
あとは・・皆が眠ったあとに、ちょっとばかり、ひごろできなかった読書や書き物をすることで、一人の時間をもてたことがよかったかしら。

ずいぶん前に購入していて、ヤマトの項目しか読んでいなかった「アニメノベライズの世界」(洋泉社)で、いろいろなアニメのエピソードなど読んでいると、最近沈み込んでしまっていたヤマトへの思いが触発されまして、さらに、この本で紹介されている「宇宙戦艦ヤマト」(ソノラマ文庫、石津嵐)、「熱血小説 宇宙戦艦ヤマト」(オフィスアカデミー)、「宇宙戦艦ヤマト 完結編」(徳間アニメージュ文庫)の項目を読み返してみると、いっきにヤマトへのなつかしい思いがよみがえってきました^^
そして、サイトの更新作業としていつか・・と思い描いていたセリフ集「完結編」における古代の心情の変化をたどってみたい、という思いにかられ、つい、散文的につらつらとノートにラフに書く始末。こんなふうに、旅先で、ヤマトの妄想(?笑)を思い描くのも、実に数年ぶりのことのような気がしますね(^^;)。
そんなわけで、お仕事的な旅の中でも、ここちよく精神のバランスを保てたのでしょうね。

久しぶりにまた、古書店めぐりなどしてみようかしら^^
yuki4
別窓 | ヤマト関連書籍・雑誌 |
心の糧
4月からの生活で大きく変わったのは、車での子供の幼稚園送迎がなくなったこと。
運転中はよくCDを聴いていたので、ヤマトの音楽によく浸っていましたが、このところ極端に運転時間が短くなったので、ヤマトの音楽に触れることもなく・・余計にストレスがたまっていたのかも?
昨日今日、と、久しぶりに聴くと、とてもなつかしい気分になった。

「交響組曲宇宙戦艦ヤマト」
「さらば宇宙戦艦ヤマト 音楽集」
「ヤマトよ永遠に 音楽集1,2」

どれもひとつひとつの楽曲が、さびついた私の頭を、心を揺り動かしてくれる・・とてもいとおしいきもちになる。次第に心が日常のしがらみから解放されて、想像の世界へいざなわれる。
そうして日常の中でも、時折ふと、ヤマトを思い出せるようになってきた。
記憶をよびさまし、思いを揺らめかせ、再び心を活性化してくれる・・音楽って素晴らしい。
宮川泰さん、ありがとう。
ヤマトの音楽は、私の心の糧・・心のふるさとのようなものなのです。
tere1
別窓 | ヤマト音楽 |
GW・・心だけでもよりどころへ
GWは、主婦にとっては、ふだんの日以上に慌しく、休暇とは程遠い生活。
ちょっとキレそう。
学校は普通にあるのに、夫が休みとなると、生活リズムやペースもくずれるし、ひとりでほっとする間もないので、無意識に緊張状態が続いているのか、やたらに肩こり、体調不良に陥っています(^^;)。おまけにGW後半は、義父母との旅行が待っています(苦笑)。三度の食事は作らなくてよいのは助かりますが、気分的には、お仕事・・ですかね。今はやっとできたわずかなひとりの時間。表にできないことをこうしてブログに書いてすみません。
子供の登下校も、いまいちまだおちついておらず、課題山積。
男の子世界と女の子世界とでは、群れ方、関わりあい方が少し違うようなので、まだ私自身なじめていません。学校についても、かなり以前から登下校の安全管理について進言し、互いに確認しあえたかと思っていたのに、あいかわらず全校レベルで対応せずにいるままで、まいったものです。毎年担任の先生が変わるたびに、対話しなければならないのかと思うと、すでにつかれきっております。

そんなこんなで、はや 5月なんですね。
おととい見た「宇宙戦艦ヤマトTV DVD-BOX」の第18話。
色鮮やかな宇宙服を見につけた古代と真田。生き生きと語り合う二人に、ぐっと惹かれます^^
ヤマトや戦闘機による戦いのシーンはなく、ただそこには、古代と真田の「思い」がある。
真田さんて、ついふだんは忘れがちだけれど、体の一部が機械なのですから、彼の存在自体に、実は深いテーマが隠されているのですよね。人間と機械の共存?・・今思えば「ヤマト2」でアンドロメダはじめ自動化された戦艦への危機感にも、真田さんならではの思いがあったはず。
話がそれました・・さて、メスなんてブラックジャックじゃなければ持ち歩いていませんし、「切ってくれ」のセリフには、子供のアニメとしてはものすごくシビアな表現なように思われますね。
ビーメラ星のエピソードでの雪の、ちょっと見たくない人の心の嫌な面や、真田さんの存在を描くようなところに、ただのお子さま向けアニメとは少し違った印象を子供ながらに受けていたことも、私にとって、ヤマトのひとつの魅力につながっていったのかもしれません。

TV版ヤマト・・宇宙のいろいろな星に行ったり、宇宙を舞台に人が生活しながら旅を続けることにおもしろさを感じた。「人類滅亡まであと**日」の締めが、SF的な独特な世界を描き、ドキドキ感のスリルも覚えた。・・そして、登場人物たちの魅力、彼らのドラマがあり、それら全てを効果的に盛り上げてくれる音楽があったからこそ、数あるアニメの中でも、子供の頃からひかれ、今だに私の心の原点に存在するのでしょう。

・・第18話から話がずいぶんそれてしまいました・・この続きは、いつかサイトに各話見直しのコメントとしてまとめようかしら^^
kodai3
別窓 | ヤマト関連グッズ |
| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |