心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
刺激的^^
明日から旅行に行くので、今夜はしばらく見られないネットの世界をさまよっていました。
中でもたくさんのヤマトファンサイトさまを久しぶりに網羅的に。
全部を見る時間はないので、ざっくり見るつもりだったのですが、ついつい興味深く中まで立ち入り、感動したり感激したり^^ はたまたいろいろ刺激を受けまして、ヤマトへの思いが自然と高まってまいりました・・そして、最後には、自分のサイトに舞い戻ってみました。

すると、まだまだ私の中で、とりまとめてみたい内容ややり方がいろいろと浮かんできました。
更新作業は日々の時間との戦い(日常生活の中での時間のやりくりができるかが鍵)ですけれど、これからも、悔いのないように、ヤマトへの思いを表現していきたいと思います。
更新は不定期かつスローペースですけれど、おつきあいいただけましたら幸いです^^
yuki6.jpg
別窓 | 「古代進」サイトについて |
気合いで更新(^^;)
来週旅行に行く予定ですので、今日のうちに気合を入れて、サイト「古代進case study」を更新しました^^

先日来、このブログでも時々書いていましたが、最近「さらば」の小説を読みまして、あれこれ思いが高まり、5周年のこの機会に書きとめておきたくなりました^^
相変わらずの拙文ですが、今の私にできる範囲で「さらば」(というよりも『さらばの古代君』)を、ひも解いてみた次第です。
けっきょくは、ヤマト好き、古代君好き♪・・の、ひとりよがりの世界なのですけれど(笑)。
koyuki1.jpg
別窓 | 「古代進」サイトについて |
秋の気配
関東では、昨日今日の朝は、ずいぶん涼しくなりました。
また夏の暑さが訪れるとはいえ、この秋の気配をしばし楽しみたいですね^^
涼しくなると、急にきもちも頭もすっきりしてきて、じっくりとなにかにとりくみたくなります。
読書の秋・・とは、よくいったものですね。
この秋には、たまっているヤマト関連の本をいっきに読み進めたい、と思っています^^
新しい発見がまたあるかも。
sta2
別窓 | ヤマト関連書籍・雑誌 |
ヤマトとの旅の果てに
子供たちの夏休みがはじまって、そろそろ一カ月がたちます。
子供には学校がなくて天国なのだろうけれど(それでも規則正しい日常生活のけじめや習い事、日々の勉強は欠かさぬように心がけるよう指導し続けているが)、私は自分の事務的な仕事(ただの誰でもできる家事ですら)も落ち着いてできず細切れの時間の中を縫うようにさまよい、毎日時間ばかりが過ぎゆくあせりを感じています。自分への自信喪失や自己嫌悪やもろもろのマイナスの思いにとりつかれることもしばしばです(^^;)。思うように子供たちは動いてくれません・・それが、自分を追い込んでしまいます。それではいけなくて、母親としていつも毅然として堂々としていなくてはいけないと思うのですが、ね。でもまたそれが反動となって、ついつい子供を叱りつけてしまうこともあるので、自己嫌悪に陥ってしまうのです。
そろそろ・・そんな精神的なストレスと、残暑疲れがたまり、今日は切れそうになり、とにかく休息したい気分となりました。子供達には今日ばかりは勉強と口うるさくせずに、私は今ちょっとこもって、PCに向かっています。・・少し「気ままに過ごすとき」というのが、ほしいんですよね^^私も。

冒頭からつまらない話題ですみません。
さて、自分のサイトを開設して5年たちますが、当初はいろいろな方との交流も盛んに行っていたのだが、ネットの難点が災いして、一時はBBSを閉鎖したり、ブログもトラックバックはもともと嫌気がさしていたので受けつけず、コメントオンリーとしていましたが、それもあれこれの書き込みが不快で、今では受けつけておりません・・なにしろ、ここ数年は私事でこまめにサイトやブログをチェックすることもままならなかったので、いたしかたありませんね(^^;)。

それで、ひさしぶりに、他のヤマトファンサイトを歩いてみました^^
ひごろ行きつけのサイト様はいくつかありまして、よい気分転換をさせていただいているのですが、そのほかに「今のヤマトファンサイトの現状」はどうなっているのか、見てみたくて。
そうしたら、みなさん、がんばっていらっしゃるのですよね^^
美麗なイラストがたくさんあるサイト、独自の世界をオリストで表現されているサイト、たくさんのファンの方が交流されているサイト、地道にこつこつと積み上げていらっしゃるサイト・・などなど、それぞれ個性にあふれています。

それに比べて私のサイトったら・・と、更新は遅いし・・それに、なにか、私の中にもやもやとしたものがあって、それが何かまだ見いだせていません。なにかが足りない気がするのです。
思えば、それが私とヤマトの旅のすべてを象徴しているような気もしますが(^^;)。
「さらば」以後「完結編」以後・・それぞれの節目に抱いた奇妙なジレンマや戸惑い・・それらの象徴?

ならば、ここは、かつてのヤマトを再び思い起こして、あの頃の私と今の私をむすびつけて、これから先の私とヤマトとのかかわりをさぐる、そのプロセスを具現化するために存在する「私とヤマトとの邂逅、旅、決戦の舞台」ともいえるでしょうね。
すべてのヤマト作品を受け入れたい、愛をこめているからこそ、ヤマトと正面から向きあい、旅を続けていきたいものです^^
気づいたら、このブログの全記事数もこの記事で401件となりました^^我ながらよく書きましたね。
kodai9


別窓 | 「古代進」サイトについて |
古代やユキにはほど遠く(^^;)
ここ数日、我が家の屋上や玄関になぜか突然子猫が徘徊するようになり、それがやたらと人好きのようで、追い払っても一向に動じずに、ドアを開けようものならすぐさま中に入ろうとして、動物が苦手な我が家は一大事を迎えておりました(^^;)。私の気持ち的には、パニック映画にあるような心理状況に陥ってしまって体調も最悪。
昨日などは、あさからベランダに入るようになり、一日中そこに・・。お洗濯ものも干せずに恐怖におののいていました(外に出るのも怖くて^^;)。ベランダも袋小路のようになっているので、自分から外に出にくい構造になっているし、真夏の炎天下、おなかもすいているようでした。
生き物の命は大切で傷つけたくない思いは当然ですが、どうしても触れられない苦手な我が家では、いろいろと問い合わせたり連絡して、なんとか動物愛護センターに受け入れてもらう道を見出し、夕方には無事に終わりました^^
子供達も苦手なので怖がっていましたが、「大切にお世話をしてもらえるところにいるのが幸せなのよ」と、ただの怖い一件ということでトラウマにならないように、話して聞かせました。私も子供のころは犬を飼っていたのですが病気で死んでしまい、最後のお別れをきちんとしないうちに母が全部世話してくれたので、かえって複雑ないろいろな思いを引きずってしまっていましたから・・。
子供たち、しばらく物音や似たTVの声にびくびくしていましたけれど・・。一種のPTSDでしょうか・・。

そして久しぶりの静かなすがすがしい今朝を迎えたのですが、そういえば・・と、ふとヤマトのことを思い出し、ヤマトではミーくんがいたのでしたね(^^;)。ヤマト2では、古代とユキが再会するシーン・・ミーくんを追いかける古代、ミーくんを抱き上げるユキ。なんてこと・・私はとても二人には及びません・・これじゃとてもヤマトに乗り込めませんね(笑)。
yuki5.jpg

別窓 | 映像作品(旧TV,劇場版) |
新たな出会いの予感
今日は、ひさしぶりにお休みができましたので、ひとりで神保町に行ってきました^^
最近、きもちがうずうずとしていたので、機会あらば、とばかりに(笑)。
いつもの行きつけの古書店めぐりです^^
これまでは、子供たちが学校に行っている間だけの、平日の午前中にしか行ったことがなかったのでいつも数名しか店内にいなかったのですが、今日は土曜日しかもお昼過ぎだったせいか、けっこうたくさんの人が来られていて、驚きました。私同様、昔のアニメや漫画に関心ある方が多いのだわ・・と、妙な安心感を覚えつつ(笑)、さっそく「ヤマト」の文字を探します。

今日は平日でも学校のある日でもないので、後ろ髪ひかれる思いで外出したのですが(家族に感謝しつつ^^;)、心のどこかで「今日は絶対(ヤマト関連の本が)ある!」とどこか予感がしてわくわくしていました。
そうしたら・・なんと、いきなり、掘り出し物^^

「STAR BLAZERS」の文字が!!(注:これは英語版『宇宙戦艦ヤマト』のタイトル名です^^)
B5くらいの大きさのコミックのようで、5冊まとめ売り状態で、即手元に抱きつつ、他にもさがしますと、「ロマンアルバム・エクストラ56 宇宙戦艦ヤマト完結編」も^^
これらの本を手放してくださった方々、店頭に保管してくださった書店の方、今日外出させてくれた家族・・すべてに感謝の気持ちでいっぱいです^^
どちらも子供時代には目にしたことのない本ですから、新鮮な気持ちでページをめくることができますね。

英語版コミックはまだ全部目を通していませんが、最近よく行く他の近所の書店に、英語版のいろいろな漫画類がたくさん置いてあったりするのを見つつ、「ヤマトのがあったらよいのに・・」と、もはや今頃ヤマトの英語本が発売されることはないと思っていたものですから、今日のうれしさといったら言葉になりません。パート1の映像ビジュアルを漫画のコマ割りにのせて英語のセリフや効果音を入れて描いてくれているので、とてもうれしいですね^^(古代の名前などは、違いますが^^;)

また、とくにロマンアルバムについては、「完結編」公開時は、いわゆる古代とユキのあのシーンを劇場で目の当たりにして、とにかく完結なのだからもう決別しようと心に決めていたので、映画を見たあとは、豪華本以外の本を、書店で目を通したり購入することはいっさいありませんでしたから、今改めて手にすると、不思議な思いがしますね。
当時の私に思いをはせてみたり、本の誌面から当時の完結編のとらえ方がうかがえたり(スタッフの方々のコメントなど大人になって読むとわかることもありますし)・・「完結編」という作品をまたあらためて見直してみたいきもちにかられてきますね。子供時代に買ってはいましたがさらりとしか読んでいなかった豪華本も、いまいちどじっくり読み返してみたい気分になりました。

サイトの更新作業は地道に行っていくとしまして、また別のところで、最近浮上してきた「さらば」「完結編」への私の思いを整理してみたいですね(すっきり咀嚼できたら・・なのですけれど^^;)。
koyuki4
別窓 | ヤマト関連書籍・雑誌 |
「さらば」新たなる思い
先日の記事に書きました「さらば」の文庫本、ようやく今日読み終わりました^^

なんとも切ない。
でも、なにか、こころにひっかかるのでした。
それはマイナスのものでなく、どちらかというと、新たな思いやヒントを見出したかのような、心のざわめきです。これまで「さらば」に抱いていた思いを咀嚼できるようなキー(鍵)を、もう少しで見つけられそうな、そんな予感です。
思いがまとまったら、サイトにUPしようかしら^^
これが、長年のトラウマとの決別になれるとよいのですが(笑)。
改めて、私のもとへ届けてくださった方に、この場で御礼申し上げます^^

さて、今日読み終えて、また次の新たな思いがわきおこってきました。
そろそろ、また神保町を散策してみたい・・ということ。
早く身動きとれる9月にならないかしら。思い立つとじっとしていられない性格なもので(笑)。
私とヤマトの心の旅は、こうしてまだまだ続きますね^^
koyuki1.jpg
別窓 | ヤマト関連書籍・雑誌 |
開設5周年記念 御礼^^
本日、サイト「古代進case study」を開設して、5周年を迎えました。今日まで続けることができまして、おいでいただいている方々にはとてもありがたく思っております^^
このたび若干の更新をしました。よろしければご覧ください^^
ちなみにTOP絵は、今の季節にふさわしく(逆に暑すぎる!?笑)、急きょ短期間ですがUPすることにしたものなので、いずれまた古代君に変えますね^^

さて、それ以外にも本日は私のとある記念日でありまして、いろいろな思いがめぐる1日でした^^
・・とはいえ、子どもたちの世話は一日中相変わらずですから、なんとも、記念日どころの優雅な気分とは程遠いのですが(^^;)。
今後ともどうぞよろしくお願いします^^
kodai6
別窓 | 「古代進」サイトについて |
アニメ主題歌大全集
今年の4月にNHKホールで行われ、私も行こうかどうしようかと迷って結局応募しなかった「アニメ主題歌大全集」の模様が、5月に放送されたのですが、録画し損ねていまして、今日やっと再放送で見ることができました^^

いきなりトップにささきいさおさんの「宇宙戦艦ヤマト」
たいていは後半のヤマ場や最後に歌われることが多かったので、意外でしたが、いきなり気分が高揚しますね^^ ヤマトとささきいさおさんのお声でエネルギーもらえます^^

後半の紅白歌合戦の企画の中で、「真っ赤なスカーフ」を歌われた時には、それまで今回はかなり古い懐かしい曲もオリジナル歌手の方がご出演でそれぞれとても楽しませていただいていたのですが、ささきいさおさんのこの「真っ赤なスカーフ」は、本当に私をまったく別の次元にいざなってくれるかのうようで、すっかりヤマトの世界に浸り、心に沁み入り、なぜか涙が浮かんできてしまうのでした(^^;)。

紅白歌合戦企画の中で「銀河鉄道999」も歌われましたが、こちらもやはりじ~んときましたね。

ささきいさおさんのお声の表現力、奥行きの深さ、広がりによって、じんわりと歌の心が私の心の中に広がっていくのだと実感しました。今同じこの時代にめぐりあえて、本当によかったと思いました。
いつまでもお元気にお過ごしくださいね。
earth
別窓 | ヤマト関連TV番組 |
「完結編」と「さらば」
サイト「古代進case study」書籍・雑誌コーナーに最近UPした文庫の「さらば宇宙戦艦ヤマト」(コバルトシリーズ:集英社)は、いただいて間もなく読みはじめていたのですが、どうしても、ヤマトに内緒で乗り込んでいた雪と古代が再会する場面からあと読み進められなくなってしまっていました。結末を知っているがゆえに、切ない思いになり、どうしても先を読みにくくなり・・。「さらば」について、何かしら新しい発見があるかもしれませんが、難しいものです。やはりこの作品には、心の中に触れてはならない触れたくないトラウマを抱えさせられているのでしょうか??

そこで、最近古書店で得た文庫「完結編」(アニメージュ文庫:徳間書店)の方を少し読んでみようかしら、と思いページを繰りはじめていますが、入手できたのが「後編」のため、ヤマト発進シーンからお話がはじまり、古代ファンとしては最初の古代の仮死や艦長辞職のあたりが読めずにいまいちお話に乗りきれませんが、「さらば」よりとっつきやすいです^^
なにより、やはり結末が「古代が生き残る」からなのでしょうね^^(沖田さんや島くんファンの方はそんなことないのかもしれませんが)

同じようにヤマトの命が終わるお話ですが、「完結編」「さらば」はずいぶん内容や表現の仕方も異なりますね。
それぞれの作品に対する思いはサイト「古代進case study」に書いてありますが、最近の「復活編」のニュースを知ってから、今はヤマトの復活を受け入れられる気分にあるのは、「さらば」のときの「ほぼ完全に古代や雪とともに滅してしまったヤマトの世界」を何もなかったように直後にヤマト2以降に復活させたのが、思春期の私には受け入れがたかったようですが、今は年を重ねてきて器が大きくなったこともあると思いますが(昔はサイドストーリーなどの、オリジナル映像作品以外のヤマト世界の描写なども受け入れがたい性格だったのですが^^;、今ではサイドストーリーなど楽しめるようになり自ら創作してしまうこともあるくらいで^^)、「完結編」を見たあとの私は、「古代と雪が生きている余韻」を抱き続けていられたから受け入れられるのでしょうね。しかも、あれから25年もたっているので、古代と雪のその後を見てみたい・・という思いもかきたてられるのです。

ネット上で、復活編について賛否両論あるようですが、それは人それぞれのお考えですからご自由に思い描かれて当然ですよね^^ それぞれの方のそれぞれのヤマトがあるのですからね。
でも私は仕上がったら、見てみたいですね。万一不評だったら、映画館がすいていてラッキーかも♪(たぶん混むと思いますが)

話がそれましたが、「さらば」の文庫、がんばって読んでみましょう。
それがヤマトファン魂というものですから(笑)。
koyuki4

別窓 | ヤマト関連書籍・雑誌 |
ヤマト復活へ向けてのグッズ等企画構想(妄想^^;)
次に書きます内容は、あくまでも私の個人的な思い入れからくる思いつきですがまじめな構想(=妄想)でありますので、ご覧になる方は、ご了承&ご注意くださいね^^(過分に期待しております内容ではあります^^;)

~宇宙戦艦ヤマト復活に向けてのマーケティング戦略(案=妄想^^;)~

●ヤマト関連品(グッズ)企画●
★新商品★
→文具類:安価で気軽に楽しめる鉛筆、消しゴム、ノート、メモ、下敷きなどの他に、大人向け本格志向の航海日誌風ノートや万年筆、シャープペン、ボールペンなどはいかが?
→カレンダーや時計で、旅の気分を味わえるもの
→登場人物の雰囲気を楽しめる、大人も満足な本格志向のグッズ(最近、古代のヘルメットやデスラーのワインなどありましたが、たとえば雪のリラクゼーショングッズなど?笑)

★再販品(昔からのファン向け)★
→絶版書籍類の復刻(『ロマンアルバム』シリーズ、ムック本、文庫小説、設定資料集・・などなど)
→廃盤レコード・CDの復刻(『バイオリンが奏でる~』『ピアノが奏でる~』『ギターが奏でる~』シリーズや個人的にはかつての耳からの世界を堪能したい『ドラマ編』シリーズ・・などなど)
→楽譜(最近ピアノを再び弾き始めていますので、ぜひとも、ヤマトの音楽にチャレンジしたい!ヤマトオンリーのヤマトの様々な音楽を集めた楽曲集を望みます^^・・当ブログへのアクセス検索キーワードに、『楽譜』というのが実に多いのです・・たくさんの方が望まれているものだと思います^^) 

●イベント企画(周知、宣伝)●
★映画作品の映画館での上映(かつての感動を大画面、高音質で!)
★新作映画公開前のラジオドラマ(大人になった今なら、親の目を盗まずとも深夜に堂々と聞けます!笑)
★ヤマトの音楽コンサート(ヤマトの音楽世界を生のフルオーケストラで聴いてみたい^^)
★TV特集番組(ヤマトの 作品の魅力をさぐりつつ、新作への可能性をさぐる、または新作へ導く・・NHKBS2の『とことん!』シリーズのように^^)

~~~~~~~
実に・・考えたらきりがありません・・だんだん私の個人的な趣味に走ってしまいそうなので(^^;)このあたりでやめておきます(笑)。
かつてのヤマトにかかわるイベントやグッズの内容とあまり変わり映えせず、これ!というインパクトある内容となっていませんが・・。

ところで、もし本当に来夏公開されるとなると登場人物が気になります・・真田さんが出るなら、声は青野武さんですよね^^ 徳川太助はまだ若いですし、お声は古谷徹さんでしょうか・・佐渡先生は??アナライザーは不滅ですよね・・太田南部相原も元気ですよね・・島くんは・・やはりダメ?完結編で目の前で亡くなってしまったのですものね。では弟の次郎は?・・いろいろ妄想がめぐってしまいます^^
yamato01


別窓 | ヤマト関連グッズ |
ささきいさおさん
先の記事で書きました番組で、録画予約していたのですが、リアルタイムでも楽しみたいと思い、待ち望んでいたのですが、いよいよささきいさおさんが登場されるという少し前から、また大雨情報の表示がずっと流れはじめ、情緒もなにも感じられない。
おまけに歌の半ばほどで電話が入り、ろくにじっくり聞けないうちに終わってしまいました(涙)。

簡単に状況描写しますと、白いジャケットに赤いインナーのお姿に変わり、「宇宙戦艦ヤマト」「真っ赤なスカーフ」を歌われました。後ろにスターシャとなぜかグレートヤマト(たしか『新宇宙戦艦ヤマト』が企画された時の側面に明かりがたくさんついている、絵はがきにもなったグレートヤマトです)があり、著作権表示は松本零士さんでした。
とにかく、今の私にとっては、ヤマトの歌が今も地上波でこのように放送され、かつてあった「宇宙戦艦ヤマト」の人々の記憶を呼び起こしてくれることに感謝しています^^
yamatoB

別窓 | ヤマト音楽 |
歌謡コンサート 阿久悠特集
ただいまNHK総合にて「歌謡コンサート 阿久悠特集」が放送中です。
はじまったばかりで、ささきいさおさんが青いジャケットを着ていらっしゃるのが見えました^^

録画しているのですが、関東はただいま集中豪雨で大雨情報が常時表示されてしまっているので、保存版にしようと思っていたのに、残念(先ほどいったん消えたようですが^^;)。いつか再放送してくれないかしら。
言葉を大切にされていた阿久悠さんをしのぶ特集なので、歌詞の表示も冒頭とても趣のある縦書き(演歌)にするなど、工夫されているようです。
聴きながら私も偲びたいと思います。
sta2
別窓 | ヤマト音楽 |
続・宇宙戦艦ヤマト復活への思い
ネットの海をさまよいながら、またあれこれと考えていたのですが、最近はやりの「萌えキャラ」を出すとか、時流に迎合したような作品にはしてほしくないですね。今までのヤマト作品の心、世界を大切にして、今やこれからの新しい時代へ向けてのメッセージ性のある作品を望みます(注:時代に必要なテーマを見出すことはここでいう『迎合』ではありません)。

普遍的な「愛、ロマン、冒険・・」といった言葉が似合うヤマト作品でもありますね。
さめて人間関係希薄となっていた少し前にくらべると、いまはその問題点に気づき、近隣人々の絆やネットワークづくり、心のあり方を大切にしようとする時代を迎えています。
以前放送されたNHKBS2の「熱中夜話 ヒーローソングナイト」でも、どなたかが、「昔の熱血ヒーロー精神あふれた歌から、弱弱しい主人公と一緒に悩み頑張ろう的な内容に変わり、今また原点回帰のように昔の熱血ヒーローの精神を歌いながら曲調は昔と異なる新しいヒーローソングが生まれている。やはり人は熱いものを求めていたんだ。」というようなことをお話しされていました。

ヤマト作品は、決して色あせない普遍的なテーマをいくつも抱えていますから、ぜひその本質的な世界を大切にして、世代を超え、時代を超えた、ヤマト復活にふさわしい記念碑的作品となりますように、心より応援、期待しております^^
kodai8
別窓 | 映像作品(復活篇) |
宇宙戦艦ヤマト復活への思い
どうにも一日中、頭からヤマト復活の映画のことが離れません(^^;)。
といって、日常業務に差しさわりが出ているわけではありませんが、日常の瑣末な悩みがすっかり吹っ飛んでおりまして(^^;)、おのずからブログに書きたいことがわき出てくるようです^^

先の記事で、「夏休み公開だとなかなか映画館に行けない!」と思っていましたが、高まる気持ちを抑えるのは難しく・・本当に来夏公開となったら、たぶん公開初日は、早朝に出かけるのは必至か・・と(?笑)。さすがに小さな子供のいる母親が徹夜で並ぶ、というのは気が引けますので・・でも、できるだけ早く見たい!・・完結編のときに早朝並んだ記憶がよみがえってきまして、「あの頃をもう一度」的な(少々懐古趣味に走るようですが^^;)、妙な気分になってきました^^

そういうわけで、今から家族には「ヤマトの映画が来夏公開することになったらしいのよ!」と、根回ししています(笑)。
yuki5.jpg
別窓 | 映像作品(復活篇) |
ヤマト復活への妄想?
昨日のニュースから、ヤマトへの思いが再び燃えています^^
西崎義展さんのコメントにありました「私の最後の作品」というお言葉。とても気持ちのこもった表現と思われます。完結編から25年たち、すでに亡き富山敬さんや宮川泰さん、羽田健太郎さんのことを思えば、かつてのヤマトにかかわる方々が少なくなっていくことに胸が痛みますし、私がヤマト(かつてのヤマトの心を知る人たちによって作られるヤマト)を見ることができるのも、「もう最後かも」という思いもしてきてしまいます。
私自身、いつまで元気でいられるかわかりませんし、ね^^
いろいろな板挟みになっている今40代・・まるで目の前が開けたようなニュースでした。

その後、あれこれと思いは巡り、声優さんだったら、古代君山寺宏一さん、森雪はもちろん麻上洋子さん、美雪ちゃん(何歳の設定かしら?)はだれがよいのかしら・・などと、妄想がふくらみます。
山寺さんは、先の記事にも書きましたが、PS、PS2ゲームの古代の声を担当され、かつてのヤマトへの思い入れもある方ですから、ぜひお願いしたいものです^^
麻上さんは、今も現役でお声のお仕事をされていらっしゃる、最近のアニメ「銀河鉄道物語」でのカンナ役は、それこそ森雪が少し年を経たイメージをほうふつとさせてくれる、まさに38歳の雪にぴったりのお声でしょうね^^
ほかの登場人物はどなたになるのかしら・・。
勝手な想像ばかりですが、音楽業界のことは全くわかりませんが、宮川泰さんの後には、ご子息の宮川彬良さんはどうなのかしら・・。「白色彗星」のテーマをパイプオルガンで演奏され、近年の「新・宇宙戦艦ヤマト」のCDにも敵のテーマ(タイトルがすぐ出てこなくてすみません^^;)を作曲されていましたし・・。

妄想は尽きません(^^;)。
ヤマト

別窓 | 映像作品(復活篇) |
再開します^^
昨日今日の私の心と対話しまして、やはり私とヤマトの旅はいまだ終わらず・・終わりはない・・と、本日より、このヤマトブログを再開することとしました^^ わずか1カ月ほどのお休みでしたね。
詳しくはサイト「古代進case study」「開設5周年に寄せて」「メッセージ」に書きました。
またよろしくお願いしますね^^
yuki4
別窓 | このヤマトブログについて |
復活!?
久しぶりの書き込みです。
今回の突然の大ニュースは、ここに書かずにはいられません(笑)。

サイト「古代進case study」BBSの今朝の「阿久悠さん」の記事で少しふれましたが、今朝は、昨日の娘のピアノ発表会のあと脱力(^^;)、あまりにぼーっとしていて日本TV「ズームイン」にて阿久悠さんの今夜の特番のお知らせのころに「ヤマト25年ぶりの復活」と文字が表示されていたのに気づいたのですが、詳細聞き逃していました(^^;)。

直後にネット検索してみましたが、うまくヒットせず、日中は子供の世話に追われているので、さきほどようやくネット上でニュースや書き込み発見し、判明!
ポニョ超えだ!ヤマト25年ぶり復活へ

スタッフのお名前を拝見しますと、期待が高まります^^
38歳の古代と雪、そして娘の美雪の設定では、古代君が私より年下なのがちょっと気になりますね・・できれば子供時代あこがれの対象だったので、今の私にとっても少し年上の設定の方がうれしかったかも(^^;)。
古代の声は、どなたになるか詳細不明ですが、富山敬さんがもちろん永遠の古代として心の中にありますが、今となっては無理なのですから、PS、PS2ゲームでご活躍いただいた山寺宏一さんがよいです^^
先日BBSで書きましたが、アニマックスで放送された「アニメ45年史」の進行役山寺宏一さんのヤマトへの思いに打たれましたし^^ぜひお願いしたいですね♪今ではほかの方は考えられません^^

このニュースを機に、ヤマトブーム再燃、各種ヤマトグッズの企画販売、ヤマト関連の特番(特に折に触れ申し上げていますが、NHKBS2の『BSアニメ夜話』『とことん!シリーズ』期待^^)など、ヤマト気運が高まっていくとうれしいですね^^

・・ただ、ひとつ気がかりは、夏休みのみの公開にしないでほしいです・・子供たちに拘束されて映画館に行けません(子供にも気軽に見せられる内容だとよいのですが^^;)。旧ファンの女性は子育て中の世代も多いでしょうから、夏休み前後の一人で見やすい時期に、じっくりとヤマトの世界を楽しみたいものです。

さて、この映画の制作動向によっては、このヤマトブログも「復活!?」となるかしら。
yamato01
別窓 | 映像作品(復活篇) |
| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |