心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
もうすぐ2学期
子供たちの夏休みがもうすぐ終わります。
来週から、ようやく身動きがとりやすくなります(・・とはいえ、それなりにまた別のあわただしい毎日の始まりでもありますが、とにかく少しはまとまった自分の時間をもてるので)。
ヤマト復活篇の特報がすでに映画館で流れている、という情報もあるようなので、もともと鑑賞予定だった映画を来週見てみたいですね。本当に流れているのかこの目で見ないと断言できませんので、運よく遭遇しましたら、ここでご報告したいと思います^^
明日台風が関東に接近とのこと・・いろいろ外出予定があるので、気がかりですが、近県のみなさまも、どうぞご注意くださいね^^
kodai5
別窓 | 映像作品(復活篇) | コメント:0 |
まだまだない。(苦笑^^;)
今日もお買物ついでに、近くのTOHOシネマズにふたたびチラシ偵察に(^^;)。
明日はヤマト復活篇の前売り券発売1週間前というのに、チラシが、まだない。
ようやく11月公開映画のチラシはおかれていましたが・・。
う~ん、納得いかないですね。
でも、その方が、前売り券発売初日にあまり殺到されなくて助かるかも。
熱心な昔からのファンは日頃からアンテナを敏感にして、こうした情報を得ているわけですから、早々に動いて確実に特典をゲットしたいですしね^^

それに、最近は、公開直前に情報をいっきに流して、宣伝による集客効果を狙うのがはやりのようですものね(『ポニョ』のように・・また『20世紀少年』も明日公開にあたり、ここ数日急にTVで宣伝をよく見かけますものね)。
そうとなれば、ヤマト公開直前には、体調管理を徹底させ、新型インフルエンザに負けないように、頑張らねば(^^;)。
yamatoB
別窓 | 映像作品(復活篇) | コメント:0 |
子供とヤマト・・その後
この夏休み、ヤマトに始まり、ヤマトに終わる?・・という感もあるくらい(笑)、初めて子供たちとTV版パート1「宇宙戦艦ヤマト」全26話を見まして、さらに、息子の強い要望で(小学低学年ではまだ見るには早いのでは・・と思ったのですが)映画「さらば宇宙戦艦ヤマト」を、本日見終えました。
どちらも、子供達の質問に答えながら、時折お話の解説もしながら。


今日はTV版の25話、26話を見まして、大人の私もじっくりと見入ってしまうほどに、この二つのお話に織り込まれたエピソードは大変もりだくさんで、それぞれ30分という短い枠の中で数々の名シーンを堪能できて、とてもぜいたくな気分さえ感じてしまいましたね。まさに見せ場の連続で、ワンシーンも見逃したくないほどでした^^ 
子供達もとても興味深く見ていましたね。面白かった反応が、25話を終えて26話を見始めたときの開口一番・・「顔が違う」。でも、この最終話を見ているうちにそんな違和感はどこかへ吹き飛び、デスラーの攻撃、白兵戦、ユキの死、古代の告白、沖田の死、ユキの復活・・地球への帰還、と立て続けに起こるできごとを食い入るように見ていました。そして、最後の結末に安どするのでした。
幼い子供たちでも比較的わかりやすいお話の展開で、絵の違和感なんてさして問題ではなく、その中に織り込まれたお話のテーマ、演出の妙、音楽・・そうしたことによるドラマの奥行きの深さが、見る者の心をひきつけるのだ、と改めて実感しました^^ (もちろん、ビジュアル的に美麗な絵や迫力あるアクションシーンが、安定した美しさを保てられれば、それにこしたことはありませんが)


「さらば」では、最初からやきもきうずうずしはじめ(冒頭から何かわからない場面がやや長めに続くと、子供たちは気長に待って状況判断することがまだできず^^;)、「古代は出ないの?」と。 うれしいことに、子供たちの目にも、古代がもはやヤマトの主人公(ヒーロー?笑)ととらえられはじめ、なかなか登場しないので、映画の世界に入り込めないようでした(^^;)。ようやく古代登場で、こころひかれ、古代とユキとの絡みでは興味津々のようでした(『うん、うん・・』とばかりの古代の姿にウケていました^^;)。
 
とくに娘は、戦闘アクションシーンにはあまり興味なく・・古代やユキや真田、アナライザー、艦長・・等々の人間ドラマのシーンに興味深く見入ります。息子は人間ドラマはもちろんですが、やはり戦闘シーン、それだけでなく、ヤマトの発進や波動砲のシーンも、食い入るように見ていました。
男の子と女の子の見方の違いが、如実に表れていると感じられましたね(私もキャラ中心の見方ですものね^^;でも私の場合は、ヤマトの勇姿や戦闘シーンの魅力も大いに感じますので、その中間でしょうか^^;)。

私も、子供のころは、あんなふうに素朴に純粋に見ていたのかな、と思いましたが、「さらば」と出会ったのは、中2の思春期真っ盛り。子供たちはまだ小学生なので、古代とユキの愛情についてや、デスラーと古代のかかわりよう、真田の古代への思いなど・・それぞれ名場面と思われるところでのキャラの思いや意味を理解するのは、まだかなり難しそうでしたね。解説してあげましたが、どうもピンときません。でもいつか、意味をわかってほしいな、と思いました。

ユキをはじめとする乗組員たちが次々に亡くなっていく場面では、その意味がやはりまだのみこみにくく、TV版パート1のすぐあとに見たせいか、余計に、無敵のイメージのヤマトの無残な展開に頭がついていかなかったようですね。ラストの光点(爆発音があるのに)の意味もよみとれず「何が起きたの?」と(^^;)。

今回久しぶりにじっくり見ましたが、また、「なんで?」「どうしてこんな展開になるの?」という不条理さを連続して感じ続けながら、悲しみのラストへいっきに連れていっていかれてしまいました・・やはり「さらば」は、私にとって、他の作品とは一線を画した別格の存在です。古代が行かねば人類は滅亡していたはずなのだ、と解釈しなければ、子供たちにも説明できませんでした。言葉を選びつつ、命の大切さを最初に話したうえで、あの状況下での最後の手段、唯一の決断であったが故のラストの展開の意味を話しましたが、もう少し大きくなったら、いつかまた見て話し合いたいですね。


比較的時間が許されたこの夏休み、初めて子供たちと、私にとっての原点であるヤマトを見ることができて(とくにパート1)、うれしい。よい思い出となった。
さて・・その続きは・・「新たなる旅立ち」「永遠に」「完結編」くらいだったら、「復活篇」公開前までになんとか見せてあげられるかしら。ただ・・お子様には、古代とユキの絡みはまだちょっと刺激的すぎるかしらね(とくに『永遠に』^^;)。迷うところです。
kodai9
別窓 | 映像作品(旧TV,劇場版) | コメント:1 |
宇宙戦艦ヤマト復活篇 2010年カレンダー
「宇宙戦艦ヤマト復活篇 2010年カレンダー」が発売予定である情報は、以前から知っていたのですが、まだ画像がUPされていませんので、どうしようか検討中です(^^;)。最終的には買うとは思いますが・・まだ様子見ています^^(注:当サイト、当ブログは、制作者販売者とは一切関係ありません。特定の商品購入やサイト等への勧誘を目的とするものでなく、またそのような書き込みは掲載しない方針としております。ご購入等はそれぞれご自身の判断でお願いいたします

ご参考までに、カレンダーの掲載されているサイト
アマゾン
 楽天市場

08cal2
↑ちなみにこちらはサイト「古代進case study」にてUPしている私の手作りカレンダー(2008版)
 作ったのはまだ父が生きていたころ、最初私の子供時代のモノクロ写真でカレンダーを
 作ってから、 ヤマトのも作ってみようと思って、2種類作りました^^
 ずいぶん前のことのようで、何もかもみな懐かしい・・。
別窓 | ヤマト関連グッズ | コメント:0 |
お絵かき
映画公開に向けて、この秋は、ヤマト復活篇に関する情報やキャンペーンがあると楽しいですね^^
それを日々の糧として、刺激にして、過ごせたらいいな・・と思います。

昨日人間ドックの結果があまりに早く到着したので、おそるおそるあけてみると、やはりこれまでにないくらいぱらぱらといくつか気がかりな内容が見受けられ・・まあ、自分が一番わかってはいるのですよね、自分の体の変化は。ここ2~3年前から明らかに体調が変化して、ここ1年はさらに気がかりが増していたので。でもいざ目の前に明記されますと、目の前にベールがかかったような・・。
新型インフルエンザも気になりますが、まずは自身を正しくチェックして受けとめることが大切なようです。

このところふつふつとわきあがる思いはあったのですが、なぜか「今この時しかない!」と強く思うところあり、久しぶりに昨夜は、紙と鉛筆のこれまでのやり方とは違って、PC上でお絵かきを^^(ラフスケッチ、下書き程度ですが)。
たまに、こうして、心の底から「描きたい」と思う時があるのですね。絵の知識も技術もまったくないのですが、ただ単に、「ヤマトが描きたい」「古代を描きたい」「古代とユキを描きたい」・・と。
そういうときは、けっこうのめりこみます(^^;)。時間が許すときでないと難しいので、なかなか仕上がりまでたどりつかないこともあり、今保留中の下絵がいくつかたまってしまっていますが、映画公開までの間に、未熟ではありますが、いくつか仕上げられたら・・と思います^^

夏休み中は、ほとんど子供にかかりきりで夜は眠くなってしまい、PC作業に関しては、夏休み前から時間が止まったまま・・のような状況でした(精神的にもボケてます^^;)が、そろそろ微速前進の時機かもしれませんね。
ここ数日、朝晩秋めいてきましたので、それもお絵かきの気分を高めてくれたのかも^^
もうすぐ秋ですね。
yamato011p311
別窓 | 全映像作品関連 | コメント:1 |
ヤマトを弾こう!再び^^
ずっとお休みしていたサイドバーの「ヤマトを弾こう!」のピアノを再びUPしました^^
以前、ヤマトに音楽は欠かせない存在・・という私の思いをブログに表現したくて、設置していたのですが、下の「Flashpiano mini2」を先にUPしていたところ、ピアノバージョン(P)の音がプログラムのバグなのかわかりませんがうまく再生されなくなったので、上の「Flashpiano mini」に変更していましたが、それもお休みさせていただいていました。
このたび、復活篇の公開を前にして、映画の音楽がどんなものになるのか気になってまいりましたし、また新たな気持ちで、音楽世界にも注目したいと思い、サイドバーにピアノをUPしました。
依然、下のピアノは不調ですが、他のS,Gバージョンは正しく音が再生されますから、クリックしたのちお楽しみいただけると思います^^ 
(ピアノ)の音を楽しみたい時は上のピアノでどうぞ^^ 上のピアノの「manuall」をクリックすると、お手元のPCのキーボードが鍵盤のように指で弾けます♪
yuki4
別窓 | ヤマトを弾こう! | コメント:0 |
NHK第41回思い出のメロディー
今日は近くの大花火大会に行ってまいりまして、夏の風情を楽しんできたところが・・自宅に戻って、TVをつけてみると、NHK総合でなにやら音楽番組が・・特番のようで、よくみれば「第41回思い出のメロディー」と題されて、ささきいさおさんがご出演とか。
忘れていました。
そういえば以前知っていたはずなのに予約録画を忘れておりまして、もうささきいさおさんは歌われてしまったあとでした(^^;)。

NHKのサイトにまいりましたら、30日にもBS2で放送される予定とわかり、次は必ず予約録画して見ることにします^^
ささきいさおさんの「宇宙戦艦ヤマト」には、いつも元気と希望をもらえますから♪
毎回どのように歌われるのか、とても楽しみなのです^^
yamatoG
別窓 | ヤマト関連TV番組 | コメント:0 |
宇宙へ。
今日明日は、TOHOシネマズで映画「宇宙へ。」が500円で見られるというので、さっそく今日子供たちと見てきました^^
これまでの宇宙へのたゆまぬ努力と人類の知恵、忍耐、希望、勇気、挑む心・・それらが真の迫力で迫ってくる本物の映像に、ただただ圧倒されました。月への第一歩を成し遂げたニール・アームストロング氏の着陸の場面では、こうしたドキュメンタリー映像では私にはめずらしく、涙してしまいました。感動です。
ナレーションは日本語ですが、まだ小学生の子供たちには、他の英語の会話場面が字幕だったのでついていけず、ちょっと難しかったようです(^^;)。でも、その映像の本物の迫力に圧倒されつつも引き込まれ興味深く見ていました・・成功に至るまでの数々の苦く悲しい事故や失敗の存在が、子供にとっては衝撃的だったのでしょう・・。でも、こうしたことを乗り越えていく人々の姿は、言葉はわからなくても、きっとこころに焼きついたはず。子供たちも、これから成長するうえで、頑張っていってほしい。

さて・・いつものことながら(笑)、
映画の前には、ヤマト復活篇のチラシがあるかどうか、チラシコーナーをチェックしておりまして・・・。
本日は、ちょうど私がいたときに、チラシ係の方が新しいチラシを入れ替えているところでありまして、過日の売店のスタッフの方と違うので、勇気を出して再び聞いてみたところ、「公開順にここに置いた分のみ配布することになっています」とのこと。すでにチラシはありそうな含みをもたせた表現と感じられましたが、表に出せるのは公開順で、限られたスペースにしかおけない、ということなのでしょうね・・あくまで推測ですが。

それにしても、見る側のいちファンにとっては、劇場によって、すでにポスターが貼ってあったり、チラシが山積みされているというような情報を目にしますと、やはり内心、早く私も見てみたい・・と焦ってしまうものですね(^^;)。昔は身の回りにある情報しかなかなか手に入りませんでしたが、今はネットで世界中の情報がすぐ手に入る時代ですから、こうした格差が容易にわかってしまいますものね。

でも、このような今の時代、情報を発信する側の方の情報管理も、とても大変そうですから、あまり一喜一憂しないで、やはり、いろいろなものがそれぞれにおいて解禁(公開)とされるその日まで、地道に待ちます^^
もともと映画を見る前に事前情報をインプットしない主義の私が、ついヤマトとなると先走ってしまいましたね(^^;)。あせらず・・情報が小出しの方が、公開日までの間いろいろと楽しめそうですしね^^
earth

別窓 | 映像作品(復活篇) | コメント:0 |
設定資料公開!!
とうとう、「宇宙戦艦ヤマト復活篇OFFCIAL SITE」設定資料が、公開されました!

さっそく拝見・・
「艦長 古代進」とあります(ドキドキ・・)。
クリックすると・・
過日のプロモーションDVDを見て6/21に書いた記事「かっこいい古代君見つけました^^」で、私の発見した古代と同じシーンの同じ角度の古代の画像が、UPされていました。

さっそく、じっくり比較して観察してみました^^
今回UPされた画像は、プロモーションDVDの古代の顔に比べて、眉間のしわがあり、左目の下のしわが1本増えているようで、お顔の陰影には2段階の濃淡がこまかくついていて(鼻や口のあたりの立体感が増し)、絵の奥行きが感じられ、年相応の貫録ときりりとしたすてきな色気をそなえた、大人の古代としての存在感が増したようです^^・・かっこいい!!
基本的なラインや顔の配置バランスなどは、以前と変わらないようですが(それはよかったです・・がらりと変わりすぎたら、せっかく『かっこいい古代君見つけました^^』と書いていたので、残念に思ったと思います・・個人的には『髭』がなくてよかった^^;)、プロモーションDVDよりも髪の毛のなびく感じが細かくなり(顔に落ちる影もついたこともあり)、繊細な印象になり、とても生き生きしています^^
目の中のハイライト(白い丸)も、ただのまんまるでなく、丸と細長い形の二つがあることによって、リアルさが増し、古代が、今にも何か言葉を発しそうに感じられます・・何か話して!と思わず、願ったり(笑:ところで、どんなお声になるか気になりますね・・私は山寺さん、この世代の素敵なお声も洋画などであてられてますからよいと思いますが)。
いや・・私的には・・まいりました・・かっこよいです!!!(ドキドキ*^^*)
映画は期待大ですね!

メカについては、知識不足でコメント難しいのですが、、繊細なデザインとすてきな色調で、とても「美しさ」を感じました^^コスモパルサー、個人的にはかっこよいです^^
それぞれのメカが、映画のどのようなアクションシーンの中で見られるのか、とても楽しみです^^

もし設定資料集が発売されたら、絶対買いますね。
新型インフルエンザの動向も気になりますが、負けずに、年末には、かならずやヤマトは復活し、映画公開日を迎えることと信じています。
制作者関係者の方々のご活躍を心よりお祈りしています^^
ヤマト
別窓 | 映像作品(復活篇) | コメント:0 |
Jチャンネル
今日の夕方16:53~のテレビ朝日「Jチャンネル」にてヤマト復活篇が紹介される、との情報を知りまして、半信半疑ながらも、夕食の準備で忙しい時間帯なので、念のため録画予約しておきました。
一応、リアルタイムでも時々見ていたのですが・・なかなか紹介されません。いつもの他チャンネルに変えてしまい、あとは録画でチェックしよう、と思っていたら、うかつにも、他の録画予約と一部重複(^^;)。

18:29頃に、食べ物情報コーナーの中で、メニューの名前にヤマトが使われていたことで、ヤマト復活篇プロモーションDVDの発進シーンのあの定番のCGヤマトが登場し「12月全国東宝系ロードショー」と表示され、ヤマトが氷塊から発進したあとの宇宙空間を進むシーンがうつり(アニメ調の細身の美麗なヤマトの姿^^)、そのメニューのお料理が登場したときには、ヤマトの主題歌の前奏が・・!
と、そこでなんと、録画終了(涙)。そこまで約30秒ほどでした。
ですので、残念ながら、そのあとの展開については全くわかりません。情けないですね・・録画予約チェックにしても、またリアルタイム視聴にしても、いまひとつ、粘りがたりませんでした(^^;)。
だって主婦にとってはあわただしい時間帯なのですもの(と言い訳^^;)。

ちょっとおふざけ調子の紹介には、生粋のヤマトファンとしましては・・・(ノーコメント)ですが、とにかく、地上波の全国放送(のコーナーだったか不明ですが)でヤマト復活篇が紹介されただけでも、これは、とても大変なことです! うれしいことですね♪

わたくし事ですが、実はちょうど20年ほど前に、会社勤めしていた時のご縁で、一度だけ、全国放送TVのスポット番組(本当のわずかの時間ですが)に出演させていただいたことがあります^^ けっこうあれこれ取材されて、いろいろ収録されたのですが、実際の放送時間はほんとうにわずかでした(でもとても貴重な体験ができ、よい思い出になりました^^)。
ですので、ほんのわずかの時間でも全国放送レベル(たぶん・・)で流れたということは、とてもすばらしいこと、と実感できるのです^^

これからも、もっとTVや各種メディアでヤマトに登場してほしいですね。期待しています!
yuki4
別窓 | ヤマト関連TV番組 | コメント:0 |
前売り券発売情報!
とうとうこの日を迎えることになりました!
当ブログのサイドバーリンクの一番下の「宇宙戦艦ヤマト復活篇 公式サイト」にて、「プレゼントつき劇場前売り券」の情報が公開されました!!
うれしいです♪
同時に、本日現在における「前売り券発売劇場リスト」もUPされています^^

このところ通い詰めていた(笑)シネマズの名前もリストアップされており、これはもう、うれしくてたまりません(しかし、あの従業員の方を見ますに、公開初日を迎えるまで本当に大丈夫なのかしら、と若干の不安は否めません^^;・・が、公式情報ですから、信じてその日を待ち望みます^^)。
その他、比較的日常の行動範囲内に収まる領域に、3か所の映画館の名前も発見できましたので、いろいろな映画館にて体験も可能かな^^・・ん?!何枚前売り券を買ったらよいのかしら(笑)。わくわくしてきました^^

今日のこのお知らせで、映画公開をより現実のものとして実感でき、きもちも高まり、ちからをもらいました!毎日頑張れそうです^^ありがとうございました^^
koyuki4
別窓 | 映像作品(復活篇) | コメント:2 |
復活篇公式サイト リンクに^^
このたび、当ブログのサイドバーのリンクに、映画「宇宙戦艦ヤマト復活篇」に関する公式のサイト二つをUPしました^^
ようやく映画公開が、より現実的なものとなってまいりましたので、リンクしました。
すでにお気に入り登録していらっしゃる方も多いことと思いますが、よろしければご利用くださいね^^
ここから・・ジャンプ!(あ・・これは『バトルスターギャラクティカ』のかけ声でしたね^^;
ヤマト
ならワープ!!ですね。映画ではどのように描かれるのか楽しみです^^)
yamatoB

別窓 | このヤマトブログについて | コメント:0 |
偵察再トライ^^;
TOHO直系のシネマズが我が家のすぐ近くにあるのですが、今日も、子供に半ばあきれられながら、チラシ偵察へ。9月からの2学期の通常生活に先立ち、今日からまた、徐々にあわただしい毎日がスタートしたので、「映画館に行くのもしんどい・・」と思い始める前に一刻も早く「ヤマト復活篇」のチラシを手に入れたい一心でありました。
売店には先日と同じ女性の方。アルバイトという感じでなく、正社員の方のようですが・・どうかな(^^;)。
同じ人に何度も聞いてみるほど、神経が太くない方なので、今日はいたしかたなく、撤退。
どうして、いつまでもチラシを置いてくれないのかしらね。
そろそろしびれが切れはじめています。

過日の体調不良に関して、先日病院に行きましたら、漢方のお薬をのんでしばらく様子見ることに・・でも若干副作用かいまいち頭がぼーっとして反応の鈍い、ここ数日。以前、じんましんのお薬の時はかなりめまいに近く気分も悪く限界、と思って即刻飲むのをやめたのですが、今回はまだ許容範囲でしょうか・・もう少し頑張ってみます(^^;)。順調に回復していけるとよいのですが。

なお、最近たくさんコメントをいただき、とてもうれしくおもいます^^ ただ、コメントへのレスは、必ずしもつけるとは限らない場合もありますので、どうそご了承くださいね^^

とにかく・・ヤマトよ!生きる勇気と希望をいまここに!!・・復活の実感を早く得たいですね^^
kodai11.jpg

別窓 | 映像作品(復活篇) | コメント:1 |
「魅惑のアニメヒロイン100人名鑑」
5/11の記事で書きました「最強のアニメヒーロー100人名鑑」の続編である、「魅惑のアニメヒロイン100人名鑑」(廣済堂出版 500円)を、先日の「宇宙戦艦ヤマト AKITA TOP COMICS WIDE」と一緒に、購入していました^^
7月発売予定でしたので、そのころ本屋さんに行くたびにチェックしていたのに見つからなかったので、ネットで購入した次第です。

表紙にはメーテル(『銀河鉄道999』)クラリス(『カリオストロの城』)綾波レイ(『エヴァンゲリオン』)峰不二子(『ルパン三世』)セイラ・マス(『機動戦士ガンダム』)などがありますが、わが「宇宙戦艦ヤマト」森雪は・・名前のみ一応掲載されていました。
中の森雪の見開き2ページに「さらば宇宙戦艦ヤマト」のお顔と、「TV版パート1」の病院でのナース姿で島くんとツーショットの画像が掲載されていました。どうして島くん・・?古代君とのツーショットが見たかったですね(^^;)。名ゼリフは「古代君が死んじゃう」なのに。
ヤマトの作品解説の欄には、最近の動向として、「パチンコにも移植されて話題となり、2009年は新作劇場版『復活篇』の公開も予定されている」と、書かれてあり、今もなお話題の作品である印象を受けまして、うれしいですね^^

以前にも書きましたが、もう少しお値段が上がってもよいですから、オールカラーで紙質も良くしていただけたらもっといいのに・・と思いました^^
yuki6.jpg



別窓 | このヤマトブログについて | コメント:0 |
宇宙戦艦ヤマト AKITA TOP COMICS WIDE
昨日書き忘れたのですが、人間ドックの帰り道、ふらりと寄ったコンビニで、ふだん立ち寄ることのないコミックコーナーになぜか足が向きまして・・そうしたらなんと「宇宙戦艦ヤマト」の文字が!
とても分厚い600ページにわたるコミックなので、背表紙が目立つこと^^
そういえば、発売されることはネットでチェックしていたのですが、以前買ったコミックと同じものだったかな、とスルーしてしまっていました。・・が、やはり目の前にありますと、手にとりたくなるもので・・。

この「宇宙戦艦ヤマト AKITA TOP COMICS WIDE」(秋田書店:松本零士:税込700円)は、以前、2003年2~4月初版発行の「宇宙戦艦ヤマト AKITA TOP COMICS 」(各税別286円)3分冊を1冊にまとめたものです。
うろ覚えでしたが、押入れから引っ張り出して見比べてみました^^ コミック部分は全く同じですが、3分冊の方の第2、第3巻には、巻頭に人物紹介、巻末に3ページ解説的な読み物がついています。

人間ドックではぽろぽろ気になるところが出はじめる年ごろなので、しかたないわね・・と道々考えておりましたところの遭遇でしたので、すでに持っているコミックと同じであろうと知りつつも、妙に心ときめき元気づけられたので、結局買いました^^(サイト書籍雑誌リストに3分冊のタイトルを掲載していますが、第3冊目『永遠のヤマトの巻』は古書で購入したので、やはり今回のコミックはすべてきれいな誌面なので、うれしいです♪)

ヤマトのパワーは、私にとっては絶大です(笑)。
大げさかもしれませんが、ほんとうに、生きる希望をあたえてくれる、気持ちをいっきに引き上げてくれる力があるのですよね^^
こういう出会いがあるたびに、「ヤマトよ、ありがとう」というきもちになるのです。
kodai9
↑コミックの表紙は、このような古代とユキの松本零士さんのイラストです(もちろんヤマトもあります♪)

別窓 | ヤマト関連書籍・雑誌 | コメント:0 |
地道にまいります(^^;)
今日、先の「まだない。」の記事の映画館に、子供と映画を見に行ってきたのですが、そのついでに(といいますか、それも大きな目的^^;)、「宇宙戦艦ヤマト復活篇」のチラシがあるかどうか、売店の女性の方に聞いてみたのですが(某所にて、その映画館でいただけた情報を得ていましたので、その旨伝えて)、かたくなに「陳列されているものだけで、それ以外にはありません」を繰り返すばかり。前売り情報を調べて、「9/5に前売り発売の予定はありますね。でも、チラシはまだなんです」とのこと。

せっかく期待して訪れたのに、非常に残念な思いでいっぱいです。
いずれ配布可能となることと思いますので待ちますが、配布されるところとされないところが生じている現状は、なぜなのでしょう・・。非常に疑問です。
とはいえ、いちヤマトファンがあれこれ申しましてもいたしかたありませんので、地道に「その日」を待つこととします。
yamato011p3021

別窓 | 映像作品(復活篇) | コメント:0 |
宇宙戦艦ヤマト 遥かなる星イスカンダル
PSゲームが発売されたころのコミックアンソロジー「宇宙戦艦ヤマト 遥かなる星イスカンダル」(株式会社スタジオDNA:2000年5月15日初版)の存在は、以前からずっと知っていたのですが、また、かつて当サイトに存在したBBSかまたメールかいずれかで、当サイトにおいでの方から「良質の作品」とご紹介いただいていたのですが、その後すっかり忘れてしまっていまして、ようやく最近、まだ在庫が残っていることを発見し、購入。
昨日ようやく届きまして、偶然にも個人的な記念日の今日、読むことができました^^
ちょっとした私へのご褒美♪という気分です。

今改めて読みますと、PSゲームの世界を思い出し、また楽しんでみたくもなりますが、それより何より、ヤマトパート1の最初から最後までのお話をひととおり振り返ることができますし(ただし、コミック化されているエピソードは、全26話のうちの一部です)、コミック部分の絵の迫力、エネルギッシュな表現はただただ感動的でありまして、絵師の方々の並々ならぬヤマトへの情熱と愛情すら感じられます^^ 
7人の方のコミックと、7人の方のエッセイを眺めていますと、ヤマトという作品は、やはり偉大な作品であることを改めて認識しました。多くの方の心をとらえ、時代を超えて語り継がれている「証」のようなものを見ることができた気がしました^^
それから、もうひとつ、改めて認識したことは、ヤマトのお話では、迫力あるアクション(戦闘)シーンはもちろん魅力的な要素でありますが、それにもまして、そこに登場する個性あふれるキャラたちの熱い人間ドラマがとても魅力的であることです。彼らの存在、彼らのセリフが、いかに私たちの心にダイレクトに訴えかけるか・・それがヤマトの世界を作り上げる大きな要素になっていますね^^

さて、少し話がそれましたが、このコミックアンソロジーを読みながら、たくさんの方々のヤマトへの「心」「情熱」「愛情」が、ぜひとも、これからの時代にも語り継がれていかれることを心から祈らずにいられませんでした。
そのカギの一つをになうのが、今年12月公開予定の映画「宇宙戦艦ヤマト復活篇」でありましょう。
とても期待しています^^(結局またお話はここにたどりつきましたね^^;)
oki2.jpg
別窓 | ヤマト関連書籍・雑誌 | コメント:1 |
まだない。
昔のなつかしグッズをとりまとめた大空ポケット文庫「まだある。」を、つい思い出してしまい、今の心境は・・「まだない。」
今日も住まいの近くの某シネマズに映画「宇宙戦艦ヤマト復活篇」チラシがあるかと、子供の通院の合間に見に行きましたが・・「まだない。」
公式サイトもあるというのに、どうして情報が同時に公平に周知されないのか疑問です。そろそろゲリラ戦法の情報噴出作戦(?)は終わりにしていただいて、スパッと情報公開していただきたいな、というのが率直な思いです(注:批判の気持でなく、あくまでもヤマトファンとして公開日までの日々を素直に楽しみたい、というきもちから出てきたものです

明日は毎年恒例の人間ドックにまいります。
明日はネットのチェックできないわね・・。
なお、私の個人的な記念日でもあり、サイトの開設記念日でもあります。
なにかいいことありますように^^
yuki011.jpg
別窓 | 映像作品(復活篇) | コメント:3 |
新たな公式サイト?
東宝株式会社のサイトにて、公開予定作品に以前から「宇宙戦艦ヤマト復活篇」が紹介されていましたが、これまでの画像と違う画像に変わりまして、そこで表示される公式サイトは「準備中」でしたが、ここ数日のうちにURLが「http://yamato2009.jp/」になりました^^ 
今まで当ブログでもご紹介していた「宇宙戦艦ヤマト復活篇 オフィシャルサイト」というサイト「http://www.yamato-movie.com/index.html」がありましたが、今後は先の公式サイトとして紹介されているほうからも映画関連の情報が発信されるのでしょうか・・まだよくわかりません(^^;)。
今後は、アンテナの感度をさらに上げなくてはなりませんね^^
yamatoG
別窓 | 映像作品(復活篇) | コメント:0 |
サンクス ヤマトバッグ 無事到着^^
先月キャンペーンのありましたサンクスくじの当選賞品ヤマトバッグが、無事に昨日届きました^^
土砂降りの雨の中でしたので、封筒は水でややふやけていましたが、中はビニールでおおわれていたので、助かりました(^^;)。記念に撮影^^
まだもったいなくて、ビニール袋から取り出していません(^^;)。
ひさびさの新ヤマトグッズに感激♪大切にとっておくかも。

ところで、ちまたでうわさの映画「宇宙戦艦ヤマト復活篇」のチラシを、私の住まいの最寄りの某シネマズに昨日速攻で行ってみましたが・・・まだありませんでした(涙)。そもそもそこで上映するのかもわからず・・きのうは知人の葬儀が入ってしまったので、その直後、旅行後で在庫切れの食料品を買いに出たついでの、わずかな時間のうちに見に行ったのですが、なかったので、がっくりです。
忙しい身なので、悠長にあちこち歩き回って探すことはできません(涙)。

どうか、はやく上映館その他いろいろ映画情報を公式発表していただきたいものですね。いろいろとネットチェックして発掘する楽しみもありますが、やはり事前におちついて公式情報を楽しむ時間ももちたいですね。このまま急に多量の情報公開があったとしても、公開日まであまり時間がなくて、公開初日をゆっくりじっくり楽しみながら待ち望む、といったことができないと、ちょっともったいない気もしますね^^

sankbag

別窓 | 映像作品(復活篇) | コメント:0 |
素朴な願い
いろいろな事情にもまれている世代であります(^^;)ゆえに、ヤマト復活篇に関しては、なにか新商品発売やキャンペーンなどがありうる場合には、その情報の周知は、ある程度の日程調整や準備ができるように考慮していただき、少し早めにゆとりをもって展開していただきたいな、と思いますね。
まだ小さめの子供がいるので夏休みはとにかく身動きとりにくいですし、家庭や社会における諸事情がありますから、学生の頃のように身軽に飛び回ることはできませんものね(涙)。

ネットで日々いくつかのサイトめぐりを日課にしていますが、それすらも徐々に増えてきて、精いっぱいになりつつありますので(^^;)、どこかで一括して新情報を発信してもらいたいですね^^
yamatoB
別窓 | 映像作品(復活篇) | コメント:1 |
先ほど無事帰宅しました^^
両実家とのおつとめ旅行(苦笑)、ついさきほど無事にもどってまいりました^^
お天気がいまいちでしたが・・でも、主婦にとってはおつとめとはいえ、上げ膳据え膳に文句は言えません(^^;ありがたく感謝いたします)。
実際、みな和やかに過ごせたことが、いちばんうれしかったですね。健康で和やかにすごせるしあわせのひとときを大切にうけとめたいと思いました(実は帰宅直後に近しい方のご不幸のお知らせがあり、大変ショックを受けているところでありまして・・わが身におきかえ、ふつうにあることの幸せをありがたく思わねば、と思っている次第ですので)。

さて、話題をもとに戻しますが、旅行にPCをもっていきましたが、ネット接続はやはりかなわず(涙)。この3日間は、新しいヤマト情報がネットをかけめぐっているのでは、と、心の中でずっとやきもきしていました。
そのかわり、少しだけ、サイトの更新作業を水面下で行うことができましたので、それなりに有意義ではありましたが。

久しぶりにこれからゆっくりチェックしようと思います^^
すでに、なにやら、新情報が流れているようですが・・もう少し私自身の目で見て納得してから、コメントしたいと思います^^
yuki4
別窓 | このヤマトブログについて | コメント:0 |
宇宙戦艦ヤマトメカニック大図鑑1,2
先週、運よく手に入りました「宇宙戦艦ヤマトメカニック大図鑑1,2」(エンターテインメントバイブル22,26:バンダイ株式会社)を、今日になってようやくざっと目を通しました^^

大のヤマトファンでありますが、どちらかというとお話やキャラクター、音楽主体で楽しんでいるので、ファンとはいえ、メカには少々弱い私なので、この図鑑は、こんな私にとっては、メカについて詳しく解説も書かれているので、読みごたえがありますね。メカにお詳しい方には、どの程度の位置づけになるかわかりませんが・・。

また、1は「宇宙戦艦ヤマト」「さらば宇宙戦艦ヤマト」「宇宙戦艦ヤマト2」「宇宙戦艦ヤマト新たなる旅立ち」が、2は「ヤマトよ永遠に」「宇宙戦艦ヤマトIII」「宇宙戦艦ヤマト完結編」がおさめられ、それぞれにおいて作品紹介、バトルシーンハイライト、キャラ紹介がカラーページで、そのあとにメカの設定資料、解説等のある構成になっていて、A6(くらい?)とはいえ、私にはコンパクトで充実している印象を受けました^^
豪華本の類もいくつか持っているので、設定資料としてはそちらの方がボリュームはあるのでしょうけれど、ヤマトの作品群を体系的に俯瞰的に把握するのには、手頃な感じでよいですね。あとでまた、ゆっくりじっくり読みたいと思います^^

ヤマト復活篇が公開されることで、それに関する書籍等が発売されることもあるのかもしれませんが、これを機に、これまでのヤマト作品を振り返る意味でも、小説、ビジュアル本、設定資料集、音楽CD・・などよくばりですが(^^;)、いろいろ発売(再販?)されるといいな、と思います^^
また、今でもヤマトのキャラ鉛筆を大切にとってあるのですが、ついでに文具関係(ノート、鉛筆、下敷き、クリアファイル、便箋封筒セット、定規、消しゴム等々)もいろいろ発売されるとうれしい♪ そうなったら、たぶん大人買いしますよ(笑)。学生時代の懐かしの思い出のひとつに、そうした文具をながめては、限られたお小遣いの中で厳選して買っていたものですから。
・・妄想は、どんどんふくらみますね、このへんできりあげましょう(笑)。
ヤマト

別窓 | ヤマト関連書籍・雑誌 | コメント:0 |
近況と更新について
この時間に自宅にいるというのは、夏休みに入ってからはじめて・・沖縄旅行がありましたがその後は、連日、毎朝早くから子供の習い事に通う日々に、疲れとストレスがそろそろ限界に達している状況(^^;)。
日ごろ病院に行く間もないので、子供たちの通院も合間をぬってありますし、来週は私の人間ドック(毎年恒例^^今年はサイト開設記念日に^^;)や通院もあり、あさってからは、お務めに近い「両実家との旅行」(^^;)・・日ごろお世話になっているので、お返しのきもちもこめて一緒に過ごします・・それが現実にあらねばならぬことか。

う~ん、ほんとうに、この夏休みは私ひとりの時間なんてまったくとれないのです(涙)。
数年前ころは夏休み前に事前準備ができたものですが、2月からの生活激変で、すっかりゆとりがなくなってしまい・・。
したがいまして、あとわずかに迫ってきたサイト「古代進case study」の開設記念日に向けての更新は、ほんのささやかなものとなること必至ですが、どうぞ今後ともよろしくお願いいたします^^
ヤマト関連の情報がちらほら飛び交っているので、きもちはやきもき、わくわく、いろいろ更新したいコンテンツもあるのですが、いかんせん、時間がとれません(涙)。
PCを旅行先にももっていく気概はあるのですが、どこまでできるやら(^^;)。
そろそろ、また絵を描いてみたいきもちも、あるのですよね・・。
kodai1

別窓 | 「古代進」サイトについて | コメント:0 |
映画の予告編はいつ?
早くも8月ですね・・
遅ればせながら、子供たちと約束していた映画「ポケモン」をようやく見てきましたが、子供たちは夢中な作品なので楽しんでいましたが、私は・・夕方のせいもあり睡魔に襲われ・・(^^;)。TVで毎週放送されているのでキャラの名前くらいは分かっているのですが、実際じっくりと見てみますと、私にとっては、ポケモンキャラの活躍が前面にあり、人が頑張って活躍するとか内面をじっくり味わうような、また人の個性を感じさせるものがあまりなくて、どうも感情移入もできずに、「ポケモンバトルを見てきた」という印象。
でも、最新映像の美麗さは目にできたので、それを見ながら、ヤマト復活編はどんな仕上がりになるのかしら、と、自然と頭がめぐっていましたね^^

また、始まる前のいろいろな作品の予告編を見ていると、まだヤマト復活篇予告編は登場しないのかしら・・と妄想(笑)。ただの「宇宙戦艦ヤマト復活篇」「12月12日公開」のみのシンプルな文字のみでもよいから見てみたい!などと勝手に想像していました^^  すでに他の12月公開映画の予告編も流れ始めていましたし、12月12日公開の「ワンピース」も予告編がながれていました。
ヤマトよ、いつ登場してくれるのかしら?

オフィシャルサイトにも少し動きがあったようですし、わくわくしますね♪
kodai8
別窓 | 映像作品(復活篇) | コメント:1 |
| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |