心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
復活篇続編への思い
さて「ヤマト復活篇」・・その後、あまり新情報がみあたらないので、検索してみますが、私のアンテナに引っかかるものが感じられません。
続編はどうなるのかしら・・。

話が少しそれますが、最近、たまっていた録画の「24VII」「サラコナー・クロニクルズ2」をようやく見終わりました^^ どちらも、スリル、アクション、手に汗握る迫力のシーンが立て続けにありますが、きちんと人間ドラマが織り込まれていて、心に迫る場面もあちこちにありますから、見ごたえありましたね。
海外ドラマは、完結と名打たれない限りは、そのシーズンの最終話でもまったく一件落着の着地点がないまま終わってしまう傾向が強いものですが、やはり今回の2作品も例外ではありませんでしたね。
「24VII」は、おおよそ落着したふうですが、ジャックは結局どうなったのかしら・・??と、気になります。
「サラコナー・クロニクルズ2」は、まさにぶつ切り・・このさきどうなるの!?と、問いたいくらい、先のお話が気になりますが、でもこれはこれで終ってもおかしくないという独特の雰囲気をもかもしだしている終わり方でした。ネタばれになるので詳しくは書けませんが、お話としては「まだ続きがある」という流れの途中にあるのですが、ジョン・コナーのきもちが救われるような、絆や運命や希望や心のあたたかみを感じさせてくれる、実に、優しく包みこまれるような余韻を残すラストシーンで(『終わりではない、先に続く』あるいは『絶望ではない、希望はある』といった趣)、とてもすてきに感じられました^^ 
こういう終わり方、私、好きなんですよね^^

そこで「ヤマト復活篇」のことを、急に思い出したのでした。
作品のインパクトは、時間が経過しているので、うすれてきてしまっていますが、劇場公開版の終わり方は、地球が助かってハッピーエンドでめでたしめでたし・・それで、真帆ちゃんのシーンでしたね・・はてさて。
これで落着とも思われますが、真帆ちゃんは?と気がかりで、たしかに次の続編への字幕も表示されましたので、次への途上にあるものと考えてよいのだとは思うのですが、ラストのあたりで、古代の心に残るユキへの思いなどが少しでも表現されていたらうれしかったな、というところですね^^
ですので、私はサイト「古代進case study」「『宇宙戦艦ヤマトに恋した日々』ゴール目前にして~『復活篇』との邂逅の機において~」にて、「古代の心の中に、必ずや次のステージへ向かう心のたしかなベクトルを見出したい」という思いを書いたのでした^^

・・なんだか、とても歯がゆいです(^^;)。
古代は何を思い、どう、この難局をのりこえていくのかしら。
気になる・・。


またまた久しぶりに、「復活篇」続編への思いが、めらめらと燃え上がりそうです・・・。
TOP絵を美雪にしたせいもあるかもしれませんね。
あの美雪、そして行方不明のユキを救い、幸せにしてあげたい!・・と思うのです。
今回の美雪の襟の「赤」は、彼女の内に秘めた強さや情熱・・父、古代にも通じるもの・・を、私が強く表現したかったからなのでしょうね。私の心に秘めた、「復活篇」への熱い思い、古代への思い、美雪やユキと古代がどうなっていくのかという続編への思い、の象徴なのでしょう。

久しぶりに、思いが暴走しそうなので、このあたりでとどめておきます(^^;)。
うまくいい展開が思いつかないかしら・・日中子供とドタバタで思考が停止していますから、この夜の静けさの中、少し「復活篇」の世界に思いをめぐらせてみたいですね。
想像は、なにものにも束縛されない、自由な世界なのですから・・楽しみましょう^^
kodai14
別窓 | 映像作品(復活篇) | コメント:0 |
少し更新^^
明日から新年度ですね。
気分転換もかねて、サイト「古代進case study」も、ほんの少し更新しました^^
ちょっとシビアなTOP絵ですが(^^;)。
ま・・なにごとも、めげずに、がんばりましょう、というきもちもこめて。

昨夜、「宇宙戦艦ヤマトに恋した日々」にて、「完結編」日記を読み解く、といった内容のコメントも追加UPしました。
ご興味ある方はどうぞご覧ください^^
こちらは、あとわずかで終わりますので、少しさみしいですね。
koyuki3
別窓 | 「古代進」サイトについて | コメント:0 |
三浦貴大さん
昨日、TBSの夕方のニュースで、CM撮影に参加された三浦貴大さんが取材に答えられていて、初めてどんな方なのかわかりました(今まで写真のみだったので)。目やまゆのあたりは百恵さん似かしら^^お声は、三浦友和さんに似ているかしら・・。子供のころ、山口百恵さんは好きでしたし、お二人の映画もよく見ていましたから、お子さんがこんなに大きくなられて、それだけ時間がたっていることを実感しましたね^^

ところで、このニュースではひとことも「SPACE BATTLESHIP ヤマト」について触れませんでしたが、今朝の日本TV「ズームイン」では、新聞記事紹介とともにヤマトのことを少し紹介していました^^
公式サイトでは、「古屋」という役名しか書かれていませんので、どんな役かわかりませんが。
検索してみたら毎日新聞サイトにて、同様の記事にヤマトのことが触れられていました^^

今後、公開の12月に向けて、有名な方々がご出演予定ですから、なにかと「ヤマト」が、多くの人の目や耳に飛び込んでくることでしょうね^^
ヤマト
別窓 | 映像作品(実写版) | コメント:0 |
「さらば宇宙戦艦ヤマト ETERNAL EDITION File No.2&3」
日中は子供たちとべったりですが、車中で音楽を聴いて想像をめぐらすことに、自由を求めます^^
とてもひさしぶりに、なぜか、「さらば」の音楽を聴きたくなり、「さらば」の音楽世界をじっくり味わうには、私の所有しているCDでは「さらば宇宙戦艦ヤマト ETERNAL EDITION File No.2&3」が一番!と思い、聴きました。

過日、地道にレコードからデジタル化しましたドラマ編CDでは、セリフや効果音や音楽ががっちりと組まれ完璧な世界を感じられますが、「さらば」の世界に触れつつ、私の想像を私のペースで自由にめぐらしたい今には、音楽のみ、のこのCDがフィットしたのですね^^
また、「さらば宇宙戦艦ヤマト 音楽集」もすてきですが、今の私にとっては、ストレートに映画の中の音楽に触れられて、私の心の中に「さらば」の世界がダイレクトに伝わってくる、というのも魅力でしたから^^

最近、「復活篇」の音楽ばかり車中で聴いていた子供たちは、最初違和感を覚えていましたが、以前には他のヤマト作品の音楽をよく聴いていましたから、すんなり入りこめたようです(刷り込み、のおかげですね^^;)。

さて、私自身は、といいますと、このCDの音楽は、映画の展開にきめこまやかに沿って展開されているので、映画の映像が鮮やかによみがえってくるようでした・・研ぎ澄まされた音のひとつひとつが、胸に迫ってきます(制作された方々のヤマト愛を感じるのですね^^)。
気が緩んで他に想像が飛んでいくようなことも許されぬほどに、すきのない音が、次々にたたみかけるように、私の中に入ってきます・・。映像がよみがえってくる、というよりは、音楽によって、無理やりにでも「さらば」の世界に引きずり込まれていくような感覚さえ、してしまうほど。
なぜか?・・「さらば」という作品だからなのですよね。

いつもは心の奥底に眠っていて静かに納められている作品であるので、本や音楽に刺激され、時に浮上し、私はひきこまれるように「さらば」の世界へさまようのです。
私の心の奥底では、いつもは触れたくないような部分でもあるから、「ひきこまれる」感覚なのですね。
だから、きもちが元気なときでないと「さらば」の世界にいつもは触れたくないと思っていたのですが、今日はなぜか、少しきもちがつかれていたけれども、妙に聴きたくなり・・そして不思議と、この音楽にいやされる感覚に陥りました。・・ああ、私は、こういうときでも「さらば」と触れあうことができたのかしら・・という感覚。

「さらば」という作品には、作品世界に踏み込むのを少しおそれてしまう私の心を強引にでもひきこむ、「非(悲?否?)」のような魔力めいた力を感じるのかも。悲劇はあってはならないものだけれど、そういう作品が在ることによって、その対極にある幸せの大切さやよろこびを再確認できるわけですからね。
サイト「古代進case study」の「さらば宇宙戦艦ヤマトに寄せる思い」に、私と「さらば」のかかわりを、もう数年前になりますが書きましたけれど、やはり今でも、パート1のハッピーエンドの作品が一番の私の原点にありますが、この「さらば」という作品も、私にとって、もうひとつの原点でもあります。

それを、今日、またあらためて感じました。
きもちがつかれていたけれど、そんなものはささいなこと・・そう思わせてくれる「さらば」の音楽でした。

そして、その音楽は・・そのすべての音が、荘厳な調べとなった。
ありがとう・・「さらば宇宙戦艦ヤマト」
kodai9
別窓 | ヤマト音楽 | コメント:0 |
御礼^^
今日もあわただしくて、日中はPCを見ることができませんでしたが、今見ましたら、サイドバーの「ヤマトファンアンケート!」にその後ご協力いただいた方々がいらしたことがわかりまして、ここに御礼申し上げます^^
また、「ヤマト認定証」にありますポイントも少しUPしていましたので、うれしく思いました^^(ポイントについての解説は、2010/02/23に書いています)

春休みに入ると、PCに迎える時間が制限されてしまうので、ヤマト関連サイトのチェックも充分に行えなくて、最初は少し禁断症状が出ましたが(^^;)、かえって少し距離をおきながらヤマトのことを考えてみることができますから、それもよいかもしれませんね。
でも、水面下では、ちゃんと「ホビージャパン5月号」もチェック済み^^(これについては、またあらためてゆっくり書きますね)
あさっては、またデアゴヤマトも発売されますし、以前にも書きましたが、今はただ「目の前に山積するものがある、という幸せ」をかみしめたいものですね。

明日からも毎日子供とべったりなので、身軽に動けず(^^;)厳しい・・。そろそろサイトの次の更新もしたいと思っているのですが。うまくいけば週半ばころに少しはUPしたいですね。

では、このところの寒さで少々風邪気味の私ですが、みなさまもどうぞお気をつけくださいね。
yuki4
別窓 | このヤマトブログについて | コメント:0 |
小休止^^・・いろいろ
25日から子供たちが春休みに入ったので、つきそいで映画「ドラえもん」を見たり、近くですがいつもお世話になっている私の実家にお泊りに行ったり・・と、少しPCから離れていました^^

映画「ドラえもん」はかなりの眠気に勝てず(^^;)、お話の中の肝心の数か所を寝てしまい、コメントしようもありません(ヤマトの映画でしたらきっと打ち勝てたはず:苦笑)。前回の「宇宙開拓史」はなかなか楽しめましたし、子供たちは今回の作品もけっこう楽しめたようです^^ 
余談ですが、最初の方のシーンを見て、息子は「カスケードブラックホールみたい」などと、言っていましたが(^^;)。「地球」を意識させてくれる映画でしたから、私も「ヤマト復活篇」を少し思い出してしまいました(息子も私も『復活篇』の世界に浸ってますので、すぐ結びつけてしまいます^^;)。

久しぶりに父のお墓参りにも行けて、ずっと気がかりだった思いをおさめることもできました。
最近、家事、子供の世話、PC・・などにどっぷりと浸ったインドア的生活にこもりがちでしたから、二世帯住まいの親も主人も遠方への所用で不在、子供の習い事の世話は連日あるのですが、ひごろの日常的なしがらみはなく、ずいぶん解放感にひたれました^^ きもちをニュートラルにできた気分です。母に感謝^^
かなり最近の私は閉そく感にあふれていましたから(^^;)。

でも、ヤマトのことは忘れていませんよ^^
私の、生きる力の源ですから!
いちおう、PC借りて、自分のサイトブログだけはチェックしました。
また徐々に復活しますね^^
とりいそぎ、ご報告まで。
kodai5
別窓 | このヤマトブログについて | コメント:0 |
「GREAT MECHANICS.DX12 (グレートメカニック)」
「宇宙戦艦ヤマト復活篇」が特集されるまでは、この「GREAT MECHANICS(グレートメカニック)」(双葉社)という雑誌を買ったことはありませんでした。前号のDX11では、西崎義展さんのインタビュー記事が、7ページながらも、復活篇の画像と文章がコンパクトに凝縮されて、とても読みごたえのある内容でしたから、今号のDX12も、とても期待していました^^
昨日本屋さんでたまたま入手できたので、早くこちらで感想を書きたかったのですが、昨夜はなんとしても「宇宙戦艦ヤマトに恋した日々」カテゴリの「ヤマト完結編」の記事をUPしたかったもので(笑)、今日になってしまいました。

さて、今号の記事は、9ページですけれど、またまた・・これまでのヤマト作品を振り返るページのあとに、「復活篇」の作品紹介、そして「復活篇」メカニック演出の羽原信義さんのインタビュー・・と、非常に、密度の濃い内容で、とてもうれしくなりました!
読みながら、「復活篇」の映像がよみがえってきまして、文字通り、「心が熱く」なりました。
文章の力強さ、凝縮された言葉や文章による表現に、筆者の方の「ヤマトへの愛」すら、感じましたね^^
画像のピックアップにも、ファンの心のつぼを押さえてくれている印象を受けました。
買ってよかった・・。
羽原信義さんのブログを「復活篇」公開前から拝見していまして、以前、すてきな絵コンテイメージボートがありましたけれど、今号に掲載されているイメージボードは、またそれとは違って・・もう、必見!の内容です(私的には^^)。
わずかな数ですが、「幻のイメージボード集」という言葉通り、作品内で未採用だったもので、こうした制作の裏側のお話を知り、資料を見ることができるのは、本当にうれしいことです。欲を言えば、もっともっと、見てみたい^^

最新のDVD情報誌(『DVDでーた』など)には、ちらほらと6/4発売のヤマト復活篇BD&DVDの情報が掲載され始めていますが、ここまで詳細な特集を組んでいただいているのは、私の知る範囲ではこの雑誌のみですね。しかも、「ヤマト愛」に満ちた内容にしていただいて、感謝の思いでいっぱいです^^ 「復活篇」オンリーの書籍類がなかなか発売されないので、貴重ですし。

・・すみません・・つい、きもちが高まってしまって、また長文乱文となり、失礼しました(^^;)。
kodai14
別窓 | ヤマト関連書籍・雑誌 | コメント:0 |
「ハーロック」復活、とのこと
「ハーロック」が復活する・・という突然のニュースが舞い込み、ちょっとうれしい私です^^
ヤマトに熱中していたころに見ていましたが、最近UPした「宇宙戦艦ヤマトに恋した日々」カテゴリにある記事にありますように、ハーロックにひかれる想いも少しありました(古代君がいちばんでしたが^^)。
最新CGアニメとしてよみがえるようですが(毎日新聞『まんたんウェブ』より)、どんな映像になるか楽しみですね。ただ、私の個人的な印象としましては、これまで、CGアニメでは、人の動きや表情に重みがあまり感じられない作品もあったので、ぜひとも、存在感のあるハーロックを期待したいです。

それから気になるのが、誰がお声を担当されるのかしら・・ということ。
山寺宏一さんもすてきですが、「ヤマト復活篇」古代君と雰囲気がかぶらなければいいかしら(かぶってもよいかな・・二人ともすてきだから^^それもまた楽しみかも)。

そういえば、先日書きました、6年前にTV放送された時の新アニメ「キャプテンハーロック(外伝)」の録画していたDVDを、ようやく押入れの奥からさきほど出してチェックしてみましたら、落ちついたお声でハーロックにお似合いでしたね^^
「ヤマト復活篇」古代とはまた違った趣なので、よいかも^^ 「復活篇」つながりの新たな発見としては、大村さんのお声をされていた茶風林さんが、この「ハーロック」の中の機関長の役をされていたので、興味深かったです^^(大村さんとはずいぶんキャラの見た目もお声の感じもちがっていましたけれど、声質はたしかにそうでした!)
ところで、このTV放送はまだアナログ放送でしたから、画質がとても悪くて・・もしかして、今後の映画に向けて、新たにハーロック関連グッズが登場するかもしれませんね。この機に私の収集熱が高まるかも^^

でも、なにより、今年のヤマトイヤーが第一優先! 
いつでもフットワーク軽くしつつ、イベントや関連グッズに歩み寄れるように心身ともに(お財布も^^)準備を心得ていますから、まずはヤマトを楽しみたい!
・・ですので、ヤマト関連イベント開催やグッズ発売に期待をしています^^(グッズは、情報や資料性の高い書籍類音楽関連を切に希望しているのですけれど・・)
yamatoB
別窓 | なつかし作品 | コメント:0 |
「宇宙戦艦ヤマトに恋した日々」更新^^
昨日、「宇宙戦艦ヤマトに恋した日々」カテゴリを3記事、更新しました。
ようやく映画「ヤマト完結編」に至りました。
まだ完全なゴールではなく、もう少しつづきますが、大きな節目を迎えることができまして、感慨深いものを感じました^^ 「完結編」を見た日と同じ日にブログUPできましたしね。
無事にこの日を迎えることができましたのも、これまで当ブログにおいでいただきました方々のおかげです。
どうもありがとうございました^^
koyuki3
別窓 | このヤマトブログについて | コメント:0 |
キムタクドラマ
Yahoo!サイトのTOPにてUPされていた情報ですが、木村拓哉さん主演の新ドラマ(フジテレビ:月9)に、篠原良子さんや北川景子さんらが共演されると発表があったそうですが、他にも映画「レッドクリフ」の小喬役のリン・チーリンさんもご主演とか・・。
実は、ヤマト実写版情報が流れ始めたころ、ネット上では、どんなキャスティングがいいか話題になりましたが、他のネット上では森雪役に北川恵子さんやリン・チーリンさんのお名前が登場したり・・私は、当ブログ(2009.07.25)リン・チーリンさんがすてき、と書いていました^^
そこで、今日のニュースです^^
内容は全く異なりますが、そうした方々が出られるドラマが放送される、と知り、楽しみですね。
ずっと海外ドラマにはまっていまして、最近、日本のドラマをあまり見ていなかったので(『坂の上の雲』は見ましたが^^)、見てみようかしら。放送日は未定だそうです。
yuki6.jpg
別窓 | 映像作品(実写版) | コメント:0 |
「週刊宇宙戦艦ヤマトオフィシャル・ファクトファイルNo.7」
行きつけの本屋さんでは、この「週刊宇宙戦艦ヤマトオフィシャル・ファクトファイルNo.7」の残数わずか・・となっていました。
表紙のコスモゼロが目をひくのでしょうか^^

今号の感想は、明日いよいよ子供たちが修了式を迎え春休みに突入するため、なかなかPCへ向かうのも難しくなりそうなので、今のうちに少し早いですが、若干内容に触れる感想をUPしますので、お楽しみにされている方は、閲覧ご注意くださいね。

-----------------------------------------------------

さて、今号についての、私の個人的な注目点は、コスモゼロ、「永遠に」の冒頭から古代・ユキの再会シーン(ピックアップ画像がなかなかポイントを押さえていらして、よいですね^^)、テレサのイラスト(美しく可憐ですね^^)、でしょうか。

ただ・・テレサについては、てっきり「ヤマト2」のテレサを前面に出されるのかと思いましたが、「さらば」の反物質人間テレサ、として「大銀河科学技術講座」において解説されていますね。しかもここでは「ヤマト2」が「異説」として扱われているので、これまでの「人物事典」における「さらば」と「ヤマト2」の扱いと逆になっていて、かなり疑問を感じました。混乱しそう・・。
「さらば」のテレサは私の中での求めるテレサなので、今回とりあげられてとてもうれしいのですが・・。
今後展開される「人物事典」でのテレサは「ヤマト2」の方になるのかしらね(注:サイト『デアゴスティーニ』にて確認しましたら、やはり『ヤマト2』のテレサになるようですね)。

それからかなり気になりましたのが、「人物事典」の藤堂晶子さん・・せっかくの美しい方なのに、お目めが(^^;)。きれいに彩色してあげるとよかったのに、とかわいそうになりました。

まだざっと見たところなので、これからじっくり読むことにします。
いろいろ気になりますが、やはり、毎週楽しみではありますね^^
本屋さんで、表紙が他誌に埋もれていると、何気なく、よく見えるように少し移動させて目立つようにしてあげています^^
・・これもヤマト愛・・ですね(笑)。
tere1
別窓 | ヤマト関連書籍・雑誌 | コメント:0 |
NHK総合「放送記念日特集」を見て
昨夜23:30まで放送されていましたNHK総合「放送記念日特集」の徹底討論をリアルタイムで見ました^^
昔の仕事で情報メディアに関する調査をしたこともあり、以前からマスコミやメディアに対する関心もありましたし、討論でも今後のメディアの行方に大きな影響を与えていると位置づけられていたネット社会に、こうしてはまり込んでいる私にとっては(笑)、非常に興味深い内容でした。

以前にも書いたことがありますが・・私もこれだけネットの世界に入り込んでいますが、ネット上の特殊な環境には良い点悪い点があると思っていますから、ユーザー側もきちんとした「情報選択の目」を養う必要がある、と思われますね。討論では、ネットがよいもの、というようなイメージで話が進んでいたような印象を受けていましたが、途中でところどころ一般の方からのメールのご意見の中の「情報源が不明」「マスメディアも公平とはいいきれないが、(ネットでは、より)振れやすい(意見の方向性がふらりとかたむきやすい、という意味に解釈しましたが)」といった、私も日ごろ感じていた内容も紹介されていましたので、やはり、ユーザー側は、ネット情報の匿名性から生じうる情報の性質も考慮したうえで、内容を受けとめるべきでありましょう、と改めて思いました。
運営側も、各種メディアの特性を十分理解したうえで、どのようなメディアミックスになるかわかりませんが(ひとつのメディアのみを使用するにしても)、いずれにしても、「提供の仕方によって与えうる影響」を考えながら、「責任ある情報提供」をこころがけなければなりませんね。

私はネット大好きですから、ぜひとも、新旧メディアの混在する中から、よりよい情報伝達社会(表現が古くてすみません^^;)が構築されることを願っておりますゆえに、ヤマトと直接関係のない話題でしたが、この場に番組の感想を書きました。

これまで、サイトブログを運営しながら日ごろ気をつけてきたことのひとつに、「1次情報の正確な内容と情報源の明示。そして、それに対する私なりの感想や妄想コメントと1次情報とはできるだけ区別してお伝えしよう」ということがありました。
サイトの「セリフ集」では、作品内のセリフと、私の勝手な妄想による古代の独白をきっちり区別してまとめてあるのも、その表れのひとつの形でありますし、拙文でありますが「作品へ寄せる思い」などにおいても、1次情報と感想をできるだけ分けて書くように気をつけています。

今回の番組は、私にとって、最新のメディア状況を確認することもできましたし、運営の在り方(姿勢)を再確認するのにも、よい刺激となりました^^
今後も、情報提供には細心の注意を払って、「正確さと明確さ」をモットーとしてまいりたいと思いますし、それをもとに、私なりのヤマトへの想いをつづってまいりたいと思います。
・・サイト方針のような内容になってしまい、失礼しました(^^;)。
これからもよろしくお願いいたします^^
yamatoG
別窓 | 「古代進」サイトについて | コメント:0 |
連休明けには
連休といっても、主婦にはあわただしい日があいかわらず続きますね。
サイト「古代進case study」には、「宇宙戦艦ヤマトに恋した日々」のゴール目前の心境を語っていますので、そろそろゴールへ向けてUPしたいと思っているのですが、連休明けに徐々にUPしていこうと思います。

日記を読み返していると、いろいろ思い出してしまうのですよね・・と同時に、その時の私は、本当のところ、どのように感じていたのかしら、と考えもめぐってしまいます。
「宇宙戦艦ヤマト 完結編」に対して。
時間ときもちにゆとりがあるときでないと、考えもまとまらないので、後日改めて^^
ではおやすみなさい・・。
koyuki4
別窓 | 「古代進」サイトについて | コメント:0 |
「宇宙戦艦ヤマト ~遥かなる星イスカンダル~ ナビゲーションガイド」
3連休ですね。
わが家は予定が立て込んでおりまして、今日はやっとさきほどPCに向かったところです(^^;)。

以前珍しくヤマト本を発見しました住まいから少し離れたBOOK OFFにその後時々立ち寄っていたのですが、今日も雑務の合間に行ってみましたら、なんと、ゲーム攻略本のコーナーに!・・これまで一度もヤマトのゲーム攻略本をみかけたことはなかったのですが。
「宇宙戦艦ヤマト ~遥かなる星イスカンダル~ ナビゲーションガイド」(1999年3月5日初版発行:ソフトバンク株式会社)を発見!

サイト「古代進case study」「心に残るヤマト関連品」のページには、PS2戦績のみUPしてありますが、これは、たしか、新品購入時にゲームをしながらリアルタイムでUPしていったものでした。
が、このPSの「宇宙戦艦ヤマト ~遥かなる星イスカンダル~」は、中古で手に入れたものをそのPS2より前に、クリアしていたものでした^^(ちなみにこの攻略本とは別の攻略本を、新品購入できまして、『心に残るヤマト関連品』『書籍・雑誌』リストにUPしてあります。今回の攻略本も当時ほしかったのですが、なかなか手に入らなかったのだと思います。)
 
1999年という攻略本の時期を見ますと、この年は一人目の子供を出産した年です。とてもPCやヤマトどころではない頃だったかしらね。それこそ、今日が何日?何曜日?とききたくなるほど、目まぐるしいころでした^^・・その後しばらくしてから中古で見つけて、クリアしたのですね。
以前から時々旧BBSブログに書いてきていますが、私のゲーム歴は長く、ファミコン・PS時代のドラクエファイナルファンタジーはすべて体験済み^^(PS2も一部体験)(今は、子供が小学生では自主的節制は難しいのでわが家はゲーム導入していなかったのですが、最近やっとWiiだけは『家族みんなのいるときに』という条件付きでみんなで楽しむようになりました^^でも・・まだDSへの道は長いかも・・ドラクエ9は私個人的にはやりたかったのですがガマン^^;)
そのため、子供が赤ちゃんやまだ小さい頃には、寝静まってから夜に、PS・PS2ヤマトをしていましたね。

今日、古書ではありますが、はじめて手にしたPSヤマト攻略本に、とてもなつかしさと、何かしらこみあげてくる思いを感じました・・これはおそらく、「またゲームをしたい!」という思いですね。
操作がけっこう面倒だったと思うのですが、クリアしていく中で、美麗なアニメのシーンを見られる喜びを感じたものです。すべてクリアすると、たしか、すべてのアニメシーンを改めて見られるようになったと記憶しています。
その後の、PS2ソフトの特典にあった映像集DVDにも納められていたかな・・最近見ていないので、また見たくなりました^^

ゲームといえば、「永遠に」まででその後は作られていませんね。ストーリーはオリジナルな部分もかなり入っていますが、その後のヤマトの世界もゲーム化されるとうれしいですね^^
でも・・我が家にある機器では対応できないかもしれませんね。もしもいつか発売されるとしたら、成長した子供たちにのちのちは使わせてあげることにして、とりいそぎまずは私用に買ってしまうかも(^^;)。

とにかく、今日は、ひさしぶりに、ゲームの世界を思い出すことができてうれしかったです^^
この本を保管してくれていた方に感謝。
yuki4kodai8
↑これはPS2発売のころに描いたものでしたね^^
別窓 | ヤマト関連書籍・雑誌 | コメント:0 |
「ぴあ」
今日、本屋さんでみかけた雑誌「ぴあ」の表紙は、アルフィーでした^^
中には、インタビューが掲載されていました。
「宇宙戦艦ヤマト復活篇」「この愛を捧げて」の言葉がほんの少しですが、書かれてありまして、それだけでもうれしいですね。
「ぴあ」は、大学時代によく買って見ていました。
表紙は、ずっと、似顔絵のイラストでしたね・・懐かしかったです^^
kodai13
別窓 | ヤマト関連書籍・雑誌 | コメント:0 |
「復活篇」の楽譜は・・
アニメ関連の楽譜は、いろいろ目にしますが、まだ「復活篇」については、時々お店を見ていてもなかなか目にしないわ、と思い、各種楽譜サイトを検索してみましたら、「この愛を捧げて」ヤマハミュージックメディアさまのサイト「プリント楽譜」にてヒット!・・でも、ギター弾き語り用(上級)でした。
(追記:よく調べてみましたら、雑誌『Go!Go!GUITAR 2010年2月号』に掲載されていたもののようです)

ぜひ、ピアノ用「復活篇音楽集」楽譜を発売してほしいですね。
サウンドトラックCDにおさめられている曲を、いくつか弾いてみたいです^^(実力が伴わないかもしれませんが^^;)。

それから、音楽業界のことはよくわかりませんが、権利等の面で難しいのかもしれませんが、これまでのヤマト作品の音楽集の楽譜もぜひ発売してほしい・・多くのヤマトファンの方々も、切望されていることと思いますから。
yamatoG
別窓 | ヤマト音楽 | コメント:0 |
ヤマトクルー「資料室」^^
ひさしぶりに、ヤマトファンコミュニティサイト「ヤマトクルー」にて、「資料室」が更新されましたね^^
「登場人物」も楽しかったですが、今度は「メカニック」
最近、「復活篇」の映像がうろ覚えになってきてしまいましたから、このコーナーの「復活篇」メカニックを見ていますと、また映画のワンシーンを思い起こすきっかけになり、けっこう楽しめました^^
早くDVD&BDを発売してほしい気持ちがまた高まり、ついでに同サイトにおける「復活篇」の予告編1も見てみましたら、やはり、ぐっと心がひかれましたね・・。夕日の中の古代の横顔も、やはり魅力的^^
今日は、子供たちが朝から次々体調ダウン・・で、落ちつかない1日だったのですが、この更新で、きもちがいやされました・・また明日も頑張れそう^^

さて、最近、いろいろなヤマト作品が私の中で乱立していましたが、こうしたことを通して、それぞれのヤマト作品が、ちゃんと、私の中のひきだしにしまわれていることがわかりまして、うれしいですね^^
「復活篇」をはじめ、どのヤマト作品も、私の中でリアルに息づいており、その作品の良さをいつでも感じとれる受け皿ができてきたようです^^

・・ところで、欲をいえばなのですが・・やはり「復活篇」の設定資料やビジュアル画像、シナリオなどを網羅した印刷物を希望したい!です。PCで画像をながめるのもよいですが、やはり、おちついてじっくりと紙の質感を楽しみながら、マイペースでページを繰り、作品の世界に浸れる「豪華本」の発売を切に願いますね。
そのように思われているファンの方は、多いと思うのですが。
今回の更新に刺激されて、またあらためて、その思いが高まりました^^
kodai14
別窓 | 映像作品(復活篇) | コメント:0 |
「交響組曲 宇宙戦艦ヤマト」に想いを寄せて
「実写版」の動きが出て、そちらが気になりだしてきたせいなのでしょうか・・おとといの記事を書いた翌日の昨日、ひさしぶりに「交響組曲宇宙戦艦ヤマト」を聴いた。

実は、聴くのがこわかったのです。
少し前に、「復活篇」にのめりこんでいた時、これまでのヤマト作品のBGM集を聴いてみたら、「復活篇」と違う雰囲気で、またすぐ「復活篇」の音楽世界に戻ってしまっていた(連日聴いていた)ので、またそのように感じてしまうのでは・・と。

でも違っていました^^

懐かしい響き、奥行と広がり・・ひとつひとつの音がしっかりと私の中に刻み込まれていたことを、改めて感じました。耳に入ってくる音の、次の一音一音が、確実に的確に、私の中におさまっていく・・そうした実感を得て、私はこの音楽作品を大切に受けとめ、迷わず、とどまることなく、このアルバムの最後までいっきに聴くことができた。
・・惜しみなくあふれる宮川サウンドだ・・
やはり、私にとってのヤマト音楽の原点はここにある!と、しみじみと、そして静かに、感動をかみしめた。
よかった。
私の中の原点は、やはりパート1のあのころ・・だからこそ今があり、「復活篇」もあるのだ。
そして逆に、「復活篇」があったからこそ、改めて、違った感動を今回得られたのである。

昨年4月に行われたコンサートでの「交響組曲宇宙戦艦ヤマト」が思い出された。
宮川彬良さんのお顔も・・。

実は「復活篇」にのめりこんでいたころには、そこまで頭が思い及ばなくなっていた。
今は、この、原点である「交響曲宇宙戦艦ヤマト」やパート1のあのころの想いを、再びまた静かに受けとめられる(決して『復活篇』から少しきもちが離れた、という意味ではありません^^)。
この時を待っていた。
私の中でようやく沈静化し、おちつきをとりもどす時を・・。
sta025
別窓 | ヤマト音楽 | コメント:0 |
「週刊宇宙戦艦ヤマト オフィシャル・ファクトファイルNo.6」感想(ラフ)
デアゴ「週刊宇宙戦艦ヤマト オフィシャル・ファクトファイルNo.6 」は、定期購読の方はまだお手元に届いてない(・・のかしら?)かもしれませんので、また、そろそろ子供たちの下校時刻が早くなり、じっくりゆっくり過ごすことができなくなってきて、ざっと斜め読みをしたところなので、詳しい感想は控えます。

ちらほらと気になるところはまたありますけれど、そんな突っ込みを入れながら見るのも楽しいです(笑)。
「人物事典」の古代守、佐渡先生、アナライザー・・読んでいると、パート1の世界に容易にひきこまれます^^
「名場面記録全集」パート1第25話は、やはりみごたえありますね。この回のエピソードは盛りだくさんで、よく30分におさまる、というくらい、いくつものドラマを見せてくれます^^
そして!いよいよ「復活篇」の内容が掲載されましたね。「大銀河科学技術講座」にて。パンフレット以外で「復活篇」の印刷物は少ないですから、うれしくなりました^^

毎週火曜以外にも、予約している書店には所用を兼ねて頻繁に行っていますので、必ず「ファクトファイル」のコーナーに立ち寄り、売れ行きを見ているのですが、今号は、まだおととい発売の昨日なのに、あと残数2となっていましたね(これまでは残数7~8冊あったかと思いますが)。しかも、創刊号以来はじめて(偶然のことではあるのでしょうけれど)、立読みされている方がいらっしゃいました(これは、珍しいのです^^我が息子以外では^^;)。
この、古代守と主力戦艦の表紙のインパクトがあるのかしら^^ 
表紙には、さらに「復活篇」のアクエリアス氷塊から発進するヤマトの後ろ姿もあって、効果あるのかも。ただ、こちらは、棚に雑誌が収納されてしまいますと、下の方が隠れてしまい、見えなくなってしまうのが残念ですが。

またゆっくり読みたいと思います^^
sta2
別窓 | ヤマト関連書籍・雑誌 | コメント:2 |
「実写版オフィシャルサイト」に動きあり・・
ようやく「SPACE BATTLESHIP ヤマト」公式サイトさまに動きがありましたね!
午後から夜にかけてはPCが見られないので、つい先ほどチェックしました^^
CAST情報は既出の内容ですが、STORYに、少し具体的な設定が書かれていますね。まだ知りたくない方のために、ここには書きませんが(それほど重大な内容ではありませんが念のため^^;)、既出情報については、前にも書いたことがありますからいまいちど・・。

「37歳で軍を退いている古代」・・という設定は、アニメパート1のあの若々しい血気盛んな古代のイメージとは少し違いますよね。どんな古代になるのかしら。
「復活篇」の古代にも心ひかれている私としては、パート1の世界の中に、年齢が近いからといって、「復活篇」の古代のような雰囲気を漂わせてほしくないな、というのが率直なきもちです。ヤマトの各作品の設定が混在することになると、それぞれのヤマト作品の世界観がくずれてしまいますから、一つ一つの作品のカラーを大切に保っていただきたいな、と思いますね。

37歳であっても、パート1の世界では、パート1における古代のような「若々しく正義感あふれる熱い古代」であってほしいですね。
あの、夕日の中の大和(=ヤマト)を見つける古代と島の、二人の初々しさ・・何をどうしてよいのか初めての戦闘で戸惑う姿・・「我々が待ち望んでいたヤマトだ!!」の沖田のことばに驚きと同時に新たな覚悟を胸に刻み、前人未到の旅に出る・・沖田のもとで、希望と勇気を胸に抱き、不屈の精神で戦い、生きて地球に戻り、人類を救う・・そうした彼らの「精神」をぜひとも描いてほしいですね。
期待しています^^
oki2.jpgkodai1
別窓 | 映像作品(実写版) | コメント:0 |
更新しました^^
最近の心境もまじえて、サイト「古代進case study」にて、拙文をUPしました^^
そのほかにも少し更新。
今日は、デアゴヤマトの発売日ですね。
気になるところはいろいろありますが、やはりわくわくしてきます。
kodai8
別窓 | 「古代進」サイトについて | コメント:0 |
やっとイラスト完成^^
今日は、先日、途中までになってしまったイラストをなんとか仕上げました^^
子供たちが春休みになる前にできてよかったです。
UPは、ヤマト関連でなにか私にとってHAPYYなことがあったら、その時にしようかしら。
そんな大きなことではなくても、うれしいことがあったら。
そういうときの、「想い」を大切にして、記念にUPしたいので^^

その他、サイトの更新作業も水面下で徐々に進めています。
近々、UPしたいと思っていますが、今少しお待ちください^^

いずれも、ささやかなものですから、あまり期待しないでくださいね(笑)。
少しずつ、前進しています・・というご報告もかねていますから。
yuki4
別窓 | 「古代進」サイトについて | コメント:0 |
「プロフィール」微修正^^
時々、このヤマトブログのメンテナンスもしなければ・・と、あちこち手を加えていますが、すっかり放置してしまっていたのが、サイドバーの「プロフィール」でした(^^;)。

当ブログの開設は、2005年7月29日に別のブログサービスにて行いましたが、その後、同年11月29日に、私の思うところをより表現しやすい現在のブログサービスに乗り換えて、以来、もう5年が過ぎていたのでした^^(サイドバー『更新履歴』参照)
当ブログサービスにおけるだけでも、記事件数も1100件を超えていたのですね(サイドバー『過去ログ;全全記事数』参照)
サイト「古代進case study」の開設記念日は毎年欠かさず意識してまいりましたが、こちらはすっかりノータッチでした(^^;)。

時にはヤマト関する話題がみつからず、子育て日記、父看病日記(2年ほど前に他界)・・に陥りそうな時もありましたが(笑)、そんな中でも、この場に来ると、私自身がきもちだけでも想像の世界へとんでいける、私にとって必要な場になっていましたね・・ヤマトの世界にいやされていました^^
また、今でこそ、ヤマトの話題に事欠きませんが、以前は探すのが大変でしたから(笑)、当ブログのタイトル下に「心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦」なんていう副題のような解説を書いたのですね。

つい、お話が懐古趣味の方向に流れてしまいましたが(^^;)、5年前ほどに当ブログを開設してから「プロフィール」がそのままになっていましたので、本日、微修正した次第です。
ヤマトと出会ったのが「30年ほど前」→「35年ほど前」、ヤマトと再会したのが「数年前」→「10数年前」という点です。

この5年ほどの間、いろいろありましたが、かつての「完結編」との決別の後、再会して、再び旅をともにしてきて、こうしてたくさんの想いを記録に残してこれて、よかったです^^
まだまだ果てなく、私とヤマトと古代の旅は続いていくことでしょう。
koyuki3
別窓 | このヤマトブログについて | コメント:0 |
そういえば、「実写版」
さきほど、先日TVで放送されていました「日本アカデミー賞授賞式」を録画してあったものをようやく見ました^^
子供のころに見た時は、おそれながら、海外のアカデミー賞のまねのように感じてしまったこともありましたが、最近では、一堂に集まられた豪華な顔触れに、華やかな映画界を見ることができる楽しみを感じています^^ とくに昨年は、いろいろと邦画を見ましたから、楽しめました。

助演男優賞のプレゼンターは山崎努さん、そのほか時々西田敏行さんがうつると、そういえば・・と、「SPACE BATTLESHIP ヤマト」が思い出されました。文字だけで見る出演者の方々のお名前には、ドキドキしましたが、こうして、映像でお顔を拝見していますと、リアルな実感がわいてきまして、果たして12月公開のヤマトはどのような映像の世界になるのかしら・・と、急に気になってきました^^ 実写は、邦画として、来年の今頃には、もう公開も終了しているはず、と思うと、急に現実味を帯びてきたように感じられて・・。
このところ、すっかり「ヤマト復活篇」にばかり頭が向いていましたが、実写版の進捗状況はどんなものなのかしらね。まだ新情報はありませんが。
アニメとの設定の違いが気になりますが、どのような仕上がりになるのか・・期待しています^^
yamato01
別窓 | 映像作品(実写版) | コメント:0 |
再現力
今週は、車のトラブルのために、レンタカーのお世話になっていましたが(^^;)、ようやく今日、無事に修理(部品交換)が終わり、自家用車がもどってまいりました^^
いきなりエンジンがかけられなくなり、JAFさまのお世話になったのですが(原因はセルモーターが壊れたためのようです^^;)、比較的スムースに事が運び、ほっとしました^^

数日間、いつもと違う車にお世話になったのですが、やはり慣れないと運転しづらいものがあり気を遣いますね。時々は点検時に代車を利用することはあるので、慣れないなりの運転はできるのですが、今回とくに違和感を感じたのが、音楽の再現性の違い・・つまり、音楽を聴いても音が全然違いまして、少々ストレスすら感じてしまいました(^^;)。
スピーカーの性能が違うのでしょうね。
音楽の聞こえ方が平面的だったので、せっかくの「復活篇」の音楽も、日ごろ聴いていた音とまったく違っていて、かなり薄っぺらい印象でした。
オーディオ機器についてはそんなに詳しくないですし、今まで車内での音の違いなんてあまり感じたことはなかったのですが、やはり、「復活篇」公開直前からほとんど毎日聴いていたせいか、そのいつもの音の世界が、私にとっての「復活篇」の音になっていたとわかり、われながら驚きでした。

今日、ひさしぶりに自家用車で聴いたら、やはりこの音!と納得できて、ほっとした安心感さえ感じました^^
自家用車のスピーカーはそれほど高級なものではないと思われますが、立体的に聞こえるタイプのものなので、その音に慣れていたのでしょうね。

音楽だけでなく、映像もまた、「どこまで再現できるか」のために、ハードの環境をできるだけ整えたいですね。
映画館ほどの設備は家庭では不可能ですし、もちろん、お財布との相談ですが^^
そういえば・・まだBDデッキ買っていないのでした(^^;)。
そろそろ検討しなくては。
「復活篇」を、できるだけよい環境で楽しみたいものですよね。
あと3か月! 思いきり楽しみたいですね^^
kodai14
別窓 | 映像作品(復活篇) | コメント:0 |
いろいろな作品を見て、「ヤマト復活篇」
昨夜「宇宙戦艦ヤマトに恋した日々」の更新をして、今朝ふと思ったのですが、最近、私は去年はよく見ていた映画をぱったり見なくなってしまったわ・・と。
それもこれも「ヤマト復活篇」の公開から、すっかりその世界に浸ってきたからでしょうね^^
他の作品に心ひかれる思いがせずに、海外ドラマも映画も、急に見なくなりました。
サイト「古代進case sutdy」では、お気に入りシーンやセリフ、イラストをUPして、車中で聴く音楽は「復活篇」ばかり。

でも、子供のころの日記を見て刺激を受けたのか、「外から見る目」も大切かな、と思い出しました。
ファンなら好きなものにどっぷり浸る、というのは本望で、とても幸せなことなのですが、今後「宇宙戦艦ヤマト」が生き残るためには、広く世情もよくみていかないと・・と。
私自身、サイト「~復活篇への期待と妄想の狭間で~」で、「私の中の長年のファンとしての固定的な枠をとりはらい、素の自分で作品と向き合いたい」というような内容を書きましたが(私もセリフの一字一句の差をデアゴ『ヤマトファクトファイル』に感じてしまうほど細かい部分まで気になってしまう方ですが^^;)、あまり詳細なところばかりにこだわってしまうと、ヤマトの存続の可能性を狭めることになってもいけませんし・・と、コメントの表現は慎重にしたいと思っています^^
広い一般層へも「宇宙戦艦ヤマト」という作品をアピールするには、マニアと大衆的な部分の、作品としてのテイストのバランスをとるのが難しいところでしょうけれど、今後「復活篇」の続編がありうるなら、ぜひとも、人びとの心をわしづかみにするような普遍的なドラマやテーマを盛り込まれた、より広い層へ受け入れられる作品になることをお祈りしております^^(宣伝も必要ですが)

さて話が冒頭に戻りますが、結局、映画「アバター」は見ないで終ってしまいそうですね(見るべきだったかしら^^;)。
アカデミー賞はリアル描写の戦争映画の方を支持したようですが(SF,ファンタジーは受賞が難しいですよね)。
また少しずつ、映画を見ていこうかな・・。
海外ドラマは、最近また見ていまして「24VII」「ギャラクティカ4」「サラコナークロニクルズ2」「ER14」・・と、いろいろな世界をさまよっています(笑)。時間を刻んで、気軽に家庭で見られるのがよいですね。
でも、アニメは・・ほとんど見ていないですね(^^;)。子供の見ている「ドラえもん」「ポケモン」「イナズマイレブン(これは息子のクラスで大人気だそうです^^)」を、ちらりと見る程度ですか。「人形劇三銃士」山寺さんのお声に少し耳を傾けていますが(笑)。

そういえば、余談ですが、数年前にTV放送されていた新作アニメ「ハーロック」でのハーロックのお声が山寺宏一さんであるのを、先日、中古DVDショップで見かけたDVDに記載されている情報から思い出しました^^ 
昔のアニメのハーロックは、井上真樹夫さんでしたよね。新作の方は、見たときに「声が違う・・」と思いましたが、まさか、後に古代の声を出す方だとは当時思ってもいなかったので、すっかり忘れていました。録画したものが残っていたと思うので、いつか探し出してチェックしてみたいですね。

山寺さんは多才な方で、役柄によってずいぶん調子がちがいますから、古代の声に似た作品を探すのも楽しいかもしれません^^
山寺古代の声の記憶が、かなり薄れてしまってきていますから(涙)。
DVD&BDの発売が、待ち遠しいですね^^
いろいろな作品を見て、充電しておいて、またDVD&BD「復活篇」に再会すると、また違ったものがみえてくるかもしれません。
それもまた楽しみです^^
kodai13
別窓 | 映像作品(復活篇) | コメント:0 |
「週刊宇宙戦艦ヤマト オフィシャル・ファクトファイルNo.4&5」感想
やっと「週刊宇宙戦艦ヤマト オフィシャル・ファクトファイルNo.4&5」を、ざっとですが、読みました^^

簡単に触れますと、No.4「ヤマト2」の世界が前面に押し出されて展開されていますね。
前回のNo.3の感想で、かなり書きましたので、ここではあまり詳しく書きませんが・・やはり、白色彗星帝国との戦いの世界は「さらば」の、あのキャラ達の世界なのですね・・私の中には「さらば」の世界が刷り込まれていることを改めて実感。
あの・・うまく言葉にできないのですが、どこか浮世離れしたような・・物質世界をこえた精神世界を描いた透明感のある世界は、他のヤマト作品には感じられない「質」で、この世界のテレサや古代やユキや真田さん(なぜか『さん』づけ^^;)、斉藤、デスラー、ズォーダー、サーベラー、ミルでないと、私の中ではしっくりこないのですね。

改めて、「さらば宇宙戦艦ヤマト」を別次元の世界としてでもかまわないので、別冊にて特別編集していただけたら、と思いました。
あの作品の中でしか味わえない、キャラの表情、設定、戦闘シーンもあると思うのです。音楽面においても、「さらば」において、初めて、「白色彗星のテーマ」「大いなる愛」「デスラー襲撃」などの名曲に遭遇したのですよね!
ヤマトファンにとって、いろいろな感じ方やご意見がある作品、と思いますけれど、それだけ、他のヤマト作品とは一線を画する存在だと思いますから、「ヤマト大百科事典」と名打たれるからには、ぜひとも、「さらば」をきちんと扱っていただきたい、と思います。
ああ・・結局、長々と・・また失礼いたしました(^^;)。

さて、No.5は、ドメル将軍と真田さんがポイントでしょうか^^
彼らと「名場面記録集」とともに、パート1の名場面を思い出せてよいですね。
・・ただ、とくに、古代がからむところには、やはり気になるところが出てきてしまいまして(^^;)、第18話「浮かぶ要塞島!たった二人の決死隊!!」での古代のセリフ「ぜひぼくも行かせてください」とありますが、まちがいでないのですが・・私なら載せてほしかったな、と思われた「あなたを二人目にはしたくない」(『古代進case study』『セリフ集』case1-18の方が、古代の真田への強い思いが表現されていて、ぐぐっと心をつかまれたのでしたけれど・・なんて、私の個人的な思い入れとともに、それはそれで楽しませていただきました^^
真田さんは、ファイル記号にアルファベットが付記されていますから、まだ他作品の真田さんも楽しめそうですね^^

今後の展開を楽しみにしています!
tere1
別窓 | ヤマト関連書籍・雑誌 | コメント:0 |
「書庫」のおそうじ
最近、「宇宙戦艦ヤマトに恋した日々」で子供のころのイラストに触れることもありましたので、急に、当サイト内のコンテンツでありますがやや別館的な要素をもたせている「書庫」に手を入れたくなりました^^

このところ、子供の習い事等々で、ハードな毎日(週3日は夜遅く帰宅するので翌朝は疲れ気味・・年のせいでしょうか^^;)なので、今朝などもかなり頭はボーっとしてしまいまして、本当はせっかくのお天気なので、どこかにお出かけでもしたい気分ですが、実際の家の中のお洗濯ものやおそうじもたまっていますし、心身ともに少しやすませなくては・・と自宅にて過ごし、ひさしぶりにPCにもむかっています^^

今朝は、ふらふらと、最近たまってしまっていたネット上のヤマト関連のサイトを訪れて、徐々に士気を高めてみたり(笑)・・そのうち、私自身の「書庫」にも目がとまり、実に2008年8月から更新途絶(!)状況にあり気になっていましたので、少し手を入れることにしました。
これは、以前は別サイトとして切り離して、私の好みの映画やドラマ、漫画等についての感想を集めたものだったのですが、少しずつ、当サイトと関連づけられるものも出てきましたので、あまりにかけ離れたものはそぎ落としたうえで、サイト内コンテンツのひとつとして取り込みました。
ですので、こちらは、ヤマトの映像作品と直接関係はないのですが、ネット上に保管して残しておきたいものをおいています。
今後、何らかの新たなコンテンツを展開するかどうか、まだ未定ですが、少し整備しておこうと思いまして^^

サイト「古代進case study」の更新は、もう少しお待ちくださいね。
これまでのヤマト作品全体をリンク構築するなど具体的な名案があるわけではなくて、「今の心境・・」という程度の文章ですが、「てにをは」くらいでも校正しようとする段になると、あれこれといろいろとこれまでのことを思い出してしまったり、新たにわき起こる想いなども生じてしまって、そのたびに文章にまとまりがなくなってしまいますもので(^^;)。
流動的なブログと違って、サイトには固定的にUPされますから、それなりに納得のいく形にならないとUPできないのですよね^^
yuki4
別窓 | 「古代進」サイトについて | コメント:0 |
集英社文庫コバルトシリーズ! 「新たなる旅立ち」「完結編 上・下」
今日は、最近行っていなかったBOOKOFFに久しぶりに立ち寄ってみまして、しかも、たまに気が向いたときにしか訪れない文庫の書棚に行ってみましたら、なんと!・・「ヤマト」の文字が!!
しかも、3冊もある!!
即、手にとったのは、言うまでもありません(笑)。
もう・・胸が高鳴る、とはまさにこのことです。
まったく大げさな表現でもなんでもなく・・本当に、手が震えました^^

まず、BOOKOFFといえば、品ぞろえは比較的新しい本が中心、という印象がありましたし、ヤマト関連の本が見つかったことは一度もなかったですから、こんなに古い本があった!という驚きがいちばんでしたが、これまでの積もり積もった思い、が、今回の感動につながっています^^

集英社コバルトシリーズは、たしか子供のころ、買っていました。
記憶にはっきりないのですが、せいぜい「さらば」までだったと思います。
当時は、「映像作品そのもの、そのまま」が好きでしたから、いろいろと本編と違う部分がまざっているとイメージが狂ってしまいそう、と感じる潔癖なところもありましたので(^^;)、その後は買わなかったような気がします。しかも、当時は「さらば」至上主義的な思いもありましたから・・とはいえ、「宇宙戦艦ヤマトに恋した日々」をご覧いただければわかりますが、「永遠に」などにはけっこう思い入れありましたけれど(^^;)。

話がそれましたが、要は、今回遭遇した「新たなる旅立ち」「完結編 上・下」は、おそらく、未読だと思われます。ですので、もう本当に、うれしくてしかたありません(涙・・の想い^^)。
近年、サイトをご覧いただいた、とあるご縁のある方が(間接的な知人にあたりますが)、ご厚意からコバルトシリーズ「宇宙戦艦ヤマト」「さらば宇宙戦艦ヤマト」を送ってくださって(その時はもう感激の涙!・・その時の思いはブログに書きました^^)、そのころから、他の作品も読みたい気持ちが高まりまして、ずっとネットでも探していたのでした。でも先の記事のようにカード払いは踏み出せない人間ですので、なかなか難しくて・・(^^;)。
これまで、いろいろ古書店を訪れた時には、チェックしていましたが、文庫はほとんど目にすることはなく(唯一、神保町で『アニメージュ文庫 完結編(下)』に遭遇したことはありましたが)、望みなし、と思っていたので、今日の喜びといったら、言葉に表現できません!

これから読むのがとても楽しみです^^
デアゴヤマト熟読や、サイトの更新作業、イラストも途中なので、いろいろやることはあるのですが、こうした楽しみが次々控えている・・というのは、これまでヤマトの話題作りに苦心していたころを思うと、夢みたいですね。
感謝のきもちでいっぱいです(これは、本と出会えたことの感謝もありますが、古いのにとてもきれいに保存されていましたので、長年大切に保管してくださった上に手放してくれた方にも感謝しているのです^^)。
毎日の生活の励みになりますね^^
koyuki4
別窓 | ヤマト関連書籍・雑誌 | コメント:0 |
やはりオープンスペースで・・かな。
昨日、「ミクシを改めて検討してみたい」と書きましたが、登録時に個人情報が必要なようでしたね。・・オープンにならないとしても、慎重派の私としましては、私的に使用している個人情報(あくまで私の個人的な感覚ですが、携帯情報は、ごく私的な部分に感じられてしまうので)をPCからネットを介して入力することに、どうしても、抵抗がありましたこともあって、過日は最終的に入会を見合わせたことを思い出しました。
かなり浸透し、私も利用しているネット通販においても、カード払いをしたくなくて、かならず代引きにしていますので・・すみません(^^;)・・やはり私にはミクシは難しい。

もちろん、たくさんの方が集い、活動されている場ですので、フィットする方は大いに楽しんでいただきたいですよね。ヤマト関連の情報がミクシ上で活発にとびかっているさまが目に浮かび、私は気持ちの上では、参加できないのがとても残念なのです!・・が(システム変更などがあれば再検討の余地はありますが)、オープンスペースの空間で、今後も旅を続けることになりそうです。
こんな私ですが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします^^
sta025
別窓 | 「古代進」サイトについて | コメント:0 |
| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | NEXT