心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
旅行
明日早朝から旅行ですので、もうすぐ寝ます(本当はネットを漂っていたいのですが^^;)。旅行といっても、両実家一緒なので、おつとめのようなものです(笑)。
でもうまく気分転換したいですね^^
おやすみなさい。
yuki4
別窓 | このヤマトブログについて | コメント:0 |
「アリス・イン・ワンダーランド」
私自身のごほうびに・・と言いますか、また心身休めたい思いもあって、お昼に子供たちが下校するまでのわずかな時間、映画館へ飛び込みました。
映画「アリス・イン・ワンダーランド」は少し気になる映画でしたが、なかなか行ける上映時間がなくて、今日しかない!と思って。

原作「不思議の国のアリス」の世界は、昔から親しみがあり、興味がありましたが、ティム・バートン監督、ジョニー・デップのビジュアル世界を予告等で垣間見たとき、あまりにポップでヴィヴィットな印象だったので、クラシカルなイメージを抱いていた私には若干不安な思いもありました。
時間の制約から、吹替えで見ましたが、それがかえってよかったのかもしれません。映像に集中できたので。

映像センスがすばらしい!・・とわれながら驚きの感想です^^
色使いやファッションセンスが飛んでいる(?)と思っていたのですが、かえって登場人物たちの個性がきわだち、でも、全体が調和して、背景美術など全体と融合した映像に芸術性も感じられ、不思議な魅力を感じつつ、ひきこまれていきました。
原作と登場人物はおなじものの、設定が異なるためにまったく別の作品として、その世界がしっかり築かれていることもあり、お話も楽しめました(若干、つかれもあってか、寝てしまったのですが・・もったいない^^;)。
見終わった後、私にしては珍しく(ヤマト以外では実に珍しいことです^^)、ショップでグッズを買いたい衝動にかられました。この映画のビジュアル的インパクトが非常に強かったので、手元に残しておきたくなったのですね・・パンフ、メモ、トランプを買いました^^

ただ、やはり、3Dはメガネがうっとおしいですね。
私は近視ですがメガネはうっとおしいので、日ごろコンタクト派なのですが、「リラックスして映画を見たい、浸りたい・・」という時に、ごついメガネをして見なければならないのは、かなりストレスがかかります(^^;)。座席の背もたれに頭をもたせかけゆったり見にくいので、非常に肩が凝りますし、メガネがフィットしないので、映像も安定しませんし(目も疲れやすい)、何より視野が狭くなるので、せっかく映画館という広い空間で見ているのに、スクリーンに向かっての広々とした開放感が味わえず、その点の快適性へ向けての改善が模索されるとよいですね。
今のところ、「映画は2Dであってほしい」というのが率直な思いです。


今日の映画を見て、ヤマトに話をもっていくとするならば・・

まず、原作あっての別設定の実写映画作品にも、すばらしい作品として完成される可能性を感じられて、「実写版ヤマト」への期待が、より高まりました^^
大々的に実写版の宣伝をされているので、きっといろいろなグッズも企画されていることでしょうけれど、そのあたりも楽しみですね。個人的に、ヤマトのトランプメモ、その他文具類の発売を期待しています^^(『アリス・イン・ワンダーランド』の商品展開の数はものすごく多いですね)
それから・・パチンコイベント「YAMATOEXPO '10~ヤマトより愛をこめて」3D体験して楽しめましたが、3Dは、やはりそうしたイベント的な短時間の楽しみ方がよいかな・・と、思いますね。映画としては、私はやはり2Dであってほしいです。じっくり浸りながら、作品のお話や映像を楽しみたいから(メガネストレスがなくなったら、考えも変わるかもしれませんけれど)。
それから余談ですが、吹替え声優さん、チェシャ猫は茶風林さんでした^^

では、もうすぐ子供が帰ってきますから、この辺で^^
yamatoG
別窓 | 全映像作品関連 | コメント:4 |
「復活篇DVD&BD」の楽しみ方
GWが明ければ、すでに「復活篇DVD&BD」発売まで一カ月を切りますね^^
本当に楽しみ。
通して見るのはもちろん、お気に入りシーンを何度も見てはセリフの確認をしたり、コマ送りしてじっくりと絵をながめては、新たな発見もできそうで楽しみです^^
 
プロモーションDVDの時は、コマ送りして、「かっこいい古代君」のお顔を発見しましたし(^^)、予告編等のTV映像でもコマ送りして新たな発見があったので、動きの美しさや表情のかっこよさを堪能できそうです。
以前にもサイト「古代進case study」「復活篇続編への期待」の表の中などで書きましたが、今回の復活篇の古代くんの手の動きがとても美しく(あんなに繊細だったかしら、と思われるほど:笑)、「うろたえるな!上条!!」のシーンでの上条を殴る古代のピンと張った指先の美しさが妙に印象的でした(・・・すみません、かなりマニアックな内容で^^;)。

映画館で最後に見てから、まだ約3カ月しかたっていないというのに、もう、遠い昔のようです・・。
DVD&BDで見たら、感動しますね、きっと。
かならず、私の中で、新たな刺激を受けるはず・・次への何らかの創作活動につながっていけると、うれしいですね^^
kodai15 miyuki
↑ひさしぶりにいろいろアイコン化して楽しみました^^
  もっと新たなチャレンジもしてみたいです。
別窓 | 映像作品(復活篇) | コメント:4 |
お誕生祝い
毎年この時期は、こどもたちの誕生日が近いので、二人分まとめてお誕生祝いをしています^^
写真は、おはずかしながら、手作りケーキです♪
最近はドタバタで体調も少々よくなかったので、直前まで、お店で買ってしまおうかしら(^^;)と思っていたのですが、やはり、こうしたものをいつまでも子供たちが喜んで食べてくれるかわかりませんから、できるうちに、と、ささやかですが。
朝からいろいろあって、ちょっと消沈・・でもみんな気を取り直して、なんとか夕食後のケーキにたどりつけました(^^;)。

「お店のケーキよりおいしい」
なにげない会話の中で発したこどものことばだったのですが、ふっと耳に飛び込んできて、おもいがけなくも、こころに「じん」ときてしまいました^^
たぶん、わたしひとり、ずっとそのことばを反芻していたと思います・・
それは決して、私が上手に作れたからうれしいというのではなく(だって、とってもお安い材料のお手軽なものを利用していたので^^;)、あまりにストレートに、率直に、その言葉が私の心にとびこんできたからでした。
ひごろ、家事をしていても「ありがとう」なんていわれたことはめったにないので、その言葉の「響き」が、うれしかったのかもしれません^^

こういう、日常の、ふつうの言葉を聞いて、私の中にさまざまな思いがあふれてくることにわれながら驚き、また、その言葉の響きから、ひとつの「ドラマ」さえイメージされて生まれてきそうな・・そのくらいの刺激も受けた、まれにみる体験でした(抽象的な表現ですみません^^;私の中の『感度』がかなり敏感になってきているのかもしれません・・それとも、単に疲れているのかしら^^;)。
ふだんはあわただしさのあまり、右から左に聞き流してしまうことも多いのですが、大切に耳を傾けていなければいけませんね。二度とない「今」というときを大切にしたいと思います^^

ヤマトとまったく関係ないお話ですみません。
でも、今日は、なんだかとても、心にしみましたので、書きとめておきたくなりました。
birthcake
別窓 | 未分類 | コメント:0 |
近況・・渇望の思い
禁断症状ともいうべきか・・と、久しぶりにここ1時間ほどはネットをさまよっています^^
心の中でヤマトを渇望しているのがわかります(^^;)。
やはり、ヤマト関連の世界に触れていると、どこかほっとするのですね。

ブログ記事に書きたいテーマはいろいろあるのですが、なかなか積読ヤマトの取り崩しも進まない状況にあり(^^;)、おちついて書けなくて。
コバルト小説デアゴヤマトは少しずつ消化しています^^
完結編豪華本も先日ようやく、ひさしぶりにながめ読みしまして、感慨深い思いをしたところです。
このあたりのこと、いずれ書きたいと思っているのですが・・。

さて、明日からGWでおやすみのかたもいらっしゃるのでしょうか。
主婦にとっては、とにかく「連休」となると、当分ひとりの時間がもてないこと必至。
それでも、隙間の時間を見つけて、「私とヤマトだけのひととき」をもてるようでありたいです^^
・・という間に、睡魔に襲われてきました。
では、おやすみなさい^^
kodai11.jpg

別窓 | このヤマトブログについて | コメント:0 |
「宇宙戦艦ヤマトに恋した日々」完結
さきほど、最後の2日分の日記をUPし、それぞれのコメントもUPしました。
これによりまして、これまでずいぶん長く更新し続けてまいりましたが、「宇宙戦艦ヤマトに恋した日々」(サイト『古代進case study』における『続ヤマトノート』)が、完結いたしました。
中高時代の日記ゆえに、とても稚拙な文章でおそれいりますが、私にとっては、意味のある「過去への旅」でした^^
最後までおつきあいいただきました方がいらっしゃいましたら、深く感謝いたします。
そして、ご覧になった方々に、もしも何らかのご参考になっていたとしたら幸いです。

最後のコメントにも書きましたが、これにて過去と現在がリンクしました。
次のステージへ向けて、新たな決意と思いをこめて、前進してまいりたいと思います。
先の記事にも書きましたが、更新やレスが遅れることもあるかもしれませんが、お時間のある時にでも、今後ともお立ち寄りいただけましたら幸いです。
kodai1062.jpg
別窓 | 「古代進」サイトについて | コメント:0 |
久しぶりに地上波民放ドラマ
海外ドラマ好きの私は、このところは「バトルスター・ギャラクティカ4」「ER14」「デスパレートな妻たち5」といったアメリカのドラマを見るのが中心で、日本のドラマはほとんど見ていなかったのですが、今期珍しく民放ドラマ枠でスタートした韓国ドラマ「IRIS」の第1回を見まして、これは少し見続けることになりそうです^^

韓国ドラマは、あの「冬のソナタ」でかつてはまりまして、以前、ヤマトの情報があまりない頃、あまりにはまってしまったので、サイトにもリンクさせページを作り、韓国ドラマを追っかけていたこともありまして、あのころが妙に懐かしくなってしまいました(^^;)。当時、いろいろ見ていたので、主役のイ・ビョンホン、キム・テヒさんはじめ、懐かしいお顔が出てきますと、もう少し見続けてみたい、と思えてきましたね。驚いたのは、キム・テヒさんのお声を黒木メイサさんが出されていたので、これまで黒木メイサさんのドラマを見たことがなかった私には、新たな出会いとなりました。いろいろなところでご活躍なのですね。

また、いよいよ放送開始日が5/10からに確定した木村拓哉さん主演のフジ月9ドラマ「月の恋人」も、ありますから、お二人のご活躍が、12月公開の「SPACE BATTLESHIP ヤマト」へ向けて、よい影響をもたらしてくれますこと、お祈りしたいですね。

今期は、久しぶりに、地上波民放ドラマを見続けることになりそうです^^
kodai9
別窓 | 映像作品(実写版) | コメント:0 |
「バンダイビジュアル Beat MAGAZINE 5 MAY」
数あるアニメDVD&BD発売情報がある中で、「バンダイビジュアル Beat MAGAZINE 5 MAY」(CD&DVD&BDショップにて配布)の表紙に、小さいながらも「宇宙戦艦ヤマト復活篇」のタイトルとヤマトの画像が載っていると、本当にうれしくなりますね。
「ファン待望の劇場用アニメーションが早くもリリース決定!」とあります^^

ページを繰ると、5ページに、上半分のスペース(前から数えると4作品目)に、「宇宙戦艦ヤマト復活篇BD&DVD&UMD」が掲載されています。
古代と美雪のお顔がしっかりやや大きめに、その他、波動砲や戦闘シーン、発進シーンの画像などがあります。
いよいよ、発売を実感できますね^^
楽しみです!
kodai13
別窓 | 映像作品(復活篇) | コメント:0 |
「ヤマト復活篇 オリジナル 日本手ぬぐい」
昨日、ヤマトクルーさまでの「ヤマト復活篇DVD&BD」予約のオリジナル特典のひとつにありました「ヤマト復活篇 オリジナル 日本手ぬぐい」が届き、ただいま、マイPCの上の方に飾ってあります^^
映画公開時にショップで売られていたヤマトのイラストの日本手ぬぐいは買わなかったのですが、この「メカのシルエットとYAMATO CREWの文字」が、スマートな印象で、とても気に入りました!
特典でいただくことになっても、何枚あってもうれしいです^^
今じっくり見て気がついたのですが、コスモパルサーもちゃんと小さく描かれていました。

最近、また車中で「復活篇サントラ(私的完璧編集版)」をよく聴いていますが、DVD&BD発売まで、もうあと1カ月半ほどなのですね。楽しみです^^
kodai14
別窓 | ヤマト関連グッズ | コメント:0 |
マイペース航行
今日はまた、関東は真冬並みの寒さとかなりの降りの雨でしたね。
昨日は夏の暑さだったのに。
雨のせいか、サイト・ブログともにたくさんのアクセスをいただいたようで、今日もありがとうございました^^

わたくしごとですが、今日は、私の人生における大きな節目の時でもあるような実感を得ました。
ヤマトへの情熱は、変わらずに私の心の中にありますし、ヤマトに関する新情報にはドキドキしますし、発売予定の書籍やDVD&BDやグッズには変わらずわくわくしています^^
昨年、「ヤマト復活篇」が劇場公開決定、と知ってからこれまでは、新ニュースを追いかけ追いかけ、サイトブログにてUPしてまいりましたが(遅れてのUPも多々ありましたが)、基本的には、「私のアンテナに引っかかった興味あるヤマト関連情報や感想、その他もろもろ」という視点で、更新してきました。

これからも、その視点でのUPは変わりませんが、若干、ペースダウンすることになりそうです。
現実生活において、私が私である限り優先的にやらねばならない事態、が生じたためです。
人生そのときそのときで、ここぞ、という「今」、力を注がなければならない状況があるものです。
3年半前の私を思い出すような、次のステージへ進まねばならない状況にまた・・とだけ、申しておきます^^

・・でも、私の中には、いつもヤマトがありますから、ご安心ください^^
こうは書いても、きもちがのれば以前と同じペースで書くかもしれませんし(^^;)・・ですが、確実に状況が変化した局面をむかえていますので、レスや記事UPが遅れることがあるかもしれませんので、その旨ご了承ください^^
マイペース航行・・あえてこのたび、タイトルにあげるまでもなく、これまでも、すでにそんな私であったかもしれませんけれど(苦笑)。
とにかく、私の心が動くとき・・書きたいときに、書くことにします^^
そのきもちは変わりません。

「コメント受付停止」や「更新停止」にはしたくない思いがあるので(ヤマトイヤーといわれるほどこんなにヤマト情報にあふれた心躍るときなのですから^^)、あえて、このように書くことにした次第です。
今後とも、お時間あるときにでもお立ち寄りいただけましたら幸いです^^
yuki4
別窓 | このヤマトブログについて | コメント:2 |
「第9地区」
昨日から、これまでの反動で、映画館に呼ばれているようです(^^;)。
時間のあるうちに、と、今日は時間的に都合のよい「第9地区」
SF映画で、アカデミー賞にノミネートされているとは珍しいと思って・・でも、PG12指定でしたので、覚悟はしていましたが。
きのうの「シャッターアイランド」では、最初アガサクリスティ原作映画に似た推理サスペンスかと思いきや、まったく違う映画として結末に着地しましたが、今日の映画も、共存か戦いか、というテーマかと思ったら、ベースにあるのは、「人間の自己中心的な欲やダークな部分の表現」ということでした・・私の印象ですが。サブキャラとして目立ったあの宇宙人の方が、よほど聡明な印象でしたね。映像の迫力やCGなどすごいですけれど、やはり残酷シーンには弱い私でした(^^;)。
最近描写が過激になっているのかな、と感じますが・・まあ、いろいろ刺激にはなります。

ちなみに、昨日今日、「ヤマトニュース」はまだまだおいてありました^^
近くの本屋さんをのぞいたら、デアゴヤマト・・やはり1冊しかなく・・売れているのかも^^
earth
別窓 | ヤマト関連グッズ | コメント:0 |
「週刊宇宙戦艦ヤマト オフィシャル・ファクトファイル」
このところ、予約している書店では、発売日なのに、店頭に数冊しか置いていません・・今日は、なんと1冊しかなく・・これは、売れている!と見てよいのでしょうか??

「週刊宇宙戦艦ヤマト オフィシャル・ファクトファイル」No.10、N0.11と、「名場面記録全集」「さらば」のエピソードが続いて掲載されています。これも魅力なのかしら(土方さんといえば、私は『さらば』の方が魅力的に刷り込まれていますから、楽しめました)。
表紙もヤマト、古代、と続き、目立ちますし^^

No.11では、「人物事典」に古代が2回目登場♪
「ヤマト2」の古代がとりあげられていますから、これは、各作品の古代を網羅していただけるのかしら、と思われて、これからが楽しみです(でも『さらば』はこのコーナーでは『異説』扱いですから、だめかもしれませんね)。
まだざっと見ただけですので、あとでじっくり楽しみたいと思います^^
hiji1.jpgkodai12.jpg
別窓 | ヤマト関連書籍・雑誌 | コメント:0 |
「シャッターアイランド」
ひさしぶりに映画館で映画「シャッターアイランド」を見ました^^
このところいろいろあって、現実世界とシャットアウトしたくなって・・と同時に、少し気になっていたディカプリオの映画、という興味もありまして、いつものごとく、何の予備知識もないままに、のぞみました。

スコセッシ監督、というのも見ようという動機づけになっていました。この監督によるならば、ディカプリオも軽い華やか雰囲気にはならないだろうな、と思ってはいたけれど、これほどリアルな表現による見ごたえのある作品とは思いませんでした。昔から人間のダークな部分も描かれる監督でしたものね。
内容は詳しく書けませんが、映画が始まる前に、わざわざ「この映画には謎解きヒントがいくつもあります」などの前ふりがあったせいか、映画がはじまってしばらくすると、おおよそ結末が見えてきてしまったのが残念だったかしら。
でも、想像以上にショッキングな映像もあるので(もともとホラー系映画苦手の私には厳しい場面もありました)、前ふりは、結末へ向けての展開へのこころがまえの助けにはなったかもしれませんね。
この映画を見た後で、なぜか、昔見たミッキーローク主演のとある映画を思い出しました・・ということだけ、書いておきましょう(そちらの結末は忘れてしまいましたが)。

ショッキングな映像がありましたが、全体的なお話の流れ(テーマ領域)は、私好みの内容、展開でした^^(かなりシビアで鋭い切り口の辛口映画ですが)
非常に抽象的な表現となり、失礼しました。
本当は具体的に感想を書きたくてたまらないのですけれど(^^;)。

今日久しぶりにシビアな大作を見ることができて、かなり充足感を味わっています。
また、映画を見たくなってきました^^
大スクリーン、音もよい環境のまっくらな中ですばらしい作品世界に浸れる楽しみが、映画にはあるのですよね。
ときどきまた、脱日常目的で、映画館に飛び込もうと思います。
flower1
別窓 | 未分類 | コメント:0 |
「週刊宇宙戦艦ヤマト オフィシャル・ファクトファイル」
子供が休みなので、今日はまったくPCに向かえませんでしたが、ここ数日「ヤマトニュース」のおかげでしょうか・・たくさんのアクセスをいただきまして、どうもありがとうございました^^

先日、ようやく少し目を通した「週刊宇宙戦艦ヤマト オフィシャル・ファクトファイル」No.9では、パート1第16話がとりあげられていましたが、「沖田艦長が、アナライザーのスカートめくりについてのユキの進言に当惑するばかり(中略)これ幸いに、ビーメラ星へユキを」という表現に、私が「当惑」した次第です(^^;)。当惑・・というよりも、「くせをなおさないほうが・・」という沖田艦長の意外な(おもしろみのある)一面が読みとれるエピソードだったと思うのですが(?)。

明日は、No.11の発売日ですね。古代が表紙で、楽しみです^^
kodai1
別窓 | ヤマト関連書籍・雑誌 | コメント:0 |
山寺宏一さん^^
つい先ほどTVで放送されていた映画「アイアムレジェンド」の主役ウィル・スミスさんの声を山寺宏一さんがあてられていて、楽しませていただきました^^
この作品は、映画館で以前見たことがあり、とてもショッキングな映像とお話なので、直後は少し引きずっていましたが、今日は気持ちに余裕をもって見ることができまして(山寺さんのお声に救われますし^^)、家族を思いやるシーンや人類救済のためにひとり戦い続ける男、「伝説」の人(どこかで聞き覚えがある:笑)としての主人公のいろいろな場面のお声を堪能することができました^^ 

シビアなエンディングは、SF映画(原作は小説)としては、ドラマティックな納得いく展開でありますが、「ヤマト復活篇」の古代においては、こんな結末にならないように(涙)、幸せになってほしい!・・と、結局、何を見ても最後にはヤマトにきもちがとんでいってしまいます。
またまた、復活篇続編への妄想がわきおこってきてしまいました(笑)。
yamatoG
別窓 | 映像作品(復活篇) | コメント:0 |
「バンダイビジュアル Beat MAGAZINE 4 APRIL」
「ヤマト復活篇」については、ドキドキしながらこの先の行方を見守っていきたいと思います^^

6/4に発売予定の「ヤマト復活篇DVD&BD」につきましては、CD&DVD&BDショップにおいてありましたチラシ広告のような「バンダイビジュアル Beat MAGAZINE 4 APRIL」(バンダイビジュアル株式会社)にも、「COMING SOON」のコーナーに文字だけですが掲載されていました。今回は画像が何もないので、次号には詳しく紹介されるとうれしいですね^^
ところで、今号に「初回予約締切日4/15」とありまして、なんことやら・・と、バンダイビジュアルサイトさまやアマゾンサイトさまを見てみましても、そうした表示がまったくありませんが、ヤマトクルーさまでは特典付きのDVD&BDの予約を4/15で締め切っていましたけれど、何か関係あるのかしら。どのような予約システムになっているのかしらね。
もう私は予約済みなので、あまり問題ないですが・・。
いずれにしましても、より多くの方の目に触れるように、発売情報をながしていただけるとうれしいですね^^

夏ごろ発売されるかも、といわれる「復活篇豪華本」も、とても気になりますね。
「復活篇完全版」といわれる再編集の道のりはまだ長いのかもしれませんが、「作画作業に3カ月ほど」と湖川友謙さまのブログにありましたので、ちょうど、夏にさしかかるころ・・。
以下は私の勝手な妄想ですが(笑)、DVD&BD(6月)→豪華本(夏)→完全版への道の具体化(秋冬?)??などと、ひそかに思い描いております^^(とすると、続編はもっと先なのかもしれませんね:涙)
とにかく、今年はヤマトイヤーといわれますし、ヤマト関連情報の動きには目が離せませんね。
(下の記事にコメントいただきました方々、レス少々遅れますがご容赦くださいませ^^・・この文章は、家事の合間の思いつきでUPしたものなので^^;)
kodai13
別窓 | 映像作品(復活篇) | コメント:8 |
「ヤマト復活篇」西崎版編集!?
「ヤマトニュース」ゲットよりも前の時点である、昨夜知った情報ですので、こちらを先にUPすべきでしたが、私の気持ちとしての「本命」はこちらなので、じっくり考えをまとめたくて、遅ればせながら今になってUPすることにしました。毎週金曜は、午後から夜まで外出のため、新情報発見が遅れ、コメントも遅れてしまうのです(涙)。

湖川友謙さんのブログにて、「ヤマト復活篇」「西崎版編集」の情報がありました^^
先日の情報の詳細続報でありまして、本当に、とてもうれしく、ドキドキわくわくしています。
あの「ヤマト復活篇」には、たくさんのカットがありましたが、それらの復活ばかりでなく、新カットも含めての、「西崎版編集」の総作監依頼が、湖川さんのもとへ西崎さんからあったということです。
水面下で動きがあったのですね。

この作業と「復活篇続編」との関連性はまったくわかりません・・どうなるのかしら。
いろいろなドラマが含められていくようですが、全体のお話の流れはかわらないのかしら?(地球が助かった、という現在のお話)
そして、続編はありうるのかしら?あるとしたらいつになるのかしら?
・・気になることがまたたくさん増えてしまいましたが、これもまたうれしい^^

せひとも、これらの内容での実際の映像化(『ヤマト復活篇完璧版』ともいうべき作品の完成)を、心よりお祈りしています。
もし完成されたら、サイト「古代進case study」の「復活篇」に関するページも、さらに手を加えていくことになりますね。楽しみがまたひとつ増えました^^
kodai14
別窓 | 映像作品(復活篇) | コメント:3 |
「ヤマトニュース SPRING&SUMMER 2010」感想^^
朝いち、雪の降る中、車を走らせた。
目指すは、「ヤマト復活篇」を連日見に行った、住まいの近くのTOHOシネマズ
ヤマト・・には、「寒」や「雪」のイメージがつきまとう、昨今である(笑)。
子供時代には、ヤマトといえば「暑い(熱い)」夏休みに公開されていたイメージが強かったのだが。

・・そういえば・・「SPACE BATTLESHIP ヤマト」も、また冬なのね。

フロントガラスに吹き寄せられた雪をワイパーで散らしつつ、さながら、アクエリアスの氷塊を発進する復活篇ヤマトのように、私もただひとつの思いに突き動かされるように、向かった。

・・大げさかしらね。

映画館の入口、エスカレーターをのぼる。
のぼりきったところに、元旦には「SPACE BATTLESHIP ヤマト」ポスターがあった。今日はない。
あれから4カ月半、いよいよ、その時が近づいた。
チラシとは少し離れた場所にあるラックに、それはあった。

・・「YAMATO NEW」の文字が大きく見える。胸は高鳴る^^

----------------------------------------------------------

新聞見開きくらいの大きさの二折をさらに1/4に折りたたんであるペーパー、といったらよいでしょうか。
少し多めにいただきました^^
閲覧用、保管用、その他念のために(何のためよ^^;・・とにかくうれしくて)。

お買い物のついででしたが、まだお店が開店していない時間だったので、近くのカフェでコーヒーを飲みながら閲覧^^
周りへの宣伝もかねて(?笑)。

まず、とても厚みのあるしっかりとした紙質で、美しい印刷によるヤマト、木村拓哉さん、その他出演者ご紹介(キャラ紹介もかねて)、撮影風景や映画のワンシーンをほうふつとさせてくれるような写真のいくつか・・
私の個人的な思いですが、かなり品よく仕上がっているような印象です^^

大きな誌面の表(表紙)に、まず元旦に配布開始されたチラシポスターのと同じと思われる「木村拓哉さんのお顔」
yanews1

そして、公式サイトの当初のTOPを飾っていたこのヤマトが裏(裏表紙)に、映画のINTRODUCTIONとともにあります。
ここには、「宇宙の歩き方」と題して、14万8000光年の説明も書かれています。
yanews2

中の見開きは、STORY出演者のご紹介(キャラの紹介もかねて)、MAKING OF YAMATOという記事で構成されています。
yanews3  yanews4
左上の写真は、元旦に配布されたチラシポスターのデザインと同じようですね。
興味深いのは、左下にあります戦艦の後ろ姿なのですが、これは「宇宙戦艦ゆきかぜ」とのことです。
出演者の方の写真や文章は、それはもう・・とても興味深くじっくりとながめさせていただきました^^
キャラについては既出情報のみですが、これまでCMなどで木村拓哉さんの赤↓ジャケットしかみていなかったので、他のクルーのデザインには、正直、感動しました^^
なかなか品よく、センスのよい印象を受けましたね・・全部着てみたいです(笑)冗談でなく、本当に^^
設定の異なる佐渡先生としての高島礼子さんの白衣もすてきで、清潔感ありとてもいいです^^

各キャラについては、木村拓哉さんの正面からの写真は、りりしくてすてきですね。古代進か・・というと、「木村拓哉さん」という印象の方が、今は強いですね。ですが、作品の中で、古代のセリフを発して演技された姿を見たら、また印象も変わると思います。そうなることを期待しています^^
黒木メイサさんのジャケットがステキですが、やはり「戦闘班」というのがどうもピンときません(^^;)。でも美しい方なので、どんな森雪になるのか、楽しみになりました^^
緒形直人さんは、どんなお姿になるか、全く想像がつかなかったのですが、この写真を拝見して、妙にしっくりくるので、うれしかったです。冷静で落ちついたしっかり者、という印象のある島君にフィットすると思いました。
西田敏行さんは、徳川さんのイメージでよいですね^^ 西田さんには、人間ドラマの感動的なシーンを演じていただけるとうれしいです。とても存在感のある演技をされる方ですから。
高島礼子さんは、さきほどの白衣の感想にあるような、清潔感と清楚な印象がよいですね。ただ・・アニメの佐渡先生とまったく違う設定なので、ヤマトの中でクルーたちとどのようなかかわりをもつのか、興味深いですね。想像もつきません。

堤真一さんは、とてもすてきな俳優さんですが、これまで古代守となかなか私の中でフィットしなかったのですが、この写真で少しイメージがわいてきましたね。かなり以前の民放ドラマで(タイトルを忘れてしまいましたが)、たしかパイロットのお話で、堤真一さんが先輩か上司で、木村拓哉さんが後輩か部下の役だったと思うのですが、お二人一緒の演技を見たことがありまして、また、ひさしぶりにお二人の演技が楽しめそうで、期待したいですね。
橋爪功さんの長官は、ぴったりでは^^
山崎努さんの沖田艦長は、貫録ありますね。厳しい中にも、どこか温かみある寛容な部分を感じさせてくれると、沖田艦長の懐の大きさをしみじみと味わえそうです。楽しみです^^
そして、最後に先送りしてきましたが(^^;)、なんといっても、柳葉敏郎さんの真田さん!
・・これはすごい!
この真田さんを見るためにだけでも、機会がもてる方には、ぜひ一度「ヤマトニュース」をご覧になっていただきたいですね^^ かなり気合が入っていらっしゃるようで、映画の中でどのように演じられるのか、とても楽しみです^^

設定がずいぶんアニメと異なりますが、子供のころからのアニメのヤマトファンである私でも、この「ヤマトニュース」を見て、喚起される思いがありました^^
刺激的であり、そして創造的・・新たなヤマトの世界が開かれるような、ゾクゾクとした期待感が高まってきました^^
単なるミーハー的な、コスプレ的な浅薄な印象はなく、地に足のついたおちつきを感じさせてくれるようです。
制作者さま等の真摯な姿勢が感じられるような誌面で、満足!
より多くの方々に手にとって見てもらいたいですね。
次号も期待しています!!
yamatoG
別窓 | 映像作品(実写版) | コメント:3 |
「ヤマトニュース」速報^^
朝いちで、雪降る中、車を走らせ、行ってきました映画館!
無事に「ヤマトニュース」手に入りました^^
とりいそぎご報告まで・・。
今日はこれから学校行事に参加のため、夜にでも詳細感想UPしたいと思います^^
ヤマト
別窓 | 映像作品(実写版) | コメント:2 |
「さらば」「永遠に」「ヤマト2」の雑誌コメント
今週は、新学期始まってから通常モードのフル回転の1週間。
明日も参観日なので、早朝からお弁当づくり・・いそがしすぎて、バテ気味です(^^;)。
子供の体調も少し気がかりなところがあって、あまり気を抜けませんが・・でも、「ヤマトニュースペーパー」は明日がんばってとりに行ってきます!何より私の活力になりますから^^

さて、昨日はヤマト関連本をざっとですが目通しできて、悦に入っておりました^^
神保町で見つけたいくつかの簡単な感想を。タイトル等は、サイトにリストUPするときに、詳細表示しますね。

「映画テレビマガジン さらば宇宙戦艦ヤマト」(秋田書店)
  これは、子供のころ、持っていたものでした! 
  それを手放してしまっていましたが、再び手にすることができて、感激ですね。
  今見ても、紙質、色調、ページデザイン、ピックアップ画像のセンスのよさを感じます^^
  うれしい♪

「ヤマトよ永遠に アニメセルコレクションPart5」(少年画報社)
  これは買うのに迷ったのですが、以前「さらば宇宙戦艦ヤマトアニメセルコレクション」
  中古で買っていたので、おおよそ見当がついていたのですが、No.5という点が、
  「どの程度の内容かしら・・」と気になりましたが、見ずして後悔するのも嫌なので、
  安価でしたから決断。
  思いのほか、ピックアップ画像(シーン)が、私のお気に入り場面ばかりでしたので、
  巨大な古代君の顔などながめられて、なかなかよかったです^^
  でも、お持ちの方がもしかして、上からなぞって絵を描かれたのかもしれなくて、
  絵具のような汚れがうっすら染みついてしまっていたのが、少々残念(^^;)。

「別冊てれびくん 宇宙戦艦ヤマト2」(小学館)
 「別冊てれびくん 宇宙戦艦ヤマト2<完結編>」(小学館)

  これまで、このシリーズのムックは見たことがなかったので、
  なかなか新鮮な思いで見ました^^
  とくに、「ヤマト2」の本はまったく持っていなかったので
  (当時『さらば』至上主義でしたので^^;)、全話ダイジェスト、
  声優さんのコメントなどは興味深かったですね。
  富山敬さんのコメントに、「さらば」の印象との違いなど書かれてあり、
  しみじみと読みました・・。
  
「ロマンアルバムDELUXE31 宇宙戦艦ヤマト2」(徳間書店)
  やはり情報の量、質ともに、充実しています!
  声優座談会やスタッフのヤマトへの思いが書いてありまして、
  とても興味深いです^^
  「宇宙戦艦ヤマト 豪華本」(私の持っている初バージョンの3冊セット)の
  広告があり、とても懐かしく、感慨深いものがありました。

いずれの雑誌においてもそうなのですが、掲載されている当時の広告がとても興味深くて、文具などは、「今なら全品買える!」と思ったり(笑)。
これらの本を見ていますと、「ヤマト復活篇」についても、手軽に楽しめる(経済的にも気分的にも)ムック類を発売してほしい、と改めて思いますね^^ もちろん、豪華本発売情報がみられるので、それはもう、とてもうれしいことでありますが。
この「ロマンアルバムDELUXE31 宇宙戦艦ヤマト2」は、「ヤマト2」が放送終了してから1年近くたってから発売されています。「新たなる旅立ち」も放送終了した後のようで、ずいぶん遅く発売されていることは驚きでした。ファンからの要望があったのかしらね・・とすれば、「ヤマト復活篇」についても、まだまだ期待をしていたいです^^

さて、その他、完結編ムックも手に入りましたが、これは、今読み中のコバルト文庫豪華本を見るときに一緒に見ようと思います♪
それにしても・・もっと時間がほしい!!
まだデアゴヤマト、先週今週分をあまり読めていません・・早く読みたい!
いましばらく「積読ヤマト」の日々は続きます(笑)。
yamato01
別窓 | ヤマト関連書籍・雑誌 | コメント:0 |
ほんの少し更新
真冬のような関東です(^^;)。寒いうえに雨。
今日は久しぶりに自宅でひとりで過ごせて、これまでのたまった雑務などをしています・・といっても、まずは私自身の春休みから引きずっていて疲れをいやすのも目的なのですが^^

そこで気分転換もかねて、サイト「古代進case study」をほんの少し更新しました^^
もう少し手を広げたかったのですが、今は精いっぱい、というところ。

では、これから、いっきにヤマトの世界へと没入!(笑)
kodai3
別窓 | 「古代進」サイトについて | コメント:0 |
「バトルスター・ギャラクティカ4」
なぜ、タイトルに「バトルスター・ギャラクティカ4」を大々的に書きましたかというと、先週「スーパー!ドラマTV」にて放送された第8話「離愁」を今日になってようやく見たのですが・・これが、実に、私の個人的な思いですが・・きもちが舞い上がってしまいましたためです(^^;)。
まだ日本で放送されはじめて間もないことや未見の方のために、詳しい内容は書けませんが、ひとことだけ・・(あくまでも私の個人的な思いですが)「艦長!かっこよすぎ」

こちらのお話はどのようになっていくのか・・なんとなく、私なりに展開を思い描いていますが、仮にそうだとしても、お話の内容は、「ヤマト復活篇」の世界とまったく違うのですが、この第8話の艦長にかかわるエピソードには、「ヤマト復活篇」古代が、ものすごく重なってしまうのですね(あくまでも私の個人的な思いですが、と強調しておきます^^;)。

勝手にひとりで盛り上がっておりましておそれいりますが、「ヤマト復活篇」続編があるならば、このあたりの展開が重ならないようにお願いしたいものです・・が、実に、「バトルスター・ギャラクティカ4」には、「やられた!(こんな展開を望んでいたのに)」という気分に陥っております(すみません、意味不明発言が続きまして^^;)。
・・ですが!
古代には、古代でなければ言えないセリフというものがあるはずですし、古代であるからこそ、ありうるお話の展開も考えられるわけで・・などと、そのあたり、かなり、妄想の世界へと飛んでいる私です(笑)。
「こんなセリフを言わせてみたい!」とか、「こんなシーンの古代を見てみたい!」という思いが、あふれてきてしまいまして、どうしましょう^^
こういうときは、とにかく「書き」ます!
根がアナログ人間ですから、文章を書くには、まずはノートにペンで、思いついたものを、思いきり!
書きながらきもちの解消をするしかないですね・・何かしらの形にできたらいいですが(かなりの妄想に走りそうなので、まずは水面下で行っています^^)。

早く、復活篇続編を見たいです!!
kodai14
別窓 | 映像作品(復活篇) | コメント:0 |
いろいろ偵察^^&応援
昨年の「ヤマト復活篇」公開前にいろいろとネットなどで情報収集をしたり、また実際に映画館に足を運んで、チラシポスターの設置状況を見に行っていたことが、懐かしく思い出されます^^
また・・同じような、わきあがる思いを感じはじめているこのごろです。


「ヤマト復活篇DVD&BD」予約注文申込用紙(過日ご紹介の住まいの近くの『新星堂』さまの専用短冊形用紙)は、その後、店頭では見かけなくなってしまいまして、はたして、すべてはけてしまったのか、別の新作受付のために交換されてしまったのか・・わかりませんが、店頭ではヤマトのDVD&BD発売情報がいまいち読みとれない状況にありそうです。これから各種DVD&BD情報誌などでも詳しくとりあげられていくと、うれしいですね^^

ひところより、TV番組のBGMでヤマトの音楽を耳にすることが増えていますし、「宇宙戦艦ヤマト」という言葉が「復活篇」公開前よりは、少しずつ人びとの中に思い起こされつつあるのでは、と思えていまして、これから「実写版」の宣伝も行われるでしょうから、いっそう、多くの方に思い起こされるよう期待しています^^
そして、そこからさらには、「新作(『復活篇』『実写版』その他も?)も見てみたい!」という動機を掘り起こすことが必要になってくるのでしょうね。その思いが芽生えると、次につながっていきますものね(『復活篇DVD&BD』を見てみよう、とか、『復活篇続編』はどうなるの?とか^^)。


今日は、朝いちで、お買い物ついでに、住まいの近くの映画館に偵察に行ってまいりました(笑)。
「ヤマト復活篇」を見に、12月に連日通った映画館で、懐かしさを覚えます。
17日から設置されると知って、気がせいてしまうのですよね^^
でもやはり、「復活篇」のチラシもルール通りにきっちりフライングなしで設置されていたので予想はついたのですが、「ヤマトニュース」はまだありませんでした。
もし、この「ヤマトニュース」が今後複数配布されるようなら、ネットや情報誌にひごろ触れることの少ない別の層の方々の目に触れる機会も多くなるので、新たな掘り起こしにもつながりそうですね^^
期待しています。

やはり、こまめに継続的に、いろいろなメディアを通して、ヤマト関連の情報は、流していかれるといいのでしょうね。
かつてのヤマトファン世代は、とにかく仕事に家庭にお忙しい方ばかりでしょうから、ひょっとして「復活篇」が公開されたことも知らない方もいらっしゃるかも・・DVD&BDや新作情報なども、継続的にちょこちょこと流れるとよいですね。
そういう意味では(以前も書きましたが)、デアゴヤマトは、毎週書店でおかれて「宇宙戦艦ヤマト」という文字が、人びとの目に触れられる絶好の広告にもなるわけですから、より良い効果につながるとよいですね^^
最近、本屋さんに行くと、かならず残数をチェックしていますが、私が予約した書店ではいつも早くなくなってしまっていますが、他の書店では残数多いところもありますね。仕入れと販売数によるのでしょうけれど、残っているのもまたラッキー(『ヤマト』を周知するための宣伝として)と思って、なるべく表紙がよく見えるように少しずらしておいてあげたりしています(笑)。


ヤマトイヤーとして、ヤマトに関して、これからどのように宣伝や企画等が展開されていくのか、とても興味深いですね。
せひとも次のヤマトの世界につながっていきますように、心よりお祈りしていますし、微力ながら、サイトブログを通して、私なりのヤマトへの思いを表現していきたいと思います^^
ヤマト
別窓 | 全映像作品関連 | コメント:2 |
映画館が呼んでいる^^
「ヤマト復活篇」を見て以来、何か映画を見ようかしら・・と思っても、なかなか足を運ぶきもちになれる作品がみつからなくて、結局、その後に見たのは「ゴールデンスランバー」と子供たちと行った「ドラえもん」のみ(^^;)。
そろそろ、また何か映画を見ようかな、と思っていたところ・・新情報!
「SPACE BATTLESHIP ヤマト」公式サイトTOPに、4/17(土)から全国の劇場で「劇場用ニュースペーパー『ヤマトニュース』」設置開始予定、とありました^^
見たい映画作品がほかに見つかりませんが、とにかく・・映画館へ行かなくては(笑)。
ヤマトが待ってるのですから^^
sbyamato
(注)これは、1/1に映画館で飾られたポスターです^^
   当ブログで、以前ご紹介しましたね。
別窓 | 映像作品(実写版) | コメント:2 |
とりあえず近況^^
この週末はめいっぱい外出しておりまして、ブログに書けませんでした。
アクセスいただきました方々、どうもありがとうございました^^

日ごろあわただしい生活をしていますが、ひさしぶりに土曜はTDL、
日曜は遅ればせながらのお花見をして、のんびり過ごすことができました^^ 
疲れましたが、それも、ここちよい疲れ、です。
時にはそんなことも必要。
とりあえず、元気でいますので^^
また、徐々に通常ペースに戻りたいと思います。
sakura
↑こちらは数年前の写真です^^
 きのうはそろそろ葉桜になりかけていました。
 今日の雨風で、関東の桜もおわりでしょうね。
別窓 | このヤマトブログについて | コメント:0 |
「復活篇DVD&BD」パッケージデザイン!
明日は早朝出発のために、そろそろ寝なければならない時間なのですが、これはどうしても今日のうちにUPしたいと思いまして(・・と書いている間に日付が変わってしまいましたが・・夕方外出がちなので、どうしてもその時間帯の更新情報UPには遅れをとってしまいます^^;)、とりいそぎ^^

「復活篇DVD&BD」のパッケージのデザインが、各所とりあつかいサイトの画像としてUPされていますね!
この、ドック内でヤマトが建設(改造?)されているシーン・・とても迫力あります^^
「臨場感あふれていまして、まるで、動画のように今にも画像のそこかしこで細かい動きがあり、建設中の音が聞こえてきそうな雰囲気を漂わせている」という印象を受けました^^(とても偉そうなことを書かせていただきまして、おそれおおいですが^^;)
映画のシーンにはない描写なので、「復活篇」という作品ができるまでの、スタッフの方々の裏の裏の作業や思いがこめられているような印象も受けますし、また、まさにその絵のものずばり・・「復活篇」で復活した新生ヤマトがどのように作られていったのか、を見る側に想像させてくれる(かきたててくれる)ようなデザインでもありますね^^

早くこの手にとり、見ることができるのを楽しみにしています!
kodai13
別窓 | ヤマト関連グッズ | コメント:2 |
続:久しぶりの神保町^^
先の記事の続きになりますが、久しぶりに訪れた神保町のいきつけの古書店には、本だけでなく、ちょっとした小物などもおいてありますが、これまであまりしっかりチェックしていなかった、レコードのコーナーを見てみましたら(最近、レコードプレーヤーを買って、デジタル化作業をしていることもあるので、ふと思い立ったのです^^)、ヤマトのレコードが、けっこうありました^^

音楽集が中心でしたが、その中に、「不滅の宇宙戦艦ヤマト ニュー・ディスコ・アレンジ」というレコードを発見^^
当時は、ヤマト関連のレコードが次から次へと発売されて、とても中高時代のおこづかいで、すべてを買うことはできませんでしたから(私は音楽集ドラマ編中心に買っていました^^)、このレコードはもっていませんし、存在していたかの記憶もあいまいなくらいです・・。
以前、ネットで見かけたときに「未CD化のレコード」だと記憶していたので、けっこうお安かったこともありまして、買ってみました^^ これから聴いてみるのが楽しみです!
時間があるときにでも、他のレコード同様に、デジタル化にもトライしたいと思います^^
yamatoG
別窓 | ヤマト音楽 | コメント:2 |
久しぶりの神保町^^
時々、ブログに書いてきましたが、神保町は20年ほど前から、とあるご縁のある場所だったのですが、古書めぐりをしはじめたのは、ごく最近のことです。とくに意識したわけでもないのですが、近年、縁あってご紹介いただいた眼科が神保町でしたので、通っているころにふと立ち寄ったのがきっかけで、いきつけの古書店が見つかり、以来、いきつけの本屋さんも少しずつ増えてきて、たまにふらりとのぞいては、ヤマト関連の本はないかしら・・と、めぐるのが楽しくなってきたのです^^(今ではその眼科も閉院してしまいましたが、古書店だけの目的で訪れています)

もともと本屋さんという場所が好きなもので、行くとじっくりながめてしまうため、時間に余裕のある時しか行けないので、今日は、もう数カ月ぶりくらいの、ひさしぶりの神保町でした。
お天気がよかったので、時間があれば、千鳥ガ淵まで桜を見に足をのばしたかったのですが、案の定、本屋さんでかなり時間を過ごすことになり(ひさしぶりでしたのでうれしくて^^;)、桜はとても残念でしたがあきらめました。

昨年、一時は、ヤマトの古本はかなり品薄状態が続いていたのですが、今日は、けっこうありましたので、ついつい、じっくり探してしまいまして(^^;)。
このところのしがらみから久しぶりに解放されて、未所有のヤマト本をあれこれと、まとめ買いしてきました^^ もちろん、手ごろな価格のものを選んで、あまり高値のものは手を出しませんでしたけれど(でも、心揺れそうな本もあったのです・・実は、まだ迷っています:笑)。今回、ヤマト2関連の本が多いかな(さらば、永遠に、完結編もありますが)・・私は子供時代は「さらば」至上主義的考えでしたので、ヤマト2関連のものには手を出さなかったのでは、と思います。すべて未見の本なので、楽しみです^^

今でも、復刻本などの情報がないですから、こうして、見られなかった古書を見るチャンスがもてるということはうれしいですね^^

さらに積読ヤマト本が増加してしまったので(笑)、ますます読む楽しみが増えて、うれしいです^^
いずれ、こちらで感想を書いたり、サイト「心に残るヤマト関連品」にリストUPしたいと思います。
kodai9
別窓 | ヤマト関連書籍・雑誌 | コメント:0 |
今朝の「ズームイン」
私は、本当に一瞬のタイミング悪くて(涙)見られなかったのですが、子供たちが今朝の日本TVの「ズームイン」放送時に「ヤマト!!野口さんがヤマトのTシャツ着てたよ!」と叫んでいました(笑)。山崎直子さんとの宇宙ステーション風景の写真がいろいろうつったようですが、子供の話では「野口さんのひとり姿でのTシャツ」のようなことを言っていましたが、定かではありません。
かなり前に、野口さんが他の宇宙飛行士の方と一緒にいるときにヤマトの赤矢印の半そでTシャツ姿でいた動画は、ネット上で見たことがありまして、そのときもうれしかったですが、今回もTVで流れるなんて、ほんとうにうれしいですね^^

野口さんの書かれた「オンリー・ワン」という本が文庫化されていまして、少し読んでみましたら、「宇宙戦艦ヤマト」「銀河鉄道999」がお好きだったことが載っていました^^ 
今、宇宙にいらして、そのヤマトのTシャツを身につけるくらい、野口さんのヤマトへの思いが感じられて、とても親しみがわいてきますね。

お二人とも、ご無事で地球に帰還されることをお祈りしています^^
yuki4kodai8
別窓 | ヤマト関連TV番組 | コメント:4 |
デアゴヤマトのこれから
無駄にブログの記事数ばかり増えても・・と思うのですが(笑)、こうして書き込むことで、ヤマトと戯れ、ヤマトの世界に漂っている気分を味わいたいのですよね^^ どうぞご容赦くださいませ^^
またまた今日もドタバタの一日で(すみません、ここ数日連日同じ描写となり^^;)、本の感想など詳しい内容をまだ書けないのですが、きもちはすでにヤマトの世界にワープしています^^

ようやく、今日一日が終わり、わたくしごとの世界のひとくぎりがつき、ほっとしています。
子供の学校で毎年恒例の「役員決め」がありました。いろいろ気遣いありますけれど、あれこれたくさんの方と話すうちに、なぜか今日はどこかしらそれを楽しめる自分がいまして、いやされましたね^^(ストレス発散!ふだん子供とばかり接していますと、ついつい小さな世界におさまり、息が詰まってきますものね^^;)

さて、「週刊宇宙戦艦ヤマトオフィシャル・ファクトファイル」も次号でN.10で、デアゴスティーニサイトの「最新号・バックナンバー」のコーナーには、N0.12までが紹介されていまして、まだまだ続く楽しみを感じています^^
古代やデスラーがまた登場する予定なので、今後はどんな絵がUPされるか楽しみ^^
個人的に興味深いのはNo.12「『ヤマトII総集編』と『ヤマト2総集編』」の記事です。「宇宙戦艦ヤマトに恋した日々」カテゴリの中でふれたことがありますが、中学当時は「さらば宇宙戦艦ヤマト」のことを「ヤマトII」と書いていたようなことがあり、「ヤマト2」と区別がつきにくいと思われた日記がいくつかありました。当時は、それが「真」だったかもしれませんが、今読み返すと、かなりわかりにくく、ブログUPはできるだけ当時の表記に従ったかと思います。ファクトファイルの記事を楽しみにしています。何か新たな発見があるかもしれませんので。

では今日もこれにて・・とにかく眠いです・・おやすみなさい^^
hiji1.jpg
別窓 | ヤマト関連書籍・雑誌 | コメント:0 |
| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | NEXT