心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
「ゆるぎない真実のあるところ 7&8」
さきほどサイト「古代進case study」を少し更新しました。
あいかわらず個人的な妄想世界ですが、ご興味ある方はどうぞごらんください(今回の展開は少々安易かもしれません^^;)。
サイトの「メッセージ」に今の思いを書きましたが、今後はなるべくさくさくとUPしてまいりたいと思います。
いろいろふつふつと新たな妄想がわきあがってきてしまっていますので、これはこれとして早々に。
kodai13
別窓 | 「古代進」サイトについて | コメント:0 |
ヤマトファンですか?
今日は、子供の小学校のPTA業務がありました。隔月にお会いする、いつも作業がご一緒のお母さまとは、4月に初対面だったものの、徐々にいろいろとお話しするようになり、同じ娘をもつ親として、私も日ごろのきもちをわかちあえそうで、とてもここちよいひとときを過ごせています。
それが、今日は、なんと・・?

文科省のヤマトのポスターに反応され、
「ヤマトね・・」と、笑顔で^^
「え?・・」と、私。
内心うれしかったのですが、私もいきなりのことで、どのようにあいづちをうったらよいかわからず
「今度やりますよね、ヤマト好きなんですか?」というのが精いっぱい。
「その(ヤマトの)世代よね」と、あいまいな返事が返ってきました。
「私も実は・・!」といいたかったのですが、突然のことで踏み込めず~(^^;)。
その後「あ、もしかしてキムタクファンですか?」というのが精いっぱい(笑)。
「いえいえ、タレントはあまり興味なくて・・他の知り合いのお母さんにはすごいSMAPファンがいるのよ」と。
「え~??それはどういう意味ですか??」と内心ドキドキ。
よほど、ヤマトクルーの携帯ストラップをお見せしようと思ったのですが、あまり急なのですもの・・カミングアウトには心の準備が必要ですし(^^;)。

もしも本当にヤマトファンでいらして、このブログをご覧になっていたら、びっくりされるでしょうね。
ここまでマニアックなヤマトファンサイトブログを運営しているのですものね(^^;)。
「下の子の担任の先生がガンダムファンで、ガンダム携帯ガンプラを学校に持ってきている、楽しい先生でとてもうれしい、と息子が話している」と私が話したので、もしかしてそのあたりの話が通じると思われて、ヤマトの話題をふってくれたのかしら??
次回の業務の時には、勇気をもって、私からヤマトのお話してみようかな^^
monkaposter
↑このポスターをきっかけに、もっとヤマトファンが見つかるとうれしいですね^^
別窓 | 映像作品(実写版) | コメント:0 |
「SMAP×SMAP」
土曜日に、今夜放送予定のフジ「SMAP×SMAP」特番の宣伝番組が放送されていました。私は部分的にしか目に入っていなかったので、実際に目撃したわけでなく確実なことは言えませんが、息子が「番組の間のCMのときに、ヤマト(『SPACE BATTLESHIP ヤマト』)の映画の予告をやっていたよ」というのです。
ネットやTVニュースではすでに予告編・特報の新映像が公開されていますが、まだTVCMとして私は見たことがないので、また息子(小3)の言葉なのでなんともいえませんが(息子にも公式サイト予告編・特報映像を見せていたので、確かかもしれません)、念のため、今夜の番組を録画予約しチェックしてみようと思います^^
もし、予告編CMが流れたらうれしいですよね。
いよいよ公開間近・・という気分も高まりますし。
sbyamato
別窓 | 映像作品(実写版) | コメント:5 |
ヤマトの浸透度?心境少し変化^^
今月もあっという間にあと数日で終わりですね。
残暑が厳しく長引いたせいか、9月を過ごした気がしなくて、今年の秋は短いのかしら。
今月は週末ごとに、子供の受験を見越しての学校見学や文化祭などあちこちめぐっていましたから、超あわただしく過ぎてしまいました(^^;)。でも、昨年は、新型インフルエンザでほぼ全滅(外部公開中止)だったので、有意義に過ごせてよかったです^^
来年度の受験なので、まだ年末公開の「SPACE BATTLESHIP ヤマト」は、余裕をもって見に行けそうなので幸いです。
ですが、さて、復活篇続編は、いつごろどのようになるのかしら・・まったくわかりませんね。
できるだけ、ヤマトを追いかけていきたいと思っていますが。

過日、娘のお友達が文科省ポスターを見ながら「ヤマト、迫力あるよね。見に行きたい」と言っていたそうです。女の子で珍しい、と思いましたら、ふだんからよく映画を見ているお友達だそうで、予告編か何か、TVで映像を見たのかもしれませんね(推測ですが)。ヤマトに興味をもつ女の子を知り、うれしくなってしまいました^^
小5の彼女、私がヤマトに出会ったころと重なります。
やはり最近の宣伝効果もあって、子供たちに徐々にヤマトが浸透しているのかもしれません。

先日、当ブログの記事分類整理をしながら感じたのですが、「復活篇」の宣伝は、初期に旧ヤマトファン向けのダイレクトプロモーションDVD送付があり、その後ネットを通しての宣伝が中心だった印象が強く(TV発表もありましたが)、関心のある層にピンポイントに行われたようですね。
一方、「SPACE BATTLESHIP ヤマト」の宣伝は、TV発表の他に、お正月に映画館でチラシ配布やポスター掲示、キティファンやSMAPファンへのアピール(前売り券特典)、子供へのアプローチ(雑誌掲載、文科省との企画)など、広範囲に展開されています。
「復活篇」のころは、ヤマトが映画として登場するには、かなりの長いブランクの期間がありましたから、まずは記憶の掘り起こしからしなければならなかったのでしょうから、仕方ないですね・・(気持ち的にはもう少し活発に宣伝してほしかったのですが^^)。

でも、とにかく、徐々に子供の間に浸透してきているようで、うれしいです^^
また、私自身にも少し変化がみられています。
これまで、ヤマトグッズを持っているのを他の人に見られることを躊躇していたところもあったのですが(私がヤマトファンと知っているのは身内の中でもごくわずか・・)、最近は、自然体でいこうかしら、と思いはじめています。デアゴヤマトのおかげもあるかもしれません・・徐々にヤマトが社会的に認知されてきますと、「隠れファンからの脱却、ふつうのファンでいていいのでは」という、妙な安心感や開放感も感じられてきまして^^ すでに、車のキーホルダー携帯ストラップは、ヤマトのものですが、「さりげなく身につけたい」という気分になってきています^^(まだ二世帯同居の義父母にカミングアウトするのは迷っているのですけれど:笑、でも訪問のあるたびに隠すのも面倒になってきていますしね^^;)
私が私であることにおいて、ヤマトの存在意味はきわめて大きいですから、「私自身をとりもどしたい!」という思いが強くなってきているのでしょうね。年を重ねて、人生も折り返しを過ぎているから余計に感じるのかもしれません(^^;お葬式でヤマトのBGMを流してもらおうかしら、なんてふと思ってみたり^^)。だから、これからは自然体で。
今日は個人的な話題を長々と書きまして、失礼いたしました。
yuki4
別窓 | 全映像作品関連 | コメント:0 |
「週刊宇宙戦艦ヤマト オフィシャル・ファクトファイル No.33」
とても涼しい関東の夜です^^本日は、台風が関東をかすめましたが、ほとんど影響もなく、今はとても静か。
頭もすっきりさえてきまして、ここちよいひとときを味わいつつ、なかなかゆっくり見られなかった「週刊宇宙戦艦ヤマト オフィシャル・ファクトファイル No.33」を手にとりました。

今号の表紙は、黒を基調としたロボットホースとマザー・シャルバートによって、シックな印象がかもしだされていますね。
マザー・シャルバートは、ヤマト作品における女神系キャラとしては、私にとっては「つかみどころのない」イメージでした。「さらば」のテレサや「完結編」のアクエリアスよりも神格化されたイメージで・・。おそらく(記憶が定かではありませんが)、ヤマト乗組員たちへの語りかけの場面がなかったせいかもしれませんね。ルダ王女はマザーになっても、それまでのエピソードからの親しみが引き継がれて、内面的な存在感(人格)を感じられましたけれど。
サイト「セリフ集」でも、ヤマトIIIの古代の心情が追いきれないジレンマに陥りましたので、私にとってヤマトIIIは少し扱いが難しい作品ですね(でもそろそろ早く仕上げなければ^^;)。最初の数話は、古代とユキがお話の前面に出てくるので、私もその世界に入り込みやすいのですが、艦長という立場上か古代はお話の奥に入ってしまいがちでしたから、少しさみしかったですね^^ それに、土門が時々古代に見えてしまっていたこともあり集中できず(なんとか制服の色で区別していましたが:苦笑)。
IIIといえば、今号の人物事典における山上一家の登場は、意外でしたね(笑)。これほどの重要人物だったのかしら、と(ゴルイと一緒なんて^^;)。でも、ある意味重要なエピソードに登場されていた、ともいえるかもしれません。トモ子さんには新しい命が宿り、その命は、人類の未来を切り開くべきヤマトにとって、大きな希望や励みになると同時に、第2の地球を探し出さねばならない重い責務を改めて認識することにもつながるわけでしょうから。
余談ですが、このエピソードのあと、ユキをのぞく女性乗組員が全員ヤマトを退艦することになりますが、ユキの「・・あたしはいやよ!・・」『古代進case study』『ユキのカウンセリングノート 第9話バーナード星の決闘』より)と古代君に訴えるシーンが妙に思い出されて、懐かしかったです^^(IIIには、時々こうした二人の間の深い思いが表現されている場面があるので、それはそれでとても魅力なのですよね^^)

話がかなりそれてしまいましたが、デアゴヤマト・・次号表紙は、美晴先生!
デアゴスティーニサイトさまのバックナンバーページには、最近、発売間近の号の表紙がなかなかUPされていないので、これは「発売日のお楽しみ」というサプライズの意味もこめられているのかもしれませんね。
それから、いくつかのミスの修正版が出るそうで、よかったです。No.32では、「シャルバート星」のページで、どうみてもこれは巨大戦艦ではないかしら・・と、見間違いかと思って何度も見つめてしまっていました(笑)。

でも、とにかく「毎週ヤマトの雑誌が発売される」という今の状況は、近年考えられないことでしたから、思いきり楽しみたいと思います^^この楽しみのおかげで、毎週、日々の生活をのりきれていますから。とてもありがたいことです^^
yuki7.jpg
別窓 | ヤマト関連書籍・雑誌 | コメント:2 |
「宇宙戦艦ヤマト 大クロニクル」
あえて、タイトルをつけてまで目立たせてUPしたくなかったのですが(先の記事『松本零士氏トーク&サイン会』に、さきほどイベント中止については『追記』の形で添えたのですが^^;)、なんと、この本の発売が延期、とのこと、今知りました。
GLiDE MEDIAサイトさまのNEWSによりますと、発売日未定のようです・・・。
早く発売されるといいですね。
kodai8
別窓 | ヤマト関連書籍・雑誌 | コメント:1 |
「DIME No.19」
すみません・・立読みでしたので、何月何日号か忘れてしまいましたが、最新号の「DIME No.19」にて、大人のおもちゃ特集ページに、大きくマジンガーZが掲載されていましたが、左下のすみの方に、11/30発売予定超合金魂宇宙戦艦ヤマトが写真とともに紹介されていました^^
もうとうにご存知の方も多いと思いますが、アマゾンサイトさまにある動画や仕様を見ましたら、なかなかかっこよさそう。効果音だけでなく、音楽も収録されているのもいいですね。
yamatoB
別窓 | ヤマト関連書籍・雑誌 | コメント:2 |
「ゆるぎない真実のあるところ 5&6」
さきほど、サイト「古代進case study」において、「ゆるぎない真実のあるところ」「5.大切なもののために~旅立ちの決意」「6.ヤマト再び~覚悟」を同時にUPしました^^
復活篇への思いをこめた、ささやかな拙文ですが、ご興味ある方はどうぞご覧ください。
kodai14
別窓 | 「古代進」サイトについて | コメント:0 |
「宇宙戦艦ヤマト 愛と勇気の金言集 やまとことば」
アマゾンさまで10/2発売予定「宇宙戦艦ヤマト 愛と勇気の金言集 やまとことば」の表紙の画像がUPされています^^
なかなか素敵な印象ですが、内容の仕上がり具合などはまだわかりません・・ひとつ気になるのが、紹介文で「男の人生にエネルギーを注入する・・」「大人の男のための本」・・私はいったい(^^;)。
でも、パート1から完結編の中から厳選、「敵味方さまざまなキャラクターのセリフと豊富な場面写真でつづる」とありますので、期待しています^^
koyuki1.jpg
別窓 | ヤマト関連書籍・雑誌 | コメント:0 |
「SPACE BATTLESHIP ヤマト」公式サイト更新!
「SPACE BATTLESHIP ヤマト」公式サイト、今朝はまだ更新されていなかったと思うので、お昼ころ更新されたようです^^
カウントダウン、「必ず、生きて還る。」の文字が、公開前のドキドキわくわくした思いをかきたててくれます。TOP木村拓哉さんとヤマトのデザインもカッコイイ! 金色のロゴもよいですね^^
TOP下の方のバナーに、近々英語バージョンが公開されそうなので、海外も視野に入れられているのですね。

INTROSTORY、CASTは、新たな情報はなさそうですが、アマゾンでの10/6発売予定の小説の紹介文に「14億光年」とありまして驚きましたが、やはり14万8千光年でよかったようです(笑)。
NEWSは、ブログ形式で「YAMATO NEWS」のタイトルで展開されるようで、楽しみです^^(下の方にあるいくつかのバナー広告がまだ白黒状態ですが、かなり気になります^^)
MOVIEがさきほどまで、NEWSと同じリンクになっていたようですが、今、予告編特報が見られるようになったようです。

公開がとても楽しみです!
ただ、初日の12/1は、子供の学校の下校が早く、お昼過ぎにはすぐ帰ってきてしまうのです(涙)。ぜひ、朝早くから公開していただけると、とてもうれしいのですが。
yanews1

(追記 2010.09.24/0:30)
CASTを注意してみていませんでした(^^;)。
登場人物をクリックしますと、簡単な設定が明記されていました。
ネタばれになりますので、ここでは控えますが、アニメとは微妙に異なりますね・・
それに、あの「冥王星決戦」が**?・・その設定は私はどこかで見かけたことがあります・・確認しないと定かではありませんが。とすれば、ストーリーは・・と、妄想が広がってしまいますね(^^;)。
小説本を予約済みですが、映画を見るまで封印しようかしら、と迷っています^^
別窓 | 映像作品(実写版) | コメント:2 |
「映像作品」カテゴリ分類修正ほぼ終了^^
サイドバーにあります、当ブログ「映像作品」カテゴリの記事が増えてまいりましたので、数日前から分類修正をしておりましたが、ほぼ作業が終了しました^^
 「映像作品(旧TV,劇場版)」
 「映像作品(復活篇)」
 「映像作品(SPACE BATTLESHIP ヤマト)」
 「全映像作品関連」

です。
こうしてみますと、「復活篇」の記事が異常に多いですね(^^;)。それだけ私にとって、ヤマト復活が、とても大きな影響力をもっていたことがよくわかりますね^^
最後の「全映像作品関連」は、新旧すべての作品にまたがっていたり、「復活篇」「SPACE BATTLESHIP ヤマト」にまたがっているために、上の3分類に分けられないものなどです。
これからも、読みやすいブログを目指して、日々精進してまいりたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします^^
tere1
別窓 | このヤマトブログについて | コメント:0 |
久しぶりに「復活篇DVD」
今夜はひとりの時間がじゅうぶんもてたので、ひさしぶりに「復活篇DVD」をとりだしました^^
BGVのように気軽に流したいときは、BDでなくDVDの方にしています・・が、結局、映像を流しっぱなしで何かほかのことをするのは無理でした(^^;)。
見てしまうのです・・じっくりと(笑)。
ひさしぶりに古代君に会えて、その顔をじっとみては、私が今UPしている復活篇続編妄想的メモ的シナリオと私の中の復活篇古代くんにずれはないかしら・・と、確認もしてみたり^^
やはり、山寺宏一さんのお声で、本当によかった・・としみじみ思ったり。

公開前、公開後も、いろいろと言われた作品ですけれど、やはり、こうしてヤマトを復活してくれて、本当に感謝しています^^
完結編でなくなってしまったヤマトが再び生まれた・・それはこれまで私の心の中にだけ旅を続けていたヤマトと古代に命を吹き込んでくれたようです。
今、リアルタイムでヤマトが飛ぶ、戦う・・それが私の心の奥底に活力を生まれさせてくれます。次へと進む勇気を奮い起してくれます。
今、リアルタイムで登場人物たちが生きている・・それだけで、そこに生まれうるドラマを想像する楽しみを与えてくれます。さらなる新たなドラマの可能性、ヤマトの世界の広がりを予感させてくれます。
続編等について、おおやけに情報公開があるまでは、想像をめぐらし、まだまだいろいろ楽しめそうです^^
注:制作者とはまったく関係ありませんので、あくまでも推測です。ご注意ください
kodai13
別窓 | 映像作品(復活篇) | コメント:0 |
「宇宙戦艦ヤマト大クロニクル」松本零士氏トーク&サイン会
GLiDE MEDIAサイトにて、「宇宙戦艦ヤマト大クロニクル」発売記念松本零士氏トーク&サイン会のおしらせがUPされていました。
整理券配布日は都合が悪く行けないので、難しいかしら・・。
松本零士さんには、確か、以前、銀座山野楽器で開かれた、エターナルエディションCD発売記念サイン会にてお会いし、握手もさせていただいたことがありました。今回は残念ですが、本の発売を楽しみにしています^^
yuki4
(追記 2010.09.25/17:50)
リンク先に飛ぶとおわかりになると思いますが、このイベントは中止になりました。
ご注意ください^^
別窓 | ヤマト関連書籍・雑誌 | コメント:0 |
「ゆるぎない真実のあるところ 4. 3年前、美雪」
さきほどささやかですがサイト「古代進case study」を更新しました。
ご興味ある方はどうぞ^^
miyuki
別窓 | 「古代進」サイトについて | コメント:0 |
「ものまねグランプリ ザ・サバイバル」山寺宏一さん
子育てする前は、けっこう、ものまね番組を見るのが好きで、よく見ていましたが、最近、TVをあまり見なくなってしまっているためにどんな人のものまねなのかわからなくなってしまい、あまり見ていませんでした。
・・ですが、今夜放送していた日本TV「ものまねグランプリ ザ・サバイバル」を息子が見たがり、おまけに「山寺宏一がいた!」と見つけてくれまして(笑)、久しぶりに見ました。

山寺宏一さん、海外ドラマ中心に見ていた私がこれまた偶然、今年めずらしく見た日本のドラマ「月の恋人」木村拓哉さん主演)の主題歌「LA・LA・LA LOVESONG」久保田利伸さん)を熱唱!!
ドラマも見ていましたし、この曲もとても気に入っていましたし、何より、山寺さんのとても上手な歌に感動^^
常にチャレンジされている姿、本当にすばらしい!
これからも、ますますのご活躍、応援しています!!

直接ヤマトとは関係ないお話ですが、なにより「復活篇」で古代君をよみがえらせてくれた山寺宏一さん、そして、「SPACE BATTLESHIP ヤマト」の古代役の木村拓哉さんが出演されたドラマの主題歌・・と、いずれも古代くんつながり、という不思議な縁を感じましたので、記録にとどめておきたいと思いました^^
kodai15
別窓 | ヤマト関連TV番組 | コメント:0 |
アクセス御礼^^メイン10万突破
さきほど当ブログ「カウンタ(メイン全数)」の数字が100040となっておりまして、10万を突破しました。ひとつの大きな区切りの数字を迎えて、おいでいただいているみなさまに、深く御礼申し上げます^^

これはページビューのカウンタでありますので、それだけ多くのページをご覧いただいてきた、ということ。とてもうれしくもあり、また一方で、多くの方々への影響もあると思うと、表現における責任ということも感じます。
できるだけ私のヤマトへの思いを的確に表現し、でも一方で、私的世界だけでなくできるだけみなさまと共感しうるテーマも模索したり、情報は情報源の確度を確かめつつできるだけ正確をこころがけ、より読みやすい記事アクセス・・などをモットーとしつつ、これからもよりよいブログを目指してまいりたいと思います^^
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
kodai8
別窓 | このヤマトブログについて | コメント:0 |
カテゴリの整理
昨年の「復活篇」公開前のころから、ヤマト関連の情報が急速に増え、それに伴いまして、当ブログの記事数もかなりの数にのぼってまいりました。
とくに「ヤマト映像作品」カテゴリには、旧作品、復活篇、実写版が混在している状態ですので、その記事のメインの内容(着地点)が
 「復活篇」
 「SPACE BATTLESHIP ヤマト」
 「かつてのTVシリーズ、劇場版」

のいずれかによりまして、3つのカテゴリに分けることにしました。
これより作業に入りますが、膨大なので作業に時間もかかります。今しばらくは、「ヤマト映像作品」カテゴリ内の分類が不十分となりますが、ご了承ください^^

なお、記事検索をされたい場合には、サイドバーに「最近の記事+コメント」、「カテゴリ」、「過去ログ」(全記事表示と月間アーカイブ)、「ブログ内検索」(キーワード入力し検索ボタンを押す)がありますので、いろいろと試してみてください。
yuki4
別窓 | このヤマトブログについて | コメント:0 |
「ゆるぎない真実のあるところ 3. 3年前、古代とユキ」
さきほど「古代進case study」を更新しました。
ご興味のある方は、どうぞご覧ください^^

しかし実に・・今日はとてもあわただしい一日でした。
現実生活もそうでしたが、ヤマト関連のできごとが山盛りで、PC上でも!(うれしい悲鳴^^)。
昨年の「復活篇」公開前のころから今まで感じてきている「こんなに書きたいことが多くて、追いつかないくらい!」・・なんて至福の思いは、数年前にはとても想像もできませんでしたね。
また、長い人生を過ごす中で、ふたたびTVや映画や雑誌でヤマトが登場し、かつて個人的にノートにメモしていたようなヤマトへの思い(=『ヤマトノート』『続ヤマトノート(=『宇宙戦艦ヤマトに恋した日々』カテゴリ)』)を、今やブログサイトという形でさらに増幅して公開しているなんて、不思議なことですし、また、そのめぐりあわせにとても感謝しています^^
yamato01
別窓 | 「古代進」サイトについて | コメント:0 |
「SPACE BATTLESHIP ヤマト」予告編、特報!
「SPACE BATTLESHIP ヤマト」公式サイトのTOPに、「MOVIE」として、予告編(1分40秒)、特報(34秒)がUPされました!(朝にはなかったのでお昼ころUP?)

やはり、昨夜見たTBSNスタでの新映像は、新しい予告編の映像だったのですね^^
すでにもう何回も見てしまいました・・セリフもしっかり聞きとれましたし、テロップには「愛する人を守るために」という言葉もありました。予告編を見る限り、ヤマトの精神が感じられ、熱いドラマも展開されそうで、どきどきしてきました^^
また、昨夜のNスタでは音楽があまりよく聞きとれなかったのですが、期待大!です。
これまで見た洋画や海外ドラマのSF大作のようなスケール感を感じさせてくれる予告編でした。
12/1の公開が、とても楽しみです^^
sbyamato
↑これは元旦に映画館で撮影しましたポスターです^^
別窓 | 映像作品(実写版) | コメント:1 |
「SPACE BATTLESHIP ヤマト」第2弾特典付き前売り券^^
朝8:30オープンとともに映画館売店にチケット購入者としては一番乗り。
無事に「SPACE BATTLESHIP ヤマト」第2弾特典付き前売り券を買えました。チケットは第1弾と同じ木村拓哉さんのもので、通し番号が続いており、今日は175と176(結局やはり2枚買いました^^)なので、第1弾でそれだけ売れていた、ということですね。クリアファイルもかわいらしくA5サイズ。最近、バッグにかさばらないようにA4サイズの用紙を半分に折って持ち歩くことも多いので、私にとってA5ファイルはそれなりに重宝するグッズです^^・・・でも、もったいなくて使えなさそう(^^;)。

売店に数人殺到していたので(スタッフの方も『一列にお並びください』と声かけしていました)、何かと思えばガンダムのフィギュア(プラモ?)がたくさん出ていまして、そのためだったようです。

その他、チラシのコーナーを見ましたが、ヤマトはみあたらなかったと思います・・たぶん。
とりいそぎご報告まで^^
yamatoG
別窓 | 映像作品(実写版) | コメント:2 |
「Nスタ エンタメホウリこみ!」(映像ネタばれあり)
明日(もう、今日ですね^^;)は、朝いちで映画館に「SPACE BATTLESHIP ヤマト」第2弾特典付き前売り券を買いに行く予定なのですが、念のために昨夜録画しておきましたTBS「Nスタ」を見ましたら・・! こんな時間なのに眠れません!!

やはり最新映像主題歌のニュースがエンタメのTOPに位置づけられ、じっくり見ることができました^^
じっくり・・といいましても、やはり全映像の一部のみのようでしたが。
以下に内容をメモしましたが、お知りになりたくない方は閲覧ご注意ください^^

-----------------------------
「主題歌とともに最新映像をどうぞ!」との言葉の後に流れた映像は、

赤い地球を発進するヤマト
地球を見る第一艦橋メンバー(青い色が少し見えたので、地球なのか、確定はできず^^;)
戦闘シーン
古代:暗闇の中のわずかな光でも・・(公開済みセリフ)
島が子供とモニターで対面
古代:地球に残してきた人々のために、全力でなしとげるんだ!
ヤマトの上からみた戦闘シーン
古代が敬礼(制服の上にグレーベストのような服を重ね着)
他のクルーたちの敬礼
沖田:生きて帰ってこい・・
古代とユキが抱き合い
古代:ありがとう
艦長席(?)の古代
ユキの声:古代さーん!
古代:波動砲発射!
発射口の青い光
波動エンジンの動き
発射後の光、命中(?)の爆発シーン
ブラックタイガー隊らしい制服のクルーが喜ぶシーン
古代、徳川の対話らしきシーン
ユキが下から見上げて笑う
古代の声(?):さよなら(?はっきり聞きとれませんが)
古代:撃て!
主砲発射シーン
徳川の血まみれシーン
敵の白兵戦(?)シーン(既に公開済み)
斉藤のうたれるシーン(既に公開済み)
--------------------------
その他、最初にダイジェスト的に流れた映像は
(注:紹介ナレーションの声がかぶり聞きとりにくく、セリフが正確でないかもしれません)、

ドメル艦(?設定不明)がヤマトの下部にて爆発するあたりのシーン(?)
古代が倒れているユキにむかって「ユキー!」(既に公開済み)
真田:早く行け!古代!
古代が沖田の家族写真を見ている(?)
佐渡(?)の声:大切な人を失ったのはあなただけでないのよ(?)
---------------------------

ほぼすべて一瞬で切り替わっていきますので、コマ送りしながらメモしましたが、不確定なものも多いので、ご参考までに^^
では、そろそろお休みなさい・・明日のために^^
oki2.jpg
別窓 | 映像作品(実写版) | コメント:1 |
「SPACE BATTLESHIP ヤマト」主題歌決定!
今朝、日本TV「ズームイン」でニュースが流れましたが、「SPACE BATTLESHIP ヤマト」の主題歌が決定しました!!
洋楽界では超有名、あのエアロスミスのボーカル、スティーヴン・タイラーの初ソロシングル、となるとこのこと。
公式サイトTOPにもバナー表示で公開されています^^(『LOVE LIVES』11/24リリース

80年代に私は洋楽をかなり聴いていましたが、エアロスミスは残念ながら詳しくありません・・けれど、聞けば思い出すかしら(^^;)・・映画「アルマゲドン」の歌は、とても印象的でよかったので、よく覚えていますが。
いずれにしましても、これまでのヤマトの音楽とは一線を画するものと思われますが、サウンドもかなり期待できそうですね。サントラの発売も楽しみになりました^^

ニュースではこれまで公開された以外の映像も流れていました。
予告編第2弾が近々あるのでしょうか??
そちらの方の展開も楽しみです^^
yanews1


(追記 2010.09.17/8:00 ニュース映像ネタばれあり )
運よくニュースを録画できたので見返してみましたが、戦闘シーンや古代が「ユキー!」と叫ぶシーンが少し追加、真田と斉藤が(敵地で?)乗りこむあたりの映像、波動砲発射のヤマトの姿・・などなど新たにあり、すべて一瞬なのでよくわかりませんが、映画を見るのが楽しみになりました^^
アニメとは別次元の映画として、とらえていますので、気楽に楽しみながら事前情報を受け入れている状況です^^ふだんは、映画を見る前に情報をシャットアウトしたい方なのですが(^^;)。
最後の方の
   「必ず、生きて還る」
   「地球を救うために」

の文字が印象的でした。
別窓 | 映像作品(実写版) | コメント:2 |
「レディス4」~ささきいさおさん
本日、TV東京「レディス4」に、ささきいさおさんと堀江美都子さんがご出演になりました。
お二人一緒、というのは珍しいことではありませんが、この番組でアニソンをテーマにされるとは、思ってもみませんでした(以前、たまに見たことのある番組でしたので)。しかも、お二人を前にした司会者の方々が、かなり盛り上がっていらっしゃって、意外(^^;)。

お二人の若いころの映像や、ご活躍のお話ももちろんとても楽しめましたが(アニソン以外でのプライベートな過ごされ方も垣間見られてよかったです^^)、一般の方への街頭インタビューが、とても興味深かったです^^
私たち世代やその上の世代の方々への好きな歌のインタビューでしたが、みなさんよくご存じで、とくにささきいさおさんについては「宇宙戦艦ヤマト」をあげる方が多く、うれしかったですね。

いつも私はネットでヤマトの話題を書いていますが、PCモニターの先のみなさまを拝見することはありませんから、実際にこのように生のお声を聞きますと、実感もわいてきますね・・これは、去年ありました宮川彬良さんの「交響組曲宇宙戦艦ヤマト」コンサートや、「復活篇」試写会で感じた思いに似ています。
「ともに在ること」の共有できる思いを、またいつかぜひ味わいたいものです。
これからもコンサート試写会等のイベントが開催されることを願っております^^

さて、話がそれましたが、番組の終わりの方で、ささきいさおさんの新曲「風の会話」を初めて聴くことができました。とても雄大なイメージのある歌に、ささきいさおさんのお声がぴったりで、とてもよかったです^^ 
すてなお声をいつまでも維持されていて、すばらしいですね。いつまでもお元気で、末永く歌い続けていただきたいと思いました。
もちろん、堀江美都子さんも♪(私のお気に入りの歌は『キャンディ・キャンディ』です^^)
sta2
別窓 | ヤマト関連TV番組 | コメント:0 |
80000アクセス御礼^^
サイト「古代進case sutdy」メインカウンタが、本日午後に80000を突破しました!
おいでいただきましたみなさまには、深く御礼申し上げます^^
キリ番をお踏みになった方は、次回のサイト更新時に、HNを掲載いたしますので、よろしければメールかコメントにてご連絡ください。
では今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます^^
kodai7
別窓 | 「古代進」サイトについて | コメント:0 |
ヤマトクルー「ギャラリー」
ヤマトクルーさまの「資料室」にて「復活篇ギャラリー」が設置されました^^
DVD&BDでは感じられない、静止画ならではの魅力をまた感じますね。
こうなりますと、10月発売予定「復活篇コンプリートボックス」にある豪華本が、さらに楽しみになりました^^
miyuki
別窓 | 映像作品(復活篇) | コメント:0 |
DVDレンタルランキング
「宇宙戦艦ヤマト復活篇DVD」セル版が発売されても、レンタルも好調のようですね。
DMM.comによりますと、アニメ・特撮ランキングに限定しますと(時期が明記されていませんが)、「週間では11位」「月間では9位」です。
ヤマトには、長年の根強いファンがいらっしゃることもありますが、今まで忘れていたけれど最近思い出されて浮上されたファンの方も多いのでは・・? ヤマトファンの土壌が、うまく掘り起こされ開拓されているようでしたら、うれしいですね^^(それにはデアゴヤマトも大いに貢献していると思われますが^^)
よくチェックするレンタル店では、2本中必ず1本は貸出中。ほとんどが2本とも貸出中のことが多いです^^
これからも見守っていきたいですね。
kodai13
なお、同じランキングつながりということで、余談ですが、当ブログ9/16 4:22現在FC2アクセスランキング「アニメ・コミック552位」「アニメ265位」(サイドバーに表示)となり、これまでの最高記録となりました!
これもみなさまのおかげです。ありがとうございました^^
別窓 | 映像作品(復活篇) | コメント:0 |
「月刊 コロコロコミック10月号」
息子の手を借りずとも、見本の雑誌を見てみましたが、見つからない・・!?
表紙をよくよく見ますと、「別冊コロコロコミック」とあります・・紛らわしい(^^;みなさまもお気をつけて)。
気をとりなおして、「月刊 コロコロコミック10月号」(小学館)を手にとり、しっかり、試写会情報が掲載されていることを確認してから、購入しました^^

内容については、こちらでお知らせしたいきもちはありますが、まだ発売直後ですので詳細をのせることは控えさせていただきます。
小学館サイトさまには試写会情報がUPされていないようですが、今回の試写会は「小学館雑誌連合試写会」と紹介されていますので、これはやはり、雑誌を購入した方へのプレゼント、という位置づけなのでしょうね。ヤマトパワーで売り上げが伸びれば、次の何らかの出版への足掛かりにもなるかも??・・とは私の勝手な想像ですが(注:私は小学館とまったく関係ありません)。

とりあえず、今から予定だけはあけておきます^^
11月最後の週末といえば、去年は、「復活篇」試写会がありました。当ブログをご覧になっていらした方はご存じと思いますが、子供の新型インフルエンザの予防注射の順番が舞い込んで、ひょっとしたら行けないかも・・というい事態に陥っていました。うまく乗り切れて試写会に行けましたが。去年は、インフルとの闘いの日々でしたが、今年はさて・・ぜひ行きたいものです^^
その前に、まずは当選しないとダメですね(^^;)。いつもくじ運がとても悪い私なので、難しいかも。「復活篇」の試写会は奇跡的な当選だったので、運を使い果たしているかもしれません(笑)。
kodai6
別窓 | 映像作品(実写版) | コメント:0 |
偵察^^
久しぶりに映画館に行ってみました。
18(土)「SPACE BATTLESHIP ヤマト」第2弾特典クリアファイル付き前売り券を買いに行きたいと思って、オープン時間を聞きがてら・・8:30とのこと、がんばって行ってこようと思います^^
ふとショーケースを見ますと、第1弾ストラップについての「特典終了」の文字が目に入りました。
順調なのかしら・・。

その後、ふだんあまり行かない本屋さんをのぞいてみますと、デアゴの最新号がたくさん置いてありまして、ファイル(二つ入り)も3セット、幅を利かせていました(笑)。
順調なのかしら・・。

そしてもう一つの目的の漫画コーナーにて、今日発売の「月間コロコロコミック」を手にとりますが、ひもで結ばれてチェックできません・・。
「東宝新作映画情報紹介メディア一覧」は、「復活篇」公開前のメディア情報を知るのに大変助かりましたが、そこで、この雑誌に「SPACE BATTLESHIP ヤマト」試写会情報掲載、と知り、購入しようか検討中でした。
別の本屋さんでは見本があり、ときどき息子がみていましたから、あとで再トライしようかしら・・迷っても結局買ってしまいそうですが(^^;)。
ヤマト
別窓 | 映像作品(実写版) | コメント:2 |
「SPACE BATTLESHIP ヤマト」(小学館文庫)
おどろきました。10/6発売だそうです・・。
「SPACE BATTLESHIP ヤマト」(小学館文庫)
少し微妙な思いがします(^^;)。
先の記事(デアゴ)コメントにも書きましたが、「ヤマトはアニメ!」という私個人的な思い入れがありますゆえ・・・なぜ「復活篇」の小説本は発売されなかったのか!と申し上げたいと思います・・(すみません、気持ちが高ぶってしまいました(^^;))。

「ヤマトのこれまでの世界を尊重してほしい」という思いがします。
つまり、「本来のヤマトの世界が、誤解されないようであってほしい」という思いです^^
この本と同時にかつてのヤマトの小説などをぜひ復刻していただきたいな、とも切に思いました。

余談ですが、すでにご存じの方も多いでしょうけれど、10/2「宇宙戦艦ヤマト 愛と勇気の金言集 ヤマトことば」(祥伝社)が発売されますが、かねてからセリフやことばに思い入れが強かったので当サイト「セリフ集」「ユキのカウンセリングノート」としてとりまとめてまいりました次第なので、この本の内容にとても興味がありますね。
・・こちらにも、少し微妙な思いがしますが。

いずれにせよ、微妙な思いを抱きながらも、どちらも読んでみたいと思っています^^
sta2
別窓 | ヤマト関連書籍・雑誌 | コメント:2 |
SMAPコンサート
今日からSMAPコンサートがありますね・・グッズ売り場がとても混雑しそうなので、ペア前売り券(ポストカード2枚付き)興味あるのですが、難しいかしら。販売開始時刻がお昼ごろなので、子供の下校時刻に間に合わないかも。
映画館で販売されるクリアファイル特典付き前売券に的を絞ろうかしら(^^;)。
kodai8
別窓 | 映像作品(実写版) | コメント:0 |
| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | NEXT