心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
TV番組いろいろ~その後
今日のTBSは朝からヤマト尽くしですね・・木村拓哉さんと黒木メイサさんが、「みのもんたの朝ズバ!」「ひるおび!」「Nスタ」に生出演!
それぞれ、映画情報、お二人のヤマトへの思いなど語られていました。
昨夜から今日にかけて見たものを以下に備忘記録として。

みのもんたの朝ズバ!木村拓哉さん、黒木メイサさん)
アナライザーの声が聞こえて、胸にグッときました^^アニメと同じですから・・。
ガミラス艦(?)のワープアウトシーン(?)や戦闘シーンで、今まで見たことのない映像。
映画が楽しみです。
その他、赤坂サカスに訪れたファンの方やささきいさおさんのお話、1978年の「さらば宇宙戦艦ヤマト」公開時の映像や、「永遠に」のクルーズの様子も流れました。ヤマトファンの方のお話もあり、身近に感じることができてよかったです^^
いろいろな角度からヤマトについて表現されていたのがGOOD!

ひるおび木村拓哉さん、黒木メイサさん)
上同様の映画情報やお話で、期待が高まります!

Nスタ木村拓哉さん、黒木メイサさん)
番組内CMでは、試写会を見たたくさんの方のコメント入り映画CM流れました。
短時間のご出演でしたが、映画情報の他に、みんなで最後に敬礼をしたのがよかったですね。

お願いランキング山崎貴監督木村拓哉さん)
楽しい企画の中でも、しっかりヤマトの魅力を紹介してくれてよかったです。
3夜連続のようなので(注:地域によるそうですが)、楽しみです^^

みんなのえいが
以前から、予告編をフルバージョンで流してくれるなど、先行して情報を伝えてくれていましたが、今回は、総まとめの「総力特集」でした。旧BGMをたくさん流してくれてうれしかったですね。
キャスト・スタッフのヤマト愛、として、いろいろな方のお話を、ヤマトの気になる疑問にせまってみたり、と、ただの映画紹介とは違った切り口で、楽しく見ることができました。
作品を見る前にあまり新映像を見たくなかったのですが、ヤマトのワープインの映像初めて目に入りました・・・スクリーンではどのように見えるのかしら。

SMAP×SMAP木村拓哉さん、黒木メイサさん、緒形直人さん、池内博之さん、高島礼子さん、マイコさん)
豪華なメンバーのトーク、楽しめました^^・・ですが、新映像が流れすぎ(?)か不明ですが、まだあまり見たくなかったので早送りしました(^^;)。つながった映像は、まずは映画館のスクリーンで見たいですから。
小道具の紹介、ささきいさおさん登場(ほんの少しでしたので、とても残念・・もう少しいてほしかったです。木村拓哉さんも指摘されていましたが)。

お茶の水博士SP木村拓哉さん、黒木メイサさん、高島礼子さん、マイコさん)
どれもそれぞれに楽しめる番組でしたが、私にとっては、この番組がイチオシ^^
とても楽しく、充実していました。
なにより、小学6年生に小学校特別試写会を実施して感想を話してもらう、という企画。とてもよかったです! 「次の世代の子供たちが、ヤマトをどのように感じ、とらえるのか」とても興味がありました。子供たちなりに、受けとめているのですね。私たちもそうでしたもの。その時の受けとめ方でいい。また少し大きくなったときに見返すと、また違った感じ方をするかもしれない・・そうして、自分自身をもみつめていけますから。子供たちの生の声を知ることができて、感動しました^^そして、安心もしました。
その他、サカスヤマト、アナライザー、登場人物のコスチュームを査定するコーナーも楽しめました^^
また、ヤマトファンにもスポットをあててくれて、ヤマトパーティーの様子が流れました。若干、お会いしたことのある方もうつっていらして、驚きましたが、うれしかったです・・私は参加したことはありませんが、身近に感じられる映像でした^^

先週土曜の放送でしたが、
世界ふしぎ発見木村拓哉さん、黒木メイサさん、緒形直人さん、マイコさん)
宇宙飛行士の野口さんもご出演で、宇宙をテーマに、楽しく見ることができました^^
野口さんのヤマトTシャツ姿もうつり、うれしいですね。

以上、ざっと見た感想ですが、こんなにTVでヤマトが取り上げられて、ほんとうにうれしかったです。
子供時代に戻った気分で見ました^^
明日の公開が、楽しみです。
今日、映画館に行きましたら、ちょうど、ヤマトのプラモが入荷したところのようで、まだ陳列はされていませんでした。どのくらいヤマトグッズが並んでいるか、も、とても楽しみです(何をいくつ購入するかすでに予定立て準備万端^^)。
yamato011p311
別窓 | 映像作品(実写版) | コメント:0 |
御礼^^アクセスランキング記録更新
サイドバーにありますアクセスランキングが、これまでの最高記録をさらに更新しました!
11/30/04:22現在、アニメ・コミック344位、アニメ184位でした。
おいでいただきましたみなさまには、深く御礼申し上げます^^

明日はいよいよ、映画「SPACE BATTLESHIP ヤマト」公開日。
いろいろ雑務はあるのですが、どうにもきもちが落ち着きません・・。
運転中に何か音楽でも、と思っても、あれこれ思いがめぐり、迷った末に、復活篇の音楽を聴いてみました。
すると、不思議なことに、妙に心が落ち着きましたね。
温かく包みこまれるかのような気分・・西崎義展氏の思い、ヤマトファンのために作られたという作品・・新旧交錯する音楽世界の中で、確かに復活していたヤマト・・だから落ち着くのかも。
そして、ここには、確かに、古代がいた。
kodai13
別窓 | このヤマトブログについて | コメント:0 |
映画サイトランキング
時々チェックしています映画サイトでのただいまのランキング。
シネマトゥデイ 2位!
映画.com    1位!!
勢いづいていますね^^
がんばれヤマト!
cinema8
別窓 | 映像作品(実写版) | コメント:0 |
初日座席確保^^~小休止(近況)
朝のポストでの驚き&喜びをじっくり味わう間もなく、朝一番に映画館のオープンとともに駆け込み、「SPACE BATTLESHIP ヤマト」初日の座席を確保しました^^(ネット予約は利用していませんので^^;)
もしも、たくさん並んでいたらどうしよう・・と思い、あせって行ったのですが、他に誰も並ぶ人なし。
月曜朝から映画館に来る人はあまりいないのかも?
売店にも、何もヤマトグッズはなし。
すこし、さみしい。
でも、12/4のことで胸がいっぱい。
今日発売のCGWORLDは少し遠い書店でないと扱っていないので、速攻で向かい、購入(表紙ヤマト、とてもかっこいい!)、あとは久しぶりにゆっくりとPCに向かいました。

少しほっとして、放心状態に陥りました・・。
そういえば、このところのヤマト関連情報の大放出に、追っかけも必死で(笑)、他のドラマや映画作品を見ることがめっきり少なくなっています。少し前に熱心に見はじめていた、あの海外ドラマ「ER XV」、最終回を迎えた「HEROESファイナルシーズン」も視聴中断中(^^;)。ただ、唯一、めずらしく日本のドラマ「セカンド・バージン」(NHK総合)には、実は水面下ではまっておりまして(^^;)、これだけは毎週欠かさずチェック中です。これは、なかなか・・です(ヤマトと関係ないのでここまで。ただ、ひとこと・・私にとってのセカンド**のターゲットは、もちろん復活篇ヤマトであり、復活篇古代君でしょうね*^^*)。
kodai15
別窓 | 映像作品(実写版) | コメント:0 |
「舞台挨拶つき上映(親子限定応募)」可能性が希望に変わったとき
いろいろな思いがめぐる中、今朝、ポストを見ましたら、
一通のはがきが舞い込んでいました。
目が釘付けに。
ヤマト・・

ヤマトっ!??
しばらく呆然・・胸は高鳴り・・

過日、最後の望みをかけて応募はがきを書いたものでした。
12/4 有楽町TOHOシネマズ日劇 
くじ運の悪い私が、もうダメ、とあきらめかけていたのに、
たったひとつの可能性が、希望に変わりました。
この日は、亡き父の誕生日。
なにかあるかも、と願かけのつもりで、私の心に秘めていました。

さきほど、サイト「古代進case study」「メッセージ」にて、
映画公開前の心境もあわせて書き、更新しました。
今日この日を迎えることができたこと、すべてのひとものできごとに、
感謝します。
tere1
別窓 | 映像作品(実写版) | コメント:3 |
「ズームイン!」木村拓哉さんインタビュー
朝早く、日本TV 「ズームイン!」にて、昨日赤坂サカスで開催されたカウントダウンイベントの様子が流れました。山崎監督、ささきいさおさん、アナライザー(はじめてはっきりと見ました^^)、シークレットゲストとしての木村拓哉さん。盛り上がりの空気が伝わってきましたね。

そしてついさきほど、7:42頃から10分ほど、映画紹介と、アニメの「宇宙戦艦ヤマト」の簡単な紹介(デアゴスティーニ『週刊宇宙戦艦ヤマト』の誌面使用)、木村拓哉さんのインタビューがありました。
木村拓哉さんのヤマト愛についてや柳葉さんとの秘話もありました。柳葉敏郎さんのヤマトへの熱い思いは、公式サイトTOPからリンクされている「テレビドガッチ」のインタビュー映像をとても楽しく拝見し、知っていましたけれど、木村拓哉さんのお話にありました「『古代に会わせてくれ』と頼まれた」というエピソードに、改めて感動しました^^

ズームインの方々も、ヤマトへの期待感をあらわして、楽しみにされているようなコメントがたくさんありましたが、他局なのに・・と思われましたが、もともと、「宇宙戦艦ヤマト」のアニメは、よみうりテレビ(関東では4チャンネル)で放送されていましたから、応援されているのかな、と、うれしくなりました^^
局を越えての応援・・それこそ、人びとの垣根を越えて助け合い地球を救う、というヤマトの精神に通じていくのものでは。
ヤマト
別窓 | 映像作品(実写版) | コメント:2 |
ファミリーマート「SPACE BATTLESHIP ヤマト」タイアップキャンペーン第2弾
ファミリーマートサイトさまにて情報UPされていますが、11/30~12/20まで、第2弾キャンペーンが実施されるようです。
今回はその場でのくじ引きでなく、応募の形をとるようですが、いずれにしましても、要は抽選・・くじ運の悪い私にはやはり不向きかと(^^;)。賞品は魅力的ですが。発売していただけるなら、クオカードなどは、即まとめ買いしますのに(笑)。
yamatoG
別窓 | 映像作品(実写版) | コメント:0 |
「古代進 WITH YAMATO CREW BLOG」
ここ数日、サイト「古代進case study」へのアクセス数が増し、検索ワードから、このブログがたちあがりそうなことの情報を得ていましたが、いよいよ、今日からスタートのようです。
木村拓哉さんご自身による「古代進 WITH YAMATO CREW BLOG」です。
勝手ながら、ブログタイトルに親しみを感じてしまっております(笑)。早くもコメントはものすごい数になっていますし、とにかく重たい・・アクセスが殺到しているのではないでしょうか^^
これから映画「SPACE BATTLESHIP ヤマト」の世界をリードされていかれることを願って、陰ながら応援しています!
kodai8
(追記2010.11.28/23:00)
あとで気づきましたが、このブログは、公式サイトTOPからリンクされています。
別窓 | 映像作品(実写版) | コメント:0 |
揺れる思い(少しネタばれあります:キャラの性格について)
赤坂サカスで、本日開催されたカウントダウンイベント公式サイトで以前応募しようか迷ってしまい、結局期限を忘れてしまい申し込めなかったのですが、とても盛り上がったようですね(TwitterヤマトクルーBBSより)。

もちろん、その盛況ぶりは、本当にうれしいことで、今後の展開にとても期待しているのですが、私個人的な内なる思いの中では、「今年の『SPACE BATTLESHIP ヤマト』には、完全に乗り遅れたかしら・・」という気分・・といいますか、だんだんヤマトファンから離れていってしまいそうな感覚に、ふと陥ることがあります。
それは、ヤマトを新たな旅立ちに「見送る」、ということについてまわる、仕方のない思いなのかもしれませんが。
今日は、どこか、もやもやとした思いにかられてしまいました。

「本当のヤマト」を、みんなに知ってほしいですね。
「原点にあるヤマト」を、まちがえずに、おさえてほしいですね。
登場人物の性格について、小説や事前情報で明らかになっている範囲で書きますが、アニメのパート1の人物を思い起して改めて考えてみると、
・・沖田艦長は、うそをつかない。100%信頼できる人物。・・私はそのようにとらえています。
・・森雪は、あんな言葉づかいなどしない。拳で殴ることなどしない。
・・古代進は、退役軍人になるほどに後ろ向きで、絶望していたか?・・なんとしても敵を倒そうとする固く強い意志のある熱い18歳の若者ではなかったか?

すみません。つい、これまでの小説や事前情報からひきずっていた思いの一部が噴出してしまいました。
なんとか、実写版の世界に追いつけるよう、納得できるように、解釈して努めてきました。
・・多くの人に支えられ、成功してほしい。でも、「本当のヤマト」も知ってほしい、世に語り継いでほしい・・
きもちが揺れています。
「本当のヤマト」って?・・たしかにそれもそうです。人それぞれのヤマトの世界があるのですものね。ひごろ、私自身がこの場でよく書いていたことでした。それもあり、これもあり、と・・あとは我が道を行くしかないのかしらね。

あと3日。
この、今の、しんどい思いから解き放たれますように・・。
こんなジレンマを抱えていたことがばかばかしく思えるほど、開眼される映画でありますように・・。
ご成功をお祈りしております。
koyuki4
別窓 | 映像作品(実写版) | コメント:0 |
続々・TV番組いろいろ
私の備忘記録としても、書いています。
11/27夜から28お昼ころにかけてのヤマト関連TV番組

「情報7daysニュースキャスター」
番組内のCMに、はじめてセコムとコラボのCM発見!以前、当ブログでいずれ展開される予定であることはお知らせしていましたが、いよいよ始まりましたか。
その他のCMは、映画CMWoooコラボCMでした。
ビートたけしさん登場場面で、上からヤマトの模型がおちてきました。
その後、いろいろなニュースの中で、12/1公開情報が流れ、お天気コーナーは、赤坂サカスから行われていました。

「エンプラ」
コンパクトに、完成披露試写会の様子や映画情報をまとめて流されました。

「SmaSTARION!」木村拓哉さん)
ハリウッドSF映画についての内容でしたが、番組最後に、映画情報と木村拓哉さんのお話がありました。

「ヤマトナビ」
数分のスポットですが、27夕方、28昼に、それぞれ「あと4日!」「あと3日!」という展開で流れました^^
このカウントダウンは、ヤマトの世界ならではですね^^
yamatoB
別窓 | 映像作品(実写版) | コメント:2 |
続・TV番組いろいろ&「SPACE BATTLESHIP ヤマト ナビ」
以前ですと、ヤマト関連番組についてコメントを書くとすると、ひとつの番組についてじっくりと大切に書き続けたころもあったのですが、このところは、あまりの番組の多さにまとめてUPしています。これは実に恵まれた贅沢な日々を送っているのだと思われますね・・ヤマトネタを「ピックアップ」(=他に切り捨てるヤマトネタがある)できるなんで、本当に贅沢(^^;)。

さて、今日のヤマト関連番組についてですが・・実に、濃い!内容です。
「スタジオパークからこんにちは」は、本来11/25に放送予定だったものなので、実質的には「アカデミーナイト」(昨夜の『僕らの音楽』の方かしら)からが、「SPACE BATTLESHIP ヤマト」の本格的映画情報公開番組スタート!というところでしょうか。
その番組以降、「ここまで事前公開して本当にいいのですか!?」と思えるほどの、情報量に驚かされました。

「スタジオパークからこんにちは」黒木メイサさん)
映画については、少しでしたが、紹介程度の映像とお話、演技についてもお話されていました。

「アカデミーナイト」黒木メイサさん)
インタビューを見まして、これまで木村拓哉さんの視点で雑誌等に書かれていた映画にまつわるお話と似たような内容であっても、新たな視点で、またヤマトを知らない世代の彼女の思いも語られていて、よかったです^^
完成披露試写会の映像では、これまで公開されていたもの以外のものも流れ、出演者の方それぞれのヤマトへの思いが伝わってきて、実によかったです^^
新映像がいろいろ出てきまして、また、スキャット(『無限に広がる大宇宙』?)も聞こえてきまして、音楽への期待も高まりました。


「SPACE BATTLESHIP ヤマトナビ」
リアルタイムで見ることができまして、感慨もひとしお。
息子も徐々に元気になり、一緒にTVの前に座り、じっくり見入りました。あれこれ、とわが家の中でヤマトの話ができるのは息子だけなので(他の家人は、私や息子と感性がまったく違うようで、作品への関心があまりないのですね・・私から見るとどうして惹かれないのかまったく理解できませんが^^;)

さて、当初、「設定が違う」と小説に拒否反応が出ていましたが、その後映像に触れるたびに、その違和感が徐々に払しょくされていくような気がしています(でも、やはり、私の中でのパート1の古代は18歳で、ユキは生活班・・というイメージは変わりませんが)。
洗練された精緻な映像や、ヤマトらしさが垣間見られる音楽にも、期待が高まってまいりました。
また、この番組内では、ずいぶんとたくさんの新映像が流れましたが、「公開前にこんなに映像を流してよいの!?公開後に公表されるようなメイキングシーンや撮影秘話まで・・そして、小説ではキーポイントとなるシーンの寸止め映像も多々あり・・」という印象でした。

これまで映画を見る前にできるだけ情報をインプットせずにのぞみたい、と作品に向き合ってきましたが、すでに小説を読んでしまっているので、もはやそれは無理・・ならば、むしろ、「小説がどのように映像化されているか(同じか違うか、文字と映像の表現の違いからどのような世界を感じられるか、など)」、や「アニメ版との違いや同じ点、その世界観について」などの視点で見るのも楽しいかも、と思っています。
いや、もしかしたら、そんな楽しみ方は二の次であって、これだけの断片的映像を事前に流されても、なお、大スクリーンで最初から最後まで通してお話の展開をじっくり追ってみたとき、実は私の想像をはるかに超えた何かに出会えるかもしれない、という期待も芽生えてきました(それこそが、映画の醍醐味、というものかもしれません)。
それだけ、刺激を受けるシーンやセリフや映像、音楽が、この作品にはちりばめられていそうな予感もしてきたのですよね・・この番組を見て。
はたして、何が見えてくるのでしょうか・・楽しみです^^
koyuki3
別窓 | 映像作品(実写版) | コメント:7 |
TV番組いろいろ&「僕らの音楽」
ここ数日の「SPACE BATTLESHIP ヤマト」関連のTV番組について、記録としてとどめておきます。

ファミリー劇場ヤマト一挙放送
11/23に、TV版パート1、劇場版宇宙戦艦ヤマト、さらば宇宙戦艦ヤマトが一挙放送されましたが、この最初に西崎義展氏へのご冥福をお祈りするメッセージが表示されました。
二つの映画の本編の前に、それぞれの予告編が流れました。今までも、劇場版を放送するときはながれていたのかしら。ふだんはDVDがあるので、予約録画していなくて気づきませんでしたが・・。
また、TV版パート1の合間には、「SPACE BATTLESHIP ヤマト」映画予告編・特報が流れました。

「Nスタ」
11/23の「Nスタ」におけるCMに、新たな映画CMが流れていました。試写会を見た方の感想が入っているCMです。ほんの一瞬なのですが、一般の方の声を聞けるのは興味深いですね。その他、Wooo×ヤマトCMも流れました。
11/25、26の「Nスタ」の森田さんの天気予報のコーナーでは、いずれも赤坂サカスヤマトの前からの放送。子供たちが戦闘服デザインの上着を着て、ときどきヤマトがうつりました^^・・・ライトアップヤマトをこの目で見たいものです・・。

「よゐこの無人島0円生活」(木村拓哉さん出演)
「とんねるずのみなさんのおかげでした」(黒木メイサさん出演)
いずれも、ゲストとして出演されて、映画のPR活動をされていましたね。映画の内容そのものについてのトークはありませんでした。でも、おふたりの、ふだんの魅力は楽しめました^^

「僕らの音楽」(木村拓哉さん×黒木メイサさん)
これは、ついさきほど放送されました(フジ23:30~58)。
これまでのTV番組とは異なり、お二人の、映画についてのかなり詳しいエピソードや思いや裏話が聞けて、かなり楽しめました(映像に期待しています^^)。映画を観る前にあまり情報をインプットしないようにしようと思ってきたのですが、もう・・ここまできたら、シャットアウトするのも難しいものですね。はじめてみる映像もけっこう多く流れてしまいまして、もはや映画を見てもあまり感動しないかも??(そんなことないかしら・・^^;)
番組の前半に映画の話題、後半にそれぞれの音楽活動について、最後にまたヤマトの映画の話題を少し、という構成でした。
うれしかったのは、映画の波動砲の話題に入る前に、「復活篇」のトランジッション波動砲のシーンが流れたことです。これまでのTV番組では、波動砲の紹介には、ほとんどパート1の映像が流れていたと思いますので、ヤマトの新作をもってこられたことは、新たな幕開けを予感させるようで、うれしかったです^^

これからまだまだたくさんのTV番組が放送予定にありますから、とても楽しみですね!
(情報は、YAMATO NEWS(公式サイトからリンク)や東宝サイトさまでとりまとめられています)
yamato011p3061
別窓 | 映像作品(実写版) | コメント:0 |
感涙!御礼^^
今朝は朝からまた息子が突然体調を崩し(先週のぶりかえしか不明ですが)、学校PTA業務もある中、あわただしく対応に追われまして、まったくPCにも向かえない状態でした。コメントをいただきました方々、レスが遅れまして申し訳ありません・・今しばらくお待ちくださいね。
明日は、息子と赤坂サカスヤマトを見に行こうと約束していたのですが、これまた小説本と同じく予定通りにはいかず、息子ともども残念でしかたありません。12/4までしか見られない、となると、次に行けるチャンスは4日のみ。なんとか、あの巨大なヤマトの実物を見せてあげたいものです。
こんな調子では、来週の「SPACE BATTLESHIP ヤマト」の初日も無事に映画館にいけるかしら・・と、弱気になり消沈してしまいました。

明日は、いよいよTBS「SPACE BATTLESHIP ヤマト ナビ」(12:30~14:00)が放送され、「世界ふしぎ発見!」木村拓哉さん・黒木メイサさん・緒形直人さんが出演され、もりあがってくるというのに・・でも、かえって家にとどまっているのも、リアルタイムでのぞめることにもなるので、いいように考えましょう。

そんな気分で、夕方に娘の習い事のついでに立ち寄ることのできた行きつけの書店では、いまだかつてない光景に目が釘付け!!
私にとっては、輝いて見えました・・ヤマト本コーナー
以前から、「SPACE BATTLESHIP ヤマト」小説本やこれまでのヤマト作品のコミック「宇宙戦艦ヤマト 愛と勇気の金言集 ヤマトことば」はおかれて、書店のスタッフによる直筆画のヤマトまで飾られていたのですが(ヤマトファンがいらっしゃるのかも^^)、今日は、新たに「宇宙戦艦ヤマトと70年代日本」((株)社会評論社)「松本零士 未来へ翔び立つ名言集」((株)竹書房)がならんでいるではありませんか!
後者は、すでにネット上で情報を得ていて、購入しようか迷っていたものです(ヤマトがどのくらいおさめられているか気になりまして、発売後に決めようと思っていました)。
前者は、まだ読んでいませんが、目次を見る限りでは、ヤマトに関する幅広い話題をまとめられているようで、とても読みごたえがありそうです^^
今度いつまた何があるかわからない・・そんな思いで毎日過ごしていますから、チャンス!と思ったときには、のがさず即行動!というのが、近年の私のポリシーでもありますから、ごっそり即買い(他の今日発売の雑誌なども数冊あわせて^^;)。

このヤマトコーナーを写真に撮りたいくらいでした(笑)。
消沈していた私の心は、いっきに浮上しまして、こんなに軽やかな気持ちになるなんて・・本当に、私にとって、ヤマトは、それだけのパワーがあるのです^^

ヤマトコーナーでの喜びは、それだけではありませんでした・・おとといには見られなかったもう一つの本、「SPACEBATTLESHIP ヤマト」(小学館ジュニアシネマ文庫)もおかれていました! これは、最初の大人向けの小説本よりもはるかに目立つデザインで、すぐ目にとまります^^ 木村拓哉さんのあのひとりのポスターのデザインが表紙になり、帯もついていますから。
アマゾンからすでに発送済みメールが届いていましたので、これは買わずに息子へのお土産話にしました^^

さて、もう一つの喜びは、「SPACE BATTLESHIP ヤマト」小説本の奥付(で正しい表現でしたかしら)を見ましたら、なんと!もう「第三刷」と!
うれしいですね・・まだ発売されて1カ月半くらいですが、しばらく見かけないと思ったら、増刷されていたのですね。

本好きの私には、これだけのヤマト関連の本や雑誌に囲まれ、まるで夢のようです。
書店での光景も、目に焼きつけてまいりました^^(心の中では、まさに、感涙!!
本当に・・今日は、かなりきもちが消沈していましたので、うれしくてしかたありません。
出版を実現してくださった多くの方々には、ただただ、感謝のきもちでいっぱいです。
まだ今後も近々発売予定の書籍や雑誌がいくつかありますし、楽しみはつきません。
これからもヤマト機運がますます盛り上がっていくことを、心からお祈りしております!
ヤマト
別窓 | ヤマト関連書籍・雑誌 | コメント:0 |
ランキング上昇中^^
「SPACE BATTLESHIP ヤマト」の音楽について、あまり触れていませんでしたが、
一昨日(11/23/20:26)と本日(11/25/22:52)のアマゾンベストセラーランキングを比較しますと、

「LOVE LIVES」
269位→152位↑
「SPACE BATTLESHIP ヤマト オリジナルサウンド・トラック」
418位→344位↑

先の記事で話題にしましたので、本も付記しますと、
「SPACE BATTLESHIP ヤマト」(小学館ジュニアシネマ文庫)
110421位→6766位↑
実写版と関係ありませんがご参考までに
「『宇宙戦艦ヤマト』大クロニクル」
1530位→504位↑

おもちゃ関係(超合金、1/500)も話題のようですね。
「超合金」?→162位
「1/500」41位→34位↑
数日前のTV「ズームイン」にて、超合金魂宇宙戦艦ヤマトが紹介されていました。
1/500宇宙戦艦ヤマトは、私も実は購入決断(メカグッズは、非常に珍しいですが^^;心ひかれるものありまして・・)。

いずれも軒並み上昇中^^(注:日によって上下の動きはあります)
まだまだこれからの動向に目が離せません。
yamato01
別窓 | 映像作品(実写版) | コメント:0 |
いつまでも忘れない
「SPACE BATTLESHIPヤマト」情報を追いかけながら、サイト「古代進case study」をいつ更新しようかしら、と考えていました。TOPにありますとおり、西崎義展氏の突然の訃報、それになかなか気持ちが落ち着きませんでしたが、お別れ会の日程がはっきりしたら、と思っていました。

小林誠氏の本日のブログにて「12/10」とのこと、これで宙ぶらりんでした気持ちも、少し地に足がついたようです。
当日午後ですと、やはり子供の世話がありますので、行くことはできませんが、遠く心よりご冥福をお祈りしております。そして、感謝のきもちをこめて、私なりに、氏をしのびつつ、過ごしたいと思います。
「DC版来春早い時点で」とあり、残された周りの方々のご尽力に感謝いたします。どのように仕上がるか、また、今後の「復活篇」にかかわる展開についても、今からとても楽しみにしています。

当サイトも、少しずつ前進したいと思います。
kodai14
別窓 | 「古代進」サイトについて | コメント:2 |
「スタジオパークからこんにちは」
今日のNHK総合「スタジオパークからこんにちは」黒木メイサさんがご出演予定でした。
27(土)の未明と午前中に延期するテロップが流れました。
とても楽しみにしていたのに・・残念です。
諸事情がおありなのかもしれませんが(これについてはこの場では触れません、ご協力を^^)、
ヤマトの映画のご成功を心よりお祈りしております。
映画公開まで、あと6日!!
tere1
別窓 | 映像作品(実写版) | コメント:2 |
その後の雑誌いくつか
今期、これほどTVガイド誌を購入している人はいないのでは?と思われるほど(笑)、私なりに心ひかれた雑誌は惜しみなく買ってしまっております(^^;)。子供のころは、したくてもできなかったですものね。

TV LIFE
木村拓哉さんインタビュー。
これまでの雑誌でも感じていましたが、ヤマトと向き合う姿勢に好感がもてますし、アニメ版も大切に思っていることが、うれしいですね。
この雑誌の一番の購入ポイントは、木村拓哉さんが、これまでとは違って(あまりこれまでもじっくり追ってきてはいませんでしたが日ごろの雰囲気とは異なる、という意味で)、私にとって「古代に一番近い、と感じられる表情の写真があった」ことです。これを見まして、映画の中でどのような表情で演じられているのか、じっくり見たいと思いました^^
また、買った後で気づきましたが、「各局バラエティが『ヤマト』木村拓哉一色に!!」と題され、今週末から1~2週間の出演予定が一覧表になっていますので、録画予約するのにとても助かります!(それにしても、すごい勢いですね^^)


月刊ザテレビジョン
木村拓哉さんインタビュー&映画情報。
インタビュー充実しており、キャラへの思い入れや考えを具体的に(他誌でも見られた内容もありますが)、ヤマトという作品について、今の時代だからこそ、のメッセージをきちんと伝えてくれていて、うれしいです。
映画情報の中で、今のところこの雑誌だけに掲載されている古代のとあるシーンの表情の写真にひかれたのも、購入ポイント。
また、買ってから気づきましたが、こちらではアナライザーの声が、他誌情報と異なります。どちらが本当なのでしょう??それとは異なる他誌では、こちらに書かれている方がナレーション、とありました。どうなのかしら。

フィギュア王
ふだん全く手にすることのない雑誌ですので、買おうか躊躇したのですが、山崎貴監督のインタビューが、実に濃くて、じっくり読みたくなりました。子供のころのヤマトとの思い出、今回のヤマト作品に対する思いやこだわりが、とてもよく伝わってきました。「さらば」について、の思いも・・。

このインタビューを読んでいましたら、今回の「SPACE BATTLESHIP ヤマト」を制作された方々の、それぞれのヤマトへの熱い思いのトーク集、といったものを読みたくなりました。今後、公開後に、なんらかのムックやオフィシャルガイドブックのような印刷物が出版されるのでは、と期待しているのですが、ぜひ、出演者やスタッフの方々のヤマトへの思いもおさめていただき、皆でともに「ヤマト愛」をわかちあいたい、と思いました^^
期待しています!
kodai9
別窓 | 映像作品(実写版) | コメント:2 |
「LOVE LIVES」
さきほど「SPACE BATTLESHIP ヤマト」の主題歌である「LOVE LIVES」(Steven Tyler)CDが届きました。
予告編などで一部を耳にしていましたが、改めて通して聴きますと、ドラマティックな展開とスケールの大きな奥行きの深さが感じられ、よいですね。
4種類のバージョンが収録されており、それぞれに趣が異なり、感動的(情熱的)、しみじみと、おだやかに、自由に想像をめぐらせながら、浸ることができました。
これらが映像とどのように一体となり、表現されるのか、楽しみです。

初日の映画館の開館時間、事前チケット交換についても確認し、準備万端。
あとは、その日を迎えるだけです。
earth
↑これは私の描いたものですが、CDジャケットのデザインも地球です。
別窓 | 映像作品(実写版) | コメント:0 |
日立カタログ Wooo!
昨夜、ヤマダ電機に寄ってみましたら、日立プラズマ/液晶テレビ総合カタログがおいてありまして、最新版(?)の2010/11-12の方の表紙に「Wooo×ヤマト」バナー仕様の広告、開いてページ1-2全面に、CMで流れている「SPACE BATTLESHIP ヤマト」のあのヤマトが地球、Woooとともにあります^^
もう、言葉にならないくらい、うれしいです^^
ついこの間まで・・2年前の今など、とてもこんな状況は想像できませんでしたから。
ヤマトがカタログの看板になるなんて^^/
・・ただ、その他、とくに数あるTV陳列品にヤマト関連の応援広告などは何もなく・・「ヤマト飾ればよいのに、ヤマトの映像流せばいいのに・・」と、ひとり胸の中でつぶやきながら立ち去りました(^^;)。
わが家は数年前にプラズマTVを購入していますから、買い換えは当分あり得ないのですが、何かヤマト関連の特典などあるのかしら・・気になりました。
tokyo
↑これは過日UPしました東京駅ですが、
  11/20毎日新聞TV欄の一番下に、帯広告が掲載されていまして、
  感動しました^^
別窓 | 映像作品(実写版) | コメント:2 |
上映時間わかりました^^
この30分ほど、当ブログ管理画面に入ろうとするとフリーズおこしてしまい、書きたいのになかなか書けず、とうとう日付が変わってしまいました(夜、混雑するのでしょうか??原因不明)。

さてようやく、住まいの近くのTOHO CINEMAS「SPACE BATTLESHIP ヤマト」上映時間がわかりました^^なんとか、午前中に見終えられるので、初日朝いち鑑賞を達成できるようにがんばります!!(映画の日なのでどの程度の混雑になるのか冷や冷やしていますが^^;)
それから、まずおどろきましたのは、他の人気作によく見られるように、二つのスペースを利用して1日9回も上映!!
しかも、そのスペースのひとつは、館内で一番多い席数の405席
すごいですね・・。
とてもうれしいです^^

・・が、少し複雑な思いも。
昨年の「復活篇」を思い出してしまいまして、切ない気分もしてしまいます。
でも!ここは、実写版ヤマトに巻き返しを図っていただいて、より多くの人に、ヤマトを思い出してもらいたいですね。
去年もそうでしたが、ただの、いちヤマトファンでありますが、まるで、我が子を入学式に学校に送り出すような気分です。どのように多くの方の中へ飛び出していくか、順調に飛んでいけるか・・ハラハラドキドキしますが、静かに見守ることしかできませんね。
公開まで、1週間を切りました。
ただただ、ご成功をお祈りするばかりです。
cinema8
別窓 | 映像作品(実写版) | コメント:0 |
小学館ジュニアシネマ文庫「SPACE BATTLESHIP ヤマト」
本日発売予定の小学館ジュニアシネマ文庫「SPACE BATTLESHIP ヤマト」ですが、複数の本屋さんに行ってみましたが、どこにもみあたりませんでした・・息子に買ってあげる約束をしていたのですが、どうしましょう(^^;)。同文庫の他の本がおいてあるので、すぐに手に入るかと思ったのですが・・。
アマゾンさまでもまだ予約受付中、となっていますが、どうしても欲しいので、一応、注文。まだランキングかなり下位ですが、小学館サイトさまでは、「ジュニア向けの小説ですが、かつてアニメで熱狂した大人にも楽しめる」と紹介されています^^

その他のヤマト関連雑誌等については、また改めてコメントします^^
yuki4

(追記2010.11.24/23:15)
さきほどアマゾンさまにて確認しましたら、「一時的に在庫切れ」とのこと。やはり、もっと早く予約しておくべきでしたか・・。ずっとランキング下位にあったので、人気で品切れ、というよりは、印刷部数のみこみが少なかったのかも・・などと、勝手に解釈しております。こうなると、早く読みたい!と、前よりも切に思ってしまうのが、人のこころというもの(^^;)。子供の習い事で夜に外出、いくつか本屋さんを見てもやはりまだおかれていなくて、息子にはあやまっておきました・・ごめんね。
別窓 | 映像作品(実写版) | コメント:2 |
「宇宙戦艦ヤマト」大クロニクル
松本零士監修「宇宙戦艦ヤマト」大クロニクル(グライドメディア)が、いよいよ12/1に発売されます。
これまで発売日延期となったり、冷や冷やしましたが、アマゾンさまでは、画像がUPされましたので、実感がわいてきました^^なかなかすてきな表紙です。

「SPACE BATTLESHIP ヤマト」公開直前であり、昨夜はファミリー劇場ヤマト一挙放送に胸躍りひさしぶりにパート1最後の3話をじっくり見まして(家族の突っ込みいろいろありましたが^^;やはり一人でじっくり見たい・・)、ヤマトが私の原点であることを改めて感じますし、私の中の大切なところにあるおおもとのヤマトを探しだすかのように見ることとなり、初期のヤマト作品への思いもふつふつとよみがえってきました。
まさにタイムリーに、この本を手にとって、いろいろとヤマトについて思いめぐらせそうです。
(注:『復活篇』を忘れたわけではありません^^水面下であれこれ思い続けています。)
sta025
いろいろ書きたいことが連日たまっていきますが、
ただいま睡魔に襲われ、思考停止・・また改めて^^
別窓 | ヤマト関連書籍・雑誌 | コメント:4 |
ファミリー劇場ヤマト一挙放送
ただいまぽっかりあいたひととき。
ファミリー劇場ヤマト一挙放送にチャンネルを合わせると、パート1第13話「急げヤマト!!地球は病んでいる!!」
少年古代の苦しい胸の内が心に迫る。
BGMもあの頃の、あの音楽。
時を経ても色あせないドラマ。
やはり、原点だ、としみじみ思う。
kodai5
別窓 | 映像作品(旧TV,劇場版) | コメント:0 |
映画サイトランキング
時々チェックしていました映画サイト。
11/19には「シネマトゥデイ」50位圏外「映画.com」12位でしたが、
今朝見ましたら「シネマトゥデイ」5位映画.com7位
驚きました!
がんばれ、ヤマト!
(去年も同じこと書きましたけれど^^;)
ヤマト
別窓 | 映像作品(実写版) | コメント:0 |
アクセス御礼^^
昨日はカウンタが正常に働いたようで、たくさんの方においでいたたきましたこと、実感できました^^ 御礼申し上げます。
週末からスタートした赤坂サカスヤマトの様子が、少しでも伝わり、より盛り上がっていかれることをお祈りしています。
sakas4
別窓 | このヤマトブログについて | コメント:0 |
最近発売雑誌の感想
運よく、時間がとれました^^
週末から今日にかけて、たくさんの「SPACE BATTLESHIP ヤマト」情報掲載雑誌が発売されました。
そのうち、私が手にすることのできた中で、興味深いものをまとめました。

オトナファミ 2011January
ある時から毎号欠かさず買うようになっていました「オトナファミ」。いよいよ月刊化の新創刊とのこと。毎月発売が楽しみになります^^
さて、ヤマト関連情報は、内容濃くて満足。
でも、驚きのネタばれ続出。小説をすでに読んでおいてよかった(心の準備ができていましたから:笑)。とある画像は、実は「小学四年生12月号」をチェックした際に、私の目に飛び込んできてしまっていましたので、すでに確認済みでした。高学年向けのアプローチは、こういうところにあるのね、と納得^^「それ」は、赤坂サカス展示ギャラリーにも、すでに展示されていました・・それにしても、このたびは、映画公開前にずいぶんいろいろと情報公開されるのですね。かなり、映像に自信がある、とお見受けいたしました(笑:実際、設定はともかく、映像に『期待大』です^^)。

DVD&ブルーレイでーた 12月号
「オトナファミ」同様に、情報量が多く、内容が濃いですね。木村拓哉さんと山崎貴監督のお話や映画情報(新情報もかなりあり充実・・というかネタばれあり?)、アニメヤマトも見開きできちんと紹介されているので、とてもうれしい(復活篇もあります^^)。私的には、ページのデザインのすみずみにまでヤマト愛を感じる印象で(小さな碇マークや背景デザインなど)、担当の方はもしかしてヤマトファンの方では?と思われました。

DVDビジョン 12月号
上の2誌にに比べると、ややあっさりとした情報量ですが、紹介文には注目できる表現もいくつかあり、アニメ作品の紹介もさらりと掲載されています(こちらは復活篇がない^^;)。わくわくできる誌面になっている印象です^^

東京カレンダー January2011
昨日発売予定の情報がありましたが、いくつかの本屋さんをみてもどこにも見あたらず、ネットでどうかしらとアマゾンさまを見ましたら、今朝などすでに「在庫切れ」表示。発売は本日だったようですが、これは、木村拓哉さん表紙かつインタビュー掲載なので、キムタクファンの方との争奪戦になるのかしら、とあせりましたが(笑)、なんのことはなく、本屋さんに行きましたら、たくさん平積み状態にありました^^
木村拓哉さんの表紙で「SPACE BATTLSHIP ヤマト」の文字、そこに今号の特集である「東京未来予想図」の文字も。ヤマト関連情報はわずかですが、どこか先進的で斬新、品のよい誌面に心ひかれ、また、近未来のベクトルを示すようなイメージの今号と、木村拓哉さんとヤマトが結びついたようにここちよく感じられ、初めて手にした雑誌ですが、記念に購入しました。映画紹介ページに、やや刺激的かつ挑戦的な文章が掲載されていたので、それも心ひかれたひとつの理由です。はたして、どのような映画なのか、しっかり映画館で見てきたいと思いました(やはり小学館試写会はダメだったようですし^^;)。

ポポロ 2011Jan
今日発売の雑誌「ポポロ」「MYOJO」「JUNON」は、なじみがなくて、本屋さんのどこにあるのか、しばらくさがしてしまいました(^^;)。そのはずです・・ティーン向けの雑誌だったのですね。そういえば、「MYOJO」とは昔の「明星」なのかしら?(間違っていたらすみません) 少々気恥かしい思いがしながらも、3誌を確認しましたが、「MYOJO」だったと思いますが、なかなかセンスよく表現されていて、こころ揺れましたが、他誌でも見られるトーンでしたので、こちらの「ポポロ」の方が、私にとってはふだん見慣れない木村拓哉さんの柔らかな印象を受け、ティーン向けに「SPACE BATTLESHIP ヤマト」をかみくだき、ふだんのこれからの生活に結びつけながら表現されている点に興味がありまして、購入。裏話も少しあり、興味深い。最大の理由は、裏表紙の「SPACE BATTLESHIP ヤマト」の広告かも(笑)。最新のチラシと同じデザインですが、雑誌に掲載されている、ということが、うれしいのです^^

ついつい、きもちが入りこみすぎて、長文になり失礼しました。
今日はこれらの雑誌から、かなりの刺激を受けまして、この勢いのあまり、つい、前売券を1枚新たに買ってしまいました(笑)。特典クリアファイルつきのは1枚しか買っていなかったので、どうせ何度か行くきもちがあるなら、クリアファイルがあった方がうれしいですから^^
yanews1
別窓 | 映像作品(実写版) | コメント:0 |
「Nスタ 天気予報」
TBS「Nスタ」森田さんの天気予報で、いつも赤坂サカスがうつりますが、今日は、サカス広場のあのヤマト展示ギャラリーの前で行われました!

画面右には展示ギャラリー、左奥にヤマト。
おとといは夕方までいられませんでしたから、日が落ちてからのヤマトを初めて見まして、うれしいですね・・美しかったです^^ そして、18:37ころ、特別に波動砲レーザー演出を見せてくれまして、感動^^ ますます、実際に目の前で見たくなりました・・。
天気予報の子供たちが戦闘班服デザインの上着を着ていましたが、かわいいですね・・ほしくなりました。おとといはスタッフの女性が上着の下に着ていらしたようですが(背中に同じ『SPACE BATTLESHIP ヤマト 12・1ROADSHOW』の文字があったのかわかりませんが)。

ヤマト関連の雑誌もいろいろ目にしていますから、こちらに書きたいことが山ほどありますが、なかなか子育て主婦の身としては時間が十分とれません(明日は祝日で身内の集まりもあり、お食事のお世話もしなければ^^;)。UPは深夜か休み明けになってしまうかも。
TV番組も、たくさん録画予約しているのですが、どこまで追いかけUPできますか・・。
雑誌、TV番組ともに、膨大な量なので、こちらに事前に情報詳細UPしませんが、公式サイト内のYAMATO NEWS東宝新作映画情報紹介掲載メディア一覧、などをご参考にしてくださいね。
いつもながらのマイペースになりますが、私の視点で気になるものをできるだけUPしてまいりたいと思います^^
sakas1sakas11
↑先の記事「赤坂サカス ヤマト」レポート1&2参照^^
別窓 | 映像作品(実写版) | コメント:4 |
「SmaSTATION!!」
先週録画に成功したいろいろな番組内のヤマト情報やCM等をチェックしていたのですが、どれも保存しておきたくなる内容ばかりでしたが、なかでも「SmaSTATION!!」は、よかったです^^

稲垣吾郎さんの月イチゴローのコーナーで、見てみた映画のベスト1として、「SPACE BATTLESHIP ヤマト」を紹介してくれました。ただ感動したとかよかった、というのではなく、「熱い思いを抱いた、男泣きした、日本人でよかった・・」などの言葉が並び、うれしかったです^^ 香取慎吾さんも応援してくれていましたし、強い味方ですね。なお、来週は、木村拓哉さんが出演。これまた楽しみです。

この番組を見ていたら、これから先のヤマトに、明るい希望がもてるようなきもちになりました。
がんばってください!
映画のご成功を心よりお祈りしております^^
yamatoG
別窓 | 映像作品(実写版) | コメント:2 |
カウンタ
朝から今まで、サイドバーのカウンタの動作がおかしいので(お昼ごろの数字が午後には目減りしてしまっています^^;原因不明)、別のアクセス解析のデータを利用して、今日一日が終わったら、本日分のデータを改めて修正して表示する予定でいます(うまくできるかわかりませんが・・)。
せっかくたくさんの方においでいただいているのに、申し訳ありません。
yuki4

(追記2010.11.22/0:20)
11/21(日)のカウンタ動作がおかしかったので、別のアクセス解析のデータにより、
この日のアクセス数は、補助カウンタ(24時間経過後に再カウント)155
カウンタ(メイン全般)410と、判明しました(なお、アクセス解析サービスによって、
カウントの仕方が異なる場合もありますので、若干誤差は生じますこと、ご了承ください。)
また、サイドバーにおける表示(過去一週間分の棒グラフも)を修正することはできませんので、
記録に残せず残念ですが、どうぞご了承ください。

(追記2010.11.22/07:35)
今朝は正常に動いているようです。
別窓 | このヤマトブログについて | コメント:0 |
昨日おとといのTBS
赤坂サカスヤマトが公開されまして、昨日おとといのTBSのTVは、「ヤマト発進!出力全開!!」といった趣を呈していますね。

おとといの「Nスタ」では、「赤坂サカスのヤマトがいよいよ明日公開」と、森田さんのお天気コーナーで伝えられ、背景にそのヤマトのライトアップや煙が起こっている(演出?)様子が映し出されていました。


きのうの「王様のブランチ」は、先の記事に書きました通りですが、そのあとにも、ヤマト映画CM、WoooCMが流れました^^

「ふしぎ発見」の中では、WoooCMが2回流れ、次週予告では、「2010年宇宙の旅」と題され、「あの人も登場」として、木村拓哉さんと黒木メイサさんの姿が映りました。これを見ていましたら、子供のころに「クイズダービー」にヤマトの声優さんたちが出演した時のことを思い出しましたね(『宇宙戦艦ヤマトに恋した日々』カテゴリ参照)。なつかしい気分^^

「情報7daysニュースキャスター」では、23時ごろに、映画予告編映像の少しと完成披露試写会の映像少し、赤坂サカスのヤマトとその場にいらした方へのインタビューが流れました。さらに・・はじめてみる映像も。ヤマト発進シーンの一部でした(エネルギー充填・・の徳川さんのセリフなど)。
yamato011p3051
別窓 | 映像作品(実写版) | コメント:0 |
| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | NEXT