心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
ブロック コスモゼロ&ブラックタイガー
クリスマスのころ、息子が作ったブロックのコスモゼロ&ブラックタイガーです。
「SPACE BATTLESHIP ヤマト」を見て、刺激を受けたのでしょうね^^ 
「ちょうどよいブロックパーツを探すのが大変だった・・」とのことでした。
block

今年も明日で終ります・・今日はおせち料理作りやお飾り、お正月準備に明け暮れました。
ずいぶん久しぶりに生け花も^^
みなさまもよいお年を・・。
shogatuhana
↑お恥ずかしいですが、ブログにお正月気分を、とUP(^^;)
別窓 | 手作りヤマトグッズ♪ | コメント:2 |
ヤマトに始まり、ヤマトに終わる
今年はヤマトイヤーといわれ、昨年末には、どんな年になるのかしら、と、わくわくしていました。

その言葉通り、今年は本当に、いろいろとドキドキわくわく、ヤマト三昧の一年になりました。
元旦への日付が変わった瞬間から、TVでは、「SPACE BATTLESHIP ヤマト」CMが流れ、TOHO CINEMASではポスター掲示(2種)特報が予告編の中で流れる、というわくわくの日々に。
もちろん「復活篇」の映画も堪能・・。
これらの映画にかかわる書籍、CD、DVD&BD、さまざまなグッズの発売。
そうして、年末の「SPACE BATTLESHIP ヤマト」公開。

いろいろある中で、今年の見納めを、あさっての大晦日の夕方にすることができることとなりました。館内一の大スクリーンにて^^
まさに、年の始めと終わりを、ヤマトともに過ごすことができ、感無量。
快く送り出してくれる家族にも感謝(映画見終わって帰ってから、ちゃんと、年越しそばをつくりますよ^^/)。

なにより、「復活篇」「SPACE BATTLESHIP ヤマト」の映画を企画制作公開へと実現してくださった、多くの方々に深く感謝しております。おかげさまで、昨年、今年、と、本当に充実した日々を過ごすことができました!
来年も、ますます盛り上がっていかれることを心よりお祈り申し上げます。

なお・・サイト「古代進case study」TOP絵、まだクリスマスバージョンで、恐れ入ります(^^;)。もう少し余裕ある予定を組んでいたのですが、年末にイレギュラー事態発生で、時間がタイトになってしまいまして。
年始には切り替えたいと思っていますので、どうぞご容赦くださいませ・・・。
ヤマト
別窓 | 全映像作品関連 | コメント:3 |
年末のごあいさつ
もう、今日は28日なのですね・・時間がたつのが早いものです。
明日はお正月用品の買い出しに出かける予定。今年は少しおせち料理作ろうかな、と気持ちだけは意気込んでいます^^
ブログはまだまだ続けていきますが、今日は仕事納めの方も多いかもしれません・・ひとまず、当ブログにても、年末のご挨拶を・・。

今年もたくさんの方にブログサイトにおいでいただきまして、ありがとうございました。
多くの方に励まされながら、日々、続けることができました。
これも、年の初めにも楽しむことのできた「復活篇」の公開、年末の「SPACE BATTLESHIP ヤマト」公開、それらに関連するさまざまなヤマト関連企画(キャンペーン、イベント)、グッズ・書籍・CD・DVD等の発売・・近年には考えられなかったほどの企画展開のおかげですね。
ヤマトイヤーというにふさわしい盛り上がりを見せ、そして今なお、その高まりの中、新たな年を迎えようとしています。この1年にとどまらず、これからのヤマト新時代の幕開けとして、今年が記念の年となりますように、心よりお祈り申し上げます。
では、みなさま、よいお年をお過ごしください。
yuki4
別窓 | 「古代進」サイトについて | コメント:0 |
遅ればせながら、ファミリー劇場「劇場版5作品」一挙放送!
すでにご存じの方も多いと思われますが、ファミリー劇場では、先月今月と2カ月連続で、ヤマト作品が一挙放送されています(当ブログでも11月分はご紹介済み)。
12月は「ヤマトIII」「『宇宙戦艦ヤマト』完全攻略!特別番組vol.2」が放送されていましたが、劇場版5作品が年末に順次放送、1/3には一挙放送が予定されています。
昔の年末年始に、ヤマトの映画がTVで放送されていたことが思い出されますね。
koyuki3
別窓 | ヤマト関連TV番組 | コメント:0 |
興行成績ランキング
MovieWalkerさまによる日本映画興行成績ランキング(動員数)(12/25~26)が公表されていますが、「SPACE BATTLESHIP ヤマト」4位
仮面ライダーが6位、トロンが5位、の上に立つ。今回初登場のウルトラマンゼロが10位。
上位3位は、初登場の相棒、イナズマイレブン、ひきつづきハリーポッター・・と強豪ぞろいの中、健闘していると思います。
がんばれ、ヤマト!
cinema8
別窓 | 映像作品(実写版) | コメント:0 |
今日の映画館(寄せられた情報によりますと・・)
今日もあわただしい一日でした・・ので、「今日の映画館」とタイトルをつけていますが、これは、私が「SPACE BATTLESHIP ヤマト」を見たのではなく、母から寄せられた情報です^^
年明けに入院が決まりまして、「どうしてもその前にもう一度ヤマトを見たい!」ということで、今日3回目を見て「2回目のときよりも、さらにボロボロに泣いてしまった」とのこと。「いろいろな人生経験を積んでくるほどに、心にしみるセリフがあり、ひとつひとつが重い。希望をもって頑張ろう、というきもちになれた」とのこと。
ヤマトの世界のテーマは、奥深く、普遍的なものなのですね。
胸が熱くなりました。

観客は狭いスペースながらも40人ほどもいて、中学生のグループがいたり、けっこう若い層が多かったようです。近くのカップルの女性は泣いていた、とのこと。
「アニメを知らない人たちに、ヤマトを見てもらえている、受けとめられている」というのが、うれしいですね^^
また、ひさしぶりに、私自身の目で、映画館の様子を見てみたいです。
family7
↑過日のファミリーマートミルクコーヒー・・
 そろそろいいかげんに飲まなければ(なかなか、もったいなくて^^;)
別窓 | 映像作品(実写版) | コメント:0 |
「復活篇」音楽を聴いて
昨日書きながら、にわかに気持ちが浮上してきました・・復活篇への想い。
久しぶりに、車を運転しながら、「復活篇」音楽を聴きました。

やはり、よいです・・。
「復活篇」には、以前のヤマト音楽そのままを映像にリンクさせている場面がありますし、クラシックが多用されている点に賛否ご意見みられますが、私には「それぞれがそれぞれの個性を際立たせているすばらしい名曲でありながら、映像と見事にフィットしている、と感じられる印象的な場面が多い」と思われました。
ですので、ヤマトの世界にどっぷりと浸る・・というわけでないところがかえってよくて、ヤマトの精神世界を感じつつ、格調高い新風を感じさせてくれる効果もあり、「新生ヤマト」の雰囲気によくあっている、と思われましたね。このあたりはもう、感覚の世界なので、言葉にするのは難しいですが。
「この愛を捧げて」の歌詞は、こころにしみます。
アルフィーによる「宇宙戦艦ヤマト」も私はお気に入りです^^あの新生ヤマトの姿やアクエリアスから宇宙空間に飛び出すヤマトのスピード感あふれるスマートな姿には、やはりこの歌がフィットすると感じられます。

DC版は、どのような仕上がりになるのかわかりませんが、個人的な思いとしては、劇場公開版が、ヤマトと26年ぶりにスクリーンで再会できた作品ですから感慨もひとしおですので、この作風は変えないでほしいな、と思っています。もちろん、故西崎義展氏の意向が第一ですが。

でも・・ヤマト作品・・どんな形であれ、私はおそらく受けとめますけれど^^
(ただ、仮に、ヤマトの世界に古代が出てこなくなったりしたら、とたんにきもちが消沈してしまうかも??『あなたのいない世界なんて、あたしには何の意味もないわ』『ヤマト2』より)ですね:笑)
kodai13
別窓 | 映像作品(復活篇) | コメント:0 |
「復活篇」は生きている
昨日の夜に放送されていましたフィギュアスケート大会にて、安藤美姫さんの演技の音楽が、グリーク「ピアノ協奏曲イ短調作品16」『宇宙戦艦ヤマト復活篇 オリジナル・サウンド・トラック』よりタイトル表示)でしたので、とても懐かしいきもちになりました^^
クラシックの名曲、というよりは、即、「復活篇」の世界を思い起こさせてくれました。
今は「SPACE BATTLESHIP ヤマト」の世界にかなり入りこんでいますが、それでも、ちゃんと「復活篇」のスイッチは残っていまして、今なお、私の心の中に生きていることを実感しました。

実は、先日の12/23、久しぶりに家族全員で都内にお出かけ、科学技術館を楽しんだ後、日本武道館の前を通りましたら、なにやらたくさんの人の行列・・・・。よくよくみましたら、アルフィーのコンサートのためのグッズショップに並ぶお客様たちだったようです(過日のSMAP東京ドームでのコンサート前のグッズ売り場もこんな感じだったのかしら、と思ってみたり;映画の前売り券を買いに行こうか迷いましたから・・)。コンサート名が「NEO UNIVERSE」となっていましたから、「この愛を捧げて」を歌われるのかしら、なんて、心の中で密かに願っておりました^^
また久しぶりに「復活篇DVD&BD」を見たくなってきました・・。
kodai15
別窓 | 映像作品(復活篇) | コメント:2 |
「年末年始はSPACE BATTLESHIP ヤマト!」
今日の午前中に、TVでTBSを流していましたら、「SPACE BATTLESHIP ヤマト」新CM発見!
最近、日立Woooセコム、ハウス食品キャンペーン(このCMも先日偶然ようやく録画保存できました^^)・・と、コラボ企画のCMをよく目にしていたのですが、映画単独の新CMでしたので、うれしいですね^^

すでに多くの方がご覧になっているかもしれませんが、試写会でのお子さまや女性の方のコメントが流れる中、映画の映像も流れ、最後に12/4舞台あいさつ付き上映会のときの木村拓哉さんの「ヤマト発進!」でしめくくられています(・・つまり、私と息子も豆粒のように登場^^/)。
「年末年始はSPACE BATTLESHIP ヤマト」「大切な人とSPACE BATTLESHIP ヤマト」ということばがうれしいですね!
進と守の子供時代のシーンも初めてCMに登場しました・・・この場面、映画の中で見ていると、いつも胸がキュッと締めつけられるのですよね(・・ああ、またいろいろ詳しく語りたくなってしまいます・・最近、家族の中でヤマトの話題が出ると、つい話しだしてしまい止まらなくなってしまうので困っています^^;)。
butai3butai4
舞台挨拶つき上映時の子供へのプレゼント
 (話がそれますが、今年は、ヤマト関連の洋服の発売はないのかしらね・・
  (クルー制服デザインのジャージは発売されていますが)
  昨年は復活篇のコンセプトデザインによる子供服もたくさん発売されました^^
  年始早々、ヤマト福袋も買いに行きましたし・・去年が懐かしい)
別窓 | 映像作品(実写版) | コメント:0 |
東京メトロ「セコム×ヤマトCM」、これからの思い
東京メトロ(地下鉄)のモニター付き最新車両でないと、車内モニターによるCMは見られないので、まず乗れるかどうかは運任せなのですが、今日は偶然帰宅時に乗ることができ、しかも、これまた偶然にわずか15分足らずの乗車中に、「セコム×SPACE BATTLESHIP ヤマト CM」を2回も見ることができました^^

セコムサイトさま情報で、今月下旬に見られることは知っていましたが、なかなか日ごろ電車に乗る機会がないためにあきらめていました。
今日は・・母の病気再発のための病院付き添いをしたのですが、その帰宅する電車内のことでした。
なんだか不思議なめぐり合わせを感じてしまいます・・過日、手術入院の当日のあいた時間にふらり神保町に立ち寄った時、今や絶版の「石津嵐版宇宙戦艦ヤマト」小説本と出会い、今日はセコムCMと遭遇・・・
また、関係ないかもしれませんが、帰宅時の夜空に、ギラリと異常な輝きをもった流れ星に遭遇。
いろいろな思いが交錯した今日ですが、すべてのことが、私にとって、とても意味のあることのように感じられます。
これから、またさらに少しあわただしい日々が待っていると思うのですが、できる範囲でできることを全うするしかない・・と、思っています。私が私であるべきことをただするのみ。

ですので、サイトブログのUPがさらに少しスローになるかもしれませんが、ご了承ください。
とはいえ、ここへ来ることや、サイトに書くことが、私の精神的バランスを保つ、よい場所でありますから、あまり頻度が変わらないかもしれませんが(^^;)。
ヤマトへの思いも、同様に、断たれることはありません・・年明けには、「SPACE BATTLESHIP ヤマトに寄せる思い」のページをUPしよう!と、今日、確たる思いがしました。なかなか更新できなくなるかもしれませんので、早めに(公開終了になる前に)、私なりの現時点での思いを表現したいと思いました。
また、なんとか「復活篇」ディレクターカット版上映会には、参加したいと思っています。復活篇コンプリートボックス特典でありますし、純粋なきもちとして、なんとしてもこの目で確かめたい!と。
人生いろいろなときがあるけれど、心の火は、大切にともしつづけていきたい。
yamato011p3061
別窓 | 映像作品(実写版) | コメント:0 |
木村拓哉さんからのクリスマスカード
「SPACE BATTLESHIP ヤマト」公式サイトTOPに、本日1日限り(0~24:00)「木村拓哉さんからのメッセージ」がUPされています。
さっそく行ってまいりました^^
今までヤマトの作品世界とクリスマスをむすびつけてイメージしたことはなかったのですが(サイト『古代進case study』TOPには拙画が飾ってありますが、こちらはキャラをクローズアップしたやや妄想的イメージ^^;)、この木村拓哉さんからのカードを見ていたら、ヤマトの世界も、堂々とこうした「ロマンティックな優しい印象」にフィットすることに新鮮な思いがしましたし(宇宙と地球の絵には、『ヤマト』のロゴがよく似合います^^)、でもよくよく思い起こしてみれば、ユキやスターシャなど女性にまつわるエピソードにはこんなイメージがよく合いましたね。
昨日に引き続き、素敵なクリスマスプレゼントをいただきまして、ありがとうございました^^
kodai1461xmas
別窓 | 映像作品(実写版) | コメント:0 |
いろいろランキング
本日19:30ころのいろいろランキング。

「シネマトゥデイ」さま アクセスランキング 13位↑(12/22/23:58 19位)
「映画.com」さま 注目作品ランキング 4位↑(12/22/23:58 5位)

関連グッズは・・
「アマゾン」さま ベストセラーランキング
 「オリジナル・サウンドトラック」295位↑(12/20/22:30 311位)
 「LOVE LIVES」482位↓(12/20/22:30 330位)
 「SPACE BATTLESHIP ヤマト」(小説)1600位↓(12/20/22:30 1482位)
                   ・・ただし、現在「5~8週以内発送」
 「SPACE BATTLESHIP ヤマト」(ジュニアシネマ文庫)14935位↑(12/20/22:30 17000位台)

最後の本は、子供向けの小説で、過日、息子も読んだ上で映画にのぞみましたが、大人の私が読んでも、映画の流れにそってまとめられているので、映像やセリフを思い起こすのによい本です^^ でも、これまで9回鑑賞していますが、やはり、映画で実際に聞こえるセリフは、この小説と微妙に異なるところもたくさんありますので、映画を追体験するには、やはり作品と向き合うのが一番・・まだまだ上映中ですから、可能であればまた見に行きたいですね。
そのあとは、まだ気が早いですが、DVD&BDの発売を心待ちにしそうです^^特典映像など、かなり、期待しています^^/
yamatoB
別窓 | 映像作品(実写版) | コメント:2 |
「Nスタ エンタメホーリこみっ!」
さきほど18時半過ぎ、TBS「Nスタ エンタメホーリこみっ!」にて、木村拓哉さんから番組に向けてのクリスマスメッセージがありました!
朝の「ズームイン!」と同じ衣装でアナライザーと一緒でしたが、話の内容は異なり、番組キャスターへの呼びかけと「メリークリスマス!」そして「SPACE BATTLESHIP ヤマトを受けとめてください」というようなものでした。
映画の映像の一部が流れ、「動員200万超え、興行収入25億円超え」と流れました。
1日に2回も木村拓哉さんからのメッセージに偶然リアルタイム遭遇でき、うれしいクリスマスプレゼントになりました^^
cinema3
別窓 | 映像作品(実写版) | コメント:0 |
「ズームイン!」にて「200万人、25億円超え」、「木村拓哉さんメッセージ」
今朝5:43ころ、日本TV「ズームイン!」にて、「SPACE BATTLESHIP ヤマト」の新聞記事紹介がある中で、映画の映像とともに、「公開後23日で、動員200万人突破、興行収入25億円をこえた」「大晦日から台湾、中国はじめ13カ国にて公開予定。アメリカやカナダからもオファーが殺到」とのこと!
また、木村拓哉さんからの「喜びとメリークリスマス!」のメッセージも流れました^^
アナライザーがクリスマスの装い(帽子や飾り)で一緒にうつっていまして、とてもよかったです!
最近、公開日前後ほどTVに登場していませんでしたから、少しさみしい思いがしていたのですが、とてもすてきなクリスマスプレゼントになりました^^
ありがとうございました!
cinema8
別窓 | 映像作品(実写版) | コメント:0 |
年末年始の上映予定
住まいの近くのTOHO CINEMASでは、「SPACE BATTLESHIP ヤマト」が、いくつかのお正月作品よりもずっと多く、1日5~6回も(レイトショーの追加のあるなしによって変わりますが)、上映が予定されています!
しかも、上映スペースの規模も、先日家族と行きました136席が中心ですが、最大スクリーンで必ず1日1回夕方から夜にかけて上映されるので(レイトショーの多い日は2回あり)、それはとてもうれしいです^^
こんなことなら、あせらずに、これからの年末年始に家族全員で見に行けばよかった・・と。
あわただしい年末年始ですが、時間を見つけられたら、1回は、その最大スクリーンで見たい!と、思っています^^

そういえば・・今週の旅行予定はスキーだったのですが、雪不足のため、キャンセルしました(涙)。したがいまして、ブログも、お休みしません^^子供が冬休みになるため、更新ペース少しダウンするかもしれませんが・・・。
yamato011p311
別窓 | 映像作品(実写版) | コメント:0 |
「松本零士監修 宇宙戦艦ヤマト大クロニクル」
かなり前から予約していまして、発売延期となりながらも先日購入していました「松本零士監修 宇宙戦艦ヤマト大クロニクル」(グライドメディア)を、ようやくざっと目通ししました。
「TV版宇宙戦艦ヤマト」に至るまで、そもそも「宇宙戦艦ヤマト」の世界がどのように誕生したのか、をひもとくのに参考になりそうなたくさんの資料がおさめられていて、豪華本、といってもよいのではないかしら。ひとつひとつをまだ細かく読んでいませんが、いつかじっくり読む楽しみが増え、ヤマトの世界に浸れる本を見つけられて、とてもうれしいです。
昔発売された「宇宙戦艦ヤマト全記録集」(全3巻)、いわゆる「豪華本」をもっていますが(つきあわせてくらべておらず、少し前の記憶によりますが)、あまり今まで見たことのない資料も含まれている印象です。
パート1関連の資料が多いですが、その後の作品についても、セル画や美術ボードや背景によってたどってみる、というのも今までにあまりみたことのない構成ですし、内容も資料性が高そうです。

昨年、今年、とヤマトの映画が2作品公開されているのに、ヤマトオンリー本があまり出版されず、やきもきしていました。読み物は最近、いろいろ出版されていましたが、こうしたビジュアル的な資料性の高いムック類がほしかったですから(この大クロニクルは、手軽なムックというよりはもっと資料性価値の高いものと思われますが)、とてもうれしいですね。
これを読んで、また改めて、アニメや実写のヤマト作品を見ると、また見方も少し変わるかもしれないですね。
本当に、奥の深いヤマトの世界・・私の大切な世界です^^
また時間を見つけて、じっくり読みたいと思います^^
kodai1
別窓 | 映像作品(実写版) | コメント:2 |
興行収入ランキング(動員数)&今日の映画館
Movie Walkerサイトさまにおける「日本映画興業成績」によりますと、12/18~19のランキングは3位
仮面ライダー、ハリーポッターに続く順位となりましたが、トロンシュレック、忠臣蔵の上を記録しました。
「興収20億円を突破した」とのことです。
これからもひきつづきますます盛り上がっていきますように・・・。

昨日発売された「キネマ旬報1月上旬号」((株)キネマ旬報社)によりますと、「映画の日による単価の安さをものともせず、初日(12/1)のみで2億1400万円を稼ぐ絶好調の滑り出しを見せた。」とのことです。「詳報は次号にて」ですので、次号が楽しみです^^今後の動員の行方を見守りたいですね。

さて、今日はもう、見る予定はなかったのですが、明日は子供の学校の終業式、年内の見納めのつもりで、映画館に飛び込みました。いろいろセリフのチェックなどもしたかったので。
でも、見るたびに新しい発見がまだあり、いろいろと思いもめぐってしまい、まだ私の中で、この映画に対する思いが着地していません・・ですので、近々とりあえずは、「9回見終わった段階での今の思い」をひとつの視点として、何らかの形にしたいと思っています。
もともとアニメの宇宙戦艦ヤマトにしても、子供時代に受けとめていたものと、35年ほどたって今感じることにも、まったく同じ部分も残っていますが、新たな発見をしたり、と変化している部分もありますしね。

映画館はふつうの平日の午前ということもあり、今日は15人ほどでした。おかげさまで静かにじっくり鑑賞できました^^
映画好きなので、これまでも、よく平日の午前中に映画を見に行っていましたが、人気作品でも、ふつうの平日の午前中は、こんなものなので、あまり違和感を感じませんでした。まだまだ・・大丈夫でしょう^^(私の個人的な印象ですが・・) 
ヤマトファンには、中高年世代の昔からのファンの方々が多いと思われますが、年末年始のあわただしさの中、あまり見にいけない方もいらっしゃると思うので、年明け、子供たちの学校が始まってからも、まだまだ映画館に行かれる方がいらっしゃると思います(とくに主婦は)。ヤマトファンにはリピーターも多いですし・・。
頑張ってほしいですね!
cinema5
別窓 | 映像作品(実写版) | コメント:2 |
アンケート御礼^^&復活篇に寄せる思い
ここ一カ月ほどは、「SPACE BATTLESHIP ヤマト」公開前後にあたり、連日たくさんの情報が流れ、追いかけていましたので、ご挨拶が遅れましたが、この間、サイドバーにあります「ヤマトファンアンケート!」にご協力いただきました方々、どうもありがとうございました。コメントもお寄せいただき、増えて、うれしく思っています^^

さて、エナジオさまのサイトでは、12/16付けで、「『復活篇ディレクターズカット版』『新作TVシリーズ』『劇場版第2弾』をはじめ・・・創造してまいります」というご挨拶がUPされていまして、いよいよ・・と、うれしさと期待で、ドキドキしてきました・・。
実写版ヤマトもとても素晴らしいですが、ヤマトの原点である「アニメ」の世界におけるヤマトをまた見ることができると思うと、とてもうれしいですし、楽しみです。
これから先、いつか見られるであろうヤマトを夢見ながら過ごすことができる、と思うだけで、日々の生活にも活力が生まれます。見通しを発表していただきまして、どうもありがとうございました。
kodai15
別窓 | ヤマトファンアンケート! | コメント:0 |
久しぶりにイラスト
今日は、ひさしぶりにじっくりPCに向かいました。
現実の生活ではそろそろ年末年始の準備にあわただしい時期ですが、PC上については、さて、サイトのTOPをどうしましょう・・と、少し前から考えていました。最近、描きたいきもちはあるものの、なかなかじっくり新しいイラストを描けずにいて、少々焦り(^^;)。
過日、「復活篇」にかかわるイラストを描き始めました、とブログに書きましたが、それもまだ未完です。
それよりもさらに以前に、下書きしてスキャナで取り込んでおいたまま手をつけていなかったものがありまして、現在公開中の「SPACE BATTLESHIP ヤマト」に触発されて、急きょ描きたくなり、いそぎ仕上げました。
あいかわらず個人的趣味の拙画ですが、お正月にUPできればと思います^^
kodai9
別窓 | 「古代進」サイトについて | コメント:0 |
今日の映画館~ようやく家族で
今夜、私には8回目の鑑賞となる「SPACE BATTLESHIP ヤマト」、ようやく家族全員で見ることができました^^
席数が少なくなり、18:20~でしたので、あまり見に来る人もいないかしら、と思っていたら、136席のなかで40名くらいいらしたので、うれしかったですね。少し遅い時間帯に1日1回だけ360席くらいの大スクリーンで上映されるので、本当はそちらで見たかったのですが、子供には遅すぎますから、断念。
客層は、実にさまざま。高齢の男性、中高年夫婦、子づれファミリー、若いカップル・・そしてなんと、私の後ろには8人グループの高校生くらいの男子!(部活のあとの流れのような恰好でした)彼らの反応を知りたかったですね・・・映画がはじまる前やはじまってしばらくは、何かスナックやら食べているようでときどき物音がして騒がしかったのですが、アクションシーンや中盤あたりからは、すっかりしーんとなり(いつも中盤からは映画館内は水を打ったように静まり返りますが)、見入っている様子が伝わってきました^^(古代とユキのラブシーンでは、ざわざわと私語が!)
いろいろな方々がご覧になっていて、とてもうれしかったです。日曜の夜の小さなスペースでこれだけにぎわっているのですから、大ヒットのてごたえを感じますね(注:データはなく、あくまで私の感覚です)。

さて、わが家の家族の反応は・・。
息子は、ジュニアシネマ文庫も読み、映画も2回目なので余裕で楽しみながら鑑賞していましたが、娘は、アニメのヤマトパート1は少しかじった程度、今回の映画の小説は読んでおらず、ほとんどヤマトについては白紙の状態で見たのですが、やはりお話の細かいところはよくわからなかったようですね。敵のイメージがつかみにくく・・。ただ、「戦いのシーンの映像がすごかった」とまず感想を口にし、あとはシャイなので自分から話しませんでしたが登場人物の印象を聞くと「キムタクはかっこよかった。黒木メイサはすてきでかっこよくてよかった。真田さんがよかった。」とのこと。
主人は、子供時代からのスターウォーズ大ファン。ヤマトのアニメはパート1のみ見たことがあるが、完全にすべてを見ていませんから、細かいエピソードは記憶にないです。今回の映画は、見終わってすぐ、やや興奮した調子で「けっこう楽しめた」と好印象でした。ただ、細かいところは多々つっこみあり・・それは、私もすでに十分感じていたり、私なりの解釈をしているので、見終わってから1時間ほど、あれこれ語り合いましたね。あのシーンはこの作品に似ているとか(『スターウォーズ』『バトルスター・ギャラクティカ』(こちらは私のみ視聴済み)のDVDも少しチェックしつつ^;)、登場人物の印象、人物設定、話の流れのありかた、世界観・・・などなど。「けっこう楽しめた」の具体的な内容としては「メカが細かいところなどよかった」とのことで、ヤマトファンでない男性のオーソドックスな視点による感想になるのでしょうか。

いずれにせよ、家族みんな、見終わると少し興奮気味で(私が一番、いつものごとく心乱れ舞い上がってしまっているのですが^^;)、いろいろな思いがわきおこり、突っ込みたくなるところや確認したくなることもあるけれど、心かきたてられエネルギーがわいてくる!というのが、「ヤマトの作品らしさ」なのだわ、と、改めて思いました。そういう意味でも、個別の設定や話の流れが気になるところもありますが、全体を通して作品をとらえますと、「ヤマトの精神、世界」がきちんと描かれていると感じられてくるのでしょう。
cinema8
別窓 | 映像作品(実写版) | コメント:2 |
クリスマス
クリスマスのころは旅行の予定にありますから、ひと足早く、昨日今日のうちにわが家はクリスマスのイベント。
最近はときどきケーキを焼いていましたが、今年は何かとあわただしく・・。

そろそろ「その存在」を疑いだした息子が、「ドキドキして眠れない」といいつつも、ひょっとしてその存在を突き止めようとしているのか、昨夜はなかなか寝てくれませんでした(^^;)。
クリスマスイベントをした日の翌朝はサンタさんがプレゼントをもって来てくれる・・それが、わが家の恒例のお楽しみ。
うすうす正体がわかっているようでも、黙ってにこにこ楽しみにしてくれている娘。
みんなわかっていそうだけれど、ドキドキする・・そんな不思議な、わが家だけのクリスマスイブ。
この朝は、にぎやかなことでしょう。枕元のプレゼントを見つけたときの、あのくすぐったいような思いは、今も私のこころにのこっている。同時に、そのときの親の思いもおしはかられる。

今日は、手作り食事会、そして夜には「SPACE BATTLESHIP ヤマト」の映画を家族で見る予定。
それがなにより、わたしにとってのクリスマスプレゼントになる。
kodai1461xmasxmas2
別窓 | 映像作品(実写版) | コメント:0 |
水面下航行中^^
いよいよ来週半ばから子供たちが冬休み・・すでに昨日今日短縮日課。
日中はほとんどPCに向かえず、今頃ネットチェックです^^
でも、このひとときがほっとします。

ヤマト関連、大きな動きはないようですね・・たぶん。
ひとつ、「復活篇」DC版に新体制でスタート、とは、湖川友謙氏のブログにて。
小林誠氏もかかわるとのこと。
いよいよですか・・とても楽しみです^^
西崎義展氏の遺志を継がれ、すばらしい作品になるように心よりお祈り申し上げます。

さて、水面下で、サイト「古代進case study」にいつかUPしたいと思っています「SPACE BATTLESHIP ヤマト」のページを作成中です。今まで同様に、思うところを表現したいですね。

書きながら・・・30分ほどうたた寝してしまいました(^^;)。
週末は二日続けて、家庭内イベント。クリスマスと手作り会食・・ああ、気を抜けません。
まだ年賀状も作っていませんし(大汗)。
やはり、東京タワーヤマト展へ行くのは難しいかしら。都内での映画鑑賞もやや難か・・・。
ふつうの平日ならいいのですが、やはり年末年始は忙しい!
では、体力回復のためにも、そろそろお休みを・・・。
kodai13
別窓 | 全映像作品関連 | コメント:2 |
ぎりぎり・・今日の映画館
今日は予定していなかったのですが、明日から「SPACE BATTLRSHIP ヤマト」を上映する席数・スクリーンの大きさともかなり小さくなってしまうので、予定タイトですが映画館に飛び込んでしまいました・・・。
平日でサービスデーでない午前中は、かなり少なかったですね・・とはいえ、20人弱はいたかしら。「復活篇」の時よりは、はるかに多いです^^
私たち世代の方がほとんどのようで、中にはリピーターの方も(偶然知人とあったようで、お話が耳に入りました^^『号泣するの?』『これは(この映画は)みておかないとね』など。木村拓哉さんファンの方なのかわかりませんが。
今日は7回目ですが、実は、まだ一枚しか前売り券を使って見ていません。サービスデーの1000円やたまっていたポイントを使ったり、住まいの近くのTOHO CINEMSは幸いにも連日朝とくデー(1300円)なので温存しています。ロングランを祈願して、まだ数枚はとっておこうと思います^^ いつか都内の大スクリーンで見ることも夢見て^^

前置きが長くなりましたが、今日の映画館の売店は時間がなくてチェックできず。
今日の映画を見るテーマは、「日本らしさ」。
でもやはりだめですね・・最初からヤマトロゴに至るあたりまでのうちに、その思いもふきとんでしまって、うるうるしてしまいます(^^;)。
「復活篇」のころは、かなりバッシングが激しかったので、なんとか作品の魅力をできるだけ早めに多くの人に伝えたい思いで(もちろんそればかりでなく、一番の目的は復活篇古代くんに会いに行くためですが*^^*)、映画館に通いつめていましたが、今回は、鑑賞目的をもってのぞんでも、なぜか、見るたびに心乱れ、いつも最後の方では、ただその世界に没入してしまい当初の目的をすっかり忘れてしまうことが多いです・・・やはり、「さらば」のカラーが織り込まれているからかしら。
映画に関していろいろなご意見をちらり目にしますが、私は自分なりの視点を保つ目的もあって、まだ細かくチェックはしていません。早く考えをまとめたいのですが、小説の感想、映画初見の感想、その後何度も見て思いつくことをいろいろ書きためつつ、まだ推敲中です。ネタばれに踏み切るのも、気をつけなければいけませんし・・・。

人間、欲が出てきてしまうもので、スクリーンの大きさの残念なことを昨日から書いてしまっていますが、そもそも・・こんなに大ヒットしているヤマトの映画が上映されている今、それを何度も見に行けている私は、それだけでも幸せなことと思わなければいけませんね(時間のやりくりはかなり努力していますが^^)。先日コメントいただきました方は海外にいらっしゃるということですし(いつか映画を見ることができますようお祈りしています^^)、私自身数年前は病気の父の世話の手伝いもしていましたのでそんな状況下にあればとても気楽に映画館にも行けませんし・・・今のタイミングでめぐり合えたことに感謝しなければ。

そんなわけで、週末の家族鑑賞は、貴重なひとときとして、大切に楽しみたいと思います。
kodai1
別窓 | 映像作品(実写版) | コメント:0 |
「SPACE BATTLESHIP ヤマト展」
「SPACE BATTLESHIP ヤマト」公式サイトさまからリンクされているYAMATO NEWSの情報ですが、12/18~1/510:00~21:00東京タワーフットタウン3Fタワーギャラリーにて、「SPACE BATTLESHIP ヤマト展」が開催される、とのことです。
展示物は「撮影で使用された衣装や貴重な小道具等」とあり、赤坂サカスのギャラリーと同じなのかどうかはわかりませんが、「『ヤマト艦内』や『宇宙空間』を演出・レイアウト」があるそうなので、そちらもどんなものか興味ありますね。

無料ですので、気軽に行けそうです・・が、もうすぐ子供も冬休み。旅行や子供の通塾、と連日予定ぎっちり(^^;)。できれば冬休み前に行ってみたいですが、この時期、スケジュールが超タイトなので果たして体がもつかどうか、というところです・・。夜に行くのは難しいですが、また素敵なのでしょうね(赤坂サカスのレーザーショーも見れなかったし:涙)。

そういえば、今度の日曜に、やっと娘の塾の制約もなくなり家族で映画を見に行こうと思っていたのですが、なんと土曜から公開作品があるため席数縮小の小さなスペースへ移動(405→136席)、と今日UPされていて、ショック・・!
何度も見ているとはいえ、やはりせっかく家族全員で、と思っていたので、残念ですね・・未見者ふたりいるのですが、事前に小説読んでいないためどんな感想を聞けるか楽しみなのですけれど、大スクリーンでないと迫力もちがってしまうので、私や息子の感想と単純比較できないかしらね。
私も、このまま小さなスペースのままでは満足できなくなって、いつか都内の映画館に行くかも。
marion
↑またここへ行こうかしら(時間が許せば^^;)・・その足で東京タワーとか^^
別窓 | 映像作品(実写版) | コメント:0 |
今日の映画館
今日はTOHO CINMASデーで1000円で見られる日でしたから、ひさしぶりに(といっても約1週間ぶり^^;)に、「SPACE BATTLESHIP ヤマト」を見ました。
映画館の様子も知りたかったので。

売店はあいかわらず、映画グッズはCD以外品切れ。旧作品のデザインの下敷きとプラモデルのみ。
サービスデーなので、映画館は朝から混雑していました。

さて、ヤマトの映画。
最大席数のスペースで見られるのも木曜までなので、今日の駆け込み(?)鑑賞となったのですが、サービスデーとあって、たくさんの人が訪れていました。先週は年配者の方々が目立っていたのですが、今日は、私たち世代が多い印象。女性、男性、カップル、中にはスーツ姿の男性も・・・平日の朝いちからおどろきました。100人弱はいらしたと思います。
不思議と、今日はすすり泣きがあまり聞こえず(リピーターが多いのかしら・・?)。

私はといえば、さすがに6回目ともなれば泣かないかしら、と思っていたら、とんでもありません。今日は、約一週間ぶりということもあって、改めて、今日また映画館で見られる幸せを感じまして、もう、映画がはじまる前から、うるうるとしてしまいました(^^;)。たくさんの方が来られていることもあったのだと思います・・昨年の「復活篇」は、本当に、さびしかったですから。

少し間があいたので、細かいところや映画館ならではの迫力ある映像と音の臨場感の記憶が薄れていたので、冒頭から、またいっきにひきこまれ、感激にこころふるえました。
この映画は、映画館で見るべき!!
・・そう、改めて強く思いました。「この映像の迫力と心に迫る思い、ドラマティックな音楽・・これを映画館で体感せずして、何も語ってはいけない!」と、思いました。
不思議と、今日はあまりメモを書けませんでした。
この世界に浸っていたい・・と思う気持ちが強すぎて。
手がとまっていました。
6回目なのに、こんなに新鮮に心に飛び込んでくるのはなぜ?・・と、不思議でしたね。

そして、いくつかお気に入りのシーンがありますが、「感動」ということばがふさわしいものではないのですが、それらの中でも、心のある部分に触れるようなとても引き込まれるシーンがありまして・・・
終盤にむかう、とあるシーンでは(ネタばれしないように詳しく書きませんが、本当は、とても書きたい!!)、精神が高揚し、一種の恍惚感さえ感じるかのようです・・それまでのお話の流れの盛り上がりの最高潮に達した、この物語の真実のわかるところ・・そこでの映像美と精神の高みにこちらもいっきにきもちがひきあげられ、音楽の響きとともにこの上ないカタルシスを感じるかのようです。このシーンは、私個人的に、これまでのどんな映画でも感じたことのないような印象のシーンでした。ヤマト作品でいえば、あの作品のここと、あちらの作品のあの部分が合わさったようなイメージでありますが、アニメにない、実写ならではの「極限の美」とでもいうような印象を感じました。その精神の高みは、必ずしも甘美で確実な色を示すだけでなく、残酷な試練と切ない現実がともなうぎりぎりの中での清く潔い精神であり、だからこそ、いっそうの輝きをもって、見る私をひきこみ、その輝きの崇高さへの感謝の思いすらわきあがらせてくれるのでしょう・・・そして、それはまだ、この場面において100%の安心にはつながらない危うさもともなうために、このシーンにおける神秘性がさらに増しているのでしょう。
とても抽象的な表現ですみません・・ああ、でもやっと少し見えてきました。
今日6回目にして、ようやくそのシーンから受けた印象を少し言葉にすることができました(今まで、どのように表現したらよいか、言葉が見つからなくて^^)。

まだまだ新しい発見がありそうです・・。
これから年末年始となり、主婦にとってはあわただしい時期。昨年の「復活篇」のときにも書きましたが、ぜひとも、子供の学校がはじまる1月にもまだ午前中の上映が続きますように・・まだまだ、ときどき映画館で見たいので。
日付が変わってしまいました・・ではそろそろ、おやすみなさい^^
sta2
別窓 | 映像作品(実写版) | コメント:0 |
「週刊宇宙戦艦ヤマトオフィシャル・ファクトファイル vo.41&42&43&44」
昨夜はざっと目を通すつもりで見始めました「週刊宇宙戦艦ヤマトオフィシャル・ファクトファイル vo.41&42&43&44」ですが、やはり、読み始めると熟読してしまうページも・・。とくに、「復活篇」関連は、ただいま「SPACE BATTLESHIP ヤマト」漬けになってはいるものの、やはり心動かされる作品です。

vol.41は、人物事典の上条了、名場面記録全集復活篇の発進のあたりは、ついつい熟読してしまい、ひさしぶりにまた「復活篇」DVD&BDを見たくなりました^^ 私の中では、「復活篇」はやはり現在進行形の存在で、いつでも浮上してきてその世界に浸ることができます・・読みながらセリフを発する声優さんのお声やトーン、BGMのタイミングまで頭の中で再現されます^^
また一方で、他のヤマト作品も、このところの「SPACE BATTLESHIP ヤマト」のおかげで(映画のあちこちにかつての作品を思い起こされるものがちりばめられているので)、少し前は「復活篇」に比べますと「旧作品」として少し奥の方にかくれていたのですが、今や、すべてのヤマト作品が同レベルに引き上げられている状態です。
読みながら、本当に、こんなにヤマトの作品世界に触れられるできることのできる今は、幸せ、と感じました。まわりでは大きなイベント映画公開、さまざまなキャンペーンがおこなわれていますが、何より、私自身中で近年の中で今年が最もヤマトと充実した日々を過ごせていると感じられる(昨年も同様でしたが)、という意味においても、まさに今年が「ヤマトイヤー」と呼ぶにふさわしい、と思いました。

さて、話がそれましたが、vo.42名場面記録全集の島の死のシーンをじっくりと読み、巻末の通信販売の森雪ソフビがかわいい^^と(ホワイトタイプがとくに)。

vol.43では、名場面記録全集パート1第1話がなんといっても映画「SPACE BATTLESHIP ヤマト」公開中の今見ますと、かなり心に迫ってきますね。ここからすべてがはじまったのだ・・と。その次の「復活篇」のフライバイシーンを読みますと、まさにBGMとともに映像が鮮明によみがえってきます^^ 時間があったら、すべてのヤマト作品のDVDを見返したくなりました。

vol.44は、人物事典に下品な将軍がこんなクローズアップされてとらげられるとは思っていませんでしたが、やはり人気者なのでしょうか(笑)。「復活篇」の小林は魅力的ですね。いろいろつつきがいがあるといいますか、反応や表現がおもしろいタイプなので(笑)。
特筆すべきは、サーシャ!『新たなる旅立ち』)とてもかわいくて、ながめているだけできもちがなごみます^^我が子も数年前にはこんな感じだったのに(^^;)と思いつつ。読んでいたら、改めて、なぜこのかわいいサーシャがあんな運命を歩まねばならなかったのか・・と、また胸が締めつけられる思いがしてしまいましたね。
名場面記録大全集では、パート1のアステロイドベルトのエピソードがありますが、44-17ページの右下の古代君のお顔・・ちょっと口が・・他の画像なかったのでしょうか(涙)。44-15のお顔はステキなのに^^
大銀河科学技術講座の宇宙放射線病のイラストは雰囲気があってよいです・・以前にも書きましたが、デアゴのイラストは、どれもアニメにはないアングルや仕上がりがすてきでいつも楽しんで見ていますが、とくに「TAKUYA IO」さまによるイラストがけっこう私のお気に入りなのです^^

さて、今日発売のvol.45は、いよいよ「復活篇」古代雪が登場!表紙人物事典、とても楽しみです^^
kodai14
別窓 | ヤマト関連書籍・雑誌 | コメント:2 |
この週末のランキングは?
この週末の映画動員ランキングはどのようになったのか、気になりますね。
TOHO CINEMASサイトさまのTOPには、堂々のV2!! 第1位です^^
でも、このデータは、期間やどの映画館を対象とした調査なのか書かれていませんので、よくわかりません・・・。
明朝には、毎週火曜発表の映画ランキングが日本TV「ズームイン!」でありますので、楽しみです^^

個人的な感覚では、1位だと思うのですが。さて・・。

そういえば、娘の友達(女子)も「SPACE BATTLESHIP ヤマト」を昨日見たそうで、「泣いた」「映画の最初から泣いていた」とのこと。そして、敬礼していた!・・とのことです。ふだんからよく映画を見る子なので(ヤマトのアニメを知っているか否かわかりませんが)、けっこう確かな反応かもしれません^^

そろそろ子供たちが短縮になる日も多く、徐々にPCに向かう時間も制限されてきます・・今日ははや睡魔に襲われていますので、これにて。
すっかり積読になってしまっています(^^;)デアゴヤマトでも少しながめて、床に就こうと思います^^
yuki4

(追記2010.12.15.5:25)
「Movie Walker」サイトさまによりますと、12/11~12日本興行成績ランキング(動員数)2位でした・・ハリーポッターに首位を譲りました。少し残念・・今週金曜からはトロンも公開されますが、はたして・・。近くの映画館では、ヤマトの上映回数は今週と同じですが席数が少ないスペースに移動してしまうのですよね(スクリーンの大きさは変わらないのですが)。でもまだまだわかりませんね。見守りたいと思います^^
別窓 | 映像作品(実写版) | コメント:6 |
「みんなのえいが」
昨夜遅くに放送内容を知りまして、こちらに予告UPが間に合いませんでしたが、今日未明のTBS「みんなのえいが」では、30分番組の半分の15分ほど、「SPACE BATTLESHIP ヤマト」特集として、放送されていました。
おとといのヤマトナビもみごたえありましたが、今回の15分もなかなか内容が凝縮されていまして、ヤマトの映像美は当然のことながら、人間ドラマとしての見どころ、魅力もアピールされていたので、とてもうれしかったです^^
「SFあまり見ていない人でも楽しめる、感動する」「生きるべきか死ぬべきか、生きることの大切さ」「何回見てもいいですね」などのお話や、全国各地のご当地ヤマトの画像を流してくれました(これは楽しいので、PCでも見られますが、いつか発売されるであろう『DVD&BD』映像特典としておさめてほしいかな、と思いました^^)。

その他のTV番組には・・
「世界一受けたい授業」木村拓哉さん)
「行列のできる法律相談所」木村拓哉さん)
いずれも番組内で、ヤマトの映画紹介があり、木村拓哉さんのお話など、楽しめました^^
不思議なことに、最近木村拓哉さんを見ていると、古代進を見ているような錯覚におちいるときがあります・・といいますか、木村拓哉さんの表情や口調の中に古代進をさがしているのかも。
koyuki3
別窓 | 映像作品(実写版) | コメント:3 |
こんなランキング見つけました^^
ネットをさまよっていましたら、「Movie Walker」さまの映画作品アクセスランキングのページにて、第1位「SPACE BATTLESHIP ヤマト」、第9位「宇宙戦艦ヤマト復活篇」というのを発見!(11/30~12/6)
実写版ヤマトが刺激になって、アニメのヤマトに関心が高まっていくとうれしいですね^^
kodai15
別窓 | 全映像作品関連 | コメント:0 |
TV番組、CMなど
昨夜はPCが不調で、なかなかブログを書けませんでした・・最近、フリーズや突然ダウンすることもあり、冷や冷やしています。いろいろ書きたいことがたくさんあるので、できるだけ、続けてまいりたいと思います^^

昨日のヤマトナビ以外にも、目に入ったものをいくつかメモしておきます。
「王様のブランチ」
映画コーナーにて、ランキング1位でした!
ヤマトの映画が1位で紹介されますと、本当にうれしいですね。
他作品では、個人的に「武士の家計簿」には興味ありますが、時間あれば、まずヤマトを見たくなってしまいます・・そのほか、これから「トロン」「シュレック」などがどうなるか、気になりますが、まだまだヤマトがんばれますよね^^

「世界ふしぎ発見!」
番組内にて、WoooヤマトCMが流れました。

「情報7daysニュースキャスター」
番組内にて、セコムヤマトCMが流れました。
セコムとのコラボ企画として、下旬には「東京メトロ6路線の車内テレビジョンでコラボCM放送します」セコムサイトさまより)とのことです^^ ふだん私はあまり電車に乗らないので、見られるかどうか・・でもうれしいことです。
yamato01
別窓 | 映像作品(実写版) | コメント:0 |
| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | NEXT