心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
祝 安藤美姫さん
安藤美姫さんが、「復活篇」で使用されたピアノ協奏曲による、見事な演技で、世界フィギュア優勝!
以前にもこの曲で演技されていたのを見ましたが、またすてきでした^^

昨日今日、GW観光産業に貢献。ささやかながら旅に出ていました。
1泊2日でも、日ごろのあわただしさから解放され、ずいぶん長く感じられました。
とりいそぎ、ご報告まで^^
yamatoG
別窓 | 映像作品(復活篇) |
「週刊宇宙戦艦ヤマト オフィシャル・ファクトファイルNo.56、57、58、59、60」
ようやく以前のスタンスで、「週刊宇宙戦艦ヤマト オフィシャル・ファクトファイル」にのぞむことができました。
できるだけ以前と同じ目線で受けとめたかったので、私自身がよしと思えるときまで、読むのを控えていました。・・とは申しましても、やはり以前と同じ目線で、というのは難しい・・でも、以前と同じような「ヤマトへの思いを抱いて」ということは、いえるでしょうね^^

No.56では、人物事典の「島大介の軌跡①」を読みますと、古代とは違った視点による「もうひとつのヤマト」というような世界が広がりそうですね。

No.57では、表紙のスーパーアンドロメダ級戦艦に、切なさを感じます。人物事典YAMATO2520のキャラクターは、アニメを見ていないので、やはりピンときませんね。どんな声を出し、動くか、気になります。

No.58では、表紙の移民船に、アニメとはまた違った存在感を感じます。このところ復活篇の描き下ろしイラストが続きうれしいです^^
人物事典の「相原義一の軌跡」を見ると、相原はけっこう古代との接点の多いキャラクターだったことを改めて感じました。相原からみた古代、という視点もまた、想像すると楽しそうです^^

No.59表紙のゆき。前にも書きましたが、ここに古代が乗っている、と思うとわくわくしますが、同時に切ない思いも。
宇宙艦隊図録の第一艦橋にある復活篇クルーたちの顔の中に、ユキがいないのがさみしい。
人物事典の「藤堂平九郎の軌跡」を見ますと、改めて、ヤマトをずっと支えてきてくれた、とても重要な人であったことがわかりますね。

No.60表紙のヤマトとデスラー艦のイラストについては、以前書きましたが、とてもよいですね^^静寂の中の雄姿。
人物事典の古代は、新たなる旅立ちの古代。新乗組員たちを育てようとしていますが、復活篇の古代とはまったく違いますね。少し頼りなげなところもありますが、こうしたひとつひとつの経験が身になり、復活篇の古代に至ったのかしら・・と、またあれこれ妄想(^^;)。新たなる旅立ちのラストのデスラーと古代のシーンは、私のお気に入り^^だからこそ、表紙にも心ひかれたのですね。

以上、簡単なメモ的な感想になってしまいましたが、ここで、当初の発売予定の60号に到達しました。
書店での定期購読ですので、全員プレゼントのヤマトへの応募を自分でしなければならないのですが、このところ落ち着かなくてまだしていません。表紙の応募券を切るのにも抵抗がありまして・・。
あと21冊・・楽しみがまだ続くと思うと、日々の励みになりますね^^
kodai7
別窓 | ヤマト関連書籍・雑誌 |
「復活篇最終完璧盤」
また久しぶりに「復活篇」の音楽を聴きました。
いつも車の運転中に聴く私的編集盤は、一部の音楽のみのもので、復活篇の雰囲気だけ味わえるものですが、これはいつも書いているように、久しぶりに聴きますと、とてもおごそかな気分で落ちついた心地よさを感じられ、あの復活篇のヤマトを思い起こしながら楽しむことができました^^

でも今は、オリジナルサウンドトラックCDと、「復活篇コンプリートBOX」特典CDと、アルフィーによる「宇宙戦艦ヤマト」「この愛を捧げて」などを、私なりに編集した「復活篇最終完璧盤」をPCからヘッドフォンで聴きながら、ブログを書いています。
直接耳に入るのは音楽だけですから、かなり復活篇の世界に入り込み、心揺り動かされるようです・・・。
映像作品同様に、音楽も、ただ雰囲気を味わうくらいのザッピング感覚なら聴き流せるのですが、作品に近く順番通りに編集したこの完璧盤を聴くのは、やはり勇気がいりました(^^;)。
好きだからこそ、感性の鈍くなっているときに聴きたくなかったのですね。
でも、安心しました・・今なお、以前と同じく心ゆさぶられる思いを感じることができたので^^
いえむしろ、以前よりも、心にしみてくるのです。

「無限に広がる大宇宙」・・言葉になりません。
「カスケードブラックホール」・・これぞ復活篇の象徴か、冒頭シーンが鮮やかに思い浮かぶ
「交響曲ヤマト第3楽章」・・やわらかな調べ、心にしみいる
「ブルーノア発見」「反撃」・・いよいよ復活篇の古代登場、颯爽と
「氷塊に眠る」・・アクエリアス、復活篇の源、生命の源
「古代の帰還」・・さまざまな思いを胸に秘め、地球へ帰還
「真田と古代」・・久しぶりの再会、現実の厳しさ、使命、守るべきもの
「雪を想う」・・切なさ、古代が一個人に戻って雪への心を見せるところ
「若者たち」・・集うクルーたち、若く新しい風


ああ・・思いだしてきました。復活篇の細かいところ、あの場面この場面・・

「ヤマト発進」
・・氷塊から発進するヤマトにゾクゾク、スマートスピーディなヤマトの姿^^
  そういえば!歌の間奏を作品中に入れてほしかった
「フライバイ・ワープ」
・・圧倒的スケール、迫力あるスリルとアクション!
  ワープシーンのかっこよさ!
「戦闘準備」
・・これよこれ!たまりません^^
  「抜けるヤマト」がこんなにもわくわくさせてくれるなんて!
  格納庫の細かな演出シーンが鮮やかによみがえってきます^^
「ドッグファイト」
・・迫力ある戦闘シーン、艦載機の舞う姿、
  ヤマトの勇ましい姿がはっきりとよみがえる
「ゴルイ」「星間国家連合」「アマール」「女王イリヤ」
・・そういえばいたわね、あんな人、こんな人・・それぞれ個性あふれる人たち
「決断」「SUS大要塞」「潜宙艦の出現」「波動砲発射用意」「人工太陽の消滅」
・・古代の決断、大宇宙空間における大スペクタクルシーンが続く、
  かけがえのない人の喪失、その中でのヤマトの活躍


だんだん、書きたいことがあふれてきて、それぞれ簡単な印象キーワードのみ書こうと思っていたのですが、字数も多くなってきてしまいました(^^;)。
このあとは、言葉にすると、印象が陳腐化しそうなので、やめておきます^^

音楽の力は絶大です。
心に何もないかと思っていても、そこにたしかに刺激を与えてくれる・・たしかに、何かを呼び覚ましてくれるのです^^
とくにそれが、かつて愛したものであるならば、必ず、復活できるはず。
それが新たな活力になる。
不安と怖れにかたくなになっていた心は、いつの間にか癒され、開放される。
そして、かけがえのないものの存在を、ありがたく思う。

「この愛を捧げて」
・・ありがとう、踏み出す勇気をくれて。
  やはり、この歌は、喪失の悲しみや絶望を乗り越えて、
  それでも明日を信じて希望を抱いて前に踏み出す、
  復活と再生の歌なのかもしれない
  何度もリピート再生する・・そして、きもちを奮い起す
kodai15
別窓 | 映像作品(復活篇) |
「ヤングブラックジャック」
週末に日本TVにて放送されました「ヤングブラックジャック」
TVガイドにも載っていませんでしたし、ノーチェックでありまして、放送されることも前日くらいに初めて知りました。
漫画&アニメの「ブラックジャック」が好きな私としましては、これまで加山雄三さんやモックンによる実写版を見ていましたから、アニメと実写ではかなり雰囲気も異なってしまうのでどうかしら・・と、見るのを迷っていたのですが、「お話が、若かりし頃のブラックジャック、そして本間丈太郎先生役に市村正親さん」という点にひかれまして、見るだけ見てみよう、という気分で見ました。

やはり、状況設定等(子供時代のエピソードの場所など)いろいろと異なっていますし、若いころのブラックジャックに焦点をあてて描かれたことはこれまでなかったと思いますので、すべてオリジナルの世界なのですが、思ったよりも、「ブラックジャック」という作品世界の雰囲気や精神は、これまでの実写版の中では、かなりわかりやすく(なじみやすく)とてもうまく出ているように感じられました(モックンのBJも好きでしたけれど^^ 姿は、私的には、モックンの方がイメージにあっているように感じましたが。岡田さんは、長身スマートでかっこよすぎる印象が・・でも若い頃の役なので、かえっていいのかも^^)。

お話の展開は、身近なところに関係者がそろっているので、その小さな世界の中で展開し解決してしまう、やや都合のよい展開の印象もありますが、「ブラックジャック」作品は、そういうことよりも、ひとつひとつのエピソードで訴えられるテーマが実に奥深いものであるインパクトの強さに魅力があるので、多少都合よく展開していきがちと思われる部分があっても、そこにこめられた「生命の尊さ、生死の厳しさ、悲しさ、怒り・・生きようとする力」といった大切なテーマがきちんと描かれていることで、ぐいぐいと、その世界にひきこまれていったのだと思います。
その「ブラックジャック」の作品らしい力強い雰囲気、と、間時生(ブラックジャック)というひとりの人間の抱える内面の苦しみや葛藤、悲しみなどがとてもよく描かれていたことに、心揺さぶられました。
見てよかったです。

桐生先生も、もしや・・と途中から察しましたが、ファンには心くすぐられる展開だったのでは^^
そしてラスト・・あまりにも原作でも何度も見ているあの場面。
これは、続編があるのでしょうか・・?
ぜひ、この先のお話も見てみたくなりました。
ヤマトとまったく関係なくてすみませんでした・・。
earth
別窓 | なつかし作品 |
ヤマト ザッピング
震災以来、実はまだ一度もヤマトの映像作品を見ていませんでした。
私の中の、何かが変わっているのは、はっきりわかっているので、先日書いた海外ドラマや映画については、ヤマトほど思い入れはありませんから、気分転換程度に接することができていたのです。
でも、ヤマトだけは、これまで大切に思ってきたからこそ、今の私がどのように感じるか・・現実の厳しい映像を多々見て、私自身もその影響を間接的に受けてゆとりのなかったあの直後にあっては、フィクションであるヤマトをわきにおき、距離をおいてしまいそうで怖かったのかもしれません。デアゴヤマトをじっくり読めずにいたのも、そんなきもちが作用していたのかもしれません。

今日は、最近では珍しく、他人の介在する義務的所用のない、気分的に楽な一日でした。
もちろん、家族の世話はありますけれど、私ひとりの判断で自由にできますから、夜になった今も、ひさしぶりに気持ちが開放されています^^
そこで、久しぶりに、ネットの動画サイトでヤマトの映像をザッピング。
DVDで見ようとしないのは、まだ正面から受け止めるのがこわいからかしらね・・でも、切り貼り的な映像と音楽を手当たり次第に見聴きしはじめると、私の中の奥の方に閉じ込められていたヤマトへの思いがよみがえってきました。震災前に確かにあった、いろいろな思いが、蘇ってくるのを感じました。
この思いが消えてしまっているのでは・・という恐れを感じていたのですね。
不思議な安ど感とやすらぎの思い。
やはり、私の心のよりどころはここにある。
そして、本来の自分を思い起こさせてくれるところ・・ヤマトの世界。
yuki4kodai8
別窓 | 全映像作品関連 |
「SPACE BATTLESHIP ヤマト」DVD&BDプレミアム・エディション
「SPACE BATTLESHIP ヤマト」DVD&BDプレミアム・エディションのパッケージがアマゾンにて、木村拓哉さんのデザインに変わっていますが、これに確定なのかしら・・。まだよくわかりませんが、コレクターズ・エディションはヤマトファンマニア向けで、プレミアム・エディション木村拓哉さんファン向け、というように、ターゲット別にいろいろ考えられているのかもしれませんね^^
やはり日ごろ気軽に楽しめるように、また、ポストカード型ブックにも興味あるので、このバージョンも買うことに決めました。
発売が楽しみです^^
yanews1
↑ただいまのところ、この「YAMATO NEWS」木村拓哉さんがUPされていました。
別窓 | 映像作品(実写版) |
覚悟
このところ余震が少なくなりほっとしていたところが、ついさきほど、千葉北東部で震度5弱!
その余震がまだときどきあります・・・寝ようと思っていたのですが、またあの本震直後の記憶がよみがえってきてしまい、もう少し起きていようかしら、とブログを書き始めました^^
誰か一人でも起きていれば、大きな揺れのときに家族を起こせますからね。あの本震のあとは、揺れがひどかったのもありますが、ほとんど寝られませんでした。
今やどこで巨大地震が起きても不思議でないといわれるほど、活発化してきているそうで、あいかわらず外出時には、携帯ライトやラジオ、携帯充電器、予備の乾電池、その他もろもろ持ち歩く毎日。完璧な携行は無理ですから、気休めなのですけれど(^^;)。一番の心配は、子供たちがひとりで登下校等、行動しているときですね。電車に乗っているときなどあったら、と思うと・・。
毎日が、覚悟の連続。
一緒にいることを感謝し、見送るときは心をこめて。
迎えるときは、安堵とかけがえのない思いを抱いて。
前とは少し、なにかが違う・・それは、そういうことかもしれません。

ヤマトと関係ないお話になりましたが、今日もブログをかけたことに感謝。
そうそう・・先の記事のコメントで、出崎統さんのお話を書きましたが、今ファミリー劇場で放送中の「ベルサイユのばら」も、かなり、入りこんで見ていましたね・・久しぶりに今日録画しておいたものを見ましたら、懐かしくて^^ また久しぶりに漫画を読み返してみたくなりました。
かつての懐かしく熱い思いをほりおこしてみると、新たな次への活力が生まれてきます^^
その最たるものが、私にとってはヤマトなのですね(なんとかお話が、ヤマトに着地しました^^;)。
sta025
別窓 | なつかし作品 |
「DVD&ブルーレイでーた 2011 MAY 5」
いよいよ登場ですね。
「DVD&ブルーレイでーた 2011 MAY 5」「SPACE BATTLESHIP ヤマト」DVD&BD情報が掲載されていました^^
やはり、雑誌にヤマトが登場しますと、うれしいものです。
「興収40億円」「豪華BOX仕様」という言葉もうれしい^^
「プレミアム~にはポストカード型解説書を封入」という言葉もやはり気になります・・・。どうしようかしら・・うれしい悩み。
また、他のDVD&BD情報誌にも、少しヤマトが掲載されていました^^

震災直後は、本屋さんに行っても、立ち読みする気にもなれないくらいでしたので(生活上の切迫感が先に立ち)、雑誌を買うこともほとんどなかったのですが、今日この雑誌を手にして、心の中の何かがふたたび燃え上がってまいりました^^

「キネマ旬報 5月上旬号」も久しぶりに手にとる気になりました。「3月11日以降の映画界」という巻頭特集に心ひかれたためもあります。
徐々に復活する日常のいろいろでありますが、どこか、以前とは違うものが感じられます。
私の中の、何かが、変わったのだと思います。
それはまだはっきりと言葉にすることはできませんが。
cinema5
別窓 | 映像作品(実写版) |
ようやくおちつきつつ・・
先週は土曜まで学校行事もあり、日月も家族の世話でフル回転でしたので、ここ数日はPCをゆっくり見る時間がとれず、ブログも停滞しておりました。
ようやく今朝、少しネットチェックに始まり、「SPACE BATTLESHIP ヤマト」DVD&BDを最終的にどのバージョン購入にしようかしら・・と、考えてみる余裕も出てきました。すでにコレクターズBDは予約していますが、プレミアDVDの初回封入特典のポストカード型ブック(予定)がどんなものかしら、など少々興味ありまして、追加購入しようか迷っています(^^;)。復活篇ほど関連グッズをコンプリートするつもりはなかったのですが、いろいろ見ていると、やはり気になります。
いろいろな発売個所の独自の購入特典も気になりますが・・・。

余震もこのところ少なく、体調も徐々に回復してきましたので、心身ともに、少し落ち着いてまいりました。
もちろん、油断はできないのですが。
でも、「きもちもあらたに、前に進もう」という思いが確かに生まれつつあることは感じています。
あせらず無理せず、マイペースでまいりたいと思います^^
kodai16
別窓 | 映像作品(実写版) |
「英国王のスピーチ」
公開直後は見るつもりがなかったのですが、このところ気持ちも滅入っていましたので、いつまた余震があるかもと不安ですが、気持ちを少しずつ入れ替えていきたい思いもありましたので、何か映画を見たいと思っていました。ネットチェックしていましたら、「英国王のスピーチ」の予告編を見て、震災後初めて、こころから「見たい」と思えて、今日は時間もとれたので、すぐに映画館に飛び込みました。

イギリス、コリン・ファース・・とくると、かつて見ました映画「アナザー・カントリー」がすぐ思い浮かびます。そして、王室のお話ですと、最近の映画「クイーン」やTVドラマ「エリザベスI世」が思い出されましたが、このトム・フーパー監督、「エリザベスI世」の監督をされていたのですね。
堅苦しいお話ではなく、ひとりの人物がとても丁寧にじっくりと描かれています。言語聴覚士との心の通い合いを軸にして。紆余曲折を経て築き上げられる二人のきずなに感動も。
穏やかで静かな調べの音楽とともに、劇的な派手な展開というのではなく、ときにユーモラスにときにじわりと胸に迫る場面もあり、最後のスピーチには、じわじわと高まりゆく思いを感じました。スピーチの内容自体にも、今の私にしみいる、勇気づけられる表現がありましたが、なにより、困難を乗り越えようとするひとりの人物、そしてそれを支える「心」のある人物の存在が、励みになりました。
古き良き時代の映画の映像の雰囲気もかもしだされ、音楽とお話の一体感に浸れたすてきな作品。
見てよかったです。
sakura
別窓 | 未分類 |
「SPACE BATTLESHIP ヤマト」DVD&BDパッケージデザイン
いつもアマゾンサイトさまをチェックしていますが、ここ数日はお休み、久しぶりに見ましたら、コレクターエディションのパッケージデザインがUPされていました^^(プレミアムエディションスタンダードもUP画像のデザインで決定なのかしら??)
渋くてよいですね・・映画公開前に放送された特番のTOPの画像が、この地球防衛軍の碇マークだったと思います。公開までにわくわくドキドキしていた時の思い、公開後も何度も足を運んだ日々がよみがえってきて、とても懐かしい思いがします。
あと2カ月少々で発売ですね。
初めて見るときは、「復活篇」DVD&BDのときのように、まずはひとりでじっくりと見たいと思っています^^
cinema5
別窓 | 映像作品(実写版) |
最後のオーザック・・?
以前書きましたが、子供の塾の近くにあるダイソーでは、いまだに「SPACE BATTLESHIP ヤマト」オーザックが売っていました^^
それが、今日久しぶりに見てみましたら、あと二つ、磯のり塩がおかれ、そのうしろには通常パッケージの商品が並んでいました。これはもしや、最後のオーザック?
買わなくては!・・と、なぜか使命感に燃えましたね(笑)。
かなり前から、うす塩味はおかれなくなっていたのですが、磯のり塩はあったので、時々買っていました。
ここにくると、ヤマトを思い出し、感じることができた貴重な場でした。
さびしくなりますね。
大切に食べたいと思います^^
ozack
(追伸)
お見舞いのメールやコメントをいただいておりまして、どうもありがとうございました。
まだ本調子でないので、これにて失礼いたしますが、あとでゆっくり読ませていただいてから、
ご返事しますので、ご了承くださいね。
ではおやすみなさい・・。
別窓 | 映像作品(実写版) |
今期のドラマ
今日も朝から震度4にみまわれまして・・一日の始まりに今日の予定を立てていたのですが、その後に起こるたびたびの余震や地震情報を得ることで時間も過ぎ、予定も遅れ、結局、一日中また地震の状況を気にしながらの生活となってしまいました。
お買い物に行きましても早々にひきあげたり、子供を塾に送り出すときに、久しぶりに電車にひとりで乗せる不安と戦いつつ(表には見せませんが内心はとても心配)・・と、なにごとにつけ、生活のすべてを地震とむすびつけて、「どう在るべきか、どうしたらいいか」の決断に迫られます。

でもそれだけ、覚悟をもって日々すごしていくこと・・それこそが、「生きていく」ことの本質なのではないかしら、とふと思えてきました。とくに40代半ばを過ぎた私ですから、今回のことは、これがきっかけに「今を大切に生きること、日々の生活を覚悟をもってすごしていくこと」が以前にもまして大切に思えますし、それが「悔いなく生きる」ことにもつながるので、これからの私の人生にとってよかったのかもしれません。
「何を守り、何を残したいのか」・・常にそれを考えながら、生活や備蓄品、非常用品の準備もしますから、私自身の身をいったんそぎ落とし、本当に必要なものから積み上げて組み立てていく・・「私」を再構築することにも役立ちそうです。

前置きが長くなってしまいましたが(と申しますか、今日はようやく別の話題を書くきもちになりまして^^;)、この4月スタートの注目TVドラマ作品についてです。
地震があるときにはじっくり見ることはできませんが、今は映画館よりも自宅でこまめに時間を見つけてみる方が、少し気分転換にもなりますから、今期のドラマに期待しています^^

まずNHKBS2で先週からスタートした「デスパレートな妻たち6」。これは最初のシリーズからずっと見てきていますが、たんなる主婦のドタバタドラマではなく、それぞれの家庭や過去をもった個性あふれる女性たちの生き方、価値観が、ときにユーモアを交えたり、さまざまな人間ドラマを通して描かれています・・が、単なるホームドラマではなく、サスペンスやスリルの雰囲気も漂う、奥深い作品です。今回はどのような展開になるのか、楽しみです^^

そして明日放送スタートの「24ファイナルシーズン」。これも最初から見ていますから、本当に楽しみ。ジャックバウアーがどんな危機に立ち向かっていくのかしら、事前情報は全く目にしていませんので、24の世界にどっぷりと浸ってみたいと思います^^

そしてそして、TBSにて日曜放送スタート「JIN」。待ち望んでいた作品です。以前、このブログでも書いたことはあったと思いますが、映像のすみずみまできめこまかく気を配られた作品と思います。今回も、この世界に入り込んで、一緒にタイムトリップしたいと思います。そして、すばらしい人間ドラマを期待しています^^

今期のこの3作品は、どれも私の本命といっていいくらいお気に入りのドラマですので、とても期待しています。
原則、計画停電もなくなったとのことですので、録画予約に穴を開けずにすみそうですから、それぞれの作品をしっかり受けとめたいと思います。
別窓 | 未分類 |
一進一退・・でも
風邪は徐々にですが回復傾向にあります。初期症状がインフルエンザかと思われるほどのだるさでしたが、それほど熱も出ず。回復にも時間がかかるのは年のせいかもしれません(^^;)。
子供の受験や学校の委員や母のサポート、地震、停電、原発・・いろいろまとめて押し寄せてくるので、どうもまだ心の整理ができません。力加減、さじ加減・・わかっているようで、まだつかみきれません。バランス感覚、というのでしょうか。私の中の「これ!」という方針が固まってくれば、なんとか乗り切って行けると思うのですが、まだ気持ちが処理しきれず。
これが固まらなければ、ブログやサイト運営もなかなか踏み出せません・・・。

そしてさらに追い打ちをかけるように、震災1ヶ月後の今日の夕方からまた大きな地震とその余震が数分おきに起きている状況。あれから1カ月たち、少し正常にもどりつつある街中の雰囲気も、夕方の地震では誰もがあちこちを見回したり、近くの人に「揺れてますよね・・かなり」と。直前に誰かの緊急地震速報が鳴ったような気がしたのですが、私のはならなかったので、まさか空耳!?・・などと思ってしまっていましたが、めまいがするくらいの酔ってしまいそうな揺れ。自宅で大きな地震を感じることが多かったので、地下のショッピングセンターでの揺れは、少し恐れも感じましたね。もともと検討していた携帯用ライトや乾電池式携帯充電器をそのあと即購入。今後はいつも携帯しておきたいと思います・・夕方から夜の外出が多いので。

自宅に戻ってみると、最初の地震ほどではありませんでしたが、あれ以来初めて、また物が散乱していました。あれから一カ月・・何か変わってきた兆しを感じていましたが、またひきもどされる思い。何も変わっていない。いつも心のどこかで不安を抱えている。

でも、前と確実にちがうことは、多少のささいな余震には、子供も私もびくともしなくなったこと。平然とすぐに今やるべきことに立ち返ることができます。大地震が起こる前は、たまに起きるちょっとした地震も気になりましたが、今やただふらふらする程度、こんなことくらいたいしたことない・・そう思えている自分たちは、少し強くなったように感じます。
・・負けない・・
日常生活を営む上でいろいろな障害がある・・そのひとつにすぎない。
いちいち動じず、前に進む勇気をもとう・・そうすることができるようになったことが、この震災の前と後の私と子供たちのほんの少しの、でもとても大切なちがいですね。
その他にも考えはじめますと・・前にも書きましたが、ガソリンや食べ物を大切に無駄なく使おう、いざという時のための安全対策備蓄は万全に・・などの意識が、より実感を伴って強くなりましたね。
少し変わった私たち、たしかに前に進むしかありません。
kodai15
別窓 | このヤマトブログについて |
ダウン
今日はやはり発熱あり、午後は学校の役員決めの懇談会があるので、体に鞭打って参加。
今年は受験の年なのでできれば軽めの役をと思っていたのですが、皆がひいてしまう役に、一進一退を繰り返し仕方なく、くじ引き。私と同じく受験の人と二人で当たってしまい、皮肉なものです(役の経験者は除外してほしかったのですが、一律とされ)。
不調なので気弱になりまして、体がもつかしら、と。
計画停電が6/3までなくなった、ということですので、とにかくペースを保ち回復を目指します・・来週から通常フル回転の生活がまた始まりますので。
今日は少々しんどいので、これにてお休みします^^
sasha
別窓 | このヤマトブログについて |
「SPACE BATTLESHIP ヤマト」BD&DVD予約開始!
ビッグニュースが舞い込みました。
ヤマトクルーさまよりメールが届きまして、「SPACE BATTLESHIP ヤマト」BD&DVD発売情報を知りました!
6/24(金)発売です。
いろいろなバージョンがあるので、特典や価格も異なりますし、どこで購入しようか検討中です。

以前アマゾンさまでDVDのページが見つかりまして、予約開始したらメールを送ってもらうことにしていたのですが、いつの間にかそのページが削除されていまして、おかしいな、と思っていたところでした。
突然のサプライズで、実は、今夜は疲れも出てきたか風邪をひきましたようでだるく微熱があり、すぐに寝ようと思っていたのですが、寝るに寝られなくなってしまいました(^^;)。だるいのですが、妙に頭がさえてきてしまいました。血流も増して温かくなってきましたし(さっきまで寒気がしていたのですが)、ヤマトのパワーは、やはり私にとって活力の源です^^

地震のあと、1カ月弱しかたっていないのですが、もう2カ月くらい過ぎているような気分でしたので、「SPACE BATTLESHIP ヤマト」が上映されていたころが、とても懐かしく思い出されます。
あのときの思いがよみがえってまいりますが、これからまた見ると、どのように感じるか、私自身に対しても興味深いですね。またハンカチ必須でしょうか。

アマゾンさまでは、コレクターズ・エディション(BD)がすでにDVD部門のベストセラーランキング6位だったのですが、今見ましたら4位に上昇!
すばらしいです!!
なんだかとても気分がエキサイトしてしまって、少しだるさも感じなくなってきたような気がします(笑)。
封入特典映像特典もとても充実しているようで、とにかく楽しみです^^
cinema8
ひさしぶりに、いい夢見られそうです^^おやすみなさい・・

(追記2011/04/07/23:50)
・・と思いまして、寝はじめたちょうどその時、緊急地震速報が。
ひさしぶりにかなり大きな余震に、家族みな飛び起きました。
まだまだ気を抜けません・・・。
別窓 | 映像作品(実写版) |
復活篇アフレコ・・!
「宇宙戦艦ヤマト復活篇」副監督さまのブログによりますと、「(復活篇DC版の)1回目のアフレコが行われた」とのことです。
その他にも効果音につきまして、うれしいお話が^^ 
とても楽しみですね。
どんな時にあっても、こういうお知らせには、こころがかきたてられます・・じわじわとうれしさがこみあげ、わくわくしてきました^^
やはり、私にとって、ヤマトの力は絶大です!
kodai14
別窓 | 映像作品(復活篇) |
新年度にあたり
今日は子供たちの学校の始業式。
先月の大地震以来、生活を維持していくことで精いっぱいでしたので、いつもほどに行事のひとつひとつをかみしめる気持ちのゆとりがなくて、さらりと修了式もすぎていきました(もちろん、子供たちへの声かけはしてきましたけれど)。
ようやく少し生活も落ち着いて(このところ計画停電がないことも幸いしています)、気持ちも新たに新学期にのぞみたいです。ですが、まだときどき緊急地震速報もなりますから、油断はできません。


あれからもうすぐ1カ月を迎えますが、被災地の方々の状況は、まだまだ大変なご様子。
加えて、直接の被災地にないけれどもその周辺への経済的精神的影響も問題になっています。不安からくる必要以上の購買行動(買いだめ&買い控え)にいたらぬよう、心がけたいものです。
また、以前にも書きましたが、被災地の方々への思いを絶やさずにいることは大前提にありまして、でもしかし、日本全体が意気消沈し、経済活動が低迷することは避けたいものです。
これらは最近、TVでも話題にされているので、心強く思います。

そして、これも以前書きましたが、「今後のエネルギー消費の在り方を考える転換期にあるのでは」ということです。まったくの素人考えでおそれいりますが(過去にエネルギー会社に勤めてはおりましたが電気専門ではありませんので^^;)、私は極論すれば、日本全国、一度は停電の日を設けて、停電生活を経験すべきであると思っています。「原発を何の問題もなく大賛成」というきもちはまったくありませんし、でも一方で、「原発をまったくなくして他の発電方法を」とも、現在の社会をみますと、大変難しいと思っています。
今後のエネルギー消費について考えていくうえで、まず、インフラにおいては、「より徹底的な安全対策を万全にする」というのは大前提でお願いしたいところです。そして、一方の消費者においても、たとえば、「消費電力を極力抑えるような電気の使い方をする社会とする」など、「どのようなくらし方をするのか」「どのようなエネルギー消費をしていく社会にしていくのか」を、多くの方がひとりひとり、自身の問題として考えるべき時を迎えているように思うのです。それは、「どのように生きるか」の人生観や物事の価値観にもかかわってくるテーマでもあると思います。
それには、停電を経験し、ゼロから積み上げるように「本当に必要な個所をさぐり、電力をどのように供給したらよいか」を考え、さまざまな状況におられる方々の存在をわすれることなく、よりよいエネルギー消費の在り方を見出していく努力が必要になってくるのだと思います。私の浅薄な知識からでは、おおよそライフラインや企業、病院(在宅介護も忘れてはいけないと思います・・)などはまず重要と思い浮かびますし、各家庭に対しては「平等に」健康的な食住を営める環境をできるだけ維持できるようであってほしいと思います。このような事態にあるので、すでに各家庭で節電を心がける土壌はもちろんできつつあると思いますが、完全な停電状態が日々続いていきますと、生活リズムが狂い、体への負担や精神的消沈の蓄積が日々の生活の活力ダウンにもつながっていきます(先月の停電の日々では、最低限の生活維持のほかに余暇を楽しもうというきもちなど起きませんでした)。

新年度を迎えるにあたり、私自身が今後の生活を考える上でのきもちを確認するために、僭越ながら、現況までを振り返って、思うところを書きました。
より多くの方々が、希望をもって生活していける日を迎えることができますように、心からお祈り申し上げます。
さて、これから近くのお店に様子を見に行ってまいります。以前に比べますと、かなり品数も増えてまいりましたが、まだ一部品薄状態のものもありますので。
今日はヤマトネタでなくてすみませんが、通常運営しつつも、この話題には時々触れていくと思います。
earth
別窓 | 未分類 |
「タモリ×SMAP」特別番組
今夜フジTVにて放送予定の「タモリ×SMAP」宇宙関連特番では、松本零士さん監修による「はやぶさ」のアニメが放送されます。
さいわい、今夜は計画停電がないので、TVを見ることも録画予約も可能なので、しっかり見守り、保存したいと思います。
ヤマトも、番組中のどこかで登場してくれたらうれしいです。
宇宙飛行士の方々もご出演とのこと・・多くの方の心に、夢や希望を思い出させてくれるとよいですね。
ヤマト
別窓 | ヤマト関連TV番組 |
「ささきいさおTV主題歌大全集DVD」
大地震の起こる直前の日に、手元に届いていた「ささきいさおTV主題歌大全集DVD」
先にひとりで軽く目を通して、ブログに書いていましたが、先日、ようやく子供たちと一緒に見ることができました。
知らない作品もありましたが、子供時代の昭和の懐かしい頃が思い出されるような作風に、ひととき、息抜きできました。また、見たことのあった作品は、もう一度見返してみたくなったり(とくに『銀河鉄道物語』は、ヤマトが復活する前、ヤマトの世界に似たところを見出してかなり楽しめましたので^^)。
子供たちも興味深く見ていましたね。ささきいさおさんのCDはよく聴いていましたから、おおよそ耳慣れていましたし。
勇気や夢や希望を歌うささきいさおさんの歌・・次の世代にも受け継がれていくとうれしいですね。
sta025
別窓 | ヤマト音楽 |
| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |