心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
ヤマトTV BD-BOX
残念ながらまだ鑑賞に至っておりませんが(^^;)、ようやく開封しました。
まずは、これだけでかなり満足しています^^
箱のデザインがステキ。赤の矢印がこのような形状でデザインされたものとは、実際に手にとってみて初めてわかりました!
黒地に古代、沖田、デスラーの白い線画がデザインされたBDケースもステキ。マニアな心がくすぐられます(笑)。それにしてもBDですと、とてもコンパクトになるのですね。これには感動・・。
早くじっくりと、内容も鑑賞したいです!(絵コンテ、オーディオコメンタリーなどなど・・ブックレットも充実してそうですし)

パート1は多くの方の評価の高いシリーズなので、このような豪華な雰囲気のBOXが企画されたのかもしれませんが、他のTVシリーズ劇場作品BD化も期待しています。
kodai3
別窓 | ヤマト関連グッズ | コメント:0 |
2199第4話 (ネタばれあり)
久しぶりに2199第二章BDを見ました。
かなり小型のTVですが母の遺品が私のもとにまいりまして、そこにささやかながら私専用のBDデッキをとうとう購入決意、接続(これまで家族の録画とかちあって、なかなかBDを再生することができなかったもので・・それに最近、ヤマト関連のBDが増えてきましたから)。小さい画面ですが映像はクリアなので、ちょっとチェックしたいときには便利。モニター感覚で鑑賞。

念願のコマ送り再生を、第二章第4話にてトライすることができて、楽しめました。
古代とユキの微妙な目線のずれや表情のタイミングをじっくりと確認^^
そしてまた、映像では見逃していた一瞬の表情なども。
お気に入りのユキの表情も発見^^(ゆきかぜを見上げる表情・・つんけんしている彼女ばかりでない、本当の彼女の心の中が垣間見られるような・・こんな表情が今後たくさん見られるようになると、うれしいですね^^それが古代に向けられていけばなおさら!) 
古代の銃撃戦のシーンはかっこいい。懸命な姿勢がいい。険しい顔をする時がすてき^^

サイト「古代進case study」2199ページに書き忘れましたが、火星のサーシャの墓、ゆきかぜのもとにある墓は、最初に見たときから、999ハーロックの世界に似ている、と感じていました。トチローの墓をまず思い出しましたね。また、アンドロイド(?)は、ヤマトの世界の「さらば」のデスラーが利用していた操り人形などとはちがって、999の機械化星人をイメージしてしまいました・・どこか、意識下で松本作品がリンクしているような気分。それもまた、ヤマトの原点を思い起こさせるようで、私にとってはよい感じです^^
2199cine12
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
近況
連日の猛暑に、少々バテ気味です。
みなさまもお体大切にお過ごしください。

先週はもろもろの用事が立て込んでおりまして、なかなかPCに向かうことができず、久しぶりの更新です(これだけヤマト関連商品が発売されたにもかかわらず、という意味で^^;)。
それでも、先日、不在通知を受けることなく、「ヤマトクルー限定版 2199第二章DVD」「宇宙戦艦ヤマト TV BD-BOX」が無事に届きました^^
ですが、「YAMATO SOUND ALMANAC」シリーズCDとともに、いまだ開封しておりません(^^;)。

来週後半から、長期旅行を予定しておりますため(受験の年の谷間でもあり、めったにない機会ですので)、余計にもろもろ立て込んでしまっているのですが、出発前までに一度は開封してそれぞれ確認しておきたいものです・・何かあっては、心残りとなってしまいますから。
サイトブログ更新も、思っていたよりも作業が停滞してしまっておりますが、できる範囲で試みるつもりです。
とりいそぎ、近況報告まで^^
sta2
別窓 | このヤマトブログについて | コメント:0 |
「宇宙戦艦ヤマト TV BD-BOX豪華版」
先日発売されました「DVD&ブルーレイでーた 2012.8」に、見開きで「宇宙戦艦ヤマト TV BD-BOX」が紹介されていました。パート1の世界について、登場人物、ヤマトの魅力について。そして、今回発売のこのBD-BOXの内容紹介・・かなり以前に予約しましたので私が忘れていたのかもしれませんが(^^;)、あるいは発売直前に新たに発表されたのかわかりませんが、とても充実した内容のようで、さらに楽しみになりました^^
2199DVD&BDでも好評のようですが、音声解説が数話あったり(2199と同様に行われているかはわかりませんが)、いろいろな資料が多々おさめられているのには、わくわくします^^

いよいよ明日発売。
すでに早々に、今朝、通販の発送メールが届きましたので、今日明日には届きそう^^・・不在時に遭遇しないことを祈ります(^^;)。
どの記事カテゴリに含めたらよいか迷いましたが、特別パック商品ですから、「ヤマト関連グッズ」に。
oki2.jpg
別窓 | ヤマト関連グッズ | コメント:0 |
2199BD&DVD(ネタばれなし)
今夜は少し夜更かし。
朝4時半には起きてお弁当づくりがありますが、主人出張となると、久しぶりに2199BD&DVDをゆったり気分で見たくなり・・。家族がいますと、どうしても雑音が多すぎますから(^^;)。
すてきな映像と音楽をじっくり堪能したいのですね。

まだ回数の少ない第二章BDをまずは、と見ていましたら、ごそごそと、知らぬうちに息子が起きてきてしまい、しばらく一緒に見ることに^^
第3話を見終わって「やっぱりいいよね、2199。リアルだし」と。私もワープと波動砲の迫力ある映像とテンポある展開に、すっかり入り込んで見ていたので、思わず「やっぱりいいわ」と。
夏休みで時間に少しゆとりがあるので、たまには夜更かしさせてもいいかな、と、第4話まで一緒に見ました。登場人物たちのことばの掛け合いも楽しんでいる様子。
娘は連日の部活で見る暇なし、夜もすぐに熟睡なので、感想聞けず、少々残念。

息子が寝た後、久しぶりに第一章を見ていたら、この2199を見ることができてうれしくて、感謝の思いでいっぱいになりました。
これからの展開が楽しみです・・それはお話の展開がどうなっていくかの楽しみとともに、この作品がいつかTV放送になったときのことを思うと、世の中の多くの方がどのように感じられていくのか(とくに子供たち)、ということも楽しみなのです^^
yuki10
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
「ワンダーフェスティバル2012夏」×「2199ヤマト」
7/29(日)に開催予定の「ワンダーフェスティバル2012夏」にて「2199ヤマト」のブースが設定されるとのこと、以前から気になっていまして、できれば行ってみたいと思うのですが、週末となると難しいですね・・・家族の世話がありますから。
展示内容も気になりますが、グッズ販売も多々ある・・と昨日のヤマトクルーさまからのメールで知り、急に気持ちが落ち着かなくなってしまいました・・・。フィギュアやモデルにはそれほど強い思い入れはなかったのですが(もちろんしがらみがなければ行ってみたいですが^^;)、新たなヤマトグッズには、心が騒ぎ出します。
通販でも取り扱っていただけるとうれしいのですが。
興味ありますのは、山本のペンダント(できれば仕上がり済みのもので^^)、メモ紙袋、紙コップですね。とてもほしい・・。
行ける方、うらやましいです。
yamato2199
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
YRAラジオヤマト 第9回
ようやくラジオヤマト第9回を聴きました^^
今回のゲストはむらかわみちおさんでしたが、とても楽しかったです!
とてもお話がお上手で、テンポよい語りが心地よく、内容もとても興味深いものばかりで、充実していました^^
コミックは、過日感想を書きましたが、これからも楽しみにしています。

その他にも、2199第二章の感想がたくさん紹介されまして、いろいろと聴けてよかったです。
活気が増し、いよいよ本格始動・・軌道に乗りはじめたような雰囲気を感じました。
あと17回も聴けるのですから、本当に楽しみです^^
2199cine12
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
ヤマトクルーグッズ
ここ数日は、子供たちが夏休みに入り、ふだんの生活もひとくぎり、日ごろできないケアなどであわただしく・・予防注射や人間ドック。そしてまた新たなステップへ・・。

このため、五月雨式に不在通知が届く中、宅配の方にも頻繁にお世話になりつつ、ヤマト関連グッズも続々と手元に届いておりましたが、まだ充分鑑賞するに至っておりません(^^;)。
一昨日届きました「YAMATO SOUND ALMANAC」CDは、ヤマトクルー限定レアトレカつきでしたが、そのデザインを事前チェックしていませんでしたがCDジャケットデザインが使用され、全部集めると、よい記念になりそうです^^
また、第一章第二章ダイジェストクリアファイルは、昔のムック本のように、映画を見た後にビジュアル的にさっと思いかえすのに役立ち、すてきですし、とても気に入りました^^
むらかわみちおさんのイラストのクリアファイルは、その柔らかなタッチが、これまでのヤマトにない雰囲気で、2199のかおりのする、すてきなグッズでした。

ところで、最近のヤマトグッズに多いクリアファイルもかなりたまってきまして、どのように保管するか思案中です。やはりもったいなくてなかなか使えないので、気軽に見ることができるような保管方法がないかしら、などと。
いずれにしましても、あわただしい夏休みですが、合間にこうしたヤマトグッズを楽しめそうな状況にあることは幸せなことですね。
kaiho1
ヤマトクループレミアムサービスのお知らせは
 いつごろかしら。
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
若干修正
昨日UPしましたサイト「古代進case study」の中の、2199ページにおいて、パート1第8話のユキのセリフが間違っていたのを直し忘れたままUPしてしまいましたので、本日修正しておきました。失礼いたしました。

さて、いよいよ子供たちの学校も今週で1学期が終わり、夏休みに突入します。
それぞれの生活領域があるので、ばらばらに過ごすことも多く、しばらく落ちつかない日々を過ごすことになりそうです。
そんな中でも、時間を見つけて、ヤマトの世界に触れていきたい、と思います^^

ラジオヤマトは第8回までしか聞いていないので、早く第9回を聞かなくては。
いよいよ、「YAMATO SOUND ALMANAC」の発送メールも届きましたし、来週は、「2199第二章DVD&BD」「TV BD-BOX」も発売となりますね。
うれしいことです^^
yuki5.jpg
別窓 | 「古代進」サイトについて | コメント:0 |
更新しました
いつものことながら、つたない表現でおそれいりますが、サイト「古代進case study」にて、2199のページを作成、私なりの2199への思いをつづり、更新しました。
誤字脱字リンク切れ等ありましたら、どうぞおしらせくださいませ^^
yuki9
別窓 | 「古代進」サイトについて | コメント:0 |
2199主題歌、エンディング曲CD
これまで迷っていました2199主題歌、エンディング曲CDを、遅ればせながら購入、そして聴きました。
思っていたよりもずっとよかったです。

まず「宇宙戦艦ヤマト/真赤なスカーフ」
ささきいさおさんの低音のお声がひびく、ややリズミカルなヤマト。yuccaさんのお声も違和感なくすてき。
真っ赤なスカーフも思っていたよりもアップテンポ。
ともに、そのテンポの良さによって勢いがあるので、ささきいさおさんが、2199とともに復活してきたような印象(もちろん、現役でいらっしゃるけれども、あの頃のヤマトが力強く新たによみがえった、という感覚なので『復活』)。
長年を経て、あのころとは違って、今のささきいさおさんの深みを帯びたお声で、新しいヤマトの世界を魅せてくれました。
かつてのOPとEDのCDはすでにあるから、と思って買い控えていた私が浅はかでした(^^;)。

そして「星が永遠を照らしてる」「美しい地球を知る者よ」は、ともに2199のエンディング曲。
映画館での上映では、2番まで流れていましたので、DVD&BDでの1番だけではなんとなく物足りなかった・・というのを、CDを聴いて、強く確信しました。2番までしっかり聴くことによって、この歌の世界をより深く味わうことができます。そして、映画の余韻にも浸れました。

買ってよかったです・・2199のサントラはまだ発売されていませんし、この二つのCDのおかげで、映画の余韻にじっくりと浸れます。カラオケの方も、BGMとしても楽しめますし。

CDのピクチャーレーベル(?といってよいのかしら)も、古代とユキの制服でデザインされ、二つ合わせて購入してよかったです(CDの背表紙の文字もそれぞれ赤と黄色を使われていて、古代とユキを意識されているのね、と思うと、細部までいろいろと配慮されて制作されていることがうかがえて、とてもうれしくなりました)。

最後になりましたが、スタッフリストの欄に、かかわられた方々のお名前がしっかりと明記されているのを見ますと、それぞれの方の意気ごみや姿勢が感じられて、とてもうれしくなり、感謝の思いでいっぱいです。
yuki9
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
「ANIME KINEJUN vol.2」
今日は、息子がかねてから楽しみにしていたポケモン映画の初日。
近くの映画館はものすごい人であふれていました・・みな子供たちはDSをもって・・。異様な熱気と雰囲気ですね・・映画というよりイベントに近い雰囲気。ポケモンキャラをもらえるというので、みな勇んで来るのでしょう。
ヤマト2199が昨日まで上映されていました新宿ピカデリーも、「イベント上映」という言葉通り、ふつうの映画を見に来られる雰囲気とはどこか違って、熱気というか、独特の高揚する空気感がありました。

ヤマトの時とは力のいれ具合がまったく異なりますので(笑)、至って気楽に・・途中睡魔にも襲われつつ(^^;)見ましたが、今回のお話は三銃士をモチーフにされているようで、個人的には少年の自立がテーマのような私好みの内容でしたし、子供にも分かりやすいストレートなお話で(ただし、成長するのはポケモンで、人間はただ見ているだけ、というのがいつものことながら気がかり^^;)、山寺宏一さんのお声も楽しめてよかったです^^ 聞くたびに、2199ヤマトのデスラーのお声を思い出して楽しんでいました^^

さて、話は戻り、映画を見る前、売店に行きますと「おおかみこどもの雨と雪」が表紙の雑誌がいくつか。
そのうちのひとつの、このブログ記事タイトルの「ANIME KINEJUN vol.2」には、「宇宙戦艦ヤマト2199」が6ページにわたって紹介され、うち2ページは作品紹介、あとの4ページは「メカアニメはヤマトが変えた!」と題する出渕監督西井チーフメカニカルディレクターによる特別対談です。2199のお話だけでなく、1974年のヤマトから今に至るお二人の熱い思いがよく伝わってくる内容ですし、ヤマトファンでありながらもお恥ずかしいメカ音痴の私にも、「ああ、そのようにヤマトのメカについて考えを進められてきたのですね」と具体的に知ることができまして、私にとってはうれしい内容でした。

読みまして、あらためて、2199ヤマトを形にしてくださったことに感謝。
これからも応援しています!

(その他、TOHO CINEMASシアターカルチャーマガジン『T.』では、ヤマト2199サイボーグ009が1/2ページのスペースに一緒に紹介されていました。わずかですけれど、うれしかったですね・・・ただし、先の雑誌も発売日は当初7/10(キネマ旬報における広告より)となっていましたが、7/13に変更され、第二章イベント上映には間に合いませんでしたね・・もう少し早く多くの方の目に情報が触れるとよかったのに、と思いました)
2199eve1
2/18発進式の様子について、BD特典映像として、
  過日放送されましたファミリー劇場特番にない
  映像も多々おさめられていましたので、
  とてもうれしく、懐かしく思いました^^ 
  今後の映像特典も期待しています!
  (ヤマトークナイトなどもできれば^^
   オーディオコメンタリーは全話期待したいところですが、
   もしかしていつかあるかもしれないBOX発売までのお預けかしら、
   などとあれこれ思い描いています^^;)
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
2199劇場限定版BD
昨日、2199劇場限定版BDが、無事に届きました。
運よく映画館に行けたこと、そもそもこの作品と出会えたこと、すべてに感謝いたします。

本編映像の鮮明さ、美しさ、すばらしさはもちろんのこと、各話ごとにOP、EDがついていますから、歌もしみじみと味わえ、EDに流れる映像がどの映像から構成されているのかも興味深く、ほどよい余韻を味わせてくれて、楽しめます。
また、各話の終わりに次の予告が流れますから、それもまた魅力あります・・言葉を大切に、力強く発せられる予告の語り、私はとても気に入っています(ナレーションは、映画館では桑島さんですが、DVD&BDでは菅生さん・・ともにそれぞれのすてきな余韻を感じさせてくれて、とても味わい深いです)。

そして今日、ようやく、ささきいさおさんのCDとEDCDも無事に到着。
しばらく2199の余韻に浸る環境が、整いました。
ほんとうに、ありがたいことです。
yuki10
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
宮川彬良さんコンサート
過日のこと・・4月の宮川彬良さんコンサート(サントリーホールにて)へは行けなくなってしまいまして、涙しましたが、数日前に通りすがりに偶然コンサートのポスターを発見し、住まいの比較的近くで今夏にコンサートが開かれることを知りました。
そういえば、昨年も開催されていましたが、子供の受験前でそれどころではありませんでした。
運良ければ今年は行ってみたいと思い、調べてみましたら、もうかなりチケットは売れてしまいまして、とても端の後ろの方しかあいていませんでした。できればこれまでのヤマトイベントのときのようにお近くでお顔を拝見しつつ楽しいトークと音楽を楽しみたい、と思いましたが、近くゆえに家族を連れても行きやすいので、まずは家族で、を大切にして、行くことにしました。
曲目にはヤマトの楽曲はありませんが、トークの中ででもちらりピアノで弾いてくださったりしたら、とてもうれしいな、と思ったり・・期待してしまいます^^
いずれにしましても、この前のリベンジ(!?)、また宮川彬良さんと過ごせる時間がもてることを楽しみにしています。

さて、2199ヤマト音楽イベントがこの秋開催されるようですが、いつどこでどのように開催されるのか、とても気になりますね・・・ぜひとも行ってみたいのですが、家族の予定と調整がつくか、気がかりです・・。
すでに第二章において、いくつか気になるオリジナル曲も出てまいりましたので、イベント、楽しみにしています^^
sta025
別窓 | ヤマト音楽 | コメント:0 |
今日の映画館 ~第二章見納め
次回以降の上映では、どれほど行けるかわかりませんので、行けるときに・・と先週買っておきましたチケットがありましたので、やや悪天候で電車も遅れてしまったのですが、映画館に飛び込みました。

今朝は、ここに事前UPが間に合いませんでしたが、フジTV「めざましTV」にて6:46~49「宇宙戦艦ヤマト2199」が紹介されました^^ 2199第一、二章の映像と、TV版パート1の映像、そして出渕監督のインタビューが流れました。アニメ史上におけるヤマトの位置、今回のリメイクの意図するところなど、とても短時間でありましたが、きちんとまとめられていて、よかったです^^ 今まで宣伝メディアが限定的で、オープンな地上波での紹介は初めてだったと思いますので、それもうれしいです。
ただ、できれば上映スタートまもないころに放送されたらよかったのに、とは思いました。

さて、今日の映画館は、売店のグッズはやはりかなり少なくなっていましたが、行くたびに新しいものを目にできたのは幸いで、今日は古代の他、ユキの千社札ストラップもおかれていました。二つ並べられていますと、ツーショットには弱く、少し迷いましたが記念に購入(いったい『記念』がどれだけあるのかしら^^;苦笑)。自宅に飾っておくことにします^^
映画館のスペースは先週平日よりは若干大きいところで、やはり平日にしてはたくさんの方がいらっしゃいました。とくに今日驚きましたのは、とても女性の方が多かったこと、また若いカップルも数組。まさか今朝のTV放送がこんなにすぐに影響しているわけではないでしょうね・・・・でもうれしいです^^ 終わってから前を歩いていらしたカップルの女性が「おもしろかった・・!ほんと」と話されていて、これまたうれしかったです^^
第二章は登場人物たちの絡みが多いですから、女性に親しみやすいのではと思っていましたから(・・わが家でもBDが届きましたら(発送通知いただきまして今晩にも到着予定^^)、娘に見せて感想を聞くのが楽しみです)。

本編はもう・・今日は第一章ダイジェストから、BGMよし、効果音よし・・と、じ~んときてほほえみ、ヤマトを見送る・・そして第二章オープニングよし、、とただただひたっておりました。声優さんのお声も、すっかり私の中になじんでいますし、見ているだけで、2199の世界が心地よく感じられるようになっていました。
そろそろ・・様子を見まして、サイト「古代進case study」に2199感想をUPしようかしら、と文章の細部をチェック中です。ネット上ではかなりオープンに感想が書かれているところもありましたので、未見の方にご迷惑にならない形で、復活篇のころのようなスタイルで表現してみようかと思います・・ただ、第一章についてはまだUPの方針が定まらなかったことやあわただしかったので、保留にしてありますので(^^;)、まずは第二章からUPになるかと思います。
2199ci21
↑今日はチラシは置かれていませんでした。
  巨大広告はありましたが、少しさみしいです。
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
2199コミック(ネタばれなし)
むらかわみちお氏による「宇宙戦艦ヤマト2199(1)」が、無事に今日届きました^^

さっそく読み始めますと、いっきに読みすすみ、終えました。
ニュータイプエースにおいて最初の方は読んでいましたが、その後続く展開は、アニメにないセリフやシーンを挿入することによって、登場人物たちの思いがより具体的に描かれることになり、とても楽しめました^^ アニメで「こういうきもちなのかしら」と推測していたことが深く描かれているとうれしいですし、また思いもかけない一言が加えられたりしていますと、そんな視点も楽しく(山本のセリフなど・・)、その視点でいくとどのような展開になるのかしら、とわくわくしてみたり。
とくに、古代が沖田に、ユキが古代に、という構図がより明確に描かれ、その思いの深さや確かさを確認できまして、よかったです^^ 古代とユキの関係が今後どのように変化していくか、コミックにおける表現がどのようになされていくか、とても楽しみになりました。

ちょうど、2199第二章を見てはいたものの、まだBDは手に入らず、悶々としていた時に久しぶりに第一章を見まして、復習していたところでしたから、このコミックとの違いなどをすぐ識別できまして、楽しめました。
コミックですと静止画なので、ひとつの場面にもたくさんの情報が落としこまれていますから(とくにセリフなど)、ほかのセリフやシーンも追加されて、お話に深みと変化を見ることができ、とても読み応えありました^^

また、キャラのお顔が微妙にアニメと違う雰囲気を醸し出されているのですが、どれも生き生きとしてうれしいですね・・とくに、古代は、かわいらしくかっこいい・・という、ほどよいバランスが保たれていて、とても好感がもてるのです。少し悩んでいる様子には手を差し伸べてあげたくなりますし、少し熱くなったときには見とれてしまいますし(それはどんなときも、でしょうけれど^^;自分の年を忘れて:笑)。

これからも楽しみにしています!
kodai1
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
グッズ展開の勢いと思いあれこれ
「宇宙戦艦ヤマト2199」のイベント上映が4月にスタートしたころからの、ヤマト関連グッズの発売が相次いでいますね。いつ何が発売され、どれを購入しようかしら・・と考える楽しみは、本当にうれしいことです・・が、最近は少々私自身混乱気味。発売され配送予定日が遅れているようでしたり、購入予定のものが品薄ですと到着までに時間がかかりまして、スケジュール管理が若干混乱・・。くれぐれも、みなさまも、お財布との検討も忘れずに^^

さて、7/10発売予定でした「宇宙戦艦ヤマト2199(1)」(カドカワコミックス・エース)は、アマゾンさまで予約していましたが、サイトで発売予定が7/7に表示変更されていたので早めに到着するかと思いましたら、配送は遅れるとのお知らせをいただき、今日届くかもしれませんが、その後サイトを見ますと、もう品切れ状態のようで・・(『出品者より』と表示されていますので)驚きました! 
昨日、コミックに力を入れている書店いくつかを回るチャンスがたまたまありましたので、見てみましたが、どこにも店頭には置かれていませんでした。手元に到着するまで落ちつきません・・。

また、先日遅ればせながら申し込みました、ささきいさおさんの「宇宙戦艦ヤマト/真赤なスカーフ」、「星が永遠を照らしてる/美しき地球を知る者よ」のCDは、入荷待ちでしたが、ようやく配送予定のお知らせが届きました。

これらの予定も少し見通しが立ち、2199関連のグッズもとりよせたし・・と、やや落ちつき始めたところへ、今度は、ヤマトクルーさまからの「『YAMATO SOUND ALMANAC』シリーズ受付開始!」のお知らせが・・・。
とてもうれしいです!各CDごとにトレカつき、とのことですし。でもどうしましょう・・配送料は何枚ごとに加算されるのかしら、と、もう一方の頭ではすぐに試算(^^;)・・落ちついて頭を冷やして、検討していきたいと思います。
ところで、少し前に、ジャケットデザインが公開されたことは知っていたのですが、書き忘れていました。かつてのレコードジャケットのデザインが生かされ、落ちついた感じですね・・実際に手にとることができる日を楽しみにしています^^

そうそう、劇場限定版BDについては、まだ何の音沙汰もなし。
やはり配布終了ぎりぎりに用紙をいただきましたので、発送は最後の方かしら・・と。
yuki5.jpg
↑そういえば、急に思い出しましたが、
  2199第二章にユキのこうした表情は登場しませんでしたね・・
  (たしか冥王星基地が水没していく様子を見ての表情だったかと。
   急に懐かしくなり、パート1を見直してみたくなりました・・
   そうそう、ちょうどもうすぐTV版BD-BOXが発売されますから、
   この夏はお気に入りのヤマトグッズに囲まれ、ヤマトの世界を
   満喫できそうです^^
   ただ、その時間がどれだけ確保できるか、が課題ですが^^;)
別窓 | ヤマト関連グッズ | コメント:0 |
今日の映画館
昨日UPする予定でしたが、猛烈な睡魔に襲われてしまいましたので、断念。
本日UPしました。
------------------------------------------------
平日より開館時間が20分遅く、上映時間は同じ・・多くの方が列をなしていた今朝の新宿ピカデリー。
まだ雨が降っていました。
早めにチケット発券を、と並んでいましたが、雨が降っているためもあっての配慮か、予定より少し早めに建物に入ることができました。
発券を終え、すぐに、気になる売店へ。
先日入荷していた2199グッズはかなり売れてなくなっており、その代わり古代進千社札ストラップが少しありまして、現物を見ることができ、納得の上、購入^^
毎回のイベント上映にかかる予算を決めているのですが、若干オーバーに・・これを買いおさめにしよう、と思つつ。

息子は売店近くに展示されていたメカコレシリーズ2199ヤマトに見入っていました。
やはり男の子なんですね・・いろいろ質問されるのですが、答えられない私が少々情けなくなりました(^^;)。

入場も、平日より若干遅かったのですが、無事に座席に座りましたら、ほっとしました・・。
ほぼ満席だったのではないかと思われるほどの入りで(287席)、子供(小中学生?)連れの方も多かったように思います。

本編がはじまる前の第一章ダイジェストから、今日はうるうると・・おそらく、私の隣に息子が、また反対側のもう一方の隣にはどなたかの息子さん(中学生くらい?)がすわっていましたので、こうした若い世代の子供たちと一緒に見ていることに、感慨深いものを感じ(私自身がヤマトと出会い熱中しはじめた年代ですから)、はやばやとうるうるしてきてしまったのでしょうね。

ところどころ、息子は前のめりになり見入っていました(ワープや波動砲シーンなど)。
見終わって感想を聞きますと、「おもしろかった、気に入った」「次を見たい」とのこと。
私には全体的に、映像展開など、以前の作品よりも、とてもテンポが速かったり、戦闘シーンにおける専門用語的な言葉遣いが多い気がしまして、子供が状況を理解するのが難しいのではないかしら、と思っていたのですが、「まったく、全然(そんなことない、OK)」とのこと。意外と子供たちには抵抗なく、受け入れられるのかもしれません(子供なりの狭いキャパシティで受けとめているにせよ、ストレスを感じない、ということなのでしょうか・・娘は第一章で展開速すぎて目がちらついてしまう、ということがあったようで、人それぞれかもしれませんが)。
その他、いくつか感想があがりましたが、内容の詳細にかかわりますので、後日、サイト「古代進case study」に付記しようと思います。
yuki10
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:2 |
「宇宙戦艦ヤマト」「星が永遠を照らしてる」「美しい地球を知る者よ」
「星が永遠を照らしてる」「美しい地球を知る者よ」EDCD、発売前から買おうかどうしようかしら、と迷っていて、アマゾンサイトさまでの動向(ランキングや発送状況など)をチェックしていました。
「宇宙戦艦ヤマト/真赤なスカーフ」も同様。

ただいま、EDCDは音楽ベストセラーランキング317位で、上昇中のようです・・第二章公開によって、上昇しているのでしょうか。時々品薄なのか、2980円の価格表示もされるようになりました。
私はといえば、最近ヤマトクルーさまでも品切れ状態が続いていましたから、そのうち手に入りにくい状況になってしまったら・・と思いが高まり、このジャケットのユキを思いますと(過日もこのユキについてはひかれる想いがある、と書きましたが)、「やはり手元に欲しい、そして、映画の余韻に浸りたい」という思いが、ちょうどその価格変動がはじまる直前に、強くなってきまして、ささきいさおさんのCDとともに購入を決意したところでした。

BD&DVDが早めに発売されますので、耳にすることができないわけではありませんが、やはり音楽そのものだけ楽しみたいときにCDはよいものですね(私は運転中に音楽を聴くことが多いので)。
とくに、今回、第二章を見てから、「これまで登場した歌をよくかみしめてみたい」気持ちが強くなってきたようです。みなさん同じ思いなのかもしれませんね。

これから第三章以後、音楽面でどのような展開があるのかわかりませんが、楽しみにしています。
サントラCDがまだ発売されていないこともあり、「OP、EDの歌で、作品の余韻を楽しみたい」という気持ちがいっそう高まっているのかもしれません。
2199cine12
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:2 |
今日の映画館
久しぶりで懐かしい響きのする記事タイトルです。
「復活篇」「SPACE BATTLESHIP ヤマト」が近くの映画館で見られましたため、また前者はパスポートで見られる時期にもあたり、通うように見ていたころ、映画館の様子をこのタイトルで書いてUPしていました。

「ヤマト2199 第二章」について、まさかこのようなタイトルで記事を書けるとは思っていませんでした。第一章から間があいてあわただしさに紛れていましたこのごろでしたが・・心に火がついたようです・・
今週は、2199のことで頭がいっぱい。

今日、幸いにして(とんぼ返りでしたが)、2回目を見に行ってまいりました。
新宿ピカデリーの入口には、劇場限定版BDの用紙が配布終了、という旨のはり紙がありました。
チケットは飛び込みでしたが、少し早めに到着しましたので、前回の近くのほぼセンター(中央)にとれました。
売店には、前回ほとんど売り切れ状態だったのですが、少し補充されまして、人気の桜ヤマト第二章クリアファイル、マグカップ、トレーディングカード(前回はデスラーのみありましたが、今回は3種類あり)、ストラップタオルハンカチなども。
それでも何かしら欠けていますので、通販は、配送料などかかってしまいますが、やはり確実にほしいものが手元に届く安心感があり、助かりました。
2199ci22
↑昨日届きました2199グッズ

今日は平日の朝一番でしたが、本当に平日?と思うほど、たくさんの方々がいらっしゃいました・・何人くらいかよくわかりませんが、30人以上はいらしたような・・もちろん、すべて大人の方。
住まいの近くの映画館だったら、私はもう少し頻繁に、また子供たちも気軽に連れて行けるのですけれど。

本編鑑賞。
前回同様に同じところで涙が・・。
今日は、前回見逃していた細部やセリフを中心に。
そして、今日はいつもの私らしく(笑)メモをとりつつ^^
でもとてもとても、テンポの速いセリフや映像の連続なので、メモしきれません・・早くDVD&BDで何度も見直したいです・・一時停止させて見てみたいところも何箇所かありますし(いえ、もっとたくさんですね・・・とくに古代とユキのツーショット場面は^^;)。

あまり書きますとネタばれになりそうなので、ここでやめておきます。
あとはサイトの方の文章にて書こうと思います。UPは後日・・いつになるか未定ですが。
2199ci23
第三章巨大広告
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
余韻
まだ昨日見たばかりなのですね・・ずいぶん時間がたっているような気がしますが、でも一方で、やはりいつもの日常とは違う、どこかふわふわと心が浮き立つ思いもしています。
これは、やはり2199第二章の余韻に浸っているからなのでしょう。
きのうは2199関連グッズの通販の不在通知が1件入っていまして、今日は最終的に二か所からグッズが無事に到着しまして、ますますその余韻に浸るに十分な環境が整いました^^

そうなってきますと、忘れないうちに初見の思いを記しておきたい、というのが常でして、さっそく今日は時間がとれたこともあり、サイト「古代進case study」の更新作業を始めました。
まだいつUPするかは、決めていません。私は運よく映画館で見ることができましたが、二週間限定の上映ですので、私自身、この先必ず見に行けるかはわかりませんから(第三章はまた子供の予定が絡んできますし、第四章はいつなのかしら…年末年始は避けてほしいかな、受験のはざまの年なので今年は長期旅行が確定しそうですし、そもそも年末年始はあわただしい頃ですからどの方も難しいでしょうね)、やはり一般DVD&BD発売のころまで待った方がいいかしら、などなど思いめぐらしています。今回は、第一章に比べますと、上映終了から発売までがずいぶん短いですものね。その日まであっという間のことでしょうね・・。

いずれにしましても、おかげさまで毎日を前向きに歩んでいこう、という気持ちにつながります。
スタッフの方々には、2199という作品を制作し公開してくださって、ただただ感謝。これからも楽しみにしています^^
yamatoB
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
「ドキュメント 2199第二章」2(ネタばれなし)
見終わって感じた大まかな思い・・

感極まる、こみ上げる思いがした場面が3か所。
 映画をふだんたくさん見ていますが、「ゆさぶられるほど激しくはなく、奥底からじわじわとこみあげて抑えきれなくなるような感情を抱く」というのは極めてまれなことで、自分のことながら驚きました。
お話はある程度イメージがついているので、意外さという衝撃に揺さぶられるというわけではないのでしょう。懐かしさやこれまでの私とヤマトのかかわりの積み重ねのようなものがからみあって、こみ上げてきた思い、という方が正確なのかもしれません。涙がジワリ・・でした。ひとりでいたら涙を流して声が出てしまったかもしれません・・・。これこそ、真の意味で「魂が揺さぶられる思い」なのかもしれません。

●キャラについて
 古代とユキは、私の中では、もう別格の位置にあるのですが、今回はとにかくいろいろ楽しめました^^ ツーショットも多いですし^^ セリフや表情の細かい演出に、心の微妙な変化を見たり(古代はまだまだ初々しく、これからどう成長していくのかが楽しみです^^・・・いえ、恋愛に限らず^^;)。
・・ですが、これは古代とユキに限ったことではなく、第二章においては、たくさん登場するクルーたちの個性が垣間見られるセリフやエピソードが次々に織り込まれていて、本当に楽しめました^^ 真剣さ、笑い、熱いドラマ・・などの要素が適度におりまぜられ、活気があり、とても雰囲気がいいですね^^(それが、明るく希望のもてそうなエンディング曲のイメージにつながっているのかしら、と感じました)
個人的には、初めて見たときの第一印象から気になっていました山本がとても魅力的です。内面に秘めたものをいろいろもっていそうです・・かっこいいですし^^

あまり書きすぎて、あとで詳しく書くことがなくなってもいけませんから(笑)、このあたりにとどめましょう・・ただ・・あとひとこと!・・デスラーです!!
まいりました・・山寺宏一さん、さすがです。もう、2199のデスラーにぴったり^^他の方は考えられない。(最初知った時と180度違う表現になってまいりましたが^^;)
このお顔にこのお声、とデスラーの場面では何度も咀嚼するように、すべてのお声と表情を拾いきるくらいのきもちで見入ってしまいました(^^;)。
これは、実に、これから先も楽しみです。がんばってください、山寺さん!(でも、『復活篇』にもしデスラーが出ることになったらどうするのかしら!?一人二役!?山寺さんなら上手にこなされそうですね・・といろいろ妄想しています^^;)

●アクション、オマージュ、効果音、音楽、お話の展開について・・・などなど、まだまだ語りたいことがあるのですが、ネタばれにつながりそうなので、このあたりでとどめておきます。

-----------------
作品を見終えた後、すぐに映画館を去りたくなくて、再びロビーに腰掛けていました。
ふらり歩き回りますと、見る前には第二章のことで頭がいっぱいだったので気づきませんでしたが、チラシのコーナーには、第三章チラシがたくさん。またその対面のあの部分には、第三章の巨大広告が!
なにかもう、これでもか!というほどに、ヤマトムードにあふれていて、ほんとうにうれしかったです。

今朝最初に「もう、次回は来れないかも」と弱気になっていた私ですが、今日の第二章の仕上がりに大満足、これだけの充実した濃密な作品だったとは思っていませんでしたので、見終わったときには、感無量。
「すぐまたもう一度見たい!」というとても強い思いにかられました。
よくよく考えてみると、まだ見るチャンスが残されている時間の可能性が見えてきました・・それで、また来週のチケットを購入。それが日々の励みにもなります^^ 
もしかするともっと時間は紡ぎ出せるのかも・・あきらめず、チャンスを見つけられるように、すぐ動けるように、フットワークを軽くしておいて。

それもこれも、ヤマトのおかげ。
ヤマトだから、と、がんばる自分がいる。
だからこそ、こみあげてくるものがある。

今、ヤマトの新作にかかわるすべての方々に、深く感謝します。
2199cine12
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
「ドキュメント 2199第二章」1(ネタばれなし)
ようやく・・ようやく!行ってまいりました!!「宇宙戦艦ヤマト2199 第二章」
すぐにでもここに書いてUPしたかったのですが、帰宅後は家族の世話がたてこんで、なかなかPCに向かえず、遅くなってしまいました。
まだ公開直後なので、内容のネタばれはしないように心得つつ、本日の流れとおおまかな思いを・・。
細かい感想は、どのタイミングでしようかしら(劇場限定版BD送付後か、BD&DVD発売後か)、また、どの場で(ブログサイトか)・・と迷っております。

--------------------------
家族を送り出した後、予定通りに出発し、久しぶりに通勤電車に揺られて行きましたが、1時間以上立ち通し、途中で「次回も果たして同じように映画館に行けるかしら(体力的に)・・あとはBD&DVDで我慢しようかしら」と気弱になっておりました(^^;)。

8:35 新宿ピカデリーに到着
余裕をもって、できるだけ早めに到着したいと思っていましたので、開館5分前と知り、ほっとしました^^
ここまでたどり着ければ、まちがいなく、作品を見ることができる!!と。
あとは、昨夜2199公式サイトに発表されていましたが、20時現在劇場限定版BD購入ご案内用紙新宿ピカデリーのみ「あとわずか」となっていましたので、ひやひやしていました・・・。

8:40 開館
まずは売店へ直行。
案内用紙を無事にいただけました^^ とてもうれしい^^
チケット2枚あったので(1枚は未消化の昨日分^^;)、権利は2枚あったのでしょうけれど、2枚いただいてももったいないことですから、1枚だけいただきました。
ヤマトグッズはさらりと見ました・・ほとんど品切れ状態でしたので。最初にどれだけ陳列されていたのかわかりませんので、どの程度売れたのかわかりませんが、通販でとりあえずおさえておいたので、あせりはなかったです。
でも公式サイトに案内のなかったクリアしおりが気になりますね・・別ルートで情報は得ていたのですが、実物を見てから検討したいと思っていましたので、種類が限られていて少々残念・・本好きの私には魅力的な存在ですから。

その後ロビーにて、案内用紙をいただけた舞い上がったきもちと通勤電車にもまれたつかれをしずめ、頭を冷やすと、すでにパンフレットは通販で購入済みですが、万一の事態に手元に届かないなどありましたら困りますし(最近お届けもののトラブルにあったばかりですので^^;)、やはり、作品を鑑賞後すぐに目を通したいこともあり、第一章同様に保存用と閲覧用ということで、と売店を再び訪れて買いました。
きもちが徐々に別の意味で舞いあがってきました・・もうすぐ第二章が見られる、というドキドキわくわく。

9:05 入場開始
11階のスクリーン8へ向かいます。エスカレーターから外の景色を眺めながら、はやる心を適度に楽しみながら。
第三章広告(ポスター?)があり、ますます第二章が楽しみに^^
スクリーンはやや小さめですが、センター(中央)に座席の予約がとれましたので、ただただ楽しみに待ちます・・ですが、今日はいつもの私らしくなく、どこか気弱になっていたのか疲れがたまっていたのか、めずらしく、メモをとりながら、という思いに至りませんでした。じっくりと映像を見のがさないように、そしてヤマトの世界に浸りたい・・という思いがとても強かったのかもしれませんね。

------------------
9:20 上映スタート
(内容についての詳しい感想は、後日、おそらくサイト『古代進case study』にて^^)
------------------
長文になりますので、作品を見ての大まかな思いと、映画館の様子などについては、また次の記事にて書くことにしますね^^
yuki9
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:2 |
「臨場」
TVドラマとしての「臨場」を見たことはありませんでした。
映画館での予告編を見て興味がありましたのと、以前から内野聖陽さんは注目していましたから(『JIN』の坂本龍馬役はすてきでした^^)。
予告編から耳に入る倉石の口調は、正直申しまして、私が好きなタイプの雰囲気ではなかったので、どこまで気持ちが入りこめるか、少々気がかりでありました。が、この映画、まったくそんな次元を越えた、これまで見た邦画の中で断トツのインパクトを受けた気持ちがするくらい、見事としか言いようがない・・とでも申しますか、うまい言葉が見つかりませんね。

作品の冒頭から勢い引き込まれる、その力は尋常ではなく・・それは、単に衝撃的な描写、という映像の趣だけでなく、見る私の内面をえぐられかきたてられるような強くわきおこる思いを、最後まで抱き続けさせるパワーが感じられるのです。
・・怒りと悲しみ・・
目をそむけたくなるシーンもあり、少々きつい映像でしたが、作品のテーマを表現するために、直接的に、見る側に投げかけるために必要なのかしら、と感じました。
ずっとその思いを抱き続けるので、体に力が入りっぱなしなのですが、さまざまな人の思いが重なり合い、またそれぞれの思いも深く描かれ、お話の全体の流れ(ミステリアスな部分)も一筋縄でいかない絡み合いもあり、とても見ごたえのある作品でした。演技力も確かな方ばかりで、すばらしかったです。

見ている間、緊張状態が続くのですが、倉石のあの口調や雰囲気や静かなたたずまいが、緩和してくれるかのような存在にも見えます・・しかし、倉石の心の中こそ、私の想像を越えるほどに怒りや悲しみや緊張が絶えず存在しているのでしょうね。
TVは見ていませんでしたが、映画を見るだけで、おおよその世界観がつかめ、倉石という人を深く掘り下げて描かれているので、わかりやすかったですね。ラストはあれだからこそ、倉石の生きざまがきっぱりと印象づけられるのでしょう・・続編は作ってほしくないような気がしますが、TVを見ていないので、私の感じ方は一般的ではないかもしれません(^^;)。

今朝のトラブルなど本当に些細なこと、と思えてきます(下の記事参照)。心洗われました。
何が大切であるか、ということを改めて考えさせてくれます。
今日、近くの映画館に飛び込んで、見てよかったです。
saipan2
明日への希望を胸に
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
無念
楽しい感想を書けると思っていたのですが、結局、行けませんでした。
今日明日はもともとお天気がよく安定しているような予報でしたので、難なく行けると思っていたのですが(前半は、家族に迷惑かからぬように組んでいました予定通り順調に進んでいたのですが・・)、雨が降りますと、わが家では、家族を駅まで車で送らねばならず、予定していた余裕のある時間に家を出られずぎりぎりで映画館に飛び込むことにならざるをえませんでした。
それは覚悟していたのですが、さらに、今朝は、目の届かないうちに子供たちにトラブルあり、その仲裁等々で気分もすっかり落ち込みますし時間もなくなり、無理。
今頃は電車に乗っているはずでしたが、無念です。
過日の宮川彬良さんのコンサートも、家族のトラブルのために行けなくなっていたばかりですし、運も尽きてきたのかしら・・・と。
上映中、日中の長時間あいている日は、今日だけなので、かなり厳しい・・明日、最後のチャンス、若干の希望はもっているのですが、とにかく、今はやりきない思いばかり。
すっかり予定がくるってしまい、宙ぶらりんのきもちのまま、今日はいったいどう過ごしたらよいやら・・です。
sasha
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |