心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
「YRAラジオヤマト 第18回」
11/10開催されましたヤマト音楽団大式典の感想がたくさん紹介され、またあのときのことが鮮やかによみがえってまいりまして、とてもしあわせな気分になりました^^
内田彩さんとチョーさんの会話も楽しく、忙しい日常の合間に、とてもほっとできるひとときでした。
おかげさまで気持ちをいったんリセットして、また日常の生活を再スタートできそうです(月1回の更新になってしまったのは少しさみしいですが、あと8回で終わり・・まだ来年イベント上映は続きますから、ゆっくりペースでも連動して楽しめた方がいいですね)。

年末年始もあわただしいですから、第四章公開1/12もあっというまでしょう。
年明けがたのしみです^^
それまで、2199DVD&BD,サントラCD、その他YAMATO SOUND ALMANACや、これまでのヤマト作品もいろいろ楽しみながら過ごしたいですね。
2199siki4
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
ファミリー劇場12月放送予定
いつも読んでいます「おとなのデジタルTVナビ 2013年1月号」(産経新聞出版)をパラパラと見ていましたら、こんな二人姿が12/9(日)に!
kodai1062.jpg
うれしいですね・・12月に劇場版5作品が放送されるようです^^
これまで何度もファミリー劇場で放送されていますが、やはり、節目の折に放送してくれることは、とてもうれしいです。子供時代に、夏休みやお正月にヤマトの映画がTVで放送されていたことが懐かしく思い出されます。
とくに、今年は、2199のイベント上映がはじまり、世の中にヤマトの文字がちらほら、TVでもヤマトの音楽が流れることもしばしば・・という状況ですものね。

ここ数年、ヤマトの新作品が楽しめる、とても幸せな時を迎えていますが、昨日「YAMATO SOUND ALMANAC」「永遠に」を聴いたばかりで気持ちが高まっていましたところの、今日のこのページが目に入ったもので、まさにヤマト旧作品群に呼ばれている(笑)といった感も^^
ますます、ひさしぶりに劇場版作品を見直してみたくなりました^^
ああ・・ほんとうに、こんなにヤマトを楽しめる時期に運よくめぐりあうことができまして、とてもしあわせです。
koyuki4
別窓 | 映像作品(旧TV,劇場版) | コメント:0 |
「YAMATO SOUND ALMANAC 第三弾」
第一弾、第二弾購入者特典(BOX)の応募は、今回は忘れずにすでに手配済み^^ 
もうすぐしめきりですので、希望されている方はお忘れないように・・。

さて、今日の本命・・書きたかったことは「YAMATO SOUND ALMANAC 第三弾」「ヤマトよ永遠に 音楽集Part1」「ヤマトよ永遠に 音楽集Part2」「宇宙戦艦ヤマト新たなる旅立ち 音楽集」です。
先週発売されて手元に届きましてから、まだ聴けていませんでしたので、今日は長時間運転もありましたので、車に持ち込みじっくりと・・・。ほんとうは整った環境ですみずみまで音を拾って聴きたいのですが、日常の中では、こうして聴く場と時間を見つけることができるだけでも、さいわいなのです・・家にいてはつい雑務に目がいき、なかなかゆっくり腰を落ち着けて聴けないので。

でも、そんな状況下でも、「さてどれから聴こうかしら」とわくわく気分でのぞめるのは、やはりヤマトの音楽だから。もう・・何度も聴いている音楽なのですけれど、姿勢を改め、耳を澄まし、わくわくした気分でのぞめる私には、それだけで、この新しいCDを手にした価値があるというものです。

まず聴くのは、当然、「ヤマトよ永遠に 音楽集Part1」
以前も書きましたが、レコードでは、これまで何度も数えきれないくらい聴きました・・なぜか、いろいろな節目や悩んでいる時、その他もろもろ。
今回は、やはり音がクリア。表現するのが難しいのですが、キシキシいう感じ、音がはねているような、あるいはまた響き渡るその後の余韻の美しさ、とでもいったらよいのでしょうか・・・
「未知なる空間を進むヤマト」でヤマトの姿を思い描き、心かきたてられ、「愛し合う二人」の弦とピアノに酔い、「別れ」の弦に心ふるえる。

ボーナストラックの「合唱組曲」は、おそらくレコードで聴いて以来、とてもひさしぶりのことで、初めて聴くかのような新鮮な思いと、ヤマトの音楽世界を別の角度から表現することができた時代だったのね、と改めて、当時のヤマトブームのころが懐かしく思い出されたり、と、不思議な気分で聴けました。
子供時代は、オリジナル音楽中心で聴いていましたが、今は、その表現の仕方のおもしろさを楽しめるようになったような気がします(許容範囲が広がってきたのかしら^^;単にそれだけでもないようです・・たとえば『想人』は、声の出し方の違いでまた雰囲気も変わりますから、新たな発見もできてうれしいですしね^^)。

永遠にの2枚を聴いていますと、心かきたてられ懐かしい思いがしてきまして、久しぶりにDVDを見たくなってしまいました^^
劇場作品も最近見ていませんから、見直してみたいですね。復活篇、実写版、2199・・と経て、またかつての作品をどう感じるか、私自身は変化しているのか、なども見つめてみたい。

話がそれましたが、「宇宙戦艦ヤマト新たなる旅立ち 音楽集」はレコードでは持っていませんでしたが、近年発売されましたCD-BOXで初めて聴きまして、まだ私の中に取り込めていないサウンドなので、新鮮な気持ちで聴くことができました^^
これまでのヤマト音楽がいろいろとアレンジされているのを改めて知り、思いのほか楽しめました。「ヤマト瞑想」は、以前からお気に入りの曲・・じっくり聴けてうれしい^^ その他、「別離」は、今となっては復活篇のイメージが浮かんでしまいますね・・たまたま息子がその曲から耳にしたとたん「これ復活篇のCD?」と言っていたくらい、今聴きますと、いろいろなイメージがわき、楽しめました。

まだ解説書を読んでいませんので、今度はじっくりと聴き読み、楽しみたいと思います^^(音楽の内容について書きましたので、『ヤマト音楽』カテゴリとして)
koyuki3
別窓 | ヤマト音楽 | コメント:2 |
「電撃ホビーマガジン 1月号」
週明けからまたバタバタとあわただしくてUPが遅くなりましたが、おととい偶然、表紙のヤマトがすぐに目に入り、書店で見つけ、今日には立読みできる別の書店で内容チェック^^
プラモデルの世界には弱いので、きちんと認識できてはおりませんが(^^;)、付録のコスモファルコンには少しひかれるのですよね・・・でも、きっとまた、とりあえずお蔵(押入れ)入り?かと思いますと、購入に躊躇してしまいました(^^;)。表紙のヤマトはかっこいいのですが。
とにかく、こうして、ヤマトがちらりちらりと、多くの方の目に触れるところにあることは、とてもうれしいです^^
yuki10
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:2 |
「題名のない音楽会」リアルタイム視聴
本日、TV朝日にて放送されました「題名のない音楽会」は、9時少し前にはTVの前に正座して待機、リアルタイム視聴いたしました。亡き宮川泰さんへ、自然とそのような気持ちになったのでした・・。
宮川彬良さんのいつもながらの軽妙なトークに楽しみ、ささきいさおさんのご健在ぶりにほほえみ、そして、なによりヤマトの音楽そのものに感動・・・。

この前の「ヤマト音楽団大式典」などでお聞きしたことのあるお話などもありました。あちらでの吹奏楽による演奏もすばらしかったのですが、今回のオーケストラによる演奏には、やはり心揺さぶられるすばらしさがありました。TVであるのに、一曲一曲を聴き終わるたびに、思わず拍手をしそうになる私の姿を見て、娘が笑っておりました(^^;)。娘はもともと音楽が好きですし、以前、一緒に宮川彬良さんのコンサートを聴いていますので、とても親しみもあり、今日の番組も、軽妙なトークに笑いつつ、一緒に楽しめました。息子は不在でしたので、後日また一緒に見たいと思います^^
sta025
あとがき【TVの前での正座】
母の身内との一周忌を終え、その余韻も残っていたのでしょうか・・
亡き人への思いは、どこか共通するものがあるようです。
今の家の人々は、法事をしない主義でありまして、
父のころにはかなりとまどい、私も消沈しておりましたが、
今では「亡き人々への思いには、人それぞれのありかたがある」と
思える境地に至りました。
「思いは、私自身の中にあればいい・・」と。
亡き父母は、私の中で絶対的な存在となったのですから、
もう、何にも揺るがない、二人への思いが私の中にあるのであり、
いつかそこへ向かうであろう私は、自身の人生に覚悟をもって、
自信をもって、また歩み出すことができそう、と思えています。
そして、私自身がいかに人生を全うするか、が私の生きる最重要課題。
やがて来る終わりのときに、何を残し、私はどのようにどこに・・なども、
少しずつ考えていきたい。
・・そんな中で聴いた今日のヤマト音楽は、とてもすばらしく、
ますます力をもらえました。いつかまた、生のオーケストラで
聴きたいですね・・「ひとりごとの、でも記録にとどめておきたい、
今日の思い」
でした。
別窓 | ヤマト関連TV番組 | コメント:0 |
2199第三章BDとアフレコ台本BOXと・・
・・きっとあちらの世界で、いい夫婦(11/22)になられていることでしょうね・・
そんなすてきなことばもいただきました、昨年の今日。
「いい夫婦の日」だなんて、すっかり忘れていました。
今日は、母の命日。
数日前にお墓参りをすませ、明日、一周忌。
ここ数日は、いつもより、いろいろなことが思い出されました。

そんな中、今日は子供たちの学校行事がダブルにあり、もろもろとてもあわただしくて、ほとんどじっと座っている時間もありませんでした・・ですが、ヤマト2199第三章BD&アフレコ台本BOXが、無事にヤマトクルーさまより到着^^
その他、母と縁のありましたもののお取り寄せも、なにもかもが、不在通知になることなく、すきまの時間に実にうまくとどきまして、スムースに一日が終わりました・・こんな日はめったいないですから、あわただしかったけれども、とても心地よく、それぞれのものにいやされました。

・・やはり、今日は、特別な日だった・・
ものにしがみついてはいけないけれど、それは、記憶の手がかりになる。
そして、それは、「ともに在る」きもちを奮いおこしてくれる。
やがて、それは、私の中で永遠に生き続ける・・・
そして、それは、「私が私でいられるパワー」の源となる。
それらに感謝。
そして・・合掌。
2199ci23
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
「YAMATO SOUND ALMANAC」トレカ
今日は体を休めようと、午前中はもろもろの雑務をしながら過ごしていましたら、ついさきほど、ヤマトクルーさまから「YAMATO SOUND ALMANAC第三弾」「ヤマトよ永遠に 音楽集Part.1」「ヤマトよ永遠に 音楽集Part.2」「宇宙戦艦ヤマト新たなる旅立ち 音楽集」が届きました。
いろいろ思うところあり、やや消沈気味でしたが、先のカレンダーとともに、また気持ちも浮上させてもらえて、ヤマトに感謝^^

そして、私、何を勘違いしておりましたか、3枚セット購入では通常のヤマトクルー限定トレカではなく、スペシャルトレカ1枚のみ付いてくる、と思いこんでおりまして、通常トレカでと思い、ばらばらに注文していましたら(^^;)スペシャルトレカとともに計4枚入っていてびっくり・・と、感謝^^
おそらく、第1弾ではセット購入がなく、第2弾では発売直前にとりあつかいのお知らせが来ましたから、すでにほかで注文済みの上、お知らせの見落としもあり勘違いしていたようです・・今思えば、合計4枚のトレカの特典で購入したかった、と悔やまれます(よりによって『さらば』ですから:しかも他店、ケースに破損もあって:涙)。

でも気をとり直して・・今後はこのシリーズ、ヤマトクルーさまにお世話になることに決めました^^(今回、佐渡先生の「美伊」日本酒とデスラーの「大ガミラス」ワインのチラシ(表裏で1枚)も同梱されていましたし^^)
お恥ずかしい顛末、これにて失礼いたします・・・・。
(これからまたしばらく楽しみが増えました!これまでのCDもまだじっくり聴けていませんので、ヤマトの音楽世界を味わっていきたいと思います^^)
kodai1062.jpg
↑このシーンがトレカにならないのが、
 少し不思議でした・・
別窓 | ヤマト関連グッズ | コメント:0 |
2013カレンダー
以前、ちらりと企画中のような情報を見かけたことがありましたが、発売が決定しまして、うれしいです^^
しかも2種類のカレンダー「宇宙戦艦ヤマト2199 2013ダイジェストカレンダー」「宇宙戦艦ヤマト 2013カレンダー」という、豪華な企画で、きもちもいっきに舞い上がりました^^(このところ、子供の世話に振り回されていましたので・・・)
来年は、2199の世界と、以前の作品世界をながめながら過ごせるなんて・・日々の励みになりそうですね。
yamato011p311
別窓 | ヤマト関連グッズ | コメント:0 |
「題名のない音楽会」
すでにあちこちで流れています情報ですが、11/25(日)9時~放送予定のテレビ朝日「題名のない音楽会」では宮川泰さんがテーマで、「宇宙戦艦ヤマトから選曲された宮川泰さんの曲が演奏されます」ヤマトクルーさまからもメールあり。なかなか書けずにいました。
たしか先月、2週にわたって大阪市音楽団の特集がありましたときに宮川彬良さんご出演でしたので、ヤマト音楽が少し流れるかと期待していたのですが、なかったので、次回がとても楽しみです^^
sta025
別窓 | ヤマト関連TV番組 | コメント:0 |
近況
更新が停滞しております。
週末はあわただしくPCに向かえず、週明けから子供がまた風邪でダウン。
ブログ更新、メールレス等遅れますので、ご了承ください。
みなさまもお体お気をつけてお過ごしください。
kodai8
別窓 | このヤマトブログについて | コメント:0 |
近況:一週間前
主人出張中で、その間にあれこれしてみようと考えていたのですが、実際は日中の子どのも世話で手いっぱいで、夜には睡魔に襲われ・・・早朝のお弁当づくりもあるので、一日のリズムがそのようになってしまっているのですね。
でも、秋深まってまいりますと、やはり気持ちや頭も澄んでくるような気がしまして、積読本の消化に、意欲が増しているこのごろです。

ヤマトに関しては、グッズも、とりいそぎおさえて購入したものも多いので、きもちがあせる毎日ですが、時にはゆっくり鑑賞したり味わうことを心がけたいと思います^^ 
イラストも久しぶりに描いてみたい・・と思っていたのですが、こちらはそう気軽にすますこともできないので、ここぞというタイミングの良い時を見つけたら、腰を落ち着けて、いっきに進めてみたい。
・・と、気持ちばかり膨らんでいるこの頃です。

yamato2199
この写真をUPしまして、締めようと思ったのですが、去年の今頃は・・と亡き母を思い出しまして、そういえば、2199チラシを初めてもらったあと、お見舞いに行って話したことを思い出しました。
そのチラシの写真(上の写真)は、なんとちょうど1年前の今日、ブログ管理上にファイルアップロードしていたことを今知り、いろいろなことが実は絡み合って、今の私(の思い)が在ることを改めて実感した次第。
そういえば、早いもので、今日がちょうど命日の1週間前でした・・
日ごとにその日が迫るのを数えていましたが(・・ああ、それもあってなかなか思っていた作業にとりかかかれない日々を過ごしていたのかもしれません・・)書いている今は、意識の外にありました。
私の揺れ動く表層の意識ではなく、心の奥底では、しっかりと刷り込まれているのでしょう・・
あの日のことが。
・・!
なんということでしょう、その日は、ヤマト2199第三章DVD&BD発売日でもありました。
すべて頭にインプットされていましたが、いままでリンクされていませんでした・・
やはり、これは、すべてに必然的なご縁を感じます。
ヤマトと私、どこかでつながっている・・と。
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
第四章ED主題歌「記憶の光」
昨夜、ヤマトクルーさまにて、第四章ED主題歌が発表されましたね。
「記憶の光」(KOKIA)です。
KOKIAさんのサイトが紹介されていますが、まだ未見・・あとで行ってみます^^

大式典第四章上映にて聴けましたが、曲調について具体的に書くのはまだ控えますね。1回しか聴いていませんので、印象を書くのも難しいですし・・。
なにしろ、内容の方がいろいろとありましたので、ついていくのに必死でした・・(^^;)。
ところで、CD発売はどのような形式になるのかしらね。結城アイラさんと美郷あきさんのふたつは、1枚におさめられていたので。
また別の曲も何かあるのかしら・・まさか?!(と、勝手に妄想が広がっております^^;)
yuki10
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:2 |
「テックらんど 11 NOVEMBER」
ヤマト関連情報、いろいろUPされてきていますが、まずは順に・・

おととい、久しぶりにヤマダ電機DVD&BDコーナーにまいりましたら、フリーの「テックらんど11 NOVEMBER」がありまして、「11月~2013年1月発売の注目BD&DVD」のページの二つめとして約半ページに「宇宙戦艦ヤマト2199第三巻BD」が紹介されていました^^DVD同時発売、とも。うれしいですね・・見開きで見ますと左上ですので、目立つ位置ですし^^

まだ土曜日の大式典の余韻が残っています・・そのここちよさは、日常の生活の活力につながっています。あたらめて、今日という日のありがたさを感じています。
そういえば、式典の帰りにアンバサダーホテルの中庭を歩いていますと、そこここにヤマトの大きな紙袋を持って歩く人がいますから、一般においでの方が「ヤマトだよ・・」と話していました。
・・きっと、みんなヤマトを知っているのよね、ほんとうは・・
と、ちょっとうれしくなりました^^
2199ci21
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:2 |
「2199ヤマト音楽団大式典(昼の部)」2
12:50
グッズ購入も完了し、チケットもありますから、と、開場10分前にゆっくり訪れますと、すでに朝よりも大勢の方が並んでいまして、みなさんのパワーに圧倒されました^^ もっとも、私の中のテンションも最高に達していましたが(^^;)。

13:00すぎ
やや予定より遅れて開場。本当に今か今か・・と余計に気持ちがかきたてられ、高まりますね(^^;)。
グッズ売り場は早くも長蛇の列。すさまじい勢いです。
私はロビーの展示へ直行。お祝いのお花が並ぶそばに、最近ネット上にもUPされています前田建設さまとのコラボの内容が展示されていまして、ユキの工事看板も^^これはぜひカメラに収めないと・・と^^
2199siki3
↑実際に目の前にありましたら、
 つい立ち止まって、しばし
 ながめてしまいそうですね^^

13:30
早々に座席に座っていたのですが、この時間に、どこかで聞き覚えのあるお声で場内アナウンスあり。会場内での注意案内でした・・これは、開演直前にやはり「以上、岬百合亜からでした!」とありました^^(内田彩さんが参加されるのかしら、と思いましたが、このとき限りでした)
開演を待つ間、ずっと2199サントラが流れており、きもちが盛り上がりました^^
舞台の床には「宇宙戦艦ヤマト2199」のロゴがあり、青いライトで照らされていまして、海の中にいるような気分。
そして・・お隣の女性の方が、話しかけてくださって、とても楽しいひと時を過ごすことができました^^これまでどのイベントでも映画でも、なかなか同じヤマトファンの方とお話しすることはなかったのですが、ヤマトクルーさまによるプレミアム会員席でしたので、先方も勇気を出してくださって、私自身も心許せて安心してお話しできました^^気持ちをわかちあうことができたのは、本当にうれしいことで、貴重な体験でした。とてもテンション高くて昨夜から寝られなくて、とのこと、はじまる前から涙されていて、本当にヤマトが好きで感激していらっしゃることと思われ、私も気持ちとてもよくわかりました^^(最後、ブログHPを訪れたいと言ってくださってとてもうれしかったのですが、面と向かっていろいろお話しした後でやはり恥ずかしいのが先に立ってしまい、HNもお伝えせずにすみませんでした・・と、この場にて恐れ入りますが申し上げます。ご覧いただいているとうれしいのですが。)本当にありがとうございました^^

14:00すぎ
いよいよはじまりました(いつか単独DVD&BDが発売されるか、2199DVD&BDの特典映像として収録されるかと期待しまして、あまり詳細に書くのは控えておきます^^)。
司会の太田さんによる進行。
宮川彬良さんによる指揮、お話、ピアノ・・

第1部/ヤマトサウンドの世界
「オーバーチュア」にてヤマトの主題歌のアレンジ(歌声入り)、組曲「宇宙戦艦ヤマト」(序曲、宇宙戦艦ヤマト、出撃、大いなる愛)で、これまで聞き慣れていたCDの音と少し違う吹奏楽中心の音の違いを感じながらも、その音のパワフルさ、一方でやわらかさが、それぞれの楽曲で生き生きと伝わってきます。
少し前の千葉県少年少女オーケストラの演奏ではヤマトの音楽がまったく聞けないジレンマを感じていましたので(^^;)、とても久しぶりに宮川彬良さん指揮のもと、ヤマト音楽が聴けることに感動しました。
その後、音楽団の紹介を宮川さんから。
楽しいお話が続きます。ヤマト音楽への思いや父宮川泰さんへの思い、などなど。
「ヤマト音楽大勉強会」と題して、ヤマト音楽にまつわる楽しいお話、スキャットをされるYuccaさんも登場。すばらしいお声に感動。
「無限に広がる大宇宙」「艦隊集結」と続きます。
「地球を飛び立つヤマト」では、宮川彬良さん同様、私もとても好きな場面の曲なので、聴けてうれしかったです。
コーラス隊が参加される「コスモタイガー(Wan・Dah・Bah)」「ガミラス国歌」「銀河航路」は、後期ヤマト作品ではあまりなかった雰囲気で、昭和の香りもしまして、とても楽しめました^^
そして、「ヤマト渦中へ」で気持ちも最高潮、「大河ヤマトのテーマ」でふたたびYuccaさんも加わりすばらしいお声に魅せられ、もうそのころには、最初感じていました音の感覚の違いなど全く気にならなくなり、この音楽世界に魅せられていました。すてきな時間を過ごすことができまして、ありがとうございました^^

第2部/第11話先行上映(ネタばれなし)
内容について、とても書きたい!・・ですが、控えておきます。
またまたどこかで見かけた過去作品のあのあたりをこのようにして、でもこんな新しい面もあり、と。
そしてすでに2199公式サイトで公表されているドメルについては、大塚明夫さんのお声が、やはりすてき^^
数年前に見た新作アニメ「ブラック・ジャック」を思い出してしまします(^^;)。私の好きな海外ドラマでもよくご出演でしたから、親しみもありますし・・・。
お話やキャラの展開は・・・どのような展開になるかますます気になる、というところでしょうか。
予告で見たあれは・・?(もう一度よく見ないと、見間違いかも?)

第3部/主題歌による『宇宙戦艦ヤマト』の世界
最初の2199発進式(2/18)のときのように、2199のOP、EDのみかと思っていましたら、まず、ささきいさおさんによる「宇宙戦艦ヤマト」「テレサよ永遠に」「ヤマト!!新たなる旅立ち」「ヤマトよ永遠に」。とくに個人的には「ヤマト!!新たなる旅立ち」には子供時代に特別の思いがありましたので、生で聴くのは初めてでしたし、すばらしいお声に感動しました(涙)。「宇宙戦艦ヤマトに恋した日々」カテゴリにて書いたと思いますが、初めてラジオで発表された時のあの複雑な思いが(CDではさほどではなかったのに)、鮮明によみがえってきたのでした・・・。今のお声でCD化してほしい、とさえ、思えるくらい。
そして、ネットラジオの宮川彬良さんのお話から期待していた通り、Yuccaさんによる「ラブ・シュープリーム~至上の愛~」はまたすばらしかったです。これは定番になる企画なのでしょうか・・?? 八神純子さんとはまた少し違う印象ですが、音域がとても幅広く、すばらしいお声で、大人っぽいムードでとてもすてきでした。

そして新作2199の世界へ。
結城アイラさんと美郷あきさん、ささきいさおさん登場。「星が永遠を照らしてる」「美しい地球を知る者よ」「真赤なスカーフ」ささきいさおさんの歌を聴くうち、胸がいっぱいになってしまって、もう言葉はいらない・・という気分に。
最後にこの3人の方と宮川彬良さんからご挨拶。

そして!会場全員起立して、「宇宙戦艦ヤマト」大合唱!
とても楽しい2時間半でした。
これまでのイベントの中で、一番、アーティストの方との距離が近く感じられたような気がします。会場のせいなのでしょうか・・舞台が上の方に独立している感じでなく。また、豪華出演陣、音楽という「情感の一体感」を生むものがメインのイベントであったこともあるでしょう・・なにより、私自身のモチベーションが、今回いろいろな制約をタイミングよく抜けられて解放され高まり、受容する受け皿の感度がきわめて高かったせいかもしれませんね。
いずれにしましても、みなさまには、貴重な素敵な体験をさせていただきまして、感謝しております^^
yuki10

(追記2012/11/11/07:00)
昨夜書き忘れましたが、
結城アイラさんのときの音響トラブル、とても残念でした。発進式の時よりもとても歌いなれ、聴く私の方もしっかりと歌の世界を消化していましたから、とてもよい調子で聴き入っていたところで、ほとんど最後の方のあとワンコーラス部分というくらいのところで起きてしまいました。最後の締め、聞きたかったですね・・・。
●アンコールがなかったのが残念でした。何か一曲でもあるとうれしかったですね。
●「第11話のOPがなかったのは、あとで主題歌ありますから・・」という言い方だったかと解釈しており、新たな曲が発表されるのかしら、など思っていましたが、きもちも舞い上がっていて聴きもらしたのかしら。結局、ささきいさおさんの「宇宙戦艦ヤマト」でいくということかしら。
●今回のイベントには残念ながら息子を連れて行けませんでした。連れていたらきっと楽しめたことでしょう・・また、このようなイベントが開催されますことを願っております。
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:8 |
「2199ヤマト音楽団大式典(昼の部)」1
「宇宙戦艦ヤマト2199 ヤマト音楽団大式典」(14時開演)の様子をとりまとめました。
すでに夜の部も終わっておりますので、ネット上ではいろいろとUPされているとは思いますが・・・。自宅に戻ってすぐに夕食の支度もろもろあり・・余韻に浸っていられず現実にすぐひきもどされてしまう哀しさ(家族のおかげで今日は参加できましたこと感謝しておりますが、今度機会があるときは夜の部にしようかしら^^;)。遅ればせながら、いまいちど記憶をたどりつつ、ここに記しておきます。
---------------
グッズの先行販売が11時からと聞いていましたので、やはり少し早めに出発。

10:30ころ 
久しぶりのイクスピアリとアンバサダーホテルのクリスマスの雰囲気を楽しみつつ、舞浜アンフィシアターに到着。すでに10数名の方が並んでいる模様。
とはいえ、少し時間調整をして再び訪れ並びました。

10:45ころ
前から30番目くらいのあたりでしょうか、私も並びはじめました。
まもなく、2列に前に詰めていくように指示あり。

11:00すぎ
予定より少し遅れてグッズ販売入場開始。
混乱しないために少しずつ入場、2番目の区切りに入ることができまして、まずは入り口すぐのところにある、宮川彬良さん関連のCD、オーケストラや吹奏楽の楽譜もめずらしくあり、うれしくてサンプル確認。迷いながらも、他のグッズをながめて、会場限定クリアファイルをひとまず手にし、特典のポストカードポスターにとても心ひかれたのですが、やはりすべてCDなど購入済みなので、今回はあきらめました。
・・ですが、クリアファイルを買うために並びながら、ずっと楽譜のことが頭から離れず(かなり以前から欲しかったものなので目の前にありますと心がぐらり^^;)、レジを終えてから、結局購入しました^^ 私のヤマト音楽の原点にある「交響組曲 宇宙戦艦ヤマト」をもとにされた組曲「宇宙戦艦ヤマト」(宮川泰:オーケストラ)の楽譜は、どうしても手元にほしくて。
2199siki4
式典式次第(入場時配布)、クリアファイル、楽譜

購入の合間にスタッフの方に確認をとり、撮影させていただきましたグッズ売り場の様子。
2199siki12199siki2
↑購入者特典のお知らせ(ポスター、ポストカード

いろいろ見ているうち、2199サントラCD売り場に掲示されていました本日の演目を見つけまして、驚きと喜びのあまり目が釘付け^^・・思っていたよりもうれしい選曲、そして盛りだくさんの内容に、ますます気分は舞い上がりまして、わくわくドキドキしてきました。
グッズ購入を終えて、昼食をとりながらも、もう、付近のクリスマスディスプレイには目が行かず、開演を待ちのぞみ落ちつかない私の姿がありました・・・(次へ続く)
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
予習復習
明日の2199ヤマト音楽団大式典(舞浜アンフィシアター)に備えて、2199サントラCDを何度か聴いて予習しましたのはもちろんのこと、ひさしぶりに第三章劇場限定版BDを見まして、これまでのお話の復習をすることができました^^

サントラCDについては、いつかサイト「古代進case study」でまとめてみたいと思いますが、もっと聴きこんでからの方がよさそうですね・・まだまだ何度か聴いているうちに新たな感じ方もありますので。
初めて聴いた感動は先の記事に書きましたが、今日になってみますと、それぞれの楽曲の味わいをまたさらに感じ、旧作にありました曲を忠実に再現されようとするものと、あらたなアレンジを加えられて、その世界の可能性を広げてくれる曲もありますし、まったく新しい曲もありまして、それぞれに楽しめました^^
2199ならでは、の視点で聴いていますと、やはりガミラスの描き方が曲にも表れている印象を受けます・・とくに44,45独裁者の苦悩は、ことばで表現しにくいのですが、ミステリアスでありながらとても心にしみいる感じがしまして、気に入っています。
また、他の新曲も2199らしさを演出してくれますし、もちろん、一つの楽曲としても、それぞれに奥行きあるテーマを感じ、満喫しています。
明日のイベント、本当に楽しみにです^^

さて、復習の方は・・・
バタバタしていましたから、第三章劇場限定版BDを最初から最後まで通してみるのは初めてでした。サイトのページ作成のときは、少しセリフチェックをしただけでしたので。
自宅で見る第三章は、また違った印象。各話ごとにEDと予告がありますし・・このED「真赤なスカーフ」を聴きながら、その回のどのシーンがピックアップされているのかを見るのが楽しみでした^^
予告も、菅生さんのナレーションを聴きますと、また違った角度から各話のエピソードをとらえてみることができまして、楽しめますね。第9話の予告は、私の解釈ポイント、間違っていないかしら(^^;)と再確認してみたり。また、この第9話を改めて見ますと、さらに感じるところがありまして、ぐっときました・・・・。
そしてサントラCDを聴いた後ですので、以前よりも、各シーンで使われている音楽を確認しながら見ることができまして、より作品を楽しめました^^

2199公式サイトで最近UPされていますキャラクターもチェックしまして、第11話に向けての予習も^^
ガミラスのキャラがいろいろありますが、新キャラはもちろんのこと、パート1などのかつてのキャラも、その雰囲気をあまり崩さずに、でも何かしら内面からにじみ出るような新たな魅力がぷんぷんと(笑)感じられまして、どのようなドラマが展開されるかとても楽しみです。
もちろん、ヤマトクルーたちについても同様。

明日、無事に行けますように・・・。
2199cine31
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
待望の2199サントラ!
ようやく子供の用事を終え、日中不在のために夜に届きました「宇宙戦艦ヤマト2199 サウンド・トラックPart.1」を聴いています^^

全46曲というので、それぞれ短めの曲と思っていましたが、確かにそうなのですが、そのどれもがまぎれもない2199の世界。聴きごたえ十分。適度に歌もいろいろあり^^
しかも、聴けばどれも映像がよみがえってきます。2199のあのシーン、と思い描けるほどに、また、沖田や古代、ユキ、島の声も聞こえてくるかのよう・・
これこそ、ヤマトだ・・
改めて思う。
映像と音楽の一体感を改めて感じる。

2199の世界に浸りきる・・そのうれしさを感じるとともに、ヤマト音楽の復活(いえ、かつての音楽のそのままではない2199ならではの音やアレンジの世界:新生)に、私の中にじんわりと感動が広がる。

宮川彬良さんはじめ、制作関連スタッフの方々に感謝します^^
これがパート1・・これだけでも胸がいっぱいになるのに、あとどれくらい楽しませてくれるのかしら。
今後の音楽展開を、とてもたのしみにしています^^
yamatoB

(補足)
●息子と聴くのが楽しみです^^
これまで映画を見てお気に入りだった曲が、21「ヤマト渦中へ」というタイトルになっていることがわかりました。ときどき一緒に聴いて、いろいろ語りあってみたいと思います^^(40『ガミラス国歌』は聴いたことがないのでびっくりするかも:笑)
音楽団大式典も楽しみです^^
新しいヤマトの音楽世界を堪能したいと思います。
いろいろグッズも発売されるようですが、ほとんど希望のものはそろっていますので、さてどうしましょう・・・サイン入りポストカードは魅力的なのですが(^^;)。それから会場限定クリアファイル。長蛇の列になってしまいますと、体力的に厳しい状況。早くから行くか迷います・・・
ブックレットのデザインもすてき
これから熟読します^^
yuki9
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:2 |
2199サントラCD
週明けから子供たち次々にダウンしお休み、PCにゆっくり向かうことができませんでした。今週末でなくてよかったですが、まだ油断できませんね。寒暖の差が激しいので、体調管理には気をつけないと。
バタバタしており日付を忘れておりましたら、2199サントラCD発送メールが届きまして、ちょうど子供たちも回復に向かっていましたから、私へのプレゼントのように感じられ、うれしくなりました^^
わくわくします・・早く聴きたいですね。

今日は西崎義展氏の命日。
早いものですね。氏をしのびつつ、ヤマトの世界に浸りたいと思います。
ヤマト
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
そこあに「宇宙戦艦ヤマト2199 音楽編」
本日22時から配信開始されましたネットラジオ「そこあに」「宇宙戦艦ヤマト2199音楽編」は、宮川彬良さんのインタビューで、とても楽しめました^^
ヤマト音楽についてはもちろんのこと、音楽や楽器についての詳しいお話も聴けまして、ヤマト音楽を楽しむためにとても参考になりましたし、11/10(土)2199音楽団大式典のイベントも、ますます楽しみとなりました!
今までCDやオーケストラ演奏で聴きなれてきたヤマトの音楽世界が、吹奏楽によってどのように表現されるのか、その違いを楽しみたいと思います^^ また吹奏楽ならでは、の音の広がりも体感したいと思います。

もちろん、歌もとても楽しみ。
ご出演のとある方についての情報も聴けまして、わくわくしてきました^^・・お話に出てきた方の「ヤマトのために作られた曲」といったら、「あれ」なのでしょうか・・とわくわく(違っているかもしれませんが、勝手に想像して期待しています^^)。
余談ですが、このご出演予定の方のアルバム、過日主人が出張中に飛行機内で聴けたらしく、それ以来ファンになっている模様。より多くの方々に、そしてワールドワイドに(?)ご活躍されることをお祈りしております^^

今週は2199サントラCDが発売されますから、それも楽しみ。予習をしっかりして、イベントにのぞみたいと思います^^
yuki10
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
「原点の原点」から舞い戻り・・
長引いていた風邪が悪化しましたのと、先週は009の世界を旅していましたので(^^;)、ヤマトブログはお久しぶりとなりました^^
009をきっかけに、ヤマトよりまたひとつ前の時代、私の幼少期の記憶をたどる旅になっていったようです・・「宇宙戦艦ヤマトに恋した日々」カテゴリにて書いたことがあったかもしれませんが、モノクロ009TVシリーズを見ては、幼心に009を、またもう一人、「ウルトラセブン」のモロボシダンを見ては、少しドキドキしていました^^ そして、009といっしょにいる003にあこがれ・・と、それは、とてもささやかなあわい思い。

やがてくる「本当の恋」のような流れにあって、「宇宙戦艦ヤマト」の古代を追い求め、ともにいるユキにあこがれた私。その頃のヤマトが、私の中の原点にあるもののひとつであることは以前から認識していましたが、さらなる原点を、現代の「RE:CYBORG 009」を機に、思い起すことととなりました。
私自身の年代が、ちょうど思春期に重なったことも大きいのでしょうけれど、モロボシダンや009のような人間を越える存在よりは、現実的な身近に感じられる人間であるがゆえの古代に、よりひかれることとなったのでしょう。限りある時と力の中で、希望と勇気をもってともに試練に立ち向かい、道を切り開いていくヤマトクルーたちの姿が、私の心にいっそう響いたのでしょう。
それはまさに、ヤマト作品の魅力のひとつでもあるのでしょうね。

・・ああ、よかった・・やはりこころはヤマトに舞い戻ってきた(笑)。
kodai1
別窓 | なつかし作品 | コメント:0 |
「管理人の承認待ち」表示
先日、一時的に設定変更をしましたが、問題なく対処できることがわかりましたので、設定を以前のとおり戻し、コメント投稿の後「管理人の承認待ち」表示をすることとしました。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
yuki4
別窓 | このヤマトブログについて | コメント:0 |
| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |