心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
「YAMATO SOUND ALMANAC」CD-BOX
さきほど、特典CD-BOXが到着しました^^
すっかり忘れていましたので、出発前にうけとることができまして、よかったです。

さて、そろそろ・・時間切れでしょうか(^^;)。
年末のご挨拶を・・

今年、おいでいただきましたみなさまには、御礼申し上げます。
日々の運営の励みになっておりました。
来年も、あいかわらずの拙ブログですが、サイト「古代進case study」とともに、どうぞよろしくお願い申し上げます。
oseti
数年前のおせちですが、
お正月の雰囲気づくりに・・
別窓 | ヤマト音楽 | コメント:0 |
ヤマト納め(笑)
年末年始という節目に、PCまわりもおかたづけ。
こまごまとした小物の整理と、ヤマトグッズの整理・・先日、かなり片づけられましたが、まだじっくり目を通せていないものもありまして、整理しつつ、鑑賞^^

そして、旅行からの帰宅時はすでに年明け。
すぐに目に入りますように、カレンダーもスタンバイ。
来年は、二つのヤマトカレンダーに囲まれて、日々、励みとさせていただきます^^
・・そうそう、2199第四章グッズとして、卓上カレンダーも発売される予定でしたから、合計3つですか・・(笑)

あとは、まだ、YRAラジオヤマト第19回を聴けていません(^^;)、時間的に年内は無理かも。

なんとか、心残りないように、旅立ちたいものですが・・肝心の「プレミアム会報 第2号」は、いまいずこ・・。
yuki10
2199公式サイトにUPされていますが、
第四章公開2週目の入場者特典のユキのポストカード、
ほしいですね・・・
ただ、あわただしい時期なので、はたしてうまく行けるか、
微妙・・
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
「プレミアム会報 第2号」はたして・・
明日から1/5まで、旅行で不在にします。
ここ数日は年末年始の諸準備と旅行の準備で、あわただしく過ごしていましたが、昨日、ヤマトクルーさまより「プレミアム会報 第2号」発送のお知らせがあり、今日は今か今かと待っていましたが、まだです(涙)。ぎりぎり明日のお昼までに、手元に届きますように・・そうでなければ、ポストにずっと置かれたままになってしまいます・・。郵送物は局留めにしてるのですが。
明日もまだブログ書けるかも^^
yamatoB
そういえば、数日前にTV放送されました、「ものまねグランプリ」で、
山寺宏一さん、すばらしかったですね・・惜しくも優勝を逃しましたが、
常にチャレンジ精神をもってのぞまれ、しかもどれもきちんとこなされて。
来年の2199デスラーでのご活躍も、期待しています!
別窓 | ヤマト関連書籍・雑誌 | コメント:3 |
「DVD&ブルーレイでーた 2013.1」
「DVD&ブルーレイでーた 2013.1」「ヒットランクでーた 11月」のページにありますセルDVD、ブルーレイランキングにて、DVDでは13位、BDでは3位(!)「宇宙戦艦ヤマト2199第三章」が掲載されています^^
約1カ月分の集計によるランキングですから発売時期によるので、単純比較はできませんが、こうして名前がのっているだけでもうれしいですね。
来年は、ますます2199の世界が盛り上がっていきますことを、お祈りしています!
2199ci21
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
ようやく劇場版5作品BD!
ファミリー劇場毎週水曜「水曜ヤマト劇場」枠が設定されていた力の入れ方、尋常ではないと思っていましたが(笑)、劇場版5作品BD発売という一連のイベント(2カ月おきに発売されていくので、もはや『イベント化』といってもよいでしょうね^^)も、背景にあってのことなのでしょうか・・とにかく、来年も、2199イベント上映もありますし、ひきつづきヤマトイヤー、といってもよいのではないかしら。
とにかくうれしいニュースに、心が躍ります^^

アマゾンで調べてみましたら、すでにどの作品もDVDベストセラーランキングにて、昨夜20:50現在301位~163位内にあり、さきほど8:09現在、154位~85位、とどの作品も100位くらい上昇中! 出だしは好調といえるでしょうか・・いつから予約スタートになっていたのかわかりませんが。
ただ、毎回映像特典の欄が、作品によってまちまちなので、一律同様に予告編と絵コンテなどついていくのか、まだよくわかりませんね・・。
パート1「ヤマト TV BD-BOX」では、いろいろと特典盛りだくさんでしたが。

いずれにせよ、来年、音楽面ではYAMATO SOUND ALMANACシリーズで高音質が楽しめ、映像面でも高画質のヤマトの世界を楽しめそうで、とてもうれしいですし、日々の励みにもなりますから、期待してます!
kodai9
↑中でも、やはり「さらば」強し!
別窓 | 全映像作品関連 | コメント:0 |
ファミリー劇場「水曜ヤマト劇場」!
おどろきました!火曜サスペンス劇場・・みたい(笑)。
昨日ファミリー劇場「復活篇」が放送されまして、最後の方は、あとで録画したものを見たのですが、1/9(水)から、「水曜ヤマト劇場」なる時間枠(21時~)が登場する宣伝があり、知りました^^

ファミリー劇場サイトにもUPされていますが、ヤマトオンリー枠の設定には、かなりの力を入れられているのが想像され、これは2199上映にかかわる視聴者土壌開拓の一環でしょうか・・などと、あれこれ妄想しております(笑)。
気になる表現が、放送予定作品として「『宇宙戦艦ヤマト』TVシリーズ、『宇宙戦艦ヤマト』劇場シリーズなど」とありまして、「など」には何がふくまれるのかしら、と。2199特番などをさしているのかしら・・まさか、もしかして・・まったくの私の妄想ですが、2199TV放送も視野にあるのかしら・・?なんて。

いずれにしましても、ヤマトがある程度の定位置におかれる、というのは、うれしいことです^^
今後が楽しみです。
yuki5.jpg
昨日のわが家はクリスマスイベントの日でした。
買い出し、お料理、ケーキ作り・・と、目まぐるしい一日でした・・
今、このひととき、とてもほっとしています。
あわただしいけれど、復活篇とも、ともに過ごせる昨日今日、
私にとってのクリスマスプレゼントのようです^^
Xmascake.jpg
別窓 | ヤマト関連TV番組 | コメント:0 |
ファミリー劇場「復活篇」放送中^^
ただいま、ファミリー劇場にて「復活篇」放送中^^
やはりリアルタイム放送、というのはいいですね。家族がいるときにチャンネルを変えると、ヤマトがうつる・・なんて、うれしいものです^^ 息子が久しぶりに見入っていました。
これが地上波だったらもっと嬉しいのですが。
明日のこの時間にも、「復活篇DC」が放送予定。

そして、TVガイド(『おとなのTVナビ』(産経新聞出版))を見ていましたら、
1/1 21時~「SPACE BATTLESHIP ヤマト」放送
1/2 8時~劇場5作品一挙放送(紹介欄には6作品とありますが、5作品のまちがいですね・・)
が判明^^
しかもともにガイドのページ左端の画像入り紹介欄にてピックアップされています。劇場5作品については、めずらしく、完結編の古代とユキのラストあたりの画像なので、子供たちに見られると、少々恥ずかしいですね(^^;)。
でも、このように大きく取り上げられるのは、本当にうれしいことです^^

もうひとつのTV番組チェックの目的でガイドを調べていました・・
2199イベント上映スタートの前には、TOKYO MX TV特番が放送されてきましたが、今のところ、見当たらず。年末年始不在にしていますので、その間に発表されますと、録画予約できないです(涙)。
28日出発予定、その前に知りたいものです・・・
miyuki
久しぶりに美雪ちゃん。
続編どうなるのかしら、気になります・・・。
別窓 | 全映像作品関連 | コメント:2 |
2199第四章グッズ情報公開!
ヤマトクルーさまからのさきほど到着しましたメールによりますと、2199第四章グッズ情報が、サイトにて公開!
さっそく見てまいりましたが、もう・・うれしくてうれしくて、いっきにきもちが急上昇^^

いつものことながら、文房具好きな私には、こまごまとしたものすべてうれしくて、とくに今回は、これまでクリアファイルが多かったのですが、下敷き!・・そして、カンペンケース
懐かしい・・子供時代に映画館でさらばカンペンケースを買い、学校にもっていっていたのを思い出しまして、なんともいえない、温かい気持ちになりました^^ 使い古しても、とっておけばよかったのですが、今は手元になく・・。今回の発売、とてもうれしいです^^

そして、もうひとつの、とくにうれしいもの・・トランプ
サイト「古代進case study」2199ページにも書きましたが、第三章でトランプが作品内に登場していましたので、絶対に商品化されると思っていました。しかもこんなに早く、うれしいです^^

その他にも、カードケース2013卓上カレンダーも、うれしい・・

今夜寝る前にしようと思っていたことがありましたが、情報UPに気持ちもすっかり舞い上がってしまって手つかず・・グッズ吟味を楽しみつつ、よい夢が見られそうです^^
今週半ばからはいろいろとまた子供たちのお世話に没頭し、時間も過ぎ去り、あっという間に冬休みに突入・・少々消沈していたところもあったのですが、おかげさまで、この年末年始は、1/12を楽しみに、心の中でわくわく気分を味わいながら過ごせそうです。感謝^^
yuki9
紀伊国屋新宿本店イベントは行きたいのですが、
連休スタートというのは厳しいです・・・
早く行かないとグッズ売り切れてしまうのかしら。
個人的に、この書店には学生時代の思い出もありまして、
新宿ピカデリーに行くときには、いつも懐かしい気分で
ながめていたところでしたので、ぜひ行ってみたいですね。
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:2 |
更新しました^^
拙サイト「古代進case study」、昨夜更新しました。
まだまだ抜けているところも多々ありますが、これまでよりは、一歩前進できたかと思います。
穴埋め作業はまた徐々に進めていきたいと思いますが、かなり前から気になっていたいろいろな部分に、年内に手をつけられまして、ひと安心。

今日明日、子供たち終業式で、いよいよ冬休み突入。
一人の時間をまとまってもてるうちに、と、ぎりぎりUPが間に合いました・・クリスマスにも^^
まだクリスマスメニュー決めていませんが、わが家は自宅で手作り料理とケーキ、というオーソドックスな過ごし方となりそうです・・。
みなさまもよい連休をお過ごしください。
kodai1461xmas
別窓 | 「古代進」サイトについて | コメント:0 |
作業中
昨日今日は、サイト「古代進case study」の更新作業にとりかかっています。
頭の中は、これまでのヤマト作品や復活篇2199が混在しております(^^;)。
ヤマトグッズもかなり混在しておりましたので、整理しつつ、リスト修正にとりくんでいます。実際、修正しておかないと、自分でも何を所有しているのか混乱しそうになることがありますので(^^;)。
来年の第四章上映から、また新たなヤマトグッズも発売されるのでしょうね・・そのためにも、今のうちにおかたづけを。
UPは、できれば今週中を目標にしています。また何かハプニングが起きませんように・・。

寒暖の差が激しくなってまいりました。どうぞご自愛くださいますように。
yamatoG
別窓 | 「古代進」サイトについて | コメント:0 |
ファミリー劇場「完結編」放送中
たまたまひとりで在宅中。
ただ今、ファミリー劇場「完結編」が放送中で、リアルタイムで流しています^^
細かいところをかなり忘れていますね・・さきほど、古代とユキの二人のこれまでのシーンが流れ、さらに懐かしく、しみじみとした気分に。やはり、いつかじっくり、これまでの作品も見直したいと思いました・・
ずっとヤマトの音楽や効果音、セリフが聞こえてきますから、これ以上ない、至福のBGM。
もうすぐ家族が戻りますので・・しばし、楽しみたいと思います^^
koyuki4
別窓 | 映像作品(旧TV,劇場版) | コメント:0 |
2199公式サイト 第四章情報
2199公式サイトに、第四章PVとともにストーリーのページも更新され、第11~14話の画像や簡単なお話紹介文がUPされています。
これまでは、作品を見たあとでじっくり見ていたのですが、今回は、年末年始に不在にしてしまいますし、時間もあまりありませんし、なにより、本日見ましたPVに心かきたてられ、作品を見る前に、じっくり見てしまいました・・・(^^;)。PVを見てから、このページを見まして、さらに想像を膨らませたり確信してみたり、と楽しんでいます^^

以下、UPされた画像の内容に触れますので、見たくない方は、ご注意ください(第11話のネタばれなし、その他のお話は推測)。

第11話
「君はなかなかいい腕をしている」のメルダのセリフは、誰に向けてのもだったか、わかりました・・大式典にて第11話を見ていたのでした(^^;)が、1回きりでしたので、細かく覚えていなくて、そのときのメモを見ましたら、誰がどの場面で話していたセリフか、判明しました^^ ネタばれになってはいけませんので具体的に描くのは、まだ控えておきます。

第12話
大式典第11話のあとに流れた予告にありました「あれは何・・?」と思っていた画像が、UPされましたね。
見るからに、あの方の姿でありますが、やはり謎が深まります・・。
また、古代とユキのツーショットが気になります^^どんな会話をするのでしょうか・・・

第13話
TVシリーズパート1での、沖田が倒れてから古代の成長が描かれるあたりのエピソードが思い起こされますが、まったく異なるエピソードのようですので、今回はどのように古代が描かれるのか、とても楽しみです^^
ここで、古代の人間性を存分に見たいものです・・。

第14話
画像がまだUPされていないところが、さらにミステリアスなムードを漂わせる、かなり、期待してしまいそうなエピソードです^^ とても私好みのような・・現実と幻想のはざま、時間と空間のはざま・・その中で、古代とユキの内面や真実(をにおわせる程度でもよいのですが)が描かれるのかしら、と(サイト『古代進case study』における『復活篇続編メモ的シナリオ』にて、そんな稚拙な夢のようなシーンを描いておりますが^^;)。
とにかく楽しみにしています。
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
ファミ劇「復活篇」「復活篇DC」初放送!
サイドバーのクリスマスカウントダウンは、12/25までのもので、あと10日を切りました。
すでに少し前から情報は流れていましたが、そのクリスマス前の12/23,24(ともに12時~14時半)ファミリー劇場にて「復活篇」「復活篇DC」放送、と急きょ決まったようです(ただ今、ファミ劇アクセスランキング『復活篇DC』3位!!)。
地上波でないのが少々残念ですが、TV初放送は、やはりすてきなクリスマス企画・・うれしいのも事実。
すでに録画予約ずみです。DVD&BDはもっていますが、なにかCMなど情報が流れるかもしれませんし。
復活篇の続編への期待も、また高まりそうです・・。
kodai14
別窓 | 映像作品(復活篇) | コメント:0 |
2199第四章PV公開!
2199第四章PVが、2199公式サイトヤマトクルーサイトにおいて、本日公開となりました!
さっそく見ましたが、今回もたくさんの映像満載で、一度では見逃してしまうので、何度も再生、一時停止時し、じっくりと見ました^^

PVの流れに従って、思いついたところの感想を・・
(内容をまだ知りたくない方は、ご注意ください)
(セリフは私が耳で聞いて文章化したものです。問題等ありましたらご連絡ください。)

-------------------
●フラーケンがずいぶんワイルドになった印象。
●ドメルの声、大塚さんよいですね。
 ガミラスの中では悪っぽいキャラもいますが、このドメル、
 とても正統派の正義や潔さを感じさせる雰囲気で、
 お話の展開も楽しみです。
●メルダ「君はなかなかいい腕をしている」は、誰に?
●ゲールの上の鳥はあれは・・と見ますと、ドメルのでしたね。
(いろいろなシーンが入り乱れていて、セリフも交錯するので、
 どれがどれにつながるのか、組み立て直して、あれこれ
 想像しています^^;)
●途中で戦闘シーンもおりまぜられ、その鳥は、ある女性の肩に。
 ドメル「銀河方面軍の指揮を命じられた」
 女性「銀河系は遠いわ・・」
 ドメル「ああ・・」
 女性「とても・・遠い・・」
 2199ドメルの人物像は今回深く描かれているのでしょうか・・
 (大人の雰囲気でかっこいい^^)楽しみです^^
●その戦闘シーン・・勢いある迫力あるシーンが展開されそうで、
 これもまた非常に楽しみ。
 そしてあのメカは、白色彗星帝国のメカ(白と緑)ですよね・・本当?
 ここで遭遇あり?
 フラーケンより入電「オオカミは羊と踊った」とは、ヤマトのこと?
 ドメル「余計な獲物を見つけたらしい」
 ユキ「本艦に向け高速で接近中の物体あり!」
 フラーケン「この戦争、楽しめそうだぞ」
●岬百合亜が何かを感じた・・
 次の映像では、百合亜の背後に光る女性・・これは!?
●デスラー「彼らはどこを目指しているのか・・
 どこに向かって旅を続けているのか・・」
●古代「君とは信じあえる」とメルダに・・!
●倒れる沖田。
 別の映像では、沖田のセリフ「人はまちがいをおかす。
 もしそれが命令であったとしても、間違っていると思ったら、
 立ち止まり、自分を貫く勇気も必要だ」
●島も何度か登場。
 それぞれのひとびとの意味深そうなセリフや表情に、
 あれこれ想像をめぐらしてしまいます^^
---------------
迫力ある美麗な戦闘シーンと、さまざまな人々の絡みが深まりゆき(ガミラスにおけるドメルとフラーケン、沖田、島、古代とメルダ?山本?、百合亜と謎の女性・・)、お話もいよいよ佳境に入ってきたようで、とても楽しみです^^
2199cine31
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:3 |
年内作業に向けて
昨日、とてもひさしぶりに、お絵かきソフトを起動。
これまで描いたイラストなどをながめていましたら、急に気持ちが浮上しまして、あれこれと画像処理をしてみて楽しめました^^
ここ数日、心身とも疲弊していましたので、過去の私自身にいやされたような気分・・。
やはり、ヤマトの世界、サイト・ブログ運営は、私にとって大切な世界。
年内、どこまでできるかわかりませんが、更新作業を進めていけたら、と思います。
koyuki1.jpg
本当はこんなイラストも、もう一度
彩色し直してみたいのですが。
いつの日かの楽しみに・・
別窓 | 「古代進」サイトについて | コメント:0 |
↓↓【お詫び】カレンダーについて
昨夜UPしましたカレンダーについての記事において、表現の誤りがありましたので、記事の最後の(追記)をご確認ください。もし、すでにご迷惑をおかけしていましたら、大変申し訳ありませんでした。
確認が甘かった点、今後は注意するようにいたします。
とりいそぎ、お知らせまで。
yuki4
別窓 | ヤマト関連グッズ | コメント:0 |
「キネマ旬報 12月下旬号」
最新号「キネマ旬報 12月下旬号」をながめていましたら、懐かしい木村拓哉さんが飛び込んできました^^
チャンネルNECOの宣伝ページに大きく「SPACE BATTLESHIP ヤマト」がありまして、「昭和ヒーロー見参!奇跡の実写映画化特集!」とあり、「1/1(火)21:00ほか」とのこと。他にもいくつか作品が放送されるようです。

また、毎年、読者選出ベスト・テンが企画されていますが、2012年作品リストに、「宇宙戦艦ヤマト 復活篇ディレクターズカット」「宇宙戦艦ヤマト2199第一章『遥かなる旅立ち』」「宇宙戦艦ヤマト2199第二章『太陽圏の死闘』」「宇宙戦艦ヤマト2199第三章『果てしなき航海』」も、しっかりと明記されていましたので、うれしいです。

改めて今年を振り返りますと、私事では本当にいろいろなことがありましたが、ヤマトをめぐる動きも盛んとなり、日々の励みになっています^^来年もさらに盛り上がっていかれますように、心よりお祈り申し上げます。
yamatoB
別窓 | 全映像作品関連 | コメント:0 |
2199&ヤマト 2013カレンダー
ヤマトクルーさまからの配送物によって、過去から現実へと引き戻されている、ここ数日です(笑)。
今日の午後、無事到着しました!
2013カレンダー・・贅沢にも2199ヤマトの二つを^^

とりいそぎ到着のみお知らせしようと思いましたが、さきほどカレンダーを開封してみましたら、感動してしまいまして・・簡単に私なりの感想も^^(注:あくまでも私見です)
2199カレンダーは、厚口光沢ある紙質で、美しい各話のシーンに解説文も添えられていて、すてき。いわゆるカレンダーらしいデザイン。
今後も第四章以降のダイジェストカレンダーが、発売されるのかしら。楽しみです^^

ヤマトカレンダーは、こちらはかなりマニアックな印象。カレンダーというよりもビジュアルシートといったらよいのでしょうか・・いくつかの懐かしいシーンがまとめられ、メインのシーンにセリフが載っていて、うれしくなりました^^ サイト「古代進case study」は、開設当初よりセリフ集をメインコンテンツとして運営してまいりましたが、理想としては、このように作品の画像とセリフをリンクさせて表現したかったので、そんな思いを形にしていただいたような気持ちがしまして、とても感激しましたし、またこれまで運営してきました日々を思いますと、感慨深い思いもします^^
また、最後の1枚に2013年の日本の祝祭日や行事予定が掲載されていますが、そこにヤマトの記念日も収められていまして、驚き^^・・心くすぐられますね。
そして・・ひとつ気になる表記がありました・・「一部を『Proud of YAMATO Visual BOOK BL』に収録予定です」の意味が、不明・・(?今後の発売予定のことかしら?)。 

私のPC作業場は、自宅のわずかな一角ですが、その近くにこの二つを掲げようと思います^^
いつも心はヤマトとともに・・・
kodai1461xmas
ヤマトカレンダーの最後の一枚は
この二人姿・・なにもかも、うれしいです^^
子供時代にヤマトカレンダーが届いたときの
きもちを思い出しました。

(追記2012/12/12/09:00)
ヤマトカレンダーについて「挟み込み式で、切らずに使用後も保管可能」と昨夜UPしてしまいましたが、確認が甘かったようです・・今朝改めて確認しましたら、中の方でホチキス止めされていましたので、そう簡単には差し替えできず、そのまま保管できるタイプではありませんでした(涙)。誤った表現をしてしまいまして、申し訳ありませんでした。該当箇所の文章は削除しました。
別窓 | ヤマト関連グッズ | コメント:0 |
「キャンディ・キャンディ」
子供たちも短縮日課やテスト期間中で入れ替わり立ち替わり在宅・・一人の時間も徐々になくなってまいりましたので、時間を見つけては、片づけ、積読の解消などするこのごろ。

「宇宙戦艦ヤマトに恋した日々」カテゴリでも触れていましたが、学生時代、「キャンディ・キャンディ」の漫画に入り込んでいました。アニメよりは漫画。いがらしゆみこさんの絵が、愛らしく好きでした。
でも、アニメではテリーの声を富山敬さんがされていたので、それはそれで、よく見て、聴き入っていましたね。今でもアニソン番組で、懐かしの歌の中にとりあげられるほど、やはり誰もが知っているアニメでしょう。それなのに、漫画、DVDなどは、今もなお発売されていない状況。非常に、残念です。

子供時代には持っていましたが処分してしまいましたので、古本をネット通販でかなり前のことですが購入し、久しぶりに昨日今日読みました。懐かしい世界が広がり、そして、大人の今読んでも、お話の展開にはひきこまれ、感情を揺さぶられ、時に涙ぐみながら読んでしまう・・驚きのパワーのある作品、と改めて実感しました。今、簡単に手に入れにくい状況というのは、本当にもったいない。
逆境におかれても明るく素直に、周りを豊かな思いにさせてくれるキャンディの存在は、今の時代、夢物語なのかしら、でも、あってほしい理想像でもあります・・・人びとが忘れがちな心を呼び覚ましてくれるような。また、勇気をもらえる作品、とも思いますね^^ 
娘に読ませたくて、その前にざっと目を通そうとしましたら、すっかり浸りきって、いっき読みしてしまいました私。学生時代の私自身をも思い出し、いろいろと思いめぐりました。だから余計に泣けてきたのかも^^

しばらく、こころの振り子は過去と現在を行き来しそうです・・・。
saipan2
別窓 | なつかし作品 | コメント:2 |
トレーディングカード到着^^
一段と寒さが厳しくなってまいりました。
みなさまもお身体にはご注意くださいませ。
子供たちのトラブルは、一方で回復傾向、もう一方はひきつづき見守るものと・・で、長期戦になりそうですが、いたしかたありません。私は、できるだけのことをし、子供たちの心身を信じて見守ってあげるしかありません。亡き母がいたら、もっといろいろ相談したいこともあるのに・・と、心がくじけそうになることもあるのですが、あきらめず、逃げずに、立ち向かいたいと思います。

さて、そんな折、ヤマトクルーさまより、「ヤマトクルー限定版2199第三章DVD&BD AR台本付き(+BOXセット)」特典でありますトレカが、今朝ポストに投函されていまして、本当に、うれしかったです^^
心いやされました・・・。
誰かがどこかで見守ってくれている、と思えるような。

トレカはシュルツとヒルデ。いいですね・・ヒルデは、娘と同じ13歳なので、このイラストを見ていますと、いろいろな思いがわきおこってきました。とてもうれしいです。

来月、第四章公開で、これから先のお話の展開がとても興味深いですし、またいろいろなグッズが発売されるかと思うと、消沈していたきもちも、浮上してきました^^
ヤマト、ありがとう・・。
スタッフの方々、感謝しております。
yuki9
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:2 |
「わが青春のアルカディア」
少し前の「サイボーグ009」にはじまって、ヤマトはあくまで私の中で別格の位置に存在するのですが、もうひとつのきもちの方向性として、懐かしの作品への思いがわきたつこのごろです。

最近、期間限定で発売されています「わが青春のアルカディア」DVDを購入。数年前にDVDは発売されていましたが、なぜか買いそびれていまして、今頃に。
サイトの別館「書庫」をひっそりとUPしておりますが(ほとんど更新も滞っておりますし、内容もお粗末ですが^^;)、そのTOPに掲げているくらい、ハーロックには心ひかれたこともありまして、DVD購入をしていなかったのが不思議なくらいです。
とにかく、久しぶりに見てみましたら、やはり子供のころ(と言いましても確か高校生くらい)の懐かしい思いがよみがえってきました・・あのころは、ヤマトに比べるともう少し大人の世界のように感じられて、ハーロックとマーヤの愛情にときめきを感じていましたね。とにかくハーロックがステキで。
今見ますと、とてもヤマトの世界と似た部分も見られて興味深いものでした^^マーヤがなくなるところは、「さらば」のユキと古代を思い出しますし(古代君もハーロックのように情熱的に泣いてほしかったですが^^;)、キャラクターが、「さらば」に似ているような気がしました。そしてまた、メカや戦闘シーンも。
当時、私がどんな思いでこの作品を見ていたのか、少しひも解けたような気がしました^^
さらば至上主義的な思考をしていた当時、その面影をいろいろな他作品に求めていたのかも?それでいて、このハーロックにもあこがれていた・・多感な時期だったのね(笑)。

ヤマトの世界、2199、復活篇・・と新しい作品を追い求めていく一方で、心のどこかでは、懐古趣味に走りそうな気配。999はたまに見返すこともありましたが、ハーロックは実に久しぶりのことでしたので、とてもインパクトあったのでしょう^^ 
そういえば、ハーロックも3DCG(?)の新作が制作中だったのでしたね、たしか。それもまた楽しみです。
koyuki1.jpg
12/2ファミリー劇場で放送されました
「さらば」を少しだけのつもりが、
後半はほとんどずっと見てしまいました。
とても懐かしかったです^^
別窓 | なつかし作品 | コメント:2 |
近況
今週は子供の世話で余裕なく、あっという間に週末を迎えることになりました。
おちつきはじめてはいますが、まだ見守る必要あり。私自身もやや消沈気味で・・・。
なかなかヤマトの世界にゆっくり浸っている間もなく、師走に突入し、あれこれあわただしく過ごしております。

そんな中、ヤマトクルーさまからのメールは、ひととき、ヤマトの世界に舞い戻らせてくれまして、さまざまなイベントグッズ情報にほっとしています^^
第四章最速上映会には行けませんが、久しぶりにショップをのぞいてみましては、カレンダーの画像がUPされていまして、もうすぐ届くのがますます楽しみになりましたし、グッズが充実してきますのはうれしいことです。
プレミアム会報誌が今月末到着予定とのことですが、年末年始には旅行予定ですので、その前に届きますように・・・。

サイト「古代進case study」の更新もしていきたいところですが、どうなることか・・・毎年、年末年始に少しでも更新してきましたので、なんとかしたいと思うのですが。ヤマトグッズの整理もまだまだで。
kodai1461xmas
現実世界では、ようやく今日、
クリスマスの飾りを少し出しました^^
別窓 | ヤマト関連グッズ | コメント:0 |
ヤマト音楽につつまれて
長い日月火でした。
子供たちの不調がダブルで同時にありまして、対応に追われ。
やっと腰を落ち着けてPCに向かえています。
それぞれが、見通しのまったく見えない状況におかれ、また、刻一刻と進む中で、できるだけ早く対応しなければならない事態でしたので、私自身もかなり精神的に追い込まれていましたが、やはり子供の前では、できるだけ動じずにいなければならない・・・結果、どこまでその理想を演じられたかわかりませんが。

少し先が見えた・・かもしれない、見えないかもしれない今ですが、今日になってやっと一人で運転する機会があり、最初はとても音楽など聴く気分でなかったのですが、たまたま適当に電源入れてHDD再生していたら、偶然、旧009の主題歌で赤いマフラーを思い出し、そして「誰がために鐘は鳴る」で懐かしのアニメ時代と正義のために戦う潔さを思い出し、やがて、自然にヤマト音楽へ・・リスト上に最初に登場するのが「復活篇サントラ」(劇場公開版)
たまりませんでした・・。
川島和子さんのスキャットに優しく包まれるように、やすらぎを感じ、ヤマト音楽のメロディが心にしみます。やはりヤマト音楽は、私にとって特別な存在、と改めて感じます。それまで気を張っていたのか、急に涙がにじんでしまいました。

いくつか、そんな道具や場所をみつけておくといいですね。
そう・・また父母のお墓参りに行こう・・
いろいろなドラマや映画で、お墓参りのシーンなど見られることがありましたが、最近、そんなふうに心がひかれて足が向く思い、というのを初めて実感しているように思います。それもこれも、私自身の人としての経験を積むためのものなのでしょうね。人の心の求めるもの、回帰するところ・・そんな視点で人をとらえ直してみる、新たなとらえ方も学べているように思います。
なにごとも、私のためになっていること、と思って、前に進んでいきたいと思います。

切羽詰まった思いにかられたこの数日でしたが、大切なものを見極め、できるだけのことはした、という悔いのない思いに至れたことに感謝。あとは結果が好転するのを祈るばかり。
人、自分、人生観・・などなどのとらえ方が少し変化する、人生の転換期にあるような気がしています。
ヤマト
このイラストは、高校時代の文化祭向けに
絵具で描いたポスターをPCにとりこみ、
後に絵具で描いた地球もとりこみ、合成や
画像処理をしてまとめたものですが、
それだけ、長年の時とともにあった
私のヤマトへの思いがつまったもの。
これからの人生、どれだけこうしたものが
描けるか・・それを目指すのも楽しいかも^^
ヤマトよ永遠に・・・
別窓 | ヤマト音楽 | コメント:0 |
2199と復活篇と
このところ、車内でのBGMは「2199サントラCD」ばかりでしたが、ひさしぶりに「復活篇コンプリートBOX特典CD」を聴きました。
私の中で、両作品はどんな位置にくるものか、どう感じられるか・・それも興味深くて^^

実は、先日の「題名のない音楽会」(宮川泰特集)のビデオを息子に見せましたら、楽しみながら見ていたのですが、「無限に広がる大宇宙」を聴きはじめるや、いつも聴きなれていた音楽とは違う音が気になったようで、「何この音!?」と即座に反応しましたので(私も最初聞いた時から気になっていた音でしたので、息子が気づいてくれてうれしい^^)、ああ、息子の耳にはかなりヤマト音楽がしみついているのね、と実感。

そして、ひさしぶりに、いろいろな作品の音を聴き比べてみたくなったのでした^^
でも、結局のところ、それぞれの作品のいろいろな思い出や作品の内容、映像などがどんどん浮かんできてしまいまして、懐かしさやしみじみと胸に迫る思いに駆られて、音の違いを実感するまでに至らず(^^;それはまた改めてトライしてみようかと思います)。

新たな発見としましては、2199の音楽世界に最近浸ってきましたが、復活篇の音楽(今日はとくに思い出深い劇場公開版の展開で)を聴けば、すんなりと、あの復活篇の世界に入り込める私がありまして、とてもうれしかったですね。復活篇は、やはり私の中で、もうゆるぎない位置にいる、と、確信しました^^ 劇場公開版ならではの、クラシック音楽や映像と音楽の一体感が、長年のブランクの後のヤマトとの再会の思いと重なり、確固たる位置にいるのです(母との思い出もあるから余計に感じるのでしょうね^^)。

そして、特典CDにはおさめられていない「この愛を捧げて」を最後にとても聴きたくなりまして、「復活篇サントラCD」の最後の曲を聴いていますと、劇場公開版の展開でそれまで聴いていたにもかかわらず、DC版のラストシーンが鮮やかによみがえってきまして(音楽⇒歌の流れによって)、なんともいえない思いに浸りました・・ああ、復活篇古代君、あれからどうしているかしら、と、とたんに気になりまして、早く続編が見たい、と、気持ちがどんどんあふれてきてしまいました。

復活篇、実写版、復活篇DC、ときまして、本当にいろいろな新しいヤマト作品を楽しめるようになりまして、今まで舞い上がってそれぞれにひたってきましたが、ようやくそれぞれの作品との距離感(私の中での位置づけ、ともいえるでしょう)が見えてきたようです・・。2199はまだ完結していませんので、わかりませんが。

今日は真冬並みの寒さでした。
毎年この時期になると、2009年12月復活篇が上映された時のことが思い起されます。パスポートのおかげで、連日映画館に通いつめてしまいましたあの日々を・・。
実写版公開日はその翌年の今日でしたし、復活篇DC特別上映会は、まだ今年の2月のことでしたね・・いろいろなことがありすぎて遠い昔のように感じますが、かつて子供時代には公開時期の「夏」のイメージがありましたが、最近はヤマトというとこの寒い季節を思い出します。だから、今日の寒さが、余計にしみじみと近年のヤマト作品を思い出すきっかけとなったのかもしれませんね。
kodai15
別窓 | ヤマト音楽 | コメント:0 |
| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |