心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
今日の2199CM
いよいよ来週から2199がTV放送スタートしますね。
今日はドキドキしながらTBS「マギ」を見ました^^
データ放送もされるとのこと、「マギ」のデータ放送をチェックしてみて、来週はこのように表示されていくのね・・と、わくわく。

さて、今日の2199CMは・・
ヤマトと波動砲の最初に流れたバージョンのCMでした^^
もう少し詳しく、来週からの予告的に流れるかと思ったのですが・・とにかく、楽しみにしています!
新聞やTVのデジタルガイドなどでは、来週日曜午後5時に、「宇宙戦艦ヤマト2199」と表示され、うれしいです^^いよいよ・・
yuki10

(追記2013/03/31/21:25)
そういえば・・一緒に見ていた娘が即反応していましたが、
「マギ」続編2013年秋、とのテロップ。
この「マギ」の間に、ヤマト2199が放送されるのかしらね・・
とすると、最終章上映は10月頃?TVと劇場公開のタイミングが
気になりますね。

(追記2/2013/03/31/22:55)
すみませんでした・・(^^;)
改めて録画を確認しましたが、今日の2199CMは、新バージョンでしたか(?)・・
最初に波動砲発射口が開き、3回波動砲発射シーンがあるものでした。
大変失礼いたしました。つい、慌てて先走ってしまいました。
最初のバージョンは、大地からヤマト抜錨、主砲発射するものでしたので、
今日のとは異なりますね。
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
「宇宙戦艦ヤマト2199 ヤマト音楽団大式典2012」CD
おとといから、2199第五章PV公開や冒頭映像配信スタートとなりまして、すっかり舞い上がっており、この「宇宙戦艦ヤマト2199 ヤマト音楽団大式典2012」CDが到着しているというのに、なかなか聴けない、という大変贅沢な状況に陥っておりましたが(笑)、やっと先ほど聴き終えました。

あの日の感動がよみがえってまいりました。
私の記憶が定かではないかもしれませんが、宮川彬良さんのMCは、私が参加した昼の部のものと全く同じ、と感じられましたが、どうでしょうか・・とにかく、いずれにせよ、私自身、あの日の思いが鮮やかによみがえってくるのですから、このCDは、とても素敵な思い出の記念となる貴重なものとなりました。
Yuccaさんによる「ラブ・シュープリーム」も、大変貴重な歌でしたから、とてもうれしいです。
そしてラストの「宇宙戦艦ヤマト」ささきいさおさんと会場の皆さんと一緒に歌ったあの時の感動が、はっきりとよみがえってきました! とてもうれしいです^^

解説書を読みながら聴きますと、ますます、その時の感動が深く思い起こされ、至福の思いに浸ることができました・・。
そこに書かれてありますボストンポップスオーケストラのエピソードには感激・・私もかつて来日コンサートを聴きに行ったことがありますが、その時のアンコール曲はなんだったのかしら・・記憶があいまいですが(資料がどこかに残っているかもしれませんが・・何年だったかもあいまい^^;)、覚えていない、ということは、他曲であったのでしょう(?)。
また、この大式典の会場である舞浜アンフィシアターの解説で、シルク・ド・ソレイユに触れられていまして、それもまた私にとって大変思い出深いものでしたので、まさに私のこれまでの記憶をたどりつつ、今日のヤマト2199へと至るに思いめぐらす、記念のCDとなりました。
このCDの発売に感謝しております。

そして想いは未来へ。
これはぜひ、この後に続く第四章以降の音楽、アーティストの方々を含めた「ヤマト大式典2013」、さらに、その後の開催へと続いていかれることを、心よりお祈りしております。今年は子供の受験の年なので、年末から年明けは難しいですが、それ以外でもし開催されるなら、できるだけ参加したい・・いつか子供たちも連れていきたいですね。
2199siki4
あの日の感動・・いつまでも。

(追記2013/03/29/22:20)
ヤマトクルーさまより届きまして、トレカとともにNOT FOR SALEのカード(CDタイトルとヤマトの後ろ姿)も同封されていました。他店での取り扱い状況はどうなのかわかりませんが、とにかくうれしかったです^^
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
2199第五章冒頭約9分配信中!
朝から、今か今かと待ち望んでいました・・
お昼ころまではまだでしたが、1時間ほど前に見ましたら、「2199第五章冒頭約9分」配信されていました!

以下、未見の方、ご注意ください
第五章に関しては、PV冒頭9分の知識しかありませんが、
 感想&若干の妄想をほのめかしつつ、とりいそぎUPしました^^)

--------------------------------------
さっそく見ました。
すっかりひきこまれて、あっという間の9分・・もう、これでおしまい!?という思い。
早く、続きが見たい・・!

●デスラー「やはりイスカンダル人が乗っていたのだな」
・・冒頭からいきなりこのセリフですか!?
  いっきにひきこまれます。やはり・・あの人?

●ガミラス国歌のもとに、破壊される星
・・美しい自然、人々に悲しすぎる行為

●岬百合亜は、すっかり・・髪いじり「はてな・・」
・・さすがに、もう迷わすことなく、この人はあの人?

●山本「古代さ・・!」と笑顔で声掛け、古代はユキへ
・・山本、切ない。心苦しくなってきます・・

●古代とユキの二人のツーショット
・・もっと近くで見たかったわ^^
  そうすると、ユキは・・やはりあのシーンのあの人?
  それとも関係なく・・ただの記憶障害?これからの展開、
  古代とユキの関わりようがとても楽しみです^^

●走り去る山本、それを見た古代「彼女、どうかしたのか・・?」
●篠原「いろいろあるってことですよ・・」
・・やさしい人ね^^
  古代の鈍感さも健在(^^;)

●ロッカーを蹴る山本。
●篠原「いろいろあるんですよ」
・・艦内のいらだちが織り交ぜられている

●新見「恒星の名は…ビーメラ」
・・ここで登場ですね。

●新見「メンタル面でも上陸は望ましいかと」
●古代「スケジュールに支障は出ないのか・・?」
●伊東、新見の表情
・・備蓄が底をつくのと精神的ストレスを組み合わせて、
  艦内問題を描いているのですね・・
  それに・・もう一つの予感。

●食堂にて、トレーの食べ物
●加藤と真琴
・・だんだんいろいろなツーショットが目立ってきましたね^^
  それぞれの方のこれからの展開が楽しみですが、
  先々のドラマの伏線にもなっているのかしら・・
  みんな無事に地球に帰還してほしいです。

●藪「こんなんで、大丈夫なのかねぇ・・」
・・藪らしいセリフですね。本当に各キャラクターのセリフのテンポといい、
  セリフの組み合わせ方による展開も、心地よいほどキャラにフィットして、
  自然でよいですね・・

●相原「岬さん・・!最近、ラジオの方やってないみたい・・だけど、どうしたの・・?」
●真田と百合亜の会話
・・百合亜、すごすぎる!!(笑:別人ですね)
  真田さん、対等に会話できる人を見つけて、表情豊かになり、
  とてもうれしそう^^

●真田「えっ?髪型変わっていたの・・?」
・・真田さんらしいですね(笑)、人間味が現れてきました^^

●百合亜「波動砲は・・あの大量破壊兵器は、あの人が作ったの・・」
・・とても意味深い言葉ですね。「あの人」とは・・

●ドメル「全力で、これを、たたく・・!」
・・大塚明夫さんの潔く威厳あるお声、とてもかっこいいです^^

-------------------締めの言葉で終わり・・ああ、もっと見たいです!

非常に楽しみです。
何が何でも映画館で見たいと思います。
待ちきれない!
kodai18
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:3 |
2199第五章冒頭約9分
ヤマト関連情報の更新スピードに、なかなかおいついていけません(^^;うれしい悲鳴!)。
なんと、2199公式サイトによりますと、明日から4/12までひかりTVBANDAICHANNELにて、第五章冒頭約9分無料配信!・・とのこと。
昨日のLong Version PVが公開されたばかりで、すっかり舞い上がっているところへ、このお知らせですから、気分はかなりハイの状態です・・昨夜はなかなか寝付けませんでしたし。

最初のころは、事前に冒頭だけ中途半端に見るのを迷っていました・・どうせ見るなら、映画館でいっきに見たい、と。
ですが、最近はあまりこだわらなくなってきまして、やはり気持ちに負けて、見てしまいますね・・それは、映画館で見るのは、PC画面で見るのとは全く違い、音響効果もしっかりしていますから、全く別の印象となり、一つの作品を初めて見るかのように最初から最後まで楽しめる、とわかったことにもよるのかもしれません。

明日が楽しみです^^
こうして、明日を楽しみに、希望を抱いて過ごせることに感謝します。
それが、「今」を乗り切るはげみになりますから。
2199ci41
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:2 |
YRAラジオヤマト 第22回
前回も書きましたが、YRAラジオヤマトが月一回となってから、更新が待ち遠しくて・・久しぶりになることもあり、とても楽しめました^^ 
チョーさんと内田さんの会話が心地よく感じられるようになってきたのに、あと4回ですか・・寂しいですね。

今回は、2199トレインがまず話題になっていましたが、私も時間があれば、待ってでも乗ってみたい、というきもちはあるので、ご覧になった内田さん、うらやましくて・・車内を想像しながら聴いていました。

また、子供の話題もありまして、「もうすぐTV放送がスタートしますと、子供たちの反応が気になる」というお話、私もまったく同じように思いめぐらしておりました。
息子を通して、子供たちの様子を聞いてみたいな、と、今から楽しみです^^

そのほかヤマト関連ニュースとして、イベントや各種商品発売情報が聴けましたが、BGMで第四章ED「記憶の光」のインストゥルメンタルが聴けて、わくわくドキドキ胸が高鳴りました。
番組を聴きましたのは3/26でしたので、その翌日である昨日、無事にそのCDが届き、じっくりとその世界に浸れまして、本当に幸せな気分でした。

今朝、車内で聴いていましたら、子供たちが妙に乗って聴いていまして、不思議な感じ。
子供たちにとっては、普段あまり耳にしない雰囲気の曲ですから(AKB48などとは・・)、新鮮に聞こえたのかもしれません。大人っぽい曲ではありますが、子供にも何らかの刺激を与えてくれたのだと思います。
それは、ラジオ番組内で話されていた「第9話第14話などのこれまでのヤマトにはない世界に、子供は何かしら感じうるものがあるのかもしれない」ということにつながるかもしれませんね。
子供のもの、大人のもの・・という線引きを、大人の方が先走っておこなってしまっているのかもしれません。
子供の中にある潜在的な感性や能力は、大人の想像を超えた世界なのかもしれませんね・・
kodai5
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
2199関連雑誌
2199関連雑誌が、ここ数日、発売ラッシュにあります。
本当はひとつひとつ記事にUPしていきたいのですが、時間もあまりなく、まとめてUPです。
Long Version PVがUPされまして、すっかり興奮状態ですので、それ以前の雑誌への思いが、やや薄れてしまっているかもしれませんが・・

TVガイド誌
その後、2199画像入りのTV放送情報は、いくつかの雑誌で見られますが、他作品よりも大きなスペースで掲載されているなど注目したい点からあげますと、「月刊TVファン」(共同通信社)では下段に少し大きいスペースで作品紹介を丁寧にしてくれていますし、とくに「TV station」(株式会社ダイヤモンド社)では、一番大きなスペースで上段に掲載、しかも内容紹介に魅力的なスタッフ、主題歌とED曲アーティスト情報も、しっかりと書かれてありまして、非常に好感がもてました^^

「オトナアニメvol.28」
本日発売。
まだ詳しく読んでいませんが、第一章から第四章までの流れが画像をまじえ紹介され、玉盛順一郎さんのインタビュー(2ページ)あり、合計12ページもあり情報量はあってよいのですが、カラーページでないのがとても残念・・。
表紙裏の全面に、2199広告がありますが、こちらは他誌でも見かけるカラーでありますが・・特集記事ページこそカラーで見たかった・・ヤマトのビジュアルの美しさを。
あとで詳しく読みたいと思います。

「電撃ホビーマガジン2013 5」
表紙ヤマト2199
電撃FOCUSのトピックに全日本選手権スーパーフォーミュラに参戦する2199マシン情報が掲載され、巻頭特集として16ページにわたって「MODELING STYLLE COLLECTION」「第五章情報」など、後ろの方にも、1ページに「関連情報」(劇場版5作品BD、第五章劇場販売グッズ(女性向けの商品もありうれしい^^)、加藤氏イベント)、1ページに設定画稿、裏表紙全面にバンダイ2199プラモデルシリーズ広告あり、ふだんは購入していませんが、これだけヤマト関連情報が掲載されていますと、記念のためにも買わずにはいられませんね(笑)。
こちらも、またあとで詳しく読みたいと思います^^

久しぶりの夜更かしになりました。
春休みなのに連日お弁当作りがありますので、これにておやすみなさい・・。
2199ci43
第五章グッズも楽しみ^^
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
2199 Long Version PV公開!
2199公式サイトにて、まだ公開して間もないようです・・さっそく2199 Long Version PVを見ました^^
まさに1秒ごとに、ドキドキするカット、シーンが満載。
何度も見直さないと、展開が早すぎて細部が見えません(笑)。
ぞくぞくしてきました・・
第五章の展開が、すごいものになりそうで、これは何としても、劇場に行かねば、という気になります。

以下、未見の方、ご注意ください。
PVの内容にかかわる気になるところをメモ的にあげてみました。
注:時間は私が拾ったものでアバウトです
------------

0:23 真田、守、新見の写真
   ・・この指は新見さん?思うところあるのでしょうね。

0:45 「惑星中心部に人工物?」(篠原君?)

0:47 ドメルの妻とメルダ
   ・・ドラマがあるのかしらね。

0:48 「これだから女は・・!」(伊東)銃を構え

0:52 険しい顔の古代
   ・・思わず、キャー!!と叫びそうになってしまいました(笑)
   あまりにかっこよすぎ^^ ドキドキしてしまいました・・

0:57 守と真田
   ・・中原中也の詩のエピソードですね、ドラマが楽しみ

1:09 古代の胸にとびこむユキ
   ・・このシーンにもドキリ^^ ユキが積極的なのね。
   でもこれはパート1第16話ビーメラ星で、古代たちが
   助けに来た時の二人のシーンが思い出されました・・そんな、
   安心感からくるシーンなのかしら。楽しみです^^

1:12 スターシャ登場

1:13 スターシャを見るユキ
   「知的生命体の救済・・それがイスカンダルの進む道」(スターシャ)
   ・・あの小物からスターシャが出てきているのかしら?

1:26 「兄はどんなことに笑ったんですか!?
    どんなことに悲しんだんですか!?・・真田さん!」(古代)
    その古代の顔
    ・・たまりません、どんなドラマが二人の間にあるのでしょうか?
    パート1の宇宙要塞のエピソードの二人のように、心通うエピソードが
    描かれるのかしら。

1:27 「ヤマト、侮りがたし」(ドメル)

1:40 「これが、沖田戦法・・」(古代)

1:44 「ぅてーっ!」(古代)
    ・・この古代の顔もすてき^^
--------------

ざっと振り返りましても、あまりにたくさんのセリフと映像がたたみかけるように飛び込んできますので、最初見たとき、頭が真っ白になりました(^^;)・・うれしおどろきドキドキわくわく・・言葉にならず。
4/13からの第五章上映、とても楽しみです!
初日は子供の学校行事があるのですが、できるだけ早く劇場に行きたいと思っています。
また劇場限定版BDもできればほしいですし・・。

とりいそぎ、PVの感想でした。
また何回も見て、気づいたことがあったら書きますね。
kodai18 
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:4 |
「記憶の光」CD
春休みとなり子供の在宅率も高く、なかなか自分の趣味やPC作業はできない状況・・消沈気味でありましたが、今日にあっては、そうありながらもそれをはるかに上回る思いがわきおこり、ブログ記事を書くに至りました。

ヤマト関連情報、メディアについては、いろいろと手元に集まっていまして、書くことがたまっているのですが、なにはさておき、待望のCDの1枚。届いて真っ先に開封したのが「記憶の光」
外出中の車内で、さっそく聴きました。

すばらしすぎる・・
さまざまな事柄に、さまざまな思いにとりつかれる、
私の周りを取り巻いているものの存在、
どこに私の身をさだめるべきか・・と、自身を見失いがちになる、
そんな頑なになった私の心を溶かし、また分け入るかのように、
入り込んでくる力強さと優しさと潔さと・・
いつか見えてくるでしょう・・という希望がある?
心かきたてられる
涙がにじんできた
何度も繰り返し聴いた

2番の歌詞までの間奏や、フルに聴けることで
劇場上映において見た第14話の後のエンドクレジットの
流れゆく風景がよみがえる
BDでは味わえない世界、空気感・・余韻

真実記憶の中・・私の内なる記憶や思いの中にある・・のだろう、
という思いがわきたつ
自身を見失わないように・・ということ?
あるいは、これはヒント?
私自身への癒しと希望につながりそう・・それとともに、
第五章へのさらなる期待も高まる

この歌との出会いに感謝します。
記憶、螺旋、光、未来、想い出、巡り会い・・といった私の好きな言葉もちりばめられ、運命的な出会いを感じました。
kodai18yuki10
注:「記憶の光」の歌詞の言葉を引用させていただきました。
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
月刊「デジタルTVガイド」
そろそろ、来月向けのTVガイド誌がたくさん店頭に並んできました。
その中で、現在のところ一番スペースが大きく紹介されていましたのは、月刊「デジタルTVガイド」(東京ニュース通信社)でした。

見開き2ページの上側3/5くらいのスペースかしら。
2199の概要はもちろん、旧作との比較や、「4/27宇宙戦艦ヤマトHDリマスター版一挙放送」をはじめ4月に放送される作品情報も紹介されています。勢いあり、こちらを喚起させてくれるような文章表現ですので、とてもうれしいです^^ヤマトファンの方の文章かしら、と思わせてくれますね。
そして、オープニング主題歌のヤマトオールスターズ(仮称)影山ヒロノブさんのインタビューもありました^^
とても新鮮な思いです・・4/7が楽しみです。
yuki10
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
ファミリー劇場「復活篇」「復活篇DC」放送中
本日19時よりファミリー劇場にて「復活篇」「復活篇DC」放送中^^
ただいま、「復活編DC」のアマールのシーン。
ずっとTVを占領することはできませんが(^^;)、ときどき家族の番組の合間に見てきまして、とても懐かしい思い。
「リアルタイムでTVで放送されている」ということに感動。すでに「懐かしい」感覚を感じられることにも感動・・それだけ「ヤマト復活から現在までの時間を経て、なおヤマト作品が世に出ている現在」という持続性を感じられるのですから。

家族も久しぶりに映像を目にし、音楽を耳にして、「こんな作品だったね・・」と、少し会話できるのがうれしい。
やはり息子が一番興味深いようで、それもうれしい。

「復活篇」の終わりに、納谷悟朗さんへのご挨拶テロップが流れ、「復活篇DC」との間に、「4/27に宇宙戦艦ヤマトHDリマスター版放送」CMが流れました。
・・しばし、復活篇の世界に浸りたいと思います・・
kodai15
ところで、CMといえば、
本日の2199CMは、キャラバージョンでした。
あと2週間でTV放送が始まるのですね・・
ドキドキしてきました^^
別窓 | 映像作品(復活篇) | コメント:0 |
「オトナファミ 2013.5」
先日、2199関連情報をUPしたときに、すでに入手済みでしたが、その後UPが遅れました・・
「オトナファミ 2013.5」では、裏表紙の裏(つまり最後のページ)の全面に2199広告が掲載されています^^
また、春の新番組紹介ページ「ANIME録りモノ帳42本」において、やや大きめのスペースに画像がいくつか掲載され、これまで見たことのある紹介分の中では、しっかり2199という作品の特性をとらえてくれていまして、とても好感もちました^^
あと2週間ほどで、TV放送スタートですね。楽しみです^^
2199ci43
最近掲載される広告は、
古代とユキとヤマトが主体のこのデザインです。
このポスターは紀伊国屋新宿本店プレミアムショップのものですが、
また第五章公開のころには開かれるのかしら。
また映画の半券で何かの特典を得られるとうれしいですね。
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
CD続々と・・・
アマゾンサイトさまをチェックしていましたら、新たに続々とCD発売予定が判明しました^^(すでにサントラは107位ですので、ご存知の方が多いのかもしれませんが・・)
まだ、詳細は不明ですが、といかくうれしいですね。

●5/29 2199第五章ED
●6/12 2199オリジナルサウンドトラックvol.2


2199ではありませんが
●5/22 YAMATO SOUND ALMANAC「ヤマトよ永遠にBGM」

このころには、2199TVED(愛詩)、2199第五章BD&DVDなども発売予定ですから、見落としないように、気をつけたいものです・・。
kodai18
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
「愛詞」CD
アマゾンサイトさまで予約受付していますね。
まだジャケットも、曲目の詳細もわかりませんが・・。
5/22発売・・去年少しはまっていました「009 RE:CYBORG」BD-BOXの発売情報の通知がありまして、「愛詞」CDの発売日と同じとわかり、調べましたら、もう予約受付中とのこと、驚きました^^

音楽ベストセラーランキングは、
14:52 1869位
22:45 1548位
とあり、じわじわと上昇中でしょうか・・

どのようになっていくか、これからも見守ってまいりたいと思います^^
yuki9
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
2199いろいろ関連情報
少しずつ、2199ヤマトが各種メディアに登場するようになりましたね。
最近目していましたが、まだ書いていませんでした2199関連情報を、備忘記録としてまとめておきます。

週刊現代
ネット上で知りまして、前回同様やはり購入しづらいため、閉店間際の夜に立ち寄れた書店にて、ひっそりとチェック(^^;)。
最後のページに見開きで、上川隆也さんと斎藤孝さんによる2199へのコメントとともにいろいろな2199情報が掲載されていました。

グレートメカニックDX24
2199第五章の特集が掲載されていますが、まだあまり知りたくないので、さらりと目通し。
表紙の裏側は、全面2199広告となっていて、いきなりうれしい^^

「月刊 TVガイド4月号」(東京ニュース通信社)
そろそろ、4月に向けてのTVガイド誌に2199が出現してまいりました^^
他にもうひとつ「ザ・テレビジョン」にも新番組として紹介されていましたが、画像が掲載されていませんので、こちらの雑誌のみ買いました(このところ何かと出費もかさみますので・・)。
この雑誌の4月新番組ページでは画像がありませんが、別の女子アニメを掲載している「アニメ鑑賞のとっておき時間」と題するページに、「待望の新作アニメにも注目!」とピックアップされた3アニメのうちの一つとして、2199ヤマトが画像入りで紹介されているところに、好感がもてました^^ いろいろな層へアピールしてくれる姿勢がうれしいです。

「DVD&ブルーレイでーた 2013.4」(エンターブレイン)
「ヒットランクでーた2月」のページにて、セルブルーレイ売上ランキング7位「宇宙戦艦ヤマト2199第四章」がありました^^(『2/18付け~3/11付け オリコン調べ』とのこと)
「おおかみこどもの雨と雪」には及びませんでしたが、2199ヤマト第四章と同日発売の「劇場版 TIGER&BUNNY」「境界線上のホライゾンII⑥」よりは上回っていました。他作品を見たことがなく周辺知識もありませんので、なんともコメントできませんが、数字の上からは、なかなか健闘しているといえるのではないでしょうか。

TBS「ザ・イロモネアSP」
先ほどまで放送中でしたこの番組の時間枠において、20:35ころ2199ヤマトCMが流れました!
家族が見ていたのですが、音楽を耳にして、他のことをしていた私は即反応。画面を見ますと、キャラバージョン2199CMが流れていました^^ 家族皆で、もりあがりました^^ 
こうして、ゴールデンタイム(という言葉は今も残っているのでしょうか:笑)自然に家族の目にとまり、驚きわき立つことができて、とてもうれしかったです。
こういうことを夢見ていたのですよね・・サイト「古代進case study」復活篇のころに書いていた、いつかヤマトが自然に多くの人の目に触れるようになっていく日のことを。家族で、地上波のゴールデンタイムにCMを、待ち構えることなく自然に見られた喜びは、なんともいえません・・。これまで、多くのスタッフの方々のご尽力があってこそ、ですね。本当に感謝の思いでいっぱいです^^
あとは、4/7(日)からの本放送が、より多くの方々にどのように受けとめられていくのか、それを見守っていきたいです・・

最後に、2199と直接的に関係ありませんが、
ファミリー劇場「ヤマト劇場」3/13(水)放送の最後の方で、納谷悟朗さんの訃報に対して「ご冥福をお祈りします」とのテロップが流れていました。
 過日、新聞に掲載されていましたが、お別れ会が5月に行われるようですね。
 TV版パート1が放送され、あれから40年近くたち、今2199がTV放送に至りますこと、しみじみとかみしめ、亡きスタッフの方々をしのびつつ、4/7(日)を迎えたいと思います。
kodai18
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:1 |
2199TV ED 中島美嘉さん
速報です!先ほどヤマトクルーさまよりメール。
2199TV放送のエンディングテーマ曲「愛詞(あいことば)」中島美嘉さん、しかも作曲中島みゆきさんというビッグネームが並び驚きました。「癒し×ドラマティックに胸に迫るイメージ」になるのでしょうか・・とても楽しみです^^
とりいそぎのお知らせでした。

(追記2013/03/19/22:40)
さきほどは所用で外出する直前に知りまして、取り急ぎお知らせUPしましたが、あれからいろいろ考えめぐりました^^ 
中島美嘉さんは、たまたまガンダムSEEDを見ていた時に、たしかエンディング曲を歌われたことがありまして、それから、より意識するようになってあちこちで耳にするようになりました。とてもやわらかにしみいるような癒しのある雰囲気でありながら、芯のある強さも感じさせてくれるような印象をもっていました。
一方で、中島みゆきさんは昔からよく知っていますが、近年のNHK「プロジェクトX」における主題歌「地上の星」が、とても印象的でした。胸に迫る感動を呼び起こしてくれるような、ドラマティックなイメージでした。
このお二人の組み合わせによるエンディング曲である「愛詞」、とても楽しみです^^
4/7(日)に初めて聴くことになるのかしらね。
yuki10
(追記2013/03/19/23:10)
ヤマトクルーサイトから中島美嘉さんのHPに飛べまして、歌詞がわかりました。そして一部聴くこともできました^^ 
エンディングの映像はどのようなものになるのかしら・・いまのところ、まだ初めて目にして耳にしたばかりということもありますので、本編やこれまでのエンディング映像のイメージとこの歌は、私の中ではリンクしていない(フィットしていない)のですが、どのように魅せてくれるか楽しみです(私の勝手なイメージなのですが、2199本編はオリジナル作品よりもさらりとさっぱりとした印象だったのですが、この中島みゆきさんの歌詞のぐっと心に入り込んでくる深い思いが、2199においてどのように結びつけられて表現されるのか、非常に楽しみ、という意味です^^)
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
昨日の2199CM
初めて新PCより入力しています^^
快適な反応に、心地よさを感じています。
ここ数日は、子供の世話などに追われ、なかなかPCに向かえませんでしたが、ヤマトクルーさまより連日メールが届きますので、うれしい限りです。4月からのTV主題歌に、結城アイラさんや美郷あきさんもされることになり、どのような主題歌になるのか、ますます楽しみになりました^^

さて、昨日のTBSマギの最後に流れました2199CMは、先週同様の庵野監督のメッセージが表示されるものでしたね。2週ずつ流れていくとなりますと、来週はまた違うバージョンなのかしら??
楽しみです^^
yamato2199
あれから1年たつのですね・・
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
「記憶の光」「ヤマト音楽団大式典」CD
いつUPされていたのかとらえきれていませんでしたが、第四章ED「記憶の光」のジャケットが、ヤマトクルーさまにて取り扱い開始となったため、UPされていました^^
古代とユキの二人の表情がとてもいいですね・・とても気に入りました!
手元に届くのがとても楽しみです!!
収録曲も、「記憶の光」のほかにもう一曲あり、どんなものか楽しみです^^

また「宇宙戦艦ヤマト2199 ヤマト音楽団大式典2012」CDも同様に取り扱い開始。こちらも楽しみです^^ 私が参加できた昼の部のものか、夜の部のものか・・どちらが収録されているかしら。

そして、「YAMATO SOUND ALMANAC」第V弾3CDも。
これまで未商品化音源も収録されますから、楽しみです。

2199第五章上映やTV放送がはじまるまえに、これらのCDを存分に楽しみ、それぞれの日を迎えたいですね^^
yuki10
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:2 |
「Project Yamato 2199」「小野大輔×鈴村健一公式コメント」!!
2199公式サイトが大幅に更新されていました^^
TOP、構成も変わりまして、いよいよTV放送スタートに向けて、本格始動!というような雰囲気が漂い、パワーアップした印象です。

そして、「Project Yamato 2199」のメンバーが毎日発表されていく、とのこと・・楽しみですね^^
まずは水木一郎さんと堀江美都子さん。お二人とも子供の時からよく聴いていましたし、今もパワフルにご活躍されていらして、そしてヤマトを歌ってくださるなんて、本当にうれしいです。多くの方々に応援され、支えられているのだ、と改めて感じまして、4月からの展開がますます楽しみです^^

TV放送に向けての「小野大輔×鈴村健一公式コメント」も、とてもうれしいですね。
ぜひ2199を引っ張っていっていただきたい、と思いますね。

山手線「ヤマト2199トレイン」にはとても乗ってみたいのですが、春休みなので、身動きとりにくく、行けないかも・・・うまく遭遇できるかわかりませんしね。一人で時間もあったら、しばらくホームで電車をやり過ごして見つけ出すこともできると思うのですが(笑)、なかなかそうもいきません。

とにかく、これからTV放送に向けての2199の動きも、劇場上映の方とともに、目が離せなくなりそうですね。
ネット上のヤマト関連情報の更新のペースに、当ブログの更新が追いついていけるか若干気がかりですが(^^;実際、昨日はPC不調で起動できない状態に陥り、かなり焦りましたし、今日は当面の大きな懸案事項に入り、PC作業できませんでしたし、今夜も情報は早めにつかんでいたものの子供の世話でなかなかな更新できず、結局こんな時間になってしまいました・・)、できる範囲でコメントしていきたいと思います^^
kodai18
2199公式サイトTOPのカウントダウン
ワクワクしますね^^
ヤマトになくてはならないものですからね。
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:2 |
復活篇CM
毎週水曜は、ファミリー劇場ヤマト劇場が放送中ですが、本日は「ヤマト2」第11~14話。ひさしぶりにさきほど、第12話の宇宙蛍~空洞惑星に至るエピソードを見ました^^ たまたまめずらしく家族全員が近くでなんとなく見ていましたが、息子がやはり一番熱心、主人はつっこみ(^^;)、娘は早々に寝る・・という図式(笑)。私はといえば、正座をしてTVに向かい・・。
中学生のころは「さらば」至上主義に走っていましたので、「ヤマト2」は斜に構えて見ていましたが(笑)、それでも古代君とユキのシーンは、しっかり追っかけていましたね^^ あまり何度も見直していませんでしたので、今日とても久しぶりに見て、懐かしく楽しめました。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、その「ヤマト2」の各話エンディングの歌の直後に、3/24(日)19時から放送予定の「復活篇」「復活篇DC」CMが放送されていました! 「復活篇」の真田さんと島と古代のシーン、そしてアルフィーの歌をバックにアクエリアスの氷の中から発進するシーン、そのあと「復活篇DC」についてのナレーションがあり、このところ2199に飛んでいましたので、とても懐かしい思いとともに、わくわくしました^^(私事でありますが、接続設定の都合上、わが家では、その映像を保存できない状況にあり、とても残念(涙)・・どこか何かのソフトなどで、このCMを収録してもらえないかしら。)

なぜ、24日に放送されるのかしら。何か意味があるのかしら・・4月から2199がTV放送されるタイミングに合わせて、「復活篇」に関して何かがあるのかしら??・・などと、あれこれ妄想してしまいました(笑)。
久しぶりに見る復活篇古代君は、やはり大人ですね・・・久しぶりにまたドキドキしてきました^^
続編、どうなるのでしょう。
kodai14
別窓 | 映像作品(復活篇) | コメント:0 |
「昭和40年男 2013 April」
前号「昭和40年男 2月号」では、「巻頭特集 俺たちを直撃したメッセージ」において、いくつかの作品紹介がある中の筆頭に「宇宙戦艦ヤマト」があり、詳しく紹介されていましてよかったですね。沖田艦長が表紙でした。(ちなみに、今号に『在庫残りわずか!』と載っていました^^)

今号「昭和40年男 4月号」では、「巻頭特集 俺たちを虜にしたテクノロジー」番外編として「ブラウン管の中に存在した憧れの超技術」と題されたページ(見開き2ページ)に、いくつかのテーマがいくつかの作品によって語られていますが、「ワープ」については、「宇宙戦艦ヤマト」と関連づけられて語られていました^^ 「宇宙戦艦ヤマト劇場版」BDの画像も掲載されていますが、発売日が「さらば」のものになっていまして、違っていたのが少々残念でした・・(正しくは『6/21発売』)。

でも、こうしたSF作品の代表格として扱われるのは、やはりうれしいものです^^
2199がTV放送されたら、ヤマトの出現率ももっと高まるかしら。楽しみです。
sta2
別窓 | ヤマト関連書籍・雑誌 | コメント:0 |
「宇宙戦艦ヤマト TV・映画オリジナルサウンドトラック盤 」
納谷悟朗さんをしのびたくて、とりいそぎ、車中で聴けるものを・・と、思いついたのが、「宇宙戦艦ヤマト TV・映画オリジナルサウンドトラック盤 」レコードをデジタル化して個人趣味用CDにしましたもの。いわゆる「ドラマ編CD」です。
かなり以前にCD化されて発売されたようですが、今では入手困難なため、数年前にトライしました。

久しぶりに聴く、耳からのヤマトの世界には、かつて子供時代のあの頃の思いもよみがえって、やはりじっくりと浸ることができました・・。聴くために編集されていますから、とても心地よく、安心して聴けます。声優さんたちのお声の魅力を味わえます。もちろん、TVシリーズのごく一部しかありませんが、音楽だけでなく、効果音だけでもなく、声優さんのお声とすべてがそろって成り立つドラマのゾクゾク感は、確かに味わえるのです。
沖田艦長と古代進の第10話における「さようならー!」の声の響きに、静かに耳を傾けます。
いろいろな思いがこみ上げてきまして、聴く間、ずっとうるうる状態(運転気をつけなければ^^;)。のちにこんな思いでこのアルバムを聴くことになるとは、子供時代の私には想像もつきませんでした。
未熟な技術ですので、音が割れていたり、と処理した音質はとても悪いのですが、最後の方になりますと、すっかりこの世界に入り込んでいまして、浸っておりました。

でも、もしも可能であるならば、より音質の良い状態で、ドラマ編のアルバムすべてをCD化してほしいですね。かなり前から話題にしていますが、納谷悟朗さんがお亡くなりになり、今日久しぶりにドラマ編を聴きましたら、音楽だけでなく、声優さんたちのお声も、ヤマトファンにとっては「宝物」だと思いました。それがあって、これまでのヤマト作品の世界は完成すると思うのです。
YAMATO SOUND ALMANACシリーズボーナストラックとしてか、また何らかの特典CDとしてか、あるいは単独CD化・・など、いずれにせよCD化されたらうれしいです^^

ついでに欲をいえば、各劇場作品公開前に放送されました「オールナイトニッポンラジオドラマ」も、ぜひともCD化してほしいですね・・・こちらは、そもそもCD化できるものかわかりませんが・・いつかを夢見て、お祈りしております^^
oki1.jpgkodai1
別窓 | ヤマト音楽 | コメント:0 |
2年前の今日
西暦2011年3月11日・・2年前の今日、という日を、今も鮮明に覚えています。
当ブログにて、当時の記録は残っていますので、いつでも読みかえせますが、あのころは、亡き母の入院中、娘の受験、といろいろありました、大きな節目の年でした・・。
そして、14時46分。
その瞬間よりも、その後の必死の思いの方が、深く胸に刻まれています。
余震が多く、こわくて遠出ができなくなり、今にして思えば都内へ母のお見舞いになかなかいけなかった自分が悔しい・・震災直前、息子の下校に間に合わせるためガソリンを入れずに急ぎ帰ったために、その後身動きできない状況に追い込まれていったあの日々、計画停電の日々・・いえ、それよりももっと大変な思いをされた方々がいらした、そして今もなお、続いていらっしゃる。

怪我もなく無事に再会できたことのありがたみを感じたり、遠く電話で会話できたことを喜び、互いの存在を確かめあえたりしたことは、なにごとにもかえがたいことでした。
あわただしい日常にあって、時が記憶を埋没させることは、ときとして苦しみの緩和にはよいかもしれませんが、忘れてはいけない大切な記憶は、こうした節目のときにこそ、浮上させつつ、とどめていかねばならないですね。
社会的な課題においても、個人的なさまざまな思いにおいても。

私をめぐる周りのもの、人びとの存在に感謝するとともに、「私にできること」に努める・・それを学んだ年でした。私の力は小さいものですが、私が私である立ち位置においてできることを全うする、それが、大切なのだ、と。

あれから子供たちも少し成長しました。
でもまだまだ手がかかります・・最近は精神的なフォローが難しくなってきましたね、お年頃なので(^^;)。
亡き母の家は、いずれなくなりますが、そこにしみ込んだ思い出は永遠に残したい・・と、まだまだ名残惜しく、その後も少しずつ、思い出の品物を運ぶ日々・・。

先日は、母のさらに前の代から根付いていた庭のお花の芽を一部自宅へ持ち帰りました。結婚後の今の住まいに庭はありませんので、ずっと迷っていましたが、鉢植えという形にしてでも、命を絶やしたくない・・そんな思いからでした。
・・ああ、母の思いが今わかった・・お花を植えかえながら、涙がにじんできました。
・・よく庭いじりをしていた母の思いが、今初めてわかった・・その瞬間でした。
私は、実は、これまで庭いじりをしたことがありませんでした。
でも、そんな思いに今頃気づいても、伝えたい母は、もう、いません。
そんな「今頃気づいた思い」が、とてもたくさんあります。
それは、これから先、私が死ぬまで、ずっと、もっと、たくさん増えていくのでしょう・・胸が苦しくなりました。
・・せめて、うまく根付いてくれたら・・その想いが、私と母、さらには先代たちとの絆になっていくのでしょう。

・・来年の今頃、また芽が出ますように・・それが、未来に向けた日々の希望となり、活力につながってくるのですね。
命は紡がれていく・・言葉にすれば簡単なものですが、ささやかなお花ひとつから、大きな時の流れと私と先代を実感したこのごろでした。
今日という節目の日に、今ある私の周りのものや人びとの存在、また、守るべき大切なものを改めて感じとることができましたことに感謝します。
flower1
まとまりのない文章におつきあいいただきまして、
ありがとうございました。
別窓 | このヤマトブログについて | コメント:2 |
納谷悟朗さん
夕方のTBS「Nスタ」で流れました訃報には驚きました。
心よりお悔やみ申し上げます。

とてもさみしいです・・
ニュースでは、ルパン三世の銭形警部の映像がたくさん流れましたが、「宇宙戦艦ヤマト 沖田艦長」の声、としても紹介され、テロップが表示されました。
私にとっては、沖田艦長としての納谷悟朗さんが一番思い出深いので、ぽっかりと穴があいたようなきもちがしています。
oki2.jpg
別窓 | 映像作品(旧TV,劇場版) | コメント:2 |
今日の2199CM
さきほど流れました、TBS「マギ」の後の2199ヤマトCMは、新しいバージョンでした^^

夕日に照らされたヤマト・・そこに、庵野監督のメッセージ。
ヤマトのBGM。
それだけ・・

とても渋くて、とてもインパクトがあって、よかったです・・!
来月が楽しみです^^
kodai18
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:2 |
2199第五章「望郷の銀河間空間」PV公開
本日18時に2199公式サイトにて公開されるとは知っておりましたが、夕食時、かつ、子供たちの対応に追われておりまして、見られず。ようやく先ほどから繰り返し視聴。
混雑のせいか映像が飛び飛びになってしまいますので、すべてを見ることができているのかわかりませんが(見たいシーンでうまく一時停止がききませんので、若干ストレスを感じますが^^;)、とりいそぎの感想です。

なぜか・・一瞬、映画「プロメテウス」を思い出してしまいましたが(^^;)、古代君の声が聞こえてひと安心。またいろいろなセリフや映像がちりばめられていますので、あちこち切り貼り再構成する楽しみがありました^^
以下は気になるところですが、まだご覧になっていない方はご注意を・・。
あくまでも私の思いつきですが。

●ゆりあの、髪の毛をくるくるするのが、気になりますね(笑)。セリフは彼女自身によるものか、誰かの?「はるか昔、イスカンダルはやってきた・・」
●ビーメラ星がそのような設定・・ときて、あの人たちが、そうなりますか。この展開は、若干、小説「宇宙戦艦ヤマト」(石津嵐)が思い出されました。だって島君が。
 「ヤマト計画をここで中断する」の声は・・。
●「ユキさんがイスカンダル人だったっていう話は・・」とは誰の声か判別しにくいのですが、これは、思わせぶりなセリフでは、とか。伊藤があれを手にして、いろいろ言いだしたのでは、とか。まだまだ、ユキは地球人であってほしい、と思う私です(笑)。
●ドメルは、そのような汚名をきせられてしまうのかしら。ドラマが見ごたえありそう。
●その戦闘シーンは、とても迫力ありかっこよさそうね。
●デスラーの孤独(苦悩)、というテーマも、ドラマのひとつの側面に見えてくるのかしら。あのBGM(『独裁者の苦悩』)が生きてきそう。
yuki9
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:2 |
「2199オフィシャルDVDガイドブック」「2199公式設定資料集」発売決定!
2199公式サイトにて「宇宙戦艦ヤマト2199オフィシャルDVDガイドブック」4/10発売、と発表され、またまた楽しみが増えました!
しかも、その先のサイトにまいりますと、「宇宙戦艦ヤマト2199公式設定資料集」の発売も決定されている(5/30発売)、と知りまして、うれしくてうれしくて^^
前者がより広くたくさんの方に親しみやすいような作り、ヤマトへいざなってくれるような本に対して、後者はとてもマニアックな印象。これまでメカ設定資料などは多く目に触れていましたが、キャラや美術にも及ばれるようなので、とても楽しみです。また、ビジュアル的な設定だけでなく、お話の世界観や設定もおさえていただけるとうれしいかな、と思っています^^(それは豪華本、という形でいつかさらにまとめられるのか、それともこれがかつての豪華本に相当するものになるのかわかりませんが)
kodai18

実は、今週は、期限の迫る業務にかかわっていたうえに、子供のトラブル対応、さらに体調不良に陥り、PCに向かうことがなかなかできませんでした。消沈する中、やっときのうになって、音楽を聴く気になって(それは子供の学校音楽会のハンガリー舞曲を聴きまして、音楽の力を再確認、そして2199ヤマトを思い出したもので^^)・・それでも最初に聴こうと思ったのが、「交響組曲宇宙戦艦ヤマト」でした。
序曲の最初の音を聴くや、いっきにさまざまな思いがあふれ、いろいろな思い出がよみがえり、まさに「なにもかもみな懐かしい・・」と感じられ、さまつないろいろなことが大きな時の流れに埋没し、すべてを受け入れよう、受け入れたい、という気持ちにさせてくれました。ああ・・音楽は偉大だ。
そして、「交響組曲宇宙戦艦ヤマト」のこの音が、私にとってのヤマト音楽の原点、と、改めて認識。しみじみとかみしめる。子供時代から今に至って、再び聴くことができている今を感謝する。ヤマトをめぐる今の状況に感謝する。

そして、今朝のこのニュースとの出会い。
ヤマトによってきもちが浮上したところで、新たなヤマトと出会う。
「ありがとう・・以上だ」
oki2.jpg
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
今日の2199CM
日中の日差しはまぶしく、かなり強くなってまいりました。
春はもうすぐですね・・早く暖かくなってほしいものです。
今日はひな祭り。夕食はそれなりに・・少し頑張りました。今はほっとひといき・・。
sakura
写真は数年前の桜。
少し疲れが出ているみたい・・自分の写真に、いやされてるなんて。

今日の2199CMも、キャラ中心のバージョンでしたね。
たまたまリアルタイムで見ていた娘は「ほんとうに、TVで放送されるのね」と、一緒に喜んでくれていました。毎週どんなCMが流れるか、楽しみです^^
そして、あと約一カ月で本放送。わくわくしますね。
yuki10
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
2199TV 4/7スタート!
今日もあわただしい一日ですぐにここに書けませんでしたが、2199公式サイトによりますと、いよいよ2199TV放送が4/7(日)よりスタート!と決まったそうで、うれしいです^^
「マギ」の最終回の翌週からすぐにスタート、ということですね。
録画予約引き続き設定し、毎週楽しみにしていきたいと思います・・CMなども期待したいですね。
たまたま息子と話していましたら、現在放送中の「マギ」は、クラスのアニメ好きな子供の中では、けっこう見ている人が多いようです。引き続き見てくれたらうれしいですね。

そういえば、今日から3月でした・・!
ようやくカレンダーを3月にしたところです^^
最新の卓上カレンダーは、しばし古代君とおわかれ、でもゆきかぜのエピソードの3月で、思いをはせる・・。
その前の卓上カレンダーは3月が最終月。ヤマトが黒煙を背景に地球から発進したところ・・好きなシーンです。あのBGMが聞こえてくるようです。
あ、しばしお別れだと思っていました古代君、卓上カレンダーと同じ波動砲発射シーンが、壁掛け式2199カレンダーの3・4月にありました^^ こんなにすぐ再会できるなんて(笑)。真田さんは卓上カレンダーと同じで、ダブルで登場。そういえば、真田さんも、そろそろ何を考えている人なのか、内面を知りたいですね・・・最後まであの調子ではないですよね(^^;)。
もうひとつの壁掛け式ヤマトカレンダーは、3月はパート1第26話の古代とユキが大きくて、とてもうれしい^^
季節が進むごとに、いろいろなヤマトの世界が開けていく楽しみが、カレンダーにはありますね。
かなり気が早いですが、来年もぜひともカレンダーを発売してほしいと思っています^^
yamato011p311
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |