心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
2199第13話
冒頭のナレーションと映像が少し変わりましたね。ドメルやデスラーが登場。第六章を見た直後ですから、いろいろ思い出されます。

ヤマト関連CMは、第四巻DVD&BD、ED曲のもののみ。
今日はやたらにガンダムCMが多かったような印象。

携帯待受け画面は、100式空間偵察機。

第13話は、改めて見ましても、とても密度濃く、目が離せない展開が続き、あっという間の30分でした。
古代が活躍するエピソードで、うれしい。
今までこの密度の濃さに目を奪われていたのか、今日見ますと、キャラのお顔がやや簡単に描かれているような印象(?笑)。
劇場で続けて見るか、TVで1話ずつ見るかによって、いろいろ印象変わるのかしら。その時々で注目点が異なるので、まだ安定した視点での視聴になっていない、ということかしらね(もう少し時間がたたないと、私自身の中で作品を咀嚼できないのかもしれません)。
でも、とにかく、見ごたえあり、今日も満足^^

来週、第14話、できれば「記憶の光」をEDに流してほしいが、やはり、難しいのでしょうね・・第7話「真赤なスカーフ」でさえ流れなかったのですものね。
kodai19
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
MBS携帯待受け配信
毎週、MBSサイトにおける携帯待受け画面配信を楽しみにしています^^
今日は、第12話「視聴者が選ぶ名シーン」1位が、「古代の気持ち」で、あの古代の表情が待ち受け画面として配信され、うれしいです。
2199が始まってから、初めて、古代の心の奥が表出した瞬間に感じられたので、2199古代のイラストを描きたい!という思うようになった、私にとっても思い入れのあるシーンでしたので。

TV放送も、今度の日曜日が第13話、折り返し地点にさしかかろうとしています。
できるときはリアルタイム視聴をして、ひとつひとつ、大切に見守ってまいりたいと思います。
kodai18
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
昨日の本屋さん
行きつけの丸善書店
昨夜は、ヤマト関連書籍コーナーの近くに、むらかわみちお氏のコミック①~③宣伝ポスターがはられていまして、感動^^

以前ありました第一弾ポスターも少し離れたところにずっとはられていますが、そのデザインはTVアニメの古代ユキとヤマト。
新しいポスターは、第六章チラシの内側にありますむらかわみちお氏のイラストによるものなので、ますますステキ。このポスターほしい・・と、しばらくながめてしまいました。メインキャラが一つの絵に描かれ、いいですよね。
最終章グッズの一つとして、このデザインで、ポスターでなくてもクリアファイルなどでも、何らかの商品化を期待しています^^(巨大ポスターですと、保管収納できるかというのも購入判断の大きな要素になってきますので、しばらく考えなければならないので、小さめのグッズでも◎)

そして、コミックのそばには、お試し本のように、一部抜粋された小冊子がおかれていまして、少し中身拝見(まだ通販からは第三巻が届きませんので、読むならいっき読みしたいので)。やはり、キャラの表情がやわらかくて、生き生きとしていて、いいですね・・いっき読みできる日が楽しみです^^

本当は、今日の新宿ピカデリーでは、最大のスクリーン1で一日中上映されますから、行きたかったのですが、子供の学校の予定があり断念・・そのため、先日見納めた次第です。
はじめがあれば、おわりがある・・さみしいですが、いつかまたスクリーンで見られる日のことを夢見て、ここしばらくは、余韻に浸りたいと思います。
グッズの整理も少しずつ始めました。
サイトのグッズリスト修正を、当面の日々の励みにしたいと思います^^
2199ci54
↑この左下のイラストがポスターのデザイン
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:2 |
「宇宙戦艦ヤマト2199 オリジナル・サウンドトラックPart.2」
昨日到着していたのですが、いろいろ身辺ガタガタありまして、またもや「死中に活を」の沖田戦法に学び、逃げず(先送りせず)、自身を奮い立たせ、はたらきかけ、なんとか道がひらけました・・・。
沖田艦長、今日もありがとうございました!

そして、その扉の向こうに、「宇宙戦艦ヤマト2199 オリジナル・サウンドトラックPart.2」が、待っていてくれました^^
さっそく、PCにとりこみ、車中でも聴けるようにCDへ。
今回のアルバムは、第三章から第五章の音楽中心で、かつてのヤマト作品とは少し異なるオリジナル曲もたくさんありますから、2199ならではの音楽世界が楽しめますね。

「時計仕掛けの虜囚」「艦隊集結」「白色彗星(Disco)」・・とお気に入り曲をあげたらきりがなく、それこそ全部(笑)。とくに新鮮な気分を味わえたのは、「白色彗星」の間奏とでもいう部分になるでしょうか、ギターの斬新な印象、「大志」サントラPart.1とはまた趣を異にする明るいアップテンポの印象のアレンジ・・・アレンジといえば、何かしら聞いたことのあるメロディーのアレンジになっている曲も多いのですが、全く別の曲であるかのように聞こえてくるのは、宮川彬良さんの技によるものなのですね・・。

そのほかにも、古代が吹いていたハーモニカの音をしっとりと聴けたり(目の前にある2013卓上カレンダーの6月の古代をながめつつ♪)、第9話第14話の映像がよみがえってくるような音楽に、身をゆだねることができます。
また「ガミラス次元潜航艦」は、実はけっこうお気に入りの曲でありまして、収録されていてうれしい。すごみのある迫力ある音で、とてもドラマティックな印象。
そして、最後には、第三章から第五章までのED曲もショートサイズながら収められていますから、これらの章をざっと振り返ることができます。
今回のアルバム、とても楽しめる仕上がりで、満足^^
第六章にも使われている曲もあるので、余韻にも浸れますし・・。

また、解説書に使用されている画像もすてきで(古代のあの画像も^^)、吉田氏「ヤマト音楽談話」もとてもよかったです・・ヤマト愛に満ちあふれていて、うれしい。
yuki10
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
更新明け~第六章余韻、YRAラジオドラマ第25回
昨日、サイトの更新をしまして、いったん気持ちにひとくぎりつきました。
もちろん、まだ第六章の余韻には浸っています^^
と、同時に、最終章へ向けての想いも強くなってきました。

ツィッターは情報を拾うのに手軽でしたので、映画館で第六章を見てからサイトUPまでの間は情報をシャットアウトしていましたが、徐々にツィッターだけはざっと目を通すことにしました。
ヤマトクルー談話室はなかなか見られずにいましたので、今日になって、ようやく、公開直前からの内容をじっくり拝見。
いろいろな方の感想を読んでいますと、私も同じように感じたものがあったり、気づかなかったことの新しい発見や自分には思いつかなかった視点を見出せたり、と、とても参考になりました。

これでまた第六章を何度も見ますと、これまでととらえ方や感じ方が変わってくるかもしれませんね。
他の方の感想を拝見するよりも前に、すでに昨日サイトUPしたその直後から、わたしなりに新たに思いついた視点やテーマが出てきまして、それはまた、最終章の感想を書くときに付記したいと思います。これから最終章が公開されるまで、もっといろいろなことが思いつくかもしれません。また、妄想も暴走するかも(^^;)。

月曜から配信中のYRAラジオドラマ第25回を午後に聴きまして、第六章をあれこれ思い出しながら、楽しみました^^
また、「2199サントラPart.2」「YRAラジオドラマvol.2」CDも、夕方に到着しまして、聴くのがとても楽しみです^^(他にも未視聴CD/BDなどもありますので、それも合わせて^^)
いろいろと、想像をめぐらす手段をもてますこと、感謝します。
kodai18
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
2199関連書籍雑誌
「宇宙戦艦ヤマト2199 第三巻」(むらかわみちお氏)
明日発売予定のコミック、数日前からあちこちの書店で出現しているようですが、行きつけの丸善では、今日見かけましたので、買おうと思ったのですが、特典がなく、きちんと調べていき忘れましたので尋ねますと、書店の方はご存じなく・・電話をかけたりネットで調べたり、と親切にしてくれたのですが、周りによく聴こえますので(『ヤマト』『2199』と)、少し恥ずかしかったです(^^;)。
結局、お茶の水店のみでしか、購入特典がつかないということがわかりましたので、残念ですが、こちらで購入するのはやめました。もともとあちこち探し回るのは難しいので、すでにネット通販で手配済みのものがありますので。
でも、こうしたことも、よい宣伝になったかもしれません。周りの方々にヤマトの存在を知ってもらえますし、何より、店員の方への意識づけにも^^ もともと、ヤマト関連書籍をたくさん置いてくれています書店ですので、これからも充実した品ぞろえを期待しています!

「月刊ホビージャパン 2013.8」
プラモ、超合金、2199第六章情報、ヒルデフィギュアなど掲載。ヒルデ、色も明るく、かわいらしいですね。

「週刊ポスト」
とても買えませんので(^^;)、1冊だけ残っていましたものをさりげなく立ち読み。
巻頭カラーページだけ、とてもほしい・・と思いましたが、ざっと目通し、終了。

思いますに、女性向けには2199宣伝窓口がとても少ない気がしますね・・・TV放送による土壌開拓に頼るしかないのでしょうかね。

娘から新情報・・アニメ好きの友人がいることはいる、と。お話を聞けば、まるで私の中学時代のように、いろいろなアニメを見て、わくわくドキドキしているようす(でも、ヤマトは見ていない様子)。やはり好きな子は好きなんですよね・・そのお友達、将来は声優さんになりたいとか。なんだか、安心しました^^・・娘はどうも2次元はダメなようで、3次元(ドラマ)ばかり(^^;ちなみに今シーズンは『空飛ぶ広報室』『35歳の高校生』視聴)。

でも、最終章くらいは、子供たちを新宿ピカデリーに連れて行ってあげたいな、と、しみじみ思う。
なんといっても、私は中2の夏休みに、母と弟と3人で「さらば宇宙戦艦ヤマト」を見に行きましたので、どうしても、その思い出をたどりたいのかもしれません。ダメもとで(^^;これでダメなら娘にはあきらめるという覚悟:笑)、夏休みのうちに、少しBD教育進めておいて、連れていきたい。
最終章、どのような展開になるのかわかりませんが、子供たちに見せて、なにかをわかちあうことができたら、うれしい。もちろん、子供の視点にとらわれずに、あくまでもひとつの作品として、まとまりのある結末(着地点)を、期待しております。
2199ci64
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
更新しました
ここ数日ネットチェックはなかなかできませんでしたが、あとひといきというところまできておりましたので、昨夜より作業。私の中の想いに、ひとくぎりつけたい気持ちもありまして・・。

本日、サイト「古代進case study」の更新をしました。
まだ公開中でありますし、未見の方もいらっしゃいますので、閲覧また取扱いにつきましては、どうぞご注意くださいますように、よろしくお願いいたします。
まだまだ、何度も見ますと、感じ方も変わっていくかと思いますので、あくまでも「第六章の初見、また数回見ての感想」として、また、私にとっての備忘記録的にまとめていることもありますので(まだお話は結末までたどり着いていませんので)、お見苦しい点も多々あるかと思いますが、何らかのご参考になればさいわいです。
では、とりいそぎ、お知らせまで^^
kodai19
別窓 | 「古代進」サイトについて | コメント:0 |
今日の映画館~一日遅れ
昨日は、2199第六章2週目入場特典ユキポストカードを求めて、以前からチケット手配をしておりましたので、予定通り、映画館に行きました^^(いつものタイトルで、昨日分のUPです)
さいわいにして4回目の視聴がかない、感謝の思いがしております。

第六章によってかきたてられる思いは、これまでにないほどで、正直申しまして、もう・・ずっと、頭から離れず考えてばかりいました。
週末、少々大変な状況だったのですが、ヤマトのここぞという場面に奮起するクルーたちを思い起こし、自身に叱咤激励するこころもちで、のぞんでおりました。
それゆえ、それを乗り越えた昨日は、再びスクリーンでその世界に触れることができまして、感慨もひとしお。
4回目ともなりますと、あちこちで涙腺がゆるむゆとりも出てきました(OPからすでに涙が^^)。
そしてまた、映画館を出るときには、踏み出す足にも力が生まれていました。
ほんとうに、ありがたい思いでいっぱいです。

さて、昨日の映画館の状況は、先週よりも、お子様連れや女性の姿も見られたような気がします。週末の様子はわかりませんが、性別・世代を問わず見てもらえるようになると、うれしいですね。TV放送の効果が徐々に出てきているのでしょうか・・。
チケット売り場周辺の様子は、先週と変わりませんでした。
売店は、先週よりもグッズの種類が少なくなってきたようです。

そうそう・・肝心のポストカードもいただくことができました^^
今回、人気のようですが、なんとなくわかりました・・ユキの表情がとてもいいですね。
うれしいです^^

そして・・プレミアムショップにも!
ようやく、第20話のあのポストカードをいただくことができました^^
うれしいです・・あのエピソードの終わり方、とても好きなのですよね。
新たにたくさん入荷しておいてくださって、感謝しています。

おかげさまで、とてもよい見納め(?たぶん?)の日となりました。
ということで・・次の記事へ。
kodai18
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:2 |
2199第12話
週末は、子供のことでいろいろハプニングがありまして、PCに向かえない状況でした・・。
予定していた作業なども進められず。
2199TV放送は合間に何とか見られましたので、本日、遅ればせながらいつものようなUPです。
-----------
ヤマト関連CMは、やはりまた、ずいぶん少なくなりまして、ABパートの間に、2199第4巻、2巻、3巻のCM、最後にEDのCMでした。

本編にはカットがあるのかと思いましたが・・BDと比較はしていませんが、なかったような。
スクリーンで見るのと違って、TV画面では(とくに私のリアルタイム視聴用TVは、本当に小さい画面ですので^^;)、さほど気になりませんでした。
また、この回に、ドメル登場でしたね・・折しも第六章公開中、まさに今、時の人、とでもいえる人の登場に、いろいろ思うところ複雑でした。

それから・・今日のお話の後では、EDの雰囲気(曲調)はあまり不自然な感じはしませんでした。第14話のあとがどうかな、と。

携帯待受け画面は、真琴ちゃん。かわいいのでゲット^^

今週発売中のTVガイドを昨日ざっと見てみましたら、第14話のあの方の顔が掲載されていたり、タイトルを見ますと、7月にはもう第17話まで進んでしまうのですね・・・驚きました、時がたつのは早いものです。TV放送も、はや、あと3か月ほどになってしまっているのですね。
8月に最終章が公開されて、そのあと9月にはTV放送終了・・の秋。そのあと、私はどうしらたよいのでしょう(^^;)。
ヤマトについて次なる展開がありうるのか、しばらく、自分自身で反芻して楽しむ時期を迎えることになるのでしょうか・・気になります(もっとも息子の受験があるので、そちら最優先の生活になるのは必至ですが)。
yuki10
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
「グレートメカニック DX25 2013 SUMMER」
数日前に購入していましたがまだ読んでいませんでした「グレートメカニック DX25 2013 SUMMER」をようやく読みました^^

第六章の特集(カラー3ページ)では、4話分の簡単な紹介(ですが、それぞれのエピソードの意義にまで触れた表現ですので、新しい発見もありました^^現在まとめている六章感想文でも注目していた点がそれと重なり、うれしくもあり^^)、ドメル艦隊とヤマトの戦いの構図、が掲載されていました。
いずれも、私にとっては、第六章を見終わってから読みましても、作品をよりよく知ることのできる内容となっていました。

そして「プロデューサー郡司幹雄 『宇宙戦艦ヤマト2199』の航海を語る」(5ページ)における内容は、とても興味深いもので、大変参考になりましたし、ほっとしました^^
企画段階から今日に至るまでのマーケティング戦略活動について、また、市場動向がどのようになっているのか、ということが、よくわかりました。
昨年からずっと、気になっていましたので、知ることができてよかったです。
また、市場の反応については、とてもうれしいですね・・そのあたりは、私も劇場に見に行きましたり、ネットにおける口コミ情報からも、肌で感じていました^^

あと最終章を残すのみ、その先への道が開かれることをお祈りしております(注:雑誌の内容とは無関係です)。
yamato011p311
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
2199古代に寄せる想い
PCのすぐそばにある2013卓上カレンダー6月のメインは、ハーモニカを吹く古代。
初めて見たときは、パート1の古代と全く違って、とても繊細な印象を受けました・・(ですが、こと異性に関しては鈍感ですが:笑)。
でも、そんな姿も、今では私の中で定着しつつあります。
その姿を見ながら、今日は、第六章感想ページの追加修正を進めました。
あとは、文章チェックをひととおりして、今回残念ながら劇場に連れていけない息子にBDを見せて、できればその感想も入れられたら、と思っていますが、UPタイミングとうまく合わせられるかどうか・・。

あいかわらず、今も「風音~君に逢いたくて~」を聴きながら書いています。
病的なくらいです(笑)・・自分でもよくわかりません、なぜこんなに惹かれるのか。
「復活篇」(劇場公開版)のころ、「この愛を捧げて」をひたすら聴き続けていたのと似ています。あのころ、その歌を聴きますと、古代の心に近づけた気がしていたのですね・・おそらく、今も同じ心境なのだと思います。
この歌のおかげで、こころのざわめきが不思議とおちついてきます・・いろいろ想像しては、私なりの展開を楽しみ、を描けるからでしょう。
最終章、楽しみにしています^^
kodai19
↑サイト「古代進case study」
 前回のTOP絵をアイコン化しました^^
イラストページに収納し忘れましたので、
 次回の更新時に収めたいと思います)
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
わきたつ想い・・今日の映画館
こころがもとめ
とめることはできない
想いははるか
ことばははがゆく

わきたつこころ
こなす日常
描くは自由
それぞれの想い

うたとともに
めぐる想い
いたみとともに
ほてりは増す

ああ、はかなく
遠いむこう

------------
いきなり、気持ちが暴走してしまいました・・
ここ数日、ほとんど病気?(笑)、少しヘンです。

今日、時間ができまして、急きょ映画館へ。
もちろん家族には伝えて。そろそろあきれられてる(笑)。
でも、最終章は、できれば初日に行きたい!

おととい時間がなくてさっと見ただけでしたが、チケット売り場わきのヤマトは、他の展示の方にあるのはプラモですが、もう一つ追加されていたものは、超合金でした。間違って書いてしまい、失礼いたしました。
また、全章ポスターは1週間だけでしたので、今日はなくなっていました。

プレミアムショップの様子を書き忘れていましたが、おとといも今日も、第20話ポストカードはあいかわらず品切れのまま・・いつかは、と期待しているのですが、あと行けるのは来週1回になってしまうと思いますので、難しいかしら(^^;)。

昨日劇場限定版BDを、セリフチェックのために見ましたが、やはりTV画面の大きさとスクリーンでは全く迫力も異なりますし、暗い中で見る映画館とは集中度も違う、また、スクリーンで見る色合いが最初に刷り込まれますから、色の奥行きや深みの再現が、TV画面では異なり印象も違います。やはり映画館での映像の美しさと音響のすばらしさに触れると、感動も増しますね。
3回目となりますと、いろいろなところに余裕をもって目を向けられまして、思わぬシーンで、感動したり。何度見ても、まだまだ新しい発見があります・・ですが、見終わって至る想いは、いつも同じ。

はたして、8月まで、この想いのまま、のりきっていけるのかしら。
kodai18
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
いろいろ2199関連CD、DVD、雑誌・・など
第六章感想は、鋭意作成中(^^;エラそうですね・・大したものではないのですが:笑)。
いろいろと家事都合の合間などに、行ったり、本屋さんやCDショップをめぐってみたり・・とあわただしく過ごしています。その間に、2199第六章も何回か見に行かねばなりませんし(義務ではないのですが^^;)。

今夜たまたま訪れました、自宅から少し離れたタワーレコード店、めったに行かないのですが、あのCD購入特典のポストカードを配ることになっていたお店ですから、ヤマト関連CDはどのように陳列されているのか、チェックしてみたくもありまして。
「愛詞(あいことば)」がありました^^ 紹介コメントもきちんと書いてくれていまして、中島美嘉さんのジャケットが見えるように立てかけてありまして、うれしかったです・・が、コメントには、TVエンディングにて現在放送中、のような表現。今はもう、違う曲ですよね・・でも、まあ、この「奇跡のコラボ企画」というキャッチコピーもインパクトありますから、そのままでもよい宣伝になるから、いいかしらね。そのほかにも、少し前にはヤマト関連CDが置かれたことがなかったのに、TVOP「宇宙戦艦ヤマト」YAMATO SOUND ALMANAC シリーズのCDが数枚置かれていましたので、よかったです^^・・本当に、数年前には考えられなかったことですから(とくにこの支店は、アニメ関連CDは品数少なかったですし、偏ってもいましたので)。

そういえば・・書き忘れていたかもしれませんが、その近くのツタヤは時々様子を見ていたのですが、2199第六章公開直前には、DVD第一巻~第四巻がすべて貸出中でした^^
またその近くの行きつけの丸善書店には、先日書きましたように、ヤマト関連書籍が入荷されまして充実してきましたし、2199コミックもたくさん置かれるようになりました。
いずれもうれしい限りです。
あちこちでヤマト関連商品が目につくようになってきましたから。

そして、今日書店で発売されました「DVD&ブルーでーた 2013.7」「ヒットランクでーた5月」セルブルーレイのランキングで、2199第五巻7位となっていまして、毎回10位以内にランキングされていたかと思いますから、好調なのでしょうかね・・うれしいです^^

最近、書いていませんでしたが、TVガイド誌の中では、たしか「TV station」が、毎号大きめのスペースにカラーでヤマトの番組紹介を載せてくれています。今号は、2199第12話のあのユキです^^(今度のTV放送は、カットがあるのかしら・・と、少々気になっています。でも楽しみ^^)

話が前後しますが、CDについて。
もうすぐ発売予定の「2199オリジナル・サウンドトラックPart.2」の収録曲が、ランティスさまにてUPされていことを、おととい知りましたが、書けずにおりました^^
今回発売延期になりましたが、何かネタバレになるものでもあったのかしら、とも思いましたが、とくに思い当りませんが・・TV放送視聴者向けの配慮だったのかしら??「白色彗星(Disco)」 は、第11話を先行上映で初めて見たとき、冒頭で使われていますから、とても驚いた記憶がありまして、そのインパクトを大事にされたのかしら、なんて、おもったりもしました。他にも、いろいろ楽しみな曲があります・・「時計仕掛けの虜囚」はうれしい^^また「ハーモニカ(真赤なスカーフ)」も。

同じページに、現在公開中の第六章EDである「R.I.P~友よ静かに眠れ~」CD情報も載っています^^ ブログでは先日書きませんでしたが、スローな出だしは、EDらしく落ち着いたいい雰囲気で、途中からダイナミックな力強さでドラマティックに世界が描き出されていきまして、聴くほどに味わい深くなっています(BDで、毎回のEDとして聴きましても、いい感じです^^)

さて、CDといえば、現在のTVEDの「Best of my Love」のジャケットデザインがアマゾンさまでUPされましたね。
ユキですか・・惹かれますね、ジャケット。最近、毎週耳にするので、曲には慣れてきまして、今も、すぐにメロディラインが浮かぶほど。ノリよい曲ですし、なぜかすんなり頭に入ってしまっています。EDCDコンプリートしてきている私には、やはり外せないかしら・・。突然のED変更直後はかなり抵抗感があったのですが、2199は応援していますから、ということで。

いろいろ情報がたまっていたので、いっきにまとめて書きました。
途中で日付変更時刻をすぎましたので、「今日」は「昨日」と置き換えてお読みくださいますように・・。
明日も早朝起きですので、もう寝なければ・・最近、なぜか眠りが浅いのですけれど。
2199第六章のためだと思うのですよね・・心がエキサイトしていますので(笑)。
yuki9
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
今日の映画館(ネタバレなし)
今日もお天気は荒れ模様ですし、いろいろハプニングありまして、あわただしい一日だったのですが、最近行くのが難しくなっていました初回に行くことができるとわかりまして、即、決意(朝一番で見ると、そのあと時間をかけて反芻できますので^^)。
電車も遅れましてぎりぎり入場したのですが・・新宿ピカデリー、ここに来ますと、ほっとします^^ これまでよく通ってきたものです。館内がまるでヤマトの艦内であるかのように、受け入れてくれる感じ(実際、ここへはヤマトのイベント上映のためにしか来たことがなかったので)。

チケット売り場のわきには、先日来プラモがおかれていますが、今日はそれに加えて、ヤマトも展示されていました。
売店をざっとチェックしまして、いざ入場。

今日もなんとか見ることができまして、感謝します。
昨日劇場限定版BDが完売したせいか、今日は若干、席に余裕もありまして(でも平日初回にしては多い^^)、じっくり集中して見ることができました。
初見ではお話の展開についていくのが精いっぱいでしたが、やはり2回目となりますと、もちろんアクションシーンの迫力はとてもすごくて魅力的なのですが、とくに、人物の表情や動き、セリフなどを楽しみました^^ 音楽も、どのシーンでどの曲が使われているのかしら、とか。どれも、BDで確認できることですが、やはりスクリーンでの迫力には、受けるインパクトも絶大・・今日も、古代君に逢えてよかったです(*^^*)。

今日の私事のハプニングはここには書けませんが、この2199ヤマトの沖田艦長のセリフを胸に刻んで挑まねば、と覚悟を決めてかからねばならないものでした。沖田艦長、ありがとうございました^^
私は、ヤマトによって、「私にしかできない・・私がやらねば誰もできないことを全うするために、勇気をもって臨まなければ」と奮い立たせてもらえました。

そう・・ヤマトは、私にとって、常にそういう存在でした・・今日も、スクリーンに繰り広げられるヤマトとクルーたち、また登場人物たちすべての人々のぎりぎりの戦い(敵との戦いだけでなく、己との戦いも)の中から、力をもらいました。
いつまでも、ヤマトとともに・・
もうすぐ最終章ですけれど、いつまでも、ヤマトとともに在りたいと思います。
kodai18
ついつい、長文になってしまいますね・・
テンション高くなりすぎてます(^^;)
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:4 |
コメント受け付け設定、再開
この10日間ほど、当ブログのコメント受け付け設定をしないこととしておりましたが、本日より、また「コメント受け付け設定」に変更しました。
ご協力いただきまして、ありがとうございました。
今後も、以前同様、諸状況を踏まえつつ、コメント公開の判断をしてまいりたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
yamato011p3061
別窓 | コメント投稿について(方針) | コメント:0 |
ひとやすみ
2199第六章感想ページを作成中。
まずは、初見の思いをいっきに入力・・ですが、まだまだ全体の流れはぶつ切り状態。
重複する箇所、書き忘れたことなどもいろいろあるので、もう少し整理しないと。
でも、少しねかせておくつもりもあって。
私自身の頭の中も整理したい。

今朝、起きたとき、何かざわめくものを感じた。
昨日の第六章のインパクトがあまりに強くて、刻み込まれた想いがずっと、心の奥底に漂っている・・詳しくこの場には書けませんが、胸が苦しくなる感覚。
どうにかしたい・・この引きずる想い。

久しぶりに、車の運転中、自分で編集した2199OPEDのCDを聴いた。
これまでをたどる・・そして一緒に編集して入れておいた「風音~君に逢いたくて~」に至る。
・・ああ・・
なんかもう、まさにこれ。
今の、この私のためにあるのかしら・・と思えるほど。
詳しくは、第六章感想ページに書こうと思いますが、
聴きながら、涙が・・
まいったな、もう。
こんなに熱くなるとは。
ずいぶん年下なのに(^^;)。

私も、あと2か月後の古代君に「逢いたくて」
yuki9

見た直後ですので、
完璧に、2199妄想の世界に没入しております・・
作品とのほどよい距離感を保つためにも、
今少し感想文をねかせておかないと。
別窓 | 「古代進」サイトについて | コメント:0 |
今日の映画館(ネタバレなし)
ようやく、2199第六章を見に行くことができました^^
今朝は、ラッシュで電車が遅れ、できるだけ早く映画館にたどり着きたいと思っていたので、かなり焦りました・・。
到着後、とにかく売店に直行。
ちょうど初回が始まった直後でしたので、売店はすいていまして、陳列品もありましたが、まずは、劇場限定版BDを購入。あとでツィッターで知りましたが、ほかの映画館では在庫切れも出ていたそうで、新宿ピカデリーも「若干の在庫」という表現になっていましたので、今回は、ぎりぎりのところだったのかもしれません。運がよく、感謝します。

その後、売店の陳列品を確認しましたが、私が求めていたユキのクリアしおりはなく、6/14にはなかった木札ストラップがありましたが、最新のユリーシャはなかったので、別途、手配しておきましてよかったです^^(これらは、本日無事に届きました^^)
そのほか、カップマグは、通販ですとかなり品切れとなっていましたが、こちらには思ったよりたくさん置かれていました。

そして、先日見ていなかった、階段わきの全章ポスターは、そうそうたる眺めで、うれしくなりました^^
2199ci65

さらに、念のために、正面口から外に出て、第六章ポスターを見ましたら、なんと、出渕監督、菅生隆之さん、大塚明夫さんのサインが書かれてありまして、感動しました^^
2199ci66

今朝は、いつもより早く目覚めてしまいましたので、きちんと集中して見られるかしら、事前の予習は全くしていないので、ついていけるかしら・・と、若干の不安もありました(ぎりぎり直前には、冒頭8分を見てしまおうかしら、と思いはじめていましたが、公開時期の記憶違いで、やはり見られず、全くの白紙状態で臨みました)。

本編。
(詳細は、サイト『古代進case study』にて、後日UP予定)

眠気など一瞬たりとも感じずに、ただただ引き込まれて、見ていました・・が、冒頭あたりで、お隣の方の携帯が鳴り、セリフが聞き取れなかったところがあり、しばらく、若干集中力にも欠けてしまいました(涙)。電源切るようにして、気をつけてほしいものですね・・・内心、少々怒。

今回もとても内容の密度が濃く、盛りだくさんでありますし、またとても、ハラハラドキドキさせられて、気持ちがあちこちに振られ、頭はめぐり、これはこういうこと?これはあれのこと?などと、これまでの伏線とリンクさせたり、新たなことが生じたり・・ああ、これ以上は書けませんね。
まだ、頭が混乱している部分もあります・・気持ちがうごめいている、という方が正しいかもしれません。ややこしい謎解き(あれは何?どういう意味?)を強く求める思いよりは、私の中に「深く刻まれる想い」が残りまして、あと2か月先まで、この想いを抱えなければならないのね・・という、見終わった後の「想い」に、いつまでも心がとらわれ、引きずられるかのような感覚を覚えます。具体的にここには書けませんが。

書きたいこと、気になること、お気に入りシーン・・等々、いろいろ感じるところはありますが、ひとつ、気がかりの点があることも付記しておきます。これはあくまでも私個人的な感覚かもしれませんが、どこかで指摘されていることかもしれません。
まずは、自分なりの初見の思いをある程度まとめてから、ネットチェックすることにしています。それに影響されて、文修正することはほとんどありません・・全くの記憶ミスなどありましたら修正するかもしれませんが、あくまで、私自身が、多くのヤマトファンの方々の中で、どのくらいの位置にあるものなのか、を知るためですので。

話がそれてしまいましたが、第六章を見終えて、放心状態に陥りながらも、紀伊国屋書店新宿本店プレミアムショップに行ってまいりました。その後、どのようなグッズがおかれているか、知りたかったですし、チケット半券でもポストカードをいただけるので^^
グッズ、以前よりも増えたかも。
映画を見終えた人が多く立ち寄っているような印象でした。
私は、第20話のポストカードを期待していたのですが、やはり品切れでした(涙)。あとでツィッターで知りましたが、人気なのですね・・でも、再入荷の可能性があるようですので、次回に期待しています(次回鑑賞予定あり^^;本日は第22話『向かうべき星』)。

機会があれば、できるだけスクリーンで見たいものです。
今回、上映館の追加のありました4館のみですが、復習上映会なるもの・・いい企画ですね。
ぜひ機会がもてる方は、スクリーンでご覧になるのをお勧めします^^
首都圏でも、最終章へ向けての復習上映会が開催されないかしら・・1日1回ですと、上映時間が制限されて厳しいものがありますが、スクリーンでもう一度見ることができたら、うれしいですね。
yuki9
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:4 |
2199第六章、見ました
朝一番の回には行けないのですが、できるだけ早く新宿ピカデリーへ。
ラッシュで電車も遅れまして焦りましたが、なんとか第六章劇場限定版BDを購入することができまして、ほっとしました^^(帰宅後に、公式サイトツィッターを見ましたら、『10時時点で、若干の在庫』とのこと、本当に・・ぎりぎり、という感じ^^;)

今はあまり時間がありませんので、また、見終わって、かなり放心状態+頭がかき乱されたような状態にありますので(笑)、気持ちをおちつけつつ(いつまでも落ち着かないと思いますが^^;)、後ほど簡単に今日のまとめをUPしようと思います。
なにしろ、今回、かなり情報をシャットアウトしていましたので、情報量の多さに圧倒されておりまして・・。

また、いつものことなのですが、ある程度、初見の思いの整理がつくまで、ほかの方のコメントを見ないようにしておりますので、メールをいただいている方もいらっしゃるのですが、今しばらく、ご返事遅れますこと、ご了承くださいね。
では、取り急ぎご報告まで^^
yuki10
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
2199第11話
冒頭のナレーションと映像、最後の方が少し変わったようですね。

ヤマト関連CMは、「第六章上映中!」と最後のED曲のもののみ。ずいぶん少なくなりましたね。

本編冒頭シーンは、やはり、あらためて見ましても、ぐいぐいと引き込まれる展開で、BGMもノリよくて、かっこいいです^^
1話だけで見ると、なおさら、今回のエピソードには、本当に盛りだくさんのテーマが含まれていると感じられます。
メルダの件、島や山本の思い・・ですが、古代の思いはあまり表面化せず(^^;この回の古代には、私は若干不完全燃焼の思いがしてしまいまして)。

でも、今日のリアルタイム視聴における携帯待受け画面は、ようやく・・古代!!
緊張のあまり、パスワード入力を今日に限ってミスしてしまい、焦りましたが(笑)。
とてもうれしいです^^
おかげさまで、第六章を見になかなか行けないもやもや感も、少しは解消されました。
kodai18
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
初日の過ごし方~第六章グッズ
昨日、2199第六章公開初日。
この週末は映画館に見に行けません。昨日は、悶々と過ごすばかりでは悲しいので、楽しみを見出すべく、また、実際、あとひとつグッズを求めて、グッズの売れ筋状況を見守ることとなりました・・。

昨日新発売、または新入荷のグッズに限り、追っていきました。
「わずか」「品切れ」の順番を見れば、人気度などの傾向もわかりますので、おもしろかったです^^
ヤマトクルーさまでは、昨日はほぼ動きがなかったのですが、今朝になって、「宇宙戦艦ヤマト2199第六章 ヤマトクルーオリジナルグッズ10点セット」が品切れに。
フルービーさまでは、8時過ぎからUPされていましたが、その後頻繁に訪れるたびに動きがみられ、カップ&ソーサークルーキャップ(黒)、マグ、ガールズバスタオル、ユキ3Dポスター、Tシャツの人気が高く、カップ&ソーサー沖田マグが早々に品切れ。マグの中でも順位がありまして、沖田、古代、ユキの順に品切れ、、今朝になって、真田、午後には山本、加藤が品切れとなっていました。これはそのまま、キャラの人気度につながっているのかしら・・最初の数が不明なので、何ともいえませんが。

さて、肝心の、私のほしいクリアしおりは、昨日一日中見ていても、全く入荷されず(もともとの取扱店であるアニメワールドスターさまにおいても。これまで、各章公開日には新商品がUPされていましたので、昨日も期待していたのですが^^;)、早めに手配済ませたいので検索し、アマゾンさまにて発見、無事にそちら経由で発注できました^^

第七章のときには、グッズ購入、もっと大変になるのかしら・・どうしましょう(^^;)。
それよりも・・まずは、第六章劇場限定版BDですが・・おとといからの動きを見ていますと、ややあきらめ感も生じますが、まだ今のところ在庫切れ情報はないのかしらね(公式サイト)。ツィッターは、ただいま、ネタバレ怖く(ネタバレでなくても、なんらかの先入観ももちたくないので)、立ち入らないようにしていますので、きわめて情報難状態(^^;)。

公開二日目。
今日の過ごし方は・・そうそう、TVで2199第11話がある!
そちらにシフトした過ごし方にしましょう。
第六章グッズの整理をしようにも、まだネタバレ怖く直視できないので(笑)。
2199ci63
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
2199第六章公開!
おはようございます。
いよいよ、今日から2199第六章公開です。
新宿ピカデリーは朝7時オープンで、もう初回を楽しまれている方もいらっしゃいますね。
グッズ通販も本日スタートのようで、ヤマトクルーさまは10時から、フルービーさまは、いつも9時ごろからと思っていましたが、今朝は8時過ぎからUPされていました。

昨夜判明しました、ユキのクリアしおり・・朝起きてもなお、悔しい思いが残っておりまして、何とかならないものか、ともやもや気分でおります。本当は、すっきりした思いで、本日を迎えたかったのですが。
でも、私はまだ、映画館へも行ける身でありますし、事前のグッズ購入が部分的に行えたのは幸せと思わなければ・・と、思ってはいます。
今日から2週間、わたしなりに、できる範囲で、できるだけ楽しみたいと思います^^
みなさまも、それぞれに、この機会を楽しめるとよいですね。
kodai18
もうすぐ初回上映終了・・
ツィッターも、そろそろかなり危険かな(笑)
昨夜前夜祭あり、かなり冷や冷やしつつ見ました・・
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
クリアしおり
ちょっと悔しい・・
ヤマトクルーさまで取扱いになった新入荷版クリアしおりですが、昨日、画像重複していたものがあって、たくさん入荷したものを分けて同じものを表示しているのかと思って、片方のみしか注文しなかったら、つい先ほど見てみますと、重複画像が修正されて、ユキオンリーのクリアしおりを発注し損ねたことがわかりました・・とても悔しいです、真っ先に手配したのに。
早く入荷してほしい、と思いますが、また送料かかってしまうのも、またくやしい。

今日の映画館にて、新しいクリアしおりが置かれていましたが、ユキのはなかったです。
こちらでもタイミングよく補充してくれるとよいのですが。

とにかく残念な思いでいっぱい・・。
yuki9
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
今日の映画館
長い一日でした・・・
早朝出発、朝いちではなく少し遅めの9時。新宿ピカデリー
まず、わきめもふらず、売店へ直行。
なに?この人・人・・・レジに5~6人は並んでいらっしゃる。
やはり朝いちでないと、出遅れ感あり、少々焦る。

狭い中、グッズ拝見。
昨夜ピックアップしたものを実際に見て・・と、スタートするや、
・・え!?もう、カップ&ソーサーがない!?・・
という私の思いを代弁するかのように、同時に、同じ言葉を発せられた方がいらっしゃいました(^^;)。
見本ひとつのみ残っている。
時間が限られているため、他は、希望のものを手にとり、取り急ぎレジへ。
最後の望みをかけて、スタッフの方にさりげなくたずねましたが、在庫確認に時間がかかりそうでしたので、見本でもよいので、と申しますと、それでもよろしければ、と売ってくださいました(ていねいに対応してくださって、ありがとうございました^^)。
約10分の短期決戦でした・・・。

その後、事前チケット発券、チラシチェック。第六章は前回もおかれていました見開きタイプのもの(内側にむらかわみちお氏のイラスト入り)、第七章が新たに見開きタイプの仕様でおかれていましたが、いずれもあと数枚で、なくなりかけていました。
2199ci64

そして、今回も巨大広告はないのかな、と思い、後ろを振り向くと、そこには、懐かしの風景。
堂々たる・・2199第七章巨大広告が飾られていました^^
感慨深いものがありました・・いよいよ、最終章を迎えるのですね。
2199ci61

さて、その後、荷物整理して、念のためもう一度、帰る前に売店に寄りましたら、さきほど人が多くて見にくかった、(ネットに情報が流れていませんでした)コースター(ヤマト、古代、ユキ)、小さい巾着(キービジュアルヤマトデザイン)があり、先ほど品切れになっていましたカップ&ソーサーが補充されていました^^ あわてなくてもよかったのね・・でも、もともと2つほしいと思っていましたので、もう一つ購入^^
今回は吟味してピックアップしましたが、2199公式サイトツィッターで拾っていた「これまでのマグ再販」情報に、やはりこの機を逃したくない、と思い、古代とユキのマグも、とうとう購入。けっこうかさばるので、買いすぎたかしら、とも思いましたが、おおよそ計画通り。そばには、私の買い物など及ばぬくらいの量を買われていた強者もいらして、恐れ入りました・・・。

今朝の様子や、ネットのチケット販売スタート時のことを思いますと、かなり出足が早く、勢いがある様子がうかがわれますね。今夜の前夜祭もきっと熱気にあふれていることでしょうね・・・週末はものすごく混雑しそう。
こうした様子はうれしい反面、劇場限定版BD、まだ購入できないのよね・・と、後ろ髪引かれる思いで、その場を後にしました。
2199ci622199ci63
第六章クリアファイル、第七章チラシ、第七章巨大広告でさえも、事前にネタバレ的にわかってしまいそうで、せっかくのサプライズももったいないことになりますので、写真を撮りつつも、じっくり見るのはやめました(^^;)。

時間がなくて紀伊国屋新宿本店プレミアムショップへはいけませんでしたし、帰宅後に、新宿ピカデリーにこれまでの全章ポスターが掲示されている・・とのことを知りましたので、今日は見られず、残念でしたが、次回、しっかり見てこようと思います^^
これから2週間、行けるときには、本編以外にも、こうしたイベントならではの楽しみも味わえたら、と思います。
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
2199第六章グッズ情報公開!
ちょうど一時帰宅した時の19時過ぎ、ネットチェックできまして、2199公式サイト、ヤマトクルーサイトともに、2199第六章グッズ情報公開、その他、いろいろな新情報もUPされていました^^
さっそくいろいろ対応中に、ヤマトクルーさまより、メールも到着しまして、ほっとしました・・また、助かりました。これでグッズ購入計画がたてられます^^ 

今回も、私にとって魅力的なグッズがいくつかありまして(際限なく財源があれば、すべてほしいところですが^^;)、実際に手にとってみないと判断のつかないものもありますが、一番注目していますのは、カップ&ソーサー。これは私がサイト「古代進case study」2199第三章感想ページで、「ほしくなりました」「商品化期待しています」と書いていましたので、実現され、とてもうれしいです^^
また、個人的には、ステンレスボトルもとても興味あり。ちょうど今使っているものが、かなり長く使っていまして傷もつきいたんでいるので、そろそろ買い換えようかしら、と思っていたところ。実際の大きさや感触、使いやすさ等によりますが、デザインはすてきなのでほしいな、と。
そのほか、今回初のノートやいろいろな文具類も、とてもうれしく、楽しみです。

問題は・・タイミングよく購入できるか、ですね。
頑張りたいと思いますが、明日からこの週末にかけては、家族の予定が重なっているので、内心、悶々と過ごしそう(^^;何が一番大切かはわかっているのですが、やはり、葛藤が生じます・・)。
今回、劇場限定版BDが購入できなかったら、これまで、早々にサイトに感想をUPしてきましたが、確認チェック等できなくなるので、UPは遅くなるかと思います・・その点、ご了承ください(誰もそんなに待っていないかしらね:笑)。

ここしばらくはコメント投稿受け付けませんことをいいことに(笑:皆さんの反応がわからないので^^;)、独りよがりの勝手な文章を次々と投下しております。今しばらく、どうぞご辛抱くださいませ^^
yuki10
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
2199第五章復習
お昼にTVの前に座った途端、NHK「サラメシ」がすでに5分ほどはじまっていまして、海上自衛隊の食事風景が・・これは、見損なったかしら(^^;)と後悔。
その後、ネタバレ気をつけつつ、「宇宙戦艦ヤマト」ツィッターをながめていましたら、やはりヤマトの音楽が流れたようです・・残念。
午前中、2199第五章の復習をし、お昼に子供のお弁当作りをして、ひといきついたところでしたので、もう少し早くTVの前に行っていたら・・と。せっかくのチャンスでしたのに。

さて、第五章の復習は、お話はもちろんのこと、これまで部分的にチェックする見方が多かったので、じっくりとコマ送りなどもしながらすみずみまで確認。これで第六章へ準備OK。・・そうそう、新見さんのピンクの「KAORUボックス」発見しました^^写真を入れてある箱のようですね。

ここ数日は、すべての情報をシャットアウトするのは、やはりさみしいので(公式サイトは見ますが)、ツィッターは「宇宙戦艦ヤマト」の方だけのぞいてみようかしら。第六章の内容以外の情報は得ていたいですし。

午後から明日にかけて、あわただしいのですが、うまく2199関連情報チェックなどタイミングよくできたら、と思います。
なんだかんだと、どんどん時間がたっていきます・・。
きっと、次の第七章を見るのも、あっというまなのでしょうね。
2199ci55
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
第六章劇場販売グッズは?
あさってから2199第六章イベント上映、明日は前夜祭ですね。楽しみです^^

ですが、まだ第六章劇場販売グッズ情報がUPされていませんね。ずっと、気になって、チェックしているのですが。これまでは、上映開始日の1週間前くらいにはUPされていたと思います。
2199公式サイトのTOPには、数日前からツィッター表示がなくなりましたし・・更新はいつかしら、と待ち望んでいます^^ もしかすると、明日の所用前のわずかな時間なのですが、事前発券とグッズ購入に劇場まで行けるかもしれず、事前に品定めしておきたい、と思っていたので、今日中にはUPしてほしいと思います。買えない場合には通販利用もしたいので、通販情報もあわせて。

ツィッターでは、昨夜第六章試写会が行われたようで、さすがにあからさまなネタバレはありませんが、そろそろ危険になってくるので、自分が見るまでは閲覧やめておこうかしら、と思いはじめています。
ドキドキしてきました・・。
2199ci54
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
「風音~君に逢いたくて~」
その後、何度も聴いているのですが(^^;)、「風音~君に逢いたくて~」の歌詞を聴くにつれて、2199古代よりむしろ、復活篇古代の方が、合いそうな状況かな、と。
下の記事に追記するには記事カテゴリが異なりますので、あえて、別立て記事としてUPしました・・(この、2199で大いに盛り上がっているところを、すみません^^;中断するようで)。

もちろん、曲調はややアップテンポで、若い世代を想定したような初々しいイメージですし、復活篇古代は、もっと年代が上の落ち着いた大人の古代なのですが、こんなふうに、内なる情熱的な想いを抱いていたとしたら・・と、勝手に妄想が広がってしまいまして(*^^*)。
そういう意味では、もう少しスローテンポで大人っぽい雰囲気にアレンジされ、復活篇続編古代の想いに重なるように使われていったらよいのかも・・なんて、私の勝手な妄想で、すみません・・。
(注:復活篇続編につきましては、なんの情報も得ていませんので、私一人の想像のお話です)

本当に、ステキな曲をありがとうございました^^
ここ数日、夜の眠りが浅くて、真夜中によく目覚めてしまっていました・・原因不明ですが、もしかすると、もうすぐ2199第六章公開のため、無意識にエキサイトしてしまっているのかもしれませんね。
今夜は、この歌で、ますます目がさえてしまいまして、どうしましょう(笑)。
kodai14
別窓 | 映像作品(復活篇) | コメント:0 |
「ヨーソロー~星の海を越えて~」CD
本日、2199第五章ED「ヨーソロー~星の海を越えて~」CDが到着しました^^
第一章からたくさんのED曲が登場してきまして、これまでの曲は何度ももう聴いてきまして、愛着もわいていますが、この曲は、とても新鮮な気分で聴くことができ、2199のまた違った側面の世界を想像し、味わうことができて、とてもうれしいです^^
ささきいさおさんの「真赤なスカーフ」は別格として、ほかのED曲は、これまで女性によるものだけでしたので、今回、2199オリジナル曲として初の男性ボーカルの歌声は、とても刺激的で、よいです^^ 
男性の想いが描かれ、それが、パワフルなサウンドの中で、力強く、熱く歌われますので、聴いていますと、私の心も熱くなってきます(*^^*)。昔よく聴いていました、洋楽のサウンドの世界を思い出したりして^^

「ヨーソロー」は、第五章の余韻に浸ったり、ヤマトの男性乗組員たちの想いが伝わってくるようで、あれこれ想像もめぐらせることができて、すてきな歌です^^ あきらめずに、前に進み続ける、果てしない宇宙空間を・・勇気と希望を抱く力強さをもって、というイメージで。

そして、2曲目の「風音~君に逢いたくて~」なのですが・・これはどのような経緯で生まれた曲なのかしら、と思いました。初めて聴いて、意外とよかった・・というよりも、かなり・・とてもいい^^
男性の切ない想いや熱い心が伝わってくる。
「星が永遠を照らしてる」が、女性の視点から、果てしない先の人を想う歌であったのに対するかのように、この歌は、男性の想いを描いている気がしました。2199の世界にフィットしそうな歌で、挿入歌としてもいいかも、と思うくらい、私の心にジャストフィットです(*^^*勝手にあれこれ妄想が暴走してしまいまして、古代がユキに対して抱く想いとか・・などなど^^ 私自身の昔の青春時代を思い出してしまっているのかも。こんな熱い言葉、今やなかなか聞けませんので、恐れながら(^^;)自分に言われていると勘違いしてしまっているのかも:笑)。
また、歌詞の意味も、とても気になるところがいくつかありますね・・2番の「君が消えたこの地球(ほし)に」とは・・??そもそも「逢いたくて」というタイトル自体、「巡りあい」という意味ですので、何か奥深い意味が込められているのでは・・?とか。
「ヨーソロー」ももちろんよいのですが、この「風音」を先ほどから何度もリピート再生してしまっています(^^;)。

とてもすてきな歌と出合うことができまして、感謝しています!
yuki9
(注:より具体的に感想を表現するために、歌詞の一部を引用させていただきました)
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
「ニュータイプエースvol.22」
昨夜、行きつけの書店にまいりましたら、むらかわみちお氏のコミックス①②が入荷され、以前よりもたくさんおかれていまして、うれしかったです^^(そのほかのオリジナルのヤマト関連書籍も補充されていまして、書店に感謝^^)

そして、コミック雑誌のコーナーには、表紙が見えるように、「ニュータイプエースvo.22」が置かれていました! 
これまで、発売日の翌日には、入荷数が少なく売り切れていたのか、よくわかりませんが、全くおかれていなかったので、昨夜は数冊あり、とてもうれしかったです^^
表紙が古代と山本のツーショットなので、大人げなくもジェラシーを感じつつも(笑)、やはりひかれて、購入を決意。分厚い雑誌のため、買い控えていましたが、表紙が2199となれば、買わずにいられない・・しかも、前号判明しました「宇宙戦艦ヤマト 温故知新 第11回」氷川竜介氏:4ページ)も連載されていますし(以前も書きましたが、この記事、いつかまとめて出版してほしいです・・)。
また、表紙に書かれていませんでしたので、期待してはいなかったのですが、今号も折込ピンナップが! これは・・ネタバレの絵ではないわよね、と思いつつ、じっくり拝見^^イスカンダル三姉妹とヤマトと地球の姿に、内なるイメージも膨らみます。こんなイメージを描いたことがなかったので、とても刺激されました^^
そのほか、第六章上映、TV放送、イベント情報など、カラーで3ページあり。

そして、肝心の本編
前号の続きの冥王星基地攻略の場面。アニメではあっさりしていた印象がありましたが、キャラの表情がきめ細かく織り交ぜられ、古代の思い(ここで生じる葛藤は、アニメにはないもので、非常に好感もちました・・こんな古代を見たかった!とてもいい)、アクションシーンもアニメではあっという間でしたが、コミックですとヤマト側ガミラス側双方の人物の思いを織り交ぜつつ、展開されていきますので、読み応えありました(沖田のセリフ、シュルツガンツ、ヤレトラの言動)。自身のペースでイメージを膨らませながら読めるためもありましょう。
扉絵が、コミックの魅力を物語ってくれていると思いました。アニメには見られない、ガミラス側の人々の表情が、なんともほほえましくも、切ない・・ああ・・と。素敵な絵をありがとうございました。
完璧に、コミックの世界にもはまっています。

そうそう、これにも触れておかねばなりますまい(笑)。デスラー!
最初の横顔もデスラーと別人のように見えたのですが、こんな形で、このセリフを言わせるとは・・!
ドキドキしてしまいました(^^;)。

6/26コミックス第三巻が発売予定ですが、楽しみです^^
ツィッターから拾いました情報ですが、むらかわ氏ブログにありますように、取扱店によってはポストカードの特典があるようです。
実は、私の行きつけの書店は、丸善
一応、対象店のようですが、まだ未定らしい・・全国の丸善で対応してくれるのかしら・・だから、コミックス補充もしっかりしていてくれたのかしら。いつもネット通販での購入でしたが、今回は書店購入をトライしてみようかしら・・検討中です。
kodai18
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
2199 OPEDへの「想い」
「愛詞」のCDが発売された後、これまで2199劇場上映のOP,ED曲、TVのOP曲とあわせて、発売中のすべての歌をひとつのCDに編集して、楽しんでいた話は、先日書きました。
実は、そのころ、ひととおり聴き直してみて、いろいろと思うところも生じて、ある「想い」に至っていたのですね。
もともと、第六章上映に向けて、これまでをふりかえってみたい、という思いもありました。

それを書こうかしら、と思っていた直後に、TVのED曲が変更になってしまったのです。
そのために、それまで抱いていた思いが、すっかりまぜっかえされて、自分でもどのように気持ちを整理したらよいか、わからなくなっていました。直前まで思っていた「想い」が、すでに真実でなくなってしまったような感覚です。

こうしたことからも、ED曲に対するもやもやとした思いと、第六章冒頭8分を見る気持ちの整理もできていない状態に陥っていたのだと思います。
自分で編集した、そのCDも、聴く気が失せていました・・というよりも、聴くのが怖かったのです。どんなふうに感じるのか、感じてしまうのか・・と。その直前まで抱いていた高揚感をいっきに引き下げられてしまい、とても陳腐化した印象を抱いてしまってはいまいか・・などなどの恐れです。

数日前、「記憶の光」を再び聴きはじめてから、今日、ようやく、そのCDを車中でじっくりと聴く気になりました。
「宇宙戦艦ヤマト」ささきいさおさん)
もう言葉はいらない。すべては、ここから始まった・・かつての作品も、2199も。
「星が永遠を照らしてる」
あんなに何度も聴いて、歌詞の意味を探り、可能性の広がりを感じた。
「美しい地球を知る者よ」
さわやかな新しい風を感じた・・旅のイメージを。
「真赤なスカーフ」
言葉にならない。涙腺緩む。運転中危険(^^;)。しみじみ聴き入る。
「記憶の光」
背筋がゾクゾクしてくる・・これまでにない新しい世界であるが、確たる世界である。「真赤なスカーフ」とは違った思いで、心かきたてられ涙がにじむ。

そして・・TVの・・
「宇宙戦艦ヤマト」
これは、聴きなれてきた。とくに間奏がいい。
・・振り返ってきて、ここに至る。つい先日のこと。
この感覚は、まるで「ヤマトよ永遠に」の偽地球でこれまでのヤマトの歴史を映像で見させられているような感覚にとても近い(笑)・・劇場上映で順調に受けとめてきた数々の歌、ひとつひとつを私の中で受け止めてきた・・そしてそのあとは、現在に至り、やがてその先はどうなるのか、変わってしまって「愛詞」はどのように感じられるのか、ドキドキと、少し不安だが大丈夫、と信じたい思いが交錯する感覚・・・。
「愛詞」
やはり大丈夫・・とてもやわらかいバラード調の歌は、その言葉の意味も、私を癒してくれた。
また私は、この歌に救われた思いがする。
今はもうTVで聴くことができないと思うと、なおさら、求めても遠ざかっていく切なさを感じてしまう・・でも、聴きながら、また逆に、この歌が歩み寄って包み込み、救われた気持ちになるのだ。そうして、なおさら、愛着も増してくる。すてきな歌だ。

今日再び、ひととおり聴き直すことにしてよかった。
「これまでの歌は、ひとつひとつ受けとめてきた」という私の中の「想い」を確かめることができた。
「愛詞」CD発売直後の「想い」に立ち返ることができた。
(今日の一連の行為もまた、私の中にある『すりこまれた記憶』をたどっていく作業に近いものでしたね・・私自身を見失いがちになったとき、答え(真実)は、私の中にあるのですね^^)

ほっとしました・・これで、第六章に向き合うことができそう。
冒頭8分を見るには、まだもうひとつ、不完全燃焼の思いにとらわれそうな恐れをクリアしなければなりませんが。
yamatoG
ちなみに、息子のお気に入り曲は、
「記憶の光」「宇宙戦艦ヤマト」(TVOP)です^^
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | NEXT