心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
ハロウィンの夜
ハロウィンの日に、これまでとくにイベントを行っていなかった我が家。
子供たちの中間テストもようやく終わり、今夜は久しぶりに夕食を外で食べ、和やかな雰囲気で帰宅した。

穏やかなひとときを過ごすはずだった・・
明日は、かねてから気がかりの目の検査に行く予定で、いろいろな想いも整理しつつ、あさってもまた、ひとつ節目の日であるので、あれこれと静かに思いめぐらす時間にあてるつもりだった・・
それなのに。

帰宅間もなく、ふだんはそれほど動じない息子が、低い声で、しかも「おおっ!?」と、いかにも動揺したような、怯えの感じられる響きの叫び声。
尋常ならざる嫌な予感がて、そちらを向くと・・と同時に、息子が「とり!?」と大声。
なにやら黒い影が、リビングの白い天井をものすごい勢いで旋回していた。
異常な光景に一瞬声を失ったが、さらなる息子のことばに、突き動かされた・・!
「こうもりだ!!」
は!?・・と、呆然としながら、その光景をみつめる。身体が固まってしまい、何をどうしたら・・と、思いだけが先行する。
何とか他の場所に行かぬようにシャットアウトしながら、とっさにカーテンと窓を開ける。
真っ暗な闇が外に見えた。
日ごろは虫など入るのが嫌で、絶対にそのようなことはしないのだが、今はもう、何に変えても、外に出すことだけを最優先に、必死な思いだった・・
娘は机の下に隠れ、固まって泣き続けているし、息子は自室に入り込み、私しか、今の状況を変えられる人間はいないのだ・・!と思うと、足がすくむ中でも、立ち向かわなければならない。
必死の思いで、動きを見つめ、明かりを消してみたり、と精いっぱいのことをする。

今日は、ゆっくりと過ごす予定だった・・いったいなんでこんなことに。
だが、心の中のつぶやきは、ささいなことのように思えていた。
ひごろの気がかりの不調も、先々への不安も、今のこの異常な事態においては、こころの奥に押しやられていた。
ただ、もう、みながいつものように過ごせるように、戻すしかない!という思いのみ。

必死のあまり、いつしか感じなくなっていた気配の変化にも気づかなかったようだ。
あたりは静まり、あの猛スピードで旋回し、台所の天井にまで舞っていたコウモリの姿は、消えていた。
本当に外に出て行ってくれたのか、しばらく信じられなかった。
何度も、外には向かわずに旋回し、明かりを消しては、姿が目で追い切れず・・不安な思いをかかえていたのだった。
しばらくして子供たちの声が聞こえた。
「どうなったの・・?」
それは、私の方が聞きたい。
何が起きたのか、いまだに目の前にあったことが信じられず、現実のものと思えなかった。
楽しく過ごしていた夕食のひとときも、まるで遠くにいってしまったかのように、現実か夢だったのか、あいまいな思いにとりつかれていた・・私だけでなく、子供たちこそ。
娘はその後数時間も鳥肌から解放されず、感情をあまりあらわにしていなかった息子も、寝る前にもまだ「なんとなくへん・・こわい」と、ぽつりと言った。

しかし、静まってからすぐに、私はすみずみまで各部屋へ、何もないことを確認し、それを終えると、いつまでも机の下から出てこられない娘を思い、みなで、自身の目で、何もないことを確認しよう、と引っ張り出して、各部屋をすみずみまで調べに行った。
そうして、自身の確信をもたせることで、初めて娘も机の下から出て過ごすことができるようになった。
でも、子供たちのため、と言いつつも、私自身のおびえた心を追い払い、自信を取り戻すためでもあったようだ・・子供の前ではできるだけ感情を表にしなかったけれども。

今日はもともとおかしな日だった。
直ったと思っていたプリンターもまた不具合が生じ、問い合わせながらも、何度も同じ不具合が繰り返され、対応に数時間かかってしまった・・子供のインフルエンザ予防注射に病院へ行き、その後先のような事態にも遭遇。
夕食どき、小さな子供たちがハロウィンの飾りを身に着けているのを目にして、
「そういえば、今日はハロウィンだったね・・」
と、つぶやいていた。

我が家は、大自然の真ん中にあるわけではなく、周りは民家も多く、むしろ市内では開けた場所にある・・だが、日ごろ息子から、夏の下校時にコウモリが飛んでいるのを見かけたことがある、とは聞いていた。
たまたま今日のニュースで、「イノシシが東京の都市部で人に襲い掛かり6人けが」とあるのを見ていたので、今夜の一件、そのテーマと似た印象を受けた。野生動物が民家の領域にはいりこんでいる、というような。これまでも取り上げられたことのある話題ではあるが(他の動物等について)、それを実感した今日であった。
それは、今年になって世界の脅威ともなりつつあるエボラ出血熱における「動物と人間とのかかわりよう、在り方」にも通じるところがあるのではないだろうか、とも思われた。それはさらには「ウィルス対人間」という、戦いのテーマも呈する。
インフルエンザ予防注射も、そんな、ウィルスと人間の戦いのひとつではないか・・。
そういう意味でも、今日は、いろいろなどこかしら関連する現象の交錯する一日であった気がする・・しかも、日ごろ体験しえない事柄が、いっきにおしよせてきたような。

平穏な夜のひとときを過ごしたかった、と思いつつも、台所用品等をすべて洗い直し、家具や床も除菌ふき・・と、この機に、日ごろたまっていた掃除ができた、日ごろ会話の少なかった子供たちとも、和やかな夕食の会話も楽しめたけれども、危機的状況下で一致団結して立ち向かった思いを分かち合うことができたことはよい経験だった(きずなを深めた感)、などと、よいようにとらえたい。
いざというときに、やはり頼れるのは家族・・
それを実感できただけでも、有意義な夜であった。

奇妙なハロウィンの夜。
節目の明日あさっての前に、亡き母との思い出のレストランで子供たちと食事をし、思いをはせていた・・
なんだか、今夜のハプニングさえ、見えない力の作用によって、家族というものを考えさせてくれるチャンスであった、と考えてしまいそう(食前まで、子供たちギスギスムードでしたから・・このおかげで、本当に大切なものの存在、ありがたみを感じてくれたのでは、と思います^^)
・・とはいえ、ああ・・こわかった(笑)。
kodai20
こんな感じの切羽詰まった思いでした(^^;)。
どうしたら・・!どうすれば・・!?と(笑)。
アジア生息のエボラ菌は致死率低い、と
目にしましたので、まだ幸いだったのでは。
しかし・・なぜ家にいたのか不明。帰宅時に
いっしょに入り込んだのかしら・・恐ろしい(^^;)。

ヤマトと関係ない話題ですみません・・でも、50年生きてきて初めての体験をぜひとも記しておきたくて。
別窓 | 『邂逅』 | コメント:0 |
「表紙でふりかえる キネマ旬報 創刊95周年記念」
最近、プリンタ不具合で、修理中でしたので、何かと不便な思いをしていました。
根がアナログ人間のせいか、サイトの下書き中の感想も、修正等するのに、やはりいったん紙に印刷したものを見てチェックする方がやりやすいので(画面では目がつかれやすいですし^^;)・・、作業の進みも遅くなってしまっていました。
ようやく修理も完了し、機器関係については通常生活に戻れそうです。

さて、久しぶりにお気に入りの書店に行きましたら、今日発見しました「表紙でふりかえる キネマ旬報 創刊95周年記念」は、これまでのキネマ旬報の表紙が掲載されていて、映画好きにはたまらない魅力が感じられるムック、と思われました。

いろいろな作品が表紙を飾る中、「アニメでふりかえる!」のページには、「さらば宇宙戦艦ヤマト」の表紙が大きめに掲載されており、他に「ヤマトよ永遠に」が単独で表紙を飾った号もありました。いずれも、ブログ内検索してみましたら(記憶が不確かでしたので)、2011年5月に神保町古書店で入手済みですが、今は時々あるかどうか、というものですので、こうした表紙コレクションムックは、うれしい^^・・実際、「クラッシャージョウ」「幻魔大戦」「宇宙戦艦ヤマト完結編」が表紙になった号は、当時発掘できませんでしたので、今回のムックで初めて知りました。
また、そこに掲載されている解説文章「『アニメーション映画』認知の変遷」は、氷川竜介氏によるもので、これまでのアニメーションを表紙の視点からとらえられ、興味深く読みました^^

今回の本との出会いは、かなり私の心にぐっとくるものでした^^
こういう、網羅的な振り返り本、好きなのですよね。
最近のもやもや感が、少しいやされました・・
kodai9
いつか、アニメージュ表紙コレクションムック
というのが発売されないかしら。
発売されたら、即買います(笑)。
別窓 | ヤマト関連書籍・雑誌 | コメント:0 |
よろこびもつかのま・・?
すまいから少し離れた映画館。
「2199星巡る方舟」上映予定の場所ですが、「2199追憶の航海」が上映されると知り、楽しみにしていたのですが・・なんと、上映時間帯は夜遅く1日1回のみ、しかも1週間で上映終了。これでは、子供を連れていけません・・私も、平日にもしかしてまたスクリーンで、と思っていましたが、無理。

昨日、舞台挨拶付上映のありました丸の内ピカデリーでの上映予定を見て、やや早めの時間帯ながらもやはり夜ですので無理、と思っていました上の、今日の展開。期待してしまいましたから、きもちの落差も激しいです(涙)。
あとひとつ、比較的行きやすい映画館がありますが、果たしてその予定はいかに(明日発表らしい)。

今日は、その住まいから少し離れた映画館にお買い物ついでによってみましたら、「2199星巡る方舟」チラシがおかれていまして、とてもうれしかったです^^ ですので、「2199追憶の航海」の上映時間帯に期待していたのですが・・・。
「星巡る方舟」は、1日に何回か上映してほしいものです。そうでないと、年末年始の忙しい時期ですから、行くのが難しくなってしまいますね・・「全国ロードショー」ですから、大丈夫とは思いますが。
2199kou13
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:2 |
クリアファイルホルダー
「2199追憶の航海」の新商品として発売されましたクリアファイルホルダー・・ふだん、グッズはそうすぐに開封せずにしばらく保管している状態なのですが(^^;)、この商品は待ちに待った、うれしいもの。ヤマトグッズの整理をしながら、開封して、さっそくこれまで購入してきたヤマト関連(主に2199関連クリアファイルを収めてみました^^

クリアファイルを入れてあります透明なビニール袋ごと、収納できますので、商品名や価格表示もそのまま保管でき、私的には満足^^ 入れながら、これまでの2199と購入当時の私自身の想いもよみがえり、楽しみながら作業できました。
娘も関心を示しまして、一緒に閲覧^^(子供たちは最新商品のぷちキャラデザインに、思わず笑みが・・こころひかれるようです^^)

まだまだ、これからも「星巡る方舟」公開が控えていますから、クリアファイルも増えそうですね(笑)。
念のため余分に購入しておいているのですが、ヤマトクルーさまでは早々に品切れ。先日の新宿ピカデリーにはまだ売られていました。今後も継続的に販売してほしいな、と思っています^^
2199kou1
「星巡る方舟」グッズも期待^^
別窓 | ヤマト関連グッズ | コメント:0 |
「劇場版宇宙戦艦ヤマト」TV放送
さきほど、ファミリー劇場TVシリーズ一挙放送などの情報をUPしたところですが、その後、TVガイド誌「おとなのTV デジタルナビ」をながめていましたら、ファミリー劇場放送については当日番組ピックアップ欄に、夕日に眠るヤマトの画像とともに紹介されていました^^

また、さらに・・なんと「劇場版宇宙戦艦ヤマト」スターチャンネル1において、無料放送時間帯の11/30(日)0:30~放送予定にあることも、同様の番組ピックアップ欄に、沖田艦長の画像と共に紹介されていまして、感激^^
かつての劇場作品が、ファミリー劇場以外のチャンネルでTV放送されるのは、ひさしぶりのことではないかしら・・。
しかも、本来、有料チャンネルですから、私は見ることができないのですが、無料放送してくれるなんて。
長い時の流れの中で、こういうめぐりあわせは、とてもうれしく、感慨深いものです・・。
oki2.jpgkodai1
別窓 | ヤマト関連TV番組 | コメント:0 |
ヤマト、2199ヤマトTVシリーズ一挙放送
すでにご存じの方も多いと思いますが、ヤマトTVシリーズ放送開始40周年&12/6「2199星巡る方舟」公開記念特集として、11/24~27、12/1~5ファミリー劇場にて「宇宙戦艦ヤマトTVシリーズ HDリマスター版」「宇宙戦艦ヤマト2199 TVシリーズ」全話一挙放送が予定されています^^
そのまま新作映画を見に映画館へ、といった放送日程ですね。
DVD&BDをもっていますが、やはり今の時期のTV放送となりますと、どのようなCMが流れるか、などもあわせて楽しみです。

そのほか、アニメではありませんが、11/9にはチャンネルNECOにて「SPACE BATTLESHIP ヤマト」も、放送予定です。

書籍・雑誌、TV放送、ネットラジオ、総集編映画、各種イベント・キャンペーン・・と、いろいろなメディア形態で楽しめる状況にあることはうれしいことですね(私はもっていないスマホ関係や一部イベント等にはかかわることができない、限定的な立場にありますが^^;)。
yuki10
別窓 | ヤマト関連TV番組 | コメント:0 |
作業再開
いろいろ私事ありまして、いったんお休みしていましたが、やはりヤマトが好き。
昨日今日の2199関連情報を目にしたり、グッズなどをながめていますと、ふつふつとわき起こる想いをおさえられなくなってきます。
目の不調はありますが、無理のない範囲で、少しずつまた、サイト感想後半の入力作業を再開しました。

初見のメモはすべて分類済み、おおよその下書き(ペン書き)もすんでいたところでの、ひとやすみでした。
ですので、あとは少しずつでも入力しまして、UPできたらいいな、と思いました・・少しずつでも、あれこれヤマトの世界を思い起こすこともできまして、それがまた楽しいのですよね。
私の精神的なよりどころのひとつとして、有意義なことのようですから・・ついつい、熱中して長時間にならないよう、気をつけつつ(笑)。

11月もイベント上映が各地で行われることがわかったことも、刺激と力をもらえた要因のようです。まだまだ「2199追憶の航海」に関するUPをするのも遅すぎないかしら、と思われて。
あせらずまいります^^
kodai18
別窓 | 「古代進」サイトについて | コメント:0 |
2199新たな動き・・?
これまで2199公式サイトヤマトクルーさまなどからのオフィシャル情報についてUPすることが多かったのですが(もちろん、これまでも公式以外のところで何かしらの動きはあったのかもしれませんが、すべてを把握できてはいない状況・・)、今朝、ツィッターで見かけました情報ですが、アマゾンさまで発売予定の「2199星巡る方舟」前売券情報には、かなり興味が・・。
今朝はまだランキングが表示されていませんでしたが、つい先ほど見ましたら、アマゾンDVDベストセラーランキングにて、

【Amazon.co.jp限定】劇場版「宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟」 アートキャンバス(タイプA)付 前売券 118位
【Amazon.co.jp限定】劇場版「宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟」 アートキャンバス(タイプB)付 前売券  98位

となっていました^^
アートキャンバスの実際の質感を見ることができないので、何ともいえませんが、ビジュアル的にはすてきですね。
目の不調で消沈していましたが、12月までには何とかベストな状態にしていきたいので、その励みとなるように・・願いを込めて、決断しようかしら^^

今朝、「2199追憶の航海」上映劇場の追加情報が入ったところで、この前売券の登場・・となり、新たな動きが出てきたようです。まだまだなにかあるのかしら・・
少し前から書籍・雑誌の発売情報も多々ありましたし(その後見つけましたものとしては、『ヤマトメカニクス2199: 宇宙戦艦ヤマト2199モデリングアーカイヴス』11/7発売予定)、楽しみなことですね。
2199kou8
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
「2199追憶の航海」上映劇場追加
2199公式サイトに掲載されていますが、11月にもずいぶん多くの劇場で上映されることがわかり、うれしくなりました^^
子供たちを連れていけるかも、と。
yuki9
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
今日は、人生の節目の日。
突然、それはやってきた。
半ば覚悟を決めて、のぞんでいた・・
必然の成り行き。

直後は、悟られぬよう、これまで以上に口角をあげて。
徐々に、未知の世界への不安やおそれの想いがわきおこり。
二度と戻れぬ日々をいとおしむ・・
同時に、目にうつるすべてをいとおしむ・・

本当に・・昨日は、この節目を知らぬうちの見納めであったのに、
最後の見納めになってしまった・・
もう、これ以上は望めない。
それでも、できるだけのことはして、私にとっての、できるだけの
クリアな映像を12月には楽しみたい・・
そう・・今はまだ、見ることができるのだから。
聴くことができるのだから。

-----

とても抽象的な表現になり、恐れ入ります。
今日は、特別な日でした。
急展開の流れの中で、人生における大きな節目の決断をすることとなりました。
決断とともに、かつての、学生時代の私、亡き父母、今の私の思い出も、勢いあふれ出てきます。
半ば、向こう側に足を踏み入れたような感覚を覚えた3年前。
今、さらに、その足を深く踏み込んだような気分です・・DNAやデジャヴ感にも似た、大きな時の流れのうねりと受け継がれゆく確かな手ごたえを感じつつ、「私もまた、今、こうしてここにいる」ということを実感します。
・・ああ、私はやはり亡き父母の子供なのだ・・と。

今日の決断を子供たちに話しました。
私もかつての遠い記憶の中に、亡き母から聞いた言葉の断片が浮上してくるような感覚に陥りました。
・・ああ、子供たちは、いつか、私の今のことばを、実感をともなって思い出してくれる時が来るのかも・・と。

「ママの**の卒業だね」
そんな言葉が子供の口から聞こえると、私の想いは、少しは伝わっているのだ、とうれしくなる。

生き方を変えろ、ということなのかもしれない。
ふと思う・・
どうしても処分しきれなかったものも、明日には、少しずつ、整理できそうな気がしてきた。
今までしがみついてきた**を手放すことにした、それのない生活を送る決断をした・・ゆえに、新たな生き方の軸を定めるべく、つくりあげていく。
それはある意味、私自身の解放であり、自立なのだ。

今日は私のひとりごと・・記録に記しておきたくて。
earth
別窓 | 『邂逅』 | コメント:0 |
今日の映画館
急きょ予定し、新宿ピカデリーへ。
目指すは1/100ヤマト展示と、2199豪華本(宇宙戦艦ヤマト2199 COMPLETE WORKS-全記録集-)チラシ
そして、大スクリーンでの「2199追憶の航海」の見納めに行ってまいりました^^

メインエントランスを入りますと、すぐ目の前に展示されているヤマト
大きいので、やはり迫力ありますね・・実際にこの目で見ることができて、よかったです。
艦橋には緑の明かりもついていました。
2199kou11 2199kou12
朝一番の上映まであまり時間がなかったので、急ぎ写真を(若干ピンボケかも^^;)。

そのあと急いでチケット発券に向かう途中で振り返りますと、展示のヤマトの裏側には大きな二つのポスターが。
2199kou13

チケット発券後、チラシ置場の中に、2199豪華本チラシがありまして、やや少なめでしたが、手にすることができまして、よかったです。チラシの裏は、豪華本とは関係なく、マックガーデン2199関連書籍の紹介となっています。白黒印刷なのですが、カラーでしたらもっとうれしかったかな。
2199kou14

その後の上映も、今日もあまり考えず、リラックスして楽しめました(あえていえば、今日は、『音楽』と『2199追憶の航海ならでは、の部分』を拾いあげたい、という想いがはらたいていたようです^^)
もう、構成等々は何度も見て、わかっていますから、私なりの見方で(しっかり受け止める部分があったり、また、ここはこういう意味なのね、などと解釈しつつ・・)、最後の大スクリーン上映を楽しめました。TVシリーズの映像を楽しめるのは、もう、今しかないのですからね・・貴重な機会として、大切にしたかったものですから。

見終わると、やはり、また、きもちもUPし、元気をもらえる気がします。
私にとって、その意味は大きい・・そこに、新たな想いも生じました。それが、私にとっての「2199追憶の航海」につながっていきそうだ、と。いずれ、具体的な感想にて、触れたいと思います。
yuki9
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
ひとやすみ
「2199追憶の航海」公開直前から先週末までは、連日バタバタと過ごしておりましたが、今週はたまっていた家事雑務処理をしつつ、少々休息を。目の不調が発見され、若干意気消沈、PCも控えめに・・本当は、今週、サイト感想の後半を、ある程度仕上げに向けて進めたかったのですが、いたしかたなく。

ヤマト関連PC作業をひとやすみしつつも、合間にヤマトグッズの整理をしたり、結城信輝原画集をながめてみたりしていますと、2199TVシリーズのいろいろな部分が思い出され、「追憶の航海」とともに、2199の世界全体もよみがえり、またTVシリーズを見たくなってきます^^
ヤマトグッズも、先日来使ってきたユキマグにかわって、気分転換に、山本マグをとりだしてみて、先日買えました「京の都サブレー」とともに、ひといき^^(サブレーおいしかったです^^抹茶もお気に入り♪)
消沈していた気分もいやされます・・。
マイペースでいくしかない、と。
2199kou9

さて、「2199追憶の航海」は、3週間イベント上映があり、来週は最終週の見納めに、と思っていましたが、劇場上映時間帯などをチェックしますと、新宿日本橋、ともに平日は午後や夜のみなど、難しい状況(子供たちテスト期間中、いろいろ世話もありますし)。しかもスペースも縮小され、残念な思いがしていましたが、明日の朝いちだけ、新宿ピカデリーはスクリーン3というやや大きめのスペースであることを知り、急きょ思い立ち、できれば見納めに、と考えています^^
家族の世話もありますので、間に合うか微妙ですが・・1/100ヤマトも飾られていることですから、実際に見てみたいですし。

それが終わっても・・またすぐ12月に「2199星巡る方舟」公開ですから、とてもうれしい^^
こんなに頻繁に次々ヤマト作品を劇場で見られることが、しあわせです。
年末のいろいろな雑務があるので、どれだけ行けるかわかりませんが・・「行けばヤマトに会える」を励みに、日々頑張っていきたいと思います。
2199kou10
ヤマト絵入りで、家族にも好評でした^^
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
「エンタミクス 2014.12」
本日発売されました「エンタミクス 2014.12」2199関連情報が掲載されています^^


●表紙をめくりますと、見開きページ全面に「2199追憶の航海」BD&DVD広告あり。
 ジャケットデザインが右1ページ全面に迫力の美しさ・・これはこれでうれしいです^^
 「星巡る方舟」公開のお知らせも掲載。

「バンダイビジュアルセレクション 見なきゃソンする本命SFアニメ2014」という見開きページの
 うちの1ページ分全面に、「2199」情報あり。
 「2199星巡る方舟」が2/3ページくらいのスペースで、これまで公表済みの画像いくつか
 とともに、紹介されています^^ 
 また、「2199追憶の航海」上映中、DVD&BD発売情報も掲載。
 いずれの文章も、熱くきちんと書かれていまして、好感^^
yuki10
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
「2199追憶の航海」を追いかけて
一昨日、いつも銀座に行きますと寄っています山野楽器に、「バンダイビジュアルBeat 2014.11」(フリー誌)がありまして、P.5に「宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海」BD&DVDの紹介が、1/2の大きめスペースに掲載されていました。
大きく取り扱われていることは、やはりうれしいものです^^

一昨日の夜から昨夜にかけて、劇場限定版BDの特典のオーディオコメンタリーを聴きました。
舞台挨拶でのお話や、特製ブックレットなどに書かれてあることもありましたが、それ以外のもろもろのエピソードも聴けまして、たのしかったです^^ 映像を見ながらの解説も時折ありますから(それがなければ意味ないですしね^^)、こうした企画、わかりやすくてうれしいです。

ようやく、次は、劇場版限定BD特典絵コンテ集を見ることができそうです。
初日舞台挨拶の時にも書きましたが、一番関心があるのは、どのような視点で、どのような編集を意識されていったか、という点です。いろいろな資料に触れながら、それを追いかけ、というか、深く入り込んで探りたいきもちなのです。この作品を、よりよく理解したいのですね。
2199kou7
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
「2199追憶の航海」舞台挨拶付上映
大スクリーンでの見納めのつもりで、今日もしっかりと、でも、今日はとてもリラックスして見ることができました(朝の回)。

あれこれどうなんだろう・・などと、考えながら見ていたこれまでと違って、やはり、目の前でヤマトの世界が繰り広げられ、音楽に包まれますと、ただただ、その世界に浸ってしまうのですね・・。
今日は、これまでと違って、EDに対する「ある想い」もわきおこりまして、「このようにわりきって考えたら」と思いましたら、妙にすっきりとした思いで見ることができてしまう自分もどこかにいて、不思議な気分になりました(この件については、また後日の感想UPのときに触れたいと思います)。
それと同時に、水樹奈々さんのED曲が自然に私の中に入り込んでいたようで、見終わった後も、ずっとメロディーがリフレインされているのです・・これもまた不思議なことで。
もちろん、これまで感じていた想い(感想に書いた想い)も、私の中に確かに残っているのですが。

そのあとの舞台挨拶では、監督がご不在で残念でしたが、井上喜久子さん、菅生隆之さん、水樹奈々さんが登場。
とても楽しいひとときを過ごすことができました。
今日も席は前の方でしたが中央でしたので、菅生隆之さんが真正面の位置となり、あとのマスコミ写真撮影時には皆さんの笑顔を正面から見ることができまして、とてもさいわいでしたし、私も元気をもらえたような気がしまして、きもちも明るくなれました^^
井上さん、菅生さんは、前回とはまた違ったステキな衣装で、お話も楽しかったです^^
水樹奈々さんは初めてお会いできましたが、とてもかわいらしい方で驚きました。TVなどでは迫力あるステージやパワーのある歌声で歌われる姿を見ていましたので、こんなかわいらしい方からどのように声が・・と、思うほど。いつか、生で歌われているのを見てみたい、と思いました^^
最後の締めで、菅生さんが「艦長の沖田だ、ありがとう、以上(だ)」と、おっしゃってくれまして、とても盛り上がりましたし、私も、またこれからも頑張ろう、と思えて、帰途につく足取りも軽くなりました^^

このようなイベントを開催していただきまして、感謝しております。
2199kou3
↑先週の丸の内ピカデリー2前の写真ですが、
今日も同様。 ヤマトも飾られていました。
最後になりますが、司会の小林さんのお話も
聴きやすくお上手で、もっと聴きたいくらいでした。
みなさま、どうもありがとうございました^^

(追記2014/21:25)
公式ツィッターによりますと、本日のヤマトの砲塔の向きが前回とは変わっていた、とのことのようですが・・かなり早く現地に到着したものの、スタッフの方に開場(入場)時間たずねましたら、スタートの9:40とおっしゃるので、おかしいなぁ・・(ふつうはもう少し早くから入場できるはず)と思いながらも、ずっと居続けるのも・・と思い、ヤマトに近づかずに他で待機してしまいました・・しっかり見ればよかった、と。
念のため、30分前の9:10に行きましたら多くの人がヤマトの周辺や入り口付近にいらして、すでに開場もされていましたので、すぐに中に入ってしまいました(^^;)。不覚・・!
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
「2199追憶の航海」劇場限定版BD(ネタバレなし)
先ほど、「『2199追憶の航海』劇場限定版BD」の本編と、オーディオコメンタリー以外の特典映像を見終えたところです。
内容には触れませんが、簡単な感想をぜひとも書きたくなりました・・

●本編
ヘッドフォンをして再生しますと、「音の響き方がまるで違う・・!クリアな立体的な広がりと、音のきれいさ」と、まずびっくりしてしまいました・・・映画館では、「なんとなく立体的なふくらみを感じる、とか、効果音が少し遠くにあるような感じ」くらいで、そこまではっきりと、音を認識できませんでしたから。
ヤマト艦内のシーンでは、私もヤマトの中にいるような臨場感を感じ、戦闘シーンでの効果音や音楽にも同様の臨場感を感じまして、音を楽しめることが、この「2199追憶の航海」の魅力になるのではないかしら、と。
特製ブックレットを読み、作品に対する理解が深まりました(私だったらこうしてみたい、という構成上の想いは相変わらず残っていますが^^;)。とても強い意志と情熱が感じられ、うれしくなりました。
サイト感想をUPしたばかりですが、また後半の取りまとめの際には、こうした後日感じるようになりましたことにも最後の方では触れておきたいと思っています。
もっと、「2199追憶の航海」の世界を読み解き、ひも解いてみたい・・というきもちになってきました。

CM集
TVで流れていたものが収められ、ありがたいものです。内容について触れたいのですが、またいつか。

たっぷりヤマトークナイト特別編
これまで参加できませんでしたので、興味ありました。
見てみましたら、内容も濃く、とても面白かったです! これまで行われたすべてのヤマトークDVD&BDを発売してほしい、と改めて思いましたね。

地球組織解説、ヤマトメカニック解説、大ガミラス帝星組織解説
これは、実はあまり期待していなかったのですが(よくあるデータ集のような味気ない雰囲気か、と)、とてもよくて、驚きました!このノリで、とある人の視点で2199世界を語ってほしい・・と、切に思いました。

オーディオコメンタリー
これまでのDVD&BDの特典にありましたオーディオコメンタリーに比べて、ずいぶん長いですから、今日はもう無理。
いつか聴けるときを楽しみにしています^^ スタートは、ものすごく楽しそうな雰囲気でしたから。

いよいよ今日、また舞台挨拶付上映を見ることができるので、感謝。
BDからの刺激を受けまして、本編に対する感想もかわってくるかしら・・そんな私自身の中の変化の有無にも、注目したいです。
earth
ED曲「BLUE」、ようやく今日、最初から最後まで、
しっかりと聴くことができました。旋律、歌詞ともに
ステキな曲です・・が(以下、サイト『古代進case study』
『宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海 イベント上映に
寄せる想い』
参照)。
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
「2199豪華本」「小説『星巡る方舟』」予約受付スタート!
ヤマトクルーさまにおいて、「宇宙戦艦ヤマト2199 COMPLETE WORKS -全記録集- vol.1&2 BOX」「小説『宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟』」の予約受付がスタートしました。
発売が楽しみです^^
2199ci89
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
更新
お昼ごろに、またささやかですが、「古代進case study」を更新しました。
いろいろな想いがめぐる、「今」を書きました。
もちろん、これから何度も見ていくことで、感じ方やとらえ方も変わってくると思いますが、まずは初見の感想として(注:未見の方へのご配慮から、取扱いにはくれぐれもご注意くださいますようお願い申し上げます)。

明日の水樹奈々さんも来られる丸の内ピカデリー2舞台挨拶付上映も、楽しみにしております^^
(もちろん、今夜、劇場限定版BDを見まして、ED曲「BLUE」をじっくりと聴いてから、行くつもりです)
kodai19
別窓 | 「古代進」サイトについて | コメント:0 |
今日の映画館
「2199追憶の航海」舞台挨拶付上映は、前から5番目くらいでしたので、作品は見上げるように、かなり変形した状態で見ることになってしまっていましたので(音も偏りがあったかと)、また、イベント上映といえば、やはり新宿ピカデリー。一度は見たいと思っていましたので、今日、行ってまいりました。

ロビーの様子は前回と変わらず、売店は、やはり品切れのものもややありましたが、それにしては、まだまだいろいろおかれていました。
朝いちであるにもかかわらず、けっこう多くの方が映画をご覧になっていました。2週目になりますと、小さなスペース、上映回数も減ってしまい、時間帯が限られると難しい場合も出てきますので、スクリーン1の今日、見ることに^^

以前のイベント上映のときによく座っていた席に、今日も座りました。
舞台挨拶付上映は、今までと違う映画館でしたし、妙に気が高ぶっていましたから、やはり、慣れた場所で、しかもおちついて静かにゆとりある中で、「ふつうの映画作品同様に、いろいろな映画の予告編にはじまり、作品にのぞむ」というのも、とても感慨深いものがありました。
好みの場所からですので、スクリーンもほどよい位置で、リラックスして見ることができました。

近日、初日の感想をUPしようと思っていますが、今日はまた、そういういろいろな想いも生じましたけれども、それとは別に、やはり大スクリーンでヤマトを見ることができるうれしさとしあわせなきもちで、「あれこれ思っていたものはおいておいて・・」と、甘い気持ちになって、ただただ、大きな宇宙空間とヤマトの世界に身をおいて、音楽に包まれ、浸ってしまう私もいました。
見始める直前まで、感想の下書きチェックをしまして、現在の想いを確認し、のぞみましたので、気になる点も再チェックしつつも、いつのまにか、これまでのヤマトと今のヤマトと、私自身のこれまでと今、を思い返しつつ、楽しんでしまうのですね。

いろいろ思うこともありますが、どれも、よりよき方向に向かってほしい、という思いからくるものと思っています。
見終わって、「よし、これからBD映像特典絵コンテ集をじっくり見よう」という気持ちが高まってきました。
下書きを終えるまで、お預けでしたので(笑)、明日にも時間を見つけて楽しみたいと思います^^
2199kou7
↑本日のスクリーン1入口にて
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
「ルパン三世」新TVアニメシリーズ
ヤマトと全く関係ない話題で恐れ入りますが、Yahoo!ニュースにありまして、
とても楽しみ!・・な、私でありました。
saipan2
別窓 | 『邂逅』 | コメント:0 |
2199、ヤマト関連商品・書籍雑誌
昨日の日本橋のお話で書き忘れましたが、売店のグッズには、3Dペーパー・モデル宇宙戦艦ヤマト第一艦橋もありました^^
これは、数日前にネットで発見していまして、在庫僅少だったものの運よく手に入りましたものでしたが・・あわてずとも、売店にはたくさんありました(^^;)。
子供たちに見せたら興味深そうでしたが、私は開封せずに保管してしまうのでしょうね(笑)。

すでにネット上でも話題になっていますが、私も検索等によって得たもの。
備忘記録として。
「宇宙戦艦ヤマト2199 ぴあ」(11/26発売)
「ぴあ」という言葉そのものが、もう、懐かしい響きをともなうもので、そんな、昔のあのころからの歴史のあるぴあムックに、とうとうヤマトが登場するなんて(過去にヤマト関連のムックが出たかどうかは調べていませんが、記憶にないので)。

「宇宙戦艦ヤマト最終研究(仮)」(11/27発売)
どのような内容か全く知りませんが、こうした話題のものは、先入観なしで取捨選択せず、とりあえず目を通すことにしています。そこから新たな発見や刺激を受けることは間違いないはずですから。

「宇宙戦艦ヤマト40th Anniversary ベストトラックイメージアルバム」(12/3発売)
編曲されていてオリジナル音楽ではないようですが、ヤマトオンリーのアルバムで、かつての作品の楽曲もたくさん収録されるようですので、楽しみです^^ 過日、TVで「交響組曲宇宙戦艦ヤマト」がバイオリンで演奏されましたが、その時のような、今までにない感覚でヤマト音楽世界に触れることになるのでしょうね。

「日経エンタテインメント!2014.12」(11/4発売)
次号予告として掲載されていましたので、いろいろある作品中のひとつとしてのヤマト、という内容と思われますが、あえて、「宇宙戦艦ヤマト」という文字がある点に、期待しています^^
(なお、先日書き忘れましたが、今号『日経エンタテインメント!2014.11』では、声優アニメ出演本数ランキング2014に、小野大輔さんあり)
yamato01
別窓 | 全映像作品関連 | コメント:2 |
山あり谷あり
連休の上に、また台風、家族在宅ですと、なかなか一人の時間をもてません・・パンフBDも見ておらず、家庭内のいろいろにもまれ、せっかくの映画鑑賞後の余韻も下降気味。

今日になって、ようやく初日のことを思い返せるようになり、私なりの感想はおおよそ下書きしましたが、まだ微修正中。
その合間に、他の方々のコメントなどをネットで見かけますが、共感できる部分もあり、微妙に異なる点もあり、と、自身の想いもそんなに突拍子もないわけではなかった・・と、感じます。

初日の想いは、第一印象の強い想い。
それから徐々に時間がたつにつれて、いろいろとその裏の事情や意味をこめて考えるようになり、そうして受けとめようとしている私がいるようです。
大切な世界ですから、うまくいい形で、のちの世代にも残っていくとよいのですが。

今日は、途切れた想いを修復するかのように、TOHOシネマズ日本橋の売店に行ってきました。台風の影響で臨時休校になった子供は自宅学習、一人遊び歩くわけにもいかず短時間で切り上げ、グッズチェックのみのつもりで。
ツィッター「京の都サブレー」「イスカンダル到達饅頭」があると見かけたので・・
朝早めに出かけましたが、第一回上映はすでにスタートしたころ、もう最初の観客の方々が買われて品切れかしら・・と思いましたら、ちょうどひとつずつだけ残っていました!
なんて、運がよいのかしら・・と、またわたし好みに解釈しまして(笑)、いっきにきもちが
グッズは、他に、目にすることはできないと思っていました白糸酒造株式会社があり、あとは、すでにあちこちで見かけた今回の新商品の麻宮騎亜氏のクリアファイル、メダル、クリアファイルセット、既存のクリアしおり、パン缶、コスモフリートプラモデルなどがありました。初日の品ぞろえがどの程度でしたかわかりませんが、サブレー饅頭は私で最後、とスタッフの方が言われました・・・が、そのあと、ちょっとしたハプニングがありまして、またその界隈にもどることとなり(人の善意に感謝しつつ)・・ふと、お礼参りの気持ちでまた映画館にまいりますと、今度はサブレー饅頭がたくさん補充されているではありませんか。
スタッフの方の対応に疑問を感じつつも、まあうれしくて、もともと、手に入りがたいサブレーは2箱ほしいと思っていましたので、追加購入しました。界隈に引き戻してくれたのも、そもそものハプニングも冷や汗ものでしたが、日本橋という昔からの亡父と私の縁もある場所なので、やはりまた不思議な力にひかれているような気がしてなりませんでした・・そうでなければ、映画館に再び立ち寄ることもなかったわけですからね。

とにかく、週末は家庭内のもめごとがあって気落ちしていましたが、なんとか、ペースをもどすきっかけと力をもらえたような気がしました。
こういうことだけでも、ヤマトの存在は、私にとって絶大なものなのですね・・そんなヤマトの映画の後に、ひとりで咀嚼し余韻をかみしめたいひとときがほしいのに・・という、もやもや感もある苦しい週末でした(^^;なかなか、家族は、私がこうしたブログサイト運営をしたくなるきもちもわかりにくいようですね・・でも、もめごと、というのは、それとは全く別の内容のことなので、ご心配なく^^)。
ですから、今日の日本橋での一件はうれしいことでした^^

全体的な感想は、微修正後、まずは早めにUPしようと思います。細かいところなど、例をあげての感想は、あらためて追ってUPするようにして、段階的にしようと思います(これまでは鑑賞後いっきにまとめる時間があったのですが、何しろ、今週末は、初日から間が空いてしまいましたし、いろいろ用事も入ってしまってましたので、作業が細切れのため)。

このブログも夕方から少しずつ書き足して、今の時間にこの部分から書き出しているのですが、ああ・・先ほど(1時間ほど前)ヤマトクルーさまのサイトに行きましたら、第2弾コンパクト標識が発売されていたのですね・・すでに品切れ(涙)。
前回もそうでしたが、メールのお知らせが夕方にあり、同時に発売ですからあっという間に「在庫なし」になってしまうのです。夕食時の前後はたいていメールチェックできませんから、いつもお知らせは今ごろ知ることが多く・・たまたま以前はもう少し早めに見ることもできましたが、もう少し早く周知しておいていただいてから、時間差をもうけて発売開始にしてほしいですね。在庫があれば買いたいのに買えない、なんて、おかしいような気がしますね、ほしい人に売れた方が利益も上がると思いますが??
第1弾も、もう二度と発売されないのかしら・・・そんなにPCにはりついた生活はできませんから、またまた気分
グッズといえば・・初日鑑賞から帰宅してから、家族の世話もありましたが、あまりの放心状態で混乱していまして、追加購入したいものがあるかの通販グッズチェックをし忘れ、さらに、『星巡る方舟』第3弾特典付前売券は、鑑賞後、迷いが生じてすぐにクリックできなかった・・ので、そのうち在庫なしになってしまっていましたことも、ここ数日のもやもやと関係しているかも)

こうなると、また感想書く気も失せてしまうので、何とかきもちUPさせたいものですが・・なんだか、うまくいきません。
ああ、山あり谷あり。
2199kou1
グッズの購入計画たてたのも、鑑賞後、
すっきり過ごしたかったからなのに、
不完全燃焼気分に陥っています・・・
毎回感じるのですが、グッズ購入で、
なぜこんなにストレス感じるのでしょう??
ストレスフリーな、いつでも在庫有り
買物をしたいものです。
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
今日の映画館~「2199追憶の航海」初日(ネタバレなし)
本日は、「2199追憶の航海」上映初日、丸の内ピカデリー2で見てきました^^
以下、簡単ですが、レポートです。

7:35 有楽町マリオン1階到着、すでに20人ほど並んでいらっしゃいました。
     9階への移動は7:45予定。

7:45 案内があり、9階へエレベーターで移動。
     劇場限定版BD購入者はピカデリー1の入口から入り、並んで待ちます。
     チケット発券必要な方は、可能でしたので、発券後、列に加わっていらっしゃいました。
     別に、その他のグッズ売り場が設定されていましたが、まずはおおよそ皆さん、
     こちらの列に並ばれていたようです。

8:00 劇場限定版BD発売開始。
     購入後いったん外に出まして、その他のグッズ売り場に並ばれる方もいらっしゃしました。
     私は、昨日のうちに新宿ピカデリーで購入していましたので、並ばずに、1/100ヤマト
     丸の内ピカデリー2の入り口の様子などを撮影^^
2199kou2 2199kou3

その後、開場まで再び待ちます。
その間、私は付近のカフェで待機。ころあいを見計らって、9階に上がってみますと・・

8:45 先ほどより増え、かなりの人でごった返しています^^
     活気がありまして、うれしい。

8:50 開場が9時ごろ、と聞いていましたが、少し早めに入場開始。
     さっそく、中に入りまして、壁に掲げられている「星巡る方舟」ポスターを撮影し、
     新チラシをいただきました^^
2199kou4 2199kou5
今回のビジュアルは、キャラクター中心ですから、さらにあれこれと想像がめぐりますね・・
どのようなお話になるのか、楽しみです^^(・・と思いましたら、裏に、けっこうあらすじが^^;
途中で読むのをやめました・・もう少し、今は『追憶の航海』の世界にひたりたいと思いますので^^)

あとは、席に座り、上映開始を待つだけとなり、ドキドキ。
いろいろな映画予告も、今はもう、右から左へ抜けていきます(笑)。
いよいよスタート。
冒頭11分は見ていますので、すこしは気持ちを落ち着けて見られるのですが・・

ネタバレにならないよう、本編内容については、ここまでで、UP控えます。

本編上映後、「星巡る方舟」新予告篇が流れました。大スクリーンで見ますと、迫力あり、わくわくしました^^(昨夜の記事に、妄想モードで『火星』と書いてしまいましたが、『赤い地球』でしたか・・失礼しました^^;)
上映終了しますと、拍手が起きていました。

その後、念願の舞台挨拶を見ることができました^^
菅生隆之さん、井上喜久子さん、加戸誉夫監督森田繁さん、森下悠里さん・・どの方のお話も、貴重な内容で、楽しいひとときを過ごせました。ありがとうございました!(個人的には、今回の編集の際の切り口のコンセプトやエピソードをもっと突っ込んで聞きたいと思いましたが^^)
お話の後に、ヤマトガールズも登場され、いろいろな宣伝もかねて、一般の私たちに写真を撮るチャンスを下さいました。携帯かスマホで、という限定的なものでしたので、私は携帯で。
貴重な体験をありがとうございました。

舞台挨拶の後に、ゼーリックによる「追憶の航海」BD&DVDCMがありました。会場内、声をあげて笑っていらっしゃる方がいらっしゃいました。

実は今日は、2199イベント上映を、初めて、2回続けて見る贅沢な一日を過ごすことができまして・・上記は、1回目の流れでした。
2回目は、舞台挨拶が先で、そのあとに上映。

----

舞台挨拶につきましては、公式や一般の方のツィッターなどで、すでに情報が流れているかもしれませんが、1回目は、上映後でしたので、具体的なお話にも少し触れられ、ヤマトガールズの写真撮影可という体験ができましたが、2回目は、上映前でしたので、あまり具体的なお話になりませんでしたが、その代わり、といいますか、井上喜久子さんが、スターシャのドレスを着られた森下悠里さんの口パクに「私はスターシャ」と声をあてられる、という想定外のお楽しみも見せてくださって楽しかったです^^ヤマトガールズの写真撮影は、マスコミの方がされていましたが、登壇者の方々も含めた撮影風景も見ることができまして、2回目もまた、貴重なひとときを味わうことができました^^

本編についてですが、実は、とても書きたいことがあります。
まだほかの方のコメントなどは見ないようにしていまして、いつものごとく、まずは私自身の初見の感想を大事にしたいので、少し頭と気持ちの整理をしてから、と思っています。
ネタバレない範囲で表現すれば・・
「2時間11分、楽しませていただきました! 
2199の映像を見たのは久しぶりでしたが、やはり大スクリーンで見ますと、とても迫力あり、魅力的ですし、アクションシーンはかっこいい。見せ場を次々と魅せてくれる、見ごたえ十分の展開。
セリフやシーンを細かく切り、編集されているきめ細かさを感じました^^ そういう点や新規ナレーションが入ったことによって、お話の展開がわかりやすくなったと思いますし、以前は若干唐突に思われたセリフのいくつかが、自然に受けとめられるように、私の中に入ってくる感覚を覚えました。
わかりやすさ、という点では、テロップもしっかり入っている、と思われました(TV放送版では入っていましたが、劇場上映版は全く入っていなかったと思いますので)。
音が後方遠くから聞こえるようなサラウンド効果も感じられるシーンがありまして、立体感がありましたね。
音、といえば、効果音が、これまでの映像では入っていなかったところに入っていたり、音楽も以前と違う音楽になっていた箇所がある、と感じられました(まだ未確認ですので、定かではありませんが、舞台挨拶でもどことは言われませんでしたが触れられていた話題ですので、確かかも^^)。
ただ・・初見で感じた『極めて強い想い』がありまして、これはネタバレになってしまうのでこの場には書けませんが、2回目に見ましたら、それはこういう意図(テーマ性、コンセプト)からこういう展開や編集にされたのかな、と浮かび上がってくるものを感じました。それが合っているのかわかりませんが、初見で見た『!?』という感覚は、徐々にその思いつきによって、解消されていくような気もしましたが、完全には消えていません・・私自身が気持ちを収めようと、自浄作用のように補完しているのかもしれません(^^;いずれにせよ、具体的な感想を、いつかやはり、サイト『古代進case study』にまとめてみたくなりました。いつになるかわかりませんけれど・・)。
あくまで初見、2回目視聴からの想いですので、何度も見ると、また変わってくるかもしれません。
いずれにしましても、あらためて重ねて書きますが、今回のイベント上映は、待ちに待ったうれしいものでしたし、約2時間、作品を楽しませていただき、舞台挨拶の念願もかないまして、とても感謝しております。」

以上、ついつい長文になり、失礼しました。
最後に、昨日UPできませんでしたグッズの数々の写真を・・。
しばらく、パンフレット劇場限定版BDで余韻を楽しみたいと思います^^
2199kou1  
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:2 |
今日の2199関連情報、「星巡る方舟」予告篇
23時をもって、「追憶の航海」前夜祭の様子も流れ始めましたので、ツィッターを見るのはしばらく控えることにしました。
あとは、明日、私自身が確かめたい、と思いますので^^

本日更新の2199関連情報としては、
「1分で分かる『宇宙戦艦ヤマト2199追憶の航海』⑥、⑦」(2199公式サイト)
 ⑥は、入場者特典シークレットファイル劇場限定版BD購入者特典としてのシークレット00の紹介。いずれも、今までは明かされていなかったものでしょうから、「星巡る方舟」にかかわってくるような内容なのかしら。楽しみです^^
 ⑦は、劇場限定版BDについて。こちらも、明日、無事に入手できましたら、楽しみたいと思います。絵コンテ集期待。子供達ともBDを一緒に見たいと思います。

「星巡る方舟」予告篇&本ポスタービジュアル(2199公式サイト)
 今日のお昼ごろにUPされたようですね。
 明日、スクリーンで見るか、迷いましたが、今日のうちに見ることにしました・・「追憶の航海」を見る前に、いろいろと考えをめぐらす余裕や楽しみも、今ならありますしね。 
 以下、予告篇を未見の方は、閲覧ご注意ください。

--------
「真の結末がここに・・」
という意味深なことば。
50秒という比較的長い予告篇に、こころわきたつ想い。

ナレーションは、土方役の石塚運昇さん・・映像見る限り、「さらば」「ヤマト2」の世界が広がる。
ビジュアルでは、ガトランティスと土方さん(ですよね?)、ポスタービジュアルの奥に白色彗星のような白い輝き・・。
音楽では、「白色彗星のテーマ」でありますし・・。

そして、謎の星に在るのでしょうか・・あのヤマト・・と思ったら、どうも過去の遺産であるような雰囲気の印象・・ああそうか、大和
なんとなく、2199TVシリーズの、イスカンダルの艦を古代と平田と岬とアナライザーが目撃したシーンが思い起こされました・・あのような、過去の時代のものとの遭遇がイメージされました。とても興味深い・・。

ポスタービジュアルの憂い顔のユキ、バーガー生きてる!?(結構気に入っていましたので、また見られてうれしいかも^^;)、桐生美影が軸となるのかしら(火星と関係するのかしら、と勝手な妄想^^;まさかサーシャと関係?)、予告篇にスターシャの姿も・・(それで、サーシャが急に浮上してしまいまして^^;)。
ユキの憂い顔には、なにか、ユリーシャとのかかわりが描かれるのかしら、といろいろ妄想が始まってしまいました・・
あと2か月後には公開されているのですから、本当に楽しみです^^

では、明日は早朝出発ですので、おやすみなさい・・
めいっぱい楽しんできます!
kodai18
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
「2199追憶の航海」関連書籍・雑誌
「シネコンウォーカー 2014.10」(新宿ピカデリー版)
今日いただいてきましたフリー誌ですが、p.4に古代とユキの大きなツーショット画像とともに「今月のオススメ作品」として掲載されています^^ ロビーでの広告があっさりしていましたが、ここに紹介されていまして、とてもうれしいです!

「キネマ旬報 2014.10」
以前のイベント上映時と同様に、「UPCOMING新作紹介」にて、上と同じ古代とユキのツーショット画像とともに、作品紹介されています^^

いずれも、ながめているだけで、気分UP^^
明日が楽しみです。
お昼ころ、「星巡る方舟」予告篇&本ポスタービジュアルがUPされましたようで、明日初めてスクリーンで見ることにするか、今見てしまうか、迷ったのですが、先ほど見ました・・後ほど、感想をできればUPしたいと思います^^
-------------
上の文章は、夕方書いていたものですが、その後、2199小説(下)をぎりぎり読み終えまして、2199世界にひたっているところです^^
アニメにはない裏のドラマや、場面や登場人物の配置換えを若干されたエピソードもありましたが、なぜそのようになったのか、どのようにお話がつながっているのか、などのこれまであちこちで話題(疑問)になったような部分に解説的な要素をもりこまれることによって、納得いく部分も多く、また違った視点で、いろいろと楽しめました。
また、あえて、あるシーンをカットすることによって、読み物としてよりインパクトを与えてくれる効果的な展開が見られる構成も、あちこち見られ、それらも、さほどストレスに感じずに、そんな展開のあり方もあるのね、などと、楽しみながら読むことができました^^

個人的には、古代とユキのエピソードに注目。二人のかかわりのステップを踏んでいくような描写を折々にとりこんでくれていまして、うれしいです。全体的に、単なるアニメのストーリーを追いかけていくだけでなく、そのほかの人々のそれぞれの想いにも触れられ、人物像の深みも感じられますから、それぞれのドラマもより楽しめて、よかったです^^

明日の「2199追憶の航海」は、今までのTVシリーズのアニメ作品と、これらのよい点も踏まえて再構成されていたらいいな・・と、感じました。ますます楽しみです^^

もう少し、具体的な感想を書きたかったのですが、時間不足のため、また改めて、まとめてみたいですね・・「追憶の航海」を見ましたら、また新たな考えも生まれてくるかもしれませんが、2199の世界全体をいろいろな切り口でながめてみたくなりそうです。
yuki9
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
今日の映画館
今日の映画館は、新宿ピカデリーです。
久しぶりに訪れるので、行くまで、ドキドキしました^^ イベント上映時の思い出もよみがえってきまして・・2199といえば、新宿ピカデリー、というリンクが私の中でできあがってしまっているかのようです。2199がイベント上映される以前には、中に入ったことすらなかったので。

今日も、変わらず、エントランスからエスカレーターでのぼりますと、真っ白なロビーにたどりつきます。
また来れた・・(=またヤマト上映の時期が来た・・)という、ほっとするような安堵感と広々とした開放感にひたります。
ただ、これまでの上映時には、ロビーに大きな広告がありましたけれども、今回はなく、壁に「追憶の航海」ポスターが掲示されているだけでしたので、少しさみしいような・・。

8:40オープン予定でしたが、少し前の8:30から入れていただけましたが、思ったほど、ヤマトグッズに突撃!の方はいらっしゃらず、長蛇の列ができていたらどうしましょう・・と気がかりでしたが、そんなこともなく、すんなりと。
私のほかに男性数名いらして、私が一番長くあれこれグッズをながめておりました(^^;)。
希望していたものは購入できまして、ひと安心。

グッズは、今回の新商品のほか、大阪市音グッズTシャツ、クリアファイルなど)、これまでのマグカップ、クリアファイル(第1章~第7章)設定資料集(地球編/ガミラス編)、小説(上下)、結城信輝原画集(上下)、加藤直之ARTWORKS、コミック「緋眼のエース」、ポスターブック、赤帽子、手袋、クリアしおり、レーザーブランドコースター、千社札ストラップ、3Dポスター山本/古代とユキとヤマト?だったかしら)、パン缶などそのほかにも。
これまでのもののうち、レーザーブランドコースターには、古代とユキそれぞれ今までとは違うバージョンの表情のデザインのものがおかれていました。今回の新商品になるのかしら・・関西方面のイベントも多数開催されているので、そちらでは既出の商品なのかもしれません(すべてを把握しきれていませんので^^;)。古代とユキのファンですから、これは押さえておきました(笑)・・ただ、陳列BOXの中で、しきりがないため、どこにどのキャラクターのものが置かれているのか、探すのが大変でした(^^;)。私が行きましたときは、すいていましたから、すべてチェックできましたけれども・・。
そのほか、コスモフリートシリーズプラモデルがいくつかおかれていましたし、展示もありました^^展示については昨日ツィッターで情報が流れていまして知っていたのですが、どこにあるか最初わからず・・これまで展示は、よくチケット売り場のそばやお店の外にありましたが、店内でした。すいていましたこともあり、写真を撮るのは恥ずかしく・・見るだけにとどめました。ワープカラーバージョンヤマトが、新鮮な感じでした♪

あとは、明日の舞台挨拶劇場限定版BD購入・・そして何より、本編上映が、とても楽しみです^^
kodai19
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
今日の2199関連情報
いよいよ今日は、「2199追憶の航海」前夜祭
明日は、上映初日を迎えます。実感がわかないような、ドキドキするような複雑な気持ち・・
昨日(もう日付が変わってしまいましたので、『今日の・・』のタイトルですが正確に表示)の2199関連情報としては、

●グッズ画像が、グルービーでは先日来、ヤマトクルーサイトでは昨日より、UPされました。

2199公式サイトにて一昨夜UPされたと思われます「1分で分かる『宇宙戦艦ヤマト2199追憶の航海』」を、先ほどようやく見ました。
ナレーションについて、の話題でしたが、小野大輔さんのナレーションを映像とともに少し聴くことができまして、とてもよかったです! 「俺は・・」のことばに、少々ドキドキ^^ ああ・・そういうふうに話すのね、と(笑)。
「古代進case study」「セリフ集」をまとめる際、どのような言葉遣いがよいのかしら、と考えていましたが、「僕」と(別館『書庫』オリストでは『俺』にかわってきましたが^^;)。パート1の古代君は、「僕」的雰囲気でしたからね・・
今回、2199の古代君の方が、もう少し優等生タイプの印象ですが、「俺」というのは、今の時代の雰囲気に合わせて、なのかしら。

確認のためにも、急に聴きたくなり、今、数年前に手に入れたオールナイトニッポンラジオドラマ「宇宙戦艦ヤマト」(一部分)を聴いています^^とても懐かしい・・子供のころに一度聞いたきりで忘れていたものが、数年前に聴いていっきによみがえり、胸が震えました。今もまた聴いても同じような感覚に陥ります(以前にも書きましたが、この完璧版がCD化されたらうれしいのですが・・)。
話がそれましたが、ここでは、古代君は「僕」と言ってはじまりましたが、途中から「俺」になっています・・また時間のある時に、ゆっくり確認してみたくなりました^^

2199「追憶の航海」の古代のナレーション、とても楽しみです^^
これにより、作品の印象もかなり変わってくるでしょうから。
今日はいい夢見られそうです・・おやすみなさい^^
kodai1
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
「シャーロック」「蜩の記」
明日はもう「2199追憶の航海」前夜祭になり、あさっては劇場上映初日。
初日を迎えましたら、しばらくはヤマトのことで頭がいっぱいになりそうなので、その前に今日遭遇しました気になる作品について・・

「シャーロック」
少し前から話題になっていました海外ドラマですが、なかなか見るチャンスがなく、先日AXNにてエミー賞受賞記念による集中放送がありまして録画しておきました第1話を見たのですが・・・映像がとても凝っていまして、今までのドラマにない独自の世界に、完璧に酔ってしまいました・・主役のシャーロックの個性的な雰囲気は、実によく極められていて(笑)、ぐいぐいとこの世界に引き込まれていってしまいました。これまで、雑誌などで写真ではみかけていましたが、これは、映像を見なければいけませんね、テンポ良いセリフと映像の展開、斬新な表現(手がかりと推理を展開していくさまの映像化)が、とても魅力的でした^^
またひとつ、お気に入りのドラマが見つかり、楽しみが広がりそうです・・もちろん、これからヤマト2199を見てUPしたきもちがおちついてきてから、ということになるでしょうけれど(笑)。

「蜩の記」
劇場で予告編を見たときから、ブログでもとりあげていましたが、特別に個人的にひきこまれるキーワードがありましたので、必ず見たいと思っていました。あさって初日を迎える「ヤマト2199追憶の航海」の前にみておかねば、機を逸しそうでしたので。
観客は高齢者が多かったですね・・しかもご夫婦での方が多い。私世代の方々もいらっしゃいましたが。
時代劇は日ごろあまり見ないのですが、見ましても、大河ドラマなどのTVドラマで目にする程度、映画では過日の「天地明察」くらいでしたでしょうか。その映画同様、今回も、戦いのシーンはほとんどなく、ごく日常の風景がひろがっていきます。
日本の自然の美しさや、水や風の音、木々や稲の触れ合う音などが織り交ぜられ、静かに心やすらぐ私がいました。そんな描写からして、私が日ごろ目にしている他作品とは全く異なる、正統な日本の古き良き映画作品の世界を継いでいるような雰囲気を漂わせているのがわかり、これまで見たことのない世界にいざなわれるようでした。
昔の時代の人々のお話ですが、昔であるからこそ、なのか、今の私たちの日本の精神に受け継がれているものの源を見ているような気分に陥りまして、戸田秋谷の生きざま(覚悟と潔さと武士の精神なども)に、心洗われるような思いがしました。
お話の展開の中には胸に迫るシーンもいくつかありますが、なによりも、全編通して、穏やかで静かなたたずまいの人々の中に、こころの奥底に秘めた張り詰めるような想いや覚悟、気づかいなどの崇高な精神が感じとられ、私も「修行させていただきました」((注)作品中のセリフ引用させていただきました)という心境に至っていました。
役所広司さんの演技は、静かで穏やかな姿からにじみ出る人柄や強い意志までも感じさせてくれるすばらしい演技でしたし、原田美枝子さんの演技もよかった・・岡田准一さんも官兵衛とはまた違った人物を丁寧に演じられていたと思います。
衣装や美術、音楽もよかったです。さりげない感じでありつつも、品よく落ち着いた印象を与えてくれて、人々の心情が、よりこころにしみわたっていったように思われます。

こころの目が開かれるような感覚・・とでもいうのでしょうか。私がこれから生きていく上で、身になる作品でした。よいめぐりあわせに感謝します。
siraito2
↑5年前に亡母を伴い訪れた白糸の滝。
 今の心象風景によく合います^^
冒頭の激しい雨の音と組み合された
アクションシーンが印象的でした。
私にとって、受け継がれゆく大切なもの、が
感じられる作品でした。
別窓 | 『邂逅』 | コメント:0 |
今日の2199関連情報
今日もずいぶんたくさんの2199新情報がUPされました。
すべてを網羅することはできませんが、私の気になるものを備忘記録として。

公式ツィッター
BD商品サンプルの画像がUPされまして、特典の絵コンテの分厚さに驚き^^ これは持ち帰るための手提げ袋もしっかり用意しないと(笑)・・毎回のことながら、チラシや他のグッズ類も持ち歩くことになりそうですから、もっていっていますけれど。
「追憶の航海」本編映像の後に、「星巡る方舟」新予告映像が上映される、とのこと。楽しみです^^
2199公式サイトにて、劇場グッズ、プログラム情報などUP、また、ゼーリックによる「追憶の航海」DVD&BDCMもUP、とのこと。さっそく、飛びました↓

2199公式サイト
公式ツィッター情報以外にも、いろいろと更新されていました。
ヤマトクルーサイトでもUPされていましたが、ヤマトークは、「追憶の航海」上映期間中、毎週おこなわれる、という「週刊化」とのこと。私は平日夜遅くになってしまいますので、やはり参加は難しいですが、登壇者の方々には興味深いお話が聞けそうで、参加できる方はうらやましいです・・楽しんできてください^^
劇場グッズがようやくUPされました!
 気になっていましたので、いろいろわかりまして、うれしいです。トレカクリアファイル、ポストカードは、ほぼ買っておりますので、今回も^^ 
 注目しているのは、プチキャラデザインのマクロファイバークリアファイル。きっと娘は「かわいい^^」と言ってくれるはず(笑)。
 また、クリアファイルフォルダがほしいと常々思っていましたので、今回の発売は、とてもうれしいです^^ 持ち帰るのが大変かしら(笑)。
 そして、麻宮騎亜氏のポストカードクリアファイルはまたとてもうれしい・・ですが、多数あるので、お財布との相談になりますか、どうか。
 最終的な購入計画は、これから検討したいと思います。それも楽しみのひとつですね^^

ヤマトクルーサイト
メールで新情報UPのお知らせがありましたが、一部2199公式サイトと重複していますので、それ以外の情報を。
「星巡る方舟」第3弾特典付前売券のとりあつかいをしてくださる、ということで、特典2種を確実に手に入れたい場合は、うれしいですね。12月には子供たちもできれば連れていきたいので、少し多めに前売り券を買っておいても、こなせそうかしら・・ということで、おそらく購入するかと思います。

グッズについては、いずれも10/11から手配できるようですが、上映初日は外出しており、帰宅は夕方遅くなりますし・・うまく現地で手に入れられなければ通販で、となりますが、いきなり「在庫なし」になっていませんように。余裕をもたせていただけるとうれしいですね。

以上、UPが遅くなりましたが、今日の2199関連情報でした。
2199ci89
(注)コメントのご返事は、明日にいたしますね。
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
今日の映画館、銀座ハイレゾ♪
今日は、都内への用事もかねて、丸の内ピカデリーのチケット発券も事前にすませてきました。
2199イベント上映としては初めて訪れる場所なので、当日まごついては・・と思い、できることは今のうちに、と。
特別上映のみのためか、まだ特に何も掲示などはされていませんでした。
自動発券機が劇場スペースの外にありますから(9階)、中の様子もわかりませんでした。

そのほか、先日逃してしまいました、銀座ソニービル4階ハイレゾ体験コーナーでは、まだヤマトの音楽に設定してくれていまして、オーディオ機器のスピーカーからもオープンに流れていました! ただし大きな画面のヤマトの画像はなくなり、ウォークマン3つの画面が、「交響組曲宇宙戦艦ヤマト」のジャケットデザイン表示され、「誕生」をすぐに聴ける状態になっていました^^
今回は、体験できたらと思っていましたので、到着するや早速ヘッドフォンを耳にあて、最初から最後まで4分ほど、聴きました♪ やはり、音がクリアで奥行きが感じられ、すばらしかった・・しばし、優雅なひとときを味わった気分です^^
先日ほど大々的な雰囲気ではありませんでしたが、まだ継続していてくださって、うれしかったです。ありがとうございました。

あとはいつもの行きつけのお店に寄り、今日は早々に帰宅。
週末に向けて、体力温存しておかなくては・・と。
ではとりいそぎ・・また夜に、本日のヤマト関連情報をまとめようかと思います^^
今夜は皆既月食。すてきな天体ショーがみられそうですね。
sta025
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | NEXT