心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
「NHKのど自慢」
さきほど、水樹奈々さんが「BLUE」を歌われました。
水色のドレスで、歌のイメージに合っていてかわいらしく、でも歌声はとてものびのびとした貫録を見せて、すてきでした^^
来週に向けて、「2199追憶の航海」を見直してみようかしら。
また感じ方が変わるかも^^
2199kou13
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
「2199舞台挨拶付上映」一般販売
「新宿ピカデリー」・・やっと10:02につながったと思いましたら、もう予定枚数終了となっていました。
念のため「丸の内ピカデリー」もチェックしましたが、早々に予定枚数終了。
すごい勢いですね。
今回は、運よくプレミアム上映会に当選しましたが、あとは無事に見られることを願っております・・
2199hako5
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:2 |
今日の映画館+グッズ公開^^
久しぶりに都内に行きましたので、新宿ピカデリーの様子を見に行ってきました^^
メインエントランスには、すでにツィッターで情報公開されていましたが、クリスマスツリーヤマトが。
2199hako2 2199hako3
ユキが愛らしくていいですね^^
他にも写真を撮られていた方がいらっしゃいましたが、通りすがりの方もちらほらいらして、少々恥ずかしかったのですが、上映会当日や公開後は混雑しそうですから、今日のうちに^^
2199hako4
こちらは裏側(エスカレーター側からの眺め)。
一番上には黄色の星にヤマトが^^

チケット売り場のあるロビーでは、ようやく・・!
2199hako5
懐かしの巨大広告^^
「2199追憶の航海」では見られなかったので、とてもうれしい気分に♪

念のため、売店もチェックしてみましたが、ほんとうに・・なにもなかったです(笑)。
ちょうど陳列替えのタイミングでしたのか、棚にはほとんど何もなくなっていた状態でした。
次に行くときにはどのようになっているのか、楽しみです^^
(そういえば、お昼頃でしょうか、2199公式サイト劇場販売グッズがUPされていました^^
・・文具類はもともと私にはうれしいものですが、今回のストラップはかわいいですね。いきなり在庫切れにならないよう、たくさん用意しておいてほしいです^^それから・・メガネケース&クリーナーとは・・! なんだか、あまりにタイムリーな新商品で、私の気持ちも複雑(笑)ですが、色がすてき、ほしいです^^)

いよいよ来週、楽しみです^^
(きもちの浮沈あるこのごろですが、ヤマトのおかげでのりきれているようです^^
ほんとうに感謝^^
2199kou19
↑そう・・ひといき入れるのも大切^^
(いったい何枚買っているか、と:笑)
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
「よみがえるケイブンシャの大百科」
そろそろ、ツィッターチェック控えようと思います。
欲しい情報もありますが、今はまだ見たくない情報も出てきてしまいそうですから・・。
状況を見つつ、チェックしていくかもしれませんが。

10月頃発売されました「よみがえるケイブンシャの大百科」は、資料的価値の高い書籍と思われます。
「通番以後の大百科」「昭和の時代に刊行されたものを中心に」1~350番までを紹介されています。
ケイブンシャ大百科は、子供時代には縁のないものでしたが、近年、古書店で、ヤマト関連のものを発掘してから、ヤマトのものを集めてきました^^ そんな私でも、今回の書籍の大百科紹介ページはすべてカラーで表紙画像もあるので、ながめているだけでも、時代を感じさせてくれる面白さを、感じました^^

この書籍には、「宇宙戦艦ヤマト大百科」「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち 大百科」が見開き2ページでまとめておおきくとりあげられ、他箇所の記述においても、ヤマトの存在の大きさを感じさせてくれる部分が見られます。
そのほかには、「新立ち」「永遠に」「完結編Part1」「完結編Part.2」がやや小さめのスペースにて紹介。そして、「幻の35番と欠番扱いされてきた」という、とあるものにも、言及されていました。
ヤマトはこんなところでも、大きな影響を与える存在だったのね・・と、しみじみ。

いろいろ想いめぐるひとときを味わえた書籍でした。
kodai1
別窓 | ヤマト関連書籍・雑誌 | コメント:0 |
MVシリーズBD「新たなる旅立ち」「さらば宇宙戦艦ヤマト」
積読や未消化のメディアが残っていますので、今のうちに、と、急ぎ消化しています(^^;)。
昨夜は、MVシリーズ「新たなる旅立ち」「さらば宇宙戦艦ヤマト」をいっき見(聴き)^^

「新たなる旅立ち」は、画質はやはり当時のものですから、それほど期待していませんでしたが、音はとてもいい^^
久しぶりに、かつての作品の音楽を聴いて、地に足の着いた、深みのある音の世界に触れて、とても心安らぎました。
「インターステラー」を見た直後でしたから、滅び行く星の運命やともに在ろうとする人の想いが、妙にリンクしてリアルに感じられました・・当時すでに、そんな壮大なスケールの物語を展開していたのですから・・やっぱりヤマトはすごい、と思いました^^(イスカンダルそのものが動いてしまう・・というのは、ものすごい発想だな、とも:笑)。
デスラーのセリフが多々入っていまして、伊武雅刀さんのお声に久しぶりにじっくり浸りました・・「軍師官兵衛」での千利休の伊武さんをずっと見ていましたから、とても懐かしい気分に^^
デスラーの切ない想いも、妙に今の私にフィットして、染み入り、「デスラー襲撃」を聴いていますと2199第25話が思い起こされましたが、こちらの音はあまりジャンプせずに落ち着いた弦の響き・・胸に染み入るよう。やっぱりヤマト音楽は素晴らしいな、と改めて感じました^^

音楽から少しそれて映像の話になりますが、久しぶりに見た戦闘シーンやメカデザインには、今の時代に見ても、色あせない魅力を感じます^^かっこいい、と。
「別離」では、パート1のスターシャの映像あり、「コスモタイガー」では、「永遠に」の中間補給基地の映像があったような。


「さらば宇宙戦艦ヤマト」では、気を引き締めて視聴します・・なにしろ、特別な作品ですので。
まずいきなり、パイプオルガンの音に魅了されます・・やはりよいわ、と^^ 「2199星巡る方舟」公開直前ですので、何ともいえない想いがします・・あれから(1978)、26年たつのね、と。
ただ映像と音楽だけなのですが、勝手にセリフやナレーションが脳内再生されていきます(笑)・・たまりませんね・・想いがわきでてくるかのようです。もともと、他作品に比べて、「さらば」の映像には特別な印象がありまして、なぜか、美麗に見えるのです・・・キャラと背景が一体となって溶け込んでいるかのようななめらかなしっとりとしたものが感じられてくるのです(私のまったくの個人的な感覚ですが)。ヤマトの他作品とは違った独特なムードがあって・・こうして音楽とともにみていると、何とも言えなくなる。

デスラーや古代のセリフが聴こえる・・音楽を楽しむつもりが、かなりドラマも再現されているので、私も一緒になって脳内再生をフルに^^
なぜか、「未知なる空間を進むヤマト」が流れ、「永遠に」の映像も。
なかなか古代とユキのシーンが登場しない、と思っていましたら、「想人」(のタイトルだったと思いますが)にて、二人のシーンがあれこれ編集されていまして、セリフなしでも胸がしめつけられるような想いがしました。切ない。
しばらくすると、二人のセリフもかなり多く登場してきまして、作品の追体験をしつつ・・「大いなる愛」
ああ・・そこから先は。
「ヤマトより愛をこめて」とのあの映像との組み合わせは、なかなか新鮮な印象でした。当然ながら、セリフ等々脳内再生していますが、途中から、胸がいっぱいになってきまして。多くの犠牲にただただ・・。


ひさしぶりに、かつての作品に触れ、やはり、見られる今のうちに、新旧問わず、ヤマト関連資料DVD&BDをしっかりと見返していきたい、と改めて思いました。
やはり、大切な宝物ですから。
そして、自然と、力をもらえていましたから。
koyuki1.jpg
このシーンがたまらなかった・・
別窓 | ヤマト音楽 | コメント:0 |
2199ぴあ、アートキャンバス付前売券
昨日今日、と住まいの近くの書店に行っても、どこにも店頭に並んでいませんでした・・品薄なのかしら・・と思って、通販手配のものが届くのを待ち望んでいました。
ようやく夜到着^^
ほぼ同時に、アマゾン限定アートキャンバス付前売券も到着^^

あえて、まだ読んでいません・・。
若干の情報流出あるらしく・・と、ネット上の文字はチラ見してしまっていますが(^^;)。
もう少し、公開前のあれこれ思いめぐらす時間をもちたいですから。

あと1週間で、プレミアム上映会なんて信じられない・・いろいろありましたから、あっという間のことでした。
もう少し、今の時期を楽しみたいものです^^
2199kou5
ポスター類は場所をとるので丸めたまま
保管していますが(本当は飾りたい!)、
アートキャンバスは飾ろうかしら^^
そんな気分♪
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:2 |
水樹奈々さん、紅白出場、祝^^
NHK紅白歌合戦出場歌手が発表されました!
水樹奈々さん、6回目の出場決定、おめでとうございます^^
何を歌われるのか、楽しみですね。
そういえば・・今度の日曜の「NHKのどじまん」にゲスト出演、「BLUE」を歌われる予定ですので、要チェック。
yuki10
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
「インターステラー」
ここ数週間、いろいろなことがありましたせいか、こころの奥底の方で、ふつふつとわきおこる想いが生じていました。
まだ漠としたものであるが、今までの私と今とこれからの私・・というテーマのような、サイト開設時からずっと奥底にあるものだ。その「何か」を見出したくて、糸口を探りたい・・と、徐々にイメージしていくが、まだ漠たるもの・・いつか、その「何か」について、書いてみたい衝動にも駆られていた。それが、この数日、やけに「あるもの」に心惹かれ、求めるような不思議な感覚に陥っていた。
イメージされるのが、「砂時計」
少し前になぜかしら心惹かれて買ってあった、きわめて安価な、おもちゃのようである、その砂時計を、数日前に写真に残しておきたくなり撮影していました(私の求めるイメージとしては、もう少しレトロなデザインのものであるが)。

そして、かねてよりチラシで、ヤマトのお話に似ているような・・と思いつつ、チェックしていたのですが、このところの一件で、上映スタートしていたのをすっかり忘れていまして、今日、急きょ映画「インターステラー」を見に行きました。
来週からは、「2199星巡る方舟」で頭がいっぱいになっているでしょうから(笑)、今のうちに、と。
そして、久しぶりの映画館で目の調子も気がかりでしたので、予行練習のつもりで(^^;)。

中盤まで、ヤマトの世界と通じる部分多々あり、あれこれ想いめぐりました・・。公開直後なのであまり詳しく書いてはいけないと思いますので残念ですが・・未来のお話のようであって、でも街やメカ、ファッションなどが、そんなに突飛でないので(むしろとても『今』の感覚に近く)、リアルに感じられて、安心感をもって見られました。
それは、一貫して描かれる親子のきずなに代表される「人」の描写や、宇宙空間における活動やアクションシーンなど、いろいろな場面で感じさせてくれるので、作品全体が(実は終盤驚くような展開には至りますが)、どこかノスタルジックな雰囲気も漂うリアルな感覚が味わえるような気がするのでした・・うまく言葉に表現できませんが(^^;)。

「人」の描写には、情あふれる感動的なシーンばかりでなく、人の弱さ、傲慢さ、欲・・といった負の面も意外性をもたせてうまく織り交ぜられて、サスペンスフルに展開されますので、中盤以降は、この作品のオリジナル性が色濃く出てきまして、私はとても興味深く、面白かったです。
どこか、「2001年宇宙の旅」の雰囲気を感じました。具体的なメカデザインやラストシーンのあたりなどのインテリアにもそれが感じられましたが、作品テーマという深い部分にも哲学的なものを。
具体的なエピソードによりお話が展開されていきますからわかりやすいですが、(吹き替えで見ましたが)ひとつひとつのセリフにも意味深い重みがあるように感じられます。表面的には地球の危機、タイムリミットの存在が描かれますが、そこには、個々人の想いや人生というタイムリミット(寿命)という概念もおりこまれて(作品全体で『時間』概念をクローズアップ)、意味深いシーンがいくつか見られますし、懸命に生きようとする主人公のかっこよさも、印象的でした(冷静的確な決断と行動力^^)。本当の戦いは、「人」の負の部分との戦いでもあるのだ、という意味合いも込められているようで。

お話の構成要素としまして、美しいヒロイン(?というべきか)も花を添えているようで、画面に惹かれますが、何より、作品内にひきこまれますのは、さきの親子のありようがどのように展開していくのか、そして、映像美、によるところでしょうか。
残念ながらメガネのためにややピンボケでしたが、自然や宇宙空間の映像は美しかった・・と思います。壮大なスケール感あり、アクションシーンも迫力がありました^^(とくに終盤の斬新な映像展開はこれまでになく)
音楽も、さりげなく効果的に、でよかったです・・宇宙空間における静寂を無音で映像だけで見せていくのもよかった(この雰囲気も『2001年宇宙の旅』に似ていますね)。

あとは、余談ですが・・
●終盤あたりの展開、全くの個人的な感覚ですが、拙サイト拙文「復活篇続編メモ的シナリオ」のラスト付近の私の想像していたビジュアルイメージに近くて少々びっくりしました(^^;)・・そういう意味でも、この作品とのめぐりあわせといい、冒頭に書きましたようなタイミングといい(こちらは見終わってからふと気づいたのですが)、不思議な感覚に陥っています。
●吹き替えで見ましたが、セリフに「万にひとつの(可能性)」というような言い回しが2回出てきたのには、驚きました(うれしくなりまして^^)。
●メカロボットも、ユーモアのセンスが若干あり、アナライザーを思い出しましたね・・そのほか、他作品で見られるようないくつかのシーンもちらほら。

かなり長時間の作品ですが、あきることなく、ひきこまれて、私はとてもよかったです^^
めぐりあうべくしてめぐりあったような気がしまして、力をもらえました。もう一度、見たい作品となりました。
earth
別窓 | 『邂逅』 | コメント:2 |
2199関連情報メモ
連日ヤマト関連情報がUPされていきますので、またまた頭が混乱状態。
すでにご存じの方も多いと思いますが、私の備忘記録もかねて・・

「宮川彬良新BGM」(2199公式サイト)
TOPよりリンクされていますが、葉加瀬太郎氏アルバム動画を何度か聴くうちにすでに発見して視聴していました^^
とにかく、気持ちがかきたてられますね・・もちろん、昔なじみのメロディであるためもありますが、ややアップテンポの勢いが、さらにその効果を増しています。これを劇場で聴けるのは、楽しみですね^^
まだ「2199星巡る方舟」サントラ情報が出ていませんが(今のところ、記念アルバムCDは、その主題歌だけ収録、ととらえているのですが・・)、いつか発売されるのを楽しみにしています。

「デジタルTVガイド 2015年1月号」(東京ニュース通信社)
いつもは購入しない雑誌ですが、裏表紙一面に「2199星巡る方舟」広告キャラバージョンチラシと同じデザイン)、番組紹介欄には、画像入りである程度のスペースをとられて「2199追憶の航海」(ファミリー劇場12/5放送予定)が掲載されています。日別TV欄のページにおいても、「2199追憶の航海」が画像入りでピックアップ紹介されており、新作情報に重点がおかれたPRが、うれしい^^ 新しいヤマトの世界が開かれるような印象を受けますから^^

「大人のTVデジタルナビ 2015年1月号」(産経新聞出版)
いつも購入している雑誌ですが、こちらは、「2199追憶の航海」放送予定には一切触れておらず、そのかわり、かつての劇場5作品(スターチャンネル3:12/1~5放送予定)が映画の番組紹介欄にて「キャッチアップ!松本零士」としてくくられ、画像入りで紹介されています^^
先の雑誌とともに、「2199星巡る方舟 発進SP」TV特番欄は未定となっていまして、情報が間に合わなかったようですね。
こちらの放送も楽しみにしています。
★TV番組に話がそれますが・・昨日から集中放送中の「2199」「宇宙戦艦ヤマトデジタルリマスター版」(ファミリー劇場)を、ざっとチェックしたのですが、1話ごとの前後に、「2199星巡る方舟」PV映像「2199追憶の航海」放送CMが、必ず流れていて、力が入っていますね^^
「2199」ではひさしぶりに中島美嘉さんの「愛詞」を聴いて懐かしくなってしまいました・・地上波TV初放送時には、いろいろ思うところもありましたが、いまや「懐かしい・・」と感じるのは、それだけ、私の中に、この歌もしみこんでいるのかしら、と思えて、それもまたうれしいです。いろいろな方による、ヤマトへのかかわりが感じられて、うれしいのかもしれません。

2199ぴあ
明日発売予定ですが、手元に届くのが少し遅れそうです・・待ちきれなくなりそう。保存版と2冊購入しようかしら(笑)。
とにかく、印刷物の発売はうれしい^^

その後も続々と書籍類CDが発売されますから、今のうちに積読を解消しておかないと(^^;)。
yuki9
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
「2199星巡る方舟 プレミアム上映会」当選^^
11時ごろメールが届いていたようですが、夕方気づきまして、早々に手続き完了。
くじ運の悪い私が当選するとは思っていませんでした。
事前に家族とも予定確認していましたので、何事もなければ参加できます^^
これまでのイベント上映では一度も前夜祭に参加したことがなかったので、今回、少し早めの時間帯にしてくださったおかげで、私も手をあげることができ、予想外の「当選」にもなり、とてもうれしいです^^
座席指定はできないので、よく見えるか場所かわかりませんが、できる限り体調を整え、のぞみたいと思います。その場の臨場感を味わえるだけでも、ありがたいことですから^^

今日の当選メールをいただいて、12/4まで過ごしていく励みになりました・・ヤマトへの楽しみが、私のメンタルバランスを保ってくれているような、ここ最近の想いがします。
以前にも書きましたが、この日は、亡き父の誕生日。
4年前のこの日、息子と「SPACE BATTLESHIP ヤマト」舞台挨拶付上映に一緒に行きました(ブログ記事参照)。あのころと似たような想いがします・・くじ運の悪い私が当選して、見えないめぐりあわせの力を感じたような^^・・そう勝手に思うだけでも、何となくきもちが救われる。
ひとつひとつに、意味を考えたくなる・・最近それがさらに増しているような。
2199kou8
とにかく楽しみ^^
そしてうれしい・・感謝
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
2199関連いろいろ
ここ数日、急にまたいろいろと情報が流れていますね・・2199公式サイト、ヤマトクルーサイト、ツィッターの流れも速く。

ずっと気になっていました舞台挨拶付上映前夜祭情報はいつ出るのかしら、と思っていましたら、ようやく。

舞台挨拶付上映は、昨日も書きましたが、初日を含む土日、次の土日、に開催予定ですが、どれも抽選販売。いけるか厳しい・・(^^;)。

これまでイベント上映では恒例でした前夜祭がなく、12/4プレミアム上映会の情報が入ってきました。
前夜祭はいつも夜遅くでしたが、今回は19時~21時20分まで、というやや早めの時間帯、というのが、けっこう私にはうれしくて・・とはいえ、平日ですので、これから家族との調整をトライしてみようか、というところ。これまでは調整すら無理、と思っていましたので、それよりは、少しワクワクしています^^・・ただし、これも抽選ですから、やはり私には、行けるか厳しいものです。

そうなりますと、あとは、通常上映を見に行くことになるのですね。
今回は、グッズの販売は、前夜祭がないため、12/6初日から、となっていますから、これまた想像がつきません・・ただ、今回は劇場限定版BDというものが存在しないのかしらね。グッズとBDともに販売初日となりますと、大混乱になりそうですから、グッズだけの方が、並ぶにもスムースでよいのかも。でも、上映時間によっては、ゆっくり買えない危険もありますね・・ちゃんと買えるかしら、心配(といっても、まだ劇場販売商品情報が流れていませんから、どの程度のお買い物になるのかもわかりませんが^^;気ばかり焦っています:笑)
いずれにせよ、できれば、初日に見に行きたいと思っています。

ツィッターにリンクされていた記事によりますと、「2199星巡る方舟 公開記念特番」という番組が、TV放送されるようです。
いろいろな局で放送予定ですので、ネット検索で調べられるとよいか、と。
私が視聴可能な局は、ファミリー劇場TOKYO MXですが、ハード上の制約から後者の方が板に落としやすいので、こちらを録画予約しておこうかしら♪
久しぶりのTV特番ですので、楽しみです^^
yuki9
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
コメント投稿方針(最新修正)
ブログ「コメント投稿について(方針)」カテゴリにあげるための、記事UPです。

サイト「古代進case study」「メッセージ」にも書きましたが、本日より、メール(サイトTOP下部よりリンク)とブログ「管理人のみ閲覧」を復活しました。
よりよいコミュニケーションのあり方を模索しつつ、今回の再スタートとなりました。
なお、そちらにも書きましたが、かならずしも返信できない場合もありえますこと、ご承知おきくださいませ。
yuki4
別窓 | コメント投稿について(方針) | コメント:0 |
更新しました
ようやく「古代進case study」を更新しました。
「2199追憶の航海」感想後半は、ややメモ的なラフな拙文となりましたが、今できること、のありのままです。

なお、大きな変更点としましては、「メッセージ」に具体的に書いておきましたが、メールブログ「管理人のみ閲覧」を復活しました。
よりよいコミュニケーションのあり方を模索しつつ、今回の再スタートとなりました。
なお、そちらにも書きましたが、かならずしも返信できない場合もありえますこと、ご承知おきくださいませ。
kodai20
別窓 | 「古代進」サイトについて | コメント:0 |
2199関連いろいろ
今週も連日慌ただしく、今日から週末までは子供関連の行事が目白押し。
書きたいことがまたたまってしまいましたので、まとめてUP。

まずは、11/18(火)、久しぶりに住まいから少し離れたところにある大きなヤマダ電機店へ行きましたら、ポイント画面2199仕様に^^ ツィッター情報でわかっていましたが、地元に近いところでもすでに表示されるとは知らなかったので、うれしかったです^^ スタンバイ状態で、下の様なユキの画像と、メカの画像の2種類のパタンがありました。以前はカード会員でもできたのですが、今は携帯会員でないとできないので、体験はできませんでしたが。
2199kou18

●関連雑誌
「バンダイビジュアルビートマガジン 2014.12」
こちらもツィッター情報にて知りましたが、あちこちのBD&DVDショップに行きましてもなかなかまだおかれていませんでしたが、ようやく昨日11/19(水)に新星堂にて発見^^
表紙が「2199星巡る方舟」ポスターデザイン(キャラクターバージョン)となっており、開けると見開きでヤマトのページ^^
P.2が「2199追憶の航海BD&DVD」発売情報、P.3が「2199星巡る方舟」上映情報となっています。
ちょうど200号の節目にあたり、記念特別企画として、第1弾プレゼントにいくつか設定されていますが、そのうちのひとつに「2199第一章パンフ」(出渕裕総監督サイン入り)あり。

「エンタミクス 2015.1」
本日11/20(水)購入。
「今月の1回観てみたら?」というページの大きなスペースに「2199星巡る方舟」が紹介されており、出渕裕監督のインタビューも掲載されています^^

「子供の科学 2014.12」
危うく、買いそびれるところでした(^^;)。息子は小学生のころ読んでいましたが、今では卒業(?)してしまい、買わなくなってしまっていましたので発売日をうっかり失念・・一昨日11/18(火)購入。
「ものづくりの現場へGO!」という特集ページにて、「アニメ制作の裏側」の見開きページにプロデューサー郡司幹雄氏のお話を交えながら紹介、次の見開きページでは、「『宇宙戦艦ヤマト2199』ができるまで」の見出しで、企画からアフレコ、完成に至る流れをチャート式で解説。設定資料や宇宙空間の画像、「2199追憶の航海」「2199星巡る方舟」情報もあわせて掲載。

今後も、ヤマト関連書籍・雑誌発売が続きますから、楽しみですね^^
kodai18
なお、舞台挨拶付上映の予定が公表されましたが、
いずれも抽選方式。こうなりますと、くじ運悪い私は、
かなり難しいかも。予定は開けてあったのですが・・。
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
MVシリーズ「さらば宇宙戦艦ヤマト」BD到着^^
まだ見ていませんが、ヤマトクルーさまより、ポスターとともに今夜到着しました^^
大晦日の宮川彬良さんの年越しコンサートには、とても残念ですが行けませんから(下旬に旅行もあり、大みそかは通院やお正月準備で大忙し^^;とても家族をおいて一人で行ける状況ではなく・・)、こうしたBDCDを聴いて、私なりに40周年の今年を収め、新年を迎えようかしら、なんて、ふと思ったり。
見るのが楽しみです^^
kodai9
別窓 | ヤマト音楽 | コメント:0 |
少し波に乗って
微速前進、から、軌道に乗ってきたようです。
すこしずつ勢いもついてまいりました。

「星巡る方舟」公開や各種出版物発売の前に、浅薄なものではありますが私のメモ書きをUPしておきたい、と思いまして、本日、「追憶の航海」感想後半の修正入力作業。近日UPできれば、と思います。

10月末にUPしたかったのですが、諸々ありましたので、遅れました。
ですので、文章は10月末ころに書いたものですが、作業をしていますと、今ごろ、と思う反面、再び気持ちが落ち着いてから向き合うこととなり、時間を経てきたからこその、今の私の中にある「追憶の航海」の位置づけを実感することもできまして、気持ちの整理もつき、「星巡る方舟」へ気持ちをシフトしていけそうな気がしました。
yuki10
そういえば、もう今週・・11/21
「追憶の航海」BD&DVD発売日でしたね。
早いものです・・。
別窓 | 「古代進」サイトについて | コメント:0 |
2199コンパクト標識
つくし工房さまにて通信販売で購入しましたコンパクト標識第二弾が、先週届きました。
思ったよりも、仕上がりがきれいなものなので、とても気に入りました^^(とはいえ・・いったい何に使うのか:笑・・お昼寝タイムに使おうかしら♪) 
けっこうなお値段ですので迷いましたが、やはり古代ユキははずせないので・・(複数キャラあるグッズは、たいてい古代とユキ中心で集めることにしています^^)。
2199kou17
今日から第三弾も受け付けスタート^^
第一弾ユキが在庫切れなのが残念ですが。
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
「題名のない音楽会」
さきほど、TV朝日「題名のない音楽会」を子供たちとリアルタイム視聴^^
宮川彬良さんのコンサート(ヤマト音楽なしですが)へ行った経験もありますから、すでに慣れ親しんだ雰囲気に、楽しんでいた様子♪(聴いたことのあるクラシックから楽しい歌、宮川さんのトークにも^^)

時間も残り少なくなって、まさか今週はなし?・・と、やや不安になりましたが、やはり放送してくれました。
「ヤマト渦中へ」「コスモタイガー2119」2曲続けて、今日のラストに聴けまして、気分UP!
すがすがしい朝を迎えることができ、今日一日頑張ることができそうです。ありがとうございました^^(来週も楽しみ♪)
kodai19
いつかまたヤマト音楽のコンサートに
行きたい・・生演奏を楽しみたいですね。
別窓 | ヤマト音楽 | コメント:0 |
「宇宙戦艦ヤマト2199 40th Anniversary ベストトラックイメージアルバム」
あらためて、このアルバムをとりあげたい。
ヤマト音楽の新たな幕開けのような、そんな心揺さぶられる想いがしたのだ。
よって、記事カテゴリも「2199」ではなく「ヤマト音楽」として。

さきほど、まず、2199公式サイトからリンクされている56秒の映像を見た。
宮川彬良氏の躍動感あふれる指揮と、信じられないほどにうれしい・・葉加瀬太郎氏のヴァイオリン演奏の姿がみられ、オーケストラによるややアップテンポのリズミカルな伴奏に胸がふるえ、なめらかでエネルギッシュな旋律の音が奏でられ・・感激^^涙がにじんでしまいました。
これを映画館で聴けるのかと思うと、ドキドキしてきました。

つづけて、昨日さかんにツィッターで流れていましたYouTubeの3分映像も見ました。
宮川彬良氏の指揮、葉加瀬太郎氏のヴァイオリン・・葉加瀬氏のナレーションのもと、「宇宙戦艦ヤマト2199 40th Anniversary ベストトラックイメージアルバム」に収録予定の楽曲を素晴らしい方々が次々演奏されていくさまに、ただただ圧倒され、感動しました^^ 3分聴いただけで、背筋がゾクゾクしてしまいました・・これはすごい!と。
言葉に表現しきれないくらい、うれしくて、とても楽しみです!
早く、じっくりと聴きたいです・・待ち遠しい!

アマゾンサイトさまチェックしましたら、このアルバム、7:31現在、音楽ベストセラーランキング148位
昨日の朝から1日で、いっきにランキングUPしました^^
すごい勢いですね。とにかく、楽しみです。
2199kou5
別窓 | ヤマト音楽 | コメント:0 |
ヤマトクループレミアム更新特典
11/13、昨日の午後には、ヤマトクループレミアム更新特典が無事に届きました。
ヤマトクルー任命書には、宙将、と。いつのまにか、昇格していました(笑)。沖田艦長や土方さんと同じなんて、恐れ入ります・・。
特典グッズフォトフレームは、センス良く、すてきなものでした^^ マグネットで写真を固定できるようになっているもので、夕日に眠るヤマトのカードがはさみこまれている、なんて・・粋な計らいに、感謝
大切にしたいと思います^^
yacrew
別窓 | ヤマト関連グッズ | コメント:2 |
2199関連のひと:「愛詞」と「スタジオパークからこんにちは」
さて、今週のヤマト関連話のつづき。

11/12には、過日NHK総合で放送されました「SONGS」に心ゆさぶられて購入していました中島みゆきさんのかつてのCD「Singles 2000」、最新CD「問題集」が届きまして、さっそく聴きました^^ ひとつひとつの歌に、テーマがあり、そこに在る人々のドラマとその背景をイメージできるような奥行きのある世界にひたれます。
ヤマトに関しては、「問題集」の最初の楽曲が「愛詞」なのですが、これが、以前地上波放送されたときの2199TVシリーズの最初のED曲として中島美嘉さんがうたわれたものとは、また雰囲気が全く違っていまして、しっとりとのびやかでやや軽やかな感じ(包まれるような安心感のある心地よさ、とでもいうような^^)で、私個人的には、とてもよい感じでした・・・中島みゆきさんの歌われ方、というのは、目をつむると、その歌の情景がふわーっとひろがってくるのですよね、それが、とてもいいかんじなのです。なんだか、うれしくなりました。これまでも今も、ずっとかわらないものをもっていらっしゃる方、と感じました。
これからも独自の世界を創り上げていってほしいです。

さて、昨日は外出中でしたが、運よく録画されていまして、NHK総合「スタジオパークからこんにちは」にご出演の山寺宏一さんを見ることができました^^ 進行役に、最近は女性が交替ではいられていますが、ちょうど戸田恵子さんでしたので、とても盛り上がって楽しい雰囲気。もちろん、山寺宏一さんご自身もとても楽しい方ですから、充実した気分を味わうことができました^^ ヤマトの話が全く出なかったのが残念でしたが。
これからも、ますますのご活躍を心よりお祈りしております。

いろいろな方がヤマトにかかわられているのが、うれしいですね(先の記事内容も同様^^)。
yuki10
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
追記修正:40周年記念アルバムのサプライズ
そういうことだったのですね!

今朝UPしました記事に書きましたことで、ツィッターで見かけた情報について、改めてチェックしましたら、40周年記念アルバムCDに関することではありましたが、何よりの驚きは、「『2199星巡る方舟』のメインテーマ曲『宇宙戦艦ヤマト2199』宮川彬良氏作曲・編曲で葉加瀬太郎氏が演奏するという奇跡のコラボレーションが実現」(Yahoo!ニュース)ということでした!
それが、40周年記念アルバムCDに収録される、ということだったのですね。
CD情報があいまいにしか公表されていませんでしたので、どんな意図によって企画されたのかよくわかっていませんでした(ですので、先の記事でも『2199関連以外のものも含みます』と断りを入れていたくらいですので^^;)。
こんなサプライズがあったとは・・うれしい驚きです^^見事に、その企画の戦略にはまりました(笑)。

アマゾンさまの13:47現在の音楽ベストセラーランキング800位(すごい上昇ですね!!)
本当に、どんなアルバムになるのか、楽しみです^^

ヤマト音楽世界に、またひといろ加わり(というよりも頼もしさが加味され)、今後にますます期待が高まりました。
またいつか、ヤマト音楽のコンサートが開催されることを願っております(今度はぜひフルオーケストラで^^)。
2199siki4

(追記2014/11/14/14:08)
ヤマトクルーサイト、2199公式サイトにも情報UPされていました^^
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:2 |
2199関連グッズ!
すでに一部は発売情報が流れていましたが、その後も今週に入ってから、あれこれと発売情報を目にしまして、少々混乱気味(^^;)。私自身の頭の整理もかねまして、まとめておこうと思います(2199関連以外のヤマト全般のものも含まれていますが、ヤマト機運を測る参考になりますので^^一緒にUP)。
ついでに、アマゾンサイトさまにおけるここ数日のベストセラーランキングの推移もあわせてメモしておきます(書籍雑誌の、CD音楽BD音楽の、パズルおもちゃのベストセラーランキングにおける順位です:チェックした順位の日時は、11/12/22:15→11/13/7:38→11/13/16:08→11/14/7:20)。
なお、商品タイトルの後の()内は、発売予定日アマゾンさま情報)です。


「2199追憶の航海」5.1chサラウンド・エディションBD(12/24) 
 178→213→216→334↓
「YRAラジオヤマトvol.4」CD(12/24) 
 622→762→955→695
「ヤマト40th Anniversaryベストトラックイメージアルバム」CD(12/3) 
 2103→1872→1334→2199↓

「2199コミック第6巻」(12/16) 
 214→161→174→171
「2199でわかる天文学」(12/9) 
 3028→2198→2753→914
「2199ぴあ」(11/26) 
 1413(表紙デザインUP!)→957→672→123

「2199星巡る方舟」300ピースパズル(12/10) 
 16328→7658→12336→21852↓
「2199星巡る方舟」1000ピースパズル(12/10) 
 16855→7869→12612→22381↓

書籍・雑誌がランキングUP健闘中^^とても楽しみです!
音楽関係はもう少し勢いがあるとうれしいですね。ツィッター情報によると、「今朝、ニュース番組で葉加瀬太郎さんの演奏映像が流れた」とか。見たかったです・・。音楽面では、「星巡る方舟」に関して、今後新たな展開があるのでは?と、期待しています^^
パズルは久しぶりの発売で、個人的にはうれしいです^^・・が、まだ知らない方も多いのでは、と思います。
そのほかにも、フィギュアなど、いろいろ新発売あり、楽しみですね。
「星巡る方舟」公開時の新グッズも期待しています^^(かなりの出費になるので、要検討ですが^^;)
2199kou13
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
東京国際フォーラムにて
11/11、とある記念にあたるイベントで有楽町の東京国際フォーラムへ行くことになり、ホールAへ。
ちょうど5年前の11/28にも訪れていた・・そう、「復活篇試写会」が行われた場所でした。
事前に確認できなかったのでうろ覚えでしたが、まさにその場所、と実感した。
エントランスはかつてのままの雰囲気であり、あのころの記憶が鮮やかによみがえった。
復活篇のキービジュアルやお花が飾られ、続々と人々がエスカレーターでのぼっていった・・同じように、その日も私は足を踏み入れた。
今回は、2階席で、舞台は遠くの方であったが、あのころ座った1階席の前の方の席が見えて、感慨深いものを感じた。

あれから5年。
同じ11月にここにいるとは思っていなかった・・実にいろいろなことがあった5年。
ヤマトをめぐる環境もずいぶん変わった。
イベントキャンペーン、グッズ発売、時に耳に入るようなTVから流れるヤマト音楽もかつてより増えていたり・・の、この5年。
そして、ヤマトの世界においても、TV放送開始40周年という節目を迎えた今年。

私自身のいろいろな節目とともに、よいめぐりあわせとなり、感謝の想いがするばかり。
sisha4 sisha3
↑あのころのようす
別窓 | ヤマトイベント | コメント:0 |
もうひとつの映画館と「オ・レ」!
今週は、子供の学校行事などであわただしく、いろいろと書きたいことが山積していたのですが、PCにうまく写真もとりこめない状況でもありましたので、なかなかブログ記事UPできませんでした。
ようやく・・・これから遅ればせながら、順次UPしていきたいと思います。

11/10(月)のことですが、少し離れたところにあります映画館で、先週末から「2199追憶の航海」が一日三回上映されていますが、うまく予定が合わず見られないので、映画館の様子だけでも・・と、他の用事のついでに寄ってみました^^
そうしましたら、グッズの品ぞろえはわずかだったのですが、「星巡る方舟」巨大広告(幕)が掲げられていまして、感動^^(左下にはポスターも)
2199kou15
過日の別の映画館では、上映予定館でしたが、チラシはあっても、ポスター掲示はなかったので、この日はうれしくて^^
もちろん、ここには「星巡る方舟」の2種類のチラシもありましたし。
映画館によって、グッズ宣伝のしかたが違うので、巡るのも楽しいものでした^^

この日は、後ろ髪引かれる想いで映画館を去りましたが、そのあとたまたま映画館の近くのコンビニに寄ってみましたら、以前から食品のお買い物ついでにチェックしていて、なかなか見つからなかったものとようやく遭遇できまして、うれしかったです!
2199kou16
現在、明治とのコラボキャンペーンを展開中の「いちご オ・レ」「フルーツ オ・レ」プリンは見あたらなくて残念。
でも、これまでふつうのスーパーや、他のコンビニでも見つからなかったので、たまたまこの映画館のそばのコンビニだったのがさいわいだったのかもしれません・・もし映画を見ていたら時間がなく寄ることはできなかったと思うので、これはこれでよいめぐりあわせでした^^
まだ、飲んでいませんのでお味はわかりませんが、楽しみにとっておきます^^(以前の『SPACE BATTLESHIPヤマト』の時も、結局、賞味期限ぎりぎりまで保管していましたけれど^^;)
↓なつかしの、これ。
family7

PCに写真がうまく取り込めない状況は、よくよく取説を見ましたら、カメラのカード内のファイルが多すぎたため(蓄積しすぎ)でした(^^;)。もちろんある程度の頻度でPCに転送していますが、元のすべてを消さずに残しておいているものも多々ありまして、今日は、そのマイカメラを購入したのがちょうど復活篇の公開前のころですから(これから趣味的にいろいろ撮ることが多くなりそうな気がして買ったものですから^^)、とりはじめからのとても懐かしい写真をチェックしていたのですが、この約5年間というものは、まさに、ヤマトとともに歩んできた、といっても過言ではないくらい。ヤマトイベントグッズの写真の合間に、旅行、亡母や実家、子供たちのやや小さい頃から大きくなる姿、また受験から卒業、入学・・などの写真がはさみこまれ、それらのあゆみを通して見て、時の流れを感じました(私も、年をとるわけだわ・・とも:笑)。
ふだん、なかなかじっくりと見返してみることもしませんから、よい機会だったかも。
いろいろな意味で、今年は変化、節目のときなのかも、とあらためて感じました^^

とりあえず、今日の更新はここまでで(まだ書きたいヤマトネタが山ほどありますが^^)。
kodai18
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
またか・・と、涙
ヤマトクルーさま取扱いコンパクト標識第3弾、今ごろメールチェックしている私は(受信後約2時間経過)、また買いそびれてしまいました(涙)。子供の世話と家事を終えると、おおよそこの時間になってしまいますから。

現在取りまとめ中のサイト2199感想後半に付記する予定でしたが、ここに先んじて書きたいと思います・・
「今後ほしい商品」としては・・のひとつとして、コンパクト標識のデザインのすべてがデザインされたフセンメモ用紙がほしいですね。キャラクターとメッセージデザインで、あちこちはったり、メモとしても使えたら楽しそうです^^
標識が購入できない人でも、気軽に楽しめるのではないかしら?(切に希望します・・ああ、今回も本当に残念)。
yamatoB
(追記2014/11/10/22:50)
ネット検索してみましたら、第2弾までは通販購入できることがわかりました。
在庫切れのものは残念ですが・・とりあえず、いくつか手配できました^^
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
「軍師官兵衛」ほか、最近のドラマ作品
最近放送の日本のドラマ、私事いろいろとありましたので、見逃してしまったものもありますが(11/5放送の『戦艦大和のカレイライス』もTVガイドではチェックしていたのですが録画忘れ:涙:再放送求む)、この「軍師官兵衛」だけは、奇跡的に欠かさず見ております。
奇跡的、と申しますのは、実は、これまで1年間欠けることなく見続けた大河ドラマはなく(^^;)、途中抜けてまた最後の方で見たり、あるいは最初は熱心に見ていたのがいつの間にか見る時間がない、を言い訳に追いついて行けずに見なくなってしまったり(1年間見続ける、のが難しくて)・・ということばかりでした。
それが、この作品だけは、不思議なめぐり合わせなのか、いろいろなご縁を感じまして、ひかれるものがあり、途中、遅れ試聴もありましたが、現在追いついてまいりまして、今では、毎回毎回が楽しみで、次への1週間を待ち望んで過ごしています^^

さきほど、第45回「秀吉の最期」を見終えました。
岡田准一さんの官兵衛(如水)、複雑な胸の内を表現され、すてきでした。
竹中直人さんも、もうなにもいえない・・胸に迫る演技でした。
秀吉の手からすり抜ける官兵衛(如水)の手の表現が、よかったです(スローモーションが効果的)。
あと5回、大切に、じっくりと、見守ってまいりたいと思います。

さて、そのほか・・日本のドラマはあまりチェックできなくて、最近では、なつかしの「ナースのお仕事」くらいかしら(笑)。こちらはとても軽いノリで、気楽に楽しめましたが、何より、「なつかしい」想いばかりが先行。かつて海外ドラマ「ER」を見続けていたので、医療ドラマにはとても関心あるのですが、この作品は、医療というよりは、登場人物たちの個性的なキャラクターを楽しむ人情ドラマ、と思っています(笑)。こういうノリもけっこう好きですので^^(今回は、海外ドラマ『glee』のような歌と踊りのパフォーマンスがありました^^最初この作品に?と違和感を感じたものの、そういえば、かつて、エンディング映像にダンスをとりいれていましたから納得)


あとはもう・・やはり海外ドラマが楽しい。
目の不調のため視聴を控えておりましたが、でも、やはりメンタルの健康も必要。適度に楽しめるよう、見続けていきたい、と思っています。

現在は、「CSI」シリーズ・・「CSI:NY」「CSI:マイアミ」は世間ではすでにファイナルシーズンを迎えておりますが、最終回を見てしまうと、先々の楽しみがなくなってしまいそうで手を付けず、「CSI:科学捜査班」を継続視聴再開中。とはいえ、先々の不安もありますから、そろそろ、先の二作品のファイナルシーズンを見てしまおうかな、と思うこのごろ。

ミステリー好きですので、スーパードラマTV「ブリッジ シーズン2」にも、地味にはまり中^^ 
北欧の見慣れない風景が、異国の地という印象を与え、よりミステリアスな魅力につながっているような気がして、「キリング」シリーズ以来、北欧ドラマにひかれています。主役が個性的な女性である点も、不思議な魅力が醸し出され、映像は、一見地味で無彩色・無機質な印象もありますが、微妙な色を重ねられているので、私にはセンスよく、ミステリーの世界を演出してくれているように感じられます。

そして、最近はまりました「シャーロック」
これは、本当に、すごい作品と思います^^
すっかりその魅力にとりつかれてしまいました・・・細切れに時々見てまいりましたが、ようやくシーズン2のラストを本日視聴完了。は未見で、見る手段がないかと思いましたら、さきほどNHKサイトで、「お正月アンコール放送」情報を発見しまして、うれしくてくれしくて^^(ただ、これまで原語で日本語字幕で楽しんできましたので、吹き替えだけでなく、二か国語放送で字幕も見られるといいのですが・・早口の英語を聴くのが楽しいので^^)

これからもいろいろと楽しめるように、心身ともうまく保っていきたいものです。
ヤマトを追いかけ続けるためにも^^
kodai14
別窓 | 『邂逅』 | コメント:0 |
ささやかなやすらぎを 
今日は朝からステキなことがいろいろあった。

子供たちとは、お互いにこころのうちをみなで話し合えた。

午前中は、サイト2199「追憶の航海」感想の後半の入力をかなり進められた。

きもちがすっきりしてきて、作業をしながら、ヤマトのことを考えられていると、幸せな気分になった。

午後は、子供の学校にて、医療関係の経験者でもあられる講師の方のお話を聞いて、とても感銘を受け、感動もした・・最後には涙がにじんでしまうほど。ご縁がありましたのか、メンタル面の専門の方(私は専門職には就いていなくて、ただ学問をかじっただけですが)。
日ごろ私自身が感じたり、ブログで書いているようなことも、目の前で、そのままお話されていたことに驚きとともに喜びも感じた。

今日はそんなささやかな平穏を感じていましたが・・
ひさしぶりにTVにてフィギュアスケートの生放送を見ていましたら、さきほど羽生選手が公式練習で激突して、流血も・・。驚きました。一刻も早く病院にて精密検査を受けた方がいい・・これからまだ未来のある有能な方なのですから、大事にしてほしいです。気概はすばらしい・・けれど、これで棄権しても、負けではありません。あとで何かあっては・・あきらかに不調の表情で、動きも異なり、胸が痛みます。

すみません・・おだやかな記事を書きたかったのですが、この件につき、思いが噴出してしまいました・・。
ヤマトとあまり関係のない話題で失礼しました。
flower1
(追記2014/11/08/22:05)
羽生選手の演技、すばらしかったですが、
一刻も早く病院へ。涙が出ました。
今日の先生のお話ともリンクするようなできごと、
いろいろつながって、不思議な一日。
どの方にもこころの平安がおとずれますように・・
別窓 | 『邂逅』 | コメント:0 |
「宇宙戦艦ヤマト2199モデリングアーカイブズ ヤマトメカニクス2199」
本日、届きました。
表紙のセンスがとてもすてき。
玉盛順一朗氏の帯メッセージにも、重みがある。

プラモデル写真が、実写映画(特撮)のようなリアルな質感をともなって、クリアに私の目に飛び込む・・胸が熱くなる。
実物を前にして失礼ながら、まるでCGのよう・・と言ってしまいたくなる(実際の風景を目の前にして、まるで写真のよう、というに似ている)。
ただ写真が並べられた模型誌ではなく、それらの存在のひとつひとつが、2199世界のシーンを思い起こさせ、ストーリーが繰り広げられるかのようだ。

読み物も充実している。
2199の展開にそって、節目の局面のストーリーと解説が織り交ぜられ、語られている(単なる解説ではなく、熱い魂が感じられるので『語られている』と^^)。
インタビューやモデラーの方々の文章も読みごたえあり、玉盛順一朗氏のイラストもすてき。
価格は高めですが、納得。
少しずつ楽しみながら読み進めたいと思います^^
yamato01
最後になりましたが、本日は西崎義展氏の命日。
復活篇完成試写会でお会いできたこと、本当にさいわいでした。
あれから5年・・今のようなときを迎えることができまして、感謝しております。
・・合掌。
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
2199とプラモデルとヤマダ電機
結局・・なんだかんだと申しましても、ヤマトが好きなのですね・・毎日ブログ書いてます(^^;)。
このところ、毎日いろいろ遭遇していますので(笑)。

・・今日は、これまで集めてきたプラモデルポピニカ魂、超合金魂など、寄せ集めては、まだ開封していなかったものも開けて見ておきたい・・

朝、今日こそそうしよう、と、思い立って、まずは所用で外出。
約30年ぶりにメガネの生活に戻ってしまい、学生時代とは生活行動内容が全く変わってしまいましたので、なかなか慣れず、不自由な戸惑いの毎日なのですが、せめてもメンタル上向きにしたくて、どうせなら楽しめるように、と、オシャレ気分も味わえそうなメガネ購入。

・・そうだわ、新見さんに一歩近づいたと思えば・・

少しは気が楽になる(笑)。
ひさしぶりに、以前時々訪れていたヤマダ電気に寄ってみた。
そうしましたら、おかれていましたフリー冊子「テックらんど 11」の表紙が「宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海」、うれしい!・・と、舞い上がってしまいました^^
気のせいか、いつもよりおかれている冊数が少ない気がするのですが・・(いつからおかれているのか不明ですが、かなりはけてしまっている?)ついつい、私も何気なく、2冊いただいてしまいまして(笑)。
このビジュアルには、私はどうしても、こころが甘く溶けてしまいそうになってしまいまして(^^;)。
中を見ますと、目次の隣のTOPにBD&DVD発売情報がたくさんの画像入りで紹介されていますし、11ページにも1ページ分のスペースをとられて、BD&DVD発売情報(非売品ポストカードプレゼントの案内)、ヤマダゲーム情報、「星巡る方舟」公開情報が掲載されています^^

ついでに、おもちゃコーナーに行きますと、ヤマトプラモもしっかりいろいろとおかれていまして、うれしかったです^^

帰宅後、プラモデルなどをながめていると、ふつふつと、内なる想いがわきおこってくるのがわかりました。

・・ああ・・やっぱり好き・・
・・少しずつでも、手をつけて、楽しんでいきたい・・


いつしか、そう思っていました。
せっかく集めたグッズですもの・・どんどん使って、味わい、楽しみたい。
それが、今の私になすべきことのように思えてきました(大げさですが^^;)。
子供時代、大切にしまっていたものが、いつしか、自分は成長して、なかなか使えないままに残ってしまっていったものもいろいろありました。それはそれで、思い出の品となっていきますが、人生のこれから先は、思い出となって振り返るには、その頃の私は老いて思い出に浸れるだけの心身の健康な状態(ゆとりある状態)にないかも(笑)。
ですから、大切にしまい込んでとっておくのももったいないですね・・と、かねてよりブログにも書いていましたが、「ここ数週間のできごとは、それを切実に感じることができるようになった、よい機会であった」ととらえたいと思いました。

・・今までの私でありながら、少し違う私になって、今までとは違う在り方で過ごしたい・・

ひとつの節目を経て、人は次なるステージへ進む。
子供時代には「成長」という言葉がふさわしいかも・・でも今は・・?

・・人生の節目に、後ろを向かず、その波に乗る覚悟で、柔軟でありたい・・それはきっと、私自身にとって、よりよいときを過ごすためになるはず・・
・・ある意味、限界を認めるジレンマや悔しさも感じる・・もっとしてみたい、やってみたいがあるにせよ、できる範囲でできることを精いっぱいして、味わいつくすことを、よしとしなければ、と・・


何を大切にしたいのか、を自問自答し、ほんの少し、光の兆しが見えてきた。

・・結局は、答は、私の中にある・・

本当に、そうだ。
子供たちはそれぞれの世界を大切にしはじめている。ここ数日、話しかけてもフラれてばかり(^^;)。私もしっかり子離れしないといけない頃ですし、自分の世界を大切にしよう、と、思っていたところ。
いろいろなことが、めぐりめぐった最近。

今日は、いろいろな出会いと気づきのあった、すてきな一日だった。
ありがとう、ヤマト
yamato011p311
あ・・と、ついさっき、気づきました。
明日は「ヤマトメカニクス2199」発売日。
やはり、すべてはどこかでつながっているような、
そんなめぐりあわせを感じました。到着が楽しみ^^

(追記2014/11/06/22:25)
そういえば・・約30年前、といえば、ちょうど、ヤマト完結編の後で、ヤマトと決別した想いを抱えていたころでした。
あれから今に至り、復活篇2199がこのように展開されているとは、思ってもいなかったころ。
メガネ生活に戻り、学生時代や子供時代の「元の私」に戻ったような想いでいましたが、ヤマトとのかかわりようにおいても「あのころの私」に、再び舞い戻ったような想いもします。
この約30年、私の人生にはいろいろなことがありましたが、すべては思い出となり、「本来の私」に戻るような感覚・・そうやって、最期はもとに戻っていくような・・そんな気分に、実感がともなってきたかのようなおかしな感覚にとらわれました。
・・うまい言葉が見つからない・・ただなんとなく、ヤマトともに歩んできた、そういえるのかも、と・・
・・そうか、私自身との再会、なのだ・・ヤマトが復活したように、私の中の『私自身』が復活したのかも・・

そう、とらえたくなりました。
別窓 | 『邂逅』 | コメント:0 |
| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | NEXT