心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
2202第二章「発進篇」予告編(60秒ver)
今朝は知らずに、第一章を振り返りつつ、雑誌など目通ししていましたが、その後、昨夜に第二章予告(60秒ver)がUPされていることに気づきました!
タイミングよく、ヤマトへの想いが再び浮上してきましたので、うれしいです^^
あとでじっくり見たと思います^^/
2202ci22
別窓 | 映像作品(ヤマト2202) | コメント:0 |
2202掲載雑誌、ヤマト新聞、パンフレット
もう、購入してから2か月ほどたってしまいましたが、ようやく熟読(^^;)。

「宇宙戦艦ヤマト2202新聞」
インタビュー記事を熟読。作品にこめられた想いと愛、さらに今後の展開へのヒントとなりそうな言葉を新たに見て、さらに期待が高まりました^^ 
「2199」「さらば」振り返るコーナーもありますから、自然と、私の心もヤマトへ立ち返るかのように、再び、じわじわとわきたつ想いを感じました^^(こころのウォーミングアップに最適でした:笑)

第一章パンフレット
鑑賞直後に読みたかったのですが、まずは、きもちの整理を、と感想をまとめるうちに、熟読を先送りにしてしまっていました。
作品のビジュアルとともに、解説やインタビューを読んでいますと、これまでを振り返ると同時に、今後の展開への想いがいろいろとめぐりまして、6月に向けて、わくわくしてきました^^
個人的には、冒頭の福井晴敏氏の文章に、とてもひきこまれました・・そう、かつての作品におけるパンフレットにありました、西崎義展氏によるメッセージの言葉は、とても印象的であり、子供なりに受けとめていたものでしたね。
いまいちど、かつてのパンフレットを開いてみたくなりました^^

「宇宙戦艦ヤマト航海日誌vol.17」
イベント上映のころが懐かしく思われた、ヤマト関連グッズの紹介やキャンペーン紹介記事、第一章の振り返りもビジュアルと解説で、心地よく楽しめました^^
鑑賞後しばらく距離をおいてしまっていたことが、かえって、うろ覚えの部分をうまく補完してくれることにつながり、より楽しめたのだと思います^^(直後でしたら、もっとあれもこれも入れてほしいのに、と思ってしまっていたかもしれません^^;・・でも、いつかまた豪華本のような集大成を期待していますが^^)

「テックらんど 4月号」
ヤマダ電機フリー誌ですが、ジャケット画像とともに、やや大きめのスペースにて「2202BD&DVD 第2巻」発売情報。

kodai18
先日一緒に見ました息子(高校生)の感想を書いていませんでした・・
「アンドロメダがかっこいい、
まさか、地球まで(ワープして)くると思わなかった、
アンドロメダ進水式のシャンパン(?)割られるシーンは『さらば』にも
あったね、
山本の艦載機と太田の艦は、『復活篇』で見たのと似ている、
ヤマトの艦長は誰になるのだろうね?」など、とのことでした。

私は、かなりのシーンで「さらば」を思い起こしましたが、
息子は、「復活篇」を思い出すことが多かったようです・・小学生のころに
「復活篇」「復活篇DC版」を見せてあげていたので、その頃の刷り込みが
印象的に残っているのかもしれません。年代によって、触れた作品が
異なるために、同じ作品を見ていても、異なる印象を受けるのですね・・
人それぞれの記憶と思い出もさまざま、それによって作品の感想もさまざま・・
制作スタッフの方々の大変なご様子がうかがわれるようですが、
今後の展開を楽しみにしております^^

その後、つい最近、息子が「他クラスの男子生徒の筆箱にヤマト2202
キーホルダーがついていたよ」と教えてくれました^^(私が喜ぶと思って
教えてくれたそうですが)・・リアルタイムの2202作品に接し、親しんで
くれている様子がうかがえるようで、新たな芽も確かに育っているのかも^^
別窓 | 映像作品(ヤマト2202) | コメント:0 |
「『2202第一章』に寄せる想い(4,5回目鑑賞)」
このところ更新停滞し、ブランクありましたので、下書き記事を見落としてしまっていました(^^;)。
先に「6回目鑑賞」感想をUPしてしまいましたが、その前に「4,5回目鑑賞」感想をまとめた記事がありましたので、以下に、遅ればせながら、UPしました。

=======
イベント上映中にヤマトにかかりきりでしたので、このところは日常生活への軌道修正に時間がかかってしまい、ようやく、こちらも文章もUP.
以下は、2017/03/02に4、5回目鑑賞時のメモより、感想としてまとめたものです。

--------

まだパンフレットBD,上映直前の愛の宣伝会議など、見ていませんので、あくまでも私の個人的な感想ですが、記しておくこととします。初見からの変化や、どのように気になることが生まれたり、想いが深まったり、私自身を探るためにも^^
未見の方はご注意ください。

【第4回】
*やはり「無限に広がる大宇宙」のスキャットの声がこれまでと異なるように聞こえる・・そのせいか、より「さらば宇宙戦艦ヤマト」の雰囲気に近くなっている気がした。
*音楽や効果音中心に鑑賞。パイプオルガンの響きがとてもよい!
*巨大戦艦の地球降下時のBGMは、「さらば」の白色彗星突入時と同じ?だから余計に、冒頭からクライマックスのように感じられる?
*とくに古代に感じるが、キャラのあおりの顔(+歯の存在)が「さらば」の作風を思い起こさせる。
*ヤマト始動音、いろいろなBGMとともに、盛りだくさんの第1話
*ヤマト始動から主砲発射まで、2199パート1のそのシーンをほうふつとさせるのは、同じようなBGMを使われているから?
*復興の街の中のいろいろな文字は、あとでBDでチェックしたい。
アンドロメダのテーマ、大いなる愛、英雄の丘・・と、「さらば」の世界でははずせないBGMが続く・・。
2199よりもキャラが立体的に感じられる。目の周りの細かい線、陰のつけ方、線の柔らかさから、より生き生きとした雰囲気に。
*「きみは誰だ?」の古代の顔がかっこいい^^
*なぜ、古代が魅力的に(かっこよく)感じられるのか・・顔の形がやや長くなり、あおりも多く、堂々とした印象^^線の柔らかさや目の周りの線が増え、微妙な表情が見られて^^ さらに、古代の戦闘機シーン(アクション)も、きちんと盛り込まれており、見どころ満載のため?
*EDのダイジェスト映像、「ヤマトより愛をこめて」を聴きながら見ると、格別感あり・・保存したいが、BDでは無理か。

【第5回】
*見るたびに、山南さん、かっこよいです^^
*古代「ユキか・・!」とは、任務遂行中にとっさの表現で、つい・・という感じでよい^^
*キーマン、本当にガミラス人なのかしら?(妄想が暴走^^;そのまた逆(裏)というのもあるのかも??)
yuki10
別窓 | ヤマトへ寄せる想い | コメント:0 |
| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |