心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
2202第二章関連メディア
「王様のブランチ」(TBS)
本日、毎週放送されています映画ランキング第8位に、「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第二章 発進篇」が初登場^^
第一章でなく、第二章でランクイン!というところが、より多くの観客動員がなされ、拡大されていった、ということになるのでしょうか・・いずれにせよ、洋画邦画すべての中で、公開規模の多い作品も含みの中で、のこのランキングは、本当にうれしいです!
神田沙也加さんの歌声とともに、映像も思ったより長く流してくれていました^^
できれば来週も、と期待しています(今日の新宿ピカデリーは日中の回は完売、明日も朝いちから日中は残りわずか、となっています^^)が、本日公開の強敵作品がある中ですので・・でも、健闘をお祈りしております!


「毎日新聞」
昨日夕刊「シネマの週末」における「週末興行成績(24,25日)」に、「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち/第二章『発進篇』」8位に掲載されていました^^

本日朝刊「CULTURE」誌面の最初に「Topics『宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』」の記事が掲載されていました^^
福井晴敏さんへのインタビューですが、わたしのこれまで読んでいた2202関連記事には、見られなかった具体的な表現がひとつありましたので、「ああ・・そういう展開になるのかしら・・それでも・・・?」と、勝手な妄想が暴走しはじめてしまいました(笑:もしかして、****が最後に絡んでくるのかしらなんて・・そうなると、少々異なる表現だったけれども、以前、『古代進case study』にUPしていた『復活篇続編メモ的シナリオ』の古代に似てたりして?と、さらにわたし好みの勝手な妄想世界に入り込みだしてしまいました^^;)。
話を元に戻しますが、毎日新聞ヤマト関連の具体的な記事が掲載されるのは、とてもめずらしいので(『復活篇』以降では、おそらく初めてのことではないか、と)、ここに記しておきたくなりました次第。
それだけ、2202が注目されてきた、ということではないかしら。
kodai19
別窓 | 映像作品(ヤマト2202) | コメント:0 |
2202第二章グッズ到着^^
昨夜ヤマトクルーさまより発送メールあり、本日到着しました^^
先日も、新宿ピカデリーには、ほとんどグッズがありませんでしたので、到着して初めて目にすることができたものも多く、とてもうれしいです^^
とくに、ユキのクリアファイルはかわいらしいですし、他のヤマトやテレサのデザインもすてきでした^^
キーホルダーが思いのほか、実物の印象がよく、すてきな感じ^^

今回、今後第七章までを想定しまして、タイトに手配したのですが、実物を見ますと、もう少し多めにほしくなってしまいました(^^;)・・・劇場でも、在庫切れの場合など、商品の写真だけでなく、実物ひとつでもいいので見本としておいておいていただけると、通販もさらに盛況になるのでは?なんて、思いました^^
kodai18

(追記2017/07/02/09:29)
遅ればせながら写真UPしました^^
2202ci210
別窓 | 映像作品(ヤマト2202) | コメント:0 |
今日の映画館
第二週の初日の今日、朝いちに新宿ピカデリーに見に行けました。
早朝にもかかわらず、ほぼ満席
2,3,4回目上映は、すべてチケット売り切れ状態でした。すごいです^^
早朝に家を出、土曜の少しすいている電車の中で、これまですでに3回劇場で見ているにもかかわらず、また、劇場限定版BDをひとととおり見ているにもかかわらず、わくわく感が増していました。同時に、電車の遅れや、何らかのトラブルがないように、とギリギリの予定でしたので冷や冷や。

さいわい、スムースに到着し、チケット発券もしましたが、グッズ売り場は長蛇の列。「パイレーツ・オブ・カリビアン」などの初日と重なっているためもあるのでしょうか、ヤマト2202第二章グッズを購入したい人もその列に並ばなければならない状況で、売り場を見ることもできず、今日はグッズ状況わかりませんでした・・残念!

スクリーン3には、続々と入場してこられていました。男性が多いですが、ちらほら女性も^^うれしいですね・・と思っていたら、ぎりぎり上映直前には、小学生くらいの男の子連れのお母様が3人ほど。
なんだか、ほんとうにうれしくなりました^^ 私も2199のころは、子供たちを連れて(とくに息子)見に来れましたが、学校生活が忙しくなってきましたから(とくに、今は期末テスト直前期のため)、なかなか難しくなってしまいました。

今日のネタバレ入り感想はまとめておこうと思いますが、そろそろ「愛の宣伝会議⑥」でもネタバレ流し始めていますから、私の感想も少しずつUPしていこうかしら、と検討中です^^
今日は、これまで何度も見てきて展開はわかりますから、ゆとりがさらにもてたようで、とにかく、じんわりと胸に迫ると感じられるシーンが多々あり、とてもよかったです^^ もちろん、新たな発見もいまだにあります^^ 
そして、今回はとくに、さまざまなシーンにおける「謎」「あれ?」「これはオマージュなのか、それとも真に2202の世界における解釈や伏線となっている部分なのか」などと、いろいろと考えをめぐらせる余裕もできてきたので、あれこれと妄想がふくらんで来てしまいました(笑)。
そんなこんなも、まとめていつかUPできたら、と思います^^

さて、話がまた戻りますが、今日の新宿ピカデリーは、やはり巨大広告なく、月曜にはありましたエスカレーターあがってすぐのところの巨大広告もなく、少々さびしいものでした(グッズ売り場も見られませんでしたので・・唯一、いただけた入場者プレゼントが、こころの救いです(笑))。
第三週には、何か展示物があるとうれしいですね。
「第三週」なのですから^^
2202ci201
まだバタバタして、最新写真UPできず・・(^^;)

(追記2017/07/01/09:27)
遅ればせながら写真UPしました^^
2202ci209
別窓 | 映像作品(ヤマト2202) | コメント:0 |
待受
昨日、ツィッターチェックしていましたら、ヤマトクルー運営事務局さま、とあるので、公式からUPされている画像と思われますが、ユキがカフェで古代に語りかけるシーンの画像(トレカになっているデザイン)・・さっそく、携帯の待受に使わせていただくことにしました^^

サイズは合いませんが、画像の一部をカットするように、好みの位置に配置させることで、気に入った雰囲気の漂う画像となり、携帯を開くたびに、とてもいやされています^^ 以前にも書きましたが、このユキの服のデザインはとても気に入っていますし、このシーンの色調は、全体的にやわらかな日差しをあびているような、とてもおだやかでやわらかい雰囲気で、なごまされるのですよね・・。

これまで、個人的な趣味の範囲で、自分で撮影したヤマトを待受にすることなどはありましたが、人に見られたら恥ずかしいと思い、キャラを設定したことはなかったのですが、このユキは、なぜか、そういう感覚を超越した印象を与えてくれるようで、今回、迷わず設定。
最近機種変更した携帯の待受は、もともと内蔵されていた紺の宇宙空間に浮かぶ惑星のデザインで放置していましたので(^^;)、ほんわずかなことで、毎回携帯を開けただけで、こんなにもきもちがやわらかく、明るくなるとは思ってもみませんでした^^ 
すぐにヤマト2202のことを思い出し、あれこれめぐらせてしまいます・・。
yuki10
別窓 | 映像作品(ヤマト2202) | コメント:0 |
| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |