心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
CAFE CREW
今なお油断できない状態ですが、「たまには気分転換していいわよ」と言ってくれた母に感謝しつつ、足早に電車に乗る。
いつも病院にいるときは気が張っているけれど、はなれるに従って、徐々にきもちが弱くなる・・
でも今日は、私の行く先にきっとある、ヤマトを思うと、弱まる心の中に、踏みとどまろうとする私もいることに気づいた。
まだまだ・・
今朝は通勤ラッシュの中で座れず、やっと、CAFECREWへ向かう丸ノ内線の中で座ることができて、ほっとした。
ときどき現れる屋外の風景を楽しめる丸ノ内線は、昔から私のお気に入り。懐かしさもある・・え?新大塚??・・池袋?
終点にたどり着いて初めて、まったくの逆方向にのっていたことに気づく私。
最近、かなりぼけています・・運転中もひやりとすることしばしば。

時間が惜しいというのに、かなりのロスをしてしまった。
でも、池袋を後にすると、やはり、このところ味わえなかった電車からの眺めを,ひととき楽しめた。
赤坂見附・・昔、「みつけ」とやたらに自分の庭のように親しみ深く話していた友達がいたわね・・。
ホーム向かいの銀座線にのる。ひさしぶり。学生時代によく渋谷に行ったわね・・ヤマトの映画も見たし。
なぜか、妙にノスタルジックな気分に浸る。
これは雨のせい?秋のせい?それとも、母の・・?

やがて青山一丁目。
ここはあまり訪れたことがない。
地図があるのでわかるはずなのに、見つからない。
引き返してみると、出口から出てしばらくして、右に曲がって入ったところなのね。
少しわかりづらかったかな。
CAFE CREW到着)

でもでも、入り口がステキな空間。
奥の飲食店が並ぶ空間とは雰囲気が異なり、洗練されたシンプルな印象。
cafecrew1
まずは中に入り、ランチを注文。チョイスは、ヴィシソワーズに^^
cafecrew3
あまりあちこち動いて写真を撮るのも、ランチタイムでお客様もけっこういましたから恥ずかしいので(^^;)、自分の席から・・ヤマトを臨む^^前に進みゆくイメージで、斜め後ろからのながめは、うれしかったです^^
丸善で見たヤマトと同じ大きさですが、色が違いますね。以前より深みがあり存在感があります。
cafecrew2
ヤマトの向こうの壁には、完結編の後ろ姿ヤマトの絵があります^^
食べながら、ヤマトが自然に目に入り、変にマニアックな仰々しさのない雰囲気が、私にはかえっていごごちの良さを感じさせてくれました。女性一人でも入りやすいと思います(他にもいらっしゃいました^^)。 店内の床や壁、テーブルやいすの色調も、落ちついたシンプルな印象でよかったです。
入口から左側がカフェコーナー(?ソファーがあるスペース)の陳列ケースに、古代君の絵やメカが展示してありました。専門用語に(またメカにも)疎い私ですので、的確なご紹介ができませんが、メカには「メカコレ・・」や「復活篇・・」などと書かれてありました。
cafecrew4cafecrew5cafecrew6cafecrew7
↑ 古代君の絵は、じっくりと^^  ↑これは天井にあります(すみません、名称正確にわからず^^;)
お店の方に許可を得て撮影しましたので、落ちついてじっくり見ることもできました^^

そして、これを撮らなければ・・!と最後に、斜め前からのヤマト。
他のお客様がいらしたので、あまり近づけませんでしたが・・。
cafecrew8

すでにネット上にはいろいろUPされているものばかりかもしれませんが、今日はひさしぶりにきもちを開放することができた大切な日。自分のためにもUPしました。あまりマニアックでない雰囲気だったせいか、自然に過ごすことができ、心身ともにひとやすみできました(欲をいえば、コースターや紙ナプキンにさりげなく小さなヤマトのシルエットや碇マークなどあると、なおうれしかったですね^^)。
また、気が向いたときに、ふらりと訪れてみようかな、と、あとになって思う・・それは、やはり、私のお気に入りのいごごちいよい空間となった証拠かしら。
yuki011.jpg
↑そういえば、驚いたことに、レジのわきや陳列ケースの上におかれていた
「宇宙戦艦ヤマトイスカンダル編バトルカード」のイラストが、このユキでした^^ 
うれしい偶然に、こころはますますCAFE CREWにフィット^^
関連記事
別窓 | ヤマトイベント |
| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |