心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
「ロボジー」
映画の予告でどこかしら引っかかって心に残っていた・・「ミスター・ロボット」のノリのよい曲とおじいさんとロボット。
今日はできたら「復活篇DC」の上映予定映画館シネマート新宿を見にいってみたかったのですが、あんなに雨雪の寒かった受験の4日間出歩いていたのに、今朝の寒さとここ数日に出てきました家庭内トラブルの対応で心身疲れ切ってしまっていたので、断念。
そして、でも映画館の雰囲気が恋しくて、以前少し気になってた「ロボジー」を見に行きました。

懐かしい映画館の空気。
暗い中で見るスクリーンの中の世界の広がり。
タイムスリップしたかのように、いつもの映画館に流れる予告編も様変わりしていました。

本編は、どこかレトロな雰囲気を感じさせつつも、何か新しい。
不思議な世界。その中に新旧の絶妙なセンスの良いバランス感覚を感じた(おじいさんとロボット、という組みあわせや少しレトロな雰囲気を醸し出すロボットのデザインと現代的な他メーカーのロボットの対比・・などなど)。
監督はどなた?(・・あとでパンフレットを見ましたら『ウォーターボーイズ』『ハッピーフライト』の監督だったのですね!後者は見たことがありまして面白かったですね^^)
思わずふふふ・・と笑ってしまうシーンあり、しんみりと心に迫るシーンもあり、久しぶりに映画館に行きまして、心安らぎました^^
行くまで迷っていたのですが、見て本当によかったです^^

ヤマトの方には行けませんが、遠くからご成功を祈っております。
携帯の待ち受け画面を、受験中は合格祈願のデザインにしていたのですが、今日、久しぶりにまた復活篇古代の画像に変えました・・とたんに、見ているだけできもちがなごみます^^
ヤマトは、私にとって、本当に大きな力をくれる存在ですね。
kodai13
関連記事
別窓 | 映像作品(復活篇) |
| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |