心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
整理整頓
今日は、復活篇DCレイトショー最終日。
もともと受験期間中のはずだったので、行けないことは覚悟していましたが、それがすんで、日中時間が少しできましたらとたんに「なんで私はここに(自宅)にいるのかしら」と思いはじめてしまいまして、心がざわめき落ちつかない1週間を過ごしていました。もちろん、家族と過ごす時間は大切で、家事雑務等ありますが・・・日中家族が学校や会社へ出かけますと、時間は作れるのに・・もやもやとした気分に(^^;)。
昼間の上映だったら何回か見に行ったでしょうに、と思いましたら余計に。

落ちつかないので、今日はこれまでのヤマトグッズの整理整頓を。
体を動かしていれば、気も紛れると思いまして。
去年の夏ごろから購入したいくつかの古書がそのまま積読状態(^^;)、「さらば」「永遠に」公開当時の「キネマ旬報」をまだ母のお見舞いに行っていたころに神保町で見つけられたもの、その他ムックなど。
サイト「古代進case study」「書籍・雑誌」「関連商品」などのページもいつか更新しなければ・・とあれこれ思いめぐります。

そして、今日の整理整頓の本命!・・と考えていました「週刊宇宙戦艦ヤマト オフィシャル・ファクトファイル」のファイル化をようやくはじめました^^
効率よくすませられたら今日中に完成したい、と思っていたのですが、意外と時間がかかると判明(背表紙の接着剤がとりやすいときもあればかすかに残ってしまうこともあり、思ったよりもなかなか大変^^;)。
とりあえず35号まで終了。それも表紙の表裏はまだ切らず(パンチで穴開けも必要ですし)、分野別にファイルに放り込みつつとりあえず分類したのみ。また後日続きの分類をして、そのあと番号順に並び変えたりパンチ開け作業をすることにしました。

ついつい、内容を読んでしまいそうになるので、それは後のお楽しみとしまして、まずはファイル化作業に徹しました^^おかげで、もやもや気分も少しはまぎれましたね。

作業をしながら、こうして作り上げていく、ということの楽しみの意味が、少しわかりました。作り上げているそのひとときを楽しめるのですね。それが、デアゴヤマトの魅力のひとつなのかな、と。内容を読むことももちろん楽しみにつながりますけれども、あえてファイル化する作業が組み込まれていることで、進めながらヤマトの世界をいろいろと感じることができましたので^^ BGMに「交響組曲 宇宙戦艦ヤマト」を聴いていたせいもあるかもしれませんが。
時間がない時にはとてもできないことでしたが、こんな形でヤマトの世界と触れる楽しみを感じられたのは、また、新しい発見でした。
また時間を見つけて、仕上げていきたいと思います^^
hiji1.jpg
↑なぜか、気分的に、「さらば」の土方さん。
 デアゴヤマトを見ていて、過去作品が懐かしくなり^^
関連記事
別窓 | ヤマト関連書籍・雑誌 |
| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |