心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
東日本大震災
あれからちょうど1年たちました。
被害に遭われた方々へ、お見舞い申し上げます。

あの日のことがまだ鮮明に思い出されます。
午前中何をしていて、午後何が起きたか、そのときどうしたか・・
そのあと何が起きたか、どのように過ごしたか・・
離れた関東に住んでいる者にとっても、長い日々でした。
直接甚大な被害を受けられた方々を思うと、想像をはるかに超えるでしょうけれども、胸が痛みました。

昨日、亡母の納骨式無事に終えまして、きもちもひとくぎりつきました。
失うことの寂しさと哀しみと空虚な思いは、そう簡単に埋められるものではありませんが、おさまるところにようやく落ち着いた、と思うと、ほっとしました。亡母はそこにあり続ける・・物質的な意味だけでなく、そこに魂があることを信じて、私はようやく、私自身の生活、人生の歩みを再開できるようなきもちになりました。

まずは、これまでの積み重なるものの整理。
いろいろと配置換えやものの取捨選択、これからの生活をイメージして、整理は行います・・それは、ものだけでなく、私自身の心の整理でもあります。
大切なもの、必要なもの・・生活空間でのポイントにはそうしたものを配置して、意識しながら生活することになるでしょう。これまでのものと新しいもの、形見のもの・・それらを組み立て直して、私の次なる一歩が始まる、と思いました。
いろいろな思い出もよみがえってくるので、この作業を通して、私のメンタルなハードルを越えていかねばなりません・・でも、今はそれが心地よいです。
そう思えるくらい、時間が、私が変わっていくことを助けてくれました。
私自身がそう思わなければ、前に進めないのですね。

・・・そんなふうに、この春休みはすごすことになりそうです。
その中で、新たなヤマト作品2つに接することもできて、私の中で、何かが変わっていくかもしれません・・でもそれも、ここちよい予感がしています。
そんな希望と期待を感じさせてくれる、復活篇DC2199だから。
今日はひとりごとのようなブログ記事。
earth
関連記事
別窓 | 全映像作品関連 | コメント:0 |
<<「ニュータイプエース4月号」 | 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | 「LOVE LIVES」>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |