心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
「Goods Press 5月号」
先の記事にて書きました雑誌は、「Goods Press 5月号」(徳間書店)です。
雑誌コーナーの棚の後ろの方に重なっておかれていたのですが、本の一部の形状から「ヤマト!?」と素早く察知(笑)、手にとると、表紙の半分はヤマトが・・!
「『宇宙戦艦ヤマト』”新”伝説」と見出し。「劇場版公開記念!」「イスカンダルへ再び、旅立つ!」と小さな字で補足されています。

見開き2ページくらいのわずかな内容なら買わないかな・・と思いつつ、さっと目通ししましたが、15ページにもわたる特集で、驚きとともに喜びが^^  
しかも内容が、単に2199の映画紹介だけではなく、1974年の「宇宙戦艦ヤマト」という作品の歴史をひも解き、「アニメージュ編集長による検証(懐かしいアニメージュ創刊号や、レコードジャケット、メカコレの写真なども掲載)」「作品の歴史(発売中DVDや発売予定のBD-BOXの紹介も)」「初代メカコレでふりかえるガミラス艦隊との攻防戦」「1/350宇宙戦艦ヤマトの紹介(企画開発の方のお話)」「出渕裕総監督インタビュー(2/18イベント写真やキャラ、作品画像掲載)」「宮川彬良氏のインタビュー(発売中または発売予定のCD紹介)」「超合金魂ヤマトを紹介しつつ、2199への期待(2/18イベントからイベント上映までの流れの表もあり)」というようなテーマを、見開き2ページずつで構成されています。

今までかかわってきた中ですでに知っている情報もありますが、知らなかったものもありましたので、私にとっては、とてもうれしい掲載でした^^ 情報量も多く、よくまとまっていると思いました^^(復活篇のソフトの画像が、解説ではDCのようですが、劇場公開版の方になっていましたが・・)
他ページを見ますと、若い男性向けの雑誌のようですので、その方々への宣伝に力を入れていらっしゃるのかしら・・とも思えました^^ がっちり心をつかんでほしいものですね。

----------
ところで、話がそれますが、おとといの「SPACE BATTLESHIP ヤマト」のTV放送で、まったく2199について触れられていなかったのには、意外な思いがしました・・・。映画予告編として、バトルシップタイタニックが流れていたのに・・船の縁もあるのに、と。
でも、実写版とアニメをひとくくりにせずに、かえってよかったかもしれません。本来アニメが原点でありますし、パート1は古代もユキも生きて地球に帰る物語ですから、2199の結末はどうなるかわかりませんが、変に混乱させることにならず、かえってよかった・・と思うことにします^^
yamato2199
関連記事
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
<<再開 | 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | 「宇宙戦艦ヤマトフェア」>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |