心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
「FJ(フィナンシャル・ジャパン) 2012 JUNE」
たまたま書店にて見つけました。
表紙に大きく「宇宙兄弟」が掲げられていますが、左下のタイトル「”エンタメ”の底力」の副題に「宇宙戦艦ヤマト」の文字が^^

イベント上映に始まるヤマト2199の映像展開についての記事が3ページにわたって書かれています。単に、展開の戦略のお話だけでなく、イベントにつどう「人」の在り方や心情にふれて書かれているところが興味深いものでした^^
あの頃の懐かしい思いを再び、という視点だけからではなく、「人はまたそこに立ち戻る」とでもいうような、集う人の求めるところをふまえつつとらえらえた新たな集いのあり方のイメージが、希薄になった情報化社会の中での(古い表現ですみません^^;)新たな希望のように感じられて、温かみあるすがすがしさを感じる読後感でした^^
ヤマトが新しい世界をさらに花開かせてくれるような、そんな期待が、より増しました。
残念ながら、この雑誌、今号で休刊、とのこと。せっかく出会えた雑誌でしたのに・・本当に残念。
tere1
関連記事
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
<<「BATTLESHIP」 | 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | コンサート断念、2199CD>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |