心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
極上の映像と音楽と音の世界・・
ただ今ファミリー劇場にて、ヤマトTV版パート1第25話が放送中^^
DVD-BOXをもっていますが、リアルタイムで放送中であることの意味、そのうれしさ・・は、家族にはなかなかわかってもらえないものですね・・・。
GWとはいえ、ほとんど暦通りの日常生活にあり(今回は旅行にも行かずひたすら日常・・主婦にはお休みなく)、ややストレス溜まり気味でしたが、ようやく家族が寝静まった今、「ヤマト一挙放送を流しながら、PCに向かう」という極上のひとときを満喫しています^^

過ごしながら、ある思いがわき起こってまいりました。
子供時代、あるいはつい数年前とも異なる、この「パート1への、『ワンシーンももらさず、映像と音楽と音をうけとめたい』と思う気持ち」は、いったいどうしてなのかしら。
あきらかに、少し前の想いと違っているのです・・・。
これは、思いますに、「復活篇」「SPACE BATTLESHIPヤマト」「宇宙戦艦ヤマト2199」という新作を次々に楽しめる時を迎えることができまして、そのつど、このパート1に立ち返ることが多かったせいかもしれません。そのつど、パート1の世界の奥の深さを感じ、魅力を味わうことができた・・そしてまた、私自身もさまざまな経験を経て、内面の変化する積み重ねがあったからこそ、作品を受けとめるだけの器が変化してきた(深く味わえるような器に変化した)からかもしれませんね。

いずれにせよ、「TV版パート1を以前よりも一層深く愛する私がいる」ということを、今回の一挙放送を見ながら、改めて感じています^^
こんな気もちに至ることができましたことは、ヤマト作品の原点であるこのパート1を制作してくださったこと、その後もヤマト作品が制作されてきましたこと(とくに近年の新しい3作品へのチャレンジ精神と、作品を世に送り出してくださったこと)、作品にかかわられたすべての方々、作品を支えてきたヤマトファンの方々、そして、それを受けとめられるだけの経験を積み上げてこられた私の周りのすべての出来事、人・・があったからでしょう・・ですので、すべてに対して感謝の思いでいっぱいです。

きもちがのってきまして、ほんの少し水面下で、サイト「古代進case study」の更新作業のためのページ作りをしてみたり。
明日は明日で早朝からお弁当づくりありますけれど、いま、このひとときだけは、大切に過ごしたい・・
26話まで見終えたら、すでに視聴済みですが、2199特番2199第1話も見ること必至、です^^
yamatoB
関連記事
別窓 | ヤマト関連TV番組 | コメント:0 |
<<「復活篇音楽」~かきたてられる想い | 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | 「歌謡チャリティーコンサート」「ヤマト一挙放送」>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |