心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
ヤマトクループレミアム会員
どのカテゴリー記事が妥当かしら・・とりあえず、イベントに近いできごととして「ヤマトイベント」

趣旨、内容、正式ファンクラブ会員・・そこから考えれば、もう迷わず入会、と思っておりましたが、若干の躊躇もなかったわけではありません。ですが、子供時代には入会を検討することすら思い及ばぬ雲の上の世界のお話でしたから、今こうしてヤマトへの思いをネット上に表現している私にとっては、この道筋は必然の流れとも思われます。
ただ、カード払いがあまり好きでない私には、少々手間のかかる作業・・明日からは海の向こうですし(場所は無事に帰国してからご報告します^^)、ぎりぎりまで準備と通常生活のタイトなやりくりの綱渡り状態(^^;)、果たして私は無事に入会できるのでしょうか!?(期限が明記されていませんので万一失敗しても再トライできるかしら??)

その他、今日は雑務の合間に、「TV BD-BOX」「YAMATO SOUND ALMANAC」をようやく一部鑑賞しましたので、いろいろ書きたいことがあるのですが、果たして出発前までに書けるかどうか・・・。

ひとつ、「SPACE CRUISER YAMATO」(英語版CD)は、初めて聴いたのですが、おもわず笑ってしまいました・・! 
まるで、何かの洋画ではないかと思えるほど・・でも、サウンドは確かにヤマトの世界^^ 
久しぶりに錆びついた英語を復習してみようかしら、という気持ちにさせてくれました。 
今日は一部しか聴きませんでしたが、まずはいまいちど登場人物の名前だけでも事前にインプットしておかなければ(笑)。
それにしても「CRUISER」という言葉には、懐かしい響きを感じます・・子供時代に、パンフレットグッズに書かれてある英文をうつして書いてみる、というまるで写経のようなことをしたときがありますが(笑)、そんな中でスペルを覚えましたね。このことば、好きでした・・旅する雰囲気が表れていて。ドラマ編が今回CD化されませんので、英語版ですが、その雰囲気は楽しめますし、私にとってはとても興味深い1枚となりました。CD化してくださって、感謝しています^^
kodai1
関連記事
別窓 | ヤマトイベント | コメント:0 |
<<「アニメ&ゲームファンのための最強AV機器ガイドブック」 | 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | ヤマトTV BD-BOX>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |