心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
「星が永遠を照らしてる」
お盆休み明けから、徐々に通常生活にもどり、子供たちの世話で、今週はなかなかPCを見られない状況に。
11月音楽イベントの先行受付がどのようにおこなれるのか、まだわかりませんが、明日も明日でいろいろ予定があるので、うまくPCに向かえるとよいのですが(^^;)。

昨夕、そうした合間の運転中に、またひさしぶりに「2199ED」CDを聴いていましたら、ものすごくほっとした気分に陥りました。いやされましたね・・とくに「星が永遠を照らしてる」のムーディなメロディーが、夕暮れの空や景色にとてもマッチして、心地よかったです^^ 今日も聴いてみようかしら。
少し気になるのが、章ごとにEDがどんどん変わっていくこと・・やっとこうして私の中になじんできた歌なので、もっと長く使ってほしいな、という気持ちもありますね。2199EDのスタンダードになるのかと思っていたので、最初はとまどいましたから(『美しい地球を知る者よ』もとても好きですが^^)。

以前書きましたが、この「星が永遠を照らしてる」の歌詞には、もちろん、旅立つものへの思いと、いつか戻ってくれるでしょうと願う気持ちが込められていると思うのですが、それ以外にも深読みしてしまいそうなことばがいくつかあるような気がして、妄想的に楽しんでいます^^ 
「命が永遠へつながる」という意味が、たくさんの戦いの中で起こるいろいろなドラマをイメージされているのか、もっと具体的に、とある命が、あるものからあるものへ受け継がれていくことを意味しているのか、「運命」とは、「戻る」とは(何とは書かずにおきますが:笑)・・などなど。
そんな思いをめぐらせながら耳を傾けているのも、また心地いい。

2199第三章以降も楽しみです^^
2199ci21
(注:歌の感想を書く上で、必要な歌詞を引用させていただきました。)
関連記事
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
<<「『宇宙戦艦ヤマト2199』ヤマト音楽団大式典2012」先行受付・・ | 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | 「千葉県少年少女オーケストラとアキラさんの大発見コンサート2012」>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |