心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
2199第三章PV!
昨夕、ヤマトクルーさまのメンテナンス終了後(若干遅れありましたがほぼ予定通りで感謝^^)、サイトにまいりましたら、新たな情報がたくさん公開されていましてドキドキわくわく^^
でもまずは、外出直前のため、なにはさておき、「宇宙戦艦ヤマト2199」ヤマト音楽団 大式典2012の先行受付の手続きを、と。幸いにして、プレミアム会員向けの枠もあり、手続き終了・・正確には週明けに振り込みするまでは終了といえませんが、とりあえず、ほっとしました^^
あとは何事もなく当日を迎えられたら・・と願うばかりです。

このイベントの前の11/7には、2199サントラCDがいよいよ発売されるのですね^^
待ち望んでいたサントラですので、とても楽しみです。第三章の余韻を楽しみつつ(楽曲不明ですが)、当日のイベントにむけて気持ちが高まることでしょう・・・。

さて、そして、昨夜は猛烈な睡魔に襲われてしまい、中途半端に見たくなかったので、今朝ようやく、「第三章PV」を見ました!
昨夕の情報にて、すでにささきいさおさんの「真赤なスカーフ」第三章EDとなることがわかり、本当にうれしかったのですが、実際に映像とともに聴きますと、心の中にかきたてられる思いが高まってきまして、やはりすばらしい^^
第三章は、いろいろなドラマが見られそう・・そこへ、この歌がありますから。

ざっとPVを振り返りつつ、( )内に私の思いつきコメントを書きました(あくまでも勝手な想像ですので、ご注意ください)。
●ユキと古代。展望室での二人の後ろ姿
(いったい何を話すのかしら。星に願いをかけるユキと古代か、PV最後のシーンの太陽系に別れを告げるエピソードだけなのかしら。期待が高まり、いっきにPVにひきこまれます^^)。
●山本のペンダント、兄との思い出、ガミラス女性(?)とのからみ
2199では家族の思い出とガミラスへの思いに揺れる心情が、古代でなく、山本を通して描かれるのかしら??などと思い描いてみたり。古代のおいたちももっとクローズアップしてほしいと思ったり)
●沖田と佐渡先生のお酒
パート1では未成年だった古代ではなくなった・・?今回20歳でも?)
●シュルツと娘
(地球人と同じような親子の思いが描かれるのかしら・・娘が愛らしい)
●ガミラスのワープ戦法(?)、ガス雲に追われるヤマト、燃える星
パート1のエピソードがどのように描かれるのか楽しみ^^)
●異次元空間(?)、スターシャ(?)の手が山本百合亜のほほに触れる
パート1ではスターシャが導いてくれましたが、今度はどのように・・?何か幻想など見えるのかしら・・?)
●アナライザーとロボット(ガミラスの?)との出会い?倒れるロボット
(ロボットは侵入者?アナライザーにも何か感じられるということが描かれる?アナライザーの人間的な面は、パート1のビーメラ星のエピソードで描かれていましたが)
●古代の波動砲発射、第一艦橋クルーたちの敬礼
(この斜めに向いた敬礼の意味するシーンは?何に敬礼しているのかしら・・)
●PV冒頭の二人
 ユキ「さようなら、地球」
 古代「俺たちは帰ってくる・・必ず帰ってくるぞ・・!!」
(二人のツーショット、何かしら二人の心の中に変化がみられることがわかるような、すてきなシーンになりますように・・)
●ヤマトの後ろ姿
ささきいさおさんの『真赤なスカーフ』の余韻に浸ります・・)

ざっと振り返っただけでも、数々のドラマが私の中に思い起され、新たなドラマがわきおこってきます。
10/13上映スタートですが、この時期いろいろと行事など多いころ、いつ行けるかとても微妙ですが、映画館でなんとか一度は見たいと思っています。
2199ci21
(追記2012/08/25/10:10)
2199公式サイトにて、第7~10話の簡単な内容がUPされていましたね。
さらにいろいろ想像をかきたてられます^^
関連記事
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
<<御礼^^カウンタ20万突破 | 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | 009その他興味ある作品>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |