心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
今日の映画館:雪・ユキ・・(ネタばれなし)
意味深なタイトルになりましたが(笑)、本日、ようやく、念願の2199第四章を見に行くことができました。
初回9時スタート、とにかく、劇場限定版BDも気になりますので、開館予定の20分前に到着しました。昨日まではとてもお天気もよく暖かめでしたのに、今日に限って、ひどい雨と寒さ。あまり長く並ぶのも大変と思いましたが、第三章までよりも朝一番の行列が少し長くなったかしら・・と、うれしいきもちとあせりとを感じながら、開館を待ちました。

予定より10分早く8時半に開館していただき、ほっとしました^^
チケット発券は事前にすませてありましたので、売店レジへ直行。無事に劇場限定版BDを購入できました^^・・直行、ということで、他のグッズをよく見ていなかったので、悔いが残ってもいけませんから(^^;)、再度並び一応陳列品をチェック。クリアしおり木札の新バージョンも陳列してありましたが、今のところ手配済みのもので納得しましたので、あとは、入場時刻を待つばかり。
カメラをもっていきましたが、巨大広告はなく、写せず・・・これは意外。
どうしてかしら。今まで必ず次回の広告が掲げてありましたのに。
第五章チラシは見開きで充実していましたが、あくまで推測ですが、ひとつの節目にあたり、今後は新たな手法が控えているのでしょうか??
そのかわり、紀伊国屋新宿本店4階ショップについてのポスターがありましたので、記念に^^
2199ci43

そして、いよいよ入場。
こんなに天気が悪いのに、これまでよりも、劇場ロビーは人であふれかえっていたように感じました。
きっちり上映開始の10分前の入場でしたので、入って心の準備をする間もなくはじまってしまうかしら・・と、ドキドキ。
入場者特典もいただき、初めてスクリーン1の大スクリーンを目にしますと、胸の高鳴りも増していました。

早朝のお弁当づくり、家族のお世話をしてから、お天気の悪い中に来て、少し疲れも出てしまい、寝てしまわないかしら・・と、若干の不安もありましたが、これまでのダイジェスト映像が流れるや、すっかりどこかに飛んでしまいました^^
最近2199DVD&BDを見ていませんでしたので、ダイジェストだけでもとても懐かしさと、また大スクリーンの迫力、音楽のすてきなこと・・・に、すっかり舞い上がって、ひきこまれました。

そして、本編
・・書きたいですね。
一言でいえば、とてもよかった、です!
26話のうちの4話なのですが、2時間弱の映画作品としてとらえてみても、とても起承転結のあるまとまりのある、また戦闘シーンの迫力やハラハラドキドキの展開、人間ドラマがこれまで投下(紹介)されたさまざまな個性をさらに深め、かかわり合わせて、掘り下げられている(・・とてもよかった!)、どこかで見かけたような部分(過去のヤマト作品や他作品)が登場すればほほえましく感じたり・・と、いろいろな要素が織り込まれている作品、と、とらえられそうです。
音楽ももちろんよいですが、EDがとてもよかったです。内容の深みあるイメージにぴったり、とおもいました。

音楽団大式典第11話だけ見ましたが、そのときは斜めから見たせいもあるかもしれませんが、今回は正面から見ることができ、やはり映画を観賞する設備の整った空間でしたから、じっくりと楽しめ、味わうことができたと思います。前回はそうでもなかったシーンで、今回思いがこみ上げて涙してしまったシーンもありましたし。
もっと詳しく書きたいですが、ここでは、やめておきますね。

見終わって、しばらく呆然としていました・・・
まだ第四章・・毎回、前回よりも「すごい」「魅力的」と思える部分が必ずあり、私の心の中でヒートアップするのがわかります。今回は、ゾクゾクしてきました・・26話までたどり着いた時、これはすごい作品になるのでは、というような予感めいたものです^^
・・とても充実したひとときでした。
すぐもう一度、スクリーンで見直したいと思いました。
下りのエスカレーターを降りながら、外を見ると、一面雪景色でした・・作品の中のあるシーンとかさなり、とても幻想的なイメージを抱きつつ、その場を後にしました。
こんな日に映画館に来たのも、縁があったのかもしれませんね。
記念に新宿ピカデリー入口と2199第四章広告を^^
2199ci44

その後、紀伊国屋新宿本店4階ショップにまた行ってみましたら、今日はけっこうグッズの種類が増えていました^^
映画の半券を見せますと、好きなポストカードをいただけましたので、私は「第8話 星に願いを」の後ろ姿のヤマトを。

帰りは帰宅難民になりそうでしたが(子供にサポートが必要で、すぐには帰宅できず、そのうち大雪に^^;)、日が暮れますころ、ようやく家にたどり着きました・・

もう少し早くUPしたかったのですが、遅くなってしまいました。
とにかく、今は、早くBDを見てみたいと思うばかり。もっと咀嚼したい、という思いにかられています^^ パンフレットプレミアム会報も熟読したいと思います。
yuki9
雪、ユキ・・ああ、どうなるのかしら。
今回の古代君は、けっこう◎(欲を言えば
まだもうすこしあるのですが、これまでより
ぐっと・・)・・とにかく、舞い上がって
見逃してしまったところもありそうなので(^^;)、
BDでも見なおしてみたいのです・・。
関連記事
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:5 |
<<「昭和40年男 2月号」 | 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | 2199グッズ>>
この記事のコメント
ELLEさま、はじめまして。
コメントをいただきまして、ありがとうございました。

同じ日に2199第四章をご覧になっていた(しかもお子さまご一緒で、大変でしたね^^)とは、うれしいですね。あの日は本当にお疲れさまでした。
でも、お子さま、楽しまれたご様子でよかったですね^^うれしいです・・・。

私も、学生時代は、ユキにあこがれていましたよ^^
少し年上のお姉さんという感じでしたので、もっと具体的に、同じような宇宙関連の仕事に就きたい、とまじめに考えていたころもありました(^^;)。ただ、私の場合は、古代君ファンでしたので、古代君あってのユキ、という二人の存在そのものに憧れを抱いていたことも大きかったと思いますが(つまり・・+『恋愛へのあこがれ』)。

ただいま、拙サイト「古代進case study」TOP絵「2199古代」なのですが、私も同じく、2199の古代はとてもかわいらしく見えますので、あのような表情になったのかも、と思っています^^

いろいろと参考になるお話、ありがとうございました。
またよろしければお立ち寄りくださいね。
2013-02-16 Sat 22:54 | URL | アーヤ #WzzJX4NY[ 内容変更]
[]
はじめまして。
ヤマト2199の感想サイトをさがしていて、たどり着きました。少し前の投稿へのコメントですみません。

私も同じ1月14日に、大雪の中新宿ピカデリーで鑑賞しました。8歳の娘を連れて・・・。(おなじく危うく帰宅難民になる所でした)

私も14話の古代の「ユキ!」にはドキドキしました。
古代もユキも、オリジナルとはかなりキャラクターが違うのですが、なじんできてみると、2199の雰囲気・世界観や絵柄にしっくりくるキャラクターで好きになってしまいました。
  オリジナルのブームのころ私はまだ小学校低学年で、まだ異性キャラより同性キャラに憧れる年頃だったためか一番好きなキャラクターはユキ、正直古代にはあまり興味がなかったのです。でも2199の古代は実にかわいらしくて良いです。(思いっきりおばさん目線な発言でごめんなさい・・・)

ところで、私の娘は当然オリジナルの物語をしらず、今回も予習代わりに3話までだけ見せてから連れて行きました。
そのため、物語が理解できるかどうか心配だったのですが、なんとなくわかったみたいで、楽しんでくれたようです。
あとで聞いてみたら、いちばん面白かったのは、「オバケが出てくる回」(=14話のことらしい)だそうです。
そういえば、「学校の怪談」系の子供が好きなちょっと怖い物語と通じる雰囲気があるのかも・・・。
2013-02-16 Sat 02:13 | URL | ELLE #-[ 内容変更]
[]
コメントいただきました方、どうもありがとうございました。
情報をお寄せいただき、うれしく思います・・私もネットのどこかでそんなお話を見かけたような気もしていましたが、スクリーン1は4階で、なにしろ大変な混雑でしたので、次回のチャンスに、と思います。
なお、まだ上映スタート間もないため、当ブログでは内容についての具体的なコメント公開はまだ控えておきたいと思います。
2013-01-15 Tue 08:40 | URL | アーヤ #WzzJX4NY[ 内容変更]
このコメントは管理者の承認待ちです
2013-01-14 Mon 23:16 | | #[ 内容変更]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-01-14 Mon 23:01 | | #[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |