心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
記憶のかけら
実家を久しぶりに訪れました。
運転中のBGMは、もちろんヤマト。ここ数日は2199サントラを聴いては、2199第四章を思い起し、その余韻に浸りつつ、「これだけ第四章に心がヒートアップしているのは、このサントラの音楽がもはや私の中に取り込まれ、充分な受け皿が作られているに違いない!」とさえ、感じられました。
つまり、第三章までよりも、それ以降の2199音楽団大式典サントラCDの発売によって、すっかり2199の音楽世界が私に中にとりこまれ、今回の第四章を見るにあたりまして、映像と音楽の一体になったこの作品に接するや、即私の中の受け皿が反応し、体中で2199の世界を体感できる・・というぐあいに。
このように楽しめる作品こそ、ヤマト作品、といえましょう・・うれしい^^

さて、久しぶりの実家、いったん整理はしたものの、いつか処分するには、まだどれひとつとして不要なものはなく・・すべてが、思い出とつながっている。
そこには、厳然と、ありのままに、そのままに、家はある。少しも変りなく・・あれから1年2カ月がたつというのに・・。その少し前の夏、今度手作りデザートを作るわね、と材料だけおいて、それきり。その約10日後、母は倒れ・・未だに手元に残った材料は、封を開けられず。もうすぐ2月、賞味期限も迫る・・はたして作れるのかしら。

その帰り、これまで寄りたいと思ってなかなか寄れずにいた(駐車場がとても止めにくく)、子供の頃からなじみのある近所の評判のケーキ屋さん、今日は無性に、寄りたくなりました。めぐりあわせでしょうか・・今日に限って、まったく周囲にも車がなく、すんなり駐車でき、お店にも私ひとり。
せっかく入ることができたので、できるだけ長く、この場にとどまって、しみじみかみしめたい・・今日という日を。買いたいケーキは決まっていましたが、家族の分も、と選ぶのに時間をかけて^^
思い出深いモカケーキ、レモンケーキ、そのほかいくつか。
よほど、店員さんに話してしまおうかしら、と(亡き母や身内がよく買っていたんです^^懐かしくて、と)・・でも、言えなかった。
ふつうに買って、ふつうに・・ふつうにいられた日々を懐かしく思う。

そして、車。
さきほどまで聴いていた、2199EDささきいさおさんの「宇宙戦艦ヤマト」、そして「真赤なスカーフ」・・いつもと違って聞こえてきた。
ヤマト、といよりも、ふるさとの記憶がよみがえるような・・
次第に涙がにじんできました。
そして、自分で編集していました「星が永遠を照らしてる」が流れたとき、その涙はさらに増す。
もはやこれらの歌は、わたしの一部となっていた。
・・そして、この曲には、やはり特別な意味が込められているのだ、と思いました。サイト「古代進case sutdy」2199第三章のページに、この曲を聴いての妄想世界の文章を載せましたが、今では、さらに想像は広がっていきます・・

2199第四章を見たせいかしら。
もともとサイト「古代進case study」は、わたしの記憶の断片を拾い集めてつくりあげてきたようなところもありますので(『はじめに』参照)、いま、とても、自分のサイトの世界を浮遊している感覚です。
第四章の刺激、実家を通しての過去への記憶のかけら、ヤマトと私の記憶、過去、現在そして未来・・古代やユキへの思い、永遠にサイドストーリー復活篇続編妄想的シナリオも、どこか2199の世界とリンクしているような気分に陥っています・・混乱状態(^^;)。
死者への敬意、悲しみ、生死と向き合い、過去への思い、未来を想う・・その底辺にある、ゆるぎない心、愛、精神、古代とユキの精神的なきずな(ひとりぼっちのユキ:古代とユキのきずなが現実から離脱したところで描かれるのかしら・・と妄想^^)・・何か私の中で混沌としているようでいて、実はとてもフィットする心地よい感覚・・それを2199の世界に感じるのです。

ここ数日、サイトの2199第四章のページを下書きしているのですが、それもこれも、いろいろあって、今の私のきもちに至っているのかも。
うまく書けませんが、これはネタばれではなく、今のわたしの精神状態におけるひとりごと・・。
文章うまくまとめられるかしら。
でも、すべてが作用しあって、わたしの中に何かが生まれるような気がしています・・新たな精神的なステージへ、とでもいうような。
わたしにできることは、現段階におけるわたしのヤマトへの思いを出し切るだけ。
koyuki4
そうこうしているうちに、もやもやとユキの謎をさらに妄想して、
一つの展開を導きだそうとしている私がいます(笑)。
関連記事
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:2 |
<<まとめてヤマト関連書籍・雑誌 | 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | 「宇宙戦艦ヤマト2199 」コミック第2巻>>
この記事のコメント
コメントをいただきまして、ありがとうございました。
わたしのつたない文章に、感想をお寄せいただき、恐縮しております一方で、うれしく思いました。
まだまだ続く、2199の世界を、これからもお互いに楽しんでまいりましょう。
2013-01-19 Sat 15:36 | URL | アーヤ #WzzJX4NY[ 内容変更]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-01-19 Sat 04:36 | | #[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |