心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
YRAラジオヤマト 第20回
本日から配信されていますYRAラジオヤマト第20回、月1回の更新になってしまいましたので、とても待ち望んでいました^^
内田彩さんとチョーさんの楽しい会話にも、すっかりなじんてきましたので、懐かしい気分・・。
ヤマトをめぐるニュースやイベントについては、これからの展開に期待がもてて、楽しみです。
2199第四章の感想については、お子さまたちの反応がうかがえて、身近にも感じられ、うれしいものでした^^

ところで、あと6回・・7月末で終了、ということですね・・これはどのようなタイミングになるのかしらね・・。第7章までイベント上映は3回あるのでしょうし、TV放映は何日から何日までになるのかしら・・などと、それぞれの展開時期をあれこれ思い描いています。

さて、ラジオヤマトにてお子さまたちの反応がうかがえて、に関連して。
実は、まとまった時間がとりにくかったので2話ずつ刻んででしたが、昨日までに息子(小5)に2199第四章を見せることができました。
自宅で見ますと、どうしても、見ながら「これは**?」などと、声が発せられまして、私もその都度簡単に話せるところは話してしまうので、集中して見るのが難しいものですね(第14話はあえて放っておきました・・どこまで理解できるか知りたくて^^)。
第11話冒頭戦闘シーンは迫力があり、楽しめた様子。その後展開される人間ドラマもじっと見入っていました。古代と島の言い合いに南部が・・のあたりは、とても楽しかったようです^^ どこまで人と人のかかわりの裏にある思いが読みとれたかはわかりませんが。
第13話の展開も、どこまで理解できているか微妙ですが、本人は「わかったよ」とのこと。駆け引きの妙までとらえきれいるか、はどうかしら。
そして第14話、今までとTVを見る姿勢が変わりました。リラックスしていた姿勢から起きあがり、前のめりに。しっかり見よう・・という。
でも一度では難しいようですね、やはり。目に見えるそのままを受けとめることはできていましたが、その奥にこめられた意味までは少々難しいかも。でも、大人でもまだ正解はわからない・・意識の浮遊感を視聴後までひきずりますから、子供は当然でしょうね。何度か見て、徐々にわかっていくのかもしれません。怖くていやとか、わけわかんない・・などと拒絶される可能性もほんの少し考えましたが、それは全くなく(少しは怖いが)、逆に興味深く真剣に見入っていましたので、それはうれしかったです^^

TV放映となれば、映画館と違って、1話ずつ、家で見るようになりますから、今私たちがイベント上映で見る見方と、ずいぶん違ってくるのでしょうね。
子供と見れば、おそらく話しながら。戦闘シーンなども難しい言葉が飛び交うので、「デコイの意味わかる?」と息子に聞いてみたりしながら、第13話は見ました。私としても、できるだけわかって楽しんでほしいですからね。
ラジオヤマト内田彩さんやチョーさんがお話されていましたこと、私もすでに実践済みです^^
これからもラジオヤマト、2199第5章以降も、とても楽しみにしています。
2199cine31
余談ですが、チョーさん、ワンワンのお声だったのですね!
子供たち小さいころよく見ていました^^イベントにもよく行きましたよ^^
関連記事
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:4 |
<<2199私的音楽鑑賞法 | 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | アクセス御礼^^ >>
この記事のコメント
ひろさま、コメントをいただきまして、ありがとうございました。
現代的な他作品の表現をとりいれながらも、今後の展開には、ヤマトらしさを失わないでほしいな、と思いますね(若い人たちに受け入れやすくするために現代的な表現をとりいれていらっしゃる、と解釈しています^^)。
「らしさ」というのが、難しいところなのでしょうけれど。人それぞれのヤマト世界がありますものね・・。
古代とユキ、沖田艦長・・などなど、キャラクターがしっかり存在してくれていれば、安心のような気がしますが。

古代とユキ、これから先が楽しみです。私にとっては、この二人が存在しない物語はヤマトと言い難いので(^^;)。懐かしのエピソード、あると私もうれしいですが、もしなくても、第14話のラストのようなシーンがあれば満足です^^
今後の展開に期待しています。
2013-01-31 Thu 22:02 | URL | アーヤ #WzzJX4NY[ 内容変更]
私も14話の表現は、エバ的だと思いました。高校生のうちの子も、ふうこ様の感想と同様でした。あわせて、エバの庵野さんとキャラデザインの貞本さんは、私の同郷(山口県なんちゃ)だということも。歴史上、アニメにも吉田松陰、高杉晋作的存在、ヤマトがあって、エバがあるんやぞと。。。安倍総理だけじゃないけんね。ぶち、ええやろー山口は。(おいでませ、山口へ、ヤマトへ)
でも14話、古代と雪の深まる愛の始まりが描かれてたと思います。ファーストヤマトの中で、写真をとるシーンがありましたが、リメイクヤマトでもあるのかなあ???(将来のパパとママの思い出写真)
2013-01-31 Thu 05:31 | URL | ひろ #-[ 内容変更]
[]
ふうこさま、コメントをいただきまして、ありがとうございました。
お子さまたちとの楽しまれているご様子、ほほえましく読ませていただきました。

うわさのエヴァは以前一度だけひととおり見ましたが、記憶があいまいなので、あえてサイトの感想でも触れませんでしたが、やはり似ているのですね・・かなり以前に見たとき(当時ここがまだBBSのころだったと思うのですが)書きましたが、少しなじめない部分があり、それ以後見ていませんのでコメントできませんが(庵野監督申し訳ありません^^;主題歌はとても好きです^^)。

子供は本当に、一度しか見ていないのに、とても細かく見ていて覚えているもので、私も驚いたことがあります。第三章まで1回しか見ていないのに、「あの場面で出てきた**だね」とか・・。
息子も同級生で話題になっている他のいくつかのアニメは録画予約してチェックし、話に参加しているようですが、4月からはそこに2199も加わると、うれしいと思います。もっとも息子の場合は、録画予約不要ですが(笑)。

娘とは本当は一緒に映画館に行きたいところなのですが、部活に熱中し時間もあまりないこともありますが、2199は最初見せていたのですが、アニメそのものにあまり魅力を感じないせいか(現実的なドラマの方が性に合うようです^^;)、あまり関心を示してくれませんので、残念ですね・・私は娘のころには古代君を追っかけていたのですが(笑)。

作品に対して、声優さんから入る、というのはありますね!
私自身が、富山敬さんを追っかけて、いろいろ見ていましたので^^
いろいろな形で、子供たちに広まっていくといいですね。
4月からの展開が、とても楽しみです。
2013-01-29 Tue 16:04 | URL | アーヤ #WzzJX4NY[ 内容変更]
こんにちは。ラジオヤマト、聞きました♪ テレビと映画とラジオのタイミングが気になりますね。
 おお、お子様も鑑賞されたのですね! 同い年のうちの息子も、14話をスルーする事無く楽しんだ模様です。少し前にテレビでやっていたエヴァのビデオを繰り返しみながら、「ここここ、ヤマトに似てるよね」と比較検討しています。(ヤマトが似ているのかな?)
子どもの観察力ってすごいなと思います。一度しか見ていないのに、「北野君出てたね」といじわるく聞いてみたら、「古代のかわりで来た人ね~」と。あなどれませんね。
私たちの世代は多分ほかにあまり楽しみが無い中でヤマトに巡り合いましたが、今の小学生のまわりは楽しい刺激がいっぱい。そんな中でも健闘できるんじゃないかなとかなり期待しています。
高校生の息子は今時のアニメしか見ないのですが、2199のコミックを置いておいたら、「ああ、これ、小野Dがでてるんでしょ!」と反応。声優さんからヤマトに、という流れもきっとあるんでしょうね。「わんわんも出てるよ」と言っておかなきゃ。
こどもをだしに映画にいく話もありましたね♪下の子がまだ小学生でよかったです。さすがに、自分より背の高い息子と行くのは気が引けます。まあ、行ってもいいんでしょうけど、お母さんと映画を観に行く高校生っていうのも・・・。娘がいたら行けたかしら。アーヤさんの御嬢さんは映画館までは一緒にみにこないのでしょうか。
ヤマトが次の世代にも楽しまれているのは嬉しい限りです。
2013-01-29 Tue 13:55 | URL | ふうこ #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |