心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
2199第五章「望郷の銀河間空間」PV公開
本日18時に2199公式サイトにて公開されるとは知っておりましたが、夕食時、かつ、子供たちの対応に追われておりまして、見られず。ようやく先ほどから繰り返し視聴。
混雑のせいか映像が飛び飛びになってしまいますので、すべてを見ることができているのかわかりませんが(見たいシーンでうまく一時停止がききませんので、若干ストレスを感じますが^^;)、とりいそぎの感想です。

なぜか・・一瞬、映画「プロメテウス」を思い出してしまいましたが(^^;)、古代君の声が聞こえてひと安心。またいろいろなセリフや映像がちりばめられていますので、あちこち切り貼り再構成する楽しみがありました^^
以下は気になるところですが、まだご覧になっていない方はご注意を・・。
あくまでも私の思いつきですが。

●ゆりあの、髪の毛をくるくるするのが、気になりますね(笑)。セリフは彼女自身によるものか、誰かの?「はるか昔、イスカンダルはやってきた・・」
●ビーメラ星がそのような設定・・ときて、あの人たちが、そうなりますか。この展開は、若干、小説「宇宙戦艦ヤマト」(石津嵐)が思い出されました。だって島君が。
 「ヤマト計画をここで中断する」の声は・・。
●「ユキさんがイスカンダル人だったっていう話は・・」とは誰の声か判別しにくいのですが、これは、思わせぶりなセリフでは、とか。伊藤があれを手にして、いろいろ言いだしたのでは、とか。まだまだ、ユキは地球人であってほしい、と思う私です(笑)。
●ドメルは、そのような汚名をきせられてしまうのかしら。ドラマが見ごたえありそう。
●その戦闘シーンは、とても迫力ありかっこよさそうね。
●デスラーの孤独(苦悩)、というテーマも、ドラマのひとつの側面に見えてくるのかしら。あのBGM(『独裁者の苦悩』)が生きてきそう。
yuki9
関連記事
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:2 |
<<今日の2199CM | 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | 「2199オフィシャルDVDガイドブック」「2199公式設定資料集」発売決定!>>
この記事のコメント
コメントをいただきました方、ありがとうございました。
お話の展開がとてもきになりますね。
今回、オリジナル性が強く表れてくるようで、どのようにとりまとめていかれるか、とても楽しみです。島君は、これまでも複雑な心情の変化がみられていますから、そのドラマにも深みが出てきそうですね(個人的には、古代君にも『複雑さ』を期待したいのですが^^;)。
2013-03-10 Sun 17:49 | URL | アーヤ #WzzJX4NY[ 内容変更]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-03-09 Sat 11:59 | | #[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |