心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
プレミアム会報「宇宙戦艦ヤマト航海日誌vol.3」
先週末、今か今かと待ち望んでいました、ヤマトクループレミアム会報「宇宙戦艦ヤマト航海日誌vol.3」が、昨日、2199TV放送直前のお昼前に手元に届きましたが、時間もあまりなかったのと、まだ第五章の詳細を目にしたくない思いから、ざっと目通しするにとどめました。

2199については、ヤマトクルーさまや2199公式サイトの公開情報に足並みをそろえつつ、私自身の「事前情報をあまりインプットせずに、作品に臨みたい」という思いも加味して、第五章以降も、第四章までと同様に、当面、当ブログにおいてはネタバレないようにし、サイト「古代進case study」にて、ネタバレ入りの詳細な感想文をUPしていこうと考えています^^

さて、前置きが長くなりましたが、会報の簡単な感想です^^

●静かな美しい景観の表紙裏表紙、すてきです^^
 (・・が、角が折れてしまっていましたのが、少々残念)
 第五章への展開を予感させる、嵐の前の静けさ?・・と、しばし、勝手にあれこれ思い描いていました。
「TV放送情報」は、すでに公開済みのものが多いですが、現在未発表のものがひとつ・・私はこれまで縁がありませんでしたが、ビッグニュースですね。どのようになるのか楽しみです^^
「YRA収録現場密着レポート」は、とても楽しめました^^
 チョーさんと内田彩さんのインタビューは、とてもボリュームがあり、お二人のラジオでの様子が思い出されまして、二人のお声で脳内再生して楽しみました。とてもファンの声を大切にしてくださっているのね、と、うれしくなりました。本当に・・あと4回で終了してしまうなんて、とてもさびしいですね。
「第四章に関係する設定資料集」も、とても興味深く、楽しめました。
 感想は、内容の核心に触れる部分になりそうなので(あくまで私の妄想ですが^^;)、これについては、サイト「古代進case study」にていずれUPする第五章感想ページで書くことにしようと思います^^
この設定資料集を見ていますと、5/31発売予定2199公式設定資料集がとても楽しみになってきます。期待しています!
大倉雅彦氏によるイラストは、とてもすてき。
 昨年は桜とともに、でしたが、今年は、第五章劇場販売グッズにあるクリアファイルを見た時には光の輝きと思っていたものが、カモメ(?でよいかしら)なのですね。自然と一体となり、やさしく、柔らかみを感じさせてくれる雰囲気となり、すてきですね。
「ヤマト御宝回顧録」で、ドラマ編カセットテープをとりあげてくださったのは、とてもうれしかったです!
 私はその一部のレコードのみ購入していましたが、以前から当ブログでも書いていましたが、「ドラマ編」アルバムの価値に触れられ、懐かしいジャケットの写真を掲載していただいて、感激^^ 
 難しいとは思いますが、CD再販、あるいは何かの特典としてでも、高音質で聴けることを願っております。
 音楽、効果音、そして声優さんのお声も、あのころの記憶を呼び起こしてくれる「宝物」ですから。
kodai9
関連記事
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:2 |
<<TV主題歌に託された思い | 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | 2199関連ベストセラーランキング!>>
この記事のコメント
コメントをいただきまして、ありがとうございました。
ドラマ編アルバムについて、同じような思いでいらっしゃるのは、うれしいです。
ぜひとも、特典など何かしらの形でもよいですから、音だけで完成されたヤマトの世界に耳を傾け、想像をめぐらせてみたいものですね。
2013-04-09 Tue 07:54 | URL | アーヤ #WzzJX4NY[ 内容変更]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-04-09 Tue 00:07 | | #[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |