心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
2199第五章余韻に浸りつつ・・
その後、パンフレットなどを読みつつも、2199第五章の初見の思いをとどめておきたいので、まずはサイト「古代進case study」における2199第五章感想ページ作成を始めました^^

ネット上の他の方のご感想は、自分の考えがまとまってから見よう・・といういつものスタンスに身を置いて、しばし内なる声のみに耳を傾けることにしています。自身の思いがぶれないように・・。情報関連記事などはチェックしていますが。実際、ツィッターはとくにTV放送直前直後はものすごい勢いで流れますから、追いかけ続けると、ほかのことができなくなってしまいますので(^^;)、適度にお休みをとりながら、おつきあいしています(笑)。
劇場限定版BDは、たいていいつも、おおよその私の考えがまとまってから、セリフチェックにまずは見て、そのあと時間のある時に作品全体を通して見ることにしています。

根がアナログ人間のせいなのか、子供時代の習性か・・映画鑑賞後はパンフレットなどの活字やサントラの音楽を聴くことによって、余韻を楽しむのが常で、それによって私の中のイメージもいろいろと広がっていくのだと思います・・妄想へも(笑)。映像作品そのものを見始めますと、とたんに入り込んでしまい、それはそれでもちろん、十分鑑賞できて楽しいのですが、想像の膨らむ「間(ま)」というものがなくなるので、想像が制限されてしまいそうで・・考えがまとまるまではあまり見ないようにしています・・とくに、繰り返し再生というのも、不自然な楽しみ方なので。
ただし・・考えをまとめたあとは・・あとはもう、自由自在に楽しみます(笑)。コマ送りにしてお気に入りの表情やシーンを探してみたり、繰り返し再生をして何度も楽しんだり。
それを楽しみに、先にある程度まとめるまでは見ない!と自身に制限をかけて、浅薄な知識や感覚をフル稼働させて、まとめていっている状況でしょうか(笑)。
さて、今回はどのようにできあがるかしら・・いつもながらの拙文ですので、あまりご期待に添えないかと思いますが・・私自身の備忘記録が最大の目的なのですが、ご覧になる方の何らかのお役に立ちましたらさいわいです。
kodai18
関連記事
別窓 | 「古代進」サイトについて | コメント:0 |
<<2199視聴者動向は? | 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | 今日の映画館>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |