心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
2199第13話
冒頭のナレーションと映像が少し変わりましたね。ドメルやデスラーが登場。第六章を見た直後ですから、いろいろ思い出されます。

ヤマト関連CMは、第四巻DVD&BD、ED曲のもののみ。
今日はやたらにガンダムCMが多かったような印象。

携帯待受け画面は、100式空間偵察機。

第13話は、改めて見ましても、とても密度濃く、目が離せない展開が続き、あっという間の30分でした。
古代が活躍するエピソードで、うれしい。
今までこの密度の濃さに目を奪われていたのか、今日見ますと、キャラのお顔がやや簡単に描かれているような印象(?笑)。
劇場で続けて見るか、TVで1話ずつ見るかによって、いろいろ印象変わるのかしら。その時々で注目点が異なるので、まだ安定した視点での視聴になっていない、ということかしらね(もう少し時間がたたないと、私自身の中で作品を咀嚼できないのかもしれません)。
でも、とにかく、見ごたえあり、今日も満足^^

来週、第14話、できれば「記憶の光」をEDに流してほしいが、やはり、難しいのでしょうね・・第7話「真赤なスカーフ」でさえ流れなかったのですものね。
kodai19
関連記事
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
<<第六章劇場限定版BD(ネタバレなし) | 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | MBS携帯待受け配信>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |