心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
2199コミック第三巻、ニュータイプエースvol.23
先日読みました「2199コミック第三巻」の感想をまだ書いていませんでした・・そうこうするうちに「ニュータイプエースvol.23」も発売。

どちらも・・本当に、とても楽しめました^^
アニメのストーリーを補完するように、補完というか、さらなる魅力あふれる展開が、ちょっとした会話やシーンを織り交ぜながら描かれ、楽しめるのですね。
何度も読み返したくなります。
むらかわみちお氏の描く古代君とユキがとても好き。徐々に二人の間の距離が縮んでいくような・・二人のシーンがとても楽しみ。
また、アニメで描かれていない、古代のちょっとした表情などで、内なる思いが描かれていますと、とてもうれしくなりますし(アニメと少し違って、『ここでそれを認識したのかしら』など、思わぬとらえ方に刺激を受けたり^^)、ほかの登場人物たちでも、「もうここでこのようなセリフを?」・・と思いつつも、「ありえる(笑)」と一人で突っ込んでみたくなったり・・とても楽しめました^^
アニメからでもあれこれといろいろな妄想が生まれてくるのですが、コミックを読みますと、さらにその奥に広がるさまざまなドラマが思い描けてきそうなのですね・・。

紙媒体での連載が今号で終了、ということは、先日も書きましたが、本当に残念です。
雑誌独特のにおい、指でページを繰り、次に現れるシーンを想像してはワクワクする・・そんな感覚を味わえなくなるのは、本当に寂しい。なんとしても、コミック本は今後も発売していってほしいです(むらかわ氏ブログによりますと、期待できそうですね^^)。ネット連載は、私もあまりID登録など積極的にはしない方ですので、ひょっとしましたら、コミック発売まで読むのは我慢するかもしれません(とはいえ、vol.23の続きは、非常に気になりますが。これからよいところなのでは・・??冒頭シーンは、雑誌読者のために、最後の紙媒体で収めてくれる展開にしてくれたのかしら、なんて、勝手に想像して、感謝しております^^)。

本編以外にも氷川竜介さんによる連載「宇宙戦艦ヤマト 温故知新」を知ってからは、(以前は買い控えてしまっていましたが)また雑誌購入して読みたくなってきたところでした・・・それがもう最終回なんて。これまでの連載を書籍化してくれないかしら・・何らかの形で、ぜひ読みたいです! また、まだまだ続きそうなさまざまなお話も読んでみたかった・・何らかの方法で読めるようにできないのかしら。

また、雑誌ならではの楽しみとしまして、折込ピンナップ。山本とコスモゼロ、ステキですね・・アニメとはまた違った魅力を放っている山本。こうした楽しみもなくなってしまう・・。

さらに、カラーページにあります2199関連情報第七章の紹介がありますが、まだDVD&BD第6巻が発売されていないですが第六章の画像や内容が少し載せられて、第七章へ向けての表現になっています。ネタバレ好まない方は閲覧ご注意された方がよいかもしれません。でも、最終号で、2199情報を中途半端な形で終わらせず、最後まできちんと紹介してくれてうれしいです・・休刊、本当に、残念。

ですが、コミックの連載は、今後も応援していますし、期待しています。
ぜひとも、楽しく素敵な2199の世界を描いてほしい、と、心よりお祈りしております^^
kodai18
関連記事
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
<<私とヤマト;2199へ | 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | 今ごろ・・兆し?>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |