心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
私とヤマト;2199へ
2199新主題歌については、これまでどおり、作品に接してコメントをする、というふつうの姿勢でのぞもうと思っています。
先の記事にも、「もちろん、聴いてからでないと、楽曲の評価はできませんので、楽曲については、これ以上コメントするのをやめておきます」と書きました。

その後、いろいろ考えていたのですが、これまでもいろいろなヤマト作品ごとに、自分にとってフィットするか否か、あれこれと感じたことを書いてきましたが、それは、あくまでも私の個人的な感覚によるところも大きいですし、ほかの人はそれほど感じていなくても、私はものすごくお気に入りの曲やシーンがあったり・・ということも、多々ありましたから、自分の尺度を押し付けるような表現はよくない、と思っています。また、表現がネガティブすぎてしまうと、ご覧になる方に不快感を与えることにつながるかもしれませんから、ほどほどの表現にするなどの配慮もしてまいりました。

ヤマトは偉大な作品であり、さまざまな構成要素における魅力ある作品ですから、人それぞれに楽しみ方にもさまざまあり、好きな作品やシーン、音楽などもさまざまでしょう。別の言い方をすれば、「いろいろな人がいろいろな楽しみ方のできる作品」というふうにもとらえられるかもしれません(耐性、柔軟性がある、とでもいったらよいのでしょうか??)。
とはいえ、もちろん、40年ほど前にTVに登場して以来、その主題歌「宇宙戦艦ヤマト」は長い間親しまれ続けてきたもの、それを変更されることは、一大事であります・・ゆえに、最初知ったときは、かなりの衝撃を受けました。
でも一方で、「私にとってのヤマト作品の原点は、こことこことこれにある・・」というような、「私のヤマト」の世界は、何も変わることなく、私の中に存在します。それでいいのかな、とも感じます(最近、TVEDの件を通して、劇場上映版BD&DVDの形式を楽しむことが私にはフィットする、と感じはじめていたところでしたこともあり)。

単なるリメイクでなく、いろいろな可能性を提示してみる挑戦・・新しい世代への受け渡し、という位置づけにもあった2199作品、と私の中で当初とらえていたことを忘れてしまっていました(それが正しい認識かどうか、は判断つきかねますが^^;)。ただ、より多くの方に親しまれたら・・と思っていた作品でありました。かつてのヤマト作品とは別物として。

それを思い出しますと、やはり、ここは冷静に見守っていこうかな、と思いはじめました。
劇場上映版は、とても素晴らしい仕上がりと展開を見せてくれていますから。
今は、地上波TV放送、という、これまで考えられなかった事態に至っているのですから。
劇場上映版最終章までテンション高く見届けよう、そして、TV放送は距離を保って見守っていこう・・新OP主題歌は、これまでどおり、聴いてからふつうにコメントをする(私にフィットするならそう書くし、フィットしなければありのままを書くだけ)」・・そういう姿勢でいたい、と思うこのごろです。
kodai19
関連記事
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:2 |
<<私的復習視聴2199第5,6話 | 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | 2199コミック第三巻、ニュータイプエースvol.23>>
この記事のコメント
ふうこさま、コメントをいただきまして、ありがとうございました(先日は、何度トライしてもメールのご返事エラーとなり届けられず、案じておりました・・この場で失礼いたしますが、お伝えしておきますね)。

さて、OP主題歌変更の件、私ももちろん、知った直後にすぐここに書きましたとおり、大変な衝撃を受けまして、頭は真っ白、何事も手につかない落ち着かない状況に陥ってしまっておりました。
ネットでのコメントなどいろいろ拾っていましたが、数日たってきますと、ネガティブな私自身の想いにも精神的に消耗してきてしまいますし、ネット上の発言を見ていますと、さらに消沈してきてしまいまして、不快感を感じるまでに至ってきてしまいました。
劇場上映版2199作品は、こんなに素晴らしいのに・・と。

徐々に、作品には罪はない・・2199作品がかわいそうに思えてきてしまいまして・・・。作品内容よりも、TVにおけるOPの話題だけでコメントが終始する状態がずっと続いてしまっては、本来の作品が埋もれてしまうのではないかしら、と、危機感を感じたのでした。
作品の内容は、きちんととらえて、世に伝えたい、と感じるようになりました。
そうしましたら・・私の中でも少し冷静さや落ち着きをとりもどせてきまして、やはり2199を見守っていきたい、と、切に思うようになったのでした。

劇場上映版は現状維持のOPなのですし、劇場上映版DVD&BDも、これまで同様の形式を保たれていくのですものね。

ここ数日記事に書いていますが、ようやく、娘も2199を見るようになりまして、私自身、新たな刺激を受けています。若い世代の感じ方も、とても参考になりますから・・より多くの人に見てもらいたい、とますます感じている、今日この頃です。
2013-07-15 Mon 14:37 | URL | アーヤ #WzzJX4NY[ 内容変更]
こんばんは。今日の放送でオープニングの曲がかかりませんでしたね・・・。

アーヤさんの姿勢、いつも凄いなと感じています。
その時の感情でなんでも否定してしまわず、前向きに考えようとする・・・
オープンニングが次回から変ることは大事件なのですが、わたしも静かに見守ろうかと思います。
今日の放送、久々にリアルタイムで見ることができまして。高校生と小学生の息子たちも一緒に。
後半はかなりのってみていたようです。一緒に『ってー!』と言ってましたし。
来週からオープニングの曲が変わるんだよね、と言ったら、「へ~、いいんじゃない?」でした。かれらの年代では、オープニングやエンディングの曲が変わるのは当然のことのようです。「キャラクターソングはないの?」と聞かれ、何のことか分からず。いやはや。
2199が若い世代に受け入れられたら、それもまたいいことだと思えてきました。
来週の放送がこわいような、楽しみなような・・・。
この年になってまで、ヤマトにこんなに振り回されるなんて、思ってもいませんでした(笑)
楽しまなくちゃ、ソンですね。
2013-07-14 Sun 19:29 | URL | ふうこ #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |