心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
子供たちと2199劇場上映版OP、ED
自分で編集しました2199劇場上映版OP,EDのCDを、ちょうど子供たちと車に乗るチャンスがありましたので、一緒に聴きました。
子供たちはすっかりなじんでいますので、これまでのEDは、それぞれお気に入りの曲のところで口ずさんだり、と、ノリノリでした^^

昨日のTV放送が、いまだに私には夢だったかのように感じられますので、改めて子供たちに確認してみますと、やはり、子供たちにとっても「へん」とのこと。
ささきいさおさんによる「宇宙戦艦ヤマト」は、おととし母が亡くなった直後に、娘が学校の音楽発表会で演奏しましたので、何か運命的なものも感じてしまうくらい・・・と、思い出話に花が咲きました。
前回のTVOP(合唱版)も収めていたので、聴きながら、「この方が、(新OPより)まだましよね」と私が言うと、まだ2199を見始めて間もない娘が「まし、というより、(主題歌といったら)これでしょ。」と。私ほど深く長くヤマトとかかわっていない娘でさえも、「宇宙戦艦ヤマト」の楽曲は、あたりまえのもののように、自然と娘の中に存在していたのです・・。

そのうち、本当にどうしたことか・・「ヤマト(2199)の音楽をずっと聴いていたい」という言葉が娘の口から。
こんな言葉を聞く日が来るとは、全く思いもしていませんでした。
そのあと、歌だけでなく、サントラも少し聴かせてあげて、楽曲解説をしたり、私が子供時代にヤマトの音楽に触れて、そこからいろいろなジャンルの音楽にも興味が出て聴くようになったり、世界が広がっていったことなどを話しました。
こんなことを話せる日が来るとは、思っていませんでした。

2199音楽は、宮川彬良さんによりますが、その原点は、宮川泰さん。先人から受け継がれた「文化」と言ってもよいのではないでしょうか・・それを、わたしから子供たちへ語り継いでいくことになれば、こんなにうれしいことはない。
それはもちろん、「ヤマト」という作品やその精神、も含めて。
当然、主題歌も。

また・・ずいぶんエキサイトしてしまいました・・長文失礼いたしました。
sta025
関連記事
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:2 |
<<嫌な予感・・ | 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | 2199第16話>>
この記事のコメント
勘助さま、コメントをいただきまして、ありがとうございました。
コンサードで聴くことができたのはよかったですね。これからも語り継がれていくべき歌ですよね。

まだ本当かわからないので、ここに書いていませんでしたが、TVのデジタル情報(番組情報)を見ますと、先週は新OP曲のタイトルが表示されていましたが、今度の日曜の番組情報には、以前のProject yamato 2199「宇宙戦艦ヤマト」と表示されていますので、もしかすると戻るのかもしれません・・注目しています。そうなりますと、ひと安心なのですが。
2013-07-27 Sat 05:24 | URL | アーヤ #WzzJX4NY[ 内容変更]
今日実はコンサートでヤマト主題歌を聞くことが出来ました。いとも簡単にそして唐突にあまりにもサラリとOPを変えてしまったことはヤマトにとってどうなのか考えながら聴きました。。。そして改めて主題歌はこの元祖主題歌しかないと想い至りました。。。このところのアーヤ様の記事内容と合わせ、、、涙する想いです。
2013-07-26 Fri 23:45 | URL | 勘助 #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |