心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
2199第20話 その2
先ほどは、TV放送第20話の本編映像をほとんどじっくり見られずに書いた感想でした。
改めて、録画したものを見てみました。

●なぜか、冒頭のシーンが、すぐにガミラス側の発艦シーン?
リアルタイム視聴時は、新OPのせいで、すっかり不快感とイライラがつのり、映像をじっくり見られなかったせいなのかと思いましたら・・サイト「古代進case study」第六章感想ページの最初のセリフリストに掲げていた、加藤の「命落とすな!敵墜とせ!!」が、ないではないですか!!
これは、「ヤマト側の意思を象徴する、また、戦いに挑む前の心意気、心掛けを示すもの」ではないのでしょうか・・?
これがなければ、ヤマトは好戦的にガミラスを殲滅しようとする(憎しみが憎しみを呼び戦う、とか、小橋のように突っ込んでまで、の)印象をあたえてしまうのではないかしら?
今日の放送だけ見ますと、ガミラス側の悲惨さだけが伝わってしまうのではないかしら(ヤマトが悪者のように見える)?
これがTVによって、多くの方に伝わるとしたら、どうなのでしょうか・・・(政治的な問題に触れたくはありませんので、この件については、とどめておきます。あくまでもアニメ『宇宙戦艦ヤマト』のいちファンサイトの立場で、できるだけ、作品についてのみコメントするように努めたいと思います)。

●音楽差し替えについて
どうしてもエンディングテーマを流すということであれば、せめてBGM「独裁者の苦悩」をドメル爆発シーンからエリーサくらいまでは流すとか、エンディングテーマも最後はフェイドアウトして一部割愛するなどしてもよかったのではないかしら。
ドメル爆発からユリーシャ登場までの一連の流れとBGM「独裁者の苦悩」とのフィット感、音楽効果のすばらしさについて、「古代進case study」第六章感想ページにて触れています。
音楽を変えることは、作品に手を加えて違うものに変えていることに等しいのでは?
ヤマト作品における、「映像と音楽の一体、という魅力やポリシー」を無視したことになるのでは?

●オープニングテーマの意義とは
先の記事で(これまでも何度か)、私の思いは書きました。
あとは考えていただきたい。

●全体構成について
本編をじっくり見まして、なおさらに、「本編をカットするくらいなら、きちんと本編の内容を提示することを最優先とし、オープニングテーマとエンディングテーマは流さないでほしかった」と感じています。
ラストは「独裁者の苦悩」として。


これまで、私が書いてきた思いは、全く伝わっていないのだな、と、本日、明確に感じました。
私がサイトブログで書いてきたことは、全く伝わっていないのだ、と。
それもいいでしょう・・「何らかのご参考になればさいわいです」といつも併記しておりますし、私の表現があまりに拙いためでもあるのでしょう
ですが・・頑なに、また更に輪をかけて本日のような構成にされたものですから、まるで、喧嘩を売られているような印象を受けましたので、先の記事と合わせて辛口コメントを書くことにいたしました。
もしもこのような構成が、今回のTV放送限りのものでなかったとしたら(今後の2199の定番の構成として語り継がれていってしまうとしたら)、私も、ヤマト2199作品とのかかわりよう、距離感など改めて考え直さなくてはならない、と感じています。今現在の思いとしては、ドメルの「誘いこまれたのか・・?」という心境に近いです。
頭痛がしてきました・・つかれました。
ヤマト
第六章BD&DVDを見直して再チェックしましたが、
上記の思いにかわりありません。
OP、本編、ED、予告・・完璧です。
まさか、セルBD&DVDを売るための
マーケティング戦略ですか?
だとしても、あまりに誠意が感じられない。

(追記2012/08/18/23:59)
結局第22話までヘッドフォンで聴きながら、
ツィッターなどもチェック。
新OPについて「スピード感がいい」という表現が、
時々、肯定派の方から見られるのですが、
スピード感がある曲がよいのでしたら、
以前にも書きましたが、第六章EDとのカップリング曲
「未来への誓い」の方が、よほどよい、と思います。
歌詞に意味と想いがこめられています。
関連記事
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:2 |
<<「クラッシャージョウ」 | 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | 2199第20話>>
この記事のコメント
[]
勘助さま、コメントをいただきまして、ありがとうございました。
この件については、ネット上のいろいろなところで、意見がみられますね。
どうにもならないことなのかもしれませんので、今後は、ご覧の皆さまになるべく不快感を与えないように、あまり騒ぎ立てないように配慮しつつも、私の感じるところは、静かに表現していきたいと思っています・・沈黙が容認と思われるのも、また困りますので。

とりあえず、今は、第七章イベント上映が無事に終了することを心より願っております^^
2013-08-22 Thu 22:43 | URL | アーヤ #WzzJX4NY[ 内容変更]
[]
全く同感です。
旧作七色星団のように、OP無くてよかったのでは。
EDについても哀愁漂うよりも急いで片付けた感が。
六章の間までは我慢するとしても最終七章放映は、
是非ささきいさおさんのOPとEDにしてほしいです。
2013-08-21 Wed 21:48 | URL | 勘助 #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |