心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
「クラッシャージョウ」
今朝、寝覚めが悪く、ネットチェックも不調(ヤマト関連を見ていますと、また心かき乱され)。
ようやくお盆休みが終わりましたが、子供の世話は相変わらず、という状況ですが、少し自分にも時間を使いたく、きもちももやもやしていましたので、ヤマト作品から少し離れた方がよいのかも、と、これまでたまっていた他作品の録画消化をすることにしました(最近、映画もあまり見ていませんので、気分転換に洋画を見に行くのもよいかもしれませんね・・時間ないですが^^;)。

------

先月、放送されていました映画「クラッシャージョウ」を、ようやく見ました。
ヤマトジブリアニメ以外のアニメを見るのは、久しぶりのことでしたが・・いや、とにかく驚きました!
この作品全体にある躍動感はいったいなに!?というくらい、全体の動き、キャラの表情、メカ描写、アクションシーン、セリフの掛け合い(脚本)、キャラクターの魅力(描き分け)、懐かしの声優さん(納谷悟朗さん、武藤礼子さんなどなど)、そして、意外にも音楽・・音楽の入れ方が、実に独特でありながら、スペースオペラとでもいうのでしょうか・・映像やセリフ、情感などとともにその場面との一体感がすばらしい!

「ヤマト完結編」「幻魔大戦」と同時期の公開でしたので、前売り券を3枚を買いそろえ、たしか高校最後の春休みに見たのだったと思います。「ヤマト完結編」はその後何度も、「幻魔大戦」は何度か、見ていますが、おそらく、「クラッシャージョウ」は、1回見たきりだったと思います。
ですので、お話はすっかり忘れていましたが、見始めたら、もちろん忘れている個所は多々あるのですが、記憶の奥から呼び覚まされる「何か」を感じました・・ところどころ、次のセリフが先回りしてよみがえってくるのです。当時、アニメージュを読んでいましたから、そうしたほかのところからの情報が記憶の底にインプットされ、保管されていたのかもしれません。

旧アナログHDDでしかも画質落として録画してしまっていましたし、DVDかBDが当然発売されているでしょうから買いたい(こんな傑作で人気のあったアニメ、安彦良和さん監督、脚本・・の作品ですから!)、と思って、残量不足もありましたから、ざっと見てから消去してしまいましたら・・!
なんと、この作品、DVDとしてあるにはありますが、BOX形式で、単品売りされておらず、しかも高価。BD化もされていないという驚くべき状況にあることを知りました(^^;消さなければよかった:涙)。
「ヤマト完結編」とともに、アニメからしばらくお別れしよう、と決意したころに一緒に見たこの作品と「幻魔大戦」のBDを思い出に買おうかしら、と思ったところでしたので、とても残念。
近々、BD化されないかしら。されたら、即買います(笑)。本当に、すばらしい作品。
koyuki4
もちろん、完結編BDの発売も、
とても楽しみです^^
(追記)
UP直後に気づきましたが、
今日は、完結編公開日から11111日
たっているのですね(サイドバー参照)。
何か偶然の意味あるのかしら・・
心機一転前に進め、とか(^^;)。
関連記事
別窓 | なつかし作品 | コメント:0 |
<<神保町へ | 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | 2199第20話 その2>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |