心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
今日の映画館
日付が変わってしまいましたが、昨日、2199第七章イベント上映最終日、見に行ってまいりましたので、「今日の映画館」と題して、記しておきます。
ヤマトークナイトが開催されましたが、とても豪華なゲストに、もう・・うらやましくて、仕方ありませんでした。とてもこんな時間帯に参加できないですもの。これまでも何度か書いていますが、このヤマトークイベントや初日舞台あいさつの映像をDVD&BDか、何らかの形で、ぜひとも見たいです。

さて、私は、最終日11:25の回でしたが、平日の昼間にしては、やはりとても多くの方がおいででした。
一番大きなスクリーン1で、大スクリーンの映像を目に焼き付けてまいりました。
今日は、ダイジェスト映像からもううるうるきてしまいまして・・OP映像が、かすんで見えました。
いつもの、うるうると少々異なりまして、だれもいない一人でしたら、少し声が出てしまったかもしれません。
でも、本編に入りましたら、しっかりと最後の2199を見届けたい、という思いが強く、通常のうるうるに戻りました。

ただ・・見ながら、何度も「これはTV(放送)では、もったいない!」と、思いました。
映像とドラマと音楽が織りなす、このクォリティの高さ、スケールの大きさは、機会をもてる方には、映画館でみてほしいものです・・そのためには、気軽に見に行ける地域で上映される環境であってほしい。TVによって認知され受け入れられてきているなら、スクリーンでこそ、本物のヤマト2199の世界が体感できる、と訴求して。
このままTV放送が終わり、DVD&BDとして他の多くの作品の中に埋もれていくのは、きわめてもったいないことですから。

そんなことを考えつつ、いつものように、いつものところで涙し、この約1年半にわたって追い続けてきました2199イベント上映は、終わったのです。

映画館は、午前中に到着しますと、ダイジェスト画像展示はなくなっていましたし、巨大広告も他作品に変わっていまして、プラモデル展示や売店に少しだけ残っているグッズくらいしか、ヤマトを感じることができませんでした。
2週目入場者特典は、昨夜終了したようで、今日はいただけませんでした。ヤマトーク参加者の分は残されていたようで、2週目特典一式と別のポストカード(メッセージ寄せ書きらしい)がもらえたようです・・いずれも、ツィッターから拾った情報です。参加された方、本当に、うらやましいです。

今朝、ふだん、めったに立ち寄らないコンビニに、急きょ要件ができてとびこんだのですが、どこかで聴いた前奏が流れている、と思いましたら、なんとTVED「Distance」でした。そんなに入れ込んで聞いていなかったのに、やはり、耳に残っているものなのですね・・歌詞は受け入れられるので、2番の途中まで聴けましたので、しばし、とどまってしまいました。なぜか、じわり、と涙がにじんで・・今日は、きっと、特別な日になる・・そんな思いがしました。

偶然のようであって、必然のこと。
そのときから、どこか涙腺弱くなっていたようです。

帰宅後、サイト「古代進case study」の残りの作業にとりかかりました。
子供たちの世話の合間に・・もう少し早く作業を進める予定だったのですが、諸事情で遅くなり。
そちらに今日の思いを注ぎ込みました。
イベント上映はおわってしまいましたが、私の内なる心では、ヤマトと古代がいつまでも旅を続けています。
なお、くれぐれも、閲覧・取扱いにはご注意を。
yuki9
関連記事
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
<<幕開けの予感 | 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | 日経エンタテインメント!アニメSpecial「声優バイブル」>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |