心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
幕開けの予感
2199第七章が9/6をもちまして、イベント上映終了。
その日は、TV版宇宙戦艦ヤマト(Part1)のヤマトが地球へ帰還した日。

その後、初めて迎える日曜の今日、TVでは第七章に突入します。
どのような構成で放送されるのか、劇場上映版の雰囲気が味わえるのか否か、がとても気になりますが(BDがありませんので、これから約1か月はTVの記憶を引きずることになるので、今日は極めて重要な日)、その朝、「2020東京五輪決定」のニュースが流れました。

私の生まれた年が1964年東京五輪の年、それから56年。
まさに私の歩んできた道のりが、それに等しい。
生前、母がくれた、当時の東京五輪開催記念切手(10円切手)
子供たちに見せてあげました。
めずらしそうにながめ、よろこんでくれてうれしい。
・・それだけの「時の重み」を感じます。

TVから流れて耳に入った安倍首相のことばがこころにとまりました。
「希望と勇気を」
みんなが、2020年に向かって、こころひとつになって、
その時を、迎えられますように。
目指す未来へ。

早くその時を迎えたい思いがありますが、
あと7年は、まだまだ長い・・その時まで、
元気でいられるよう、充実した日々を過ごせるよう、
日々できることを、していきたい。

なんだか・・まるで、ヤマトの精神が導いてくれるような、
そんな気分になりました。
必ず、その人にとっての大切な「その日」を迎えられる
・・そう信じて、日々つとめていこう。

2199が終わってしまっても、ヤマトはいつも、こころの中にある。
ヤマト
宮崎駿氏引退ニュースが、
連日TVで報道されていますが、
ご自身の節目を迎えられた決意と
時代の流れ、を感じました。
「アニメージュ」ナウシカのコミックが
連載されたころが懐かしく思い出されました・・。

(追記2013/09/08/14:08)
うろ覚えでしたので、上のTV版宇宙戦艦ヤマト(Part1)のヤマト地球帰還日を、劇場版DVD、デアゴスティーニ本で確認してしまい、当初9/5とUPしてしまいましたが、TV版宇宙戦艦ヤマトDVD第26話にて再確認し、正しくはやはり9/6で、イベント上映最終日と同じでした。失礼いたしました。
関連記事
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
<<2199第23話 | 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | 今日の映画館>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |