心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
「キャプテンハーロック」
私がハーロック作品で見てきたものは、子供時代のTVシリース「宇宙海賊キャプテンハーロック」、映画「わが青春のアルカディア」、そのほか松本作品に時々出てくるハーロックだけで(『銀河鉄道999』『さよなら銀河鉄道999』など)(追加補足:数年前のTVシリーズも^^山寺宏一さんのお声)、コミックは読んでいませんので、あまり詳しく語ることはできず、あくまでも個人的な見方による感想となりますが・・。

先週末に公開されたので、まだ来週でも見ることができるかと悠長に構えていましたら(まだヤマト2199の世界に浸っていたもので・・)、来週ですと、住いの近くの映画館では1日2回、しかも夕方と夜しか上映されなくなってしまい、見に行けなくなってしまいますので、急きょ、今日見に行きました。

時間の都合で2Dでしたが、最大スクリーンでしたので、映像は細かいところまで実にクリアに、迫力あり、楽しめました。
最新の技術の映像はやはりすばらしいですね・・ただ、やはり、人物が、かなりリアルになってきてはいますが(しぐさや小さな動作や口の動き方、表情などは、ずいぶん自然になり、すごい^^)、走るなどの大きな動作のときには、やや軽い印象。背景やメカや小物がとてもリアルすぎるゆえに、人物がそのように感じられてしまうのかしら。でも、徐々に人物に慣れてきましたら、だんだんドラマに入り込めるようにはなってきました。
ビジュアル的には、特撮の実写映画と勘違いしそうなくらい(『SPACE BATTLESHIP ヤマト』のように)リアルな迫力があり、慣れてきた人物にも存在感を感じるように。
とくに、ヤッタランが、いい雰囲気で、CGに思えませんね。
有紀螢はアニメとは雰囲気がずいぶん異なり、実写版ヤマトのユキを上回るような感じで、少々抵抗があったかしら・・個人的な好みですが、言葉遣いが荒いので、もう少し品があるとよかったのですが。
何となく、全体的にあたたかみが少なく、ダークな部分を併せもつキャラクターが多かったような気がしました。大人向けにプラスアルファの要素を盛り込まれているのかしらね。
肝心のハーロックは、ビジュアル的には、とてもすてきでした^^ただ、やはり、声がどうしてもなじめず、ある場面にハーロックがいても、耳に入る声がハーロックのものとすぐに認識できず、一部素通りしてしまって、ドラマにいまいち入り込めませんでした。頑張って演じていらっしゃるのはよくわかったのですが。

内容については、公開直後ですので書くのは控えますが、全体的に戦闘アクションシーンがなり多かった印象。乗組員たちの心の通い合いも描かれてはいますが、アクションシーンがリアルで迫力ありすぎて、ハーロックってこんな作品だったかしら、と。ハーロックが立ち回りアクションを見せるのは、とてもかっこよくて素敵でした^^ですが、あまりヒーロー然となってしまうのは、ちょっと違うかな、と感じたり(ハーロックは、自らアクションするキャラクターというよりも、志や精神の象徴である印象を抱いていましたので:それが、彼の目や傷や服装や剣という特徴的なキービジュアルによって見る側に刺激を与えてくれるような存在)、ハーロック自身のダークな部分は意外であったり。
私が子供時代に見ていたハーロックは、すでに自分の意思をもってポリシーを掲げて宇宙をゆく姿が印象的でしたので、「そうしたハーロック以前のハーロック」を描かれているのかな、と感じてしまいました・・と、やや漠たる不安な思いで見守っていましたら、終盤での展開。ああ・・やっと、ハーロックの精神が、と、安心しました^^
ん・・もしかして、物語の終わりが、アニメの世界につながっていくのかしら、なんて。
やっと、私の描いていたハーロックになってきた・・と、安心した次第(笑)。

音楽もアニメとは全く異なりますので、アクションシーン連続のときには別の作品を見ているかのような気分に陥りましたが、一番最後のイラストには、ほっとさせられました・・やはり、あたたかみ、かもしだされる趣がありますね。最後まで席を立たれないことをお勧めします。
earth
ヤマを見ていたら、なぜか、2199TVOP曲
歌詞を思い出してしまいました・・この人に
合うのではないかしら、と(^^;)。
それとは関係なく、私はやはり、ヤマトが
好きだわ・・
と、改めて思いました。
ここしばらくは、他のドラマや映画を見ても、
どうしてもヤマトと比べて見てしまいます・・
いつものことながら、そのように、他作品に
触れながら、ヤマトとも距離をおきつつ、
改めてヤマトの魅力を感じることもできるので、
今後も、いろいろな作品に触れていきたいと思います^^
(やっと、他作品を見る気になってきました^^)
関連記事
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
<<「YRAラジオヤマトvol.3」 | 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | 子供たちへ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |