心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
2199第24話
冒頭ナレーションでの映像は、第23話中心でした。
OPは消音で。映像はこれまで同様。

ヤマト関連CMは、プラモデル(古代進『邪魔させない』バージョン)、公式設定資料集、コミックブレイド、ED後のCMには、OPCMなくなり、EDCM(別バージョン)、スマホゲームのもの。

携帯待受け画面は相原君。ユキとは縁がないのかしら。

本編は、やはり、この回も感動的なエピソードでした。
イスカンダルの美しさ、守・・そして、地球へ帰ることの使命を感じさせるラストあたりの展開。
サイト第七章感想ページにも書きましたが、スターシャがヤマトで語るシーンのBGMは、第23話で古代とユキが再会した時の素敵な曲のピアノバージョン、本当にすてきですね。

ラストのイスカンダルからの発進シーンでは、劇場上映版とBGMが変わっていました。
劇場上映版では、「元祖ヤマトのテーマ」で、潔く使命感を感じさせてかっこよく、気持ちが引締められる思いがしまして、ユリーシャとメルダのツーショットもとてもかっこよいくらいの素敵なシーンにうつりましたが、TV版では「出発」の音楽でした。これはこれで柔らかな印象でよかったですが、やはり、劇場上映版の潔さ、かっこよさの雰囲気の方が私は好きですね・・。
kodai19
本日NHKプレミアムで放送されました「昭和の歌人たち」は、
2010年7月19日に放送されたものの再放送でした。
当ブログ内検索(サイドバー)で、検索しますと、
その番組ついて書いていました(^^;)。3年前のことで、
忘れてしまっていました・・。
関連記事
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
<<親から子へ | 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | 台風接近中>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |