心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
近況と雑感~ヤマトとともに
明日から10月。
毎日があっという間の9月でした。
秋の母の命日、年末の父の命日、1-2月の子供の受験・・と、これからますます気を引き締めに、とりかかる。
少し気が重い。
きもちが、はやく暦を進めたい、と思っているのかもしれません・・。
早々にカレンダーをめくる。

2199卓上カレンダー、10月は、ユキ。
ああ・・第12話のあのシーン。すてきな笑顔。古代を思いやる表情。
ユキについてはいろいろ悪い評判もありましたが、わたしには、やはり愛らしく、魅力的な女性だと思います^^古代としあわせになってほしい。

ヤマト壁掛けカレンダー、10月は、完結編の大きなアクエリアスとヤマトが目に飛び込む。
清らかな輝きの、澄んだイメージ・・秋の空気に合う。
思わず、深呼吸したくなる。
倒れる古代を抱えるユキの姿・・悲痛な叫びが聞こえてくるよう。

完結編までのあのころと、2199の今が、同時に私の中で共存している・・不思議な感覚。
来年の新作劇場映画は、どのような展開になるのか・・私の中で過去と現在は変わらず共存できるのか?

2199世界が継続していく・・と、わかったとたん、身辺整理もサクサク進む。
2199グッズ関連資料の配置場所が定まったから。
ついでに、懐かしのデアゴスティーニヤマトの置き場所も^^(けっこう場所をとるのです:笑)

今日は、心地よい秋の空気の感じられる晴れ、二世帯同居の義父母は旅行中、家族の帰りも遅め・・一人でイラストでも描いたり集中して何かをやるには絶好の日なのに、なぜかきもちが沈んでいた。
なぜなのか・・突き詰めれば、こういうこと。
==2199リアルタイム展開にのれなかった自分が情けない。
時にぎりぎりのきわで踏みとどまることもありながらも、乗り越えながら、これまで復活篇から実写版、復活篇DC、2199イベント上映、2199TV第24話まで・・ともに歩んできたはずなのに、最後の最後で、心の壁を乗り越えられなかった自分が、いやでたまらない==

それもあって、身辺整理にきもちが動いた。

最近、他作品、いろいろ見ています。
懐かし作品、それから陰ながら、小野大輔さんご出演アニメや海外ドラマも(ふだん自分からは見ようとしなかった作品の中に出会いもあり、2199古代の声の響きを求めながらも、古代とはまた違った演技から、新たな魅力も感じています^^)。

2199第七巻劇場限定版BD到着まであと12日ほどかしら。
2199オリジナルサウンドトラックpart.3バックジャケット、ブックレットはいつ到着するかしら。
それまでが・・長すぎる。
それらを手にしたときから、わたしと2199の旅が再開する、と感じています。
今は、とても、きもちが混沌とした状態(異次元断層にいるような感覚^^;)。

とりあえず、2199カレンダーのユキの笑顔に、救われました。
やはり、永遠の憧れの存在なのね。
yuki9kodai18
関連記事
別窓 | 全映像作品関連 | コメント:0 |
<<微修正予定 | 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | 山寺宏一さん>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |