心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
「宇宙戦艦ヤマト2199モデリングガイド〔発進編〕」
ネットで手配するのを迷っていました。
ヤマト関連プラモを少しは買っているのですが、まだまだ趣味として熱中するにはほど遠く、プラモづくり中心の雑誌でしたら、どうしようかしら・・と(でも、たいていの印刷物は購入していますので、遅かれ早かれ、購入していたとは思いますが:笑)。
そのうえ、発売日も失念しておりまして、今日は偶然お買い物ついでに立ち寄った、いつもと違う本屋さんにて・・なんと!

ホビー関連雑誌のコーナーに、ヤマトが!!
(本当にヤマトがそこに在るかのような、存在感をみせているのです!)
とてもすてきな色使い、装丁で、光り輝いているように見えました!
(笑:実際、光沢紙のカバーですので、光って見えます^^)
とても目立ちましたね・・。

ビニールで包まれていませんでしたので、軽く内容をチェックすることができまして、表紙をめくってのページにハイセンスなかっこいいデザインのCGがあり、プラモの雑誌ではなかったのかしら??(よくよく見ますと、プラモとCGが組み合わされたものなのですが^^;)と思う間もなく、次のページには、いきなり、ヤマトガールズの見開きイラスト、そこにラフ画も小さいながら掲載され、その先はフィギュア。しかも、これまでよく見たヤマトガールズのものではなく、古代ユリーシャです^^
・・・これで、もう心はわしづかみされ、迷わず購入を決意しました(笑)。

プラモのつくり方中心の雑誌かと思っていましたら、このような導入がありましていっきに引き込まれますし、プラモのつくり方のところどころにも、2199作品の画像や解説、セリフなどが掲載されていて、そのプラモがどのように作品において活躍するメカなのか、想像ができるように工夫されている、と感じました。
また、わずかなページではありますが、コラムストーリーダイジェスト(第1~13話)もあり、読み物としても楽しめます。
むらかわみちおさんのイラストも少し掲載されています。
私にとっては、やや無機質な本かもしれないと思っていたものが、血の通った躍動感の感じられる誌面で、買ってよかった!と思える本でした。メカに詳しくないのですが(^^;)、どのメカデザインも、ながめているだけでもかっこよくて、すてきで、楽しめます。
またあとで、じっくりと読みたいと思います^^

ところで・・先ほどタイトル入力しながら、今ごろ気づいたのですが(^^;)、「発進編」ということは、次なる「**編」という本も発売されるのかしらね。ストーリーダイジェストも、第1~13話まででしたし。
楽しみです^^

また、それと同時に、このようにビジュアル的に楽しめる本と出会いますと、ますます欲が出てきてしまいまして、やはり豪華本のようなもの、また、ビジュアルに重点を置いた本(ストーリー、美術、キャラクターなどなど・・)がほしくなってきます。
いつか発売されますように^^
kodai19
関連記事
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
<<ヤマトに恋した日々~再び | 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | 微修正予定>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |